いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

日経Linux 2017年 08 月号

2017年07月09日 15時26分46秒 | Ubuntu
日経Linux 2017年 08 月号
クリエーター情報なし
日経BP社


特集1で4つほどの記事を執筆しました。
おそらくどれかわからないと思うのでバラしてしまうと、Step 51, 56, 82, 88です。56を除いた3つはほかに執筆者がいなかったので立候補しました。そうやって担当記事が決まるのもまた面白いです。

個人的にはPINE A64を知らなかったので特集2が興味深かったです。ただ、RaspbianだけでなくUbuntu MATEも32bitイメージのはずなので、64bitイメージだから速いというのはおそらく事実と異なります。というか、64bitと32bitで数倍の差は出ないと思うんですよね……。カーネルのチューニングなんでしょうか。

というわけで、先月号に引き続き8月号もよろしくお願いします!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第478回 GNOMEオンラインアカウントとNextcloudサーバーの連携

2017年07月05日 22時26分10秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第478回 GNOMEオンラインアカウントとNextcloudサーバーの連携

朝起きる

ネタを考える

検証する

原稿を書く

と、476回の続きっぽくなったのは偶然です。でも本来やりたことはこっちのほうが近いです。

Unityにもオンラインアカウント機能がありましたが、あちらはUnityで使うのが主です。一方、こっちはGNOMEの他のアプリケーションと統合されていて、こういうのはプロプラではなかなか難しいので、GNOMEを使う一つのメリットだと思います。

17.10に向けてGNOME関連の記事をたくさん書いていこうとは思っていますが、具体的なアイディアはまだありません。考えなくっちゃ……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第476回 Nextcloudに学ぶsnapパッケージ入門

2017年06月21日 23時02分48秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第476回 Nextcloudに学ぶsnapパッケージ入門

何をどう考えても今後snapパッケージとは向き合っていかなくてはいけない

そろそろNextcloudサーバーに乗り換えたいけど、その場合はsnapパッケージを使うことになる

(裏の理由)

という観点からこの記事の執筆を決めました。
Nextcloudクライアントの方は考えていなかったというか、何をどう勘違いしたのかAppImageで提供されていると思い込んでいて、調べても出てこない。んでソースをよく見たらsnapパッケージがビルドできるけど、普通にビルドするとフォントがなくてトーフになるのでいじってビルドするしかない。でも簡単だしいいやということで扱うことにしました。

個人的な勉強としてsnapパッケージを作ったことはあったので(ちなみに題材はleafpadです)、フォントがトーフになるのもIMモジュールパッケージが必要なのも事前に知っていました。

本文中にもあるとおりクライアントアプリのsnapパッケージは実用には達していませんが、現在もなお猛烈な勢いで改善しているので意外となんとかなるのではないかと思っています。
それでもNautilusとの統合機能は厳しいかもしれませんが……。

ちなみにNextcloudクライアントはPPAにパッケージがあるのは知ってます。が、別にownCloudクライアントでもいいですし、こっちはUbuntuのリポジトリにもありますしねぇ。

「会社ごとフォークした」という表現はウケを狙ったのですが滑ってしまったようです。しくしく。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトウェアデザイン 2017年 07 月号 Ubuntu Monthly Report 第87回 Unityの生涯

2017年06月19日 21時35分31秒 | Ubuntu
ソフトウェアデザイン 2017年 07 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
技術評論社

↑何だこのカバー

執筆当時『軍艦長門の生涯』という本を読んでおりまして、
軍艦長門の生涯(上中下) 合本版
クリエーター情報なし
新潮社

これがまぁ大変に長くて、読むのにすごく時間がかかったわけですが、超絶面白かったですし、軍艦のリアルな姿がよくわかりました。

それはさておき、まずは『Unityの生涯』というタイトルを考えてから中身を何にするかを決めました。
私なりに色々考えてポイントオブノーリターンはああいう結論になりましたが、いかがだったでしょうか。

期せずして2回続けて失敗から学ぶシリーズになってしまいました。
私は成功よりも失敗からのほうが学ぶことが多く、また効率もいいと思うのでそういう本を多く読んでいますし、最近は戦史ものばかり読んでいますけど、日本最大の失敗は太平洋戦争ですから、それはもう学ぶことがとても多いです。
逆に失敗から学ぼうという姿勢がないから前号の記事を読んで頓珍漢なことを書いて失笑を浴びると思うのですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経Linux 2017年 07 月号

2017年06月08日 23時12分52秒 | Ubuntu
日経Linux 2017年 07 月号
クリエーター情報なし
日経BP社


日経Linux 7月号の第2特集で記事を執筆しました。

最初に私のところに岡地編集長からメールが来て、まずは軽く目次を立て、それを揉んだあとに執筆する記事を決定する、という感じでまとまっていきました。
もちろん新機能には多めのページを割り当ててあったのですが、17.04は印刷関連の新機能が2つあったので(記事になったのは1つだけですが、これは妥当な判断だと思います)、ここだけ切り出して小笠原さんにお願いできないか、というアイディアはかなり初期の段階からありました。
Team的にも岡地さん的にもOKが出たので、小笠原さんにお願いしたら即座にご快諾いただきました。

副産物(?)としてUbuntu Weekly Recipe 第472回 EPSON EP-879AWのドライバーレス印刷の不具合を報告するという記事も執筆され、私はどういう経緯だったのかはよく知らなかったのですが、ご自身による解説があって詳細を知りました。私としては我が意を得たりという感じです。今風の表現だとドヤ顔?

私の記事はフレーバー関連になったのですが、Ubuntu GNOME、Ubuntu MATE、Ubuntu Budgieを厚めに扱うというのは構想段階から決めていました。最初は4ページのつもりだったのですが、考えていくとこりゃ足らんなということで余っていた予備に残しておいた2ページを足すという職権乱用をしました。
それでも足りずに提出前に結構削っていますが、いい感じに編集していただき、バチッと6ページに収まっていて感謝感激です。

snapの記事を読んで、GNOME/Ubuntu Softwareでもsnapパッケージのインストールはできるはずなのにどうして紹介していないのかなと、自分では使ったこともないくせに疑問に思っていましたが、実際に使ってみたら秒速で理由がわかりました。これは使い物にならねぇ。

今だから書いちゃうと、先月号の柴田さんの記事も今回の目次案を考えている時に出てきた話でした。日経Linuxのいつもの感じだと、この手の内容は先月号の冒頭に掲載されるような内容なので、今月号の特集からは落とします、という話をしたら、じゃあ誰かその記事を書ける方はいませんかねという話になり、柴田さんがいいのではないでしょうかと推薦しました。我が意(ry
というか、ここに書いた+αがどなたなのかようやくネタばらしができましたね。

Ubuntu Japanese Team+小笠原さんという最強の布陣で座組ができた時点で勝ったなガハハと思いましたが、記事の質も高いものになっていると自負しているので、多くの方に読んでいただきたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Software Design 2017年6月号 Ubuntu Monthly Report 第86回 Ubuntuの方針転換とWeb翻訳混入事件

2017年05月18日 21時28分32秒 | Ubuntu
ソフトウェアデザイン 2017年 06 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
技術評論社
]

内容に関してはタイトルのとおりです。概ね半分ずつになっています。

GW進行の時間のない中、なかなかOKにならなくて大変にご迷惑をおかけしました。私の実力のなさを痛感しました。

あまりに大変だったので、次があったら商業誌じゃなくて同人誌に書こうと思います……って、いやいや、もうこんなことは起きて欲しくないです。

ちなみに私が件の人(当該者)についてどう思っているかは同人誌に書きました。人としての姿勢がなっとらんという身も蓋もない話ですが、副読本(?)としてこちらもオススメです。何かをするなら心構えが大事だと思うのですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第471回 Ubuntu 16.04 LTSでAMDGPU-PROドライバーを使用する

2017年05月17日 22時48分40秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第471回 Ubuntu 16.04 LTSでAMDGPU-PROドライバーを使用する

去年の年末にこの記事を書こうと思い、ずいぶん経ったものの

玄人志向 ビデオカードAMD RADEON RX460搭載 RD-RX460-E2GB
クリエーター情報なし
玄人志向


購入してベンチマークを取ってみると、なんともお寒い状況だったので、ドライバーのバグかなぁと思って次のバージョンが出るまで待ち、やっぱり同じ結果だったので

MSI GeForce GTX 1050 2GT LP グラフィックスボード LPモデル VD6239
クリエーター情報なし
MSI COMPUTER


衝動買いしてベンチマークを計測し、当初SuperTuxKartだけだったのをEnemy Territoryも追加して計測すると、そこそこ面白い内容になったのかなと思ってようやく書きました。最近のゲームのベンチマークはSteamのアカウントが必要なのね……と思っていくつか断念したのですが、今更思い出してみるとアカウントなかったっけ……。

プロプラなドライバーを可能な限り使いたくない私としては、やはりAMDのビデオカードを使いたいです。Radeon RX 550のLow Profile版はまだかしら(まだ買う気か)。

まぁでも本当にやりたいことは他にあったりするので、そっちの原稿も書きたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・ibus-skkでステータスアイコンを表示する方法

2017年05月03日 13時07分05秒 | Ubuntu
ibus-skkでステータスアイコンを表示する方法(と余談)

かなり苦戦しましたが、ibus-anthyを参考にしてPull Requestできるレベルにしました。

Add icon_prop_key support. · ikunya/ibus-skk@1a428b4

このパッチを適用したUbuntu 16.04 LTS用のパッケージはこちら

アイコンの文字の色は

$ gsettings set org.freedesktop.ibus.panel xkb-icon-rgba '#ffffff'

で変更できます。これで白になります。ちなみにこのコマンドに関しては現在発売中のSDに書いてあり、ここからの引用です。

ソフトウェアデザイン 2017年 05 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
技術評論社


Ubuntu 16.04 LTS用のパッケージははおそらく17.04でも動作するのではないでしょうか。個別にパッケージをダウンロードしてインストールしてください、と思ったら現在のGNOME Softwareはローカルパッケージはインストールできないんでしたっけ。
まぁよきに計らってください。

ibus-skkにPRを送って取り込まれたとしても新バージョンがリリースされる気はあまりしないので、必要だと思ったら各ディストリビューションで何とかするのがいいのではないかと思います。

ibus-kkcはまた今度で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

budgie-desktop 10.3.1にアップデート&翻訳の更新

2017年04月22日 19時34分13秒 | Ubuntu
先日リリースされたbudgie-desktop 10.3PPAにアップロードしました。
現在gitに入っているja_JP.poには不具合があるので、これを修正したパッケージです。
翻訳が修正された10.3.2がリリースされればいいのですが……。

あらためてご報告いただいたnishboneさんありがとうございました!

宣伝:
『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.6』発売開始!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月刊Software Design 2017年5月号 Ubuntu Monthly Report 第85回 Ubuntu 17.04とそのフレーバーの変更点

2017年04月19日 23時06分38秒 | Ubuntu
ソフトウェアデザイン 2017年 05 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
技術評論社


Ubuntu 17.04のリリースは13日、本誌の発売日は18日、手元に届いたのは16日(早!)であり、時空がねじ曲がったわけではなく1ヶ月前の内容を元に書いていますが、概ね正確です。しかし、Ubuntu GNOME 17.04はWaylandセッションは有効にできますので、そこは誤りです。お詫びして訂正します。あと、Xのバージョンは結局上がりました。

Ubuntu Budgie 17.04のことをRecipeに書くかどうかは未だに迷っているのですが、IBusをいい感じに使う方法はこれが初出だと思いますので、ご覧いただければと思います。正直他に情報があるのかは調べてないですけど、あのコマンドを探し出すのにものすごい回数の試行錯誤を行ったので、そんなにおいそれとわからないと思うんですよね……。

あとはWeb翻訳の件も少し書きました。本格的には来月……と思ったのですが、ご存知のとおりヘビー級の割り込みが入ったので半々になっています。こちらもお楽しみに。

まだ特集1しか読んでないんですけど、これすごくいいですね。第1章は概論だけかと思ったらいきなりWiresharkを出してきてパケットキャプチャを元に解説とかガチ過ぎていいぞもっとやれってなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加