森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【Bloomberg】 7月17日08:44分、""世界経済の一段の下振れに政策当局者は備えを-IMF””

2019-07-17 12:33:09 | 世界の組織・機関(G7・G20、IMF、国連、OECD、世界銀行、WHO…)

(Commuters walk past the JP Morgan, left, and Thomson Reuters Corp., right)

 

 

   ① ""世界経済の一段の下振れに政策当局者は備えを-IMF””

         
   2019年7月17日 8:44 JST        
  • 世界経済は依然として低迷、投資と貿易が振るわずとリプトン氏            
  • IMFは最新の世界経済見通しをあと1週間程度で公表へ            
Commuters walk past the JP Morgan, left, and Thomson Reuters Corp., right, buildings illuminated at night in the Canary Wharf business, financial and shopping district of London, U.K., on Wednesday, Oct. 28, 2015. In its monthly consumer confidence index, GfK said a measure of Britons' outlook for the economy over the next 12 months dropped to minus 4 in October, the lowest reading this year.                
 
Commuters walk past the JP Morgan, left, and Thomson Reuters Corp., right, buildings illuminated at night in the Canary Wharf business, financial and shopping district of London, U.K., on Wednesday, Oct. 28, 2015. In its monthly consumer confidence index, GfK said a measure of Britons' outlook for the economy over the next 12 months dropped to minus 4 in October, the lowest reading this year.
Photographer: Simon Dawson
 
Photographer: Simon Dawson
    

👤  国際通貨基金(IMF)のリプトン専務理事代行は16日、貿易戦争によって既に成長鈍化に見舞われている世界経済が一段と下振れする場合に備え、各国・地域の中央銀行当局者や他の政策当局者に一層の刺激策を準備するよう促した。

 リプトン氏はブルームバーグテレビジョンのトム・キーン司会者らとのインタビューで、「大幅な景気鈍化に備えて」、誰もが自国の経済データなどの状況に基づいて、「一段と力強く対応する準備をする必要がある」と述べた。

 

(デービッド・リプトン氏 Photographer: Christophe Morin/Bloomberg)

 

 

  また同氏は、「われわれは依然として、世界経済が低迷しているとみている。投資は鈍く、特に貿易の伸びが振るわない」と発言。「全体を見れば、この低調な伸びに対応することが必要だと懸念を抱かざるを得ない」と語った。

IMFは4月の世界経済見通し(WEO)で2019年の世界成長率予測を0.2ポイント下方修正し3.3%とした。20年には3.6%に回復すると予想した。

 
  リプトン氏は、「われわれの基本予想は、19年については低い伸びで20年に若干回復するというもの」であり、「ゼロ成長」やリセッション(景気後退)ではないと述べ、「第1のルールはリセッション回避のため害を及ぼさないことであり、全ての政策当局者がデータを重視した形で事態に対応すべきだというのが第2のルールだ」と説明した。
 
 同氏はまた、IMFがあと1週間程度で最新のWEO(世界経済見通し)を公表すると述べた。

 原題:IMF Urges Policy Makers to Be Ready for Steeper Global Slowdown(抜粋)

 

 

 

 

コメント

【nhk news web】 6月4日23:23分、福岡 車6台関係の事故

2019-06-05 07:32:40 | 世界の組織・機関(G7・G20、IMF、国連、OECD、世界銀行、WHO…)

(福岡 車6台関係の事故)

 

① ""福岡 車6台関係の事故 2台が歩道に 高齢の男女が死亡""

 4日午後7時すぎ、福岡市早良区百道の通称「明治通り」の早良口交差点やその近くで乗用車など6台が関係する事故がありました。警察によりますと、この事故で乗用車に乗っていた高齢の男女2人が死亡し、6人がけがをしました。

消防によりますと、けがをしたのは10代女性が1人、30代男性が2人、40代男性と女性が1人ずつ、それに50代男性が1人だということです。けがの程度は分かっていません。

NHKが取材した現場の映像には、事故に関係したと見られる車3台が映っていて、このうち2台が歩道に乗り上げ、1台はひっくり返り、別の1台はフロント部分が大きく壊れています。もう1台はボンネットが壊れて近くの車道に止まっています。

警察のこれまでの調べによりますと、高齢の男女2人が乗っていた乗用車が、交差点に向かって南から北に走っていたところ、交差点の手前で別の車に衝突し、その後もセンターラインを越えて走り続け、交差点や付近で、別の車4台が巻き込まれたとみられています。

警察は、死亡した2人の身元の確認を急ぐとともに、さらに詳しい状況や事故の原因を調べています。現場は地下鉄空港線の藤崎駅から西に100メートルほどのマンションや飲食店などが建ち並ぶところです。

事故を目撃した人は

事故を目撃したという女性は、「ものすごい音がして車がぶつかり、横転して吹き飛ぶような様子だった。男性の『助けてくれ』という声が聞こえた。運転手の1人とみられる男性は意識がないような状態で救急隊に運ばれていた」と話していました。
 
事故現場で救助活動にあたったという女性は、「車の中に閉じ込められた人がいたので、他の人と一緒に引っ張って救助しました。事故の時は大きな音がして周囲は異常な雰囲気でしたが、近くの男性が『急いで!』と言っていたので、周りの人と一緒に車を持ち上げ、思ったよりも早く持ち上がりました。一瞬、心臓が止まると思うくらい驚きましたが、とにかく助けないとと思い、気が付いたら車のほうに走っていました」と話していました。

事故に巻き込まれた男性は

軽自動車を運転していて事故に巻き込まれたという男性は「中央線をはみ出した乗用車が追い抜くように近づいて来たので、慌ててハンドルを切ったが、ミラーがぶつかった。相手の車はブレーキを踏んだような感じはなく、ぶつかった後も加速しているように見えた」と話していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

【nhk news web】 5月26日10:43分、""世界のATM台数 初めて減少 キャッシュレスが広がる""

2019-05-26 12:55:15 | 世界の組織・機関(G7・G20、IMF、国連、OECD、世界銀行、WHO…)

(世界のATM台数 初めて減少)

 

① ""世界のATM台数 初めて減少 キャッシュレスが広がる""

    イギリスの調査会社RBRによりますと、世界のATMの台数は、去年末の時点で324万台で、おととしよりおよそ1%減り、初めて減少に転じました。
これはATMの台数が最も多い中国でスマートフォンを使ったキャッシュレス決済が普及し、現金の需要が減ったことや、2番目に多いアメリカで銀行の支店の統廃合が進んだことが主な要因です。

🗾 また、台数で世界4位の日本でも去年は20万2300台と、おととしより500台減り、この10年間で初めて減少したということです。
経済成長が続く東南アジアやアフリカなどではATMは増えていますが、主要国での減少の影響が大きいため、今後も世界全体の台数は減少傾向が続く見通しだとしています。

ATMは、1970年代にアメリカで普及が始まり、世界各国に広がってきましたが、インターネットやスマホの普及でその役割が転機を迎えているとも言えそうです。

 

※ キャッシュレス時代でも良いですが、ただし、キャッシュ<資産は、なるべく多く保有していたいです。(笑)

 

 

 

 

 

コメント

【ロイター】 5月21日18:27分、""OECD、19年世界成長率を3.2%に下方修正 米中関税合戦などで""

2019-05-21 21:07:57 | 世界の組織・機関(G7・G20、IMF、国連、OECD、世界銀行、WHO…)

① ""OECD、19年世界成長率を3.2%に下方修正 米中関税合戦などで""

 2019年5月21日 /  18:27 / 2時間前更新
コメント

【nhk news web】 5月12日04:08分、""NPT会合 合意なく閉会 再検討会議へ隔たり縮められるか""

2019-05-12 08:58:21 | 世界の組織・機関(G7・G20、IMF、国連、OECD、世界銀行、WHO…)

(NPT会合)

 

① ""NPT会合 合意なく閉会 再検討会議へ隔たり縮められるか""

 ニューヨークの国連本部では、NPT=核拡散防止条約に加盟しているおよそ190か国が参加して、2週間にわたって会合が開かれました。


しかし、アメリカとロシアが激しく対立したほか、核兵器を持つ国々と持たない国々の間では核軍縮の進め方をめぐって意見の隔たりが埋まらず、会合は合意文書を採択できずに10日(日本時間11日)、閉会しました。


こうした中、来年には、世界の核軍縮の大きな方向性を決める5年に1度のNPT再検討会議が控えています。


会議の議長に内定しているアルゼンチンのグロッシ大使はNHKのインタビューに応じ、今回の結果について、「確かに多くの分裂が生じていると言わざるをえない」と述べました。


そのうえで、グロッシ大使は「どの国も来年の会議を失敗させてはいけないと考えている。そのことが各国から、合意につながる政治的な意思を引き出す助けになる」と述べ、各国の立場の隔たりを少しでも縮め、合意形成を図ることに努力する考えを強調しました。

 政治的利害と思惑が複雑に絡んで、残念ながら解決の糸口もないのが実情です。

だと言って、現在の核保有国だけでなく北朝鮮、イラン、隠れ開発国イスラエル、インド、パキスタン等々の核兵器開発の動きを抑止しないとリスクがどんどん高まるばかりなのですが…。

※ NPT=Nuclear Non‐Proliferation Treaty

 

 

 

 

コメント