アーモーおやじ

テニスで失敗すると出る「あーもー」。夫婦で田舎暮らししたいなあ。スノボでグラトリ、決めたいなあ。

Birthday Present & Hip Hop

2011-09-28 12:14:43 | Weblog
 9月30日は「55歳」の誕生日。
 私の父の代では、サラリーマンの定年年齢である。今は60歳定年であるが、私の会社では嘱託として63歳くらいまでは働く社員が多い(60歳で終わりと言われる人もいますが・・)。

 先日、久しぶりに家族全員+長男の嫁さん+義理の母といっしょの夕食時に私の誕生日の話題が出て、プレゼントは何がいいというので、「出刃包丁と刺身包丁のいいやつ」と答えました。
 妻が50歳を機に仕事を辞めて専業主婦(+テニスおばさん)になったため、すっかり料理を作っていませんでした。先日、図書館で「Dancyu(ダンチュウ)」なる料理雑誌を読んでからはまってしまい、今は愛読書です。
 60歳になったらヨットで日本中を回ると宣言しているため、そのときに魚ぐらいさばけなければと思い、このリクエストをしました。また、やることが増えてしまいましたが、居酒屋の知り合いに弟子入りするか、次男(バイトで腕を磨いた)に教えてもらうか、ああ忙しいなあ。

 ヒップホップの公演が来年の1月7日(土)の京都の八幡でやることが決定しました。
 本ブログで先行発表です。
 昨年はクリスマスにやり、埼玉から母、弟、姪も来てくれて大緊張でしたが、今年は少しは上手くなっているかも。
 3分から5分の曲を2曲。「ヒップホップ/ロック」と「ハウス」の2つです。1つは1つは先生が好きなK-Popになるそうです。
 入場券がいるので、必要な方はどんどん私に言ってください。


 
コメント

35年前の夏

2011-09-09 22:27:54 | Weblog
 台風12号によって、大きな被害が出てしまった。
 和歌山県の新宮市も多くの人命が失われた。この地区の被害状況を新聞、ニュースで見るたびに学生時代の夏が鮮明に蘇る・・・


 東京からひとり出てきて大阪で学生生活。
 寮に入って、親の仕送りをあてにしないと決めて、バイト・バイトを覚悟していた。
 たまたま寮で同じ部屋になった先輩から「一度、わしらのクラブを見に来いや」と、強引に誘われていったクラブが人形劇のサークルだった。
 「週2回、水と土の活動だから楽なもんだよ」と言われた。
 高校は男子ばかりであったので女子の多さに目がくらんだためか、「楽」の一言で入部してしまった。

 おもな活動は、小学生主体のイベント、関西の大学の合同公演、3月の定期公演、それに加えて夏休みの巡回公演である。
 春から夏休みまでは、この巡回公演の準備と練習である。巡回公演とは、僻地の学校に行ってそこの子どもたちに人形劇を見せ、合間にダンスやコントでつなぐという約1時間半の舞台である。

 1回生のときは若狭湾に面した僻地に行ったが、2回生のときに新宮から熊野川町(今は新宮市)、十津川という山の中を巡回した。
 鎌塚、敷屋、九重、小口という名前の小学校をそれぞれ回って、体育館で公演させていただいた。(調べると今はそのすべてが廃校になっていた。)

 1つの公演を終えて次の小学校に行き、そこで泊めてもらう。大道具、小道具、けこみ(人形劇の舞台)を部員で分担してかついで路線バスと徒歩での移動である。何回、吊橋を渡っただろうか、水はこれでもかというくらいにきれいで、山は深く、深く。
 でも、学校はしっかりと地元に根付いてあるのだ。そのほとんどが創立100年を超えている。学制発布によって生まれた学校ばかりであった。明治政府の教育改革を実感できた感じである。交通網の発達と過疎という現実で、その多くが廃校になってしまった。

 小学校には家庭科室や作法室があって、当番を決めて食事の準備と男女おかまいなくの雑魚寝ができる。

 ひとつの小学校での公演の前には、集落中に聞こえるほどの有線放送で、「本日、夕方6時より○○小学校講堂で、大阪教育大学『こぐま』さんによる人形劇があります。」連絡していただき、公演前から多くの人が見に来てくれた。
 また、移動日で時間があるときは、小学校児童&先生とのソフトボールの試合など、大阪から来たお兄ちゃん、お姉ちゃんと遊んでくれた。(モチロン試合は児童の勝ち)

 1週間から10日の巡回であったが、充実していた。みんなが協力しなければできない作業である。学生時代のいい思い出である。


 今回の台風で被害の多かったのが、この地区である。
 熊野川町という地名はわずかに残っていたので、思い出した。
 今は行きたくて仕方がない。少しでも復興に協力したい。
 ボランティアではなく、学生時代の恩返しがしたくてしょうがない。
コメント