森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【nhk news web】 4月10日21:15分、""桜田五輪相 首相に辞表提出し受理「被災者傷つけた」""

2019-04-10 22:23:00 | 政党・議員の光と影;進歩・改革vS.犯罪と不祥事の記録

(桜田五輪相)




① ""桜田五輪相 首相に辞表提出し受理「被災者傷つけた」""

2019年4月10日 21時15分

桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、岩手県出身で自民党の高橋比奈子衆議院議員のパーティーで、「復興以上に大事なのが高橋議員だ」と述べました。桜田大臣は、「被災者の気持ちを傷つけた責任を取りたい」として、安倍総理大臣に辞表を提出し、受理されました。

桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、10日午後7時前、東京都内で、衆議院比例代表東北ブロック選出で、岩手県出身の自民党の高橋比奈子議員のパーティーに出席し、「復興以上に大事なのが高橋さんだ」などと述べました。

この発言を受け、桜田大臣は、10日午後8時半すぎに総理大臣官邸を訪れて東日本大震災の被災者を傷つける発言で、責任をとりたいとして、安倍総理大臣に辞表を提出し、受理されました。

桜田氏は衆議院千葉8区選出の当選7回で、69歳。千葉県議会議員などを経て、平成8年の衆議院選挙で初当選しました。

内閣府副大臣や文部科学副大臣などを歴任し、去年10月に発足した第4次安倍改造内閣で、初めて入閣しました。

しかし、就任以来、国会での発言を撤回したり、委員会に遅刻したりするなど、野党側から相次いで批判を受けていました。

先月も、地元の会合で、東日本大震災の被害について、「国道交通網と高速道路が健全に動いていた」と述べ、事実と異なっていたとして、国会で陳謝し発言を撤回しました。

★首相「発言を深くおわび」

(安倍総理大臣)




  安倍総理大臣は、10日夜、桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣の辞表を受理したあと記者団に対し、総理大臣として東日本大震災の被災地の人たちにおわびしたいとしたうえで、今後も東北の復興に全力を尽くす考えを強調しました。

安倍総理大臣は、桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣と総理大臣官邸で面会したあと、記者団に対し、「先ほど桜田大臣から、『東日本大震災の被災地の皆さんの気持ちを傷つける発言をしたため辞任したい』と申し出があり、受理した」と述べました。

そのうえで、「被災地の皆様の気持ちに寄り添いながら復興に全力を傾けていくのは安倍政権の揺るぎない方針だ。総理大臣として、発言を深くおわび申し上げたい」と述べました。

そして、安倍総理大臣は、「任命責任は、もとより総理大臣の私にある。後任は行政に遅滞をもたらすことがないよう速やかに決定したい。すべての大臣が復興大臣であるとの認識を再確認し、今後も東北の復興に全力を傾けていきたい」と述べました。


★立民 枝野氏「辞任は当然」

立憲民主党の枝野代表は、10日夜、東京都内で記者団に対し、「桜田大臣の辞任は当然のことだ。被災地の皆さんや、復興のために尽力している全国の皆さんを傷つける、信じられないような発言だ。これまで、政治姿勢や見識について、幾度となく、『問題がある』と指摘されながらかばい続けてきた安倍総理大臣の責任が問われる。それだけの重大な事態だ」と述べました。


★国民 玉木氏「首相の任命責任も厳しく問われる」

国民民主党の玉木代表は、10日夜、東京都内で記者団に対し、「たび重なる失言で、開いた口がふさがらない。被災地を軽視する大臣に、『復興五輪』を任せるわけにはいかないので、辞任は当然だ。桜田大臣をかばい続けてきた、安倍総理の任命責任も、厳しく問われる」と述べました。
そのうえで、玉木氏は、「『全員が復興大臣だと思ってやってくれ』と、安倍総理大臣は言っているが、オリンピックという華やかな光の影で、被災地がより風化していることに問題意識を持つ大臣が、少なくなってきている。今回の発言は、桜田大臣だけではなく、安倍政権全体の、復興に対する姿勢を示している」と述べました。


★共産 小池氏「暴言中の暴言」

共産党の小池書記局長は、NHKの取材に対し、「被災者の思いを踏みにじる、暴言中の暴言だ。桜田大臣は、何度も失言で済まされない発言が続いていた。任命した安倍総理大臣の責任が問われる」と述べました。

 ※ 野党は桜田氏の議員辞職を求めないのでしょうか?
 
コメント

【nhk news web】 4月10日20:48分、""桜田五輪相 「復興以上に大事なのが議員」と発言""

2019-04-10 22:00:18 | 政党・議員の光と影;進歩・改革vS.犯罪と不祥事の記録

(桜田五輪相)




① ""桜田五輪相 「復興以上に大事なのが議員」と発言""

2019年4月10日 20時48分


桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、衆議院比例代表東北ブロック選出の自民党の高橋比奈子議員のパーティーで「復興以上に大事なのが高橋議員だ」と述べました。東日本大震災からの復興は安倍内閣が最重要課題としていて、発言には批判が出ることが予想されます。

桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は10日夜、東京都内で、衆議院比例代表東北ブロック選出で、岩手県出身の自民党の高橋比奈子議員のパーティーに出席し、あいさつしました。

この中で桜田大臣は「東京オリンピックは来年で、世界中の人が日本に来る。東日本大震災ということで、岩手県にも世界中の人が行くと思うので、おもてなしの心を持って復興に協力していただければありがたい。そして、復興以上に大事なのが高橋さんなので、よろしくどうぞお願いします」と述べました。

また桜田大臣は、先に競泳の池江璃花子選手が「白血病」と診断されたことをめぐり「がっかりしている」などと述べ、批判を受けたことを念頭に、「私にとって、『がっかり』ということばは禁句だ。いろいろ言われて、もうこりごりしている」と述べました。

東日本大震災からの復興は、安倍総理大臣が内閣の最重要課題だとしていて、発言には批判が出ることが予想されます。

東日本大震災をめぐっては、おととし、今村元復興大臣が「東北のほうだったからよかった」などと述べ、被災者を傷つける発言をした責任を取りたいとして、辞任しています。
コメント

【msn/共同通信社】 11月17日05:30分、""桜田五輪相「PC不使用」に衝撃 海外メディアが相次ぎ報道 ""

2018-11-17 23:06:39 | 政党・議員の光と影;進歩・改革vS.犯罪と不祥事の記録

(© KYODONEWS 衆院内閣委で答弁する桜田五輪相。右は片山地方創生相=14日 )




① ""桜田五輪相「PC不使用」に衝撃 海外メディアが相次ぎ報道 ""

共同通信社 2018/11/17 05:30

【ニューヨーク共同】日本政府でサイバーセキュリティー担当を兼務する桜田義孝五輪相が日常的にパソコンを使用していないと明らかにしたことについて、海外メディアは16日までに相次いで報道した。サイバー対策の責任者がパソコンを使わないことが驚きを持って受け止められている。

 16日付の米紙ニューヨーク・タイムズは「桜田氏はUSBが何かすら理解していないようだ」と資質を疑問視。英紙ガーディアン電子版の記事は「ハッカーが桜田氏を標的にしても何の情報も盗めない。最強のセキュリティーかもしれない」と痛烈に皮肉るネット上の意見を紹介した。

🌊🌊 日本のサイバー攻撃に対する脆弱性については、これまで何度も書いてきました。
   この桜田五輪相のサイバーセキュリティー担当には唖然としてコメントを書く気分
   にさえなりませんでした。どこをどう押せば、こんな愚策が出て来るのか、自民党の
   劣化もここに極まれりです。
    しかし、いくら在庫一掃セール内閣と言っても片山地方創生相共々、悪い冗談どころ   か、日本と日本国民にとっては悪夢/nightmareのような結果になるでしょう。

コメント

【msn/文春オンライン】 10月18日分、""片山さつき地方創生担当大臣に100万円国税口利き疑惑 - 「週刊文春」編集部""

2018-10-18 10:40:51 | 政党・議員の光と影;進歩・改革vS.犯罪と不祥事の記録

(片山さつき地方創生担当大臣)




① ""片山さつき地方創生担当大臣に100万円国税口利き疑惑 - 「週刊文春」編集部""

    2018年10月17日 16:00

10月に発足した安倍改造内閣で、唯一の女性閣僚となった片山さつき地方創生担当大臣(59)に古巣の財務省に対する口利き疑惑が浮上した。

【動画】初出張の鳥取で口利き疑惑を直撃

「2015年当時、私の会社に税務調査が入り、青色申告の承認が取り消されそうになっていました。何とかならないかと片山先生に相談したのは紛れもない事実です。そして片山事務所の秘書を通じ、私設秘書だった南村博二という男を紹介されました」
「週刊文春」取材班の再三の取材申し込みに、製造業を営むX氏が初めて重い口を開いた。
「南村氏に『とにかく青色申告取り消しだけは困るんです』と話すと、『大丈夫ですから、安心してください』などと言われ、税務調査の対応をお任せすることにしたのです。そして15年7月、指定された口座に100万円を振り込みました。これで片山先生が働きかけてくれると信じていました」

「週刊文春」取材班は、X氏宛ての「書類送付状」を独自に入手。この書類では“口利き”の対価として、100万円の支払いを求めている。日付は、〈15/07/01〉。差出人欄には〈議員名 参議院議員 片山さつき〉〈秘書名 秘書・税理士 南村博二〉とあり、議員会館の住所が記載されている。
 そして、書類の末尾には、こうあるのだ。
〈着手金100万円を、至急下記にお願い申し上げます。ご確認後、国税に手配させて頂きます〉
 片山事務所は次のように回答した。
「事務所にご質問の会社が税務調査を受けているようだとの連絡があり、当時の秘書が片山に相談し、知り合いの税理士である南村を紹介しました。南村税理士に聞いたところ、税理士報酬をもらった旨を知りました。事務所の認識では、南村氏は15年5月に私設秘書を退職しています」

 元特別国税調査官は疑問を呈する。
「今回のケースをみると、税務署に承認取り消しといわれた段階で、簡単に『任せてください』と100万円を受け取るのは詐欺的です。税理士の仕事とは到底いえません」
 X氏が語る。
「私は税理士の南村氏に仕事を依頼したのではなく、片山事務所から彼を紹介されただけで、片山先生にお願いしたと認識しております。わざわざ100万円を払って南村氏に頼む理由がありません」
 元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏が指摘する。
「疑惑の構図は、甘利明経済再生担当相(当時)のURをめぐる口利き疑惑に近く、あっせん利得処罰法違反の疑いがあります」
 10月18日(木)発売の「週刊文春」では、X氏の証言、上記の証拠文書を公開し、片山大臣の口利き疑惑について6ページにわたり報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年10月25日号)


コメント

【msn/共同通信社】 10月13日14:09分、""稲田朋美氏側に脱税企業が献金 3年分46万円、返還を検討""

2018-10-13 15:43:49 | 政党・議員の光と影;進歩・改革vS.犯罪と不祥事の記録

(© KYODONEWS 自民党の稲田朋美筆頭副幹事長 )




① ""稲田朋美氏側に脱税企業が献金 3年分46万円、返還を検討""

共同通信社 2018/10/13 14:09

自民党の稲田朋美筆頭副幹事長が代表を務める党福井県第1選挙区支部が、脱税事件で今年3月に有罪判決を受けた福井市の建設会社から、2014~16年に計46万円の献金を受けていたことが13日、同支部の政治資金収支報告書で分かった。

 稲田氏の事務所は取材に事件を知らなかったとし「献金は17年にも受け取っていた。いずれも返還を検討し今後も当面自粛したい」と説明した。

 収支報告書によると、建設会社は14年に22万円、15、16年に各12万円を支部に献金していた。17年分の収支報告書は、まだ公開されておらず同社の献金額は不明。
コメント