棚田ぐらし

住み慣れた京都を離れ限界集落の棚田の里へ移り住みました。
日本の原風景といわれる棚田の景色を次世代に繋げて行きたい

2017冬 大雪顛末記 2

2017-02-13 | 棚田から
生きてます!まずは生存報告を・・・
先日の大雪の記事以来また途絶えていたブログ、
ニュースなどで 我地方の積雪情報を報道しているせいか、ブログのお友達からお見舞いなどのメール コメントいただきご心配おかけしてます。

ご想像通りすごいことになってます・・・

1月23日から三日間降り続いたゆきは、一旦治まり青空の日が続き


もう無いだろう、でもこの雪が解けるまでが大変だと思っていた矢先

2月9日に大雪警報が出たのです。寝るころには月明かりも出て雪など降る気配無かったのですが朝起きたら

また、車が埋まってました


出かける用は全てキャンセルして家にいました。

夕方にはすっかり車は埋まり、雪山なのか車なのか判別つきません
翌1月10日は一日中降り続き、前回の根雪の上にさらに降り積もりました。

2月11日、晴れ間を見て何とか車を掘り起こし、除雪作業に励みました

雪の棚田と青空が綺麗でした

前回ブルーベリーガーデンつけた道もまた消えてしまい小屋の屋根にもまた雪がすっぽり

看板ももうすぐ埋もれそう

それでもバス路線がある集落なので道路の除雪はして頂けます。集落では小型の除雪車も持っていて玄関先まで除雪して頂けます。


2月12日昼過ぎには警報解除になりましたが それからもどんどん降り続き
2月13日今日もまた降ってます。庭には雪しかありません

棚田の麓の我が家、棚田の頂上とは100メートルの標高差があります。キミ子さんのお家は大丈夫かなぁ・・・


そんな中でも2月1日で半年になる我が家のアイドル「ゆきち」は雪の中を走り回って、癒してくれてます
動画をスクショしたのでピントが甘いのですが、木登りしておすまし顔~なゆきち


こんなに降ったのは雪国生まれの私にも近年ではまれな量ですね。
もうかんべんして欲しいし、融けた後のことを考えると気が重くなりますね~
コメント (6)