ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

【クライン孝子氏】いまの欧州で広まる日中それぞれのイメージ

2018年01月13日 | 政治

【言いたい放談】いまの欧州で広まる日中それぞれのイメージ[桜H30/1/11]

ドイツ・スイス・オーストリアで出資して良いテレビ番組を制作している、日本の被災地などを放送、両親を亡くした漁師さんが頑張っているなど対象が若い人のことで、かなり質の良い番組。新幹線で掃除をする女性が降車の乗客にお辞儀をしている姿などもあった。老人大国になっているところ、介護の現場もあった。

3時間の番組でドイツ語圏の3か国で放送されたのでクラインさんは喜んでいらっしゃる。日本に高評価を持ってきたようである。日韓合意も日本が譲歩しないことも注目されている。

ドイツだって政治がなかなか決められない、フランスのマクロンがさっさと中国に行って商売している。中国は投資してくれる国がないから、マクロンが来てドイツからお金を引き出してくれたら万々歳。

イギリスも習近平に王室を総動員して大歓待したこともある。中国で工場を作ったらみんな取られたそうだ。中国は怖いとわかったようだ。

中国の爆買いが大勢いて(日本では減少したが)現地の人はびっくり。それを中国に帰って高く売るのかしら。

(水島氏・・・彼らは欲望のままに動く)

日本人の国民ってある程度知っている。日本のバブルの時、日本人はブランド店に並んだりしていたが。

ドイツ人はある意味ではケチ、オーブンの買い換えも「60年使用しているのでもっと使う」という。

ドイツは30年戦争からずっと戦いが続き、それが彼らにこびりついている。

以上、「走り書き」でした。

 その他、衣服も大切にし使い捨てせず、古着も回収し再活用できるようにしている、ということだ。しかし日本は洋服の流行が激しく、ちょっと前のは着ることに躊躇する。私が思うに「流行性の高いデザイン」の服は買わないこと、などと思っている。

若い人たちがきちっと物事を考えているのを好意を持つとクラインさん。日本に帰って道をきいても親切この上ない。「私は意地悪ばあさん」とクラインさんは笑うが、クラインさんほど優しい人はない。気性が激しいように見えて、実は考えられないほど優しいお方なのだ。クラインさんのお友達の曽野綾子さんもそうですね。厳しいなかにも家庭的でご自身の意見は揺るがず、周りに影響されない。毅然たるところとやさしいところが同居しているのが本来の「やまとなでしこ」でしょう。

あ~あ、今日「夜桜亭アフター」見てしまった。あのS嬢のふてくされた顔、そしてあの討論のあと、沖縄に取材に行ってきた、と・・・あの人は左翼である。水島さんって若い女性に弱いのかな?一応毅然と「沖縄のレイプ事件」のこと言っているのだけれど、なぜシンガーのS嬢は素直にそれを受け取れないのか、左派的な「使命感」すら感じるほど異様だ。水島さん、わからないのかなあ・・・。それに以前に「浜辺の歌」も英語でジャズ風?に歌っていたし・・・。「なんじゃコレ」ってビックリした、まあ、S嬢に期待などしていないし、それよりもおかしな「思想」があるような・・・。

 

ところで「ホシュ」というのもイロイロあるような。私は最近気になる。三橋さんのこと以外にも、イロイロ、です。このところ不透明な考えの「ホシュ」には距離を置いています。(ベッラ)

 

ブログのティールーム

前橋汀子さん、今のコンクール受賞で騒がれている若いヴァイオリニストよりはるかに情緒があり旋律の歌わせ方が美しい・・・

 

前橋汀子 / "Thais"- Meditation (Massenet)

 

コメント

三橋貴明氏の本が、ある大型書店で見つからなかった。元妻のさかき漣さんの恐怖を語るツイート

2018年01月13日 | 政治

DV騒動三橋貴明氏の元妻が「誰かの報復」を危惧

1/10(水) 10:16配信 日刊スポーツ

  DV騒動で注目を集めた経済評論家の三橋貴明氏の元妻で作家のさかき漣さんが、「身の危険を感じております」と訴えた。

 さかきさんは9日、ツイッターを更新。「拡散希望」とした上で、「実は、身の危険を感じております。今後もしも、わたしの身に何かあったら、誰かの報復かもしれません」と不穏な状況を伝えた。

 ファンから励ましの声が多数寄せられ、さかきさんは10日、「コメントのすべては読めておりませんが、暖かいお言葉をくださる方が多くいらっしゃる事実に、救われています。ファボやリツイート等、本当に有り難く存じます。右派も左派も関係ありませんね。ありがとうございます、心より感謝いたします」と返信。さらに虐待やDV被害に遭っている人に向け、「周囲に助けを求め続けてください。一度出した被害届は、絶対に取り下げないでください。取り下げてしまうと、その件は無かったことになり、もう二度と刑事罰を科すことができません。あなたの心身が壊れる前に、逃げてください」と呼びかけた。(日刊スポーツ)

さかき漣さんのツイート

さかき漣/RenSakaki‏ @rensakaki2016  

DV加害者の過去は、いまの現在の被害者がいるときに論ずるべきことではないと思う。 DVの地獄を知らないひとが、加害者にも事情があるから、とか言い出すんだよ。毎日24時間、365日続く地獄を、自分が味わってみればいい。それと、逃げ出せた後も続くPTSDの地獄とかな。

 

★ 本日、ある大型書店に行った。買ってきたのは「イタリア語で読む星の王子さま」、値段が高いので年末も購入を迷っていたが、今日衝動的に買ってしまった。辞書もなしで読めそうで重圧や心の負担が少ないと思った。下の階では「星の王子さま」の箱入りチョコレートを売っていた。どうもバレンタイン向けらしい。・・・さすが業者は抜け目がない、もちろん買わなかった。ところでその書店でそっと政治経済のコーナーを見たが、いつも大量に並んでいた「三橋貴明」氏の本がなかった。

他の大型書店にはあるのだろうけれど。 そして三橋氏が今回引き起こした夫人への暴力事件、今までもあったというが、世間は厳しい。

この人の経済についての記事や動画は「反グローバル経済」で、多くの支持を集めていた。また西部グループの学者とも交流があった。しかし私が何年か前に聴きに行った講演会(京都国際会議場にてエマニュエル・トッドというフランスの学者と日本側の藤井京都大教授・施氏・中野氏らが講演をされたとき)、三橋氏が講演はないが来場されていた。

それから三橋氏のブログは政治経済の部で一位を続けた。私は三橋氏が主宰する無料メールマガジンを読んだ。

施氏・藤井教授・佐藤健志氏らそうそうたるメンバーで、毎回目を通していた。しかし最近、どうも首をかしげたくなるようなメンバー(チャンネル桜のS嬢・・・ジャパンニューアルファというパチンコ企業の宣伝ガールだったhttp://blog.fmyokohama.jp/fantasia/2012/07/saya-d4be.html)も入って来た。その次の日、三橋氏の逮捕だった。ネットによると夫人は10代でオランダ女性ということだった。三橋氏の3度目の妻にあたる。

心配なのはこれからどうなるのか、ということだ。10代の夫人に対してまたDVが繰り返されるのか、また三橋氏の今後は以前のようにはいかないだろうということ。

ここまではネットに書かれていることだが、大型書店から三橋氏の著作が消えている、というのは初めて実際に目にしたことだった。詳細はまた週刊誌その他に書かれることだろう。そしておかしな「陰謀説」については誰も信じないだろう。DVは事実だったのだから。

 

 ★ 下記の動画は水島氏がギリギリのことを言っているのでしょう。最後までお聴きください。(いいえ、このS嬢という地頭の悪い話など聴くのは頭にくるだけです。適当にご判断ください。ただ私が思うのにこの人は「保守でも良心的な国民でもない偽善者」ということです。水島さんは知ってこの人を重宝しているの?)

【桜便り】三橋貴明氏 暴行事件について / 「日韓合意」反故の不条理と南北会談 / 討論で寄せられた視聴者からの質問に答える(22分頃)[桜H30/1/10]

 

コメント (7)