HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後の共産大国 中国共産党終焉の末路が見えた   この時、韓国は誰がどう舵取りするのか?

2017-01-15 23:15:42 | 共産主義無神論の克服

文鮮明師が生涯をかけて取り組んだ共産主義問題。東西冷戦の終結に決定的な要因を作っていったのが文師であった。

その文師が成し遂げられなかった最後の共産主義大国が中国共産党である。

文師の成し遂げられなかった南北統一の課題も、中国共産党の存亡と深くかかわっている。

ソ連はロシア革命の1917年から72年後の1989年のベルリンの壁崩壊で終焉していった。

一方中国共産党は中華人民共和国の建国が1949年だから来年には成立して70年を迎える。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は1948年の建国だから今年が70周年になる。

かつて文先生は共産主義は70年を超えられないとのみ言があったことから考えると、中国も北朝鮮もそろそろ終焉の時を迎えていることになる。

米国にトランプ政権が成立する。1月20には就任式が行われる。トランプ氏は選挙中もそうであるが、大統領就任にあたっても従来の慣行を破って極度にメディアとも対立し、先日記者会見も波乱の会見となったが、その根底には従来の政治システムや秩序への挑戦がある。その点が米国民の支持を受けた所以でもある。

我々が注目するのは対中政策である。

これまで、「一つの中国」政策を歴代米政権はとってきたが、どうやらトランプ大統領は違うようである。選挙戦勝利後に台湾の蔡総統と電話会談をしたと、北京は批判しているが、これはトランプ政権が一つの中国政策を変えるのではとの警戒心からである。実際、トランプ氏の動向を見ていれば、中国共産党とは妥協を許さない対応をしていくだろうということは間違いないだろう。

実際に中国共産党は長年の一党独裁体制の矛盾が極度に達している。経済の自由化だけでは国民は満足しない。他の自由諸国を見てきた国民は中国の共産党独裁による体制の矛盾を十分知るに至っている。そしてその国民の目を対外的にそらす目的の軍事的進出や、反日宣伝も今や逆効果となってきている。

トランプ氏はロシアとの連携を強化することも言っている。大陸と台湾の分離、中国の周辺国との同盟の強化は当然進めて来るだろう。さらに貿易問題では対中貿易や投資に制限をかけてくる可能性も大きい。

かつてレーガン政権の成立とその後のSDI構想などの米国の政策がベルリンの壁の崩壊とソ連共産党政権の終焉を促進した。

中国大陸にいまだ一党独裁の共産国家が存在することは世界情勢からみても最も不安定な要因であり、そのことが米国の軍事費の増大の要因ともな丁る。中国が一党独裁体制を放棄することは米国にとって最大のメリットがある。対中経済投資はそれからの方が良い。そのあたりビジネスマンのトランプ氏は十分計算ずくであろう。

日本の安倍総理は実に的確に動いた。米大統領選挙終了後すぐさま渡米して次期大統領トランプ氏に面会した。一方最後のオバマ大統領とはハワイ訪問により日米同盟が極めて堅固なものであることを印象付けた。さらにロシアのプーチン大統領との会談、そしてアメリカ大統領就任式前の最も重要なこの時に、対中包囲網ともいうべき、フィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナムの四か国を訪問となった。ベストタイミングである。フィリピンのドゥテルテ大統領とは熱烈なフィリピン国民の歓迎とともに親密な関係をアピール1兆円の経済支援を約束した。ほかのオーストラリア、インドネシア、ベトナムも対中戦略上極めて重要な諸国である。さらに今年の前半にはロシアとの日露首脳会談が予定されている。

問題は韓国である。現在朴槿恵大統領は弾劾を受けていて国民の支持を失っている。完全に国民が離反しているかと思いきや、ソウルでは大統領の弾劾反対のデモに3万6千人が集まってそれは大統領の弾劾を求める1万数千人のでもより多かったそうである。ただし、これは大きく報道されていないらしい。

そもそも朴大統領就任の5年前、多くの人々はかつての朴大統領、現在の朴大統領の父親が親日家だったことから親日的な政策をとるのではと期待していました。ところが期待に反して彼女が取ったのは親中路線、ひどかったのは中国共産党の抗日戦争70周年記念式典への参加でした。彼女の外交は二股外交とも呼ばれ、アメリカとの同盟があるにも関わらず中国に接近していきました。そして、日本には反日的な言動を続け国民をして反日運動に向かわせる結果となりました。その内容は日本国民には到底受け入れられるものではなく、日本国民全体が謙韓になってしまいました。この間、日韓神前に尽くしていたり還流ブームにのって親韓的になっていた人たちまでもが韓国に嫌気がさすようになってしまいました。最終的に日本政府も慰安婦像問題で大使の一時帰国や日韓スワップ協定の協議中断などの強硬手段をとらざるを得なくなりました。

実際朴大統領の対中接近政策は何等の益もなく、同盟国アメリカにも不信を持たせ、本来最も重要な同盟国であるはずの日本を完全に離間せしめ行き場のない状態になってしまっています。国内は反大統領運動で信頼を失墜し、頼りの経済界も財閥が大統領弾劾に絡んで取り調べを受けるなど決定的なダメージを負うことになっています。サムスンなどの韓国巨大財閥も急速に売り上げや収益が低下して極めて無残な状態に陥っています。これらは韓米同盟や日本との同盟を軽視して共産党独裁を今なお続ける中国に接近しすぎた付けが完全に回ってきている状態です。

韓国は完全に方向転換しなければならないにも関わらず、その方向をリードする指導者が見当たりません。

文鮮明先生がご存命ならば決定的な指導を発揮されていたに違いありません。しかし今はそのことに対して統一グループは完全に無力であるし方向を見失っています。慰安婦像問題に関して世界日報の見識を疑う社説が出て来ている状態ではどうしようもありません。

朴大統領の次の大統領候補は押しなべて反日であり、あるいは左翼系、従北団体がバックと思われる候補ばかりです。

中国共産党、そして北の崩壊も間近です。そんな時期になぜ中国や北朝鮮に接近するのか?あえて国を滅ぼそうとしているのかと思われて仕方がありません。

かつての朝鮮王朝の末期も揺れ動く国際情勢の中で翻弄され行き場を失っていたのが当時の朝鮮国~大韓帝国の実情でした。

冷静に時代状況を見据えて国民国家をリードする指導者は出てこないのか?

さもなくば大陸中国や北の崩壊に合わせて韓国という国も崩壊し下手をすれば消滅の憂き目にあうかもしれません。

確実に共産党の時代は終焉の時を迎えようとしています。米国にトランプという破天荒な大統領が就任したことにそれは単なる期待や予言ではなく、確実に現実的事実として訪れようとしているのです。

これから日本国内も大幅に変わっていくでしょう。戦後レジームも終焉を遂げて行こうとしています。変わらなければなりません。変えて行かなければなりません。

コメント (9)

共産主義無神論の克服 復帰摂理最後の課題はカイン型思想の結実である共産主義無神論をいかに克服するかにかかっている

2017-01-14 11:45:43 | 共産主義無神論の克服

共産主義無神論の克服

 

統一原理を学んだ人であれば、共産主義思想がいかなるものであるか一通りは学んだことがあるだろう。

復帰原理の近世400年を学べば、共産主義思想はカイン型人生観が最終的に結実したものであり、サタンを中心とした三大祝福完成型の社会として結実したのが共産主義社会であるとされている。

1917年ロシア革命によって成立した共産主義社会は第二2次世界大戦後世界に拡大し、東西冷戦時代、一方のアベル型民主主義思想の結実である、民主主義陣営と世界を二分して対立し東西冷戦時代を招来し、それは1989年のベルリンの壁の崩壊とその後のソ連の民主化による国際共産主義体制の崩壊がもたらされるまで80数年間続いてきた。

 

カイン型思想の結実である共産主義唯物論とアベル型民主主義の有神論思想の最後の戦いについてシリーズで考えて行きたいと思う。

 

共産主義問題の克服に取り組まれた文鮮明先生

 

 救世主、メシア、再臨主、人類の真の父母たる文鮮明先生はその生涯のかなりの部分を割いて共産主義問題に取り組んでこられた。共産主義を批判克服するために「勝共理論」を打ち立て、これを普及することを通して共産主義唯物論の間違いを指摘し、それに代わる代案として統一思想を打ち立てられた。かつてこの時代、統一原理と統一思想、勝共理論を統一食口が学ぶべき三大思想として統一教会員はしっかり学ばされたはずである。

 

勝共運動は当初、文先生の本拠である韓国や日本において、共産主義思想の誤りを指摘克服する運動として展開されて来た。当時韓国では北の工作により幅広く韓国国内に共産主義思想が浸透して来ていた。韓国における勝共運動は「統班撃破運動」といった地域密着の思想運動として共産主義の浸透工作を食い止めることに多大な貢献をした。また日本においては60年代~70年代において急速に拡大していた共産党と左翼勢力、特に地方自治体において共産党与党の自治体が次々と拡大する全国的傾向の中で、「共産主義は間違っている」の看板を掲げ、共産主義の理論的な間違いと、その運動史における過ちを徹底的に追及することにより、共産党主導の民主連合政権の成立を食い止め、共産党の伸長を食い止めることを実現した。共産勢力の浸透に対してなすすべを知らなかった保守民主陣営からすると偉大な業績を成し遂げたのである。

  

 その後文先生は世界的に勝共運動を展開され、特に米国ではニューズワールド→ワシントンタイムスを駆使され、当時のレーガン政権を支援しながらソ連の崩壊とベルリンの壁の撤廃に重要な役割を演じた。その数年前にやはり文先生が後ろ盾となり結成された世界平和教授アカデミーの世界科学者会議で「ソ連共産帝国の崩壊」が発表された。1985年、当時まだ米国ダンベリーの獄中にあった文先生のもとを訪ねたシカゴ大学の世界的政治学者モートン・カプラン教授に「ソ連共産帝国の崩壊」を宣布するよう言われた。当初カプラン教授は躊躇したが、その後の世界会議において、そのことを宣布発表した。当時誰もそのことを信じようとはしなかったがベルリンの壁の崩壊はその後まもなくの1989119日のことだった。

よく1990年、文先生はモスクワを訪れ、当時のソ連指導者ゴルバチョフ書記長と会見し、「宗教の自由」を許可するように進言した。この進言を取り入れたソ連は共産党独裁国家から、宗教の自由を認める民主主義国家ロシアとなり今日に至っているのである。

また、文先生は共産党(労働党)独裁国家であった北朝鮮の金日成主席と電撃会談、南北の対話を回復するという偉業を成し遂げた。その後南北の対話や離散家族の交流などを重ね、南北統一の道筋を作ってきた。残念ながらいまだ南北の統一の偉業は達成されないまま今日を迎えているが、南北の交流の道筋を作った文先生の偉業は消えてはいない。

 <以下続く>

コメント

共産主義無神論の克服

2017-01-12 09:00:26 | 共産主義無神論の克服

今日の世界で緊急なる課題が共産主義無神論の克服です。

真のお父様、文鮮明先生の生涯の戦いと課題のテーマの一つがこのことでした。

実際お父様は共産主義の崩壊に重大な役割を果たされました。ベルリンの壁の崩壊その後の炉連の民主化実現に果たした文先生の役割はすべての衆目の認めるところでもありました。

しかし今なお最後の共産主義による一党独裁国家が半東北半と大陸に残存しています。また共産主義思想のもたらした唯物論無神論的思想は様々な形で社会に悪影響を及ぼし続けています。

共産主義とは何か!その無神論的唯物論的な弊害をどのように克服するのかそれは今日世界の緊急な課題となっています。

そしてその悪影響は本来共産主義とは真逆な宗教圏、民主社会にも及んでいるのです。

これからその問題に取り組んでみたいと思います。

「共産主義無神論の克服」これからこのHOPEブログのテーマの一つにしていきます。

現在執筆中です。  よろしくお願いいたします。

 

 

コメント

従軍慰安婦という共産党の捏造話に乗せられ破綻寸前の韓国と共産党の捏造話をネタにして破綻した清平役事

2017-01-10 03:44:56 | 共産主義無神論の克服

共産党の捏造話に乗った韓国と清平役事

 

ウソがばれたらどうしようもない。

 

慰安婦像問題で日韓が揺れている。揺れているのは韓国。

釜山領事館前の慰安婦像(日本のマスコミは少女像と言っている)問題で日本政府は日本大使と領事の一時帰国や通貨スワップ交渉の中断などの対抗処置をとった。業を煮やしての今回の政府の決定を日本国民の大半が支持している。

 

まあ、考えてみれば我々でも自分の家の前に変な像を置かれて毎日騒がれれば実に不愉快である。ましてや大使館や領事館は国の公的機関でそれらを守るのはウィーン条約でも取り決められていること。国家としての基本的責任であり礼儀である。

 

そもそも「従軍慰安婦」なるものは、吉田清二という元共産党員の捏造(そのことは吉田氏の息子がはっきりと父の間違いを指摘している)話で、それを左傾マスコミの朝日新聞が共産主義者に利用され、いかにも事実であるかのごとく報道したのが始まりである。吉田氏はもともと北の共産党の工作員であったともいわれている。そもそも共産党の反日宣伝のための捏造話であったわけである。

それを韓国内のやはり北の工作組織が韓日離間のために韓国マスコミを利用して拡大宣伝してきたののが事実である。

その最終段階が今日の慰安婦像問題であり。日韓は国交断絶寸前の危機に瀕している。この問題の拡大により日韓両国の国民感情は最高レベルで悪化している。これは北と、背後で手ぐすね引いている大陸の共産国家には格好の事態になっているということである。

はっきりこのまま日韓離間が進めば、安保面でも経済面でも政治面でも韓国は最大の危機的状況になる。北主導の南北統一が実現する可能性も大である。半島すべてが共産党一党独裁国家に飲み込まれる可能性も大であり。さらには完全に中国共産党の支配下に置かれる可能性もある。そうなれば日本も安穏とはしていられない。トランプ政権が在韓、在日の米軍を撤退させれば現状の日本が只では守れない状況にならざるを得ない。

 

「従軍慰安婦」とは北の共産党の工作とみられる元共産党員が創作した物語を左翼に偏重した日本の新聞である朝日新聞が記事にして、それを韓国内でいかにも事実であるかのごとくマスコミを利用して拡大し、韓国国民をして反日感情を焚きつけて過剰な反日行動を北系の団体が主導して行い、そのような風潮に翻弄された韓国政府が対日政策を誤り、日本政府に無理難題を押し付け、日本国民に謙韓感情を持たしめ、韓日間の完全離間工作を続けて来たのである。

そして今やその工作の最終段階に至ろうとしている。

 

さて、統一教会である。清平は爆発的な成功をおさめ天正宮の建設など多大な施設を充実させるなどの功績を残したが、その手法の始まりが「従軍慰安婦の霊の分立」という役事だった。残念ながら従軍慰安婦という話は共産党の捏造であったことが明らかになった。結局世界で最も共産党と闘いソ連の崩壊、ベルリンの壁の崩壊のきっかけを作った文鮮明先生のおひざ元の清平が共産党の捏造した虚構の従軍慰安婦の霊の話で巨大化したことは実に皮肉である。結局偉大な業績になるはずの清平が詐欺同然の役事によってなされたことが明らかになることで、清平の権威のみならず本体の家庭連合、さらには真のお父様の業績さえもが地に落とされる結果となってしまった。そしてそれが統一家の混乱と分裂の引き金にもなっていったのである。

 

流石共産党と言うべきか!反共、勝共を叫びながらも共産党の謀略の手段に乗ってしまった教会責任者の愚かさなのか。

 

目覚めなければならない。真のお父様の真の業績を取り戻して行かなければならない。

唯物論、共産主義に最後の引導を渡していかなければならない。それが復帰摂理最後になさなければならない我々統一家の聖徒の責任分担ではなかろうか!

コメント

共産主義無神論者の工作に毒されたキリスト教国家米国  パシセラさんが見た「アジェンダ」という映画

2017-01-09 19:34:42 | 共産主義無神論の克服

パシセラさんが年頭に見たという「アジェンダ」という映画

米国議会の91%がキリスト教徒であるにもかかわらず米国のメディアは左傾化、その政策が左傾化してきているとパシセラさんは書いています。

 

その背景を物語る映画を見たことを伝えてくれています。

以下パシセラさんの記事より

キリスト教徒が作った「アジェンダ」という映画があります。アジェンダとは、意図とか目論見とかいう意味ですけれども、共産主義が、ベルリンの壁の崩壊の後に、いかに米国の内部からの崩壊を目論んだか、ということを伝えている映画です。

・・・・・

 映画は、映画の作者が1992年に、バークレー大学での米国共産党の会議に潜り込んだ時の体験から始まっています。その会議では、米国を内部から崩壊させるための方策として、宗教の崩壊に対しては同性愛を用い、家庭の崩壊に対しては、結婚ではなく同居を推進し、さらにフェミニズム運動によって父を遠ざけることを意図し、ビジネスを阻害するには、環境保護運動を用いることが論じられた、と伝えています。

 なぜ、このような方策に出たのかというと、米国を共産主義に持ち込むために邪魔になるのが、神様への信仰、道徳性、生命の尊重の思想だったから、という話で、共産主義など信じていなくても、アジェンダのために利用できる人を増やすことを目的にしていたことが描かれています。

 聞こえの良いスローガン、例えば、社会正義、価値相対主義、多様化、などを掲げながらの、教育とメディアを利用した文化的マルクス主義の拡大があったと伝え、映画の中では、ヒラリー・クリントンやオバマ大統領に影響を与え、ルシファーを讃えたことで知られているサウル・アリンスキーや、日本の英語教育に多用されたバートランド・ラッセルのことも出て来ます。そして、共和党も民主党もメディアも学校も含めて、全体が左寄りに動かされた、ということを描いています。



米国社会がキリスト教を基盤としているにもかかわらず、共産主義者の工作により、無神論的思想が米国をむしばみ続けているということです。

米国を内部から崩壊させるための方策として、宗教の崩壊に対しては同性愛を用い、家庭の崩壊に対しては、結婚ではなく同居を推進し、さらにフェミニズム運動によって父を遠ざけることを意図し、ビジネスを阻害するには、環境保護運動を用いることが論じられた

米国を共産主義に持ち込むために邪魔になるのが、神様への信仰、道徳性、生命の尊重の思想だったから、という話で、共産主義など信じていなくても、アジェンダのために利用できる人を増やすことを目的にしていた

米国でもリベラル層の人々、キリスト教を信仰していても、神への信仰が希薄であったり、物質的現実的価値観に偏っている人たちがターゲットになったようです。



そして、それらの影響が統一家にも及んできているというわけです。

神の愛や為に生きる人生観を生身で実感していない人たちは現実的思考に陥りやすく、共産主義者の一見人道主義的な思想に影響を受けやすくなります。

また、教会の教義や教理を実感的にとらえていない人たちも同様でしょう。

統一家に侵入したこれら唯物的、無神論的な傾向がどのようなものなのか、この辺りを明らかにすることが必要だと思います。

それは統一家の混乱の実体を見ると、これが本当に信仰者、神を真実という者の行為なのか?と疑問に思うことがあまりにも多いからです。

宗教の看板を掲げながら実はその中身が極めて非宗教的な現実主義や営利主義に毒されていることもあり得ます。

もしや私たちの信仰が無神論的な傾向に毒されてしまったらおしまいです。そのことをまじめに真剣に考えてみる必要があるのではないでしょうか!

コメント