Bike&SlowLife

バイクとカメラを愛し、自然を愛し・美しい風景を愛して、ゆっくり生きてる奈良県に住むおじさんの雑記帳です。

山の辺の道

2013年12月31日 | その他
檜原神社から大神神社方面へ、山の辺の道を往復2Kmほど歩いてきました。


2013年も間もなく過ぎ去ろうとしている午後のひと時、男女のペアや帰族連れなども歩いていたが、訪れる人は少なく、何だかちょっと寂しそうな雰囲気も漂っていた



檜原神社




玄賓庵(げんぴあん)
石畳の道と石積みに白い塀がイイ感じです




路傍の石仏









耳成山と畝傍山が見えます、手前の池は井寺池



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れ時の大神神社

2013年12月30日 | その他

今日も大神神社

神社の大鳥居がライトアップされている、、、とカメ友に聞いたので、15時半頃から大神神社へ向かう



今年もあと二日残すのみ、神社の参道には露店がびっしり設営されている、奥の駐車場には入れない、 JR桜井線手前の駐車場に車を停めて歩く






少し暗くなりだした砂利の参道

           





大美和の杜展望台へ行って、ライトアップされた大鳥居を撮ろうと待つ





二上山の方がちょっと焼けていい感じになったが、、、、



中央に大鳥居が写ってるのですが、、、、
ライトは展望台の反対側から当たっていて大鳥居は良くわからない、残念、




帰りに拝殿へ寄ったが、こんな時間に誰もいません


師走の忙しい時、忙しくない私は、いったい何をしてるのでしょうかねえ ???





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大神神社

2013年12月29日 | その他

例年の “ 末詣で ” 

午後2時過ぎに行ったが、一番近くの駐車場は満杯で6台待ちの状態
ガードマンの方が 「午前中はもっと混んでいた、午後から車も少なくなってきた」 と言ってました





神社は既に新年






拝殿の右には、スラッ~と鼻筋の通った “ いい男? ”  それとも “ いい女?” 








すぐ近くの 「大美和の杜展望台」 からの眺めです

大神神社の大鳥居・大和三山・二上山などの景色が広がる、振り返れば大神神社の御神体である三輪山が目の前に見える


時々陽が射したり、雪が降ったりの寒い “ 末詣で ” でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の宮奥

2013年12月28日 | 車でお散歩

パソコンで天気予報を見たら最高気温は5℃

この寒さではバイクはキツイ、やっぱり車でヌクヌクと走る


明日香村 ~藤原宮跡 ~R166号 ~女寄トンネル ~道の駅宇陀路大宇陀 ~R370号へ入り ~宮奥ダムへ






明日香の石舞台
二上山が見えているが、すぐに雪雲で見えなくなった




宮奥ダムに近づくと急に雪景色、道路の両側は雪雪雪



ダムの堰堤より東方を望む






ダムの西側です






写真を撮っていたら、チラホラの雪が急に吹雪のようになってきて、視界は急速に悪くなる、ゆっくりしてたら帰れなくなる、タイヤは普通の安物だ、急いで坂を下りて国道へ戻る


帰りの女寄トンネル脇には 0℃の表示が出ていた



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モアイ

2013年12月27日 | その他

モアイさんに逢ってきました

イースター島へ行ったわけではありません、モアイさんは奈良県の天理市役所におられるのです。


        

          
          相当大きな顔だ
         正面からより、ちょっと横顔の方が美形である





このモアイ像は大阪万博の時、チリ館の玄関前に置かれていた、

その後、昭和60(1985)年に天理市庁舎が完成し、天理市がチリのラ・セレナ市と姉妹都市提携を結んでいたので、チリ政府から市庁舎落成と、この年に開催されたわかくさ国体開催の記念として、このモアイ像が贈られたそうです。










帰りに石上神宮へ寄ったら、隣に “ ふわふわの踏跡のない落ち葉の絨毯 “ があったので撮ってみました



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四郷串柿の里

2013年12月25日 | ツーリングレポート

和歌山県伊都郡かつらぎ町の “ 四郷串柿の里 ” へ


香芝から山麓線~広域農道で、 葛城 ~御所 ~五條 ~橋本市へ、 御幸辻でR371号を横切り かつらぎ町へ ~R480号へ入り 串柿の里へ



これらの山のあちこちに、広口・滝・東谷・平 の4地区 ⇒ 四郷の里 が点在している



くねくね曲がったR480号を登って行く ~峠頂上の 鍋谷峠へ着いた、 気温1℃の表示

三国山への表示があったので林道へ入る



2Km程入ったら雪、雪は凍ってカチカチになってる、滑ってコケそうなので引き返す




R480号より
こんな山の中にも民家がある



ここまで来たら、三重の滝を見て帰らなくちゃあ


国道から外れて狭い山道に入る



       



       


あちこちに残り柿がたくさん



       
       年末の三重の滝




水面に映る残り紅葉が美しい


好天で穏やかな日だったが、16時を過ぎるとやっぱり寒くなってきた




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巨大絵馬

2013年12月24日 | その他

今年も残り少なくなりました

恒例の “ 末詣で ”  橿原神宮へ行って来た




高さ 4.5m  幅 5.4m  で 畳14枚分の大きさとのこと 



   
   右側には 「 紀元2673年 」 と書かれている



拝殿の右にあるのが絵馬です、比べてみれば大きい


   
   神宮より、こっちの方がありがたいかも ???



まだ散らずに残っていた


末詣での参拝客は少なかったが、ほとんどの人が巨大絵馬を撮っていました










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古の都 夕景

2013年12月23日 | 夕景・朝景

ひょっとしたら今日の夕空は焼けるかも ? と期待して大和三山の見える桜井市の高台へ向かう



耳成山・畝傍山・香久山の大和三山が見えている






右端に箸墓古墳



左端に大神神社の大鳥居



夕陽は黒い雲の向こうに隠れて、ほんの少しだけ夕空を染めて沈んでしまいました


街には明かりが灯り始め、古の都・藤原京跡はしんしんと寒い夜に覆われてゆきます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あべのハルカス遠望

2013年12月23日 | その他

朝、布団の中でラジオを聴いていたら、東京タワーが本日開業55周年を迎えたらしい

昭和33年に完成、高度経済成長の始まる時期か? 当時は日本一の高さ


・・・ で、超高層ビルの 「あべのハルカス」 を見に行こうと思った。 天気は良好、明石海峡大橋も見えるかも?? と、十三峠へ向かう

大阪府八尾市と奈良県平群町の境界あたりだ



信貴生駒スカイライン
左手に十三峠展望台がある、大阪平野一望、六甲の山並みから明石海峡も見えている、でも残念ながら景色はボヤ~としている




ちょっと大阪側へ下った水吞地蔵より
中央に明石海峡が見えている、だが明石海峡大橋は見えない



右の高いビルがあべのハルカス
赤い橋は 港大橋 でしょうか? 後方に六甲の山並みも明石海峡も見えています


         
水呑地蔵横の石仏はいつもきれいな花が供えられて手入れされている





信貴山から十三峠へ向かう広域農道より


この十三峠へは何回も通ってるけど、スカッときれいに撮れる天候に巡り逢えたことが一回もありません 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も柿

2013年12月22日 | 車でお散歩

バイクに乗る元気が出ない   
       冬至の寒い中、今日も山添の残り柿へ

名阪国道・高峰のちょっと東、桜橋で3℃の表示、車でヌクヌクと東へ向かう






    


          



枝ぶりの整ったいい木ですが実がちょっとしかない、残念です








          


一本杉のある風景

柿と何の関係もありませんが “ 一本杉 ” といえば 春日八郎さんの 「別れの一本杉」 を思い出します

高野公男・作詞/船村徹・作曲  昭和30年代に大ヒットした歌です

作詞した 高野公男さんは26歳の若さで亡くなったそうです、死因は肺結核、当時は不治の病だったのでしょうか

寒空に立つ一本杉、、、、悲しい歌詞、無念だったろう高野さん ・・・・ を想います





コメント
この記事をはてなブックマークに追加