森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【nhk news web】 8月21日14:36分、""東電 原発の誤記ファックスの改善策 地元の柏崎市が了承""

2019-08-21 16:24:53 | エネルギー と核問題; 自然エネルギー、原油・天然ガス、原子力・火力水力発電…

 

(電 原発の誤記ファックスの改善策)

 

① ""東電 原発の誤記ファックスの改善策 地元の柏崎市が了承""

 

 

 ことし6月18日の山形県沖を震源とする地震では、柏崎刈羽原発がある新潟県柏崎市で震度5弱の揺れを観測し、東京電力は原発の状況を地元自治体などにファックスで伝えました。
 
 
 

 

⏰ このうち、午後11時前に送ったファックスの中で、核燃料を入れたプールを冷却する電源は正常だったにもかかわらず、異常の有る無しを選択する欄の「有」に誤ってチェックをして送信していました。
 
 これについて柏崎市は、災害時に正確な情報が提供されないのは大きな問題だとして改善策を求め、東京電力は今月、ファックスの「有る無し」の選択を改め、一目で分かるように「正常か異常か」を選ぶ書式に変えたほか、夜間の対応スタッフを増やすなどの改善策をまとめました。
 そして柏崎市の桜井雅浩市長は21日、東京電力新潟本社の橘田昌哉代表に対し改善策を了承すると回答しました。
 誤った内容のファックスは、およそ40の自治体のほか、原子力規制庁にも送られていました。
 東京電力は、「混乱の中、プール冷却の電源が正常にあったことから、選択肢の『有』に記入してしまいミスにつながった。今後も地元からの意見を受け止め、連絡体制の改善を継続したい」としています。

 

 

 

 

 

 

コメント

【nhk news web】 7月8日16:04分、原発 震源不明の地震に新評価 結果しだいで対策も

2019-07-09 11:57:25 | エネルギー と核問題; 自然エネルギー、原油・天然ガス、原子力・火力水力発電…

(原発 震源不明の地震に新評価 結果しだいで対策も)

 

① ""原発 震源不明の地震に新評価 結果しだいで対策も””

 原発の耐震の審査では、敷地付近にある活断層の影響を評価することに加え、断層が地表にあらわれず、事前に震源が特定できない地震についても、北海道留萌地方で2004年に起きたマグニチュード5.7の地震のデータを中心に、過去の16の地震を参考にして施設への影響を評価していました。

しかし、使えるデータが少なく精度が低いことが課題とされていたため、規制委員会はおととし、専門のチームをつくって検討を行っていました。

そして、8日新たな案を示し、参考にする地震の数を5倍余りに増やして2000年以降、内陸で起きた地震のうち89の地震データを統計処理し、揺れの影響を評価することにしました。

これにより、データの偏りが減るとともに、各原発の地域ごとの地盤の特性を反映させやすくなり、より高い精度で耐震の評価ができるようになるとしています。
規制委員会は電力会社にこの案を示し意見を聞いたうえで、最終的に審査に反映させる方針です。

これにより電力各社は今後、新しい方法で評価を行うことが求められる見通しで、結果によっては新たな対策が必要になる原発がでてくる可能性があります。

 

 

コメント

【CNN】 7月1日18:00分、""ロシアの海上原発、北極海へ出発 「海上のチェルノブイリ」と批判も””

2019-07-03 23:00:07 | エネルギー と核問題; 自然エネルギー、原油・天然ガス、原子力・火力水力発電…

① ""ロシアの海上原発、北極海へ出発 「海上のチェルノブイリ」と批判も””

(ロシアが建造「海の上の原発」、極東へ向け出港)

 

  ロシア・ムルマンスク(CNN) ロシアが20年近くかけて建造してきた海上浮揚式原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」が今月、極東の最終目的地ペベクへ向けて出航する。

ロモノソフは全長144メートル。曳航(えいこう)されてムルマンスクを出港し、北極海航路をたどってモスクワから約6400キロ離れた北極圏の港町ペベクを目指す。海上に停泊してチュクチ自治区の入植地や、炭化水素や宝石を採掘する企業に電力を供給する計画。

ペベクのようなロシア北極圏の町や村には約200万人が居住する。中には飛行機や船でしか近づけない場所もある。しかしこうした地域はロシアのGDPの最大20%を担っており、シベリアの資源埋蔵量が減少する中で、北極圏の豊富な石油やガス採掘を目指すロシアの計画の鍵を握る。

しかし原発を北極海に浮かべる計画は環境保護団体などの批判の的になり、グリーンピースはロモノソフのことを、1986年に壊滅的な事故を起こしたチェルノブイリ原発にちなんで「氷上のチェルノブイリ」「海に浮かぶチェルノブイリ」と形容した。

ロシアの原子力プロジェクトを担う国営企業のロサトムは、そうした批判は筋違いだと反論してきた。ロモノソフの環境保護対策責任者は、チェルノブイリ原発とロモノソフとでは、原子炉が稼働する仕組みが異なると説明。「もちろんチェルノブイリのような事態は決して繰り返してはならない。(ロモノソフは)北極海の海上に停泊して常に冷却される。冷却水が欠如することはない」と強調する。

 

(「アカデミック・ロモノソフ」内部の司令センター/Rosatom)

 

 海上の原子力発電は、米軍も1960年代、パナマ運河に浮かべた船上に小規模な原子力発電施設を装備して、ほぼ10年間運用を続けた。民間では米エネルギー会社のPSE&Gがニュージャージー州沖の海上に発電所を浮かべる計画を打ち出したが、住民らの反対や環境への影響を懸念する声が高まり、1970年代にプロジェクトは中断に追い込まれた。

ロシアでもチェルノブイリ原発の惨事を受けて原子力業界に対する不安が高まり、原発の建設計画が相次いでストップしていた。

チェルノブイリの爆発による直接的な死者は31人前後にとどまる。だが数百万人が危険な濃度の放射線にさらされた。

長期的な被爆による死者の数を巡っては見解に食い違いがある。国連は2005年の時点で、関連のがんによる死者を最大で9000人とする推計を明らかにした。これに対してグリーンピースは、チェルノブイリ事故に関係する健康問題も含めると、死者は最大で20万人に上ると推定している。

以後、ロシアの原発で重大な事故は起きていない。ロサトムでは信頼性と安全性を強調し、原子炉の現代化や高度化を進めてきたと説明する。

 

(サンクトペテルブルクに停泊する「アカデミック・ロモノソフ」/Rosatom)

 

 

しかし2011年に東京電力福島第1原発の事故が発生した。水浸しになった原子炉の写真は今も記憶に焼き付いている。ロシアの海上浮揚式原発については、核燃料の定期的な廃棄や、巨大な波に襲われた場合の対応などを巡って不安が付きまとう。

福島の教訓は学んだとプロジェクト担当者は主張、「たとえ巨大津波に襲われたとしても、係留が外れることはない。もしも陸上に乗り上げた場合でも、バックアップシステムによって24時間電力供給なしで原子炉の冷却を継続できる」と話す。

これに対し、原子力プロジェクトと環境への影響を調べている非政府組織(NGO)ベローナの専門家は、原子炉2基を搭載した施設が、もしも津波によって打ち上げられた場合、24時間で惨事を防ぐことはできないと指摘している。

    
🎆 テロや大規模災害だけではなく、単なる船内火災にも弱そうだし、よくこんな危険極まりない代物を作り出したものです。しかも、極東にです。
            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

【cnn】 6月12日12:23分、""チェルノブイリに押し寄せる観光客、米テレビドラマで人気急増""

2019-06-12 17:26:18 | エネルギー と核問題; 自然エネルギー、原油・天然ガス、原子力・火力水力発電…

① ""チェルノブイリに押し寄せる観光客、米テレビドラマで人気急増""

 

(写真特集:「チェルノブイリ」が人気の観光スポットに米HBOのテレビドラマ1.「チェルノブイリ」が始まったことで、観光客が増加しているという/Genya Savilov/AFP/Getty Images)

 

   (CNN) 世界最悪の原発事故が発生し、廃墟と化したチェルノブイリ。あれから30年たった今、テレビドラマになったことがきっかけで、世界から観光客が押し寄せている。

打ち捨てられ、朽ちて行く原発の街の光景は、数年前から観光客を引き付けるようになっていた。しかし地元の観光業者によると、米HBOのテレビドラマ「チェルノブイリ」が始まったことで、同地を訪れる観光客が急増したという。

同番組は事故後の惨状をドラマとして再現し、視聴者の高い評価を獲得している。

 チェルノブイリはウクライナの首都キエフから約110キロ北部の都市プリピャチ近郊にある。世界一汚染された街として、案内できるのは資格を持ったガイドに限られる。
ガイド付きツアーでは、原発跡地を中心とする4000平方キロあまりの「立入禁止区域」を訪れる。20年前からチェルノブイリツアーを営むソロイーストの担当者は、「予約が35%増えた」と打ち明けた。「テレビ番組を見て予約を思い立った人が大半を占める」という。

最も人気があるのは1人あたり約99ドルの日帰り団体ツアー。2011年以来、同地の大部分が観光客に解放されたが、「機械の墓場」と呼ばれる場所などは、今も立ち入ることはできない。

それでも打ち捨てられたプリピャチの街や、原子炉の残骸を覆う巨大な石棺を300メートル離れた場所から眺められる展望台などを訪れることはできる。

この原子炉跡地や、プリピャチの遊園地の観覧車は、観光客に最も人気があるという。

「チェルノブイリ」の放映が始まって以来、ソロイーストの週末のツアーに参加した観光客は100~200人に上る。放射線を不安に思う人も多いものの、「観光客が浴びる放射線の量は、大陸を横断する飛行機に乗るよりも少ない」とツアー業者は強調している。

(2)

 

(3)

 

(4)

 

(5)

 

※  世の中でげに恐ろしきもの。人間の好奇心と金儲けへの執着心!!

 

 

 

 

コメント

【ロイター】 6月6日10:46分、""石油関連株が軒並み安、NY原油先物安が5カ月ぶり安値で売り優勢""

2019-06-06 11:46:33 | エネルギー と核問題; 自然エネルギー、原油・天然ガス、原子力・火力水力発電…

(原油(WTI原油先物))

現在値51.83   (19/06/05 22:27 EST)
前日比+0.15 (+0.29%)

 

 

① ""石油関連株が軒並み安、NY原油先物安が5カ月ぶり安値で売り優勢""

2019/06/06 10:46

 石油関連株が軒並み安い。JXTG<5020.T>、コスモエネH<5021.T>、出光興産<5019.T>などが下落し、業種別で「石油石炭製品」が値下がり率トップ。石油資源<1662.T>、国際帝石<1605.T>などの「鉱業」セクターも軟調に推移している。NY原油安を受け、収益悪化が懸念され、売り優勢となっている。

 5日のNYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)で指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)が大幅反落し、前日比1.80ドル安の1バレル=51.68ドルと約5カ月ぶりの安値を付けた。米原油在庫が市場予想を大幅に上回り、需給が緩むと見て売り圧力が強まった。

   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2019-06-06 10:36)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント