アーモーおやじ

テニスで失敗すると出る「あーもー」。夫婦で田舎暮らし、楽しみます。スノボもどんどんやるぞー‼︎

柚子物語

2018-11-10 18:16:05 | Weblog
今日は吹田でユズを収穫しました。

この家に引っ越して来たのが21年前の11月。そのときに鉢植えで3年ほど育てていたユズも一緒に持ってきました。そのときまで、一度も実をつけたことはありませんでした。

その後3年ほどして、裏の用水路が整備されて緑道ができ、まわりにいろいろな木が植えられました。そのときにユズも植木鉢から直植えにしました。それからさらに3年してやっと実をつけ、それから毎年美味しい実をつけてくれました。このねばりは見習いたいです。
多いときは100個以上できましたが、今年は60個ほどでした。そして、これが最後の恵みです。

敏美さんはユズ酒を作るそうです。

上郡の家の畑にも、去年、ユズを植えました。シカ🦌に葉を食べられたりしましたが、なんとか持ちこたえています。初代の吹田のユズのようなねばりを見せてほしいです。

晩御飯は、昨日取ってきたダイコンの間引き菜のジャコ入り菜飯とユズを搾ったサラダです。いい味ですよ。
コメント

肝っ玉は小芋より小さいなあ!

2018-11-10 06:05:55 | Weblog
引っ越しに備えて、上郡の家の整理にいきました。

ご近所さんに挨拶、持っていく洗濯機、冷蔵庫の場所の確保とエアコン取り付け準備、eo光の設置の打ち合わせなどで、バタバタ仕事をこなしましたが、同時に不安もMAXです。
正直なところ、私は肝っ玉が小さいんです。どうしよう、、、

敏美さんにそのことを言うと、
「百も承知」
とのこと。

一方、敏美さんはというと
「寝室の押し入れを潰して部屋を大きくしよう」
「ここにコンセントを増設してよ」
かなりリフォームしたのにまだ足りないようで、頭の中には次の青写真ができています。恐ろしく肝っ玉が大きい人です。


上郡は山が色づき、秋の景色です。
引っ越し準備の傍で、夏前に植えた小芋の収穫とひと月前に植えたダイコンを間引きました。
関東では「里芋」と呼ばれますが、関西では「小芋」の呼び方が一般的です。自分で収穫すると、「小芋ちゃん」と呼びたくなりました。




敏美さんは、埼玉のおふくろから学んだ野菜作りの知識が役立っていると、よく言います。おふくろの凄さを感じます。

間引いたダイコンは間引き菜で、小芋は煮っ転がしで食べました。晩御飯は小芋コロッケにしました。サツマイモは収穫してから2週間ぐらい置く必要がありますが、小芋はすぐでも問題なしです。美味しい秋の恵みに感謝です。

コメント

やっぱり池田だよ❣️

2018-11-06 19:29:47 | Weblog
大阪巡り、in池田。

1日休みになったので、電車で第2のふるさと池田に行った。

大阪に出てきて、初めて暮らした池田。梅田から阪急宝塚線急行で、十三、石橋、池田で到着(今の急行は豊中から各駅だが、当時は石橋から各駅である)。

入学した大阪教育大学池田分校は、今の市立池田病院のところにあった。


途中で、よく利用した銭湯の城南湯を見つけた。今は城南温泉と名前を変えて、営業していた。敏美さんもクラブの合宿のときに利用していた。


池田での住まいは、大阪教育大学五月ケ丘寮。

今は、大阪教育大学危機管理サポートセンターという施設になっていた。寮の後ろが附属小学校・中学校である。附属池田小学校で悲惨な襲撃事件が起こり、その後に設置されたらしい。
私たちは、1回生からこの寮で生活したが、この寮ができる前の旧五月ケ丘寮は、池田城址のど真ん中にあった。今は整備されているが、旧寮があったころは、かなり荒れていた。寮祭などの寮の行事では、草が生い茂る池田城址に繰り出し、寮歌を歌った。

五月ケ丘寮のすぐそばには呉服神社の分社がある。

この裏山にはグミの木やアケビのつるが豊富にあり、グミの実やアケビの実が熟すころ、たくさん取って来て、寮生のデザートとなった。お腹をこわしたこともよくあった🤭

五月山は、市民の憩いの山だ。大学の裏門から出て行くと最短で登れる直登コースがあった。
入学当時、ひどいホームシックになった。両親にどれだけ世話になっていたかを初めて自覚したと同時に、話し相手ができないつらさもあったからだ。そんなとき、五月山で一人物思いにふけっていた。
敏美さんは、バスケ部のトレーニングで走って登ったらしい。


直登コースで登ろうとしたが、台風による倒木で閉鎖中だった。仕方がないので迂回コースで登った。学生の頃は楽チンに登れたとおもうが、今日は日の丸展望台でへたり込んでしまった。歳には勝てない。

下山して山道が終わったところが五月ケ丘の児童文化センターだった。

ここは1回生と2回生の夏休みにバイトをしたところ。夏休みに児童館に遊びに来た小学生の世話バイトである。裏山が公園でアスレチック用具があり、一緒に遊ぶ仕事だった。面白かった。

町まで降りてから、喫茶店「珈廊(かろう)」に立ち寄る。


大学時代、よく通った。いいプレーヤーとスピーカーがあり、いつもジャズが流れていた店である。ここは、全く変わっていなかった。嬉しい😃
恋愛問題で、ここで何時間も話したような気がするが、記憶が定かではない。


敏美さんが巫女さんのバイトをした呉服神社、敏美さんがお運びさんバイトをしたかき峰、私がよく利用したパチンコ屋、私が商品補充のバイトをしたダイエー。昔の面影を残しているところはあまりない。





今、安藤百福さんの奥さんをモデルにした朝ドラ「まんぷく」が放映されているが、当時、池田でチキンラーメンが作られたことなど、全く知らなかった。
安藤百福さんが、私が引っ越しする赤穂郡上郡に疎開していたことも紹介されていたが、それは事実らしい。不思議な縁を感じる。







コメント

大阪LOVER

2018-11-01 18:01:12 | Weblog
ガイドヘルパーの研修修了後、堺筋本町から梅田までゆっくり一人で歩いた。

なぜか急に懐かしい気分になってしまった。大阪に出てきたころの面影はほとんどないのだが、建物や地名で、昔の記憶が蘇る。

大阪駅と梅田駅が違う駅と思っていた私が、阪急梅田駅に初めて行ったとき、一番驚いたのが、このムービングウォーク。東京池袋育ちの私でも見たことがなかった。

大阪の人がイラチなのがよくわかるなあ。


大学2回生のとき、敏美さんと二人で初めてご飯を食べたのは、阪急三番街のとんかつのKYK。42年前のことだが、まだ、同じ場所で頑張ってた。



敏美さんと付き合ってから、銀行の通帳を作った。毎月少しずつ貯金して、交際が続いていたら、梅田のまるビルの最上階のレストランでフルコースの食事をすると決めた。いつも金欠の学生時代だったが、頑張って貯金を続けて、実現した。

当時はまるビルしか高い建物はなかったが、今はあんまり目立たない。でも、私には特別な建物だ。


大学3回生のころ、敏美さんと二人でよく行ったのは、阪神百貨店裏のまるい飯店。
この一帯は、戦後の闇市からあまり変わってないところだった。その場所で営業していたまるい飯店は、ラーメン100円、焼き飯200円。お金がなかった私が、デートで連れて行けたありがたい食堂だった。ただし、割り勘。そうしないと敏美さんが怒った。

今はビルだらけだが、昔はお金のない学生に優しい場所だった。


梅田の待ち合わせ場所は、紀伊国屋書店前のテレビの前。これは今でも変わっていない。



ドリカムの大阪LOVERの主役の女の子。私に似てる(そんなかっこよくないが^_^)。

もうすぐ大阪を卒業。できるだけ多く、大阪の思い出巡りをしよう!








コメント

飲み会、打ち上げ、お別れ会

2018-10-27 22:30:39 | Weblog
吹田や大阪で親しくしていただいた方々との飲み会の報告です。

先週の金曜はダンス仲間の打ち上げに呼んでいただき、大盛り上がりで、楽しいひとときを過ごしました。時間が何時間あっても話したりません。


今週は、月曜日にテニス仲間がお別れ会をしてくれました。
テニススクールから仲間に入れていただき、10年ほど練習させていただきました。みんな向上心がすごくて、忘れられない思い出がたくさんあります。

そして、土曜日は大学の友達と飲み会でした。私が引っ越しをするので、その報告もさせていただきました。
定年した年寄りの会ですが、話す内容は昔のままで、まったく成長していません。それだからおもしろいのですが🤣


さらに今日の日曜日は、山小屋仲間の総会があり、九度山に日帰りで行ってきました。ここでも引っ越しの報告をしましたが、上郡で宴会をすることを確約させられました😅

忙しくて楽しい一週間でした。
コメント

引っ越しまであとひと月

2018-10-21 06:42:28 | Weblog
上郡への引っ越しは11月21日。
あとひと月となりました。

その準備で吹田の我が家は、ごちゃごちゃ状態で、週明けの月曜日が大型ゴミの収集日ということで、朝から長男、次男に手伝ってもらい、不要な家具を家から出しました。

ガレージは満杯です。

そして午後からは上郡に。
途中、ヤマダ電機で炊飯器を購入。ポイントで買えたので、得した気分。

家に到着すると、2週間前に植えたダイコンの双葉が出ていました。かみさんは1回目の間引き作業ができると嬉しがってます。


秋明菊もきれいです。


晩御飯のあと、かみさんの親友からいただいたコーヒーメーカーで入れたコーヒーを味わって、いい気分。
夜はかなり冷え込んで、しっかり毛布にくるまって熟睡しました。

翌朝は快晴。増築したリビングで、朝日を浴びて朝食です。


その後、姿見がわりの鏡を設置し、トイレのタイルの目地をきれいにやり直し、さらにリビングの窓にカーテンを付け、一日中動き回りました。

食器棚も入って、いよいよ引っ越しが現実味を帯びてきました。



コメント

毒キノコかな?

2018-10-14 21:10:11 | Weblog
写真は、先日行った森林公園で見つけたキノコ。赤が鮮やかで艶があり、「これは毒キノコだろう」と思って写真だけ撮りました。


雨が多かった今年はキノコが豊作らしく、キノコ狩りで道に迷う人が続出しているとのこと。
キノコ狩りもいいけど、食べられるキノコか、毒キノコかの見分けが難しく、素人だけでは行けないと、だれでも考えると思います。そこで、何かいい方法がないかと調べたところ「キノコ判定機」なる無料アプリがあることがわかりました。
写したキノコの写真で、キノコの名前の候補を教えてくれる優れものです。
早速、上の写真をキノコ判定機で調べました。するとすぐに「タマゴタケ」という名前が判明しました。さらに「タマゴタケ」を調べると、食用でかなり美味しく、生でも食べられるとのこと。

見た目だけで毒キノコと判断した知識のなさ、残念でなりません。次からは「キノコ判定機」を活用しまくるぞ!


コメント

森林公園、花ざかり

2018-10-13 05:06:27 | Weblog
東松山の実家です。
昨日、森林公園の羽毛ケイトウがきれいというNHKニュースを見て、早速おふくろとかみさんの3人で出かけました。
滑川町にある森林公園は、実家から車で10分もかからないところにある国営の公園で、四季折々で花がたのしめます。

おふくろの障がい者手帳で駐車料金、おふくろ、付き添い1人が無料です。
南口の入り口で車椅子を借りて、ピクニックです。




しばらく羽毛ケイトウとは赤ソバの花を楽しみ、さらに別のお花畑でペチュニアがあると知り、てくてく移動。

小学生が遠足に来ていて、彼らの鬼ごっこを見ながらおにぎり昼食。ほのぼの気分になりました。
帰りは西口から南口まで園内バスで移動。ちょっとだけ遊園地のアトラクション気分でした。

コメント

秋らしい秋かなあ、サツマイモ収穫

2018-10-07 16:57:25 | Weblog
10月に入って、いよいよ秋本番と言いたいところですが、台風25号の影響で真夏日になりました。
平成最後の年はおかしなこと続きですが、台風で災害にならなかったことを喜ぶべきかもしれません。
今日は上郡で、先日、試し掘りしたサツマイモの残りをすべて収穫しました。


期待しながらの収穫でしたが、全体で7kgと少なめで、やや残念でした。
まあ、1年目はこんなもんかも。たまに行って世話して、ほぼほったらかしで育ったサツマイモに感謝すべきでしょう。

前回の試し掘りサツマイモが甘さもなく、美味しくなかったため、調べたところ、収穫直後のサツマイモはデンプンが糖化していないため、美味しくないことがわかりました。普通、収穫して2週間ほどしてから食べるそうです。少し我慢しましょう。
サツマイモが終わった場所と空いていた畑を耕し、ダイコンの種をまきました。

美味しいおでん大根、食べられますように^_^

畑の横の庭では、去年と同じように秋明菊が咲いてます。



キンモクセイの花は、少ししか咲いていなくて、においもわずかでした。大阪では今年のキンモクセイの花がとても多いような気がしていたので、こちらも少し残念でした。キンモクセイの花は2回咲くらしいので、次に行ったときに期待しましょう。
コメント

残念だが、仕方がない

2018-10-02 18:58:11 | Weblog
地震のあとで、地元吹田の災害ボランティアセンターに登録して始めたガレキの処理と屋根のブルーシート張り。地震後、ボランティアの要請がなくなってボランティアセンターは閉鎖していましたが、台風21号で再び開設されました。地震でダメージを受けていなかった屋根も、台風21号で打撃を受けています。
先日の台風24号では目立った被害はなかったのですが、21号で屋根瓦が飛んで、雨漏りがひどい家もまだまだあります。今日、そんなところでボランティア活動をさせていただきました。

高級住宅地のブルーシート張りをしたとき、納得できない気持ちになりましたが、今日の現場は普通の住宅地で、しかもかなり古いところです。吹田の新芦屋上、古い住宅地の中に高層マンションがポツンポツンとある、坂の多いところでした。電動アシスト自転車だらけの地域です。
屋根に登って見回すと、ブルーシート屋根のなんと多いこと。高台で風が強いことと、高層マンションからのビル風で屋根が吹き飛んだ、そんな感じです。
(我が家は川沿いで日当たり良好なのですが風が強くて、今年の逆走台風12号や21号では、家全体が大揺れしました。怖くて夜中に最接近した12号では眠れませんでした。)

3人で作業をしましたが、大屋根のブルーシートは隊長さんにやらせてもらえませんでした。かなり足場が悪く、年寄りは無理と判断されました。残念!
私は割れた瓦の部分補修。玄関上や離れの部屋の屋根直し。ブルーシートではなく、瓦一枚分のプラスチックシートを割れた瓦と差し替える仕事です。こんな方法もあるのか、勉強になりました。


大好きな屋根のてっぺんには登れませんでしたが、事故は起こしてはならない。危険な場所は自分でやる、隊長さんはさすがにすごい❗️
コメント