『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「バオハザード Ⅲ」 バブ~

2007年11月13日 | 映画
いきなり『CUBE』はじまりかよ~、と思ったら今度は『マッドマックス2』の世界。
俺もオーストラリア人じゃ!と主張しなくていいよ、ラッセル・マルケイ。
十分らしさは出てるから。
『ハイランダー』みたいな大剣で首チョンパはないけど、二丁剣で首チョンパはあり!
『レイザーバック』みたいな大イノシシは出ないけど、ゾンビ犬とゾンビ烏は大暴れ!!
MTVで培った手法は、いつも以上に音楽で驚かしてくれます!!!

『バイオハザードⅡ』が結構ゲームに忠実で(ジル・バレンタインが)面白かったけど、今度はゲームを離れて好き放題やっとります。
ゾンビを調教するって、ロメロの『死霊のえじき』のバブやし、
ゾンビを労働力にするって、ウェス・クレイヴンの『ゾンビ伝説』。
なんか、『バイオハザード』を見に来たのに『ゾンビ』を見せられるとは・・・。
アメリカ人が『マッドマックス2 THE ROAD WARRIOR』やと思って入った劇場が、
『WARLORDS OF THE 21ST CENTURY バトルトラック』やったみたいな感じかな~。
『ゾンビ』ファンとしては、『バイオハザード』とは明確に線引きしてほしいんです。
ゲームの「3」が映画にしづらい(「3」は「1」+「2」みたいなゲームで、面白いけど新味に欠ける)のなら、「コード ベロニカ」を作ればよかったのに。
それならゴシック・ホラーやイタリアン・ホラーの味も出て新たな地平が見えたんやけどな~。
ちなみに「バイオハザード コード ベロニカ」のCGムービー監督は佐藤嗣麻子です。
CGといえば、炎天下の砂漠で戦うミラ嬢の顔がおかしな発色をしてましたが、『Ⅱ』のジル・バレンタインでやってることをゲームキャラでないミラ・ジョボにやってもいっこも楽しくありません。
喜んでるのは、シリーズを統括してる旦那だけでしょう。
貧乳ミラを豊かに見えるように工夫するショットがありましたが、次回からは巨乳ミラがCGによって見れるかもしれません。

この映画、予告篇の作り方と、『1』『2』の連続TV放送での効果で、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(これも公開日前に前作をTV放送しましたが)を抑えて興行成績の週間ランキング1位を獲得!
たくさんの人の目に触れたことで、ワースト1位の有力作品になりそうですな。


★1/2
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 「インベージョン」 美女VS... | トップ | 「自虐の詩」 映画化には意... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
監督はファンじゃない・・? (メビウス)
2007-11-13 21:01:52
aq99さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

本作と比べると1・2はまだ良かったですよねぇ。ストーリーの流れから見てもゲームの1・2と結構同じように進んでいましたし、何より2はジルやカルロスも出て来てくれたから俄然ボルテージ上がっていました。
けど3の世界観は一転して世紀末救世主伝説か、はたまたaq99さんの言うとおりマッドマックスか・・・。あ、ガソリンとか必死こいて探してたんで、マッドマックスの方が正しいですねw
タイラントが出てきてくれたのは嬉しかったけど、セットでロケランが登場しなかった所を見ると、監督はゲームファンじゃないですね・・・サイレントヒルのようにファンの人が作るとどれだけ素晴らしいことでしょう・・(汗

煮え切らない終わり方でしたけど、次回作は『4』とかじゃなくて、ベロニカのように異なる舞台でアンブレラの野望を追う、スピンオフのような作品にした方がまたヒットするんじゃないかと思います。
えっと (kossy)
2007-11-14 00:27:21
けっこう皆さんゲーマーなんですね~
いやはや、プレイせずに持ってるだけって奴は俺くらいなのかもしれません。
そういや、どんなゲームでも貧乳キャラっていないのかな?ドラクエ8なんて、おっぱいがポヨンポヨンと揺れるものだから、大事なところを見逃しちゃったりして・・・

ところで、タイトルは冗談なんですよね?
メビウス さんへ (aq99)
2007-11-17 19:08:20
結構忘れられてるけど、世紀末救世主伝説は、「マッド・マックス2」からのいただき漫画でした~。
「サイレントヒル」は見てないけど、よかったんですか~。でも、ゲームやってない!
子供が生まれてからゲームはほとんどできませんわ!

津軽そば、フツーにパック売りしてるんですね~。
親戚(ヨメの)が青森在住なんで、南部せんべい(もちろん青森の)や乾燥りんごのお菓子に変わって、お願いしてみます。

kossy さんへ (aq99)
2007-11-17 19:12:18
タイトルは「死霊のえじき」に出るゾンビ“バブ”からいただきましたが、今思えばミラ妊娠中なんで、こんにちは赤ちゃんという意味でもとれますな~。
決して赤ちゃんプレイがという意味ではありませんので。
こんにちは。 (アガサ)
2007-11-22 23:35:56
こんにちは。
バブに反応してしまいました(笑)
バブファンなもので・・(汗)
カラス炎上シーンやミラのアクションシーンは見応えがありましたが、なんだかスッキリしない終わり方で残念です。
一番残念だったのは、エンディングで突然流れる日本人歌手の歌だったりしますが・・。
TBさせて頂きますね♪
アガサ さんへ (aq99)
2007-11-27 17:40:46
バブファンがいたとは、スゲーな~!
「DAY OF THE DEAD」では、最初に出てくるアゴなしゾンビが好きです。
ロメロのゾンビは、個性的なゾンビがいるからえ~よね~。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

バイオハザード?(評価:△) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ラッセル・マルケイ 【出演】ミラ・ジョヴォヴィッチ/オデッド・フェール/アリ・ラーター/イアン・グレン/マイク・エップス/アシャンティ 【公開日】2007/11.3 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ラク
バイオハザードIII (ネタバレ映画館)
フォークギター片手にアリスのコピーはよくやりました・・・ちがう・・・
『バイオハザードIII』 (ラムの大通り)
(原題:Resident Evil:Extinction) ----まさかこの映画の第1作目が公開されたとき、 ここまで続くとは思わなかったニャあ。 「うん。もともとはゲームだったしね。 一発屋のイメージってあったよね。 でも、今回この映画を観て思ったのは 映画というのは監督によってこ...
『バイオハザードIII』 (ラムの大通り)
(原題:Resident Evil:Extinction) ----まさかこの映画の第1作目が公開されたとき、 ここまで続くとは思わなかったニャあ。 「うん。もともとはゲームだったしね。 一発屋のイメージってあったよね。 でも、今回この映画を観て思ったのは 映画というのは監督によってこ...
バイオハザード3 (Akira's VOICE)
オリジナルのゲームを離れて, アメコミの方に向かっているような・・・
バイオハザードIII (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RESIDENT EVIL:EXTINCTION) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★★) 3DアクションのTVゲームが原作。 主人公アリスが、巨大企業アンブレラと戦っていく、SFアクション映画のシリーズ第3弾。 前作から5年後の世界。ラクーンシティから広がった...
バイオハザード?(映画館) (ひるめし。)
アリス、砂漠に死す
「バイオハザード?」 健康的な陰惨さ (はらやんの映画徒然草)
僕はスプラッタ系のホラー映画が大の苦手。 心理スリラーなどはまだ大丈夫なのですが
『バイオハザードIII』 (すきなものだけでいいです)
何はともあれアリスさん、お疲れ様でした!! ・・・て、え・・?まだやるの? 先日 『バイオハザード3』 に備え、過去の作品をおさらいしてみたアガサですが、観ればみるほど深まる謎がいくつか浮かび上がってしまい
★「バイオハザード III」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは二本立てで。 その2本目。 ひらりん、ホラーものは率先してみるほうじゃないけど・・・ このシリーズは、一応「1」も「2」も見てるからね。
『バイオハザード3』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ巨大企業アンブレラ社が引き起こしたバイオハザード(生物災害)によって、絶滅の危機に立たされた人類。その命運は、自らも人体実験によって、未知のパワーを背負わされた悲劇のヒロイン、アリスに託された。荒廃した地上でわずかな生存者たちと、彼らを食糧とし...
バイオハザード III (Resident Evil: Extinction) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ラッセル・マルケイ 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2007年 フランス/オーストラリア/ドイツ/イギリス/アメリカ映画 94分 アクション 採点★★★ 人前で平然と惚気たりするのは得意なほうじゃないんで、自分からわざわざ話題にすることはないんですが、如何せん“...