HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

「 顕進様に対する逆理摂理の目的のひとつは顕進様に長子権相続をさせる為にあります。期間は2011年までです。」「逆理の道」の質疑その3

2016-11-30 22:00:28 | 「逆理の道」の質疑
「逆理の道」の質疑その3


質問者:ご紹介いただいたお父様のみ言を通して、お父様が敢えて長子の立場の顕進様を否定されたことの理由は理解することができました。しかしそうすると、顕進様を通さなければ救われない立場の祝福家庭も行く道を失うようにも思います。実際、どうすればいいのかがわからずさ迷っているのが祝福家庭の現状です。「逆理の法」の中でお父様は祝福家庭はどうあるべきだとお考えになっておられたのでしょうか。

答: 顕進様に対する逆理摂理の目的のひとつは顕進様に長子権相続をさせる為にあります。期間は2011年までです。この間顕進様は神様、真の家庭、全祝福家庭から見捨てられた立場から自力で這い上がり 神様、お父様の心情を復帰しなければなりませんでした。これに勝利して初めて長子権が相続される立場だったのです。そして顕進様は勝利されました。顕進様が長子権を相続した2011年以降は勝利された長子に祝福家庭は繋がらなければならなかったのです。

問: それでは、1998年の副会長就任からの歩みは順理の道で長子権相続の期間だったのが2009年から逆理の道に転換せざるを得なかっと言うことでしょうか?

答:2009年に入り、顕進様を立てて摂理を進めようとされるお父様に反対するお母様、国進様、亨進様、協会幹部達の言動に危機感を感じたお父様は、これ以上彼らと順理で摂理を進めることは不可能だと判断され順理から逆理の道に転じていかれたのです。
そのあたりのご心境を協会幹部達に語られたみ言葉が記録されています。2009年2月28日のみ言です。
コメント

お父様自ら顕進様への処置を逆理の法であったと名付けられ、歴史に記録せよと言われたのです~「逆理の道」の質疑2

2016-11-30 00:00:50 | 「逆理の道」の質疑
質疑2「順理と逆理」について

問: 順理とか逆理とかという言葉は原理講論には無かったと思います。お父様のみ言にはありましたででょうか?順理、逆理という言葉はいつ誰がどのように使い始めたのか?あるいは韓国ではそういう言葉を一般に使うのかどうか知りたく思います。

答: 2009年3月8日束草におけるいわゆる「霊界メッセージ事件」でお父様が顕進様を解任された後、5月25日にお父様は協会幹部、お母様、多くの食口の前で当時の心境を語られたと、み言葉選集612巻234ページに記録されています。
「これは驚くべきことだ。行き詰った障害毎に順理の法が通じなく逆理の法で超えなければならない山(障害)を歩いてきたという事実を後々歴史家達が証明し記録されるであろう。」

お父様自ら顕進様への処置を逆理の法(摂理)であったと名付けられ、歴史に記録せよと言われたのです。順理、逆理という言葉は韓国でも一般には使われない言葉です。
また同日、お父様は
「神様もご存知ですが同情してあげれないと言うのです。(息子を)牢獄に追いやった神様の心情も気の毒だが、文総裁はそれを知りつつもじっと耐えて行くんだよ。神様がそれを見て先生以上に痛哭される場面があったということを皆さん知らねばなりません。
先生が何故(息子を)助けてあげれないのか?ということです。このように牢獄暮らしのはめになっても真の孝行息子になりたいと言うこの子を助けてあげることができない逆天地の背反の烽火を持っている神様の立場がどれほどにみじめだったかをわからねばなりません。皆さんそれを感じなければなりません。」

み言葉選集612巻236頁
と語られています。

質問: お父様がそう言われたのですね。最初のみ言は、すぐには理解が難しい表現です。後ろのみ言は、かなり率直で解り易いように思います。ところで紹介していただいたみ言葉選集は改竄前のものですか、それとも改竄後のものですか?

答: 改竄前のものです。

質問: そうでしょうね。きわめて重大部分ですね。前後の事も含め、歴史の検証に残る事実のみ言として、残して、拡散浸透させて行かねばと思います。「順理、逆理」に関するみ言葉についての解りやすい解読、解説があればと思いますがいかがでしょうか。

答: ここに上げたみ言葉はまだまだ一部分です。前後のみ言葉を含め総合的に解読してわかることは、この事件は90歳のお父様が周囲のもの達の集中的嘘の報告により騙されて無罪の息子を打ったのではないということです。さらに逆理の摂理とは、神様とお父様の固い意志でなされた最後の摂理であったということです。お父様は息子が無罪であることは誰よりもご存知でありながらもあえて打ったのです。
神様とお父様がそうせざるをえない摂理的理由が5つあります。この詳細説明が抜けています。これからその説明をしていきたいと思います。
コメント

「お父様とお母様は一つ。お母様はお父様と常に霊通されている。」と言われるが?  「逆理の道」質疑①

2016-11-29 00:46:02 | 「逆理の道」の質疑
「逆理の道」質疑


これまでのトークの内容の中の逆理の法(摂理)に関する諸問題を、読者の皆さんが読みやすいように質疑形式にしてまとめなおしてみました。

「逆理の道」質疑① 「お父様とお母様は一つ。お母様はお父様と常に霊通されている。」と言われるが?

問:逆理摂理の説明を協会の食口にしようとすると、お父様とお母様の不一致を実証しないと話が進んでいきません。先日協会のある婦人と話をしましたが、その方は「お父様とお母様は一つ、お母様はお父様と常に霊通している」と信じていました。このような協会の方たちにどのように話していったらいいのでしょうか?

答:確かに核心を突いた課題ですね。 この問題を解くには、まず統一家混乱事態の動機と背景を知らなければなりません。一連の事件のことを顕進様は「反摂理的クーデター」といわれました。一連の事件はそれほど緻密で狡猾な計画と道具(武器、論理)を持ってやっていかれました。
この「反摂理的クーデター」の首謀者たちはまず真のお母さまを攻略する為の道具すなわち「真の母神格化教理」を鮮文大学神学教授たちに開発させました。首謀者たちはまずその教理を協会幹部達に投入しました、そして次に協会幹部達はこの論理を真のお母さまに戦略的に投入していったのです。


 お母様はこの論理にはまってしまわれました。お母様は、お父様のご存命中はお父様対して堂々とたてつくということをされましたし、お父様が聖和されて後は、すぐさまお父様のみ言葉集を改竄されるとかその内容を削除という、これは考えれてみれば実に恐ろしい事なのですが、そのようなことをやってのけられました。お父様の聖和直後にお父様のみ言葉を否定するような発言をされていますし、その後は真の母を神格化する宣言を確信的に堂々とやってのけてこられたのです。

 そうやって協会の食口たちは、自然と真のお母様を神格化する教理を信仰の基礎にするようになっていったのです。協会食口たちのほとんどが、お母様はお父様と常に霊通していると信じていますが、それはここからきているのです。これを否定することは彼らにとって自身の信仰(真の母信仰)を根本から否定することになるので、これを論破するのはたやすいことではありません。このように協会勢力側は食口に対する真の母神格化教理教育を徹底化することを通してクーデタを完全成功させていったのです。

 さてこの課題を解決する事のできる実に確実な方法があります。それは、真のお父様のみ言葉選集の中に息づいているお父様の具体的証言を明らかにしていくことです。み言を通して勢力側が主張している主張、すなわち「お父様とお母様は一体であるという説明は嘘とこじ付けである。」ということを明らかにしていけばいいということになります。

問:そのようなみ言葉はどこにあるのでしょうか?
 
答:お父様のみ言葉選集の中にそのような証言はいっぱいあります。全部集めたらそれだけで一冊の本にできるくらい「お父様とお母様は一つになっていなかった。」ということを証明できるお父様のみ言がたくさんあります。
お父様の生涯の「恨」はお母様がお父様とひとつになれなかったことです。お父様はこの「恨」の証言をわざわざ全て記録に残すよう指示されているのです。お母様も協会幹部たちもそれらのお父様の証言を何度も聞いて知っているはずです。すなわち「お父様とお母様はひとつになれていなかった。」ということを。この事実を知らないのは協会の食口だけです。
 それでは食口たちはなぜそのことを知らないのでしょうか?実際にお父様とお母様が心情的摂理的にひとつになれていないのに「常に霊通する」ことは不可能ではないでしょうか。
「一つになっていない」というお父様のみ言葉と、「お父様とお母様は一つになっている。」というお母様のみ言葉は明らかに食い違った証言です。その食い違いを見れば、お父様とお母様のどちらかが嘘をついてることとならざるを得ません。今多くの協会の食口、祝福家庭はこの噓を見抜くことができずにいます。本当に気の毒な方たちとしか言いようがありません。お父様を二度も悲しませることになっています。とても残念なことです。

質問者: お父様が公に語られたみ言であれば、どんどん公にしていってほしいですね。
回答者:これからそれらのみ言を紹介していきます。それらはお父様のみ言のごくごく一部にしかすぎません。
コメント (1)

《HOPE》のひとこと パンドラの箱は開けられた・・・そして最後は希望だけが残った 

2016-11-28 06:54:56 | HOPE希望
《HOPE》のひとこと

統一家、統一運動の混乱をどう見るのか?

ブログ《HOPE》の願いは、統一家・統一運動が再び統一の日(希望の日~day of Hope)
を迎えることです。

トークを重ねるうちに見えてきたものがあります。
そのポイントはトーク中N氏が紹介しているように2009年から2011年に至るこの期間のお父様の不可解な言動をどう理解するかということです。結論としてその解決の鍵はやはりお父様ご自身のみ言にあるということです。

まさにパンドラの箱を開ける鍵のようでもあります。

パンドラの箱は開けられた・・・そして最後は希望だけが残った

お父様は2009年それまで長子としての立場で活躍してこられた三男の顕進様を一転、諸々の役職から解任されさらには食口たちが顕進様の元へ行くことさえ妨げられるような言動をとられました。
その間、七男の亨進様を世界会長に任命王冠を授けるような儀式もなされました。しかしお父様の最後の遺言のごとき言葉は「顕進なしに基元節はない」というものでした。
現在の統一運動は、〈独生女〉の主張をされてお母様とこれまでの協会幹部を中心にした「お母様派」と、自らがお父様から使命を継承した継承者であるとする「七男派」S.C.、そして2009年までは明らかにお父様ご自身がその使命を継承する長子としてその使命を果たしてこられた「三男派」顕進様とともに歩む人たちです。

そしてこの間、これまで世間一般に、そして協会員一般にも知らされてこなかったような問題点が指摘され明らかにもなってきて、まさにパンドラの箱が開かれたごとき様相を呈してきました。


果たして当ブログ《HOPE》が目指す「統一」は取り戻せるのか!「希望の日」は到来するのか!
一連の記事をご覧になった皆様はどうお感じになられましたでしょうか?
ブログ主(day of Hope)は一縷の希望の光を見出しています。

お父様ご自身が「逆理の法」と語られた逆理摂理ということ、2009年からのお父様の不可解な言動を理解するカギはこの「逆理」という言葉をどう理解するのかにあるのでは!

引き続きブログを続けていきます。この後は特に多くのお父様のみ言をもとに、不可解さを解き明かしてくれているNさんのトークを中心に、これまでの内容をもう一度まとめて紹介させていただきます。
コメント

逆理の道  問題解決の道は真摯に涙で向き合うこと  「逆理の道」のトーク続きの4

2016-11-26 21:44:08 | 逆理の道
[F] 協会側の主張の中に次のようなものがあります。
「三男の顯進様に従う人たちを郭グループと表現されたのは真のお父様ご自身でした。「従う人の話を聞いて子女様が親の下に来ない」とお父様は怒りを露わにされました。従う人は、子女様を真の父母様から奪う張本人、真の父母様と子女様の間を引き裂く者となり、父母様の下へ帰る道を閉ざしてしまうからです。」 これは6000双家庭会が出した声明文の最後の部分ですが、このような言及に対して、顕進様サイドでは「お父様は偽りの報告により騙されていた」と言うとらえ方で反論している方がありますが、どうもそういう反論では協会サイドの人たちを十分理解させるには至っていないのが現状です。
祝福家庭の4つの質問で問われるところのズレている原理観、「父子協助時代」に対する摂理認識の薄さ、お母様とお父様との確執の証拠、逆理摂理の始動、そして、現在の混乱等からみるところの、神様~お父様(イエス様)~顕進様の縦的三代で繰り広げられた逆理摂理の涙の物語を心情的に伝えていくことのほうが重要なのでは思います。

[Y] 問題解決の道は涙ですね。
罪を償う~清算するということですが、そのことにふさわしい言葉が以前に紹介したメッセージにありました。
「犯した過ちにどの様に向き合うか! 真摯に涙で向き合うことでしかない~」という言葉です。
罪というより「不徳」とみた方が良いのかもしれません。問題や課題に真摯に涙で向き合うことが求められているようですね。


次回からは「逆理の道(摂理)」についてのトークをもう一度まとめなおして「逆理の道(摂理)」とは何か?何だったのか?ということを確認していきたいと思います。
コメント