Cache-Cache ~かわいいかくれんぼ~

日々の生活の中で“見つけた”なにげない事柄を、
子供たちの育児日記と一緒に・・・

2018年のダイアリー

2018年01月04日 | 手作り

2018年の仕事始め。
私は、今日明日は出勤日数調整のための休みなので、夫には申し訳ないのですが
のんびりと冬休みを満喫しています。
といっても、まだ学校が始まっていない子どもたちの三度の食事の用意やらが
ありますので、自分のことは、それらがひと段落してからです。

休み中にしたいことの一つ。
今年のダイアリーの表装です。
毎年、市販のダイアリーにカルトナージュで表装するのですが、
昨年は中々その時間が取れず、年越しの作業になってしまいました。

今年のリバティは、2015年に発売されたものです。(名前分からず)
バラに似た柄に心惹かれました。
全体にシンプルな色使いですが、今年(こそ)は、落ち着いて過ごしたい私には
このぐらいの色使いが良いかもしれません。

さて、リバティのように今年もバラがたくさん咲いてくれることを願って、もう一つ行いたかったこと...
バラの剪定と鉢増しを行いました。
久々の庭仕事で腰に軽い痛みが走っていますが、気分は爽快!どのバラも、根の状態が良く
コガネっ子の姿も癌腫も無く、期待大です。
また、どの鉢も植え付けの場所も、掘り起こしたら沢山のミミズがでてきて、土の状態が良いのも分かりました。
全ては、茶々丸肥料のおかげです。

茶々丸(オスのミニウサギ3歳)も、元気に新年を迎えました。
私が一日家にいるので、「出して」アピールが物凄いです...でも、元気が一番。
今年もバラのためにも、頑張ってもらわないといけません。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年の手帳

2016年10月14日 | 手作り

先日、息子の看病の合間に、来年の手帳を作りました。
*縫い物など作りたい物はいくつかあるのですが、音が出るのものは動かせないので
子供部屋の近くで静かに作れるもの...そうだ、手帳を作ろうとなったのです。

完成したのはこちら...





左から、2013年、2015年、2016年、そして水色の生地のが2017年のになります。
(2014年は小鳩の柄の生地でしたが、見つからず...)
こうして一堂に並べると、私の好みの方向がお分かりになるかもしれませんね。
リバティにも色々な柄がありますが、やっぱり、小花を散らしたような花柄が一番好きです。

手帳に使用する生地は、ホビーラさんなどに寄った時に探しています。
と言いつつ、来年用の生地は、鎌倉のチェック&ストライプさんで購入したものです。
毎年、これだ!と最初の印象で決めるのですが、
決め手になるような一番のポイントって...何なのでしょうね。
よくよく考えても分かりません。
不思議なものですね。

さて、手帳の中身ですが、本体は某100均の手帳を使っています。
月間の大きなカレンダーと、メモページが付いただけのシンプルな手帳です。
月間の枠が大きく書きこみやすいので、使い勝手が良いのです。
栞代わりの紙縒りは、刺しゅう糸をよって作りました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

豊かな時間

2016年08月04日 | 手作り

久々に、自分の物を買いました。

ひとつは本。
予てから欲しかった

「嫁入り道具の 花ふきん教室」近藤陽呂子さん著・暮らしの手帖社発行

その名の通り、刺し子の花ふきんの解説書です。
以前に、暮らしの手帖で掲載された花ふきんの作り方(刺し方)を見て
その細やかさ、模様の美しさに圧倒され、いつか私もと思っていたのですが
なかなかの難しさで、結局、刺し途中で分からなくなったままにしていました。

それから暫く、
以前に出版されたものよりも、詳しい解説が載っていると知り
手に取って確かめると、たしかに、解説は細かくなったように思います。
それでもやはり、習得するには数をこなすことが重要に感じます。

ふたつめ。
ホビーラさんによって、刺し子の糸を。
ホビーラさんの糸は、どれも色合いが美しく、いつも選ぶのに迷います。
前回は、現代的な色合いのものを選んだので、今回は古典的なものを選んでみました。

本屋さんで、手芸コーナーを覗けば、
つい手に取るのは刺しゅうや、刺し子の本が多く
やっぱり、私は刺しものが好きなんだと自覚します。
一針、一針、刺すたびに形が表れ、重なる糸の表情と温もり...
手仕事をしている時間は、とても豊かなものを感じます。

富山のお母さんへのお土産に間に合うよう
明日から頑張ります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

完成

2016年02月05日 | 手作り

うかつにも、風邪をひいてしまったようです。
それも娘と一緒に。
それでも、鼻と喉の軽い痛み(娘だけ)なので熱はなく、今週はこれ以上酷くならないよう
用心して過ごしていました。
でも、もしかしたら私のは、花粉症かもしれません。
花粉症の長男も、先週から目をこすったり、鼻もよくかんでいましたから。
いや、認めたら最後...。
あ~でも目が痒い...。

そんなこんなで、のんびりしていると間に合わなくなってしまうので、急いで完成させました。



娘の卒業式用の、つまみ細工のヘアアクセサリーです。
最初は、櫛形のパーツにつける予定でしたが、重さまで考えていなかったので
付けると前のめりになってしまいそうだったので、急遽バレッタに変更しました。
以前に、ビーズアクセサリー作りをしていた時のパーツが余っていたので助かりました。

今朝、ちょうど子どもたちの支度をしていたところに、グラッと揺れがきました。
体感は震度2程度に感じましたが、縦揺れだったので一瞬焦りました。
真っ先に皆テレビに目を向けると、ニュースキャスターもカメラの向こうの指示を待っているようでした。
震源は東京と神奈川の境だったようです。
まさかそんな所がと、思いもよらない場所だっただけに
しばらくドキドキしていました。

東日本大震災から、今年で5年。
甚大な被害をもたらした地震でさえ、5年も経つと、忘れがちになっています。
風化してしまうことが、一番怖いことなのかもしれません。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つまみ細工のアクセサリー

2016年01月25日 | 手作り

週明けの月曜日。
お天気は晴れましたが、寒い一日でした。
午前中は用事があったので出掛けていましたが、あまりの寒さで頭痛が起きてしまい
急いで帰って暖をとりました。
先日誕生日を迎えたのもあって、身体に残った冷えで調子を崩しやすくなるので
これから外出の際は帽子も必要かもしれません。
今、制作中のものがすんだら、帽子でも編もうかしら...編めるかしら?

                *****

夕方に写真を撮ったので、ぼんやりした画像になってしまいました。
        

ただ今制作中の、つまみ細工のヘアアクセサリーの各パーツです。
剣つまみをメインに、丸つまみとパールビーズを花型に結んだものを櫛型パーツにあしらうことにしました。
使用した布は、綿ローンです。
参考にさせて頂いた本では、一越ちりめんを使っていましたが、地元の手芸店では手に入らず
タナーローンでも作れるとあったので、それならば手持ちの布から探してみました。
最初、練習も兼ねてリバティで作ってみたのですが、柄によるのかもしれませんが
思ったような感じにならず...
形がはっきり出る色で、でもあまりに和風になりすぎないものとなると
使える布は限られてきます。
この布は、ウィリアムモリスのファブリックに似た模様なので、ちょうど柄の部分(地の色は淡い水色で、柄はオフホワイトです)が
切り方でグラデーションの感じが出せたかと思います。
娘からは、パールを入れてほしいとリクエストされていたので、ちょうど柄の色合いが近いので
派手にならず、落ち着いた感じになったかなと思います。

花の中心は、粒ビーズで輪を作り、その上にパールを乗せてみました。
丸つまみの中心には、チェコビーズでキラキラ感をプラスしました。

初めてのつまみ細工は、コツを掴むのに、もう少しかかりそうですが
3~4つ作るうちに、何となくといいますか、加減が見えてきたかもしれません。
それでも細かい作業は、さすがに目にきますね。
指もつりそうです。

明日は、このパーツをコームにセットします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヘアアクセサリー作り

2016年01月20日 | 手作り

今朝は、先日の雨が残した水たまりが凍っていて
登校する子どもたちが、キャーキャーと大喜びで、にわかスケートを楽しんでいました。
住まいの地域は、雪は滅多に降らない所なので、子どもたちにしたら
水たまりの氷でさえ、それは珍しいものなのです。

明日は大寒。
寒波が居座っているので、まだまだ寒くなりそうですね。
作業部屋も、ストーブとエアコンをフル活動しても、暖まるのに時間がかかり
モチベーションの維持に影響します。

基本の縫いものをいくつか作って、少しずつ手応えを取り戻しつつあります。
でもまだ本調子ではないのに、娘から再びリクエストが入りました。

「卒業式用にヘアアクセサリーを作って欲しい」と。

以前、小学校の卒業式に作ってあげたのが気に入ってくれたようで、今回も欲しいと言うのです。
ただ、中学は制服を着用してなので、小学校の時のような、いわゆる発表会風の髪飾りでは
かなり浮いてしまうと思います。
華美になりすぎない程度のもの...なかなか難しい注文です。

駅ビルに入っているアクセサリーショップなどを覗いてみたのですが
参考になるものがなかなか見つからず、色々と思いあぐねています。
今のところ、候補の一つとして
【つまみ細工】のアクセサリーを考えていますが、七五三にならないようにするには、配色のセンスでしょうか。
つまみ細工の本は、何冊か出版されているようなので、明日にでも本屋さんで確認してみようと思います。
作れなさそうなら、また一から考え直しです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランチバッグ

2016年01月13日 | 手作り

随分前からお願いされていた「ランチバッグ」の制作に取り掛かりました。
注文主は...中3の娘です。
小学校の時から使っていたお弁当箱用のが、もうすっかり草臥れていて
気が付いてはいたのですが、どうにも腰が上がらないでいたのです。
以前なら、縫物などは、ささっと作る(頼まれていなくても)方だったのに
どうしたものか、縫物に限らず、今まで自信を持てていたものが
少し揺らいでいます。

そんなこともあり、手付かずのままでいたのですが、娘の頑張っている姿をみて
このままじゃいけないと、奮い立たせました。
基本の形から、もう一度はじめてみようと。

表地は、少しストレッチ性のあるデニム(多分C&Sさんで購入したものだと思います)で
中には、きなり地にこげ茶の水玉模様の綿を使いました。
どれも、布山の中からの発掘です。



お弁当を入れるので、底はマチを取ってあります。
あと水筒も入れるので、脇には、傾かないように水筒ホルダーのゴムを挟み込んでいます。
基本形なので、ポケットは無しです。




先日、夫と息子たちが鎌倉美術館に出掛けた際に、お土産に買ってきてくれたお饅頭です。
中はゴマ餡で、少しほろ苦い抹茶の生地と合っていて、美味しく頂きました。
鎌倉美術館は、この1月をもって閉館となります。
夫にとって、とても思い入れのある場所で、若い頃から足しげく通ったそうです。
感慨深い最後の見学でしたが、出掛けた日が日曜だったのもあり、とても混んでいて、ゆっくり見て回ることは難しかったようです。
もう一回くらい訪れるチャンスがあればいいのですが...。



最後に茶々丸です。
茶々丸のいる所は、作業部屋の一角なので、ミシンの音はうるさいようですが
部屋は暖かくなるので、うつらうつら眠っている姿が見られました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刺し子の布巾(お月見うさぎ)

2015年09月04日 | 手作り

ホビーラさんで購入した刺し子の糸を刺して、布巾を仕上げました。



(購入した糸は、ウサギのピンク色と、満月&すすきのからし色です)

ウサギは、我が家のミニウサギの茶々丸がモデルですが、可愛すぎたような...
実物は、



このこです。

でも、ちょっと振り向く様など、動きを観察していたのですが、殆どケージの中で寝転んで(いわゆる「スパーロー」と呼ばれる姿)
なかなか動いてくれない!
やっとと思ったら、ケージの入り口付近をガシガシ噛むぐらい。
思うようにしてくれないヤツです。

ホビーラさんの糸は刺し途中でも、ささくれのように糸が切れることがなく、からみも少なくて刺しやすかったです。
お次は、緑色とからし色で、ハロウィンの図案を刺したいと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この秋の宿題

2015年09月03日 | 手作り

もの作りの秋になり、さて今年は何を作ろうか...(毎年、作っていたかしら?)
いえ、作ろうじゃなくて、作らねば。

ほったらかしの宿題は、カーテン。
隣家と接する窓に取り敢えずのカーテンを付けているのですが、ここでやる気にならないと
一生このままかもしれないので、綿の生地に刺しゅうを施して、カフェカーテン風のものを作るつもりです。
生地は地直しも、両端の始末も済んでいるので、あとは刺しゅうのデザインですが
これが決まらず、ずっと悩んでいるのです。
庭の小さな花々とバラを刺そうと思うのですが、ぼんやりと頭に浮かぶ風景を描き出すのは難しいことです。
小さな花はエリゲロン。バラは、子どもたちのバラとピエール。
それから、隠れ茶々丸をどこかに忍ばせて。
果たして、寒くなる前に完成するでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜みやげ

2015年08月13日 | 手作り

先日、娘の学校見学で出掛けた際に、終わってから、どうしてもお願いと頼み込んで
そごうの「ホビーラ」さんで購入してきた、刺し子の糸です。
今まで、刺し子には刺しゅう糸を使用してきたのですが、ホビーラさんの糸はどれも発色が綺麗で
刺しやすいと聞いたので、試しに使ってみようと思ったのです。
売り場では、一足早く秋物の毛糸やリバティが並んでいて、そこだけ秋!
欲しいものはたくさんありましたが、この暑さもあって、まだ手に取る気持ちになれない...。
でも、目の保養には十分なりました。

で、引き換えに娘は、アニメイト横浜店で英気を養いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加