Cache-Cache ~かわいいかくれんぼ~

日々の生活の中で“見つけた”なにげない事柄を、
子供たちの育児日記と一緒に・・・

成長の証

2009年08月30日 | My Life

今週、1歳の誕生日を無事に迎えました。
赤ちゃんから幼児へと呼び名が変わるように、成長著しいこの頃です。
昨年、生まれたばかりの写真と比べてもこの通り・・・

生まれましたこちらです。

手も足もムチムチなのは、今も変わりません。
最近は、むぎゅって抱きしめると、ほっぺにすりすり。
とっても癒される感触です。

しかしこれからは、可愛いと目を細めるのより、目が離せないことのほうが増えるでしょう。
イヤイヤも始まれば尚更!
上の二人の子供たちで色々と経験してきましたが、やっぱり大変な時期です。
それでも、時折みせるあどけない仕草や、満面の笑顔には敵いませんね。

さて・・・
このブログでは“ベビーちゃん”と呼んでいますが、1歳になった機会に
呼び名を変えたいと思います。
また、子供たちの呼び名もついでに分かりやすく
あっちゃんを“お姉ちゃん”、あっくんを“お兄ちゃん”に。
そして、ベビーちゃんは“弟くん”にしたいと思います。

3人の子供達の成長が、ますます楽しみです。
コメント (4)

身近に迫まる

2009年08月27日 | 子育て日記
日中はうだるような残暑ですが、夜は幾分かは過ごしやすくなってきました。
それでも暑がりの家族を持つと、クーラーはまだまだ必要なようで
冷気が辛いワタクシです

夕方、学校から連絡網が回ってきました。
巷で猛威を振るい始めているインフル。
懸念されている感染の増加を防ぐため、検温と、体調管理の報告をお願いしますと・・・。
そう、学校が始まったら、あっという間に広がるでしょう。

ニュースや新聞で分かっていても、いざ、こうして連絡が来ると
身近に差し迫っていると、嫌でも実感します。

予防に努めるしか当面は無いようですが、小さい子がいると不安は残ります。
病院は診てくれるのか、薬は効くのか・・・
マスクだって、先々週まではあったのに、また品薄です。

まあでも、悲観に暮れてもしょうがない!
限界があるとは言え予防は大事なので、健康管理も含め
気をつけてみていかないと。

今年は、自然界からの脅威に晒される年回りなのでしょうか。
嵐も流感も、静かに早く過ぎ去ってくれるのを願うばかりです。
コメント

もうすぐ誕生日

2009年08月26日 | 子育て日記
もうすぐ我が家の3人目、ベビーちゃんが初☆誕生日を迎えます。
今日は、その準備の買い物に。
ケーキは、あれこれ悩んで、結局作ることにしました。
苺は手に入りませんので、夏生まれの子らしく、桃のケーキです。
バターは奮発して、カルピスバターを使います。
さあ、あとはちゃんとスポンジが焼けますよう、手順の再確認!

お祝い膳も抜かりなく。
先日富山に帰省した際に買っておいた、鯛のかまぼこと
昆布巻きに、煮豆。
海老のお吸い物と、お祝いには欠かせないお赤飯。
おせちよりも豪勢な中身です。

上の二人の子供たちは、部屋の飾り付けをしてくれました。
みんなに愛されて、本当に幸せなベビーちゃんです。

誕生日プレゼントは、実はまだ考え中・・・。
いろいろ候補は挙がっているのですが、どれも場所をとるので困ったなと。
欲しいな~と(親のほうが)思っているのは、カラコロツリーなんですが
口に入れちゃいそうで・・・
それはサンタさんにお願いしましょか。

歩き始めてから、身体つきもしっかりしてきて、だいぶ赤ちゃんの面影は
薄くなってきました。
それでも、オムツ姿とおっぱいを飲む顔と、寝顔はまだまだあどけなくって
かすかに赤ちゃんの匂いも感じられます。

いろいろと知恵も付き始め、これからが一番大変な時期の始まりですが
何をしても「かわいい」と思うのは、3人目の余裕からなのか
やっぱり親バカだからでしょうか。

今週末は、みんなでベビーちゃんのお祝いができますこと
何よりの幸せです。
コメント

この夏最後の水遊び

2009年08月23日 | 子育て日記
夏休み終盤、明日からあっくんの夏季保育が始まります。
このところの寝苦しさで、明け方に目を覚まし、そのまま
2度寝、3度寝であわや遅刻~!
明日からは、気をつけないといけません。
でも、お弁当が無いから、寝過ごしてもまだ大丈夫。

今日は、気温も上がって水遊びにはもってこい。
だんな様もいるので、この夏最後のプールをしました。
もちろん、男の子二人は大喜び。
準備する前は
『やらないよ~!』
って言っていたあっくんも、水が溜まったら、さっさと水着に着替えていました。

子供は、水の誘惑には勝てないものです。

日差しはまだ夏ですが、吹く風はもう秋の気配。
ちょっとヒンヤリ。
以前ならすぐぬるむ水も、暫く冷たく感じました。
やっぱり、水遊びはこれが最後のようです。

最初は、オッカナビックリだったベビーちゃんは、すっかりその楽しさを覚え
今日もはしゃいでいました。
去年、ちょっと大き目のビニールプールを買ったのに、
なんだか狭く見えるのは、あっくんもずいぶん大きくなった証拠。
果たして来年は、このプールで満足するかしら?

子供たちには楽しい水遊びも、用意し片付ける母には結構大変。
水道代も馬鹿になりません
コメント

気疲れ

2009年08月22日 | My Life

楽しかった?夏休みも今週でおしまい。
来週から、幼稚園児のあっくんは一足先に夏季保育が始まります。
ほんの2時間ほどですが、持て余しっぱなしよりはマシと、束の間ですが
お互いに息抜きになりそうです。

正直、私自身、ここ最近息抜きどころか、気が休まらぬ日々を過ごしています。
もちろん、遊びたい盛りの長男と、あれこれ覚えだして目が離せない次男の
相手もそうですが、階下に住む若いご夫婦に赤ちゃんが生まれ
先日、里帰りから戻ってきたのです。

そう・・・
我が家の子供達が騒いで、赤ちゃんが眠れない、泣き止まないなんてなったら
どうしよう。
ご近所トラブルとかを気にしてというのではなく、体験してみて
今が一番辛い時期じゃないかなと・・・。

幸い、住んでいるマンションは防音性が良いのか、お隣さんや階上の方からも、
今まで赤ちゃんの泣き声は聞こえてこないと言われていました。
でも、やっぱり気になるものです。
だから、どうしても

『赤ちゃんがいるんだから静かにしなさい!』

と、日に何度も子供たちに言ってしまうのです。
この部屋は自分達の家なのに・・・。
熱い日中は、外には出れないので家の中で過ごすわけですが、正直疲れます。

階下のご夫婦も、賑やかな時もありますし
お互い様と思っていただけるなら有難いのですけど。

ああ早く、一戸建ての家が欲しい!
少なくても、飛んだり跳ねたりしても、階下を気にしなくて済みますもの。
来年あたり・・・?!

やっぱり復職しないとダメかな・・・。

コメント

えんてこな兄弟

2009年08月20日 | 子育て日記

夏休み中のショッピングモールには、クラスメートや幼稚園のお友達の
誰かしらに会い、3人も集まれば賑やかなこと。
帰り際、『早く学校に行きたいな・・・。』『また一緒に遊びたいな・・・。』
とポツリ。
長いお休みもそろそろ終盤。
少し高くなった空は、もうすぐ秋を連れてくるでしょう。

さて、我が家の3人目、ベビーちゃんはもうすぐ初☆誕生日を迎えます。
ぷりぷりのムチムチ。
誕生日前に歩き出したと思ったら、最近は小走りまで覚えました。
短い足でたったったと走る姿は、ブリキの人形のよう。
微笑ましいのか、可笑しいのか・・・家族の注目を集めています。

初めての誕生日ケーキはどこに頼むかが、目下の悩みです。
お気に入りのケーキ屋さんはこの時期、苺の代わりにメロンやマンゴーなどを
使ったフルーツケーキなので・・・メロンが苦手な我が家はちょっと
不二家や有名店のケーキ屋さんなどを見に行って来たら、案の定
クリスマスケーキのように、冷凍スポンジのケーキなのが

作ってあげれば良いのですが、最近スランプなんです。

また、2週間も経たないうちに、お兄ちゃんのあっくんも誕生日を迎えるので
できれば同じようなのは避けたいな・・・と、自分の好みのほうを優先しています。

そのあっくんですが、以外にも今年はケーキはいらないと!
もともと生クリームしか食べない子なので、本人がいらないなら良いかも。
でも、ろうそくはどうするの?

『御寿司にさしてくれればいいよ!』

御寿司って・・・

『じゃあ、(富山名物)鱒寿司にさしてあげようか!』
ってだんな様。

『おお~いいね~!』
あっくん、その気満々。
今年は御寿司ケーキにして欲しいそうです。

ケーキはさておき、あっくんは5才、ベビーちゃんは1才に。
ワンパクなお兄ちゃんを見習って、弟もその道をまっしぐらに歩んでいきそうです。

えんてこ・・・だんな様の実家・富山の方言で【ワンパクな男の子】のことを
こう言うそうです。

コメント

ギンガムのトートバッグ

2009年08月19日 | 手作り
8月もそろそろ後半。
まだまだ日中の暑さは厳しいですが、夜には虫の鳴き声も聞こえ始めてきました。
熱帯夜を涼やかな気分にさせてくれますね。

子供達がそれぞれの場所に通うまでは、ミシンに向う時間は夜だけ。
先週から、少しづつ作っていたバッグが完成しました。

          

私には珍しいギンガムチェック。それもモノトーン。
カジュアルになりすぎないよう、こちらも珍しくバテンレースをあしらって・・・。

          

内布は、ギンガムとのバランスを考えて、小さめのドット柄を。
手持ちに黒地に白のドット柄もあるのですが、バッグは中が見やすいのが良いかなと。
ポケット口には、トーションレースをあしらい、さりげなく?ネームスタンプも
縫い付けてみました。

今回のバッグのサイズは、34×36cm。
肩から下げれるショルダートートです。
分かりづらいのですが、補強を兼ねた口布を縫い付けてあるんです。
本当はもう少し小ぶりのを作ろうかと思ったのですが、ついつい・・・。
小さい子がいると、替えのオムツやおやつなど、どうしても中が増えがちに。
ポケットは外側にも作り、結局はマザーズバッグになっちゃいました。

シンプルなバッグですが、装いを楽しむ秋には
このぐらいがちょうど良いかもしれません。
手持ちのエンジ色のスリングに合いそうです。

*オリジナルパターン

*生地
鎌倉スワニーさんで購入。
ストレッチギンガム・黒(セール時に購入。なんと¥290/mでした)
ルシアンのドット生地。

鎌倉スワニーさんのHPは、このブログのブックマークに載せてあります。
コメント

懐かしの場所

2009年08月17日 | 子育て日記
お盆休みが明け、働く人にはいつもの日常が始まりました。
夏が遅かった分、残暑が堪えます。
夏バテにはお気をつけ下さい。

お盆休みの無かった我が家ですが、週末、箱根に出かけてきました。
訪れた先は、箱根彫刻の森美術館。
ワタクシ自身は、子供の頃からもう何度も訪れている所ですが、
家族で来るのは今回が初めて。


     

大きな目玉焼きの上をジャンプ!
巨大目玉焼きのオブジェです。

     

今回、ここを訪れたかった目的の場所、ネットの森です。
色鮮やかな巨大なそれは、無数にあいた穴から迷路のように上に
登れるようになっています。
しかし、遊べるのは小学生まで~
子供達が本当に楽しそうにしているのを見て、大人の自分が恨めしい。

     

子供の頃からあるものの一つ。
シャボン玉をモチーフにしたオブジェ。
妹と夢中で遊んだ記憶があります。

我が家の子供たちも、汗だくになりながらもあっという間に高いところに。
足元が透けて見えるけど、怖くないみたい。
さすがにこれは、大きくなったワタクシは入れませんね。
でも、夢中で遊ぶあっちゃんが、あの頃の自分に重ねて見えました。

小学校に上がる前頃でしょうか、ここでピンポンパンの公開録画があって
ワタクシ、参加したんですよ。
あの目玉焼きのオブジェがある広場がそうで、とっても懐かしい思い出です。

箱根の空は青く、山の緑が深い、心地良いところでした。
近くでヒグラシの鳴き声が聞こえ、秋の気配を感じました。
コメント

あとちょっと、もうちょっと

2009年08月13日 | 子育て日記
富山への帰省ボケから、ようやくいつもの日常へ戻り
夏休みも後半戦へ突入です。

今年は、お盆休みがない我が家なので、子供たちにとっては
もうイベントがない!
花火大会もすでに終っているので、本当に退屈そうです。
テレビも再放送ばっかなので、本当に時間を持て余しています。

子供達が退屈ならば、母も同じく。
車の運転をしないワタクシなので、結局どこにも連れて行きようがない。
電車と言っても、わざわざ横浜あたりまで出向く用事もない。
家でのんびりしているのが一番(お財布にも)。

カレンダーを見れば、学校が始まるまであと2週間ちょっと。
そう、2週間!
まだそんなにあると思えば、気が遠くなりそうですが
ひと月以上もあったのに、残りわずかと思えば、乗り切れそう!
それにしても・・・
半日といえ、子供達が出かける場所があるって有難い事です。

さすがに家の中だけでは、お互いにストレスを感じるので
日中の熱い時間を避け、買い物ついでのお散歩がこのところの日課です。

セミの鳴き声、なかなか暮れない夕暮れ、スッと通り抜ける潮風。

一年で一番エネルギーが溢れる季節を、暮れなずむ時間に味わっています。
箱根山へ沈む太陽は、口惜しそうに空をオレンジ色に染めて・・・。

明日も良いお天気になるでしょう。
コメント

父と息子

2009年08月11日 | タイガーマスクのあんちゃん
帰省先でのひとコマ。

トップの写真は、帰りに乗車したE4系MAXと。
ポケモン新幹線でしたので、子供たちは大喜びでした。
ポケモンはもう卒業したみたいなのに、やっぱりこうゆうのは嬉しいみたい。
ちなみに、この二人お揃いのTシャツなんです。
2年ほど前に購入してあったのを、やっとあっくんが着れるように。
大きくなったのね~と、しみじみ。



あっくんの見つめる先には、北陸本線と城端線の車両が。
電車と言えば、東海道線や山手線がすぐに思い浮かぶ子には、田舎の駅を
のんびり走る単線が新鮮に映るのでしょう。
向こうに見える電車は、単線のキハ。
時代を感じる懐かしい車両です。
それでも、だんな様が乗っていた頃の車両に比べると、
はるかに近代的になったそうな・・・。
そう言えば、ワタクシが初めてこの電車に乗った時には、
ドアが手で開閉するノブ式でした。




この駅から、だんな様の青春が始まりました。
はるか線路の向こうを見つめる息子、まるで父の軌跡を辿るよう。
いつか、君も同じように出発してゆくのでしょうね。
そして、いつ来てもこの町の風景は変わらぬまま。
来年もきっと・・・でもそれが故郷というものです。

それにしても、富山・北陸は本当に遠い。
北陸新幹線が開通したら、少しは便利になるのでしょうか。
でも・・・故郷ってすぐ帰れるようなところじゃあ、物足りないかもしれません。
新幹線が開通したら乗らなくなるハクタカに揺られながら、
日本海にさよならをしてきました。


コメント