Bike&SlowLife

バイクとカメラを愛し、自然を愛し・美しい風景を愛して、ゆっくり生きてる奈良県に住むおじさんの雑記帳です。

月の瀬滝~雨知滝

2012年07月31日 | ツーリングレポート

今日も暑い日が続く、それでもバイクだ

滝の涼しさを求めて山の中へ向かう


三重県名張市の青蓮寺ダムの奥から比奈地ダムの奥へ抜ける途中、地名で言えば名張市の国津地区 らしい


香芝から中和幹線で桜井 ~榛原の西峠交差点 ~玉立橋から山辺三を通って R165号へ ~名張の夏見交差点で青蓮寺ダムへ上って行く ~ダムの堰堤を右に見て ~弁天橋を渡らず左へ 県道694号布生夏見線を山奥へ進むと 右に 「月の瀬滝」 の小さい朽ちかけた看板が見えた







道路からかなり低いところにあるので滝前へ降りるのは不可
涼しい滝風にも当たれない、それと陽射しのせいでうまく撮影出来ない 残念




この近くに雨知滝(あしだき)という滝があるそうだ、 国津地区の案内板に載っていた

が、、、いくら探しても滝の案内板も何もない
地元のオッチャンに聞いたら、かなり以前に滝の案内板などを整備したが、今は何も残っていないようだなあ、、、とのこと

場所を聞いて林道へ入って行く ~コンクリ舗装の渓流沿いの道は少し進むと杉の枯れ落葉の装飾だらけ ~ ガラガラの路面になり 1.6Km程で行き止まり









林道行き止まり付近の渓流です

雨知滝という名前の滝は無く、この渓流にある沢山の滝を総称して 「雨知滝」 と言うのだそうです。 林道沿いにも、ここから上流にも何か所もの滝があるそうだが、草木がボウボウで踏み跡もありません


  すぐ傍には170cmほどの石碑があり、サンスクリット文字のようなのが刻まれていた
石段の形跡が残っている、何かの建物があったのだろうか?

ここでも滝風は無かったが、深い山の中を時折流れる風は気持ちよかった



県道に戻って さらに山の中へ向かう、県道694号は 県道693号蔵持霧生線に変わる ~細い道を上って行くと ~杉坂峠のクネクネ道となり下ってゆく ~見覚えのある景色が現れた=国道368号線である、比奈地ダムの奥だ! 国津郵便局がある、

もう少し南へ行けば津市との境界で美杉町太郎生である、平家六代の墓がある あの太郎生である



来た道を引き返して青蓮寺ダムへ

  ダムの展望台より
木陰に流れる風は涼しかった、やっぱり緑の中を流れる風は気持ちいいもんです



帰りは青蓮寺林道から梶川林道を抜けてR165号の赤目口へ


青蓮寺林道の途中に B29搭乗員11名追悼碑 があった

追悼碑の横には 11名の名前と次の文章が刻まれてある

昭和20年(1945)6月5日、ふるさとを遠く離れたこの地に米軍戦略爆撃機B29機体番号(44-69665)が墜落した。
搭乗員として、若くして生命を亡くしたアメリカ兵11名をここに追悼する。
尊い命が犠牲となる過ちを犯さぬよう日々平和をつなぐ努力を怠ってはならない。
         平成19年(2007)8月15日
               地蔵院  青蓮寺



追悼碑の周りは、杉の枯れ落葉もなくきれいに整備されていた



名張の山の中に滝を求めてウロウロ
      走行距離151Kmのツーリングでした



コメント

室生のひまわり

2012年07月30日 | ツーリングレポート

今日も酷暑

先日 新聞に載ってたが見頃は今月中! と書いてたので、急がなくちゃあ  と 気温が充分上昇する時間に合わせて出かける???


室生寺から室生古道を上って行く、しだれ桜で有名な西光寺のすぐそばに 「室生ひまわり畑」 があった



  宇陀市室生区室生の山郷
民家が点在する山郷をバックにひまわりが満開






  満開のひまわりには青い空と白い雲がお似合い








西光寺の城之山桜も脇役です、主役をひまわりに譲ってひっそりと佇んでいる



室生古道=林道を仏隆寺へ向かう



古道頂上の唐戸峠です
ここから室生古道は山の中へ向かう



唐戸峠から榛原方面の眺めです


  クネクネの林道をくだってゆくと仏隆寺が見えてくる
今は、あの有名な千年桜も緑の中に埋まって、訪れる人も無く静寂な山郷に静かに佇んでいた


コメント (2)

伊吹山へ

2012年07月29日 | ツーリングレポート

伊吹山には 春から夏にかけてたくさんの美しい花が咲いてるらしい


7時に香芝ICから西名阪自動車道に乗って ~近畿道 ~吹田で名神高速へ入りタンタンと走る 97Km/H を超えるとハンドルに振動が出て不快感あり、最高速は130Kmに届かない

岐阜県の関ヶ原ICで降りて国道を3Kmほど走ると伊吹山ドライブウエイの入口
ここから17Kmのクネクネ道を上れば 標高1260mの駐車場である

超安全運転の車が一団の先頭にいるらしい、免許試験の一本橋を渡るようなスピードである、何かの修行のようだ、忍耐力の養成には効果がありそうだ

香芝から約3時間で標高1260mの駐車場へ到着



ここから1377mの山頂へはお花畑や風景を楽しみながら遊歩道を歩く、西遊歩道コースで山頂へ登り、東遊歩道コースで駐車場へ戻る、遊歩道の総距離は約2.5Km

残念ながら空には一面に雲がかかって周りの山々や遠景は殆ど見えない


遊歩道は 蟻の行列のようだ



少し登って振り返ると駐車場は雲で霞んでいた



右上に頂上の建物が見えます






低木や草花の向こうに頂上の建物が見える
真ん中が 日本七高山霊場の一つ・大乗峰伊吹山寺、両脇は売店です

1377mの山頂に飲食や土産物の売店というのは、山頂の霊場とミスマッチのような気がしますが・・・・・・





お花が綺麗です



山頂からの眺め
お花畑の下には駐車場に停まっている車が小さく見えます

周りに山々があるはずですが雲に隠れてほとんど見えません



頂上には日本武尊(ヤマトタケルノミコト)様が立っておられました

その左には 「 伊吹山頂 1377m 」 の標識が立っている




山頂から緑の木々とお花畑の中の西遊歩道を1.5Km下る ~~ 駐車場が見えてきました


12時半頃までいてて山を下る


帰りは関ヶ原ICから名神高速に乗って ~草津JCTで新名神へ入る ~信楽ICで降りて ~得意の広域農道等々をあちこち ~治田ICから名阪国道に乗って針TRSへ戻る

少し休憩した後、雨がポツリポツリと降ってたが走り出す ちょっと走るとかなり降ってきたので高峰PAでカッパを着る ~天理料金所についたら雨はあがって路面も乾いていた


250ccのオフロードで382Km走行の 伊吹山お花見ツーリングでした








コメント (2)

浜島へ

2012年07月28日 | ツーリングレポート

今日も酷暑   バイク日和か?

3人で三重県志摩市の浜島へ走ってきた



針TRSを9時過ぎにスタート 名阪国道 ~伊賀市の友生IC ~県道や農道を通って ~R165号の青山トンネルを抜ける ~津市の白山庁舎前から松阪IC前 ~丹生大師前で小休憩 ~勢和多紀ICから伊勢自動車道に乗って玉城ICで降りてサニーロードを南へ




本日の昼食は お昼の日替わり定食 1,050円
『 網元の店 御食事処 八代 』 です

10年ほど前はよく行ってたのですが、この価格の定食が無くなったのでずっと行ってなかったのです。しかし、このメニューが復活したようです。

私には量が多すぎるのですが、普通に食べる人ならお勧めメニューだと思います・・・・八代の宣伝マンではありませんが、、、



昼食の後は、磯笛岬でゆっくり休憩

ここは何回も何回も来ているが、何回来ても飽きない景色です



今日はトライアンフとホンダVTRと一緒に走る










針TRSから浜島まで 途中ちょっとし休憩して3時間弱

帰りは高速に乗らずにR166号の高見トンネルを通って帰った、榛原の近鉄跨線橋のあたりで37℃の表示が出ていた

暑かったけど 快適コースでした

本日の走行距離は 357Km



コメント

夕焼け

2012年07月26日 | その他

夕方 SuperCubで走っていたら 西の空がちょっと色づいてきた

近くに適当な撮影場所は無い

千股池へ行くには時間がない、旭ヶ丘の奥・香芝市関屋の下池へ急いだ



  風景モードで撮影
現物はもう少し綺麗だったが・・・・



  夕日モードで撮影
明らかに赤く焼けすぎ、 メーカーもちょっとやりすぎか?


人間の目に見えたそのままに撮るのは大変難しいですねえ


カメラはCASIOのコンデジ、出かける時は必ず持って出ます、最近はカメラおやじになっちゃいました。



コメント (2)

愛東~日野

2012年07月25日 | ツーリングレポート

11時前に家を出て香芝ICから西名阪に乗る ~小倉ICで降りて広域農道等々で五月橋ICから名阪国道 ~治田ICで降りて県道等でウロウロと空いてる道を 滋賀県東近江市の道の駅あいとうマーガレットステーションへ

香芝から2時間20分ほどで到着


道の駅4階の展望台へ登る

  ふもとの田んぼを見れば
田園アートが、、、、稲の色を変えて 『 WE IOVE 平和 』 と造ってある
横に長くて全体が収まりません



  展望台から降りてひまわり畑へ
ひまわりの向こうに道の駅の建物


ガラガラの空いている日野東部広域農道からR477号を通って蔵王ダムから かもしか荘方面へ

 
途中の風景
近江米の田んぼが広がります


  
道路沿いには、あちこちに美しい花が植えられている


広域農道から国道へ出て東へ向かうと、蔵王ダムの少し手前の交差点=日野町の音羽交差点=に 「綿向山ガイドマップ」と【 わたむきグリーンロード 】や 【 西明禅寺 】 の看板があった



いたちさんから頂いた情報の 「何ちゃらロード」 はこの道だったのか! 

わたむきグリーンロードへ入って行く、 約3.8Kmで突き当りに西明禅寺があった
ちょっと お寺参り して行こう



山門です
なかなか立派なお寺のようだ



茅葺の本堂
歴史と荘厳さが感じられる



鐘楼も風格がある



寺の隣には蓮台野石仏群



山門の少し手前を左折すれば、わたむきグリーンロードは永源寺・八日市へと続いてるようだ
しかし、細い山道らしい  今回はパスしよう


蔵王ダムからかもしか荘前を通ってR1号へ入り ~ウロウロ ~うろうろと名阪国道に乗らずに 針TRSを目指す


  伊賀市島ヶ原の 「やぶっちゃ」 近くにて
なかなかいい風景だったのでパチリと一枚撮ったが、写真写りがイマイチ、現地の方が良いようです



やっぱり帰りもバイクのメッカ・針TRSへ寄る


納車後 34日で 走行距離は 1508Kmになりました。








コメント (2)

明日香の里

2012年07月23日 | ツーリングレポート

今日も暑い日が続きます、明日香の里へ行けば少しでも涼しそうな景色があるかも? とSuperCubでカメラを背負ってウロウロ徘徊


15時頃に家を出て ~高田バイパスを必死に走る ~橿原神宮 ~近鉄橿原神宮駅前から東へ向かい ~甘樫丘近くへ


  甘樫丘近くの飛鳥川沿いより


  祝戸地区公園の展望台より
耳成山や香久山等々 夏霞?がかかってますが素晴らしい眺めです


  祝戸地区公園の展望台より
稲渕の棚田です


奥明日香の入谷地区へ

  大仁保神社より
この神社は、入谷地区の一番奥で一番高い場所にある建物(だと思う)です
ここから奥は山道で、龍在峠へ向かう古道です



  入谷地区の古道小峠入口付近より


  入谷地区の古道小峠入口付近より
かなり山奥まで棚田が続きます



石舞台まで戻ってきたら 空がやや色づいてきたので、ひょっとしたら真っ赤になるかもしれないと期待してしばらく待っていたが、、、、やっぱりダメでした



  後方右の山は二上山



  古宮遺跡は石舞台より、もうちょっといい感じになっていました

  
夕焼けの下には畝傍山



迷子にならず無事帰宅、時刻は7時半を過ぎていました。

 いい景色を見ても暑い時期はやっぱり暑いですね


コメント (4)

大磨崖仏

2012年07月22日 | ツーリングレポート

所によっては大雨の予報  でも、香芝は陽が射している

とりあえず 針TRSへ 「出勤 」 する



9時半頃の針TRSです
好天の日曜日なら溢れるほどのバイクだが、今日の天候ではやっぱり少ないですね


針TRSに居ててもしかたがないので軽く走りに行く
名阪国道の小倉ICで降りて 広域農道「やまなみロード」 で宇陀市室生の大野寺へ向かう
この道は信号も無く、車も少なく、適当なカーブがあって快適な道路です




大磨崖仏

高さ14mの弥勒菩薩像で、1209年に彫られたらしい
写真ではほとんど解かりません、肉眼でもよく解かりません



 宇陀川を挟んで大野寺の対岸に立っている
 

  大野寺の山門
苔むした石垣に白い塀が美しい
しだれ桜で有名ですが、今は時期はずれでひっそりしています


近くの道の駅=宇陀路室生で少し休憩して13時頃に帰宅

110余Kmのショートツーリングでした






大雨に逢ったら嫌なので早く帰ったが、空を見れば雨は当分大丈夫のような感じである、家に居てて電気を使ったら申し訳ない???

・・・・・ で、 二上山へ登ろう



登り始めて10分も経たないうちに汗だく まるで大雨に逢ったようだ、だけど 500m級の山でも緑の中は気持ちいい


  空は曇天で下界の景色は霞んでいた

2時間半、10,181歩の山歩き



午前はバイクを楽しんで、午後は健康増進の山歩き、夕食には庶民派のサイフに優しい発泡酒で充実の一日でした


コメント (6)

2012年07月21日 | 車でお散歩

雨空の午後、雨は一旦お休み

 藤原宮跡の蓮は美しい花を見せているようだ



  左後方に耳成山



雨上がりで、花にも葉っぱにも水滴が残っている












  後方には畝傍山、寂しい景色です
694年から710年まで、持統天皇~文武天皇~元明天皇の16年間、短く儚い都でした








コメント

ひまわり

2012年07月19日 | ツーリングレポート

葛城市山田のひまわりを見てきました。

暑い夏に黄色いひまわりはピッタリの感じがします。



  みんな同じ方向を向いています、名前の通り太陽の方を向いていた

山麓線の山田交差点のそぱ
 休耕田に植えられているようです








この暑い中 ハチも一生懸命に働いている



かなりお疲れのようです







    オマケ
ひまわりに何の関係もありません、山麓公園から橿原方面の眺めです




コメント