森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【bloomberg】 過去記事 ; 7月2日13:10分、""ロンドン銀行員、笑顔も凍り付く「陰鬱な夏」-人員減はまだこれから””

2019-07-15 20:33:43 | EU諸国;フランス・イタリア・オランダ…&イギリス!

(A passenger boat sails along the river Thames )

 

 

① ""ロンドン銀行員、笑顔も凍り付く「陰鬱な夏」-人員減はまだこれから””

          
  2019年7月2日 13:10 JST        
  • HSBCとドイツ銀行が大量の人員削減を検討と伝えられた            
  • 辞めさせられる前に自分から飛び出すことを考える行員も            
'A                
 
A passenger boat sails along the river Thames as skyscrapers including Tower 42, the Heron Tower, the Leadenhall building, also known as the "Cheesegrater," 30 St Mary Axe, also known as "the Gherkin," and 20 Fenchurch Street, also known as the "Walkie-Talkie," stand beyond, in London, U.K., on Tuesday, June 28, 2016. Banks demand for cash surged at the Bank of Englands first liquidity operation since the U.K. voted to leave the European Union, with financial institutions requesting more than double the amount allocated.
Photographer: Simon Dawson
 

🏢 野村ホールディングスの人員削減の過程で職を失ったある社員は、同社のロンドン本社に隣接するリバーサイドのオイスターバーで、仲間意識を思い起こした。バーの部屋には元社員らが集まっていた。

  野村は4月のその日、約30人を解雇した。ロンドンには夏が訪れたが、英銀HSBCホールディングスドイツ銀行も大量の人員削減を検討と伝えられる状況で、金融業界では笑顔が凍り付いたままとなる可能性が高い。雰囲気は金融危機以降で最も暗く、辞めさせられる前に自分から飛び出すことを考える行員もいる。
 
 
 管理職専門の人材あっせん会社ビシ・アドバイザリーの創業者ステファン・ランボソン氏は「危機当時を除けば、今のロンドンの雇用マーケットは私が経験した過去最悪の状況の一つだ。年末までに5000人余りの職が失われる可能性が現実にあると思う」と語った。
 
 人員削減は米国以外の投資銀行に集中している。域内の低成長やマイナス金利が足かせとなる欧州の金融機関はシェアの低下が何年も続く。熟練のバンカーは縮小局面を前にも経験しているが、今回ばかりは様子が違うと感じている。不安定な市場や貿易摩擦、英国の欧州連合(EU)離脱ばかりではない。自動化によって金融のスキルの一部も時代遅れになろうとしている。
 
  先の野村の元社員は、落胆した元同僚らがブロックチェーン(分散型デジタル台帳)や大麻、農業分野への転職さえ目指す動きに言及した。コーリション・デベロップメントのデータによれば、2013年の段階で1万7000人弱だった英投資銀行のフロントオフィスの行員数は、16年までに1万5000人に減り、約1500人が昨年末までにさらに削減された。
 
            
🌀🌊  コーリションのリサーチディレクター、アムリト・シャハニ氏は「状況は悪化するだろう。EU離脱に伴う職の移転の影響もあって、英国の投資銀の人員は今後2年でさらに10%減ると予想している」と述べた。

Summer of Discontent

Brexit-battered Britain bearing the brunt of banker job losses

★ svg.形式はコピー出来ませんでした。

<iframe style="height: 271px;" src="https://www.bloomberg.com/toaster/v2/charts/27ecf22f58c047159cd612c7bd0e87da.html?brand=cojp&webTheme=default&web=true&hideTitles=true" frameborder="0" scrolling="no" data-toaster-id="339464899"></iframe>

Source: Coalition Development Ltd

*Figures represent full-time front-office jobs at 12 major investment banks

 

(ドイツ銀の投資銀責任者ガース・リッチー氏 Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg )

 

<iframe style="height: 293px;" src="https://www.bloomberg.com/toaster/v2/charts/80bdb967183740e28ac1e3dd47a5487c.html?brand=cojp&webTheme=default&web=true&hideTitles=true" frameborder="0" scrolling="no" data-toaster-id="339465854"></iframe>

Source: UBS AG; figures based on sample of 49 major banks

 

原題:London Bankers Brace for Summer Gloom With Thousands of Job Cuts(抜粋)

 

 

 

 

 


コメント

【nhk news web】 7月14日21:59分、""仏 宇宙空間の防衛能力確保で司令部創設へ””

2019-07-15 11:44:18 | EU諸国;フランス・イタリア・オランダ…&イギリス!

(仏 宇宙空間の防衛能力確保で司令部創設へ)

 

① ""仏 宇宙空間の防衛能力確保で司令部創設へ””

 フランスのマクロン大統領は13日、国防省で演説し、「宇宙空間での開発と能力の強化を目指す」と述べ、ことし9月に、空軍内に宇宙戦略を統括する司令部を創設する方針を示しました。

そのうえで「宇宙空間に関する知識を深め、積極的な手段も含めて、われわれの人工衛星をよりよく守ることができるようにする」と述べ、今後、攻撃的な手段も含めて防衛能力を強化する考えを示しました。

宇宙空間では軍事的に重要な衛星を攻撃する兵器の開発を進めるロシアや中国に対抗するため、アメリカのトランプ政権が来年までに「宇宙軍」の創設を目指すなど、軍拡競争が加速しています。

マクロン大統領はヨーロッパの安全保障をアメリカに頼るべきではないとして、ヨーロッパ独自の軍の必要性を繰り返し主張していて、宇宙戦略を統括する司令部の創設によって、宇宙空間でのヨーロッパの防衛戦略をけん引するねらいがあるとみられます。

 

 

 

 

コメント

【nhk news web】 7月10日08:43分、""フランス 航空運賃に来年から課税へ 環境対策で””

2019-07-10 15:28:43 | EU諸国;フランス・イタリア・オランダ…&イギリス!

(フランス 航空運賃に来年から課税へ 環境対策で)

 

① ""フランス 航空運賃に来年から課税へ 環境対策で””

 フランスのボルヌ交通担当相が9日発表した航空運賃への課税は、フランスを出発するほとんどの便が対象となり、行き先や利用するクラスなどによって税額が異なります。

このうちもっとも高い、EU域外に向かう便のビジネスクラスの税額は、18ユーロ(およそ2200円)となります。

税の導入で見込まれる1億8000万ユーロ(およそ220億円)の税収は、鉄道など環境への負担が少ない交通インフラの整備に充てるとしています。

🛬 ヨーロッパでは、日本円で数千円で利用できる格安航空が増えていますが、航空機は鉄道に比べて温室効果ガスの排出量がおよそ20倍に上るという試算をEUの機関が明らかにしています。

このため環境意識の高い市民の間では、航空機が温室効果ガスの排出量のわりには優遇されているとして、航空機の利用を拒否しようという運動も広がっています。
記者会見でボルヌ交通担当相は、「市民の間では航空交通への課税をめぐり、不公平感が高まっていた」と述べ、導入の必要性を説明するとともに、今後はEUレベルでの共通の税制の導入も目指す考えを示しました。

これに対してフランスの航空会社「エールフランス」は声明を発表し、「会社の競争力を著しく損なう」として、反対する姿勢を示しました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

【cnn】 6月29日10:29分、""フランスで45.1度を記録、観測史上最高 欧州の熱波続く””

2019-06-29 23:11:05 | EU諸国;フランス・イタリア・オランダ…&イギリス!

① ""フランスで45.1度を記録、観測史上最高 欧州の熱波続く””

 

(フランスで観測史上最高気温を記録した/PATRICK VALASSERIS/AFP/Getty Images)

 

☀ 温度計のデザインは洗練されていますね。

 

 (CNN) フランスで28日、気温が観測史上最高となる45.1度を記録した。欧州大陸はこのところ激しい熱波に見舞われており、各国は対応に追われている。

☀☀ フランス気象局によると、南部ガール県ガラルグルモンテュで45.1度を記録。2003年に記録した従来の最高気温を1.8度上回った。

この日は国内の約4000校が休校となり、公園や公営プールの開放時間も延長された。

  フランスでは03年の熱波で約1万4000人が死亡しており、当局はこうした悲劇的な事態の再現を防ごうと、今週様々な対策を講じた。

首都パリでは週末、03年の熱波の後にまとめられた緊急対策を発動。一部の庁舎で冷房の効いた部屋を開設したり、通りにはミストシャワーを設置したりした。

📅 気候学者はかねて、こうした熱波が以前に比べ頻繁かつ激しくなりつつあると警鐘を鳴らしてきた。フランス気象局は、2050年までに2倍の頻度になるとの見通しを示している。

欧州はこの1週間、暑さへの対策に追われており、26日にはドイツとポーランド、チェコでそれぞれ6月の観測史上最高気温を記録した。

ドイツ気象当局によると、ポーランドとの国境にあるコシェンでは、26日の現地時間午後2時50分に38.6度を観測。これ以前の6月最高気温はフランスに近いビューラータールで1947年に記録した38.5度だった。

 

 


コメント

【nhk news web】 6月29日分、""フランスで45度9分を記録 ヨーロッパで記録的暑さ 死者も

2019-06-29 08:03:27 | EU諸国;フランス・イタリア・オランダ…&イギリス!

(フランスで45度9分を記録)

 

① ""フランスで45度9分を記録 ヨーロッパで記録的暑さ 死者も

 

(サハラ砂漠から熱い空気が流れ込む)

 

 ヨーロッパではアフリカのサハラ砂漠から熱い空気が流れ込み、6月にもかかわらず各地で厳しい暑さが続いています。
地元メディアによりますと、この影響で、28日までにイタリアのミラノで72歳の男性が死亡したほかスペインでも男性2人が死亡し、北東部カタルーニャ州では山火事で6000ヘクタールが焼けました。
またフランスでは28日、南部ガール県で気温が45度9分に達し、国内の観測史上最高を16年ぶりに更新したほか、パリでも34度と6月の平年値を10度以上上回り臨時の給水所で水をくんだり水浴びをしたりする人の姿が見られました。
パリでは高齢者の家を訪ねて安否を確認する取り組みも始まり、ボランティアが水分を十分に補給するようアドバイスしていました。88歳の1人暮らしの女性は「長年パリに住んでいますが、こんなに蒸し暑いのは耐えられません」と話していました。西ヨーロッパの広い範囲では今週末まで厳しい暑さが続く見通しで、各国の政府や自治体は屋外での活動を控えるなどの注意を呼びかけています。

専門家「気候変動が起きている」

🌍 ヨーロッパの記録的な暑さについて、ドイツにあるポツダム気候影響研究所のフレッド・ハタマン氏は「明らかに気候変動が起きている。今回の熱波は、われわれが気候変動として考えていることにすべて当てはまる」としています。
具体的には、サハラ砂漠からヨーロッパに来る空気が以前より熱くなっているほか、北極の気温の上昇などによって気流が弱まり、ヨーロッパに熱い空気が停滞しやすくなっていると分析しています。
ハタマン氏は、「今後、気温はさらに上昇し、極端な気象現象も増えるだろう」としたうえで、「残されている時間は多くない。この10年のうちに適切な対応をとらなければ、地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定の目標を達成することは非常に難しくなる」と述べ、国際社会が早急に温暖化対策を強化する必要があると指摘しました。

世界気象機関も警鐘

ヨーロッパの記録的な暑さについて、WMO=世界気象機関も、2015年以降の世界の平均気温が過去最も高くなっているとして気候変動が影響しているという見方を示しました。
これは国連のデュジャリック報道官が、28日の定例会見で、WMOの担当者の話として紹介しました。それによりますとWMOは、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が氷河の減少や海面と海水温の上昇を加速し、異常気象の原因になっているとして、温暖化のリスクに警鐘を鳴らしています。
📅 国連は温暖化対策について国際社会の行動を促すため、今月30日から2日間、UAE=アラブ首長国連邦の首都アブダビでグテーレス事務総長や各国の閣僚による国際会議を開き、政策などを議論することにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント