ベッラのブログ   soprano lirico spinto Bella Cantabile  ♪ ♫

時事問題を中心にブログを書く日々です。
イタリアオペラのソプラノで趣味は読書(歴女のハシクレ)です。日本が大好き。

石井望先生の「尖閣」、下條正男先生の「竹島」、せっかくの学者の研究が政府に生かされていない・・・

2017年06月30日 | 政治


日本政府、尖閣・竹島めぐる中韓主張の矛盾突く資料発掘も生かし切れず 求められる反論の司令塔

6/28(水) 11:15配信  産経新聞

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)と竹島(島根県隠岐の島町)の領有権について資料を調べ、ホームページ(HP)に掲載する政府の委託調査事業が平成26年度から進められている。内閣官房から委託された民間事業者が調べた資料は3年間で、竹島関連は計約1700件、尖閣諸島関連は計約1000件に上り、中韓の主張の矛盾を突くものも多い。だが、せっかく調べた内容について「政府の見解を示すものではない」と報告書に記載するチグハグな面もあり、専門家からは「より戦略的に取り組まなければ中韓に太刀打ちできない」との声も上がる。

 「いつもは中国から批判や反論がすぐにくるのに、今回は現在のところない。ぐうの音も出ない内容だったことの証左だ」。28年度の尖閣諸島に関する研究チームに加わった長崎純心大の石井望准教授(漢文学)は胸を張った。

 28年度の報告書が公表されたのは今年5月12日。内閣官房の領土・主権対策企画調整室によると、26、27年度の報告書の発表後、程なくして中国側の反論が現地の新聞に掲載されるなどしたが、今回はまだ中国側の反応はないという。

 石井准教授が調べた琉球王族の系図「向姓具志川家家譜十二世諱鴻基(しょうせいぐしかわけかふじゅうにせいいみなこうき)」には、1819年に薩摩藩(現在の鹿児島県)に向かう途中で王族の一行が暴風雨に見舞われ、尖閣諸島に漂着したと記録されている。当時から日本側が尖閣諸島を認識していたと裏付ける資料だ。

 また、同じく28年度の報告書に掲載された中国の官製地誌「大清一統志」(1744年)では、当時の清王朝の版図は台湾の西側半分までとされており、尖閣諸島は版図として認識されていなかったことが読み取れる。

 石井准教授は今後も同事業での調査を委託されれば歴史的事実を積み上げ、日本の領有権の正当性を示していくことに協力する考えを示し、こう強調する。

 「尖閣諸島の領有権に関しては『歴史をひもとけば中国が有利で、日本は国際法で対抗しなければいけない』という風潮があるように感じるが、決してそんなことはない。歴史的に見ても日本の領土であることは明らかだ」(以上、石井望先生)


一方、竹島問題では下條 正男拓殖大学教授が頑張っておられる。(日本の歴史学者。拓殖大学国際学部教授、島根県庁「竹島問題研究会」座長。 竹島に関する研究で知られる)

 調査では竹島についても韓国側の主張の矛盾を突いた資料を公表している。韓国外務部が1955年に発行した「独島問題概論」では「(竹島の島根県編入以前に、竹島が)鬱陵島の行政区画に編入されたことが明示された公的記録がない」と自ら墓穴を掘るような記載が存在していた。

 それでも韓国側は、同書のなかで「独島(竹島の韓国名)は記録と実際知識ですでによく知られていて(中略)、わざわざ鬱陵島の行政組織に編入したと宣言する必要もなかった」と強弁している。

 また、27年度の調査では大韓帝国時代の地理の教科書「大韓地誌」(1906年、初版は1899年)で大韓帝国の版図について「東経130度35分まで」との記述があり、東経131度52分の竹島を含んでいないことを調べ、公表している。同室の担当者は「今後も証拠を積み重ね、日本の領有権の正当性を発信していきたい」としている。

 ただ、この調査に対し一部の有識者からは不満の声も上がっている。

 「産経ニュース」で【竹島を考える】を連載している拓殖大の下條正男教授(日本史)は「政府は調査を民間に委託しているが、本来は政府が司令塔となる部署を作って戦略的に取り組むべきだ。現状はそうした機能をもつ部署が日本政府にないことを中国や韓国に伝え、足下を見られている」と警鐘を鳴らす。

 事実、28年度は竹島、尖閣諸島の調査に計約3700万円を費やしたにもかかわらず、調査報告書には「政府の見解を示すものでない」との注釈がつけられている。同室は「委託した民間事業者が研究チームを集め、第三者として調査しているためだ」と説明するが、中韓に「日本政府は及び腰」との印象を与える可能性がある。

 調査内容についても下條教授は「中韓の主張を十分に分析し、反論することにもっと力を入れるべきだ。現状では論争がかみ合っていない」と話した。

 3年間の地道な調査で収集した成果を無駄にしないためにも、資料を体系的にまとめ、領土問題を戦略的に取り組む部署を新設が望まれている。(政治部 大島悠亮)


★ 石井望先生の誠心誠意のご研究は世界的な価値がある。石井先生は学者として全身全霊で日本のためにチャイナの学者をも論破し世界の学会にもご研究成果を出されている。
石井先生は命がけである。
私はこれまで3度石井先生の講演を聴き、著作も購入して読んでいる。
詳しい古地図、説明に「よくここまで」と私は素人ながら感嘆する。
本来はNHK教育テレビの「歴史」でも特別番組をつくるべきと思うが、残念この上ない。
先生の学者としての真摯な研究姿勢と謙虚で真面目なお人柄を存じ上げているし応援もしている。
せっかくの研究の宝をぜひ活用してほしいと政府にお願いする。
これは日本最高峰の「尖閣480年」の研究である。

先月はジュネーブでも研究を発表されている。
政治家とは違った「学者の闘い」であり、それに「国士」である。

・・・向かって左が石井望先生。(ジュネーブにて)


ブログのティールーム


・・・長崎の「大村寿司」・・・戦国時代に大村の土地を守った領主大村純伊(今上天皇の直系祖先)と、勝利を喜んだ領民たちが生んだといういわれのある郷土料理です。

レシピはこちらのリンクをクリック
http://tabinaga.jp/column/view.php?category=5&hid=20140226201828&offset=6

本日の曲は、古関裕而作曲「白鳥の歌」です。詩は若山牧水。

白鳥の歌(昭和22年)藍川由美(ソプラノ)


コメント (2)

吉村大阪市長「ヘイトに実名開示義務」条例改正提案へ・・・大阪市長さん、どちらを向いているのでしょうか

2017年06月29日 | 政治

★ 大阪市長の意見、これ賛同できません。

<大阪市長>「ヘイトに実名開示義務」条例改正提案へ6/29(木) 7:30配信 毎日新聞

 大阪市の吉村洋文市長は28日、特定の民族や人種への差別をあおるヘイトスピーチの抑止策として、インターネット上の動画投稿者の実名取得に向け、市条例の改正案を来年2月議会に提案したい考えを明らかにした。有識者の審査会の意見を踏まえ、ヘイトスピーチと認定した投稿者の氏名の開示義務をプロバイダーに課し、氏名公表に向けた方法を検討する。通信の秘密との兼ね合いがあるが「違法なヘイトスピーチを不特定多数に知らしめる人の氏名を保護する必要はない」と述べ、条例の実効性を高める狙いを強調した。

 全国で唯一のヘイトスピーチ抑止条例の完全施行から7月1日で1年になるのを前に、毎日新聞のインタビューに応じた。

 市条例では、ヘイトスピーチの行為者は氏名・団体名を公表できる。条例に基づき投稿動画4件をヘイトスピーチと認定したが、いずれも個人情報保護や通信の秘密との兼ね合いで実名は特定できず、投稿者名での公表にとどまった。吉村市長は、憲法が保障する表現の自由の重要性を前提としながら「ネット社会の自由は行き過ぎている。投稿者名の公表でも意義はあると思うが、不十分。一つしかない氏名の公表が、抑止効果と拡散防止措置につながる」と述べた。

 審査会の意見を踏まえて今年秋以降に改正条例の骨子案を固め、パブリックコメントなどを経て来年2月議会に提案したい意向。
憲法上の制約などから審査会が開示義務の実現は無理と判断した場合、国に対応策を要請する考えも示した。【岡崎大輔】


★ 「毎日新聞」毎日毎日、実に活発に「ご活動」されているようで最近では「朝日」以上にその憐れなまでの「偏向報道」にうんざりしています。

(ところで話は変わりますが)この大阪市長のお話には怒りを感じました)

大阪市長はなぜここまで「日本人よりどこかの国」の方々を護るがごとき「政策」を推進するのでしょうか。
ふか~い理由があるならぜひお伺いしたいものです。
「毎日新聞」さんのご見解は?

「在特会」と反日「シバキ隊」は水面下で手をとっている、といわれているようですが、こうして「ヘイトスピーチ法」を招きよせ、これを皮ぎりにどんどん何をすすめるのでしょうね。

最初は誰が見ても「これはひどい」というものから始まり、やがては何でもない一般の見解にまで「鈴」をつけるのでしょうね。

断じて反対です。何で日本人ばかりが日本でこんな目にあわなければならないのですか?
「通名」で「ヘイトスピーチ」している人の「本名」も発表してくださいね。


三宅博先生は「ヘイトスピーチ法」に反対でした。このように述べられています。

なぜ悪法かとんでもないかと言いますと、我々日本国民を加害者として規定し、そして日本にいる外国人を被害者として規定して、日本国民は加害者であって被害者たる本邦外出身者に対して悪口を言ってはなりません、傷つけてはなりません、しかしその定義そのものが全くわからないんですね。
そもそも国の法律というのはですね、国民を護る為にあるのが国法の基本的なあり方なのですけれど。
日本国民を加害者として規定して、本邦外出身者外国人を被害者と規定する、こんな法律、世界中どこもないですよ。
とんでもない法律が「ヘイトスピーチ法案」なんですね。
そして「ヘイトスピーチの定義」これは何かというと受けた側、本邦外出身者が「あれはヘイトスピーチである。あのことによって私たちは傷つけられたのである。」と言えばそれがヘイトスピーチになるんですよ。
無茶苦茶な法律なんですよ。
http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/586de8e106a1e02151b39e828179fb36



こんな動画を見つけました。

今こそ、韓国に謝ろう


(ショパンの「遺作」がBGMで流れている・・・「ブログのティールム」のところで取り上げました。聴いていただくのは巨匠クラウディオ・アラウの歴史的名演奏・・・)



ブログのティールーム


クラウディオ・アラウが弾くショパンの遺作「ノクターン20番」

Arrau plays Chopin Nocturne no 20


コメント

赤嶺和彦氏による都議選の予想、馬渕睦夫氏が語るこれから起こる「皇室」のこと

2017年06月29日 | 政治

★ 赤嶺和彦氏が都議会選挙の予想を発表

赤嶺氏のサイトより・・・6月23日告示、7月2日投開票の東京都議会議員選挙について、当ブログでは、選挙分析チームによる全候補者分析を行いました。6月6日時点での当落判定をもとに、一部に追加公認などがありますので修正の上、再掲載します。

http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/eb125846b43d2c003343d673513fd804

自民党・・・・・・・・・・・・・11~14
公明党・・・・・・・・・・・・・23
民進党・・・・・・・・・・・・・3
共産党・・・・・・・・・・・・・13~16
都民ファースト・・・・・・・・・50
都民ファースト推薦の無所属・・・11
生活者ネット・・・・・・・・・・4
維新・・・・・・・・・・・・・・3
社民・・・・・・・・・・・・・・0
諸派無所属・・・・・・・・・・・4~8

赤嶺氏は公平な意見を述べていらっしゃいます。私はその通りと思います。

「自民党を危うくする要因」・・・http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/f6c808e670ff5512937a166962cda421

「野党がテロ等準備罪に反対する本当の理由」http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/5599f60f4b74fcdc68cc6a3abc87ea3e?fm=entry_awp

「犯罪人の前川氏をヒーローに仕立てる左翼勢力」http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/1dcefafaa9f21ebb15c60d7782efbac2



ところで私が気になっていていつもブログに書いてきたのは、自民党の増長です。
民進党など全く支持はないのに国会で安倍氏は「支持率が、支持率が」と高圧的に答弁の中で言ってきました。
これは多くの国民が愉快な気持ちできけないことでしょう。
「支持率を盾に不遜な答弁を繰り返してきた安倍総理」は一般の方々にそれがどう映るかをお考えになったことがあるでしょうか。
分厚い層の支持者に守られることに慣れてしまったのでしょう。
そして「女性宮家」のことでも党内で議論せずに「民進党などに配慮」して付け加えているのを、
たったひとり有村治子議員が勇気ある発言をしました。

http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/b313f4d41533996b587bd872cac0a015

多くの人は有村議員の発言に喝采を送りました。

しかし他はどうでしょう。
世界情勢を見ても「日本として」言わなければならないことを言う、護るべきは護る、という姿勢が外国をも牽制することになります。

野党がメチャクチャなのはよくわかっていますが、政権与党がますます増長し、反感をかうことにどうして居丈高なままだったのでしょうか。

批判や忠告をすると必ず「同調圧力」がかかります。
また不自然な擁護をし、海外では多額のおカネをバラマキ、移民を増やし、おかしな「ヘイトスピーチ法」は出来て、「共謀罪」だって「スパイ防止法」がないので、一般の国民を取り締まることにつながりかねません。

種子法廃止や水道の民営化案もそうです。
そして日本の大企業がどんどん傾き潰れていくのをどうしようもない状態、

皇室問題でも「有識者?会議」など不要だった。政治問題化しそれに国連が乗っかってくる。

三宅博先生はことあるごとに安倍政権に忠告された。
誠の心があれば、忠告は受け入れたはず。

こんな間抜けな与党は「脇が甘い」どころではない。
「日本の為に」尽くす基本を忘れ、政権争い・派閥争いにあけくれるようでは多くの支持者の心を遠ざける。
野党の中でも自民党のゴマすりに徹しているのもいる。
すべてグローバリストである。

皇室問題も長いスパンでこのようになった。
眞子内親王のご婚約はあのわけのわからない「王子?」など納得などできない。
日本は国民が正義をもって護るしかない。




【馬渕睦夫】加計学園の裏でヤバい事が進行していた…日本を陥れる陰謀を暴露【TVが報じないニュース】

・・・4分40秒から「次に大変なことが起こる、それは皇室のことである。既に国際問題になってしまった。国連が介入してきた」と馬渕氏。


ブログのティールーム



カラヤンが1分40秒頃からピアノを弾いています。

W.A.モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番~第2楽章
ピアノと指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン


Mozart / Piano Concerto No.21, Herbert von Karajan, piano & conductor



コメント (2)

米アトランタ日本総領事「慰安婦は売春婦」

2017年06月27日 | 政治

★ 実にすがすがしい記事だ。 日本政府は全面的に支えよ!!・・・と希望する。
米アトランタ日本総領事「慰安婦は売春婦」妄言 現地韓国人社会に波紋
6/27(火) 8:43配信

中央日報日本語版

米ジョージア州アトランタ駐在の日本総領事が「慰安婦は売春婦」と発言して韓国人社会に波紋を広げている。

26日(現地時間)、現地韓国人メディアなどによると、篠塚隆総領事は地域メディアとのインタビューの中で「日本軍が第2次世界大戦期間にほぼ韓国からきた女性を性奴隷としていたという証拠はない」とし「その女性は報酬をもらっていた売春婦だった」と話した。

篠塚総領事は今月30日にジョージア州の小都市ブルックヘブン市立公園で除幕予定の「平和の少女像」に反対意思を主張している人物だ。

篠塚総領事は、米国南部に初めて設置される平和の少女像を阻止するためにブルックヘブン市長と市議会に対し、持続的な反対ロビー活動を行ってきた。

篠塚総領事はこのインタビューで「少女像は単なる芸術作品ではない」とし「それは憎しみの象徴であり、日本に対する怒りの象徴物」と主張した。

篠塚総領事の発言が伝えられると、アトランタの少女像建設委員会は声明を出して強く反発した。

同委員会は「在アトランタ日本総領事が慰安婦を認めず性的奴隷になった女性を『謝礼をもらっていた売春婦』と呼んだことは、日本外務省の公職者としては近来初めてのこと」としながら「これは慰安婦女性の苦痛と犠牲を認めて考えていこうとする日本政府の声明と矛盾する」と非難した。

続いて「2015年韓日慰安婦合意で、日本政府がこれ以上慰安婦の存在を信じないということなのか、疑問を投げかけることになる」と伝えた。(以上)


★ この頃、大使館や領事館がよく頑張っていると思う。
ドイツでは欧州はじめての慰安婦像のプレートを撤去させたクライン孝子氏と組んだドイツの大使館・領事館の実績がある。もともと大使や領事は国益を護り、故なき他国からの貶めを排除すべき「最前線」にある。

東京都の選挙戦で支援???(変な応援をして逆効果も?これって応援?)するより、こちらを支援せよ。
もちろん韓国から出国停止の人権無視をされている元自衛官の奥氏についても救出せよ。

目先の「損得」よりも「日本」を考えよ!!
そうしないと日本人はついていかない。



ブログのティールーム



ジリオラ・フラッツオーニとマリオ・デル・モナコが1957年にミラノ・スカラで歌ったプッチーニ「西部の娘」から二重唱

Mario del Monaco & Gigliola Frazzoni La Fanciulla del West
Mario del Monaco & Gigliola Frazzoni sing the "Love_Duet Act I)
from La Fanciulla del West by Giacomo Puccini
Orchestra e Coro del Teatro alla Scala di Milano
Antonino Votto. conductor
Milano, 21.III.1957

★ 子供の時、この古い録音をトランジスタラジオのFM放送で聴いて心を震わせ涙していた。
(ずっと後になって買ったレコードではフラッツオーニではなくテバルディがミニー役を歌ったのだが)
私は世界最高のソプラノといわれたテバルディより、商業レコードもなく、日本では無名に近いフラッツオーニに軍配を挙げる。

相手役のディック・ジョンソン(実は盗賊の首領ラメレス)を歌うマリオ・デル・モナコの人間的魅力。
二重唱の終わりにミニーをこの上ない優しさで励まし慰める歌い方・・・これはフランコ・コレッリにはない。
もちろん、コレッリのディック・ジョンソンも魅力的だが。
酒場の若き女主人ミニーは炭鉱の荒くれ男が憧れるアイドル、酒場の金庫に彼らの乏しいおカネを預かっている。
外に盗賊がいるという知らせが入っているが、このおカネは護りぬく(youtubeでは8分20秒頃から)という実は純情な乙女。

ミニーは言う。「ああ 誰かがおカネを奪おうとしてもその前に私を殺さなければならないわ。
どれほど貧しい人たちが妻子の為に泥の中でわずかなおカネを得る為に死ににきたでしょうか。」

ディック・ジョンソンは「誰もそんなことはしないよ」とミニーを安心させる。
(ジョンソンは最初は盗るつもりでここにきたのだったが、ミニーのけなげさに心変わりする)


酒場にはじめてきたディック・ジョンソンと名乗る男と会話をしているうちに、はじめて涙を浮かべる。
「私には教養がない、たった30ドル分の教育しか受けていないのよ」と嘆く。
「あなたは天使のようだ」と慰め、その場を去るジョンソン。(12分30秒過ぎ)
「ああ、何といったのでしょう。天使だって?」とひとりでたたずむミニー。彼女の心に初恋が芽生える。


私は今もこの場面でドキドキしてしまう・・・。

コメント (2)

韓国、吉田氏の慰安婦謝罪碑書き換えの奥氏を出国禁止

2017年06月27日 | 政治

吉田清治氏の慰安婦謝罪碑書き換え 韓国警察が元自衛官の奥茂治氏を出国禁止。


韓国、吉田氏の慰安婦謝罪碑書き換えの奥氏を出国禁止 損壊容疑で取り調べ
6/26(月) 7:55配信 産経新聞

 【ソウル=桜井紀雄】朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国の国立墓地に建立した謝罪碑を勝手に書き換えたとして、韓国警察が元自衛官の奥茂治氏(69)を一時拘束していたことが25日、分かった。奥氏は拘束を解かれたが、出国禁止措置が取られているという。

 奥氏によると、24日午後、仁川(インチョン)国際空港に到着したところ、捜査員に手錠をかけられ、中部の忠清南道天安(チュンチョンナムドチョナン)市の警察署に連行された。容疑は公用物損壊や不法侵入の疑いだと告げられたという。取り調べで、奥氏が碑文の書き換えの事実については認めたため、25日未明に拘束を解かれ、現在は市内のホテルで待機している。今後、検察が在宅で取り調べを行う見通し。

 吉田氏は、慰安婦らを「奴隷狩り」のように強制連行した張本人だと名乗り出て、朝日新聞が1980~90年代初頭に紙面で集中的に取り上げた。83年には、著書の印税で天安市の国立墓地「望郷の丘」に「あなたは日本の侵略戦争のために徴用され、強制連行されて…」と記した謝罪碑を建立していた。

 朝日新聞は2014年、吉田証言を「虚偽」と判断し関連記事を取り消した。吉田氏の長男が「父の虚偽で日韓両国民が対立することに耐えられない」「間違いを正せるのは私しかいない」として謝罪碑の撤去を奥氏に相談。奥氏は今年3月、撤去する代わりに元の碑文の上に「慰霊碑 吉田雄兎(ゆうと)(吉田氏の本名) 日本国 福岡」と韓国語で記した別の碑を張り付けた。

 これを受け、韓国警察が奥氏に出頭を要請。奥氏は出頭に応じるため、24日に韓国入りした。

 奥氏は産経新聞の取材に「韓国では吉田証言の嘘について認知されていない。裁判ではっきりと説明していきたい」と話している。


★ もうムチャクチャではないか。奥氏の「出国禁止」だなんて、日本人の救出をすぐにでも政府にお願いしたい。
日本政府は「日本人救出」ができないなら、もはやこのような国に行ってはならない、ということになる。
産経の加藤氏の長い闘争を思い出す・・・。



ブログのティールーム



コルトーが弾くショパン「雨だれ」・・・昔、コルトーの演奏を語った文学者は多い。
優雅さと骨太さ、しかし私はコルトーの演奏の凄さを知りながらあのヴァーグナーの魅力にひかれながらも拒否していた日々を思い出す。好きな演奏なのに・・・。


Alfred Cortot plays Chopin Prelude n. 15

ピアニストとして楽壇にデビューしたが、ワーグナーの作品に傾倒し、先輩であったエドゥアール・リスレール(1873年 - 1929年)に従ってバイロイトに赴き、1896年から1897年までバイロイト音楽祭の助手を務めた。1902年頃からは指揮者として活動、ワーグナーの『神々の黄昏』のフランス初演を行うなどした[3]。1905年にはヴァイオリニストのジャック・ティボー、チェリストのパブロ・カザルスとカザルス三重奏団を結成、1920年代後半にいたるまで素晴らしい演奏を繰り広げたが、最終的にはティボーとの仲が疎遠になって解散した。第一次世界大戦後はピアニストとして欧米をあまねく巡演、広く賞賛を集めた。

1907年にパリ音楽院の教授に就任したが、「音楽院の育成は、ピアニストだとピアノのことしか出来なくなる輪切りシステムだ」と言いつつ改革を訴えていた。1919年に理想の実現のため、オーギュスト・マンジョとともに自らの音楽学校エコールノルマル音楽院を設立し、同年パリ音楽院を辞任した。さらに教育活動にも力を注ぎ、朝から公開レッスンを精力的に行った。エコールノルマル音楽院には彼の名を冠したサル・コルトーという響きの優秀なホールがある。コルトーが絶賛したがコンクールで優勝できなかったとして審査員を降りるという行動で、ディヌ・リパッティをデビューさせたこともある。

第二次世界大戦に際してはヴィシー政権と関わりをもち、フランスの未曾有の国難に対処しようとしたが、戦後はナチスの前で大量に演奏したことなどの責を問われ、フランス国内での演奏の機会を完全に奪われるなど不遇であった。1952年には来日もしており、ベートーヴェンのピアノソナタ第14番「月光」などを演奏した。来日時の演奏中の写真、サインに応じる写真も多く残されている。(WIKIより)


コメント (2)