森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【cnn】 5月24日16:35分、""ホームレス生活の高校生、大学の奨学金3.3億円を獲得 米""

2019-05-25 22:51:50 | 人間の限界に挑戦する世界の人々、創意・工夫・努力が未来を拓く!

① ""ホームレス生活の高校生、大学の奨学金3.3億円を獲得 米""

(逆境にめげす勉学に打ち込み、巨額の奨学金を得たトゥパック・モズレーさん/Tupac Mosley)

 

  CNN) 米国でこのほど、父親を亡くしてホームレスになった高校生が、大学の奨学金計300万ドルあまり(約3億3000万円)を獲得する出来事があった。

テネシー州メンフィスの高校に通うトゥパック・モズレーさんは、各科目の成績評価の平均値「GPA」で4.3を維持し、学力テスト「ACT」のスコアで31を獲得。卒業式では総代として演説も任された。

獲得した奨学金は全部で十数件に上る。モズレーさんはCNNの取材に、「本当に名誉でありがたいこと」と話した。

当初は「学校のためにベストを尽くす」という気持ちから、個人的な目標として100万ドルという額を設定していた。だが、実際にオファーが舞い込み始め、「100万ドルを超えたくなった」という。

モズレーさんは「300万ドルももらえることは卒業まで知らなかった」と話す。

高校の校長によると、モズレーさんが苦境を言い訳にしたことはなく、常に笑顔を絶やさなかった。

一時はテント暮らしも経験したモズレーさん。成功したのは家族や友人、学校にかかわる全ての人のおかげだと話し、「皆が自分を支えてくれた」と語る。

9月からはテネシー州立大学に通い、電子工学を専攻する予定だ。「人生の大半をお金の心配をして過ごしてきたので、自分のやりたいことを4年間出来ると知って新鮮な気持ちになり、やる気があふれてきた」と話している。

   

 

 

 

コメント

【nhk news web】 4月20日10:50分、""世界初 全盲男性が小型ヨットで太平洋横断に成功""

2019-04-20 16:27:19 | 人間の限界に挑戦する世界の人々、創意・工夫・努力が未来を拓く!

(世界初 全盲男性が小型ヨットで太平洋横断に成功10:50)

 

① ""世界初 全盲男性が小型ヨットで太平洋横断に成功""

   太平洋横断に成功したのは、熊本県出身でアメリカ在住の全盲のセーラー、岩本光弘さん(52)と、仲間でアメリカ人のダグラス・スミスさん(55)の2人です。
2人は全長12メートルのヨット「ドリームウィーバー号」で、2月24日にアメリカのサンディエゴを出港し、スミスさんが伝える風向きなどの情報をもとに、岩本さんがかじと帆を操りながら無寄港でおよそ1万4000キロ離れたいわき市を目指していました。

    そして出発から55日目の20日午前9時すぎ、いわき市の小名浜港に到着しました。港では大勢の人が出迎え、2人が乗ったヨットが姿を見せると「おかえりなさい」の声とともに拍手がわき起こりました。


日本視覚障害者セーリング協会によりますと、全盲の人がヨットで太平洋横断に成功したのは世界初だということです。


岩本さんは生まれつき目に障害があり、高校生のときに全く見えなくなりました。およそ20年前からヨットを始め、6年前には、ニュースキャスターの辛坊治郎さんと太平洋横断を目指しましたが、そのときは船が浸水して失敗し、今回が再チャレンジでした。


岩本さんは、「成功してとてもうれしいです。天候が荒れてつらい時期もありましたが、あきらめない強い気持ちで乗り越えることができました。ありがとうございました」と笑顔で話していました。

コメント

【ロイター】 2月9日14:04分、""右腕のないスペインの大学生、レゴでロボットアーム製作""

2019-02-09 19:37:57 | 人間の限界に挑戦する世界の人々、創意・工夫・努力が未来を拓く!

()




① ""右腕のないスペインの大学生、レゴでロボットアーム製作""

2019年2月8日 / 14:04 / 1日前

Reuters Staff

[サン・クガ(スペイン) 7日 ロイター] -

アンドラ公国出身の右腕のない青年が、隣国スペインの大学で生物工学を学び、レゴのブロックでロボットアームを試作した。子どもの頃好きだったレゴが、初めて製作したアームの素材になった。

カタロニア国際大学に通う19歳のダビド・アギラルさんは、遺伝子の疾患で生まれつき右前腕部がなかった。そこに装着できる赤や黒のレゴで作ったロボットアームは、改良を重ねるうちに可動性が向上し、現在4作目。時々使用しているが、なくても生活には困らない。

「子どもの時、ほかの子の前に立つのが嫌だった。自分が人と違うのが分かっていたからだ。だが、やりたいことをあきらめる理由にはならなかった」とアギラルさん。「鏡に映った自分を、ほかの人と同じようにしたかった。2本の腕が欲しかった」と言う。

ユーチューブで公開している動画では、不可能なことなど何もなく、身体の障害は自分の妨げにはならないことを証明したいと話している。

卒業後の夢は、手頃な価格のアームを製作し必要な人に提供すること。「その人たちが、普通の人みたいに感じられるように。でも、普通とは一体何だろう」と笑った。



コメント

【NHK NEWS WEB】 1月6日18:15分、""最年少囲碁プロ棋士” 小4仲邑さん 井山五冠と対局""

2019-01-06 20:30:18 | 人間の限界に挑戦する世界の人々、創意・工夫・努力が未来を拓く!

()




① ""最年少囲碁プロ棋士” 小4仲邑さん 井山五冠と対局""

2019年1月6日 18時15分

囲碁のプロ棋士に史上最年少の10歳でなることが決まった大阪市の小学4年生、仲邑菫さんと、去年、国民栄誉賞を受賞した井山裕太五冠の公開対局が6日に行われ、井山五冠は「自分の同じころとは比べ物にならないくらい強いと思います」と仲邑さんの実力を高く評価しました。

大阪市の小学4年生、仲邑菫さん(9)は5日、日本棋院が開いた理事会で、トップ棋士を育成するために新たに設けられた「英才特別採用推薦棋士」に選ばれ、ことし4月1日に史上最年少の10歳0か月で囲碁のプロ棋士になることが決まりました。

6日、仲邑さんは大阪・東大阪市で開かれた囲碁の大会に参加し、去年の小学生の部の優勝者として、地元出身で去年、国民栄誉賞を受賞した井山裕太五冠と公開対局しました。

対局は、井山五冠が目標だという仲邑さんが序盤から積極的な攻め手を見せ、途中までは互角の展開となりましたが、170手まで打ったところで大会の終了時間になり、勝負は引き分けとなりました。

仲邑さんは「井山さんと対局できてうれしかったです」と話していました。

井山五冠は「終盤は優勢になったが、途中までは明らかに押されていて、非常に苦しい対局でした。9歳でこれだけ実力があるのはすごいことで、自分の同じころとは比べ物にならないくらい強いと思います。今後が楽しみです」と話していました。
コメント

【NHK NEWS WEB】 1月5日19:15分、""史上最年少の囲碁プロ棋士誕生へ 小学4年生 仲邑さん""

2019-01-05 22:39:09 | 人間の限界に挑戦する世界の人々、創意・工夫・努力が未来を拓く!

(小学4年生の仲邑菫(すみれ)さん/画像朝日新聞デジタル)




① ""史上最年少の囲碁プロ棋士誕生へ 小学4年生 仲邑さん""

2019年1月5日 19時15分

大阪市に住む小学4年生の仲邑菫(すみれ)さんが、ことし4月に史上最年少の10歳で囲碁のプロ棋士になることが決まりました。

日本棋院によりますと、大阪市に住む小学4年生の仲邑菫さん(9)は、5日に東京で開かれた理事会で「英才特別採用推薦棋士」に選ばれ、ことし4月1日からプロ棋士になることが正式に決まりました。

英才特別採用推薦棋士は、強豪国の中国や韓国勢に対抗できるトップ棋士を育成するため、日本棋院が新たに設けたもので、原則、小学生が対象で、選ばれるとプロ棋士になることができます。

仲邑さんは、これまでのアマチュア大会の成績などから推薦を受け、先月、井山裕太五冠や張栩名人ら6人のプロ棋士の審査を受けました。その結果、全員の賛成を得て、初の推薦棋士に選ばれました。

仲邑さんは、4月のプロ入りの時点では10歳0か月で、藤沢里菜女流三冠の11歳6か月を9年ぶりに更新し、史上最年少の囲碁のプロ棋士となります。

仲邑さんは3歳で囲碁を始め、7歳からは強豪国の韓国にもたびたび訪れ、囲碁を学んできました。

仲邑さんは「プロ棋士になれてうれしいです。世界で活躍できるようなプロになりたいです」と話しています。


🌸 父もプロ棋士の仲邑さん

仲邑菫さんは、大阪市に住む小学4年生です。仲邑さんは、父親がプロ棋士の仲邑信也九段で、3歳から囲碁を始め、アマチュアの大会で優勝するなど実績を積み重ねてきました。

さらに、7歳からは、強豪国の韓国にもたびたび訪れ、去年は韓国のプロ棋士からも指導を受けました。

仲邑さんが選ばれた「英才特別採用推薦棋士」は、強豪国の中国勢や韓国勢と対抗できるトップ棋士を育成するため、日本棋院が新たに設けたもので、原則として小学生を対象にしています。

仲邑さんは6日、東大阪市で井山裕太五冠と対局する予定です。


 🌸 日本棋院 副理事長「プロの力備えている」

日本棋院の副理事長を務める小林覚九段は「従来の最年少記録を更新するのは大変なことだと思います。採用試験の対局では、名人を相手に引けを取らない堂々とした打ちっぷりで、精神力の強さや囲碁の内容もプロとしての力を備えていると感じました。最初は、勝ち負けにこだわらず、焦らずに成長してほしい」と話していました。
コメント