いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

Ubuntu 15.04のフレーバーで翻訳するべきパッケージ

2015年03月18日 20時27分59秒 | Ubuntu
もちろん普段の翻訳もやらなくてはいけないのですが、今回からの新規オフィシャルフレーバーのUbuntu MATEを中心に、いくつか翻訳が必要なパッケージが追加されています。具体的には以下のとおりです。
これで全部ではないと思いますが。
すべてuniverseにあるため、アップストリームへの翻訳、ということになります。

lightdm-gtk-greeter-settings…機能はパッケージ名のとおりです。これはもうやっちゃいましたが、いい加減な部分もあるので修正していただけるとうれしいです。
gufw…おなじみufwのGUIフロントエンドです。
Plank…Ubuntu MATEのDockみたいなものです。
Tilda…新しい端末です
・MATE Menu…MATEのメニュー表示プログラムです。MATEの翻訳権限がある人しか見られないため、リンクはしません。翻訳済です。
・MATE Tweak…MATEの設定変更ツールです。MATEの翻訳権限がある人しか見られないため、リンクはしません。翻訳済です。バグがあって翻訳ファイルが反映されませんが、直し方はわかりました。

もちろん私が全部翻訳するとか無理なんで、興味がある方はチャレンジてみてください。誰も翻訳しなければ英語のままリリースされるだけです。
あとはcompizconfig-settings-managerもなんとかしたほうがいいと思うのですが、どうすればいいのかわかりませんでした。

KubuntuもベースのKDEが5になったので大きく変わりましたが、あれはちょっとやそっとでどうにかなるものではないので私は知りません。まぁ頑張れ。

追記(3/21)
fcitx-ui-qimpanel…いちおう翻訳しておきましたが、日本語環境では使いにくくて仕方ないですね……。

更に追記(3/24)
folder-color…フォルダーの色とかを変更するNautilusとCajaの拡張機能。結構便利そうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TigerVNCってご存知ですか?

2015年03月18日 13時34分37秒 | OpenSource Software
TigerVNCはその名のとおりVNCサーバー/クライアントで、Linux (X Window System)/Windows/OS Xで動作するようです。Ubuntuでしか動かしていませんが。
名前は知っていたのですが、Ubuntu用のパッケージがないと思い込んでいたので、今まではスルーしてましたが、よく調べるまでもなく普通に配布してました。





翻訳されていなかったのでやってみました。完成したら取り込んでもらおうとは思うのですが、いつになるやら……。

ついでにパッケージの品質が著しく低いのもなんとかしたいところです。
debian/rulesを根本的に書き直さなければいけないレベルなのですが、さすがにそこまではやりません。
ただ、moファイルが何故かサーバーの方に入っていたりとか、Dashから起動できないとか、そういうところは直せそうな気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第366回 Ubuntuのディスク管理ツールを活用する

2015年03月18日 13時23分00秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第366回 Ubuntuのディスク管理ツールを活用する

なぜかはよく覚えていなかったのですが、ドライブのイメージ作成機能があることを知っていて、それを362回のラズパイの環境を作るときに使ったんですよね。
で、全然別の機会に、そういえばUSBメモリーの暗号化をしたい場合はどうすればいいのかと思って、調べてみたらやっぱりDisksを使うのが簡単だということがわかったので、じゃあ記事にするかと思ってさらにいろいろと調査しました。
本当にパッと見た感じではわかりにくかったですね……マニュアルもないっぽいですし……。
機能を確認するためにja.poを見てたら、私の名前があったんですよね。すっかり忘れていたのですが、どおりで機能を知ってるはずでした。

それだけではインパクトが弱いかなぁと思って、私が普段どれだけのHDDを運用しているのかを載せてみました。全然大したことないなぁという感想を抱かれたと思いますが。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ownCloud Client 1.7.1とVirtualBox 4.3.24をPPAにアップロード

2015年03月07日 20時38分17秒 | Ubuntu
それぞれPPAにアップロードしました。ownCloud VirtualBox

ownCloud Clientは1.7.1にしていますが、Trustyのみです。VirtualBoxはPrecise/Trusty/Utopicの3バージョンです。めんどくさい。
gitにあるownCloud 1.7.1はQt 5でビルドするようになっていますが、ここにあるパッケージはQt 4でビルドするように書き換えています。
VividになるとQt 5でビルドしてもフォントが正しく表示されるということは、すでに確認しています。確かQt 5.3で直ってるんですよね。逆にいえば、Trustyを使い続ける限りはQt 4でビルドしないといけないということですけど。
VirtualBoxはいつQt 5になるんでしょうなぁ。

追記:
ownCloud Client 1.7からはnautilus-owncloudというパッケージが追加され、これをインストールしてNautilusを再起動すると(どうやるのかはよく知らないのでいったんログアウトするのが簡単かと。たぶんコマンドがあると思いますが)各ファイルやフォルダーにステータスアイコンが表示されるようになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加