ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

真正保守の超インテリであり豪傑的気風の奥山篤信氏、「今回だけは蛇蝎のように嫌いな山本太郎の絶叫を断固支持する!」

2018年12月09日 | 政治

山本太郎 議員「保守と名乗るな!!保身と名乗れ!!恥を知れ!!」・・・「(賛成する議員は)官邸の下請け、経団連の下請けだ。この国に生きる人を、低賃金競争に巻き込むのか。恥を知れ」

奧山篤信氏といえば泣く子も黙る保守の超インテリであり良心そのものだ。インテリというのはもともと猛々しいものを備えており、いわゆる「文武両道」であった。

わが畏友、奥山篤信さまより

 今回だけは蛇蝎のように嫌いな山本太郎の絶叫を断固支持する!絶対にこれだからと言って山本太郎は反日売国であることは変わらない為念!
畏友オペラ狂仲間のプリマドンナ・ベッラさんのブログより:

二度と保守と名乗るな、保身だ!!・・・山本太郎議員については支持していないけれど「この言葉」は強く支持する!!

山本太郎氏が与党に「保守と名乗るな」と怒り絶叫 https://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/cc78b6736993601b79ab2470a1deb0f8

 山本太郎と同じセリフで本物の自民党議員が叫んで欲しかったなあ こんな法案などまさに売国そして日本国の終わりの始まりだ 東京はC人と〇〇人労働者に占拠されそこにアラブのテロリストと共謀の上日本を内乱状況にさせるシナの画策以外何ものでもない
腐りきった財界 シナからそんなに金が欲しいのか?シナに占領されても金さえ儲かれば良いのか?シナへの朝貢貿易で<カンペイ>を繰り返す守銭奴よ それに迎合する自民党公明党よ 外国労働者の群れはまさに日本を内乱へと導く毒蛇の群れだ!怒りを込めてこの法案に反対する

 (ベッラの注、「カンペイ」とは「乾杯」のチャイナ語)

 

 派遣外国人 農業と漁業だと???

 こいつらに毒盛りされたら日本人全てが毒殺されることをてめえら考えて法律作ったんかあ?冗談じゃない こいつら放射能や毒を農業や魚に混入させるリスクを考えたことあるんかあ??漁業に入れて日本の天才的漁獲技術を盗まれて、こいつらが国に戻って日本海を荒らしまくり魚一匹日本人が口にできない来世を考えてるんかい
稚拙な法律 自民党は国民の利益など何も考えていないシナの手先に化したのだ!
怒れ国民よ 売国政権を打倒せよ 

 

 読書のおすすめ

 僕はトランプ政権のブレーンであるピーター・ナバロの<Death by China 2011>を原書で読んでシナの悪徳を再確認したが、宮崎氏はそんなことは既に知り尽くした上で、さらなるシナの悪徳を描いた本がこれ(宮崎正弘『AI管理社会・中国の恐怖』、PHP新書)だ。
宮崎氏の無数のシナの各地への実体験の取材がこの本の土台となっているのは間違いない。世の中保守と言っても大半がまがい物だ、いや大半以上がそうだろう。唯我独尊の綺麗事の保守思想を奏でる輩が無数にいる。衆愚の無知な連中を引き付けるために街宣車のごとくだでも、この手の似非保守が闊歩する役割を否定しない。
僕は宮崎氏をまさにこの20年客観的に尊敬している。それは宮崎氏の、まさに日本で稀有の鋭い、研ぎ澄まされた視線なのだ。日本で誰であろうと、宮崎氏の現場主義を踏まえた視線に敵わないだろう。それほど日本の保守論壇は稚拙であり夢想の綺麗事なのだ。
この本をむさぶるようにして読んだ。見事なまでのシナの分析には感服の限りだが、このような本を是非日本人全員が読んでほしい。
宮崎氏も20年存じ上げているが、僕はシナの謀略に対するこの著の緻密な批判は大評価するとして、この本でそれ以上に僕の心に刺さったのは、218ページの<合理主義というニヒリズム>の根幹の批判だ。
この本はシナの悪徳の検証だが、それはそれで超一級だが、僕が嬉しかったのはこの宮崎氏の文明批判ともいうべき、AI批判をはじめとする箇所に痺れる感動を与えてくれたところだ。
単純右翼と化す最近の保守論壇よ! よく聞け、さらに根底にあるべき哲学があまりにも君たちに欠けているのではないのか! 宮崎氏が只者ではないまさに三島由紀夫の本流を行く保守論壇だと痛感した次第だ。
  (奥山篤信)

月刊「日本」に毎月執筆、著書多し。上記の本は最新のものです。

 奥山篤信[オクヤマアツノブ]
1948年、神戸市出身。1970年、京都大学工学部建築学科卒業。1972年、東京大学経済学部卒業。1972年から2000年まで、米国三菱商事ニューヨーク本社の6年を含み三菱商事に勤務。2001年より研究・執筆などの言論活動を開始。「平河総合戦略研究所」代表理事、勉強会「平河サロン」を主宰するほか、映画評論家・文明評論家として活躍。還暦の後、2014年、上智大学大学院神学研究科修了(神学修士号)。2014年秋から1年間、パリ・カトリック大学(ISTA)に留学

ザギトワ選手のファンらしい・・・若き美女には甘い・・・クライン孝子女史の「悪友」

 Alina ZAGITOVA .FS - Grand Prix Final 2018 (B.ESP)

 

 

コメント (5)

【青山繁晴】移民の先には外国人参政権か?安倍総理への不信感に答える-他に山本太郎議員は支持しないがこの言葉は支持する

2018年12月09日 | 政治

【青山繁晴】移民の先には外国人参政権か?安倍総理への不信感に答える-後編[桜H30/12/7]

前編は https://www.youtube.com/watch?v=11sQjlKlPNc

この動画に寄せられたコメントより

 今後の日本は、移民と売国奴と、破滅に向かって一直線に向かっていることに気が付いてない、あるいは知ろうとしない無関心な連中によって、粉々になるだろう。 国を守ることは、自分を守ることだということに気が付かないような連中はもう、滅んで消えても文句は言えない。

 前編後編通して拝見しました。もう何を聞いても、すべてがむなしい。寝てない」とか「自分の時間がない」とか毎度お馴染みの余計な話に、まずうんざりさせられた。そんなことはどうでもいいのですよ。現在、日本に滞在する不法滞在者すら捕まえて国外追放できないのに、さらに移民を入れたら、日本の治安がどうなるのか、将来を考えただけでも恐ろしい。我が国の政治家は、ヨーロッパにおける移民の悪行を見て、なにも考えないのだろうか?外出すれば、マナーの悪い外国人旅行者と移民だらけ。私自身、そういう輩に対して何度も注意したことがあるが、所詮は暖簾に腕押し。かつての日本の風景は消えてしまった。さらに、毎日外国人犯罪のニュースを見るようになった。日本国民が外国人犯罪に巻き込まれても、誰も責任をとらない。将来、法案を見直すなんて呑気なことを言っているうちに、日本國が亡ぶと思う。日本の政治家は外国人様に甘く、日本国民を大切にしないことが、ここ数年でよくわかりました。

 ひどい説明だな。首相も青山議員も入管法と増税に対する説明にまったく説得力がない。むしろ説明すらしていない。国体を破壊する悪法ではないのかという国民の不安に明確に応えろ。法律が施行されれば国民は従うことを強要される。そして、この法律が国家国民を幸せにするのかという疑義から出たであろう質問に居丈高に応える姿勢をやめろ。私は第二次安倍内閣発足後は支持してきたが、私は騙されたと思っている。この政策に利がある人以外皆そう思っているだろう。それに答えろ自民党。

 安倍が外交でいくら頑張っても(?)日本は内側から崩れていくぞ。中国に「どうぞ人口侵略してください」って言ってるようなものじゃないか。ヨーロッパに来たアフリカや中東からの移民たちとはわけが違うぞ。中国は仮想敵国で日本に領土野心をむき出しにする国なのだ。スパイ防止法さえない日本は、今でさえ対応が抜け穴だらけで全く対応できていないのに、こんなことやったら本当に大変なことになるぞ。危機感のある議員はいなかったのか?

 

 二度と保守と名乗るな、保身だ!!・・・山本太郎議員については支持していないけれど「この言葉」は強く支持する!!

山本太郎氏が与党に「保守と名乗るな」と怒り絶叫

 12/8(土) 5:41配信 日刊スポーツ

 今国会最大の焦点だった、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案は8日午前4時すぎ、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。

各議員の投票の際、自由党の山本太郎参院議員は、「牛歩」で最後の抵抗を試みた後、演壇の上から「(法案に)賛成する者は、2度と『保守』と名乗るな!。保守と名乗るな、『保身』だ!」と、与党席に向かって絶叫した。

与党が、安倍官邸の言うがままに法案成立に突き進んだ流れを踏まえ、「(賛成する議員は)官邸の下請け、経団連の下請けだ。この国に生きる人を、低賃金競争に巻き込むのか。恥を知れ」と、憤った。

改正案をめぐっては、受け入れ外国人の上限など制度の内容が不透明なままで、法務省側のデータの誤りも発覚。政府側の準備不足の実態が露呈した。しかし、来春からの法施行を目指す安倍晋三首相の肝いりのため、与党が野党の猛反発を押し切って法案成立に至った。内容よりも、「今の国会会期中の法案成立ありき」という日程が優先された、本末転倒の論理がまかり通った形だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00413426-nksports-soci

 自民党内では「反日」という言葉もなぜかご法度らしい。なぜなのかお伺いしたいものだ。ところで繰り返すが、私は山本太郎議員は支持していない。しかしこの時に彼が言った言葉は、私も叫ぶ言葉である。

ブログのティールーム

本日はシューベルト作曲「アトラス」をどうぞ。 歌はバリトンのフイッシャ―=ディースカウです。

Dietrich Fischer-Dieskau sings Schubert 'Schwanengesang' - 8. Der Atlas

Der Atlas
 アトラス

Ich unglücksel'ger Atlas! Eine Welt,
Die ganze Welt der Schmerzen muß ich tragen,
Ich trage Unerträgliches, und brechen
Will mir das Herz im Leibe.
 俺は世にも不幸なアトラス!ひとつの世界、
 苦悩の全世界を俺は支えねばならぬ。
 俺は耐えがたきを背負い、
 心は体内で破裂すればいいさ。

Du stolzes Herz, du hast es ja gewollt!
Du wolltest glücklich sein, unendlich glücklich,
Oder unendlich elend, stolzes Herz,
Und jetzo bist du elend.
 誇り高き心よ、おまえは望んでいたはずだ!
 幸せでありたい、限りなく幸せでありたい、
 さもなければ限りなく惨めでありたいと、誇り高き心よ、
 いまやおまえは惨めそのものだ。

詩:Heinrich Heine (1797 - 1856)
曲:Franz Peter Schubert (1797 - 1828)

コメント (2)

真の国士、三宅博先生を一日たりとも忘れたことはない

2018年12月08日 | 政治

三宅博先生が最後の新年にお書きになった言葉です・・・部分ですが・・・https://blog.goo.ne.jp/y…/e/16888c328fbdc7bf000d9f32f50e03e5


国家の名誉・外交・国防・教育・拉致問題等すべて後退もしくは停滞のどちらかである。

今や安倍総理は本人が気付く気付かないにかかわらず、八方塞がりの状態である。

戦後70年談話に始まり、日韓慰安婦合意・ヘイト法案成立・外国人移民受け入れ、そして最後は日露首脳会談の大惨敗である。

特に12月のロシアのプーチン大統領との首脳会談は領土問題は何ら進展しないにもかかわらず、3000億円以上の日本の経済資金協力がただ取りされたというような単なる失策ではないのだ。

日本の旧ソ連、現在のロシアに対する70年以上の基本的外交姿勢の放棄につながる大失策である。

過去多くの政治家が我慢に我慢を重ねて護ってきた基本的な日本の主張を、自らの功名心の為にドブに捨てる行為に等しいと言えるのだ。

安倍家代々の悲願を実現し、北方領土解決を実現した政治家として自分の名誉を残すというのはそれぞれがあくまで個人的なレヴェルの問題であり、日本の基本的立場と先人の努力に優先させようとするのは大きな間違いである。

国家の最重要問題に対しては政治家は自分個人の功名心やさまざまな栄誉をすべて捨て去り、尚且つそのような政治家が集まって総力を挙げて取り組んでもなかなか解決しないものである。

ましてそこに私心が入って国家の最重要問題に取り組んでも、解決すべきものでさえ解決できくなるのは自明である。

これを見て賢明な国民であるならば安倍首相を支持できるはずがない。

まだその言い訳に「安倍さん以外に誰がいる。だから安倍総理を支持するしか選択肢はない。」

このような言い訳をするようでは日本に未来はないと断言してもいいだろう。

国内に人材は山といる。

地方議会の一部の優秀な人材は一刻も早い自分の出番を待っている。

また在野にも日本の根本的立て直しを現実的に実現する具体的能力を持った人間が、今日か明日かと自分の登板が来るのを待機している。

これらの人材の存在に全く気が付かず光を当てようともしない国民の多くが安倍首相を消極的に支持する理由が前段の言葉である。

優秀な人材を登用もせずその存在に気が付かない一部の国民の決めゼリフが、「安倍さん以外に誰もいない。」の言葉である。

一刻も早く覚醒しないと日本は手遅れになってしまうと申し上げたい。

まだこの先4年間安倍首相に日本を委ねることは自殺行為に等しい。

今こそ戦後70年の政治の欺瞞の一掃が待たれている。

                                   前衆議院議員  三宅 博

 

三宅博先生に捧げる曲、ヘンデル「スキピオマーチ」

 

March from Scipione - George Friederich Häendel

 

 

3,474のアクセス

コメント (2)

ロシア外相、戦争結果容認が前提 平和条約締結交渉で ・水島総氏国会前のデモありがとうございました。

2018年12月08日 | 政治

ロシア外相、戦争結果容認が前提 平和条約締結交渉で

【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は7日、今後の日本との平和条約締結交渉について「第2次大戦の結果を認めることが絶対的な第一歩だ」と述べ、北方領土はロシア領と日本が認めることが交渉の前提とする、従来の強硬姿勢を改めて示した。イタリアでの欧州安保協力機構(OSCE)外相会合後、記者会見で語った。

 11月に安倍晋三首相とプーチン大統領が2島引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎とした平和条約締結交渉の加速で合意。日本側が来年1月の安倍氏の訪ロや6月のプーチン氏来日で領土問題の進展を目指す中で、ロシア側は従来の原則論を日本側に突き付けた形となった。http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%a2%e5%a4%96%e7%9b%b8%e3%80%81%e6%88%a6%e4%ba%89%e7%b5%90%e6%9e%9c%e5%ae%b9%e8%aa%8d%e3%81%8c%e5%89%8d%e6%8f%90-%e5%b9%b3%e5%92%8c%e6%9d%a1%e7%b4%84%e7%b7%a0%e7%b5%90%e4%ba%a4%e6%b8%89%e3%81%a7/ar-BBQCOkg?ocid=ientp

もう日本は・・・水島さん、寒いのに夜遅くまで国会までのデモをありがとうございました。https://www.youtube.com/watch?v=l9AqdP0MfwY (12.4 日本解体阻止!亡国移民法案絶対反対!緊急国民行動)また、昨夜も水島氏・デモ参加のみなさま、ありがとうございました。

今日はヴァーグナーを聴いています。売国法案は通過するし、力がぬけて・・・ドイツのクライン孝子さま、これが今の日本です・・・

「ブログのティールーム」です。

フルトヴェングラー指揮でフラグスタートが歌ったヴァーグナー「神々の黄昏」から~ブリュンヒルデの自己犠牲(女戦士ベッラ、涙をこらえて聴いています。こらえるのは泣くより大変です
フルトヴェングラーの指揮は雄弁で説得力抜群、そして神々しいばかりのフラグスタート。共に第二次大戦の「あの時代」に音楽に徹した大音楽家であった。その後いわれなきバッシングにあったのは理不尽であった。

 Flagstad, Furtwangler: Brunnhilde's Immolation (3/3)

 

Fliegt heim, ihr Raben!
Raunt es eurem Herren,
was hier am Rhein ihr gehört!...
An Brünnhildes Felsen
fahrt vorbei! -
Der dort noch lodert,
weiset Loge nach Walhall!
Denn der Götter Ende
dämmert nun auf.
So - werf' ich den Brand
in Walhalls prangende Burg.

三宅博先生は真の国士であった。

コメント

水道民営化の法案が決定してしまった・・・与党は誰も異論を言わない

2018年12月07日 | 政治

 小浜逸郎国士舘大学客員教授 のご意見を抜粋 

道民営化法案(水道法改正法案)は、現在すでに衆議院を通過しており、今国会で参議院での継続審議案件となっています。当然、どさくさに紛れて数の勢いで国会を通過してしまうでしょうが、マスコミは相変わらず、この法案の危険性について報道しません。この法案の目的は、もちろん、フランスのヴェオリア社など、水や環境にかかわるグローバル企業の便宜を図るところにあります。

ちなみに、これまでも水道事業の多くの部分は、民間企業に業務委託されてきました。しかし、それは今回立法化されようとしている管理運営権の売り渡しとはまったく意味が違います。

業務委託の場合は、自治体が公共的な観点から必要と判断された業務の一部を、その範囲内で業者に委託するので、契約更新は毎年度になります。これに対して、今回の水道民営化法案では、運営権を丸ごと企業に譲渡するので、企業は企画から実行までをすべて行い、契約期間も15年以上まで可能です。その間、運営に不満が出たとしても、消費者も自治体も原則として契約条項を変えさせることができません。

水道民営化法案の問題点は、次の六点に要約できます。
(1)今回のコンセッション方式(所有権は自治体、管理運営権は民間企業)では、運営権の売却は地方議会の議決を必要とせず、水道料金も届け出制で決められることになっています。
政府は上限を設けるなどと言っていますが、水道をめぐる状況は地域によって複雑で多様なので、それは無理でしょう。

(2)何か問題が起きた時の修復や後始末は、運営会社ではなく、自治体が解決することになっています。
https://www.facebook.com/gomizeromirai/videos/1947720121973442/UzpfSTE2MDc4MjYwODI6MzA2MDYxMTI5NDk5NDE0Ojc1OjA6MTU0MzY1MTE5OTotNDEzNjgzNzEwODg1MDg5MzUz/

(3)他のモノやサービスと違って、消費者には選択の自由が与えられていないので、企業間の競争が起こりえず、寡占化が進み、料金の高騰を招きます。

実際、世界の事例では、ボリビアが2年で35%、南アフリカが4年で140%、オーストラリアが4年で200%、フランスが24年で265%、イギリスが25年で300%上昇しています(堤未果著『日本が売られる』)。

(4)ビジネスは利益を出さなくてはなりませんから、そのぶん、料金が消費者に上積みされますし、利益は株主への配当に流れるので、現在のようなデフレ下では労働者の賃金低下を招きます。
また採算が取れないとわかったら、企業はさっさと撤退しかねません

(5)一度民営化してしまうと、失敗した時に再公営化するためには、たいへんなコストと時間がかかります。

(6)一番の問題は、当の推進論者たちが、なぜ民営化するとこれまでよりサービスが「よい」ものとなるのかを、積極的な論拠をもって説明できないことです。

以上、水道民営化の問題点を見てきましたが、世界で実際に民営化した自治体はさんざんな目に遭っています。
先のメルマガでは、パリ、ベルリン、クアラルンプール、アトランタをはじめ、世界180の自治体で再公営化に踏み切っていると書きましたが、堤氏の前掲書によると、最新のデータでは、世界37か国、235都市で公営化に戻しているそうです。
要するに、この政策は、グローバル企業が儲けるためだけの政策なのです。

いまや、水も環境も電気も医療も農作物も、すべてが巨大グローバルビジネスの対象になっています。
安倍政権は、国民の命を犠牲にしても、グローバル企業の利益に奉仕する政策をずっととってきたのです。

売国政権と呼んでも過言ではありません。

労働者派遣法改正、農協法改正、混合診療解禁、発送電分離、種子法廃止、消費増税、移民(特に単純労働者)受け入れ、そして今度は水道民営化です。

日本の現政権が、内外に迫る危機を少しも解決できていないどころか、むしろひたすら国家的自殺行為に走っているのに、高い支持率を維持できている。

政治現象を右か左か保守かリベラルか、の軸で解釈しようとする習慣から抜けきっていない。

まだあるでしょうが、いずれにせよ、こういう日本の状態をそのままにしておいてよいはずがありません。

単に移民政策や水道民営化政策だけでなく、安倍政権が採っている経済政策が、みな国民生活を犠牲にしてグローバル資本に奉仕する性格のものであること、まずはこのことに気づく必要があります。(重点を転載)

 

画はブロ友yohkanさま

 藤岡信勝氏・・・それにしても、政権が史上最悪のことをしようとしているのに、年来の主張をあっさり棚上げしてだんまりを決め込み黙認する保守言論とは、一体なんなのか、どなたか解説して下さい。

 

ベッラの意見・・・私は多くの安倍支持の人とは違ったスタンスで是々非々で考えているといるのです。私は私で経験や活動・勉強をし、考えてきたので、最初から「こうあるべき」という「自民党安倍支持の定型」など私は関係ありません。

安倍支持の方は私でなく「安倍さん」に意見を届けられるのが筋というものです。

安倍さんは個人として人間的には朗らかでいい人でしょう。また安倍支持の人がよく言う「安倍さんは党内で力を持っていない」、ということであれば、なぜ自民党議員が一人も堂々と造反とまではいわなくとも、反対ができないのでしょうか。

前も書きましたが、違いはあって当然なのです。すべてがすべて同じ考えはありません。

それに私は自民党には入らないし、安倍さんを支持するような義務もありません。安倍さんが正しいと思った時は賛成もしたいのですが。安倍さんの虚像はだんだん明らかになることでしょう。これでも遠慮をして書いているのです!! また折を見て書きたいと思います。

ほんの一例ですが「日本のことを考えているアタマのいい首相」が「稲田」さんを防衛大臣にするか?????彼女は安倍の伝書鳩か?さっそく「多様性」などと言っていますが…「杉田水脈議員、議論を」など毎日国会で会っているのに朝日新聞などに書くか?書かせるのを放置か?・・・「やめてんかああ」、(これは奥山篤信氏の決まり文句ですが)・・・と叫びたくなりました。

大切なのは「日本」です。

 

ブログのティールーム

本日は1分少々のお時間を頂いてビルギット・ニルソン(ソプラノ)とフランコ・コレッリ(テノーレ)が歌うプッチーニ「トゥ―ランドット」から

~ダッタンの王子カラフが冷たい心のトゥ―ランドット姫に…<いいえ違います、皇女さま、あなたは変わります!>

Franco Corelli No! No! Principessa Altera! Audio HQ

コメント (13)