はいほー通信 短歌編

主に「題詠100首」参加を中心に、管理人中村が詠んだ短歌を掲載していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

042:学者(中村成志)

2010年04月30日 21時34分50秒 | 題詠100首blog2010

   真鶴半島は《緑のクジラ》と呼ばれている。


真鶴の魚付林の縁に立つ老樹学者は帽子押さえつ
(縁=へり)
コメント

041:鉛(中村成志)

2010年04月29日 09時46分01秒 | 題詠100首blog2010

   皮は剥かなくても可。


縁石に掛けて鉛の葡萄噛む三度四度と噛み潰すのみ
コメント

040:レンズ(中村成志)

2010年04月27日 06時21分45秒 | 題詠100首blog2010

   誰かは知らねサラアなる、 女(ひと)のおもひをうつしたる。(宮沢賢治)
   サラアはサラリーの意か。


海辺走るはサラアのひとか独峰にのたれるごとくレンズ雲浮く
コメント

039:怠(中村成志)

2010年04月25日 08時46分45秒 | 題詠100首blog2010

   最近、ネジ式の機械を見ない。


その中のあたたかさゆえオルゴール怠けるごとく弛みゆき、暗
コメント (1)

038:空耳(中村成志)

2010年04月22日 20時04分25秒 | 題詠100首blog2010

   そら豆の殻一せいに鳴る夕母につながるわれのソネット(寺山修司)から盗作。


幾億のカスタネットの藍と紅うすき朝に空耳の見ゆ
(紅=べに)(朝=あした)


コメント

037:奥(中村成志)

2010年04月19日 21時34分57秒 | 題詠100首blog2010

   上流はコンクリート、下流は堰。


水流が命をながす絶景と呼ばれ寸断されし奥入瀬
コメント

036:正義(中村成志)

2010年04月17日 06時48分21秒 | 題詠100首blog2010

   無言。


小さき目に写る正義は風すさぶホームの缶を拾う白き手

コメント

035:金(中村成志)

2010年04月15日 19時27分33秒 | 題詠100首blog2010

   川風は、ときどき冷たい塊が来る。


午後四時の欄干に肘あずければ地金あらわに陽に光りおり
コメント

034:孫(中村成志)

2010年04月14日 07時36分51秒 | 題詠100首blog2010

   4日間白菜料理が続く。


孫をもつあてのなき手よ大きなる白菜縦に包丁入れる

コメント

033:みかん(中村成志)

2010年04月10日 13時51分30秒 | 題詠100首blog2010

   アメリカでは、TV orange。


二宮の里の蜜柑は皮離れ良きみかんにて爪染まりおり
コメント