棚田ぐらし

住み慣れた京都を離れ限界集落の棚田の里へ移り住みました。
日本の原風景といわれる棚田の景色を次世代に繋げて行きたい

2017冬 大雪顛末記

2017-01-30 | 棚田から
1月中旬まではたいした雪も降らずまったりした日々でした。
14日に例年並みに降ってやはり降らないはずないよねと思っていましたら、
その雪が解けきらない22日未明から23日24日と三日間、大雪警報が出る荒れた雪模様になりました。
市内の小中学校は休校。おりしも高島市長選市議会選と選挙週間でもありました。

朝、起きたら道が無かった


そして私も一番雪のひどい日に市内に用が有り車を掘り起こして決死の移動いたしました

車は一応冬用タイアを履いた4輪駆動ではありますが何しろ軽四・・・・
何とか表道路までは出ました。

除雪も追いつかず道路はホワイトアウト


着いたところも駐車場の除雪が追いつかない有様


何とか用事を済ませ次の目的地に向かおうとバイパスに乗ったのですがぴたりと留まって動きません

何とかUターンして集落入り口まで戻ったのですが雪の塊が道路を塞いで通行止め
バスの運転手さんが寒そう~

なんとか家にたどり着いたものの雪は止む様子も無くどんどん降り続き、仕事に出ていた相方は京都に足止め
次の日いつもの3倍かかって帰宅しました。

24日は予定をすべてキャンセルして家にこもってました。

ようやく雪が止み道路も除雪




ブルーベリーガーデンはすっぽり雪に埋まってます

何とかラッセルして小屋まで行き屋根の雪を落としました

そして母屋の屋根の雪が緩んでどんどん落下中
この雪の下には大事な鉢植えが並んでいます(涙

雪は峠を過ぎたのですが雪に耐えた木々も屋根から何トンもの雪に根元から折れているもの数知れません
雪が解けるのがこわい~







コメント (8)

冬来たりなば春遠からじ If winter comes, can spring be far behind

2017-01-06 | 棚田ジャム
新しい年が始まりました。
昨年末ぎりぎりに予想だにしない別れを迎えお正月気分はまったく無いままでした
でもいつまでも悲しんでばかりもいられません。胸を張ってそちらへ向かえるように私もがんばらなければね!



昨年末に取材を受けた県の情報誌が完成したと送って頂きました。
今年一年ももっと畑の棚田、棚田ジャムを知ってもらえるように努力します。応援お願いいたします。


表紙にも棚田ジャムが登場


目次にはうちの庭のエンジェルが!


集落の重鎮

初の顔出し!おまけに年齢もばっちり(汗


今年は苦手な営業もがんばる決意をしたのですが・・・
コメント (12)