HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

摂理的葛藤の“真実”を読み解くために4  統一教会史の検証 (雪風)

2018-06-25 09:09:00 | 摂理的葛藤の“真実”を読み解くために 

 

摂理的葛藤の“真実”を読み解くために 4  統一教会史の検証 (雪風)

 

家庭連合が清平教に変わっていくという仮説を基にして、統一教会史を検証してみます。(雪風) 

 

もう一つの仮説は、韓国には左派と右派の対立と、全羅道など地域ごとの対立がある。それらの対立がそのままUC内に持ち込まれている。これをふまえて、家庭連合の歴史を自分なりに検証してみました。

 

 

 

家庭連合(統一教会)の大きな転換の歴史(日本はほとんど経済活動だけ)

 

 

 

1霊的集団と一体となれずに統一教会創設

 

2軍事政権の下、反共を掲げながら経済活動

 

3冷戦の終焉と共に、反共から容共へ転換するが、経済活動はより激しくなる(日本)。また世界は冷戦の時よりも混沌としてきて、ソ連の崩壊とともに世界が統一されるということは実現しないことが分かる。(予言は実現しなかった、原理講論の摂理史観の崩壊)

 

4洪蘭淑氏の暴露によりUCは大きな打撃を受け、アメリカでの基盤を失う。これにより清平が大きく浮かび上がってくる。清平教への転換

 

5文鮮明師の聖和後の独生女問題により、家庭連合の基盤は清平だけになっていく

 

 

 

重要な転換点と思われる家庭連合の歴史と、関連する世界情勢を書きだしてみました。

 

1954      5.1統一教会創立

 

1956 スターリン批判スターリン批判とは、フルシチョフによるスターリン執政期における政治指導や粛清の実態の暴露。その原因としての個人崇拝の批判。このフルシチョフ報告に前後してスターリン時代の思想や政策が批判され、ソビエト連邦の政治・社会の画期(過去と新しい時代とを分けること)をなすとともに、世界各国の共産主義運動に影響を与えた。(原理講論の著者はスターリン批判を知らなかったのか)この時点で共産主義国家のソ連は大きく変わろうとしていた。

 

 

 

1960   真の父母の日宣布 誉進氏誕生 李承晩大統領失脚(学生クーデター1963      朴正煕大統領就任

 

1967      10.2 日本で原理講論発刊 

 

1968  1.13 韓国で「国際勝共連合」を創設

 

              4.1日本国際勝共連合創立 会長久保木修己氏、笹川良一名誉会長

 

笹川 良一 大正・昭和時代の日本の政治運動家、国粋大衆党総裁、国際勝共連合名誉会長、衆議院議員、財団法人日本船舶振興会(日本財団)会長

 

ベトナム戦争最大の激戦年

 

    軍事政権の下で反共を掲げ、国際勝共連合創設

 

1971      韓国で「一信石材」を設立

 

5.25 教団の第2事業部が「幸世商事株式会社」になる

 

12.6 韓国で「一和製薬」(後に一和と改称)を設立洪性杓(ホン・ソンピョ、36家庭、洪蘭淑の父)設立。壺、多宝塔と人参茶

 

日本は勝共活動と共に経済活動を始める

 

12.18文鮮明夫妻がアメリカ進出を目指し渡米。

 

1972      笹川良一「反共運動から手を引く」と名誉会長を辞任した。

 

    12月 古田元男が「幸世商事株式会社」代表取締役に就任

 

    勝共活動よりも経済活動を優先するようになる

 

1973      1.29米軍ベトナムから撤退

 

1975  『世界日報』が創刊される。 4.30サイゴン陥落

 

    経済一本化方針が出され、経済活動従事者がハッピーワールドに吸収される

 

    古田氏が実質的な統一教会のトップになる

 

1976      6.1ヤンキー大会 9.18ワシントン大会 7.1ベトナム統一

 

1978      10ホームチャーチ摂理開始されるが、教団の組織は変わらず

 

1979      朴正煕大統領暗殺される

 

1980  光州事件

 

1983      10.1『世界日報』事件。以後『世界日報』は教会色を強める。

 

1984      1.2 文興進様聖和 1.2愛勝日 5.16愛天日

 

              5月ダンベリー刑務所収監

 

    6.10 『世界日報』の路線の対立で、追放された副島嘉和らが『文藝春秋』に出した告発手記での暴露により、勝共連合を反共運動の同志と考えていた民族派や右翼が激怒する。「平和と安全を守る七大都市大会」の大阪大会では、右翼や民族派が批判ビラを会場周辺に張り、大会を妨害。日本の勝共連合は活動が難しくなる

 

1985      8.16一勝日宣布 ソ連ペレストロイカ始まる

 

1987      韓国で「南北統一運動国民連合」を発足し、共産主義打倒から、共産主義解放という主張を強調するようになる。

 

    光州事件以後左派勢力が勢いを増すとともに、ソ連の崩壊が始まったために、反共から容共に転換したのか

 

    11ゴルバチョフ書記長がロシア革命70周年記念式典でスターリンを批判し、レーニンもスターリン主義の元凶として批判した。

 

1989      8.31八定式 1.3宗族的族メシア宣布式 11.7洪順愛ハルモニ聖和

 

    6.4 天安門事件

 

11.9ベルリンの壁崩壊

 

1991 1湾岸戦争

 

12.6金日成(キム・イルソン)と会談。

 

    12.25ソ連崩壊

 

    ソ連が崩壊したので、世界の統一は近いと考えたが湾岸戦争と、それに続くイラク戦争で、世界は冷戦の時よりも混沌となったことを知る

 

1993  2 これから韓国大統領は左派

 

1993      還故郷摂理

 

1994      5.1家庭連合創設 宗教時代は終わる(家庭盟誓を発表)

 

    11 文鮮明師、孝進氏の問題を初めて知る

 

1995      1月清平特別修練会始まる

 

  8月 洪蘭淑氏脱出

 

1996      2月24日日本人を対象にした清平修練会始まる

 

1997      8.1 7・8節 天地父母宙安息圏宣布 12月韓国通貨危機

 

1998      3月天地正教解散

 

9.20洪蘭淑氏がアメリカのテレビ番組“60 で文鮮明一家の偽善性を告発した。

 

1999  7.19文顯進氏、家庭連合世界副会長就任。会長郭錠煥氏 

 

  天地正教解散 清平先祖解怨始まる。以後急速に清平教となっていく

 

              10.27 文栄進様聖和

 

2003      盧武鉉大統領 イラク戦争

 

2008      3.17 文孝進様聖和

 

              4.18 文亨進世界平和統一家庭連合世界会長及び韓国総会長就任

 

              4.18 亨進様が「世界平和統一家庭連合」の世界会長に就任

 

              7.29 アメリカ総会長解任 文仁進氏リーダーとなる

 

2009      8 文仁進氏不倫始まる

 

2010      2010 6・5異端者爆破者宣言文

 

              7.16ボート会議

 

2011      仁進氏妊娠

 

2012      5出産する

 

              9.3 御父様御聖和 文鮮明師の聖和後、独生女問題発生

 

              9文國進氏私生児問題で財団辞任

 

              9文仁進氏不倫問題発覚

 

2013      3文亨進氏 米国で教会活動を始める

 

2015      1亨進氏YouTubeで活動を始める

 

2018  6.1「文孝進様聖和10周年記念 孝情文化フェスティバル」が東京で行われる   

 

 

コメント

摂理的葛藤の“真実”を読み解くために3  統一教会と清平のルーツ-② (雪風)

2018-06-13 20:27:08 | 摂理的葛藤の“真実”を読み解くために 

3 統一教会と清平のルーツ-

 

雪風コメント

文鮮明師の弟子たちが作り上げた原理講論にはいくつかの法則があり、それを歴史観に応用している。これを近代にも適用しているが、この時代は聖書の時代と違い多くの資料が残されている。その資料をもとに原理講論の歴史観を検証してみると、矛盾していることに気がつく。例えば、第1次世界大戦はキリスト教を迫害した国とキリスト教国家との争いであったと書いてあるが、ドイツとフランスはキリスト教国家であり、トルコは過去東ローマ帝国の一部であって、イスラム教とキリスト教が共存していた国であった。

 

大東亜戦争以前の統一教会前史は、蘇生・長成・完成の三段階発展の法則を適用するためにかなり無理をしているように感じる。それに、前史の基となっているのが当時の信者たちの話だけで、それを証明する資料がない。「統一教会の分裂」では前史を「血統復帰神話」としているが、これが正しい見方のような気がする。それなので、前回と今回の当時の霊的集団の記述は参考程度にとどめてください。

 

3 ペク・ナムジュ(白南柱牧師)とイエス教会(東海岸)

(統一教会の現象学的考察より)

 

同じころ他のキリスト教団も、新しい救世主のために道を開こうとしていた。東岸の元山地方では、元山女子専門学校教授のペク・ナムジュがカリスマ的伝道師として知られていた。この宗教集団についてはあまり知られていないが、ペク・ナムジュが胎内教とイエス教会と呼ばれる教団の創立に関与したことだけははっきりしている。

鉄山のキム女史に会って弟子入りせよという啓示を受けたペク・ナムジュはその啓示に従い、素足で130マイルもの巡礼を敢行したと証言されている(ムン師の妻ハン・ハクジャの母ホン・スンエはキム女史の教団に属していた)。ペク・ナムジュはキム女史に会って、その啓示を信じるようになった。しかしこの二人の宗教家の関係は長続きしなかった。ペク・ナムジュが聖主教の信者たちと口論の果てに袂を分かってしまったからだ。

ペク派の教祖の地位は、メソジスト教会の牧師リー・ヨンドに引き継がれる。ペク・ナムジュがリー・ヨンドを元山に呼びよせた1932年を期して、イエス教会が誕生した。

ペク・ナムジュは宗教儀式としての性行為を行ったと報告されている。この教団のある女性信者は、新しいキリストであるペク氏は、処女に子を授けるとの啓示を受けたという。子供が実際に誕生すると、当然ながら厄介な事態を招いた。それまではもっぱら教義上の問題でキリスト教正統派から咎められていたペク氏は、今度は不審な性行為で糾弾されることになった。キム女史に会うために130マイルもの巡礼をしたというのは、後で起こった醜聞を逃れる手段に過ぎなかったという解釈もできる。

 

http://spfjpn.com/moon/k-j/sc/john/#2-4_1945 2-4. 1945年当時の洗礼ヨハネ型人物より

 

金聖道女史と白南柱牧師の決裂

サタン世界において、女一人で国家を中心として戦ってはなりません。必ず男と二人で、一つとなって共同作戦をすることによって、一つの基盤を成さなければならないのです。白南柱氏がここで金聖道氏と完全に一つになるべきであったのに、そうできませんでした。死のうが生きようが一つになって、相談しながら行くべきであったのに、そうした使命を果たすことができずに分かれてしまいました。

 

聖主教の受難と金聖道女史の他界

すべてのキリスト教会が彼らを迫害し始めました。牧師たちの告発によって、その老いた婦人は投獄され、むごい拷問を受けました。それで釈放後に彼女は死にました。

 

4 リー・ヨンドの神秘主義(東海岸)

金永雲(女性)原理講論のキリスト教に関するところを担当したと言われている

統一神学の著者、アメリカ開拓伝道に向かう。

1915年生まれ

17歳のときから霊体集団の李龍道に師事

『金永雲先生も十七歳のとき、そのかた(李龍道)につき従いながら、恵みを多く受けたそうです。(姜賢実先生の証)』

『昔、よく文鮮明先生が手を振って口ずさまれていた歌なので、音楽に堪能な男性が譜にとって残しました。作者ははっきりしませんが、どうも李龍道牧師ではないかと伝えられています。李龍道牧師は韓国における霊的運動の新興先駆者で、アメリカ伝道をした故金永雲女史が少女時代に師事していたそうです。(聖歌のゆかり2 嘆きを吹きとばせ)』

1942年関西学院大学神学部卒業

元梨花女子大教授、1955年大学は異端の信仰をやめないことを理由に、崔元福(チェ・ウォンボク)・金永雲(キム・ヨンウン)・梁允永ら5名の教授・助教授や14名の学生免職.退学処分とする。

1975年 ベリータウン神学校の組織神学の教授となる。

ちゃぬの裏韓国日記、統一神学、統一教会史より

 

(統一教会の現象学的考察より)

リー・ヨンドがとりわけ重きをおかれるのは、結核を患って、キリストが十字架に架けられた年齢と同じ33歳で死亡したとされるからだ。朝鮮では、神秘主義者かつ信仰復興論者の牧師として有名で、朝鮮半島全土を伝道してまわった。彼は最晩年に異端として告発されるまでは、キリスト教主流の諸派から説教を依頼されていた。あるキリスト教主流派の信徒の情報によると、リー・ヨンドの礼拝集会では、信者が裸になって儀式を行い、ムン・ソンミョンも常時その集会に参加していたという。しかしその理由は後で述べるが、この証言はどうも疑わしい。

 

リー・ヨンドはたえず身体の不調に苦しみ、25歳で重い肺疾患に冒された。友人の故郷で養生していたとき、村人に教会で説教をしてくれと招かれた。ところがいざ説教する段になると言葉につまり、ただ涙をこぼすばかり。心を揺さぶられた会衆も涙を流す。リー・ヨンドは、神との神秘的な関係を体験したが、その体験は言葉では要約できないと悟った。彼自身「語るな、これが私のモットーだ」と言ったように。神秘的な関係とは、合一としか表現できないもの、あるいは花婿にたいする花嫁の性欲の象徴に使われる性的イメージとでも表されるようなものだ。

しかし、リー・ヨンドはその後神との神秘的な関係を表す新しい陰喩、すなわち「主との血の混合」という隠喩を発展させ、自身を苦悩するキリストになぞらえた。

 

リー・ヨンドは自分とイエスをあからさまに同一視した結果、キリスト教主流の非難を招くことになった。あまりの攻撃に、彼はやむなく自分の教団を創始するしかなくなった。その教団成立の陰には、別の新キリスト教集団を率いていた神秘主義者ファン・ククジュ     (黄國柱)の協力があった。

キリスト教主流派の歴史学者ミン・キョンベによると、この教主(黄國柱)はイエスに似せようと髪やひげを伸ばし、自分の頭は切り落とされイエスの頭と交換されたのだと主張したという。「私の頭はイエスの頭、私の血はイエスの血、私の心臓はイエスの心臓……私は完全にイエス・キリストに変身した」ファン・ククジュは宗教によるトランス状態は性的恍惚感と同じようなものだと主張した。

 

ミン(キリスト教主流派の歴史学者ミン・キョンベ)はこう評する。ファン・ククジュは三角山に祈祷院を建て、教義や礼拝式に首と血の交換を説いた。これらの交換の過程は霊体交換の実現と呼ばれたが、実態は姦淫だった。ちなみに主流派のキリスト教徒であるミン(キリスト教主流派の歴史学者ミン・キョンベ)には、儀式化された性の実践と乱交の区別がつきにくくなっていることを注意しておきたい。

 

リー・ヨンドはこれら新キリスト教の神秘主義者たちがイエス教会を興したとき、協力はしたものの、抗議するする姿勢は崩さなかった。(イエス教会の設立には消極的だった)

 

本項に述べたとおり、ペク・ナムジュとリー・ヨンドの宗教集団は実質的には同じものだが、統一教会はそれぞれを別の教団として扱っている。二教団を別個に扱わなければ、統一教会が発展させたがっている神学史のうえで、統一教会の立場が裏付けられないからだ。ムン師によれば、リー・ヨンドのイエス教会(リー・ヨンドが創設したイエス教会)が胎内教と統合するのは神の意志であり、天使長がイブのもとへ行ったことを再演する意味があった。しかしこれは実現しなかった。「……この二教団が統一されなかったため、神は新しい運動を興し、新たな場所を開拓しなければならなくなった」

リー・ヨンドが1932年に病没すると、その魂はイスラエル修道院を興したキム・べクムン(金百文)に乗り移ったとムン・ソンミョンは語る。

 

5 イスラエル修道院

イスラエル修道院は、名称こそ「清水教」と変更されているが(1993年時点)今でもソウルに近い韓国の西海岸に存在している。キム・ペクムンは、のちに統一教会が奉ずることになる堕落論と同じ考えを説いた。つまり堕落はルシファーとイブの性行為の結果であり、血を清めることで復帰が達成できるとした。

キム・ベクムンには「聖神神学」(1954年)と「キリスト教根本原理」(1958年)の2冊の著作がある。後者は三年余におよぶ講義をまとめたものだ。ムン・ソンミョンの「原理原本」はキム・ペクムンの著作の盗用だと言われている。それに対して統一教会側は、キム・ペクムンのほうがムン・ソンミョンの思想の内容について啓示を受けたのだと主張したものの、具体的な対応はしなかった。

ムン・ソンミョンが「原理原本」を1952年に完成し、キム・ペクムンの著作の出版が統一教会創立以後だという事実からすると盗用の告発は度外視してよいだろう。しかしながら、ムン・ソンミョンが1945年から1946年までのあいだ、イスラエル修道院の信者だったことは事実で、二人は密接な関係にあったため、類似性が指摘されるのも当然だ。ムン・ソンミョンは地方に隠遁の地を求めて移転したイスラエル修道院の平壌支部を任されることになった。

 

光海教会と訳されるクァンハエ教会は、イスラエル修道院の同支部のことだった。クァンハエを光海と訳すのは誤解に基ずくものらしい。この教会には正式な名称はなかった。教会の建物もなく、信者たちが野外で集会を持ったため“荒野”を意味するクァンヤという言葉が使われていただけだと思われる。

イスラエル修道院内で、ムン・ソンミョンはもっと高い地位が与えられると期待したらしい。キム・ペクムンは洗礼ヨハネの「位置」に立って、彼が救世主であると証言することもできた。しかしキム・ペクムンは証人とはならず、ちょうど洗礼ヨハネがイエスに背き、その救世主としての使命を疑ったように、イスラエル修道院はムン師に厳しい態度をとった。そのためムン・ソンミョンはイスラエル修道院にとどまることができなかった。

 

 

コメント

摂理的葛藤の“真実”を読み解くために2 統一教会と清平のルーツ-① (雪風)

2018-06-10 18:15:16 | 摂理的葛藤の“真実”を読み解くために 

 

摂理的葛藤の“真実”を読み解くために 2

摂理的葛藤をどう読み解くか!

摂理的葛藤の“真実”を読み解くために1 に続いて雪風さんの引き続きの投稿を紹介します。


統一教会と清平のルーツ-   (雪風)

 

統一教会以前の歴史はさまざまな説があるので、それを整理すれば新しい発見があると思いまとめてみました。「ちゃぬの裏韓国日記」を読んでみると、清平のルーツは「祈禱院」だと書かれています。

 

「祈禱院」が出現した第一期は、1930年代の朝鮮において神秘主義的キリスト教の流れをくむ信仰運動が起こった時期で、後の韓国のキリスト教系新興宗教のルーツにあたる「血分け教」の開祖として知られる李龍道(リー・ヨンド)・黄國柱(ファン・ククジュ)といった復興師達が現れた時期であった。

1930年代後半、黄國柱はソウルの三角山に「祈禱院」を作り「血分け」、「首換え」を教理として「霊體交換」を行った。黄國柱の「血分け教」は、その後も1940年代の中頃まで勢力を誇り続けていた。李龍道・黄國柱の信仰運動は、多くの醜聞を残しながらも、後の韓国のキリスト教系新興宗教のひとつの系譜となっている。

「血分け教」の流れをくむ新興宗教集団は、1945年の解放後南へ下って行ったが、その後も韓国キリスト教の周辺に断続的に現れては、巫俗信仰の断片をその秘儀の中に散りばめた「血分け」儀式を再現し「血分け教」の再生をはかっている。世界基督教統一神霊協会のルーツはこの時代の「祈禱院」に遡るものである。引用終わり

 

雪風コメント

金孝南氏が清平を去って、家庭連合の指導者の一人が役事を始めた時私(雪風)は、これで清平に来る人はいなくなるだろうと思ったが、実際は何も変わらなかった。今までそれを一般教会員の無知から来るものだと思っていたが、どうもそうではないような気がしてきました。

金孝南氏が清平を去っても何も変わらなかったということは、一般の信者は金孝南氏を信じたのではなく「清平」の、ある霊的な力を信じたのではないでしょうか。それは「祈禱院」とおなじような霊的な力のような気がしてきました。このようなことを清平のルーツを調べていくうちに、思いつきました。

それに、家庭連合は宗教団体でありながら、それなりの宗教施設がなかったのも理由の一つだと考えます。清平のルーツを遡ってたどっていくと結局、聖主教団などの霊的集団にたどり着くので、これらをまとめてみました。

 

その前に、分かりやすくするために、家庭連合が主張している、統一教会以前の摂理史観を書いてみました。

http://spfjpn.com/moon/k-j/sc/john/#2-4_1945 2-4. 1945年当時の洗礼ヨハネ型人物より

 

1次摂理

聖主教団の金聖道婦人(西海岸)と元山の白南柱牧師が一体化できず、摂理は次に移る。白南柱牧師  韓国における最初の洗礼ヨハネ的使命者

 

2次摂理

腹中教団の許孝彬女史と李龍道牧師が一体化できず、摂理は失敗

注 李龍道牧師が死亡したのは1933年というのが有力なので、この説には矛盾点が多い。胎内教は平壌でおこった。それが正確にいつかは不明だが、1935年ころのこととされる。聖主教が創始されたのは1935年という説があるので、この二つの教団はほぼ同じ時期であり、摂理史観には矛盾点が多い。

 

以下に、各教団を説明します。

(統一教会の現象学的考察より)

多くの新キリスト教集団のなかで、とくに統一教会の出現に意味を持つものが五つあげられる。統一教会では、その五つの集団が復帰劇でそれぞれの位置を占めていると説く。西海岸の二集団と東海岸の二集団は、それぞれルシファーとイブを象徴し、またそれぞれが「蘇生」と「長成」の二段階、そして統一教会が「完成」段階を表している。これらの団体はさまざまに関係があったといわれるが、これは天使長の位置にあった東海岸側がイブ(西海岸側)に近づいたことに置き換えて説明される。イブの位置を占める集団は、その後韓国に現れる第三のアダム、つまり再臨主を見つけ出さなければならない。

 

1 胎内教(プクジュンギョウ腹中教)許孝彬女史

胎内教は平壌でおこった。それが正確にいつかは不明だが、1935年ころのこととされ、少なくとも1940年から1947年にかけては確実に存在していた。ホ・ホビン女史はキム女史の弟子で聖主教の信者だったし、事実胎内教は聖主教の平壌支部として発足した。ムン師によるとこの教団は千人の信者を集め「12使徒と70人の弟子」はもちろん、キリスト再臨にそなえて花嫁まで用意したという。平壌に豪邸を購入し再臨主に罪なき家庭を築いてもらうため、最適な環境を整えていたそうだ。

1945年朝鮮半島が解放されると、キム・イルソン(金日成)を中心とする共産主義者が北朝鮮を支配した。平壌警察が胎内教の捜査に入り、信者を逮捕して聖衣を押収した。信者は平壌で投獄された。このときムン・ソンミョンも投獄されており、ファン(腹中教信者)ら信者たちと同じ房に入れられた。ファンは再臨主が面前にいるとは信じなかったものの、ムン・ソンミョンに強く惹かれるものを感じた。ファンが胎内教について語ると、ムン・ソンミョンは教えを捨てて釈放をのぞむべきだと説得した。ホ女史も投獄されているのを知ったムン師は、魚の骨をペンに、古い布きれを紙に、埃とつばをインクがわりにして書いた手紙を渡そうとした。こうして手紙を書いている私の真の姿のために祈ってください、釈放のために信仰を捨ててください、とホ女史に懇願したが、ホ女史は信仰を捨てず、その手紙は発見されてしまった。ホ女史は銃殺、ムン・ソンミョンは過酷な拷問を受けた。

腹中教の結末

許孝彬集団の失敗のゆえに、1950年に韓国戦争が起きた時、彼らはすべて虐殺されました。

許孝彬氏以下、すべての監獄にいた人々を、共産党たちが後退する時、連れていって全部虐殺してしまったのです。

 

2 聖主教団 金聖道女史 西海岸 統一神霊協会と合流した。エバ格の使命者

(ムン師の妻ハン・ハクジャの母ホン・スンエはキム女史の教団に属していた)。

 

(統一教会の現象学的考察より)

聖主教は西海岸にあった宗教集団である。北朝鮮の鉄山でおこり、キム・ソンド女史が率いた。キム・ソンド女史は1920年代の初めにキリスト教に改宗したが、牧師に不倫関係を強いられ思い悩む。なぜ牧師が罪を犯したのか、さらには一般に罪の原因とは何かを理解したいと思い、熱心に祈った。彼女は毎晩、夜中の1時から昼近くまで祈ったといわれる。

イエスその人が現れ、罪の根源は不義であり、エデンの園で果実を食べたことではない、そして十字架で流された血でこれを正すことができる、と教えたという。その堕落と磔刑は神がもっとも悲しんだ出来事だった。しかし今や地上にエデンの園の復帰が待たれている。朝鮮半島は日本から解放され(キム女史には解放の正確な日時が啓示されていた),韓国の新たな救世主は人間の姿で現れて、イエスの未完に終わった務めを成就し、世界復帰を果たす。

来たる主は新しい血統を確立し、主を受け入れる者は身心を清めなければならない。このため婚姻関係にあっても性行為は慎まなければならないとした(キム女史の長男は妻と性交したせいで死亡したらしい、とムン師は述べている)。

人間同士の結婚は真の結婚ではないのだから、男と女は結婚すべきではない。ひとたびエデンの園が復帰されれば、人類はサタンの支配から免れ、男も女も裸体を恥じなくなる。聖主教では肉食が性衝動を強めると信じられていたため、信者たちはもっぱら菜食で通した。

聖主教が創始されたのは1935年。少なくとも一度は裸でも恥ずかしくないという考えが教会での礼拝式で採用されたらしい。統一教会の初代会長、ユー・ヒョーウォン夫人はつぎのように証言している。

大学(梨花女子大学)当局や既成教会が、私たちのことを裸で踊っていると思ったのは「原理講論」の要点が聖主教の教えと似通っていると考えていたからです。聖主教が南(韓国)に来てソウルで布教していると思ったのです。

 

キム・ソンド女史の孫によると、女史は遺書にこう述べていたという。

将来、性的告発を受けて迫害されるような集団や教会があれば、そこが再臨の地かもしれないので、調べにいきなさい。

ユー夫人の証言に出てくる事件の結果、ムン師が1955年に逮捕されると、聖主教の信者たちは、キム・ソンド女史の遺書はムン師の教会のことを指しているのだと結論し、全員聖主教を捨てて、ムン・ソンミョンの世界基督教統一神霊協会と合流した。

 

 

 

 

コメント

摂理的葛藤の“真実”を読み解くために 1.孝進氏の事

2018-06-06 02:00:53 | "真実”シリーズについて

 摂理的葛藤の“真実”を読み解くために

天宙的葛藤が引き起こされ今もその混乱が続く状況の中で、この問題を解決して為には、あらゆる事実を検証しながらその問題点や原因を明らかにしていかなければなりません。金容成のブログに引用されたお父様のみ言から読み解く“真実”の記事を纏めてくれた雪風さんからさらに事の本質を明らかにしていく記事を送っていただきました。初めに孝進様に関することから始まっています。祝福家庭としては出来れば避けて通りたいこともあるかもしれませんが、明らかな事実を根拠としてこそ真実を明らかにしてくことが出来ることを考えると雪風さんが取り上げるテーマは極めて重要な意味を持つと思われます。これまでの雪風さんの記事に引き続きお読みいただけるようお願いいたします。(HOPE)

 

 

孝進氏の事

摂理的葛藤を語るとき、孝進氏を抜きに語れないという思いになってきました。

雪風

 孝進氏の妻であった洪蘭淑氏の著書からの引用です。

 後継者の指名と育成に失敗したことは、文氏の死後、家庭内で血が流れることを確実にするだけである。息子たちはすでに、彼のビジネス帝国の支配をめぐる闘いにはまりこんでいる。統一教会自体が容易に手に入るようになった時、闘争は激化する一方だろう。

指導者の地位はもちろん自然に長男にいくはずだ。しかし孝進の絶えざるアルコールとドラッグ問題のために、弟たちはすでにその地位に向かって競争を始めている。女性ゆえに父親の跡を継ぐチャンスのない仁進でさえ、孝進の立候補資格を守ろうと必死になっている。彼女ははるか以前に自分の運命を彼と結び付けた。もし彼(孝進氏)が没落すれば、彼女と夫の朴珍成も一緒に没落する。

わが父文鮮明の正体(洪蘭淑氏著)エピローグより

 

想像力をかきたてる文章です。特に仁進氏のことが気になります。この本でも仁進氏がたびたび出てきます。時系列を見ると、孝進氏が聖和してからすぐに亨進氏が総会長になった。孝進氏の聖和が競争の始まりの合図だったのでしょう。この本は、韓国では出版されていないようです。されていれば金容成氏は、この本を参考にしたと思います。

 

当時の時系列です。洪蘭淑氏が去った後1997年まで離婚裁判が行われた。それが世間に知られるのは時間の問題であり、早急に対策をたてる必要があったはずです。それが清平特別修練会だったような気がします。

1994  5 家庭連合創立 家庭連合以前は宗教時代 以後は超宗教時代 家庭盟誓発表

   11 文鮮明師、孝進氏の問題を初めて知る

1995 1清平特別修練会始まる

1洪蘭淑脱出を決意する

2月、文国進理事長はセイロ(Saeilo Inc.)を設立し、ワンナップから500万ドルの投資を受け、銃器製作事業(KAHR)を始めた。UCIは、大学を出たばかりで、能力も検証されていない20代半ばの青年に「父とは無関係に」500万ドルも投資した。

   8月 洪蘭淑脱出

1996  2.24日本人を対象にした清平修練会始まる

1997 12 通貨危機発生

 

孝進氏の時系列ですウイキペディアからコピーしましたが、ほとんどが 洪蘭淑氏の本からです。

この本によれば、この時点ですでにお母さまは家庭内の実権を握っていたようです。

 

19621229- 韓国で誕生。リトルエンジェルス芸術学院に入学。ニューヨーク州タリータウンのハックリー校 (Hackley School) に入学。空気銃を学校に持参し、数名の同級生を撃ったことでハックリー校を退学となる。父、文鮮明の側近、朴普煕とバージニア州マクリーン (McLean) で暮す。

この時、サムエル氏と会い、秘密を知ったのかもしれない

19731218- 他の兄弟たちとともにアメリカに移住した。

1981

11- 父文鮮明が当時15歳の洪蘭淑を結婚相手に選んだ。

12- 単身韓国を訪れ、洪蘭淑に会って婚前交渉した。

1982

17日アメリカで洪蘭淑と結婚し、当初ニューヨークのウエストチェスター郡のアービントン (Irvington) にある文鮮明一族の邸宅(通称イーストガーデン)で、妹、仁進(インジン)の家族らと同居した。父、鮮明の個人的な補佐、ピーター・キムを伴い新婚旅行に出かけ、フロリダ州、ディズニーランド、ラスベガスを訪れた。孝進氏は、別れ話を切り出し、蘭淑との結婚は望まなかったが両親を喜ばせるためだけ結婚したこと、韓国にいるガールフレンドをあきらめるつもりはないことなどを告げ、韓国のソウルへ旅立った。韓国から帰国し「結婚祝いのお金でガールフレンドをアメリカに呼び寄せ、マンハッタンに二人で暮らすアパートを借り、両親にそのガールフレンドと結婚するつもりである」旨を告げた。母、韓鶴子が孝進のガールフレンドと話し合い、手切れ金とカリフォルニア州行きの航空券を渡し、手を打った。孝進氏韓国から帰国。

1983

3- 長女が誕生。

1985

「大学原理研究会」の世界会長に就任。統一教会/統一協会所有の録音施設、「マンハッタン・センター」(マンハッタン・スタジオ)の製作・経営の責任者となった。

1987

 マンハッタン・スタジオでレコーディングを始めた。

1988

 統一教会の信者の前で、ワシントンに行った後ドラッグ(麻薬)に関わるようになったこと、高校時代、酒を飲んでいたこと、多くの女性とつきあっていたこと、肉体関係を持ち、結婚を考えていた女性がいたこと、父親に対する良心の呵責から自殺を考えていたことなどを告白。

1993- コカインを常用するようになった。

1994

2- 父親からマンハッタン・センターのプロジェクト資金として40万ドル(当時のレートで約4千万円)もらった。

11- 5子、次男が誕生した。

1995

4- マンハッタン・センターの社員らが父、鮮明に孝進の復職に抗議する手紙を送った。

88- 当時の妻の洪蘭淑が5人の子供を連れて文家から脱出。蘭淑からマサチューセッツ検認裁判所に離婚と養育費の支払いを求め提訴された。フロリダ州ウェストパームビーチのヘイゼルトン・クリニック、カリフォルニア州のベティ・フォード・クリニックで麻薬中毒治療を受けた。

1025- マサチューセッツ検認裁判所から毎月養育費を支払うよう命じられた。

11- 子供たちとの面会が可能かを確認するために蘭淑が雇ったソーシャルワーカーと面接した。

12- 子供たちとの接触禁止命令に背き、子供たちにクリスマスプレゼントを贈った。

1996

2- 子供たちとの面会が可能かを確認するために再びソーシャルワーカーと面接した。

4- ソーシャルワーカーから子供たちとの監督付き面会の許可が出た。蘭淑の裁判費用の支払いを求めた裁判所の命令に背いたため、マサチューセッツ州刑務所に収監された。ニューヨークで正式に破産手続きを行い3か月後に釈放された。

1997

12- 裁判所が蘭淑との離婚を認めた。

1998

920- 元妻、蘭淑がアメリカのCBSのドキュメンタリーテレビ番組“60 Minutes”で文鮮明一家の偽善性を告発した。 

1013日『タイム』誌に文一族を告発したインタビュー記事が掲載された。『わが父文鮮明の正体』の発売に先立ち、『文藝春秋』11月号で「文鮮明聖家族の仮面を剥ぐ」と題してその一部が掲載された。

1125- 蘭淑の告発手記“In The Shadow of Moon”(『わが父文鮮明の正体』)がアメリカと日本で出版される。

2005

36-329- 日本7か所でコンサートツアー「HJ Moon Concert 2005」(主催・真の家庭運動推進協議会)。

2007

324-47- 日本5か都市コンサートツアー(福岡大会、高松大会、大阪大会、名古屋大会、関東大会)。

2008

39日午前7- アメリカの教団施設(ベルベディア邸)において、「コミットメント(誓約)」と題した説教をした。

317日午前943- 韓国のソウル特別市龍山区漢南洞(ハンナムドン)において心筋梗塞により死亡した。

319- 2,100人が参列し韓国・天宙清平修錬苑の天城旺臨宮殿大聖殿で世界昇華式が行われた。

 



再び洪蘭淑氏の著書からの引用です。

 最近、この問題について話すとき、文師は自分が昇天したあと「真のお母様」が統治するだろうと暗示している。韓鶴子が統一教会の舵取りの位置で、象徴的な役割以上のものを果たせるとか、また果たす意志があるとか本気で信じている人は、教会にはいない。

「イーストガーデン」を離れる一か月前、私と文夫人は統一教会の将来について話し合った。私は指揮権を孝進には渡さないように強く主張した。名目上の宗教団体を率いるのに彼ほど不安定な人間を想像することはできない。彼女はいやいやながら認めた。文鮮明は統一教会の指導をほかの息子のひとりに任せなければならないだろう。その可能性が彼女を悲しませるのは分かっていた。最初の子供が女の子だったあと、孝進の誕生は「真のお母様」としての彼女の地位を確実にした。彼女の運命と彼(孝進氏)の運命はひとつに結ばれているように見えた

わが父文鮮明の正体エピローグより

コメント

読み解かれた”真実”から見えて来るものとこれからの課題

2018-06-06 00:34:54 | "真実”シリーズについて

 金容成のブログから読み解く”真実”から見えてくるものとこれからの課題

 HOPEより

 

雪風さんが纏めてくれた 「金容成のブログから読み解く”真実”」シリーズが、Ⅱのシリーズも含めて一段落しました。このシリーズの掲載で見えてきたものがあります。そうして今後の課題も明らかになってきました。 

 

父子協助時代を通して顯進様に使命を継承して行こうとされていたお父様

お父様の生涯の願いとは何だったかといえば、それは平和理想世界(神様の創造理想の世界)の実現ということだったと思います。それらのことは平和メッセージに明らかになっています。すなわち三代圏家庭理想の実現を通して世界平和の実現をはかっていこうというものでした。

そのお父様の理想実現の計画は着々と理想に向かって進んでいました。子女様の家庭の祝福からお孫様の祝福が進んでいっていました。

 

1998年になると、お父様は文顕進様を世界平和統一家庭連合の世界副会長に就任させられ、二世圏のリーダーを顕進様のもとに従うようにされながら様々な権限の委譲を始められ、順調に使命の継承が行われていくものと思われていました。

 

2000年代に入るとお父様は「父子協助時代」ということをしきりに語られるようになり、摂理的長子からお孫様の祝福を通して三代圏家庭理想の実現を現実のものとしていかれるようになっていたのです。

 

教権勢力の反逆

ところがこれらのお父様から顕進様への使命継承に水を差すような出来事が起こってくるようになってきました。まず起こってきたのが郭先生攻撃でした。のちにお父様が全羅道の輩と言われて叱責されたのが、円羅南道出身者を中心としての(中心には金孝律氏)による不法な郭先生への攻撃でした。当時韓国の通貨危機に際してIMFが介入して、韓国の財閥に対して不正蓄財などがないか査察調査が行われていました。これに乗じて一部全羅南道出身の幹部たちによって、郭先生に対する内部告発が起こってきたのです。実際に査察がおこなわれましたが、郭先生には一切そのような事実のないことが明らかになったのです。そこでこの時はお父様はこのような画策をした全羅南道出身の幹部たちをして「全羅南道の輩」と激しく叱責をされたのです。

 

その後顕進様が世界巡廻をされる最中で一部幹部の不正(不正な蓄財など)が明らかになり、それらの問題を指摘された顕進様に対して、ある幹部が顕進様を讒訴するということも起こってきました。そうこうするうちに顕進様の世界巡廻への非協力や、顕進様の活動に関してお父様への偽りの報告、アメリカ会長人事などへの不当な介入などが繰り返されるようになってきました。

汝矣島裁判やUCI裁判もその一例でしょう。

 

このように顕進様の世界的活動への妨害やお父様への不正な(偽りの)報告が目立つようになって来たのが、特にお父様の乗られていたヘリコプターの墜落事故でお父様が入院を余儀なくされていたころを境に特に激しくなっていきました。そうして顕進様への活動の妨害にほかの子女様(四男、七男ほか)や、お母様まで加わるようになってくるようになっていったのです。

 

お母様の問題

金容成氏のブログに引用されたお父様のみ言を見ると、この間、お父様のお母さまに対する叱責のみ言葉が多くなってくるようになってきました。

顕進様への様々な妨害にお母様まで加わるようになってきたのです。

 

このころ、お父様の指示さえも無視される状態になっていきました。(特にヘリコプター事故後顕著に・・・)

 七男の亨進様の世界会長就任とお父様を無視した米国人事(顕進様と仁進様に対する)

お父様が語られているみ言と、当時の幹部による教会発表の現実との乖離が目立つようになっていきます。

 

 

束草偽霊界メッセージ事件とお父様による顕進様解任

そのピークが束草(偽 霊界メッセージ)事件でした。

この束草の研修院には500余名の教会幹部が集められていました。その場で、お父様はいくつかの理由を挙げられて、顕進様を叱責され、顕進様のあらゆる職責をはく奪する決定を下されました。

その時、お父様が顕進様解任の理由とされた内容を見ると悉く偽りに満ち満ちたものでした。

  

それは、それまで顕進様に関してお父様への偽りの報告が行われ続けていたことが明白にわかる内容でした。それでは、それは誰が?どのような目的でお父様に顕進様に関する偽りの報告を続けていたのでしょうか?

その時、霊界の孝進様からの霊界メッセ―ジとされるものが読み上げられました。しかしこの「霊界メッセージ」はだれが書いたのか不明です。

  お父様はそのまま信じておられた可のごとく語られた発言が残っています。

それは、梁会長が書いたのか?  金孝南訓母なのか?  その後、梁会長も、金孝南訓母も自らが書いたことは否定しています。それではこの霊界メッセージはいつだれの指示あるいは霊界からのメッセージとして記録されたのでしょうか?明らかになっていません。

 

 

その後の梁会長や金孝律氏の発言・・・ 

お父様による直接の解任とその後のお父様による「顕進のところに行くな!」との発言?

を根拠に顕進様と顕進様を支持する者たちの排除が進むようになって行きました。

 

 

・真のお父様の聖和

 聖和とその後の聖和式前後の顛末  ・・・お父様の聖和式後徹底した顕進様排除が行われていくようになっていきました。

 お父様の聖和の前後の内実もだんだん事実が明らかになってきています。聖和式が終わってからのちは、後継者とみなされていた七男や四男も追放されてアメリカに移り住むようになっていきました。

 今日、家庭連合ではお母さまを押し立てて、お父様とお母さま一体論を根拠にお母様に絶対服従の体制を確立していっています。また、三男顕進様を支持するグループおよび七男亨進様を中心とした教会を分派として、教会員が離れないように組織強化が進められているのが現状です。

  

お父様と麗水で最後の時を過ごした神山威元会長が顕進様を支持する声明を出すと、その行動や集会参加への妨害が強化 ネット上のブログ記事などへの妨害も行われるようになってきました。

 

お母様の「独生女」論 

そういう中でお母さまによる「独生女」論が台頭してきました。さらにこの「独生女

論は、お母様の無原罪誕生論にまで進んでいき、さらにはお母さまは無原罪で生まれた、お父様原罪あって、お父様は16歳のイエス様との出会いを通してあるいはお母様との出会いを通して原罪を清算されていったというような主張がお母様からされるようになっていきました。

 

さらに今ではSC(四男、七男派)によるお母さま攻撃が激しさを増し。お父様と姜賢実先生との祝福や銃を持った独自の祝福式も行われるようになっていっています。

 

 これからの課題

金容成のブログから読み解く”真実”から次のことが課題として浮かんできました。 

①一連の混乱(天宙的葛藤)はなぜ引き起こされたのか?・・・その原因と動機は何か?

②側近幹部たちに見る反逆の事実とその原因、動機となったものは何か?

③この混乱に一番大きくかかわってこられたのがお母様ということが明らかになってきました。それではお母様の行動の動機とその原因は何だったのでしょうか?またお母さまにかかわった人物たちにはどのような人々がいてどのような影響を与えていったのでしょうか?

④子女様たちの動向も気になります。7男さんや四男さん、それに仁進様などの動向も気になります。

⑤お父様の判断や決定に見る不思議?

 もともと顕進様を立てようとされたお父様だったのになぜその後顕進様を解任、さらには排除するようなみ言を語られているのでしょうか?  事実はどうなのでしょうか?お父様の真意は何だったのでしょうか?

あるいはもっと背後に何かがあるのでしょうか?あったのでしょうか?

 ⑥盲目的に従う食口たち

一連の様々な混乱を見てきたはずの食口のうち多くは家庭連合に今なお所属し、教会組織に付き従っています。食口たちはその過程に生じてきた様々な矛盾に気づかなかったのでしょうか?

 それは食口たちの行動様式からくることなのか?あるいは矛盾から脱却できない現実があるのか? 何故なのか?  どうすれば克服できるのでしょうか!

 

 我々はどのようになすべきなのか

我々はどのように受け止め行動しなければならないののでしょうか?

まずは事態を現実的に受け止めることが大切だと思います。そして引き起こされた事実の背後にある、善と悪を見抜いていく必要があります。そのほかにも克服すべき課題は数多くあります。

 

 進んでいく顕進様を中心とした摂理の動向について

 南北統一に向けてのAKUの歩みや天の伝統の相続の問題、 家庭再建運動や 世界平和の実現に向かっての諸活動などを取りまとめて行きたいと思っています。

 

今後の展開について雪風さんと

雪風さんからはその後も”真実”の解明に向けての記事をいただいています。引き続き背k際させていただきます。

”真実”を追求する過程の中で避けて通れない事実が数多く明らかになって行きます。時には見聞きしたくないような内容もあるかもしれません。しかし、現実から我々が離脱したら摂理を見失ってしまいます。ですから、できれば伏せておきたいような内容も含めて、”真実”を追求する作業を進めて行きたいと雪風さんとも話しています。

今後は雪風さんの記事に加えてHOPEの感想や協力してくれている皆さんの意見も交えながらブログを書いてい行きたいと思っています。これからも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

コメント