いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

Software Design 2017年6月号 Ubuntu Monthly Report 第86回 Ubuntuの方針転換とWeb翻訳混入事件

2017年05月18日 21時28分32秒 | Ubuntu
ソフトウェアデザイン 2017年 06 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
技術評論社
]

内容に関してはタイトルのとおりです。概ね半分ずつになっています。

GW進行の時間のない中、なかなかOKにならなくて大変にご迷惑をおかけしました。私の実力のなさを痛感しました。

あまりに大変だったので、次があったら商業誌じゃなくて同人誌に書こうと思います……って、いやいや、もうこんなことは起きて欲しくないです。

ちなみに私が件の人(当該者)についてどう思っているかは同人誌に書きました。人としての姿勢がなっとらんという身も蓋もない話ですが、副読本(?)としてこちらもオススメです。何かをするなら心構えが大事だと思うのですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第471回 Ubuntu 16.04 LTSでAMDGPU-PROドライバーを使用する

2017年05月17日 22時48分40秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第471回 Ubuntu 16.04 LTSでAMDGPU-PROドライバーを使用する

去年の年末にこの記事を書こうと思い、ずいぶん経ったものの

玄人志向 ビデオカードAMD RADEON RX460搭載 RD-RX460-E2GB
クリエーター情報なし
玄人志向


購入してベンチマークを取ってみると、なんともお寒い状況だったので、ドライバーのバグかなぁと思って次のバージョンが出るまで待ち、やっぱり同じ結果だったので

MSI GeForce GTX 1050 2GT LP グラフィックスボード LPモデル VD6239
クリエーター情報なし
MSI COMPUTER


衝動買いしてベンチマークを計測し、当初SuperTuxKartだけだったのをEnemy Territoryも追加して計測すると、そこそこ面白い内容になったのかなと思ってようやく書きました。最近のゲームのベンチマークはSteamのアカウントが必要なのね……と思っていくつか断念したのですが、今更思い出してみるとアカウントなかったっけ……。

プロプラなドライバーを可能な限り使いたくない私としては、やはりAMDのビデオカードを使いたいです。Radeon RX 550のLow Profile版はまだかしら(まだ買う気か)。

まぁでも本当にやりたいことは他にあったりするので、そっちの原稿も書きたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・ibus-skkでステータスアイコンを表示する方法

2017年05月03日 13時07分05秒 | Ubuntu
ibus-skkでステータスアイコンを表示する方法(と余談)

かなり苦戦しましたが、ibus-anthyを参考にしてPull Requestできるレベルにしました。

Add icon_prop_key support. · ikunya/ibus-skk@1a428b4

このパッチを適用したUbuntu 16.04 LTS用のパッケージはこちら

アイコンの文字の色は

$ gsettings set org.freedesktop.ibus.panel xkb-icon-rgba '#ffffff'

で変更できます。これで白になります。ちなみにこのコマンドに関しては現在発売中のSDに書いてあり、ここからの引用です。

ソフトウェアデザイン 2017年 05 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
技術評論社


Ubuntu 16.04 LTS用のパッケージははおそらく17.04でも動作するのではないでしょうか。個別にパッケージをダウンロードしてインストールしてください、と思ったら現在のGNOME Softwareはローカルパッケージはインストールできないんでしたっけ。
まぁよきに計らってください。

ibus-skkにPRを送って取り込まれたとしても新バージョンがリリースされる気はあまりしないので、必要だと思ったら各ディストリビューションで何とかするのがいいのではないかと思います。

ibus-kkcはまた今度で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

budgie-desktop 10.3.1にアップデート&翻訳の更新

2017年04月22日 19時34分13秒 | Ubuntu
先日リリースされたbudgie-desktop 10.3PPAにアップロードしました。
現在gitに入っているja_JP.poには不具合があるので、これを修正したパッケージです。
翻訳が修正された10.3.2がリリースされればいいのですが……。

あらためてご報告いただいたnishboneさんありがとうございました!

宣伝:
『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.6』発売開始!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月刊Software Design 2017年5月号 Ubuntu Monthly Report 第85回 Ubuntu 17.04とそのフレーバーの変更点

2017年04月19日 23時06分38秒 | Ubuntu
ソフトウェアデザイン 2017年 05 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
技術評論社


Ubuntu 17.04のリリースは13日、本誌の発売日は18日、手元に届いたのは16日(早!)であり、時空がねじ曲がったわけではなく1ヶ月前の内容を元に書いていますが、概ね正確です。しかし、Ubuntu GNOME 17.04はWaylandセッションは有効にできますので、そこは誤りです。お詫びして訂正します。あと、Xのバージョンは結局上がりました。

Ubuntu Budgie 17.04のことをRecipeに書くかどうかは未だに迷っているのですが、IBusをいい感じに使う方法はこれが初出だと思いますので、ご覧いただければと思います。正直他に情報があるのかは調べてないですけど、あのコマンドを探し出すのにものすごい回数の試行錯誤を行ったので、そんなにおいそれとわからないと思うんですよね……。

あとはWeb翻訳の件も少し書きました。本格的には来月……と思ったのですが、ご存知のとおりヘビー級の割り込みが入ったので半々になっています。こちらもお楽しみに。

まだ特集1しか読んでないんですけど、これすごくいいですね。第1章は概論だけかと思ったらいきなりWiresharkを出してきてパケットキャプチャを元に解説とかガチ過ぎていいぞもっとやれってなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第467回 Ubuntu GNOME 17.04の変更点と,入門者向け情報

2017年04月19日 22時49分23秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第467回 Ubuntu GNOME 17.04の変更点と,入門者向け情報(インストール,拡張機能の導入)

17.04もリリースされたし、Ubuntu GNOMEについて書くかー

チャンスだから入門者向けにも書くかー

書いても書いても終わらねー

ちなみに先週の第466回は図29まで、今回は図34までで勝ちましたね。やった。いえ、このぐらいしか柴田さんに勝てることないし……。

それにしてもgnome-initial-setupの初見殺しっぷりはなんとかならないものですかね……これ説明無しでmozcを検索しろとか無理ゲーにもほどがあるというかどこのエスパーですかという感じで……。はてさてどうしたらいいんだろう……。

奇しくもほぼ同じタイミングでLinux Daily Topics 2017年4月19日 Ubuntu GNOMEはディスコンへ ―デスクトップの独自開発からフェードアウトするUbuntuが公開されて、同じソースなのになぜこんなに違う内容になるのか興味深いです。

和訳はあまり得意ではないのですが、Ubuntu GNOME 17.04 Released and What’s Nextの一部分を訳してみましょうか。

The future of Ubuntu GNOME
Ubuntu GNOMEの未来

As announced last week by Ubuntu founder Mark Shuttleworth, Ubuntu 18.04 LTS will include GNOME instead of Unity. Specifically, it will be GNOME (including gnome-shell) with minimal Ubuntu customization. Next year, if you are using either Ubuntu 16.04 LTS or Ubuntu GNOME 16.04 LTS, you will be prompted to upgrade to Ubuntu 18.04 LTS. For normal release users, this upgrade should happen with the release of 17.10.
Ubuntu創始者のMark Shuttleworthが先週アナウンスしたように、Ubuntu 18.04 LTSはUnityの代わりにGNOMEが含まれる予定です。具体的にいうと、GNOME (gnome-shellを含む)に最小限のUbuntuカスタマイズを加えたものになるでしょう。来年、Ubuntu 16.04 LTSまたはUbuntu GNOME 16.04 LTSを使用している場合、Ubuntu 18.04 LTSにアップグレードするように促されるでしょう。通常版リリースユーザーの場合、このアップグレードは17.10のリリースで起きるでしょう。

ようするに

・ Ubuntu 16.04 LTSまたはUbuntu 16.04 LTSユーザーはGNOMEになったUbuntu 18.04 LTSにアップグレードする表示が出る
・ 通常版(ここでは17.04のこと)ユーザーはそれが17.10で起こる
・ すなわち17.10ではUnityの代わりにGNOMEが採用される

と読めるので、『10月リリース予定のUbuntu 17.10以降,Ubuntu GNOMEの開発は終息へと向かうことになる。』とか『Ubuntu 17.04という新バージョンをリリースしたばかりのUbuntuだが,プロジェクトすでに1年後に向かって動き始めている。』とかは??? なんですよね。Ubuntu GNOMEの開発はもう終息してます。

17.10の開発はまだ始まっていませんが(コードネームが発表されないと開発を開始できないため)、GNOME(というかGNOME Shell)に移行する準備は始まっています。Ubuntuとしてリリースされるということは関係するパッケージをCanonicalのサポートがあるmainリポジトリに含めなければいけないのですが、そのリストが作成されています。ついでにEメールクライアントどうしようか、むしろいらなくね? というまで出てきて、お、おう……となったのですが、Will Cookeが反対しているのでなしってことにはならないと思います(たぶん)。

やべ、これってUbuntu Weekly Topicsのネタを奪ってるんじゃないかと心配になってきました……以後気をつけます……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

budgie-desktopの再翻訳完了

2017年04月16日 21時01分27秒 | Ubuntu


先日hitoさんの取り計らいでbudgie-desktopを翻訳する権限をいただいたので、再翻訳したものをコミットしておきました。
次のバージョンでは取り込まれると思いますけど、果たして次のバージョンはリリースされるんでしょうか……新しく作り直してるんですよね……?

また、先日アップロードした翻訳とも微妙に違うので、Ubuntu Budgie用のパッケージも更新しておきました。今回は動作確認をちゃんとやったのでインストールしても大丈夫です(おい)。
何かツッコミがあったらお知らせいただければと思いますし、必要があれば更新します。

いちおうこれで私がすべき再翻訳はおしまいかなぁと思うのですが、次に何をしようか考えています。
1. GNOMEの翻訳…Ubuntuになることですし、これを機会に
2. Cinnamonの翻訳…分量的にできそうだけど、差し当たって使う予定がないという問題が……。
3. MATEの翻訳…revertは完了しているものの、古い翻訳と新しい翻訳が混在しているのが前から気になっているから直したい。でもとても一人でできる分量じゃないのでめげてる
4. budgie-welcomeの翻訳…実は権限だけは取得してある。勉強のためにやろうかと思ったけど、想定よりも量が多い。

まぁおいおい考えていきます。

Ubuntu Budgieのインストーラーの翻訳もしたのですが、先程確認したら取り込まれていないようでした。しくしく。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu 17.04 リリース!

2017年04月13日 23時04分49秒 | Ubuntu
リリースアナウンス
リリースノート
Ubuntu Weekly Topics 2017年4月14日号 Ubuntu 17.04 “Zesty Zapus”のリリース

17.04はUbuntu Budgieが仲間入りし、Ubuntu GNOMEが最後のリリースとなりました。
詳細はUbuntu GNOME 17.04 Released and What’s Nextをお読みください。

Ubuntu Budigeに関してはこちらもどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Budgie 17.04の翻訳テスト用リポジトリを作成

2017年04月13日 22時21分57秒 | Ubuntu
本エントリの執筆段階ではUbuntu 17.04はリリースされていませんが、これに含まれているbudgie-desktopの翻訳にはライセンス違反疑惑があります。
ということで私もbudgie-desktopの翻訳の権限を取得して新しく翻訳しようかと思ったのですが、もうずっと放置されているので差し当たって翻訳だけを行い、それを適用したパッケージをアップロードしました。

budgie-desktop for testing new Japanese translation
インストール方法の説明は省略します。というかインストール方法がわからない人はインストールしちゃダメです。

Budgieはよく知らないので適切ではない翻訳もあるかもしれませんが、発見された場合はご一報ください。そのために公開しています。

差分を見る限り、このあたりがハイライトでしょうか。
-#: ../raven/ui/appearance.ui.h:7
+#: ../src/raven/ui/appearance.ui.h:7
msgid "Override defaults"
-msgstr "デフォルトを無効にする"
+msgstr "既定を上書きする"

-#: ../raven/ui/panel.ui.h:5
+#: ../src/raven/ui/panel.ui.h:5
msgid "Autohide policy"
-msgstr "ポリシーを自動で隠す"
+msgstr "自動的に隠す"

-#: ../panel/applets/places-indicator/MountItem.vala:25
-#: ../panel/applets/places-indicator/VolumeItem.vala:25
+#: ../src/panel/applets/places-indicator/MountItem.vala:25
+#: ../src/panel/applets/places-indicator/VolumeItem.vala:25
msgid "Local volumes"
-msgstr "ローカルボジューム"
+msgstr "ローカルボリューム"

最後に全然関係ない宣伝ですが。
『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.6』発売開始!
今回の件に関する雑感を書いたので、無関係というわけではないですね。

追記:
あとTerminix(現Tilix)も対応する必要があるのですが、すみません、こちらは対応が難しいので翻訳ファイルを削除するなりGNOME端末を使用するなりしていただけませんでしょうか……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

技術書典2で総集編1とvol.6を頒布します! 詳細版 #技術書典2

2017年04月08日 17時47分31秒 | Ubuntu


技術書典2で総集編1とvol.6を頒布します! 詳細版 #技術書典2

よろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加