森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【ロイター】 1月29日10:27分、""統計委員会に新たな部会設定、厚労省の新たな不正を受け=官房長官 ""

2019-01-29 11:28:59 | 総務省;組織と機能…

(菅義偉官房長官)




① ""統計委員会に新たな部会設定、厚労省の新たな不正を受け=官房長官 ""

2019/01/29 、10:27

[東京 29日 ロイター]

- 菅義偉官房長官は29日閣議後の会見で「総務省において政府の統計委員会に新たな専門部会を設定し、再発防止と統計制度の向上を目指した検証を行っていきたい」との考えを示した。

厚生労働省で新たに統計の不適切調査が判明したことについて、官房長官は極めて遺憾と述べた。一方、総務省は前日、新たに厚労省所管の「賃金構造基本統計」でも、計画と異なる不適切な調査手法をとっていたと発表した。

(中川泉)

コメント

【hazard lab】 1月23日17:01分、""SoftBankの大規模通信障害 総務省が指導「2018年に3回事故発生していた」""

2019-01-24 18:35:43 | 総務省;組織と機能…

(総務省の指導文書)




① ""SoftBankの大規模通信障害 総務省が指導「2018年に3回事故発生していた」""

 2019年01月23日 17時01分

昨年12月、ソフトバンクの携帯電話サービスを利用する約3060万人に影響を及ぼした通信障害事故に対して、総務省は23日、電気通信事業法にもとづいて文書で指導した。

 この事故は昨年12月6日午後1時39分から午後6時4分にかけての4時間25分間にわたって、全国のソフトバンクやワイモバイルの携帯電話サービス3060万回線が利用できなくなったり、利用しづらい状態に陥ったもの。

 事故発生後に同社から報告書を受け取った総務省は今月17日、「電気通信事故検証会議」で事故内容を検証。同社が昨年1年間でこの事故を含めて3回の重大事故を発生させていることなどを踏まえ、同じような事故が今後も発生した場合、緊急災害時のライフラインに関する情報提供などに支障をきたすとして、再発防止のための十分な措置をとるよう文書で指導した。

 具体的には、事故発生時や復旧作業に関する連絡体制の構築のほか、サービス利用者への情報提供の方法に関する改善策について早急に検討し、この春までに報告するよう指示したという。

※ 最先端の通信事業会社で優良会社だとイメージを持っていましたが、CMと孫社長の
  プレゼンスで過大評価していたようです。


コメント

【NHK NEWS WEB】 1月10日20:18分、""総務省「消費動向指数」でもデータ誤り 公表見送り修正""

2019-01-10 21:13:26 | 総務省;組織と機能…

(総務省)




① ""総務省「消費動向指数」でもデータ誤り 公表見送り修正""

2019年1月10日 20時18分

厚生労働省で不適切な統計調査が明らかになる中、総務省の「消費動向指数」でもデータの一部に誤りがあったことが分かり、総務省では11日予定していた公表を見送るとともに、指数の修正作業を行うことになりました。

総務省によりますと、9日「消費動向指数」の算出のために単身世帯の調査を委託している業者から、データの一部に誤りがあったと連絡がありました。

去年4月に年度が切り替わった際、およそ2400人の調査対象者の年齢を更新すべきだったのに、プログラムのミスで更新していなかったということです。この指数では、若い人や高齢者など世代ごとの特徴的な消費の傾向などを補正するために、年齢の情報を使っていることから、結果に影響が出る可能性があるとしています。

このため総務省では、11日予定していた最新の結果の公表を見送るとともに、去年4月以降の指数について修正作業を行うとしています。

ただ「消費動向指数」は、特に重要な統計として位置づけられる「基幹統計」には該当せず、総務省は、来年度予算案や政府のほかの統計への影響はないとしています。

総務省は、「チェック体制を再点検し、再発防止を徹底していきます」とコメントしています。
コメント

【ロイター】 8月28日19:36分、""総務省が中古端末のSIMロック解除義務付け、来年9月から""

2018-08-28 20:18:29 | 総務省;組織と機能…

(中古携帯)




① ""総務省が中古端末のSIMロック解除義務付け、来年9月から""

   テクノロジー 2018年8月28日 / 19:36 / 28分前更新


② [東京 28日 ロイター] - 総務省は28日、スマートフォンを契約した携帯電話会社以外で使えないようにする「SIMロック」について、中古端末でも解除に応じるよう携帯電話会社に義務付けることを決めた。関係ガイドラインを改正し、来年9月1日から実施する。SIMロックを解除することで中古端末の流通に弾みをつけ、安くスマホを利用できる環境を整える。

SIMロックの解除や端末購入補助の適正化に関するルールを定めた「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を28日付で改正した。

これまで中古端末はSIMロック解除の対象となっていなかったため、消費者は中古端末を自由に選ぶことができず、これが通信料の安いMVNO(仮想移動体通信事業者)普及を妨げる要因のひとつになっていた。中古端末のSIMロックが解除されれば、消費者は中古端末と通信サービスを自由に組み合わせることが可能となり、MVNOを含めた携帯電話会社間の競争促進も期待できる。

志田義寧

 
 ※ ユーザーにとっては良い話し。どの位やすくできるのだろうか?
新型機を追っている自分には中古市場の規模や動きは、恥ずかしながら
  ほとんど無知です。
コメント