マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「オーシャンズ12」

2016-10-11 | 2000年~代映画 あ~お

Ocean’s Twelve (オーシャンズ12)2004年 アメリカ作品



監督 スティーヴン・ソダーバーグ

出演 ジョージ・クルーニー ブラット・ピット マット・デイモン ジュリア・ロバーツ アンディ・ガルシア ・キャサリン・ゼタ=ジョーンズ ヴァンサン・カッセル 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
3年前のローマ。
ラスティーはある女性と恋に落ちていた。彼女は刑事でブリガリ事件を追っていた。あと少しで犯人が分かりそうだと告白されたとき、彼女からこっそり逃げ出すのだった。
3週間半前。コネティカット州イーストヘブン。
オーシャンは口座を作るふりをして銀行の下見に行っていた。家にはテスが待っていたがそこへ、あのテリー・ベネディクトがやってきて、2週間のうちに奪った金を全額返せと脅してきた。彼は各地に散らばっていたメンバーすべてにそれを告げた。
オーシャンはメンバーと共に資金集めという強盗を始めるが、それを追う刑事がなんとラスティーが3年前に恋に落ちた女性イザベルだった。
そんな時、彼らの行く手をじゃまする者が現れる。
フランク・トゥルアー、別名「ナイト・フォックス」と呼ばれるフランス人の表向きは金持ちの泥棒だ。
彼はオーシャン達が狙ってるロマノフ王朝のタマゴを横取りしようと企んでいたのだった。


勝手な感想(自分の思い込み多々) 
映画「ジェイソン・・ボーン」がめっちゃよかったので、このまま今週もマット・デイモンの出演作品を紹介する事に。
そうでもしないと紹介する機会をなくしそうだから。(^◇^;)
そのボーンの感想は週末に紹介する予定。

「オーシャンズ11」はブログを始めた頃の10年前に観賞。
まったくメンバーを覚えようとしなかったので、一応、もう一度見直してからこの作品を見た。
ので、
メンバー紹介をしようと思う。(カッコの中は、俳優の名前です)
1;ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー) 刑務所から出たばかりの保釈中の窃盗犯でリーダー
2;ラスティ-・ライアン(ブラット・ピット) オーシャンの右腕 有名俳優にいかさまポーカーを教える傍ら、ホテル経営をするが上手くいかず
3;ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グルード) オーシャンの恩師 ベガスでホテル経営をしている
4;フランク・カットン(バニー・マック) 前科もちのカジノ・ディーラー 
5;バシャー・ター(ドン・チードル) イギリス人で爆破専門家
6;バージル・マロイ(ケイシー・アフレック=ベン・アフレックの弟) 双子の兄 運転手
7;ターク・マロイ(スコット・カーン) 双子の弟 運転手 
8;イエン(シャオボー・チン) 中国雑伎団の団員
9;リビングストン・デル(エディ・ジェイミソン) 電気・通信の専門家
10;ソール・ブルーム(カール・ライナー) 隠居してた天才詐欺師
11;ライナス・コールドウェル(マット・デイモン) スリの天才 父が伝説的な泥棒「ボビー」

そして、オーシャンの妻テスがジュリア・ロバーツなのだ。
当時の豪華メンバー(?)だけど、覚えるのが大変。

結局、マットしか注目しなかったけども(^◇^;)。
ということで、この作品のマットはと言いますと。
彼はその道のペーペーだから、大物のパパが助け船を出しちゃってママまでで出てきてしまう。(「24」の女性大統領を演じた女優さんだったよ)
ちょっとドジッ子でカワイかったなあ。テスにジュリア・ロバーツ作戦は恐れ入りました。(~_~;) 

そうそう、
ヴァンサン・カッセルのあの身体能力は凄いわ~。

前回の凝った作戦から考えると途中から、おかしいなあ~と思っていたら、案の定だった。
ちょっと先読み出来ちゃったなあ。

忘れそうでしたが、
ロマノフ王朝のタマゴだけど、アントニオ・バンデラスの映画「ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~」でも盗まれてましたよ。(^◇^;) 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「幸せのキセキ」 | トップ | 「オーシャンズ13」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む