いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

2011年のオープンソース・デスクトップを総括しておくか。

2011年12月31日 17時14分03秒 | OpenSource Software
2010年のオープンソース・デスクトップを総括しておくか。

もはやかなり誰特感がありますが。

・日本語入力
IBusとMozcがかなり進化して、ついに再変換機能が使えるところまで来ました。
とはいえ、Ubuntu 11.10だとどうやってもうまく動作しませんが、12.04の開発版だと正しく動作しています。あとはFedora 16でも動作するのを確認しました。
MozcがDFSG Freeになってmainに入り、Ubuntuでも12.04からuniverseに入ったのはめでたいです。
Ubuntuでも2012年にはデフォルトになるとうれしいですけど、なかなか難しいんじゃないかと思います。うまい落としどころを見つけたいですね。

・印刷
これといって特筆するべきことはありませんが(去年と一緒だ)、GNOME 3.0からカラーマネジメントをサポートするようになったのはでかいですね。ようやくユーザーが触れるところまで来ました。
あとはどこのメーカーもわりとLinux対応に力を入れて、比較的新しいプリンタでもドライバが提供されるようになったのもめでたいです。これも今年どうのという話ではありませんけど。
iOSやらAndroidやら(まだ出てないけど)Chrome OSで提供されている印刷のワークフレームは普通にCUPSでも使えるというのも大きいと思います。
CUPSにもいろいろ変更があったのですが、それはどちらかといえば来年のトピックでしょうか。
日経Linuxに紙刷彦先生が連載されて、印刷が身近に感じられるようになったのもよかったですね。どういう方かは存じ上げませんが。

・フォント
IPAmj明朝フォントが出てきたのはでかいですねー。
次はこれをどうやって扱うの? というのがトピックかなーと思います。
ってか、実はもうフォントってあんまり気にしなくてもいい??
IPAフォントはいつまで更新されるんですかねぇ。

今年最大のトピックはOracleがOpenOffice.orgをポイチョと投げ捨てて、Apacheにくれてやったことですよねー。
まぁこのへんはgihyo.jpの新春特別企画に書きましたので、そちらをお読みください。1/3公開予定です。分量は今年の倍ぐらいです。
にしてもホントOracleはひどい。Javaのライセンス変更とかもそうですよね。

Ubuntu Magazine Japan復活はうれしかったです。来年はバリバリ出るらしいと聞いてます。ということはバリバリ書くということでもあるんですが。。

GNOME 3.0のリリースも大きなトピックでした。翻訳がすごく活発になって、本当に皆さんに頭が下がります。
私はそっち方面に行く余裕がないんですよねぇ……よよよ。

2012年はどんな年になるんでしょうね。
Ubuntu 12.04はLTSで初のデスクトップ5年サポートになるので、重要なリリースになりそうです。
LibreOfficeは3.5と3.6がリリースされる予定になってます。もうちょっと日本からのコミットを増やしたいところではあるのですが、どうしたらいいのかはよくわかりません。
まるごとOSSのVDI(Virtual Desktop Infrastructure)とかどうなんでしょうねぇ。商用は高すぎるんですよ。

んでOpenOffice.org日本ユーザー会10周年とか……こわい。

では、今年の更新はこれで終了です。みなさま1年間おつきあいありがとうございました。よいお年を。

追記:
印刷に関しては専門家のなるおが先生にお任せした方がいいんじゃないかと思うところ。
2012年はそうしよう、うん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年面白かったラノベのシリーズ10作

2011年12月31日 16時51分32秒 | 小説
2011年に1巻を読んだシリーズで、気に入ったものをピックアップしていきます。あくまで2011年に私が読んだものなので、去年始まったシリーズも入ってますがそのへんはお気になさらず。
選ぶのにはほとんど時間がかかりませんでしたね。まぁ去年以前に始まったもの(『さくら荘のペットな彼女』とか)は除外していますしね。

精霊使いの剣舞(MF文庫J)
5巻まで出てます(今日現在)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)
4巻まで出てます(今日現在)

花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)
単発です

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
3巻まで出てます。

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)
まだ2巻までしか読んでいませんが、3巻が出てます。

放課後あいどる (ガガガ文庫)
単発? よくわかりません。

僕と彼女のゲーム戦争 (電撃文庫)
2巻まで出ています(今日現在)

赤鬼はもう泣かない (ガガガ文庫)
単発です。

のうりん (GA文庫)
2巻まで出ています(今日現在)

桜色の春をこえて (電撃文庫)
単発? よくわかりません。

適度にばらけていると思いますが、ガガガ文庫好きであることがばれてますね。
てぇか電撃文庫はシリーズものが多くてなかなか新作に手を出せないだけなんですけどね。

今年もたくさん面白い作品を読むことができました。来年はもっと減らしたいです(あれ?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緋弾のアリア XI (MF文庫J)

2011年12月31日 16時40分18秒 | 小説
緋弾のアリア XI (MF文庫J)
クリエーター情報なし
メディアファクトリー


月が変わる前にメモメモその6。
これは東京に行く時期の関係で書いてる時間がなかったんですよねー。
12巻も文句なく面白かったので未読の方は12冊購入して全部読むべきだと思うんですけどねー。あっという間に読めますし。
アリアが若干空気になりつつある気がする気はしていますが……というか白雪派の俺大歓喜。
引きも気になりますし、続きが読みたいですねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可愛くなんかないからねっ!〈2〉 (電撃文庫)

2011年12月31日 16時34分47秒 | 小説
可愛くなんかないからねっ!〈2〉 (電撃文庫)
クリエーター情報なし
アスキーメディアワークス


月が変わる前にメモメモその5。
ああ、これも2巻で終わりですか……無念。
なんかふつーに妖気童謡もの(?)にしていればよかった気もしますが……。
童謡をモチーフにするって珍しいですし、2巻で完結ですし1巻と2巻お買い上げでもいいんじゃないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おジャ魔女どれみ16 (講談社ラノベ文庫)

2011年12月31日 16時30分00秒 | 小説
おジャ魔女どれみ16 (講談社ラノベ文庫)
クリエーター情報なし
講談社


月が変わる前にメモメモその4。
ああ、きっと私が好きな「どれみ」を小説にしたらこんな感じになるんだろうなーと思っていたものそのものだったので、なかなか言葉になりません。
馬越さんのイラストも大変に素晴らしいです。イラストレーターさんは少ない線で表現するのが仕事ですから、そう考えるとこれは直球と言うことになりますね。
すべてのどれみファンは読んでおくべきかなぁと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四人の魔女とエメラルドのキス (MF文庫J)

2011年12月31日 16時22分45秒 | 小説
四人の魔女とエメラルドのキス (MF文庫J)
クリエーター情報なし
メディアファクトリー


月が変わる前にメモメモその3。
これはなんか京都で読んだ記憶があります。はてさて、京都に何しに行ったんでしたっけ? あ、「けいおん!」を見に行ったんだ。そうでしたそうでした。
前作とはうって変わって(というか続きが読めないのが残念ですなぁ)正統派ファンタジーです。
設定はまぁ目新しいとは言えませんけど、1巻できっかりまとまっていたので続きが読みたいなぁと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕はやっぱり気づかない 3 (HJ文庫)

2011年12月31日 16時16分13秒 | 小説
僕はやっぱり気づかない 3 (HJ文庫)
クリエーター情報なし
ホビージャパン


月が変わる前にメモメモその2。
なるほど、2巻は積ん読状態だったので、3巻と続けて読んだんですな。
コメディ短編集という感じで、もうちょっと積んでから続けて読んでもよかったかもと思いました(おいおい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕はやっぱり気づかない2 (HJ文庫)

2011年12月31日 16時14分41秒 | 小説
僕はやっぱり気づかない2 (HJ文庫)
クリエーター情報なし
ホビージャパン


月が変わる前にメモメモその1。
パターンを踏襲しなくてもそれなりにまとめているのはいい感じだなーと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泳ぎません。 2 (MF文庫J)

2011年12月31日 15時40分40秒 | 小説
泳ぎません。 2 (MF文庫J)
クリエーター情報なし
メディアファクトリー


今年最後に読んだラノベになってしまいました。
ってか、2巻で終了とかマジですか……?
最後にメタフィクションっぽく今後の予定みたいなのが書いてありましたが(これってそういうことですよね?)充分に期待できるものだったのですが……。
誠に無念でした。次作に期待しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らき☆すた (9) (角川コミックス)

2011年12月31日 15時29分01秒 | マンガ
らき☆すた (9) (角川コミックス)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)


ゲーマーズで購入したので特別な表紙です。
こなたが天使ちゃんマジ天使とクドリャフカ(?)のコスプレしてます。
アニメが終わっても鷲宮神社人気が落ちないとか、またなんとも終わらないコンテンツと化しているらき☆すたですが、9巻も面白かったですねー。とはいえキャラが多すぎてよくワカランのですが、ひよりの紹介があってよかったです。紹介を見てもイマイチ覚えのないキャラもいたりするのですけどね!
にしても手の込んだ1冊だなぁと思いますね。売れてるからできることだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加