棚田ぐらし

住み慣れた京都を離れ限界集落の棚田の里へ移り住みました。
日本の原風景といわれる棚田の景色を次世代に繋げて行きたい

棚田味噌造りセット発売

2020-12-27 | 棚田Hause
12月18日に棚田ハウスプラント第一号、「手作り味噌セット」を発売しました。
棚田米を使って自家製麹
その麹にミネラル豊富な海塩を使って塩切り麹にしてセット
地元高島産の大豆を蒸してレトルトパック
初めての方でも手にしたその日にお味噌作りができるというお手軽セット^ ^

試しにウチの相方に作ってもらいました。

レトルトパックの大豆を潰しやすい様に湯煎しました。

瓶を使って大豆を潰していきます。

塩きり麹

袋から取り出してパラパラにほぐしておきます。

塩きり麹と潰した大豆を耳たぶくらいの柔らかさになる様に良く混ぜます。硬い様なら200ccの塩水を入れます。
塩の量は水の10%くらい。
※水だと出来上がりの味噌の塩分濃度がうすくなるため

握り拳大の味噌玉を作ります。

味噌玉容器に空気を抜きながら詰めていきます。



詰め終わったら唐辛子🌶をカビ避けの為にのせます

空気を抜きながらラップでぴったり蓋をします。
出来上がりは10ヶ月ご、2.6キロのお味噌になります。

お料理全く出来ないウチの相方さんの手前味噌、出来上がりが楽しみです♪







コメント

麹づくり

2020-12-26 | 棚田Hause
ブログ、ずいぶんご無沙汰です。
スマホになってからパソコン開く時間がメッキリ少なくなって携帯からの投稿も慣れてなくてしばらくぶりに開いたらなかなかパスワードが出てこなくて焦りました。

これからはブログで日々の暮らしも更新していきたいと思っています。

今年は米づくりにチャレンジしたり
味噌造りの製造許可を取ったり
相方を巻き込んでの私のくらしは変化の年になりました。
総括として今年が終わるまでに記録しておこうと思います。


味噌製造許可と一緒に麹製造販売の許可もとりました。


棚田米を蒸して麹を振ります

麹室に入れます

39度になったら麹箱にセット

39度になるたびに手入れをします

50時間後に綺麗な麹の出来上がり

赤ちゃんを愛しむ様に麹を育てる。それが楽しくてたまりません。

次回はこの麹を使って味噌を作ります。




コメント