goo

お知らせ

このイベントは終了しました。 皆さま、ご参加ありがとうございました。お疲れさまでした。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いらっしゃいませ

いらっしゃいませ。こちらは「題詠blog2012」のイベント会場です。 どなたでも自由にご参加いただけます。 サイドメニュー「カテゴリ」から「イベントの仕組み(1)(2)(3)」「ルール(題の詠み込み方)」「ルール(投稿の仕方)」をお読みいただき、「参加受付」にお進みください。 ※ご不明の点はカテゴリ「Q&A」でおたずねください。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

001:今

「001:今」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 001:今(眞露) (風の残像) 今の世に汽笛を残し大井川 師走の杜の時もゆるめり 001:今(風乃茉琴) (Japanese poem of 31 syllables.) 今どこと電話で聞かれ嘘を吐き花屋の花を眺めて泣いた 001:今(平和也) (ぴんふなり) 今でこそ笑い話と振りかえる昔を持たぬ三十路の半ば 001:今( . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 275 )

002:隣

「002:隣」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 題の中に、読み方や意味のわからないものがあったら、題をコピーして、yahoo!辞書などで調べてみてください。 002:隣(平和也) (ぴんふなり) 朝風呂の湯を張る音の大きさに隣や下に住む人思う 2:隣  (闇の煌めく世界) いつだって隣に君がいるだけで何もいらないそれで良かった... 002:隣(浅草大将) (和歌の浦浪) うら . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 254 )

003:散

「003:散」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 003:散(平和也) (ぴんふなり) 返却の期限が迫る散文に目を通しつつ気もそぞろなり 3:散(薫智)  (闇の煌めく世界) くだけ散る恋のカケラは降り積もり消えることなく息づいている... 003:散(浅草大将) (和歌の浦浪) 春立てば夕べの雪もくれなゐの風の花とぞ今朝は散りぬる... 003:散(玉村 一) (疑似イルカ) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 253 )

004:果

「004:果」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 004:果(平和也) (ぴんふなり) 老人のお問い合わせの数々に精魂果てて昼の休憩 4:果(薫智)  (闇の煌めく世界) 禁断の果実でもいい好きだから堕ちていっても楽園だから... 004:果(玉村 一) (疑似イルカ) 弁護士になれなかったと言う姉が和室に立てば果てしなく鳥 004:果(黒木うめ) (きずぐちうさぎ) さあ次はき . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 244 )

005:点

「005:点」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 005:点(平和也) (ぴんふなり) 笑点の漫才芸人ひとむかし前の職場でお顔拝見 5:点(薫智)  (闇の煌めく世界) 難しいことはわかっているけれど飛び込んでいけ一点突破... 005:点(玉村 一) (疑似イルカ) 点々と罵詈雑言が落ちていてこんなに深い深いあしあと 005:点(黒木うめ) (きずぐちうさぎ) あの夏の日差しの . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 242 )

006:時代

「006:時代」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 006:時代(平和也) (ぴんふなり) 謝れば時代がかったこの言葉「ごめんですめば警察いらぬ」 6:時代(薫智)  (闇の煌めく世界) 僕たちは同じ時代に生きていて会えた奇跡を噛みしめている... 006:時代(玉村 一) (疑似イルカ) 神棚を食べる時代が来たのなら胃カメラさえもおじぎをするね 006:時代(しま) (風を見つ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 233 )

007:驚

「007:驚」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 007:驚(平和也) (ぴんふなり) 冬なので驚くだけですむことにズボンの前の締め忘れなど 7:驚(薫智)  (闇の煌めく世界) 「好きなんだ」君の瞳は驚きで一杯だけど本気だからさ... 007:驚(玉村 一) (疑似イルカ) 背骨から驚きましたと報告を受けて二月の恋を受理する 007:驚(しま) (風を見つめて) 驚いてみてもい . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 230 )

008:深

「008:深」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 投稿漏れはありませんか? 投稿は、題にふられた番号順にお願いします。 008:深(平和也) (ぴんふなり) お互いに深い付き合いするほどの手がかりもなく目さえ合わせず 8:深(薫智)  (闇の煌めく世界) 深入りはしないと決めた恋だったけれど逆らえない僕がいた... 008:深(玉村 一) (疑似イルカ) 深刻なけんかをしてたベル . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 227 )
« 前ページ