カエルすき?
世の中に“かえる好き”って結構いるみたいです。
カエルグッズの話で友達の輪が広がるかな?
 



金沢東茶屋街の和雑貨の店「今日香」にいたカエルさんです。
(先日行った時は、お店がおやすみでした。
前に買っておいてくれたカエルさんです。)



蓮の花をイメージしたみずみずしくて華やかな香りのジェルです。



「玄関やトイレ等で・・・」と書いてありますが、
それって・・・別物では・・・

ジェルタイプで、形も安定感がありますから、
寝室において、ゆったりと眠りたいと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




高岡市の瑞龍寺は、加賀百二十万石加賀藩二代藩主・前田利長公の菩提寺で
仏殿をはじめ、江戸初期の建物群が国宝や重要文化財に指定されています。




落ち着いた佇まいの中、そこだけ暖房の聞いた売店にいたカエルさんは2種類
手ごろなお守りだけGETしてきました。

純天然石・本水晶の12mm玉を使用した
招福・開運のパワー守りです。

 

常に身につけ気力・活力を充実させると水晶珠のパワーが身体に伝わるそうです。
が、なぜカエルが抱えているのかは、わかりませんでした。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )







「黄金の蔵」を持つ箔座で小さい子供のために用意されたお守りです。

身を守り、幸運を呼ぶと言われて古来より聖なるお守りとして愛されてきた
純金24Kが「みまもり」と書かれた袋に入っています。


 

アクセサリーからケーキまで、
ちょっとしたプレゼントに利用したい、金箔を使った製品がたくさんならんでいます。
たぶんお守りも種類がいろいろあったのでしょうが、
何しろカエルしか目に入らないもので・・・

お孫さん用でしょうか、いくつも手にもつご婦人がいらっしゃいました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




鍵盤柄のマフラーをまいたミュージックバージョンのピクルスです。
おなかにも♪音符と葉っぱが刺繍されています。
色はなんとなくおいしそうなうす~いチョコレート色
目はマーブルチョコレートみたいです。





つぎつぎと新しいカエルさんが生まれてくるピクルスはどれもかわいいので、
きりがなくて、なるべく見ないように素通りしていますが、
肌触りもやさしいこんな可愛い子を見ると
たくさんそろえたくなりますねぇ~

東京駅でのイベントでも会期を一週間も残して限定のビーンドールが売り切れたそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ガラス細工の小さなカエルさんたち。
神戸須磨水族園からやってきました。





青いのがコバルトヤドクガエル
赤いのがイチゴヤドクガエル

どちらもおもちゃのようですが、200種以上もいる実際のヤドクガエルのミニチュアです。
「その毒を矢の先に塗ったところからついた名前」には似合わない可愛さですね。



          



春の陽ざしに誘われて、「ぐるっとパス」を利用して2館はしごしてきました。
女子フィギュアがあるからでしょうか、と~ってもすいていてゆっくり鑑賞できました。

ひとつめは、両国の東京江戸博物館
もう少し照明が明るいといいのにと思うのは、「とし」のせいでしょうね。





ふたつめは深川、東京都現代美術館。
普段なら入場料をはらってまではなかなか見ない現代美術ですが、
ぐるっとパスのおかげで新しい経験ができます。
はっきり言って、なんだかよくわからない作品が多く並んでいましたが、
カラーではないのですが、作者と作品を説明するカードが用意されていて
それを集めるのもおもしろそうです。
川村美術館でみたシルクスクリーンのマリリン・モンローにまた出会えました。






常設展の入り口に光を浴びてたつ巨大な墨で書かれた作品、
遠くから井上雄彦さんの作品だとわかりました。

「エントランス・スペース・プロジェクト」で展示されているそうですが、
大きな「バガボンド」の武蔵の姿を見られただけで、たくさん歩いて来た甲斐がありました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ディズニーランドではなかなかお目にかかれないカエルさん
とうとう3月6日(土)ディズニー映画に登場します。




夫婦二人で行けばひとり1,000円で見られるのですが、
限定~魔法のミラーストラップ~付
1,300円の前売鑑賞券を準備してしまいました。


ちっちゃなうしろ姿のカエルくんがついたおまけです。



春休みにたくさんの子供たちに見てもらいたいです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今月の「オバレン」の集まりは、ちょっと足をのばして新宿のホテル
ひなまつりにちなんだ、ランチをいただいてきました。

伊豆稲取でも見てきた「つるし飾り」が
ぼんぼりのようなあかり装飾と一体化して
ホテルのメインロビーに温かな雰囲気を作り出していました。
本絹古布を使って作られた飾りのひとつひとつが可愛らしく
種類も豊富で素晴らしいと思いました。





稲取では見つけられなかったカエルの飾りもいくつか飾られていましたよ。

記念に平成22年2月22日、2が五つ並んだ切符を一枚買ってきました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




20日から水戸で梅まつりがはじまりました。

先週は雪がふったり寒い日が続きましたから、
梅の花の開花はまだ控えめですが、まつりを待ちわびた人がおおぜいいたようで、
偕楽園の無料駐車場はどこも満車状態でした。

出遅れた私たちは、水戸藩の藩校「弘道館」へ向かいました。
梅の木の本数は少ないのですが、種類が多いので、
順番に咲いていきますから、どれかの盛りにあたって
まるで満開のような写真をできます。






水戸市市制施行120周年で水戸藩開藩400年にあたる今年は
記念行事がいろいろ計画されているようです。

偕楽園下の千波湖畔には、大沢たかお主演の映画「桜田門外ノ変」の
りっぱなオープンセットができていて、先月から撮影が進んでいるとか・・・
ちょっとのぞいてみたいですね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




旅番組で知った、大洗磯前神社のお守りです。




貝を布でくるんで目と口をつけてあります。

本殿前にも、石のカエルさんが三匹いました。

  

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




上下2つのカードはどちらもカエルさんがとび出すカードです。

上のは誕生日にもらったものですが、
下のは、他にもいろいろな種類がありました。



選びながら思ったのですが、
入院中にお見舞いに行くときなどに持っていって飾ったら、
ベッドまわりが明るくなっていいのではないでしょうか?

もちろんカエル以外の可愛い柄を選んでね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ