あべまつ行脚

ひたすら美しいものに導かれ、心写りを仕舞う玉手箱

新宿高島屋リニューアルオープン・草月展

2007-04-21 15:00:26 | 
特に新宿高島屋の方はりリニューアルグランドオープン初日とあって、
沢山のお客様が押し寄せ、活気ある、眩しい空気に満ちていました。

丸の内、ミッドタウン、六本木、表参道、お台場、日本橋、・・・・
様々な場所で、新しいタウン作りが押し寄せてきているのですが、
本当に贅沢な建物、空間、商品、レストラン、などが沢山。

どこもみんな破綻しないで、健全経営されていくんでしょうか?

これはただ東京都内の話ではなく、
日本のひいては、世界の場所を意識してのことだと
ミッドタウンのレポートなどを見て、思いました。

まだ、サントリー美術館に入っていませんが、
とても国内だけのビジョンじゃありません。

そんなスケールの大きな所に、
なんとなく眩しすぎるような、恥ずかしいような、
後ろめたいような、
そんな気持ちもあります。

もうちょっと、地面に近い、自然光に近い、森に近い、空に近い、
そんなところに憩いを求めたくなります。

とはいっても、新宿高島屋には
ものすごいパワーが集合していました。

ホテル使用な感じになった、高島屋。
ますますグレードアップして、
利用客としては、利用客自身の美学を持った生活を送っていないと、
恐れ多くて入ることができなくなりそうです。

そんなデパート全体をまるごと包み込んでしまった、
草月の花の光。
今年80周年の記念の年に
様々な人達に草月をアピールできる絶好のチャンスです。

文化を身につけていることのすばらしさ。
人としての奥深さ。
経済的に恵まれた生活をしていても
心貧しく、消費すること、所有すること、買うお金があることに
ただ満足しているだけでは、
豊かな心を育めるとは思えません。

経済的に庶民な私はせめて、
日々色々なものを観て、
眼の力をつけたいと思っています。

私の先生を含めて、新宿の花たちを画像アップしてみました。
是非クリックして鑑賞してみて下さい。
あべまつ遊山

コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 謎解き、「受胎告知」  レ... | トップ | 大森暁生展 ・新宿高島屋 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
立川でも (oki)
2007-04-21 23:40:33
やっているのですか、母の特養ホーム行くついでに見学してまいりましょう。
チケットのご案内です。
ブンカムラ「モディリアーニと妻ジャンヌの物語」と日本橋高島屋「細川護煕ー数寄の世界展」がご用意できます。
なるべく多くの方とチケットやり取りしたいのでご希望の切はぜひそうお書きください。
oki さま (あべまつ)
2007-04-22 22:39:26
コメント、チケットのご案内、ありがとうございます!!
せっかくのご厚意なのですが、
母の入院やら、学校の家庭訪問やら、GWなど諸事情絡み、手にしているチケットの消化さえ危うい状況です。
今回は、潔く諦め、
次回に希望を繋げたいと思います。
その時はヨロシクです♪
立川って、なかなか大きな街でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2 トラックバック

第1回ジャパン・アート・フェスティバル=作家と作品リスト (国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記)
第1回ジャパン・アート・フェスティバル= 作家と作品リスト(ABC順) 絵 画
ジャパン・アート・フェスティバル始末記あらすじ (国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記)
 本編は中篇単行本一冊(280頁)程度になります。平成19年1月17日から3月7