Cache-Cache ~かわいいかくれんぼ~

日々の生活の中で“見つけた”なにげない事柄を、
子供たちの育児日記と一緒に・・・

着々と

2011年05月31日 | 家作り

先日、無事に上棟式を迎え、中間検査も問題なく済み
着々と建築工事が進んでいます。
毎日、大工さん方へ差し入れに行くたびに、進行状況を写真に収めていますが
パラパラマンガのように観ていくと、本当に出来上がっていく様が
面白いです。

今週には、もうサッシが入るそうで、意外に進み具合が早いかも。
水周りの配管も通っていて、天井に配線やらが巡っている様も(2階キッチンなので)
今しか見れないだけに、興味津々。
そして・・・
ベランダもいつの間にか出来ていました。

明日は何が出来ているでしょうか。
すっかり毎日のお楽しみになっています。

さて、今日のお昼頃、西の空に変わった虹を発見。
海の方向へ真っ直ぐ・・・?
虹と言えば綺麗なアーチですが、こんな形のは初めて見たかも知れません。
弟くんも面白がって、見上げていました。
私にしたら、眩しくて目をすぼませている顔のほうが面白くって。
子供といると、こんな他愛無いことが可笑しかったり、
可愛かったり・・・。
本当に、ずっと見ていても飽きませんね。

家の写真と一緒に、弟くんも写り込んでいます。
こちらも、その成長ぶりがパラパラマンガのようで、
夜、夫婦2人で、目をすぼませながら見ています。


コメント

育ち盛り

2011年05月30日 | 子育て日記

台風が心配されていた週明けでしたが、今日は朝から良い天気になって
休校も予定されていた子供たちは元気に登校しました。
たまっていた洗濯物も片付き、私の気分もスッキリした一日になりました。

梅雨入りしたばかりだというのに、学校ではもう再来週には
プールが始まります。
暑い日になれば良いのですが、寒いと風邪を引きそうで心配です。
でも、秋に運動会がある学校なので
夏休み明けにはもうプールが無いのです。
だから、プールの授業数は少ないので貴重な時間です。

今時の学校はスクール水着なんてものは着ないので、
(中学は指定品のようです)
去年のをみてみたら、どうやらきついかも。
お姉ちゃんは今は、150がちょうど。弟にしては、去年の110はビミョウなところです。
2人とも今年は買い替えですね。

弟は食べても太らない体質なのか、相変わらずヒョロっとしていて、
腰も小さいから、パンツやズボンは100~110サイズでも入るのですが・・・。
もしかしたら、下の2歳児の弟のほうが大きくなるかもと話しているほどです。
(弟の布パンツは100サイズですし)

しかし、水着はやっぱり新調したほうが良さそう。
水に濡れると縮むでしょうし、最近背が伸びてきたのもあるので
来年のことも考えると。
それに、デザインが少し可愛い感じなので、それも考えるとね。

最近、上の子たちの服を買うときに、シンプルなものだったり
大人っぽい雰囲気のものだったりと、だんだんと可愛いからは
卒業していく感じがします。
弟にしては、幼稚園の頃はGAPなどが多かったけど、
学校に上がってからは、ナイキやアディダスなどの
スポーツメーカのものが多いかも。
通販などでも多く扱っているのと、この年齢の男の子の服が
意外とお店では少ないからです。

お姉ちゃんは、雑誌に載っているのを欲しがっていますが
水着にそんな金額をかける余裕はありませんので
もちろん聞き流します。
しかし、年頃の女の子のハートを射止めるそのデザイン。
やはりローティーンの女の子のものも巷に少ないだけに、
スイミングなど習っていなければ、こっちの方を欲しがるのが
分かる気がします。

女の子と男の子の違いはあれど、成長期の子供たち。
服も靴も益々大きくなっていくばかりです。

コメント (2)

雨の季節

2011年05月28日 | My Life

例年より早く、梅雨入りした模様ですね。
今年もあのジトッとした季節の始まりです。

昨年までは、一番下の子はおんぶして、
何とか雨の日をやり過していたのですが・・・。
さすがに、12キロの巨体を抱えられる体力もおんぶ紐もなく、
また雨の日のお楽しみ、長靴を履いて水溜りを歩く楽しさを知った彼は、
「おんぶ」や「抱っこ」のひと言もありません。

咲き始めてきたアジサイに、2番花のバラ。
雨に打たれていっそう匂いたつハーブの数々。
彼の視線の高さには、ステキな世界が広がっていることでしょう。
一向に前に進みません。
仕方なく抱えていこうにも、かっぱがツルツル滑るので、
私の腰が悲鳴を上げはじめています。

こんなときはいつも、運転できたら楽なのにと思うばかり。
しかし、だんな様の愛車☆クロチャンを動かすのと比べたら・・・
ああもう!来年の誕生日は軽の一台でもお願いしたいものです。

もうひとつ、雨で気懸かりなのが、建築の進行状況など。
先日、無事に上棟を向かえ、家の様相を呈してきましたが、
雨風をしのげるような外壁はまだまだ先。
台風対策にと大きな開口にはブルーシートが張られていました。
大工さんも雨対策や梅雨時の手順で仕事をしてくださいますが、
やはり後回しのものがあれば、少なからず遅れてきますので
出来るだけ晴れの日が続いて欲しい限りです。

そんな雨の日、台風が近づいているのに、私のお楽しみがひとつ。
だんな様から映画のチケットを頂きました。
ちょうど観たかったものがあるので、早速行ってこようと思っています。
久々の一人時間!
こちらは思う存分、満喫してきます。

コメント (2)

心配の種

2011年05月25日 | 子育て日記

やっとお天気になったのも束の間。
また明日からは雨模様のようです。
金曜日には、津波を想定した避難訓練と引き取り訓練があるので
出来たら晴れて欲しい・・・。
でも、災害はいつ起こるかわからないもの。
最悪のことを想定して(嫌なことですが)、万全を尽くすことが大切かもしれません。

新学年に進級して、もうすぐ2ヶ月になりますが
お姉ちゃんは、色々と悩みが尽きないようです。
先ずは、進学先のこと。
やはり、仲良しのお友達は受験するようで、このまま自分は地元の公立中に進むのは
嫌なようです。
しかし、電車通学で私学に通うのは無理だと納得してるので(私もそれは勧めません)、
どうしたら良いのか・・・。
中学選びで悩むなんてね~。こんな事で悩むなんて思ってもみませんでした。

そして、先の家庭訪問で言われたことのひとつ。

『ブランドのお洋服は、出来れば着させないでください。』

我が家だけではなく、女の子の家庭では皆さん言われたそうです。
どうやら以前に、誰かが着ていって汚したのかしたのでしょう。
憶測でものを言うのもなんですが、まあ、色々な事情があったのでしょう。

そのことを告げてから、ショックを隠しきれない?様子で、
『明日から何を着て行けばいいの?!』と泣きっ面で、まあ気持ちは分からないでも
ないのですが・・・。
幸いにも、手持ちの服が全部その類ではありませんし、我が家としては
工作や書道などの汚れるかもしれないときは着せませんし、着るにしても
それは納得の上です。
こちらもそれが嫌なら、はなから学校に着せてなんていかせません。

先日、そごうで見たいくつかのティーンズ・ブランド服。
子供服とは思えないような“良いお値段”のものもありました。
学校でも、その洋服を着ている子は見かけますが、確かに心配かも。

しかし、制服がないのですから、その辺は承知の上と学校も割り切れれば良いものですが
何だか、今時の事情を垣間見たような気がします。

今年の誕生日祝いに買ったお洋服は、以前と同じ約束をしたうえで着て行っています。
おしゃれ命のお友達は、納得がいかない様子らしいのですが、
それはそれで、また問題になりそうな予感。
ほんとに悩み尽きない、お年頃です。

 

コメント

選択肢

2011年05月23日 | My Life

先週は良いお天気が続いていましたが、
どうやら今週は雨降りの週になりそうです。
お天気に左右される予定が多いだけに、気がかりな1週間になりそうです。

このところ、といいますか、先日、神奈川県の茶葉のセシウムのニュースが出てから
日々の買い物で憂鬱な気分になっています。
というのも、地元のスーパーでも、原発事故の直後に、茨城や千葉県産の野菜の多くが
見切り品同然の価格で売られ、でも、誰も手に取る人はおらず・・・
という光景が続いていました。
それが今、神奈川県産の野菜に起こっています。

キャベツにきゅうり、多くの葉物野菜や果物の数々・・・

どれも、普段の半額程度の売値が付けられ、山積みになっています。

ところが、その事故の後と違うのは、他の産地のがないことです。
事故のあとは、関西や九州地方などの野菜があったのですが、
どうしたのか今回は、キャベツやきゅうりにしても、他の産地のがあまり見かけないのです。

風評被害防止のため、なのでしょうか・・・?

でも今の状況で、もしそうならば、それってどうなんでしょう。
もし、今の時期に他の産地で収穫がないのならば仕方ないにしても、
“安全性”が重要視されているだけに、市場に出すのならば
そのあたりのことを、消費者に伝える責任と義務があると思うのです。

今の国産品は、残念ながらどこでも放射性物質が(数値の差はあれど)
検出されることでしょう。
ならばできるだけ、子供が食べても大丈夫な数値のものを知らせることや、
もし全てがまかなえないにしても、それに近づけるよう選べる機会は
消費者に残して欲しいと思います。

といっても、福島の学校での子供の被爆数値を上げたりするぐらいですから、
表示された数値が安全かどうか、それを信じて良いのかさえ、
疑わしい限りです。

結局、風評を防止するのは信頼・信用度の問題なんじゃないでしょうか。
被害の地域の生産物をきちんと政府が保証する。
当たり前のことが行われれば、産地を偽装して市場に出すなんてこと
なくなるんじゃないでしょうか。

あくまでも、多面体にある物事の一面しか見えない私が思うことなので、
そう簡単に済まないことがあるのでしょう。
でも、今、一番にしなければならないことは、子供たちの安全を守ることのはず。
このつけが、何十年後かの子供たちに回されるのだけは、なんとしても防ぎたいのです。

コメント (2)

一番乗り

2011年05月18日 | 家作り

昨日の雷雨が嘘のように、今日は朝から良いお天気になりました。
日差しは夏!
お年頃の肌のためにも(時すでに遅し・・・かも)
今年は大き目のつばの帽子を新調したいです。

公園に行きたがった弟くんですが、昨日の水溜りがまだ残っていたので
今日は、買い物ついでに、私の愛車☆かーかんリンリン♪でサイクリングに行ってきました。
海側の道を気ままに漕いでいたら、住宅地の中に可愛らしい佇まいのお店を発見。
パリの路地裏(行った事はありませんが)にありそうな花屋さん。
店先にはつるバラを配し、ふとウィンドウを見ると、

『フランスの骨董品を少し置いてあります。』

これは!と、花好きの弟くんも喜んで、開店早々お邪魔させて頂きました。

アルザス地方(行った事はありませんが)などの土産物屋さんに置いてありそうな
フォークロア風な柄が描かれた、可愛らしい陶器のハーブ入れ3兄弟。
シャビーな感じのブリキの水差しに、吹きガラスのような少しぽってとしたガラスビン。
簡単に連れて帰れるようなお値段ではなかったのが残念ですが、
憧れの“フランス”の雰囲気に触れられて幸せでした。

『短くなっちゃったんですけど、よかったらどうぞ。』

と、弟くんにオレンジのガーベラを。
ステキな(若い)お姉さんから声を掛けられたのと、可愛いお花を頂いたので
すっかり恥ずかしくなった様子で、親目線ですが、そのはにかんだ姿も
花に負けじと可愛かったです。

またひとつ、お気に入りのお店が増えました。

写真の花束は、家用にアレンジをお願いしたものです。
花のある暮らし・・・家の中も心も明るくなりますね。
 
           

先日、基礎のコンクリートの枠が取れました。
この日、施主より先に一番乗りの弟くん!
このサイズだと、狭い家も広く感じます。
だんだんと形になってくると、庭にと考えているところのイメージも浮かびやすくなってきます。
無謀にも、いえ、念願のバラの庭を目指して・・・
私の妄想は膨らむばかりです。
     
       

コメント

息子の世界

2011年05月17日 | 子育て日記

なんだかんだと忙しい今月。
子供会の行事や地域の集まりに学校など、狭い身の回りの出来事が殆どですが
週に何回かあると、やはり忙しなく感じます。

その予定のひとつ、家庭訪問が恙無く済みました。
今年度から姉弟2人分(来年は幼稚園も加わる・・・)。
でも、同じ日に時間も大きく開かずに組んで頂いたので、助かりました。

さて、一番聞きたかった子は1年生の弟。
普段の家庭での様子を鑑みると、やっぱり心配で。
でも、何が心配かと言うと、そう思いつかないので、親っておかしなものです。

巷では、小1プロブレムと言われるように、座っていられない、話を聞けない、とにかく
問題行動と呼ばれるものが多いとか・・・。
特に今年度からは、指導要領の改訂で脱・ゆとりですから、勉強の進みが速いのもあって
現場は大変なようです。

ただ、少なからず何かしら引っかかるお子さんは、幼稚園・保育園時代から
その話はあったでしょうし、学校も“情報”として持っているので、新に学校で“気付かれる”のは
そう多くないのではと思います。
そして、この時期の一年生の家庭訪問は、在校生のそれとは違い、その子の生活を伺い知る
機会なのかもしれません。

弟の様子は、先生曰く
『真面目できちんとしてる。』という印象のようです。
思わず笑っちゃいました。
そして、
『字の認識が高く、難しい言葉もよく知っているのは驚きました。』だそうです。
これも笑。
幼児教室や塾に通わせてるのか聞かれましたが・・・
「電車が好きで、小さい頃から路線図や電車の絵などを見て覚えて、
描いていた影響だと思います。」
好きこそ物の上手なれと言いますか、確かに、その覚えの早さや、思い描く力の凄さは
私達両親も感心してるので、その点を気付いてもらえた事は、凄く嬉しかったです。

難しい言葉とは、多分普段の生活の中で、違和感無くよく使ってる
「所謂、或いは」のような言葉じゃないかなと思います。
最近よく口にする、
『口惜しい』には、さすがに笑っちゃいますけど。

学校での生活は、彼の世界・聖域。
自分から話してその門戸を開いてくれない限りは、ずかずかと踏み込んではいけない
世界なんじゃないかなと、軽い畏れを感じつつ、でも、なにかあればいつでも飛び込んでいく
態勢で見守っていこうと思っています。

学校での子供の様子について、そう思えるようになったのは
4歳上のお姉ちゃんのおかげです。
お姉ちゃんについては、また今度記したいと思います。

コメント

差し入れ

2011年05月15日 | 家作り

この週末は、すっかり夏の日差しでした。
海へ向うボードのお兄さん方が忙しなく自転車を漕いで、頭上にはトンビの群れ。
海辺の地域の、初夏の始まりです。

住宅の建築工事が始まり、大工さん方へ差し入れ(おやつ)を毎日持っていくのですが
まだ数回も経たないうちに、その中身に困るようになりました。
飲み物は必ず持っていくのですが、お茶請けといいますかお菓子の類。
お団子やドーナッツ・・・
片手でつまめるようなもの、あまり仰々しくないものが良いかと思うのですが、
予算もありますし、季節柄、早く傷むようなものは困ります・・・。

意外にも、皆さん甘いものは好きなようで、お団子のあんこも好評でした。
しかし、買うものにしても、ひとり2~3個くらいと考えると、けっこうな金額になるので
作ったものでも平気かな~と、今週はクッキーの類を持って行ってみようかと思っています。
(先ずは様子見といいますか・・・)

『教えてgoo』などでは、差し入れがなくても構わないような回答がありましたが、
今の住まいが近所なのはご存知ですし、やはり、家が出来上がっていくのを
毎日見に行くのが楽しみですので、いつも手ぶらで・・・という訳にはいきません。

差し入れではありませんが、そろそろ上棟のことも考えないといけませんし、
家作りには気が抜けません。

コメント (2)

お弁当

2011年05月12日 | 子育て日記

厚い雲の切れ間から、少しだけ青空が覗いて見えます。
晴れて欲しい気持ちを弄ぶかのように、西からはどんより雲・・・。
やっぱり今日も雨降りの一日になりそうです。

今日は、5年生のお姉ちゃんの遠足予定日でした。
でも、昨日の時点で中止が決定。
今回は野外だったので仕方がありません。

しかし、今日は学校の給食は無しなので、お弁当を持って登校です。

中身は、おにぎり2つに甘い卵焼き、竜田揚げとウィンナー、このときにしか食べれない
“占いグラタン”と、季節の果物。
特に凝った中身ではありませんが、学校生活ではお弁当の機会が少ないだけに、
どれかひとつだけ奮発したりしているんですけど・・・。

『今日のメニュー牛丼なんだ・・・食べたかったな~』

ですって。

確かに、給食のメニューはどれも美味しいことでしょう。
でもね、母のお弁当だって・・・
悔しいので、竜田揚げを1個減らしました。

学習時間の確保のため、遠足は日にち未定で延期になっています。
もしかしたら、春の遠足はこのまま中止かも。
仕方が無いこととはいえ、やっぱり学校行事のお楽しみですから、
残念な気がします。

1年生の遠足は、来週の予定です。
こちらは、ご近所散策コース。
お弁当も学区内の公園で食べるようなので、特別感は少ないかも。
でも、新しいお友達と一緒に食べれば楽しいのかな。

今年の3月までは、毎朝作っていたお弁当も、作る機会が減ってくると
段取りを思い出すのに時間が掛かります。
来年は、3番目の子が幼稚園に通うので、また忙しい朝になるのですが・・・。
この機会に、ワンパターンになりがちなおかずを、少しでもレパートリーを増やす
努力と、可愛いお弁当を作れるよう頑張ろうと(気持ちだけは)思います。

コメント (2)

リバティシュシュ

2011年05月10日 | 手作り

長い休みが終わり、家族が出払った後、ホッと一息ついています。
ささやかなひと時ですが、コーヒーを飲みながら今日の予定を確認し、
家事をゆ~っくり始めるのが、私の一日の始まりです。

今年度も教育ボランティアを引き受けましたので、
毎年恒例の年間(指導)プログラムを作成しました。
今年度の手芸部は、昨年入部した4年生が、引き続き入部をしてくれたので
初歩的な指導は少なく、より制作を目的にとしています。

クラブ活動の時間は一時間ほど。
その中で制作時間は30分もあるかないかなので、できるだけ簡単なものが中心になります。
第一回の制作は、先ずは、輪っかの周りをぐし縫いするだけの簡単シュシュ。
裏返し口から表地にひっくり返して、ゴムを通すというものです。
一応、もし時間内に仕上がらなくても、家でプリントを見ながら作れるよう考えてみました。

連休中、まず2つの見本を作りました。
いくつか見本を作る際、いつも気をつけているのが、生地選び。
もうお年頃の女の子たちですので、あんまり子供っぽい生地・柄だと
最初の受けが良くないかもと・・・。
小学生にリバティの印象はどうか・・・まだ微妙なところですが、
やはり素材の質が良く、柄の発色が美しいものは、女の子は好きなはず。
手持ちのリバティの中から、余り大人っぽくなりすぎず、合わせやすいものを選んでみました。

リバティには、どれもステキな名前がついているのに
いつも忘れてしまう私です。
この2つの生地の名前・・・なんて言うのかしら。
(ホビーラさんで購入したので、HPで探してみます)

コメント