ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

漂泊の旅人さまのエッセイ

2012年07月16日 | 漂泊の旅人さま

「尖閣は中国のもの」発言…中国「話の分かる日本人もいるらしい」

  玄葉光一郎外相は15日、丹羽宇一郎中国大使を日本へ一時帰国させ、尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる日本政府の考えを中国政府に説明するよう指示した。中国メディアの環球時報(電子版)が報じた。

  丹羽大使は石原都知事の尖閣諸島購入計画に対して公に反対を表明し、「日中関係が極めて重大な危機におちいる」と警告、同発言は日本国内で大きな反発を招き、野党からは大使を解任し、即刻帰国させるべきとの要求まで出ている。

  また元外務省国際情報局局長の孫崎享氏はツイッターで「日本人にとって受け入れがたい事実だが、尖閣諸島は日本固有の領土ではない」と述べた。孫崎氏は「日本が尖閣諸島の領有権を主張するようになったのは、1895年の尖閣諸島を沖縄県に編入させるという政府決定に基づいている」と発言した。

  また孫崎氏は、中国の歴史から見ると「すでに14世紀にはその軍事力が尖閣諸島一帯に及んでいたという史実がある」と主張、もしも尖閣諸島で中国との軍事衝突が起きるならば日本は確実に敗北するだろう主張、日本は国際社会から孤立することになるだろうと警告した。

  孫崎氏の発言に対し、中国のネット上では「開戦して日本に勝てるならばすぐに開戦すべきだ」、「日本人にも話の分かる人がいるらしい。歴史を尊重することは、事実を尊重するということだ」などといった声があがった。(編集担当:及川源十郎)



孫崎 享・・・名前、ウケルと読むらしいが言ってることは全然受けねーよ!

14世紀の尖閣は中国の影響下にあったって?・・・馬鹿じゃねーのかこいつ。そんなこと言ってたらオスマントルコはバルカン半島全部を、フランスはロシアの手前まで、ナチスは北アフリカ・・・ぜ~んぶ影響下に置いてたし!

日本だって、南太平洋の島嶼や朝鮮半島、台湾に至るまで・・・・あっ、いや、朝鮮だけはいらんけど・・・。

合法的に日本の管理下にあったから日本のもんだぜっっていう事もおKか?



尖閣を中国国内として宣言もしていないし・・・しかも、石垣の行政下にあることを中国自身が認める文書も出してるし・・・。



お前、中国で何か商売でもしようなんて企んでないか?



西戎とか言って忌み嫌っていた東トルキスタンやチベット、モンゴルに至るまで中国だと言っている事の”たてほこ”は?



お馬鹿な中国人は自分の脳味噌を一度取り出し、殺菌消毒した後、もう一度、頭蓋骨内部に内包して考え直した方がいいぜっ!

だいぶ、虫食いに侵されている。



日本はさておいたとしても、台湾でさえ、化外の地といい踏み入れようともしていなかったくせに!!

ちなみに台湾はオランダに占領されていましたね。



孫崎先生の言う14世紀は元の施政下でのことですね。確かに元は東への領土的野心は持ってはいましたが、ルートは朝鮮半島から日本へという道筋で南の尖閣はその範疇には入っていなかった。しかも、元寇も元が直接行使したものではなく、朝鮮の手勢によって攻めてきただけだし・・・。草原の覇者が何でわざわざ海に興味を持ちますか!



孫崎先生の大きな勘違いは尖閣は日本の領土であり、安全保障の影響下にあるってことで、一旦事が起きたとしても限定的な衝突事件としかなる要素がない、ということ。そして、国際社会から孤立するのは国境を接する全ての国と問題を抱えている中国自身であること・・・。



これほどの馬鹿がブレーンだったって、鳩ピー内閣の底が知れますね。



☆ 漂泊の旅人さまの鋭い舌鋒にイッキに読んでしまった。
  このニュースを知った時、これはひどいと思った。丹羽より酷いではないか!!
  シナの若者らは即時戦争だなんて息巻いている。
  日本人が日本を滅ぼそうとしている。
  決して許されることではない。 
  愛国心と正義に燃え、イザ・ブログで間髪をいれず正論をお書きになり、その情熱たるやいつも心強く思います。(ベッラ)




コメント

漂泊の旅人さまのエッセイ

2012年07月12日 | 漂泊の旅人さま

漂泊の旅人さまのブログ(イザ)の軽快でリズム感とユーモア抜群の政治批評が楽しい。
お願いして転載させて頂いた。



橋下市長、小沢新党との連携「TPP軸に判断」

 地域新党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は11日、「国民の生活が第一」との連携について、「維新の会はTPP(環太平洋経済連携協定)に賛成だ。TPPをどうするかが(判断の)軸になってくる」と述べた。

 大阪市役所で記者団に語った。

(2012年7月11日21時09分 読売新聞


揺さぶるねぇ~・・・消費増税に命をかけて反対した売国の士のグループ(冗談きついか?)が、国民の生活が第一の政党がTPPなんぞ、受け入れられるはずがなかろう!!

お前ら、天下の黒幕になれなかった、小沢を脅迫するとは・・・いい根性してるね!



口だけさえずっている3年前の民主党にもなれない馬鹿どもがなにを偉そうにほたえているんだ?



実績もない馬鹿の相手をするなんて同じ失敗を小沢先生が2度もするわけねーだろうよ!!

おとといきやがれってんだっ!



☆ ああ、すーっとした!! 昨夜からこの件で気分悪かった。これを呼んでスカッとした。
  漂泊の旅人さまのエッセイは「読むビタミン剤」
  それにしても全く、橋下というのは人の神経逆なでばかり!! (ベッラ)



7月12日のアクセス数 閲覧数:3,594PV

コメント (2)

「歴史問題に思う」~漂泊の旅人さまのエッセイから

2012年03月04日 | 漂泊の旅人さま

私が今のように歴史問題に興味を抱くようになったのは一人の元軍人との知己であった。

その元軍人はもちろん相当な老齢であったが気概は極めて旺盛で、いかにも軍人あがりといった風貌であった。



彼は戦時、上海だか蘇州だかの憲兵の尉官でかなりのエリートで、参謀本部の中枢にまで出入りしていたとのことだった。



それ故に知り得た情報では当時の日本軍は統制が行き届き不謹慎な兵隊は一人だにいなかったと口角泡を飛ばし熱く語ったものだった。

その彼が後年、命を賭して取り組んでいたのが「新しい歴史教科書をつくる会」だった。
正しい歴史を未来に伝えなければの使命感に燃えたのも必然だったのかもしれない。



私達が住む岡山県は昔は江田三郎や日教組の槙枝委員長などの左翼の大物の出身地だ。
最近ではそんな大物の足元にも及ばないが菅直人も岡山県の出身だ。
また、鳩山由紀夫の曾祖父岡山県出身との事…ことほと左様に左翼勢力が幅をきかす土壌、風土であった。



そんな環境のなか、老躯の彼は正しい歴史認識を広めるために心血を注いでいたのだった。



そんな彼の姿に影響されてか、私も歴史問題に触れる機会がふえ、さらに当時外国へ度々旅行に行き、外から日本をみる機会が多かった事もあって日本の近代の歴史への興味が膨らんでいった。





私の母は戦時中、代用教員をしていた。

戦後、 多くの教師がそうであったように母もまた、左翼思想にかぶれ熱烈な社会党支持者となっていた。

選挙ともなれば熱病のように運動に没頭したものだった。



私が小学生の頃のある時、選挙遊説の途中、江田三郎が我が家に立ち寄った事があった。

母はその事を大層名誉なことと思ったのだろう…後年にもしばしば、自慢気に人に話していた事をほのかに覚えている。



その様な家庭環境に育った私は当然ながら左翼主義思想に知らず知らず洗脳されていったのは無理からぬ事だった。



成長するに及んで、学生時代には当時の若者のご多分に漏れず、人気の学生運動に身を投じ一端の闘士を気取ったものだった。





そんな私が子ども時代からの呪縛から解き放たれ、現在の自由主義思想に転換できたのも、老憲兵大尉のお陰であった。





そんな彼が人生の後期、多くの時間と情熱をかけて取り組んでいた「新しい歴史教科書をつくる会」が活動を始めて今年で15周年に当たるという事だ。

憲兵大尉は今はもう他界されている。老人となってから、活動のため、パソコンを始め、パソコンを操り、南京大虐殺の話を熱く私に語りかけていただいた姿が今も瞼の裏に焼きついている。



彼や彼と同じ情熱で活動してきた愛国者の成果の15年の月日が河村市長の発言も妄言とはならない世論を作り上げてきたと言えるのではないでしょうか?!

しかし、昔日の日本人の矜持は未だ、日本人の心の中に蘇生しているとは言い切れない。

東京裁判史観やコミンテルン史観の洗脳に毒された人たちがまだ多く生き残っている。



この化石の様な人々が呪縛から解き放たれて普通の日本人になるまでにはまだまだ多くの時間が必要だ!

                      (以上、iza「漂泊の旅人」さまのブログから転載)


☆ メカ音痴の私が何を思ってか、ブログを書き始めてしばらくした時、偶然にヤフーブログの漂泊の旅人さまの以前のブログ
  を見つけ、毎日拝見していてついに、ついに震える手でコメントを書いたことを思い出す。
  時々、激しい言葉で政治への怒りを語られる時も、その怒りの大きさで、政治がどれほどとんでもないことになっているか、
  私はだんだんわかってきたのだった。
  そして漂泊の旅人さまのブログは、一日に数回書かれていて、一日も休まれなかった。
  心臓に持病があって、と以前のヤフーのブログに書かれていたことが、そのブログを閉じられた時も、ずっと気になった。
  二度と読むことはないのだろうか、と思っていたところに半年後、iza で「漂泊の旅人」としてブログを書いていると、連絡
  がコメントされていて、私は大喜びでizaの手続きをし、幼稚な内容のコメントを連発し、ご迷惑をおかけしていた。

  はやくお父さまを亡くされた漂泊の旅人さまは、お母様をよく助けられ、またご自身の健康も心筋梗塞というご病気に苦しまれながらも、その手術がいつ実施されたかもわからないほど、毎日ブログをお書きになった。
私は、「漂泊の旅人さまをお守りください」と近所の神社に参拝し、祈った。国士を必ず護って下さるという神社だから。
(もちろん、sengoku38氏こと一色さんや、「円卓」のみなさまのことも、尖閣・北方領土・竹島のことも。そしてロシアが攻めてきたら神功皇后ご自身がご出陣して頂けることも・・・本気で祈った。その時、頭の中に流れてきた「今宵は山が美しい」という曲が、このブログに何度も出てきたが、ついに「主題歌」にしてしまった・・・。
そのわけは・・・3つの鈴を鳴らした時、聴こえてきた和音がこの曲だったのだ。


今日のエントリーに漂泊の旅人さまが、今まで保守として命をかけて書いてこられた経緯がよく描かれ、感動してしまった。
お仕事で何度も海外に行かれ、特に中韓を実際にすみずみまでご覧になったことなど、普通の新聞では書かれていないことも知ることができた。 私は「東郷ターン」というのも知らなかった。それをコメントで教えて下さった・・・。
Kenさまと違い、困った音楽家の私であった。いっぱい感謝をこめて・・・ベッラより


漂泊の旅人さまから・・・・・
 
To bellaさん
南京大虐殺について、その方は終始一貫、絶対になかったと言っておられました。
なかったことを証明することは不可能に近い。
昔の記憶をたどりながら資料を収集された書斎の中でいろんな本を読ませていただいたものです。

私の虐殺なかった論はこの方の姿勢・・というか心意気からから教わったものです。


Franco CORELLI. Tu, ca nun chiagne! Ernesto de Curtis.


コメント (6)

ここにもテロリストが!「漂泊の旅人」さまのブログから『日教組、百人斬り』の授業!!

2012年01月31日 | 漂泊の旅人さま

remmikkiさまのブログにとんでもないコメントが、もうテロリストとしか言いようのない許し難いコメントについて、私のブログに一日中貼りつけてさらしものにしていたが、本日のイザブログ「漂泊の旅人」さまのエントリーを読んで、怒りは頂点に達した。日教組が偽りと分かっている捏造の<百人斬り>を中学校で授業したというのである。
転載します。


中学授業で「百人斬り」 自虐的教育を報告 日教組教研集会
2012.1.30 20:46

 富山県で行われている日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)で30日、日中戦争の南京戦で報道された日本軍の“百人斬(き)り”を事実と断定して中学生に教える教育実践が報告された。

 “百人斬り”は歴史的事実として認められておらず、教科書にも載っていない。日教組が長年続けてきた日本軍を誇大に悪く描く自虐的な歴史授業がいまだにまかり通っている実態が浮かび上がった形で、識者は「極めて不適切」と批判している。教研集会は同日終了した。

 “百人斬り”は昭和12年、東京日日新聞(現毎日新聞)に掲載され、旧日本軍の元将校2人がどちらが先に日本刀で百人斬るか競争を始めたという内容。

 真偽をめぐっては、報道に立ち会った元カメラマンが「戦意高揚のための記事で、あり得ない話だ」と証言したほか、毎日新聞が平成元年に発行した「昭和史全記録」でも「事実無根」と自社の報道を否定。

 さらに、両将校の遺族による名誉毀損(きそん)訴訟でも東京高裁が18年、「甚だ疑わしいものと考えるのが合理的」と指摘している。

 ところが、長崎県新上五島町立中学校の男性教諭は「加害の事実」を教える平和学習として、“百人斬り”の新聞記事や写真を生徒たちに見せ、「日本は中国に攻め入って、たくさんの中国人を殺しました」「戦争になったら、相手国の人をたくさん殺せば殺すほど勲章がもらえてたたえられるんです」「だから殺されたのは兵士だけでなく、一般のお年寄りや女性、子供たちもです」と語りかけていた。


(ここから漂泊の旅人さまのご意見です)
日教組の教研修会で100人切りを事実として教育していたと報告・・・・。

報道した毎日新聞でさえ、事実ではなかったといっているのに!お前は見ていたのか!!・・・てなもんよ!!


私の息子が中学生のころ、「日本人ほど戦争好きで残虐な民族はいない・・・」といったことは以前にこのブログでも話したことがある。

それを聞いて私は、日本の教育のあり方に非常に疑問を抱いた。

日本の教育は国を愛する心を育てる・・・という基本から大きく逸脱しているのだ!

幸い、そのとき私は息子の言ったことに歴史的事実をもってそうではないことを説明し左翼日教組の洗脳に犯されることはなかったが・・・。

そして社会人となった今は自分の判断で民主政権に批判的な目で見ることができている。


長崎のこの教師に歴史を教わった生徒たちが洗脳から解き放たれ、自分の意思で歴史を見るまでには多くの時間が必要となるに違いない。
そしてそれは彼らの人生にとって全く、無用で無駄な時間であるとしか言いようが無い




Commented by bella さん
この日教組のしたことは「犯罪」です。
こんな嘘の授業をしたことは、何も犯罪をしていない人に向かって「あの人が殺した」と言っていることを大きくしたものです。
本来なら文科省が徹底してそんな嘘の授業をした教師を懲戒免職にし、犠牲になった生徒には正しい授業をさせてほしいです。
こんなことを教えられて将来の日本をどのようにして支える国民になるのでしょうか。
日教組はこれだけで「解体」する理由は十分です。
犯罪人は授業をしてはなりません。
私たちは公教育に税金を納めています。
このような授業をしてほしいなどと思って、納めている人はいません。
自分たちの国です。日教組はテロ組織としか思えません。


2012/01/31 20:09

Commented by hyouhakunotabit さん
To bellaさん
こんばんは

中山成彬さん…日教組は教育の癌だと言っておられましたね。
まさに正論でした。


☆ もう読んでいて、戦慄だった。言いしれぬくやしさと怒りがこみあげてきた。
  漂泊の旅人さまにはコメントでその旨を書いた。
  これは大変なことである。即刻逮捕してほしい程だ。(ベッラ)

新上五島には数校あり、その学校名がわかりません。

抗議先は教育委員会に!

教育委員会

〒857-4592 長崎県南松浦郡新上五島町榎津郷491
TEL 0959-54-1981
FAX 0959-54-2555
E-Mail kyoiku@town.shinkamigoto.lg.jp



1月31日のアクセス数 閲覧数:4,101PV
コメント

13日の金曜日~野田内閣新閣僚決まる!  「漂泊の旅人」さまからエッセイ転載

2012年01月13日 | 漂泊の旅人さま

今日は13日の金曜日、野田内閣の新閣僚決まる。
そして中国人脱走犯、李容疑者逮捕される。

警察もこれで気分を引き締めたことだろう。

ところでここで大笑いしてみましょうよ。
「漂泊の旅人」さまのエントリー、あまり面白いのでちょっと転載させて頂きます。
赤い字のところ、漂泊の旅人さまのお怒りが炸裂!!
ベッラ・カンタービレはどうした?って・・・すみません、ちょっとダウンです。


改造内閣は「最善・最強の布陣」(イザブログ、「漂泊の旅人さま」より転載)2012.1.13 18:39

改造内閣の顔ぶれについて「行政・政治改革、社会保障と税の一体改革を推進する最善かつ最強の布陣」と述べた。会見の詳報は以下の通り。

 「本日、野田内閣の改造を行わさせていただきました。そして午後、新たな閣僚については、皇居で認証式を終えてきたところであります」

 「今回の改造、まあ1つ、背景としてご理解頂きたいのは、2月の早い段階で復興庁を発足させます。復興庁発足に伴って、復興をもっぱら担当とする大臣、副大臣、政務官を任命することができますが、そのことをにらみながら、復興に万全を期すとともに、この際、間もなく通常国会が始まりますけれども、予算を通し、そして、昨年来からの大きな命題である復興・復旧を加速させ、原発の事故の収束をさせ、新たな戦いに向かってさまざまな取り組みを強化をする」

新たな戦いって・・・。

小沢と?


 「あるいは経済再生を図るといった、野田内閣の当初からの命題の他に、行政改革、政治改革、そして社会保障と税の一体改革という、やらなければならない、逃げることのできない、先送りをすることのできない課題を着実に推進をするための最善かつ最強の布陣をつくるための今回は改造でございました」

 「今回、5人の方に新たに閣僚に加わっていただきましたけれども、先ほど申し上げた通り、さまざまな課題を乗り越えていくための、まさに推進力になっていただく、突破力のある、そういうメンバーを中心に選任をさせていただいたつもりであります」



今回は適材適所ではないのかよっ!!「最強・最善の布陣」って・・この非常時に何で最初から最強・最善の布陣ではなかったのかよ!!しかも、適材適所でもなかったし・・・問責ややくざの情婦みたいなのとか・・・

 「これからまさに国会が始まりますが、これからの民主党政権にとっての正念場というよりも、日本にとっての正念場だというふうに思います。それは、1つには、復旧・復興は被災者のみなさんに寄り添いながら、抱えている課題を丁寧に確実にこなしていくという、ある種、虫の目と言いますか、地に足の着いた対応が必要です」



地に足のついたってドジョウに足があるかってことだよ!!
国民を愚弄するのもほどほどにせーよ!・・・と思います!!


もう1つは、これからの大きな課題。社会保障と税の一体改革を含めて、時代を俯瞰(ふかん)する鳥の目が必要だと思います。今までの政治の継続、惰性で解決できる問題ではありません。社会保障については、どなたも将来に不安を抱いています。その不安を取り除くために、社会保障を持続可能なものにする、維持するだけでなく強化するものも含めて、まさに未来に永続して続ける社会保障の機能を確保するために、それを支えるための安定財源が必要です」



ドジョウに鳥の目があるかってんだよ!!。・・・ヴぉけ!!

 「安定財源ということは、国民にご負担をお願いをすることであります。耳当たりの良い、耳障りの良いことを言って、国民の歓心を買うという政治ではなくて、辛いかもしれないけれども、訴える側も辛いんです。それは、選挙が厳しくなるかもしれない。誰もが思う。負担をする側も辛い。だけど、辛いテーマもしっかりお訴えして、ご理解をいただけるという政治を日本でつくれるかどうかが、私は正念場だというふうに思います」



およよ・・・!言う事が違うじゃないか!!耳さわりのいいこと言って政権をとったが・・・国民に負担をお願いするっていう事でもう一度選挙をしろよ!!ってことだろ!
詭弁を弄してまた欺こうって魂胆が丸見えなんだよ!!

 「欧州の債務危機は対岸の火事ではありません。このことも踏まえて、内外の状況をしっかりにらみながら、まさに鳥の目から俯瞰をして、今、何をしなければいけないのかということに、きちっと応えられる政治を実現をしていきたいと思います。そのための布陣を今回、敷かせていただいたということであります。ぜひ、みなさまにおかれましても、ご理解をいただきますようにお願い申し上げて、冒頭の私からのごあいさつとご説明に代えたいと思います」



日本の状況は欧州より問題だろ!!

なにせ腐った政治のド壺にはまっているんだからな!!


人の心が失せているんだよっ!!民主党、お前らのせいで!


☆ 「漂泊の旅人」さま、ありがとうございました。 やはり旧友(と、一方的に言うベッラですが)たのもしい記事で
   13日の金曜日を笑い飛ばすことができます。
   また、田中直紀新防衛相を「恐妻からの防衛」だなんて、私は大笑い、それを「知り合い」だからって中国はアテに
   しているのですって。爆笑も爆笑、普段は真面目で実直な「漂泊の旅人」さま、このユーモアは最高!!(ベッラ)



1月13日のアクセス数 閲覧数:4,265PV 順位: 777位 / 1,672,443ブログ中

コメント (8)