森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【国立天文台】 1月31日、""観測するブラックホール、Sgr A*(サジタリウス・エー・スター=射手座 A*)& M87 

2019-01-31 22:35:22 | 宇宙、地球環境、世界的気象、国立天文台、JAXA、NASA…

(銀河系中心部(3度x4度)の領域の電波写真)




① ""観測するブラックホール、Sgr A*(サジタリウス・エー・スター=射手座 A*)&
M87""

観測天体のひとつは、ブラックホール Sgr A*(サジタリウス・エー・スター=射手座 A*)です。

Sgr A*は、地球から観測した見かけの大きさが最も大きいブラックホールです。その質量は太陽の約400万倍で、見かけの大きさは約4億分の1度と推定されています。

左は銀河系中心部(3度x4度)の領域の電波写真です。
左上から右下にかけて帯状に明るい(=電波が強い)ところが天の川に相当します。その中でもひときわ明るいところ(中央部分)が、超巨大ブラックホールSgr A*が存在する天の川銀河の中心領域です。

(楕円銀河であるM87)




ふたつめの観測天体は、おとめ座銀河団中で最大の楕円銀河であるM87です。

☀ その中心部には太陽の約30億倍もの超巨大ブラックホールがあり、そこからジェットが放出されています。

 ☀ 人智を超えた巨大さにビックリです。

右はハッブル望遠鏡が撮影したM87の光学写真です。
左上の明るい点(M87の中心部)から放出されるジェットが、青白い帯のように見えています。

M87のブラックホールはSgr A*よりも約1000倍重いと推定されていますが、おとめ座銀河団は天の川銀河の中心に比べて約2000倍遠いので、このブラックホールの見かけの大きさはSgr A*より小さく、約10億分の1度と推定されています。


ブラックホールシャドウを直接撮像できると期待される天体は上に述べたSgr A*とM87の2つですが、これ以外に明るい電波ジェットを出しているクェーサーもサブミリ波VLBIの観測対称になります。
これらの天体はブラックホールから放射されるジェットが、特にその根元の領域でどうなっているかを解明するのに役に立つと期待されます。
コメント

【msn/京都新聞社】 1月31日18:43分、""タトゥーシールで男児頬にやけど様跡残る 販売会社に損賠提訴""

2019-01-31 21:15:52 | 日本・日本人、犯罪;事件・事故・トラブル…(自然災害を除く)

(イメージ画像・タトゥーシール)




 ① ""タトゥーシールで男児頬にやけど様跡残る 販売会社に損賠提訴""

京都新聞社 、2019/01/31 18:43

 100円ショップで購入したタトゥーシールで、頰にやけどの様な跡が残ったとして、京都府向日市内の小学2年の男児(8)と両親が31日までに、シールを販売する東京都の化粧品販売会社「ドゥ・ベスト」に1400万円の損害賠償を求める訴えを京都地裁に提訴した。

 訴状によると、男児は2017年10月、地域のハロウィーンパーティーに参加するため向日市内の100円ショップで、肌に直接貼るお化けの絵柄のタトゥーシールを購入。同日、母親が男児の右頰にシールを貼り、2日後にはがすと頰に絵柄とともにやけどの様な跡ができた。皮膚科で接触皮膚炎と診断され、現在も500円硬貨ほどの大きさの炎症が残っているという。

 男児側は、使用方法を守って商品を使用していたとして「安全性を欠いた商品により、シールの色素沈着によりやけどの様な跡が残った」として製造物責任法に基づく損害賠償を求めている。
 シールを輸入販売したドゥ・ベストは「担当者が不在のため回答できない」としている。

コメント

【ロイター】 1月31日18:21分、""UPDATE 2-任天堂、スイッチ販売計画を1700万台に下方修正 社長「努力足りず」""

2019-01-31 20:51:41 | 企業・企業人の成功・栄光/失敗・トラブル、不祥事vs.改革

(任天堂チャート、1年)
現在値 、33,830 、+680 、(+2.05%)




 ① ""UPDATE 2-任天堂、スイッチ販売計画を1700万台に下方修正 社長「努力足りず」""

2019/01/31 18:21

(情報を追加しました。)

[大阪 31日 ロイター]

- 任天堂<7974.T>は31日、2019年3月期の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売計画を1700万台に下方修正したと発表した。従来計画は2000万台だった。

従来計画はもともとチャレンジ目標として掲げていた数字だったが、古川俊太郎社長は会見で「スイッチのハード、ソフトの魅力を伝える努力が足りなかった」と語った。

4─12月期のハード販売は1449万台(前年同期は1213万台)、ソフト販売は9464万本(同4710万本)だった。11月に発売した『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』が1000万本、12月に発売した『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は1208万本販売するなど大ヒットとなり、ハード販売をけん引した。

12月末のスイッチ累計販売台数は3227万台だった。古川社長は「今後、ビジネスを拡大していく上での基盤はできつつある」と述べ、「スイッチのビジネスについてはあまり心配はしていない」と強調した。
好調なソフト販売を踏まえ、通期のスイッチソフト販売計画を1億本から1億1000万本に引き上げた。

一方、スマートデバイスビジネスでは今期中に配信予定だった『Mario Kart Tour』の投入時期を2019年夏に延期することを明らかにした。これついて古川社長は「これまでの経験からスマホアプリは継続的に遊んでもらえるかが非常に重要。それができると思われる時が配信するタイミングだ」と述べ、まだその時期ではないとの認識を示した。
4─12月期のスマートデバイス・IP関連収入等は333億円と全体の3.3%にとどまっている。

発売後8年が過ぎた携帯型ゲーム機「3DS」については「エントリーモデルとしての需要はある」として、今後もスイッチと3DSの両方を展開していく姿勢を示した。

通期業績予想は据え置いた。営業利益予想は前年比26.7%増の2250億円と、リフィニティブがまとめたアナリスト19人の予測平均値2609億円を下回っている。
4─12月期の営業利益は前年比40.6%増の2200億円で、予想に対する進捗率は97%。最終利益は同24.9%増の1687億円と、予想の1650億円をすでに上回っている。
これについて古川社長は「外貨建ての資産が非常に多くなっており、会計年度末の為替レートで評価替えを行う。何らかの大きな為替の変動があった場合には変わる可能性はある」と説明した。
現時点での年度末の前提為替レートは1ドル105円、1ユーロ125円。

(志田義寧)

コメント

【ロイター】 1月31日19:14分、""UPDATE 1-コマツの4─12月期営業利益59%増、通期予想は据え置き""

2019-01-31 20:41:10 | 企業・企業人の成功・栄光/失敗・トラブル、不祥事vs.改革

(コマツ/チャート1年)
現在値 、2,761.5 、+77 、(+2.87%)




 ① ""UPDATE 1-コマツの4─12月期営業利益59%増、通期予想は据え置き""

2019/01/31 19:14

(内容を追加しました。)

[東京 31日 ロイター]

- コマツ<6301.T>が31日発表した2018年4─12月期の連結営業利益(米国会計基準)は、前年同期比59.0%増の2958億円だった。主力の建設機械・車両事業では北米に加え、戦略市場と位置づけるアジア(日本と中国を除く)などの売り上げが伸びた。
9ヵ月間の業績はおおむね想定通りに進ちょくしているため、19年3月期通期の業績予想は据え置いた。

18年4―12月期の売上高は同11.8%増の2兆0186億円だった。北米ではエネルギー・インフラ関連を中心に建機需要の好調が持続。アジアでは石炭価格の上昇に伴い、最大市場のインドネシアで鉱山機械の需要が引き続き好調だった。当期利益は同18.8%増の1841億円だった。

19年3月期の連結営業利益予想は前年比41.9%増の3810億円で据え置いた。会社予想は、リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値3948億円を下回っている。

コマツは31日開催の取締役会で、4月1日付での社長交代を決議した。小川啓之専務執行役員が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する。大橋徹二社長兼CEOは代表権のある取締役会長に就く。

  小川専務は同日の社長交代会見で、4―12月期業績について「それほど悪い決算ではなかったと思うが、中国の景気減速で先行きは不透明。今後、中国の動向が世界経済にどういう影響を及ぼすか、よく注視していかないといけない」と指摘した。

また、小川専務はコマツの中国戦略に関して、価格競争に巻き込まれることなく、「高品質で高機能な製品を高い値段で売っていく方針に変わりない。アフターマーケット、バリューチェーンを強化する」と語った。
直近では排ガス規制に対応した新機種、現地調達率、アフターマーケットの強化など「打てる対策を打っている」とし、中国現地メーカーの台頭にも「注目しながら、中期経営計画で(対策を)考えていきたい」と述べた。

(白木真紀)

※ 中国、アジアの市況の悪化で業績もかなりの減収・減益になっていると漠然と
  考えていましたが、蓋を開けてみたら連結営業利益が+59%とは、かなりビックリ
  しました。やはり、底力のある企業ですね。タイミングをみての買いのリストに
  載せておきます。


コメント

【ロイター】 1月31日20:04分、""BUZZ-シティが新興国通貨投資を推奨、中欧・中東・アフリカ通貨に注目""

2019-01-31 20:22:57 | 経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…

(為替/トルコリラ円チャート・3年)




 ※ 関心は多いにありますが、トルコリラはまだ煮詰まっていないようで、タイミング
  的には、もう少し後と考えています。新興国通貨については、思案投げ首状態です。


 ① ""BUZZ-シティが新興国通貨投資を推奨、中欧・中東・アフリカ通貨に注目""

2019/01/31 20:04

[ロンドン 31日 ロイター] -

*シティ、顧客向けリポートで、米債券利回り低下を理由に、今こそポートフォリオで新興国通貨のウエート上げるべきと指摘。
*現在の状況で、中欧、中東、アフリカの高利回り通貨が特に魅力的との見方。
*「米国の金融の状況が引き締め方向だった昨年第3・四半期とは真逆の感」と指摘。
*シティ、ドル/南アランドを13.34ランドの水準でショートに。ターゲットは12.90ランド。
*トルコリラのポジションを1%拡大。ユーロとドル半々のバスケットに対しロシアルーブルをロングに。ターゲットは対ドルで62.50ルーブル、対ユーロで73.00ルーブル。


コメント