せろふえ

チェロとリコーダー
自閉症の娘
本と漫画 農と食 囲碁パズル
とっちらかっているので、気になるカテゴリーやリンクを

カーキブラック 万年筆インク

2020年12月23日 | 物欲
 万年筆買ったのは万年筆じゃなくて、このインクが欲しかったのだ、実は。
 プラチナ万年筆のカーキブラック。クラシックとか銘打って数色売られているようだ。書いたときはカーキで、酸化されてだんだん黒くなっていくらしい。
 ブルーブラックというのも、もともとブルーから酸化して黒くなっていく色なのだ。だからか、公式の書類でも使われる。いや、どうも欧米ではブルー(ブラック)が書類に書き込むときのデフォルトだと聞きかじっている。ほんとうかな?
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 万年筆買った。 | トップ | 「役に立たない」科学が役に... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (popra)
2020-12-23 13:02:53
こんにちは✨😃❗
小学低学年の二年間を「西」ドイツの学校に行きました。ペリカンの万年筆を持たされて単語の書き取りなどやりましたが、インクは青(ブルーブラック)だったように記憶しています。万年筆のほかにはマイ石盤を持たされて計算などしていたかなぁとついでに思い出しました😊
ボールペンのインク色では、黒よりブルーブラックが好きです。
僕もブルーブラックが好き (せろふえ)
2020-12-23 17:07:42
popraさん、いつもありがとうございます。
 やはりブルーブラックですか。いい色ですよね。でもボールペンではあまり見ないような?
 マイ石盤!いいですねえ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物欲」カテゴリの最新記事