独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

ヒデは1,人工透析、2,心臓が弱り40%機能、3,リウマチ身体が不自由

後2年、長くて5年以内に寿命尽きる予測

インドで「野犬集団」にかみ殺された子供が12人に トイレに出て襲われた子も

2018年05月10日 | 旅行
インドで「野犬集団」にかみ殺された子供が12人に トイレに出て襲われた子も
5/9(水) 17:30配信 ニューズウィーク日本版
インドで「野犬集団」にかみ殺された子供が12人に トイレに出て襲われた子も
インドに野良犬がいるのは当たり前のことだが…
「野犬集団」はなぜ子供を襲うのか、その原因は...
海外に行くと、たとえ繁華街だとしても野犬が当然のように歩く姿に遭遇することがある。

インドで「辱め」を受ける外派の人たち

外務省は公式サイトを通じて、海外渡航者に注意を呼びかけているが、安全な日本での生活に慣れきった人にとって野犬の恐ろしさを実感するのは、なかなか難しいかもしれない。

インドでは最近、野犬の襲撃事件が相次いで起こり、問題となっている。野犬が人を襲うことは珍しいことではない。しかし、今回問題となっている地域で死者が出るケースはまれで、事件のあった村は恐怖に包まれている。

AP通信によると、インド北部ウッタル・プラデーシュ州のシータープルで凶悪な野犬の集団が出現。地元警察のアナン・クルカニーによると、2017年11月から12人の子供が犠牲になっていて、先週だけで5~12歳の子供6人が殺された。

野犬に殺された子供たちは、当時マンゴーを集めたり、用を足すために外に出ていたところを襲われた。シータープルの家庭の多くは屋内にトイレを設置できていない。

野犬集団はどこから発生した?
では、野犬集団はどのように発生したのか――シータープルの村人からは、近隣で違法操業していた屠殺場の閉鎖が原因なのでは、という声が上がっている。この屠殺場が閉じたことで、当てにしていた食糧がなくなり、野犬の攻撃性が増したと考えられている。

シータープルでは、野犬の襲撃を恐れて登校を控える生徒が続出する事態になっており、学校側は登下校時に保護者の付き添いを求めている。また、子供に屋外で排泄をさせないよう行政が呼びかけている。

それでも、5月1日には3人が殺され、次いで4日に2人が死亡するなど被害は拡大する一方だ。

5月4日に犠牲になった7歳の少女ギタは、他の2人の子と一緒に果樹園でマンゴーを採っているときに野犬の集団に襲われた。2人は運良く逃げおおせたが、ギタは野犬に囲まれてしまった。村人たちはすぐに果樹園へと助けに走ったが、遅かった。ギタは変わり果てた姿ですでに息絶えていたという。

一連の襲撃事件を受けてシータープルの行政長官は声明を出し、襲撃する野犬をすべて捕獲するまで、子供たちを外で遊ばせないよう勧めた。

行政は、平和を取り戻すために野犬の捕獲員を配置してこれまでに24匹を捕獲したそうだ。それでも脅威は払拭できていない。村人たちは野犬を見つけるなり、射殺したり首を絞めて駆除している。もう、それ以外に方法はないと考えているようだ。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部



インドで強姦事件が後を絶たず、3件で22人を逮捕(字幕・8日)
5/8(火) 17:41配信 ロイター
Reuters

 女性への性暴力が社会問題となっているインドで、10代の少女が被害者となる強姦事件が相次いで3件発生し、当局はあわせて22人の容疑者を逮捕した。同国では強姦に対し死刑を含めた刑の厳罰化が図られたが、それからわずか1カ月たたないうちに再び悲劇が繰り返される結果となった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« フィリピンとアメリカの合同... | トップ | タリバンに拉致されたアフガ... »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事