ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

これらの月刊誌、これは何? クライン孝子氏の冷静な判断と奥山篤信氏の痛快なご意見

2017年10月30日 | 政治

★ ホシュ評論家よ、「節度」はどこにあるのか? それに月刊誌「WILL」や「HANADA」はなりふり構わず、みっともない。

何だ、この月刊誌・・・有本・櫻井よしこ・長谷川・青山各氏、それにあの「山口敬之」氏、どちらの月刊誌にも執筆している。この人、許せない、恥知らずが今さら何を言っているの!!

参考・・・http://www.hochi.co.jp/topics/20171025-OHT1T50181.html 山口氏は【私を訴えた伊藤詩織さんへ】・・・はじめて月刊誌に反論を書いたらしい。詩織さんがどんな考えの人であっても山口氏のしたことは決して正しいとは言えないはずだ。

一方「堤・久保両氏の対談」記事は小池さんを「ストリートガール【娼婦】」とまで人格・人権を毀損する記事まである。これが「月刊誌 HANADA」の信じられない悪質で酷いレヴェル。

我慢にも限度というものがある。これが日本の「政治月刊誌」か?恥ずかしくてたまらない。

私は小池さんのファンでもない。ただ、安倍総理が解散を決めた時、「ファースト」は形もまだはっきりしていない時ではないか。それにボロボロの民進党、また安倍総理が「国難突破」の総選挙と言ったのは最初からではなかった。「消費税」がテーマではなかったのか?

確かに今はこれまでもだが「国難」である。そして小池さんの「排除」という言葉が問題があったというが、私は良く言ったと思った。しかしマスコミが毎日おかしな国内評論家と叩きに叩き、まるで「重大な犯罪人」の様に小池さんの「人格攻撃」を手加減なく続けた。

私が嫌だったのはこうしたやりかただ。コレでは「文化大革命」のように憎しみを込めて総叩きではないのか。これに調子に乗って民進党からきたどうにもならない小者が言いたい放題。テレビでこれはさすがに左派のコメンテーターもそういう輩を軽蔑した。最初から小池さんはリスクを承知で出て来たし、事実上民進党を潰した。しかしマスコミやこともあろうにホシュと称する評論家たちが毎日執拗に責めたてた。メンバーは決まっている。上記の月刊誌にも名前を連ねている。あまりにもしつこくて「耳にタコ」状態だった。youtubeの欄にも「ああ、今日も」と思った。

クライン孝子氏のメールマガジンを読んだ。クライン女史はこの様な群れには加わらない。そしてそのご友人で作家の奥山篤信氏のお話も大いに納得した

悪友奥山篤信氏の同志より.
<<吐き気を催す<月刊HANADA12月号>

胸くそわるい櫻井よしこの嫉妬に満ちた有本とやらとの会談録 
反吐がでそうなあの都議のチンピラ音喜多とやらの恨み節 
街娼(ストリートガールと姑息にも英語でごまかしているが赦せない侮辱だわ
とまでののしりはったコンニャク問答 

 小池さんよ名誉毀損でこの雑誌を訴えなされ 
一体だれから金を貰ってるんだとつい勘ぐりたくなってしまたいこの雑誌 
よくまあ恥ずかしげもなくここまで三流赤新聞 業界紙の総会屋なみの記事 
一体みずから毅然とした矜持はあるんかい!
彼らの下らない三文記事に共通するのは
小池さんの、毀誉褒貶はあっても短期間で自民党を救った、
いや
さらに日本の国難をすくいはった素晴らしいマキャベリズムに
これっぽちも配慮がない! 

まったく日本の低脳の論壇の象徴どすわあ 
これじゃ朝日以下の質どすわあ 
これで言論人しかも<保守>言論人のプライドも誇りも皆無の駄弁を
よくまあ 下品どす 個人的恨みの羅列どす 
なんとか<よしこ>がここまで下劣だとは流石クラインさん?の先見性は
素晴らしかったということがわかるんどすえええ 
 異常だねこのオバンの小池はんバッシングは!
まさにおなごの狂気どすわああ ようまあこんな雑誌が!
爆笑ものでっしゃろ>>  

奥山篤信氏のプロフィール・・・1948年神戸生まれ。1970年京都大学工学部建築学科卒、1972年東京大学経済学部卒。1972~2000年まで米国三菱商事ニューヨーク本社6年を含み三菱商事に勤務。2014年上智大学大学院神学系研究科修了(神学修士号)、2014年秋より一学期(約1年)パリ・カトリック大学(ISTA)に留学。退職後平河総合戦略研究所代表理事
=================

お見事どすえ、奥山さま!!!さすがクライン女史の「悪友」 (ベッラ)

またクライン孝子氏は選挙前、10月14日着のメールマガジンに下記のように述べておられた。

◆片や、小池百合子氏ですが、今や、日本ではマスコミの餌食にされ、
欧州の中世時代の「魔女狩り」を想起する袋だたきに遭って、
彼女の政治生命まで剥奪されそうな気配にある。
◆ 見苦しいのは、あの『モリカケ』事件において安倍総理と総理夫人昭恵氏が、
日本のマスコミの激しい攻勢で、一時は、安倍総理失脚寸前までおいつめられたそのさなか、
森友学園での講演を引き受けるなど、
◆森友学園の肩を持っていたはずの数十名の高名な保守言論人がその間、
そ知らぬ顔で通していた?
ようやくその嵐が遠のき、
◆次なる小池百合子氏たたきが始まるや、
率先して小池百合子タタキに手を貸して、
さも、安倍総理の味方であるかのように振舞って見せる。
◆とりわけ著名な女性ジャーナリストたちがカナきり声を挙げ、
反小池百合子タタキに
熱中するというのだから、何をかいわんや。
しかも、男性軍がこれに手を貸し、ここぞとばかり、はやし立てる。
◆ このような状況にあって、日本女性の政治進出は、今しばらく
オアズケにするしかないでしょうね。|残念ではありますが・・・(以上、転載)

★ クライン女史は安倍首相を支持されている。私は元「次世代の党」熱烈支持で、選挙に弱くてもずっと支持してきた。重要なのはそういうことではない。クライン女史の懐の深い考え、ご自身ジャーナリストとして戦場にも行って取材し、東独の工作員を見抜き命がけでインタビューされ勇気ある道を歩まれてきて,ヨーロッパの生の歴史をご存知である。西部邁先生もクライン女史とご盟友で信頼も厚い。

例の国内評論家などチマチマと同じことばかり御託を並べて「提灯持ち」としか思えない。

クライン女史が安倍支持であってもそんなことは私にとって大きなことではない。信頼できるからこうして尊敬し、ご意見を大切に「私のひきだし」にしまっていて、何年か経ってから「ああ、そういうことだったのか」と納得することが多い。

教養豊かでご自身のしっかりしたお考えがある「知識人」とはこのような方々である。

 

 ブログのティールーム

本日はチャイコフスキーの名曲

「ただ、あこがれを知るものだけがわが悩みを知りたもう」(ゲーテ作詞、ロシア語歌唱)

歌唱は旧ソ連の時代、最高の歌手であったイリーナ・アルヒポヴァ。この苦しい時代に生きた芸術家のひとり。

 

None but the lonely hearts Irina Arkhipova Tchaikovsky

 

コメント

【あの室井にまで言われた】“希望の党”の柚木道義に『みっともない』

2017年10月27日 | 政治

★ 下記の動画はお早い目にご覧ください。左派の室井女史にすら批判されている柚木議員

【あの室井に言われるとかw】室井佑月が“希望の党”の柚木道義に『みっともない』

 

【全てが矛盾】希望の党・柚木道義 小池叩きの言い訳が上から目線で見苦しすぎ…あまりの情けない弁明にあの伊藤惇夫からもツッコミを受け視聴者も冷笑ww

 

★★ 「小池さん、もう一度排除して!」 風向きがかわってきたようです。

あまりにもひどい民進党出身者の身勝手な論理に今度はさすがのメディアもあきれています。

https://www.houdoukyoku.jp/posts/20540       平井文夫解説委員

小池ボーイズがお母さんを吊し上げ

 カリスマ性のある政治家の勢いで当選してしまった人を≪小泉チルドレン≫や≪小沢ガールズ≫などと呼んでいるが、今回、民進党から希望の党に移った人たちを私は≪小池ボーイズ≫と名付けている。
そのボーイズがお母さんの小池さんを吊し上げている。
「選挙に勝てる」「政権も取れるかも」と期待して、言うこと聞きますと誓約書まで書いて
小池さんのもとに来たものの、いざ選挙が終わってみれば ”排除” 発言で政権が取れないどころか
落選者も大量に出て、けしからん、話が違うじゃないかと怒っている。
「代表辞めろ」「解党しろ」とか「安保法制やっぱり反対だ」とか。

政策が合わないなら出ていきなさい!

 確かに政治家は選挙に勝つことこそが存在理由。
いくらいいこと言っても落選したらおしまいだ。
何万人もの有権者の負託を受けるという事実は重い。
そこが官僚や民間人との大きな違いでもある。
だから多少の合従連衡や毀誉褒貶は大目に見てもよい。

しかし、あまりにも自分たちの都合ばかりを声高に主張されても、国民はしらけてしまう。
政策が合わないなら一緒にやらなければいいではないか。
出て行きなさい!

でも彼らは出て行かない。
逆に小池さんを追い出そうとしている。

小粒でもピリリと辛い政党へ

なので、小池さん、もう一度排除するしかない。
今度はあまり非難されないと思う。
20~30人位にサイズダウンして小粒ながらピリリと辛い政党になったらどうか。
そして、自民党とは是々非々でやっていく。
例えば安保と憲法改正では連携できる。
特に憲法改正は安倍さんにとっての泣き所なので、必ず食いついてくる。
そうすると希望の党の存在感を示すことが出来る。
その為には、小池さん、もう一回排除するしかない。
『蜘蛛の糸』をもう一回、チョキンと切りましょう。(以上、平井文夫氏)

★★★ 書店に行くと次の月刊誌の内容に驚いた。これが「政治」を語る主要月刊誌か?

このハチャメチャな記事には「ここまで落ちたか」と愕然とした。もはや公平な内容ではない。

 

🌠 この件については次回に書く予定です。

 

ブログのティールーム

本日はヴァーグナー.やはりマックス・ローレンツのテノーレで。

「タンホイザー」より ローマ巡礼の旅の途中、異教の女神に憧れたタンホイザーの宗教と罪、諌める婚約者のエリーザベトの純情、しかしタンホイザーは・・・。最高のヴァーグナー演奏は皮肉にも「あの時代」だったこと。そして名歌手たちはただ「ドイツの音楽」を演奏した、音楽への尊敬と演奏家の宿命は・・・

 Dir töne lob Max Lorenz 1936

 

コメント (4)

【クライン孝子氏】ドイツ国民激怒、メルケルが隠していた「難民政策」の実態

2017年10月24日 | 政治

★ 選挙のあと、すぐにこの動画を載せる予定だったが、台風のことで遅くなった。 

クライン孝子氏 【言いたい放談】ドイツ国民激怒、メルケルが隠していた「難民政策」の実態[桜H29/10/19]


メルケルもあと2年ぐらいで寿命が尽きるとドイツでは言っている。

昨年の夏ごろに「難民をいらっしゃい」と呼んでいたドイツ

しかし実際は22歳なのに18歳と偽っていた若者は実はギリシャで性犯罪者であり「少年」と誤魔化していた。
ギリシャ語も自由に話すインテリ風だった。
同情したドイツの医者が彼を引き取って保護者になった。それが女性の医学生をレイプし殺害し放置した。

その家の待遇がよかったのでグズグズしている間に逃げそびれた。
ドイツの保護者は月に2800ユーロ(約30万円)を貰っており、
小さな家に住まわせ、洗濯機も買って与え400ユーロの小遣いも渡していた。

この青年の犯罪についてはそのころにはわかっていたが、選挙中にそのような犯罪は新聞にも書かれていなかった。そのころオーストリアでは難民をいれないようにしていた。
ハンガリー・ポーランド・チェコ・スロヴァキア・オーストリアが難民を入れないようなことに入った。
ドイツでも州選挙があり、メルケルの党がずっと落ち、「選択の党」に票が行っていた。

メルケルは第1党とされていたが、こういうことがバレて今はメルケルにドイツ人はカンカンに怒っている、コールが墓場で泣いている、怒っているよと言っている。
これは昨日今日のことではなく、2年前のことだが選挙が終わってから発表された。

(水島氏・・・来年、朝鮮有事で大量の朝鮮難民が発生するといわれている。中国は徹底的に中朝国境を封鎖するだろうから韓国だけではなくて日本は何も方策がでていない。その対策をしっかりした政党を選びたい)

ドイツでも難民入国を反対するのをヒューマニズムで隠し、「可哀想、それに反対するような党はナチスだ」という言葉は今は通用しなくなった。
ドイツでも戦後何千万人が追い出されて西独に逃げて来たのだから。でもそれも通じなくなった。

(水島氏・・・シリアなど中東から難民として来るのは貧乏人はトルコで止められているから。日本も難民を安っぽい考えで受け入れるのは危険、簡単なヒューマニズムで解決しようとするのは危険。南京大虐殺などというユネスコなど日本は早く脱退した方がよいと思う。南京大虐殺などと言っているユネスコなど日本は脱退したほうがよい)

だから厳しくすると国連あたりが文句いうだろうし、日本の左っぽいのから「可哀想」という声が出るだろうけれど、日本はしっかりしたほうがよい。変なことすると日本が沈んでしまう。

デンマークなど難民が入ってきたら持っている金銀など持っていたら「難民の資格がないから」必要がないと政府が取り上げていた。
ドイツなどヨーロッパに送り込んでくるのはイスラム教化してキリスト教を潰そうとしている、だからハンガリーなどカンカンに怒っている。

(水島氏・・・だから我々も朝鮮半島などから来る難民の方策をしっかりしておかなければならない)
安倍総理になる流れになっている。海外でもそのように話されている。選挙が終わったらその点をハッキリさせればいい)

海外では安倍さんが続けるように言っている。

 

★ クライン孝子氏のメールマガジンより・・・これがドイツの現状なので動画も入れました。

メルケル首相が、2015年夏
難民大歓迎大キャンペーンを張り、その後200万人近くの難民が押し寄せたドイツ!
◆ その現実とは、ヒューマン的理想論とは裏腹に
見果てぬヨーロッパ 不法移民たちの死を賭した越境(2-1)ギリシア編

見果てぬヨーロッパ 不法移民たちの死を賭した越境(2−1)ギリシア編

とは裏腹に、ドイツの現状は
◆性犯罪はもとより、強盗や殺人なども続出し
多くのドイツ市民の多くは
*今年も「私たちにはできる」のか 難民受け入れる独の保守的な町

今年も「私たちにはできる」のか 難民受け入れる独の保守的な町

では難民問題を疑問視し、
◆*移民政策の破綻 ドイツの悲劇 Germany of truth とまで市民の間ではささやかれ始めたのです。

・・・学校でドイツ人生徒はわずか、外国人(移民難民生徒)にいじめられる日々・・・ 

★ (私が選挙で思ったこと)・・・ところで日本では衆議院選挙が終わりましたが、自民党圧勝でした。確かに現状を見ると「閣僚」のことなど、野党にはとても無理です。しかし「全面白紙委任」はしていません。間違った政策などにはブレーキをかけなければならない。自民党内部からもそれがなかなか言えない状態です。

自民党内部から言っているのは小泉進次郎氏など、どうも口先だけのような気がするのです。以前にも書きましたが、「尖閣事件」の時、小泉進次郎氏のサイトを見ると「尖閣」の「せ」も出てこなかった。驚きました。

友人の結婚式や地域の行事、名物のマグロラーメンその他、「有事」の時とは到底思えない、またこのことに触れないような党の方針だったとしたら、すごく怖い。

自民党は確かに数が多く「大勝利」したけれど、半分もしくはそれ以上、本当に日本のことを考えているのか大変心配なのです。本当は党派に関係なく「日本を護る」ために優秀で勇気ある政治家が集まってほしいのですが、なかなかそうではありません。

もうひとつ私が危惧してるのは肝心の「ホシュ」(保守とは認められない下品さ)がとても乱暴な思考で自分と違う考えの人や気に入らない政治家に恫喝するような集団が脅しのようなSNSの文や「人格攻撃」までしていることです。気に入らない政治家をとことん貶める、それも立派な方をですよ。

ネットの怖さを思います。どこかで歯止めをつくらなくてはならない、選挙妨害どころか「テロ」を思わせるような暴力に発展しないか心配しています。暴力的な言葉での書き込みは何か歯止めができないのでしょうか。

このことは選挙戦の間も書き続けてきましたが・・・。

★★ ところでまた「志位さん以外は全部右翼よ!」という新しい女性のお友達が・・・。

これってどうなっているのか・・・みなさん、キャリアウーマンで外国暮らしも長いレディたちなのです。

 

しかしそれでもグッとこらえて、拉致問題の話をすると意見は同じになります。少しずつ共通する点でお話するのですが、疲れ果てます。私如きが相手を納得させることはできません。でもケンカにならないようにしています。相手はそれなりの学識もあるのですが長年の思い込みはすごいものです。

 

しかし一方、ゴロツキのような言葉をつかって気に障る候補者の方をツイッターなどで恫喝する「ホシュ」の人も困ります。このほうが一般の方々には受け入られない、これを「マス」「ポピュラリズム」とでもいうのでしょうか?左派では一般の方々を「大衆」というらしく自分たちは「前衛」だそうです。あ~あ・・・。

 

ブログのティールーム



本日はヴェルディ作曲「アッリーゴよ、心に語れ」(オペラ『シチリアの夕べの祈り』より) ソプラノはディーヴァ(女神)と称賛されたマリア・カラス。

フランスがシチリアを占領、それをシチリア島民が教会の晩鐘を合図に蜂起する実際の歴史を舞台に繰り広げられるヴェルディの傑作。

Maria Callas, Arrigo! ah parli a un core


 

コメント (2)

台風情報を確認、避難は早いめに・・・私の住んでいるところも避難準備の放送がありました。

2017年10月22日 | 政治

強い台風、明るい間にリュックに荷物を詰め、懐中電灯やラジオはもちろん、食料や飲み物も用意しようと今準備中です。

みなさまも大変なことと思います。

ところでgooブログ、今日から書き方が新しく変わったようで少し戸惑っています。

台風が落ち着きましたらブログを書きます。

皆様、どうぞお気をつけてください。

 

続編・・・それから今夕方に続きを書いています・・・

避難所に行こうとして途中でCDを衝動買いしてしまいました。

ヴィルヘルム・ケンプの弾くベートーヴェンのピアノソナタ、なつかしいサンソン・フランソワの弾く魅惑的なショパン、マーラーの「大地の歌」(あのジェームス・キングが歌っているので)

合計3枚買い、外へ出たら傘などさせない暴風雨で、そのまま帰宅してしまいました。

わあ~外はスゴイ音がする・・・でも私は音楽に逃げる、音楽に避難するということになりました。

みなさまどうぞご無事で、大変心配しております。それにしても超大型の台風とききます。

選挙も、そしてもともとUPの予定のエントリも途中まで書いているのですが、落ち着きません。

 

 

 

 

 

コメント (8)

左右共に「希望の党」を猛烈に叩きまくった結果は最大野党に「立憲民主党」を出すことになる

2017年10月21日 | 政治

 「人民裁判」のようなホシュ(保守とは書かない、別の組織?)の狂乱の実態

 左右とも異常な「希望の党」叩き、これは国を傾ける・・・左派はもちろん、愚かなホシュが狂ったように叩きまくった結果、どうなるか・・・。

かけがえのない国士、中山成彬氏をゴミのように叩きまくったホシュたち、中山氏が何をツイートしても聴く耳もたず、千年一日の如く酷い言葉を投げつける、これを「狂乱」といわずに何というか?


下記の動画のお話は「まとも」である。正鵠を得ている!! 実はひとつ前の動画では「百田氏や産経が批判するのも当然」と言っていたので心配だった。前のは中山氏に電話での取材だったから行き違いもあったのだろう。
私はその時、チャンネル桜にきちっと取材してほしいと書いた。

そんな声が多く出たのかもしれないし、水島氏も再び動画を作る必要を感じたからかも知れない。

今回はそうではない。正しい!!  
(水島氏はギリギリでこの動画を作ってくださって前の動画の誤解が解けたのではないか?と思う)

右も左も希望の党を叩いた結果」どうなるか!!

【直言極言】現実的選択を、有権者が肝に銘じておくべき点とは[桜H29/10/20]


 この動画についているコメントは競うようにひどい内容だった。
またこれ以外の「中山バッシング」ツイートやコメントなどは中山氏に対して「きさま」レヴェルもあり、私は中山氏の身辺を護る必要まで願った。



何かあったら大変なことだ、そして九州に行こうとして新幹線の切符を買いに行くと「新幹線は台風の為、途中でバスに乗り換えることになります」とJRの窓口の人に言われ、泣く泣くあきらめざるを得なかった。バスってどこからどこまでなのかも状況次第、何時に着くのかもわからない・・・。

立候補者の命まで懸念しなければならないほどの大量の暴力的な内容のツイートやコメント、(これは総務省が発表している「公職選挙法」でも禁止されている)それに精神的にもとても耐えることができない内容で「これが日本か?ホシュか?」と信じられないひどさだった。


★★ その中でまともなコメントがあったので、下記に転載する。本当はもっと多くこうした意見がほしいが、ツイッターや動画などの罵倒コメントを見れば、恐ろしくて一般の方々は書き込めないだろう。
そんな中で勇気あるツイートやコメントに敬意を表する。


一斉に小池さんや中山成彬さん叩きが続いているのは、何故なのでしょう? ご夫婦で希望の党へ移られた途端、ある会合の講演が決まっていた中山恭子先生は、その事を理由にキャンセルされました。 その後、一部の民進党員が希望の党に合流し、中山ご夫妻へのバッシングは加熱して行きました…。
私の勝手な想像ですが、はじめから中山ご夫妻を叩くはかりごとがあったのかしら?なんて思ってしまい…このようにモヤモヤと、違和感を持ったまま、投票日を迎えるのは、はじめてです…。

中山成彬氏は日本の防衛についてのことがあり安倍政権が必要と言っていました。それとは別に自民の傲慢さは自民の身内からも指摘されるようになっていたし、保守からも「白紙委任」はしていないという政策があったのです。ご存知でないかも知れませんが中山氏に対するツイッターは以前からひどい言葉で「悪意に満ちた攻撃」のツイートが数多くあり、そこへ一般の人が中山氏激励のツイートを書くことさえ、怖い、という雰囲気でした。中山氏は「急変」したのではなく、保守が言いたいことも言っています。中山氏への悪意ある攻撃は、あまり感心できない政治家が感情的としか思えないツイートを何度もしていました。百田氏はすぐれた作家ですが「おっさん」はないと思います。うまく書けませんが、中山氏はうまく自分自身を弁明できない人です。水島氏にお話した時はもっと言葉を選ぶべきと思いますが疲労困憊されていたのでしょう。私は悪意あるツイートに関してはもっと以前から毅然たる措置をしなければいけなかったと思います。数多くの人の選挙妨害にあたるほど悪意あるひどいツイートがあります、これはどうお考えなのか。SNSの行き過ぎたツイートなどSNSのことを今回桜チャンネルで渡邊哲也氏が説明しています。今回のことは大変残念です。


★★★中山成彬氏は「豹変」したのではない。安倍政権を続けながらも考えなければならないことはしっかり最初から話されている。「白紙委任」をできないことについては敵地攻撃の議論をすることその他、まともな意見である。

それらをわざと悪くとって「叩きまくる」こんなことではいけない。
「人格攻撃」「全否定」・・・低劣な言葉の羅列などまるで「人民裁判」のようだ。
情けなくてたまらなかった。「これが日本人のすることか」と。
正しい意見を述べられたのはごく少数の評論家で、クライン孝子氏をはじめ、それこそ「世界を知る」方々だった。

それに輪をかけて劣悪なのは、保守系とされる評論家たち、たとえば有本香・櫻井よしこその他、テレビ出演で有名な男性評論家たちだ。こういう評論家は日本をどうしたいのか、そして話の暗さ、ついでに「列車に遅れてはならない」如く「われもわれも」と列車に飛び乗り、大きな顔をしていることだ。
子供の集団いじめのことを言えるか? そういうレヴェルだということだ



★ 【予告】明日は「選挙」の記事の他、ドイツの現状を解説されているクライン孝子氏の動画を転載の予定です。


ブログのティールーム



本日はヴェルディ作曲「アイーダ」から~勇将ラダメス、一分足らずですが忘れ得ない名場面です。。
aida sacerdote io resto a tè mario malagnini

コメント (2)