いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

2014年のオープンソース・デスクトップを総括しておくか。

2014年12月31日 22時14分06秒 | OpenSource Software
2012年のオープンソース・デスクトップを総括しておくか。

去年は書きませんでしたが。

・フォント
Source Hans Sans/Noto Sans CJKがリリースされました。
ウェイトが違うフォントが一緒に公開されたのは画期的に凄いことだと思います。
Linux Mint 17.1でデフォルトのフォントになったものの、インストールが別途必要というのはナイスジョークでした。まぁめちゃくちゃでかいフォントであるのは間違いないのですけど。
IVSとかの対応が必要なのは現在も変わっていないのですけど、絶対にないと困るという話は今のところ聞こえてきていませんね。いえ、必要なものはもう対応しているのでこのあたりまで降りてきていないということかも知れませんけど。

・インプットメソッド
Fcitxがものすごい勢いで普及しました。Ubuntu日本語Remixでも14.04からFcitxをデフォルトにしました。
UbuntuそのものでもFcitxをデフォルトにする動きはあって、14.10では時間切れでしたが15.04ではゆるゆると進行中です。ただ、15.04でデフォルトが変わるかはわかりません。そのぐらいのゆっくりペースです。
他のLinuxディストリビューションでは追随するのかよく知りませんが、来年リリース予定のVine Linux 7ではFcitxに変更する予定のことです。
Mozcはリリースポリシーが大幅に変更され、tarボールでのソースコードの配付がなくなりました。また、以前はGoogle内部からのスナップショットを公開という感じでしたが、最近は細かくコミットされ、変更点も追いやすくなり、どのリビジョンを使用するのか決めるのが簡単になって個人的にはすごく助かっています。
libkkcはDebian/Ubuntuでも使用できるようになりました。あ、リポジトリがgithubに移行したんですね。

・印刷
CUPS 2.0がリリースされたくらいでしょうか。すみません、最近追いかけていません。
おがさわらさん、はろー(丸投げ

去年は寄付のお願いをしまして、たくさんの方からいただきました。その節はありがとうございました。
LibreOfficeの翻訳は今年で辞めるつもりでしたが、もう少しだけ続けることにしました。どうしても優先度は下がってしまいますが……。
現在は強くお願いしているわけではありませんが、Amazonギフト券をikunya@gmail.comにお贈りいただけるととても助かります。

というわけで、今年の更新はおしまいです。
1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

デスクトップ環境の話は、来年一発目のRecipeに書こうと思っています。
来年最初に公開される記事は、毎年恒例gihyo.jpの新春特別企画です。乞うご期待。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Best Always 大滝詠一

2014年12月31日 19時14分34秒 | 音楽
Best Always(初回生産限定盤)
クリエーター情報なし
SMR


毎年12/31は大滝さんの曲を聞く日になってしまったわけですが、誰もそんなことは望んでいませんでした。
このアルバムだってそう。別に聞きたかったわけでは全然ありませんけど、発売されたら買いますよそりゃ。そうしたら聞くじゃないですか。当たり前ですけど素晴らしいじゃないですか。名曲ばかりじゃありませんか。泣けるじゃありませんか。
そして大滝さんによる新曲や"A LONG VACATION"と"EACH TIME"のリマスター盤や、他のアーティスト(植木等さんとか!)に提供したアルバムのリマスター盤がもう発売されないという現実に打ちひしがれるじゃないですか。辛いじゃないですか。
辛い。以上この件おしまい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年見たアニメ

2014年12月31日 18時55分39秒 | アニメ
あわしろいくやは一般人である。

というわけで、今年1話から最終回まで見たアニメを羅列していきます。
基準は今年最終回を迎えたアニメということで。

・ドキドキ! プリキュア

・探偵オペラ ミルキィホームズ セレクション

・世界★征服~謀略のズヴィズダー~

・いなり、こんこん、恋いろは

・ログ・ホライズン(1期)

・最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。

・のうりん

・ガンダムビルドファイターズ

・そにアニ

・魔法戦争

・桜Trick

・東京レイヴンズ

・咲-全国編-

・中二病でも恋がしたい! 戀

・未確認で進行形

・キルラキル

・ディーふらぐ

・Wake Up, Girls!

・ストライク・ザ・ブラッド

・みんな集まれ!ファルコム学園

・生徒会役員共*

・とある飛空士への恋歌

・銀の匙

・凪のあすから

・デート・ア・ライブⅡ

・D.C. Ⅲ(再放送)

・ニセコイ

・selector infrected WIXOSS

・蒼き鋼のアルペジオ (再放送)

・Free! (再放送)

・龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

・ブレイクブレイド

・僕らはみんな河合荘

・一週間フレンズ。

・星刻の竜騎士

・ブラック・ブレット

・ご注文はうさぎですか?

・エスカ&ロジーのアトリエ

・健全ロボ ダイミダラー

・彼女がフラグをおられたら

・ラブライブ! (2期)

・極黒のブリュンヒルデ

・キャプテン・アース

・ハイキュー!!

・普通の女子高生が【ろこどる】やってみた

・RAIL WARS!

・さばげぶっ!

・月刊少女野崎くん

・モモキュンソード

・ハナヤマタ

・まじもじるるも

・アルドノア・ゼロ

・グラスリップ

・翠星のガルガンティア

・魔法科高校の劣等生

・六畳間の侵略者!?

・てーきゅうベストセレクション

・人生

・バディ・コンプレックス

・精霊使いの剣舞

・Free! (2期)

・あいまいみー~妄想カタストロフ~

・アカメが斬る!

・白銀の意思 アルジェヴォルン

・夏色キセキ(再放送)

・ヤマノススメ セカンドシーズン

・ウィッチクラフトワークス(本放送/再放送)

・selector spread WIXOSS

・結城友奈は勇者である

・探偵オペラ ミルキィホームズ(再放送)

・魔弾の王と戦姫

・天体のメソッド

・俺、ツインテールになります。

・旦那が何を言っているのかわからない件

漏れとかはあるかもしれませんが、例えば『マイリトルポニー』は1話から見たわけじゃないのでこのリストには入りません。
1話を見ていない『プリパラ』も入りませんね。終わってませんけど。

年超しちゃったのは
・甘城ブリリアントパーク
・ガールフレンド(仮)
でしょうか。

記録上は『RAIL WARS!』のアニメを観たことになっているのですけど、私の記憶ではまだアニメ化されていないのですが……あれ、おかしいぞ……。
原作準拠でアニメ化して欲しいなぁと思います。
面白かったアニメはたくさんありますけど、ダントツでつまらなかったのは『魔法戦争』ですね。『RAIL WARS!』は前述のとおりアニメ化されていないので除外します。
まぁ本当に面白くないor録画のミスで観るのやめちゃった奴は除外しているのですけど。
面白くないというか、観る時間がなくて後回しにするとそのまま見なくなる、という感じですけど。その点最後まで観ただけマシですけど、あの最終回にはホント腹が立ちました。
心底時間の無駄だったと思います。

これだけの時間をほかのことに使えばもっと有意義なことができるのではないか? と思われるかとは存じますが(私自身もそう思いますが)、減らすと他のこともできなくなるので逆効果だ、ということがわかりました。
因果なものです。
どうしてこれだけのリストを作成することができたのか? というのも疑問に思われるかと存じますが、録画したものは原則として保存しているので、HDDをガチャガチャやって記憶と照らし合わせればわかるんですよ。

ちなみに今年観た映画は
・劇場版Wake Up, Girls!
・劇場版IDOLM@STER(3回)
・劇場版モーレツ宇宙海賊
・たまこラブストーリー
だと思うのですが、何か忘れているのがあるかもしれません。
ラブライブ! のライブビューイングと2期最終回を観に行ったので、追加で二回劇場には足を運んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年行ったところ

2014年12月31日 12時58分38秒 | 日記
・1月26日 交通科学博物館
今はなき弁天町の交通科学博物館に行きました。4月で閉館してしまうので混むかなと思って1月に行ったものの、それでもやっぱり混んでましたね。
交通科学博物館は新幹線が開通する前からあったわけですが、それが関係してなのかしてないのか、東京-大阪間の移動がどのように短縮していったのかというのが興味深かったです。

・2月09日 さいたまスーパーアリーナ
すでに書きました。
来年はチケットが外れてしまったので行けません。ぐすん。

・2月10日 鉄道博物館
大宮の鉄道博物館に行きました。結局半日いるぐらいには楽しかったです。
開業当初の新幹線は30分に1本しか走っていなかったとか驚きでしたし、なんと言っても新幹線そのものが走るようになった経緯を知ることができてとても勉強になりました。
本当に行ってよかったです。また行きたいなぁ。

・2月11日 神田明神
たぶん2回目です。

・4月27日 京都観光
「いなこん学会」と称して『いなり、こんこん、恋いろは』の舞台訪問をしようと思ったら、前日に上映開始の『たまこラブストーリー』を観たおおたさんから是非にということで出町柳とかにも行きました。
行程的にも時間的にも問題なさそうだったのでOKしたのですが、正直行っておいてよかったです!!
出町ふたばさんの大福がうまいことうまいこと……。
伏見稲荷大社はずっと行ってみたかったので、ちょうどいい機会でした。

千本鳥居は圧倒的でした。

なかなかよく撮れたと思う写真です。
というか伏見稲荷大社は思ったよりもかなり過酷でした。

・5月4日 堺市
いろいろとやることはあったのですが、概ね放り投げて地下鉄乗り鉄の旅に出かけました。
中百舌鳥とか八尾南とか、よく聞くけど行ったことない駅に行ってみようということだったのですが、中百舌鳥は周りが古墳だらけということで、仁徳天皇陵古墳に行きました。ってか中百舌鳥から歩ける距離じゃないですよね……。
その後堺市の博物館にも行きました。

・5月17日 まどか☆マギカ展
どこでやったんでしたっけ。南港か。
まぁあれだけいろいろ展示しようと思ったらそれなりの会場になるので、遠くまで行かないとダメでしょうねぇ。

・5月31日 大阪くらしの今昔館
定期で行けるところにあるのに、今まで行ったことがなかったという……。
スペースの比率的にはあまり大きくないんですけど、むしろ近代に入ってからのほうが興味深かったのは、私が近代史に興味があるからでしょうかね。

・6月14日 江ノ島
急に仕事で東京に行くことになったのですが、月曜日の朝一だったので前泊OKになり、だったら前前泊しようということで、江ノ島に行きました。
初めて極楽寺で途中下車しました。

・6月15日 聖蹟桜ヶ丘
『一週間フレンズ。』に感銘を受けて、いい機会だったので行ってきました。

放送中の訪問だったので、劇中に出てきたもののまだ行ってないところもあるのでまた行きたいです。

・7月16日 ガンダム展
大阪文化館・天保山でやってました。来年は東京でもやるとのことです。
まぁ当たり前ですけど、35年前のアニメですから、現在の常識が全く当てはまらないのが刺激的でした。手書きの企画書だったりLPレコードだったり。

その後ぽんばしに行ったら、たまたまこんなものが。

・8月23日 京都観光
京都観光というか、出町柳周辺と藤森(ふじのもり)に行きました。
藤森は本当にいいところでしたねー。まんまでした。

・10月11日 江戸東京博物館
江戸東京博物館の特別展に行きました。
やっぱり新幹線に興味が惹かれるんですよねぇ。
会場には東洋の魔女もいらしていて驚きました。
その後秋葉原に行き、ヤヤちゃんのカラオケルームでカラオケ歌ってました。ラブライブ! ばっかりだったような気がするのは気のせいです。たぶん。

・10月12日 飯能
『ヤマノススメ』の舞台訪問ということで、飯能に行ってきました。
主な目的は天覧山に登る(?)ことだったのですが、多峯主山にも登りました。半端ない距離を歩きましたね。

飯能河原とかいろんなところに行きましたけど、どこも楽しかったです。
帰りに食べたカレー南蛮そばがとても美味しかったので、また行きたいものです。なかなか難しいですが……。

・11月3日 平等院鳳凰堂
いろいろ思うところがあって、急遽決めて行きましたが、めっちゃ混んでましたね……。

基本的には当時の工法で修復したものの、塗料は当時の技術が失われているので代用している、という話にいろいろと思うところがありました。
あとはまぁ当然ですけど、その場にいる人が口々に「10円」「10円」言ってるのが面白かったです。

・11月8日 大和展
大和にはロマンを感じるので、行ってみました。
デジカメにSDカードを入れ忘れるということがあって、写真を撮れなかったのが残念です……。
呉の大和ミュージアムにも行きたいです。

・12月6日 滋賀観光
JR西日本の1日乗り放題券を買って、乗り鉄してきました。八幡山ロープウェイに乗ったりもしましたが。
雪が降ったのでめっちゃ寒かったですよ……。
近江鉄道にも乗れたので、豊郷小学校旧校舎群にも行きました。

念願の米原に行くこともできました。本当に乗り換えただけの時間しかいなかったですけど。
その後京阪大津線に乗り換えて乗り鉄してきました。


・12月20日 東京国立博物館
今年最初で最後になってしまいましたが。久しぶりに行ったら展示物ががらっと変わっていて、やっぱりたまに行かないとなーと思いました。
「自在置物」がいくつか転じてあったのですが、これがにんともかんとも圧倒的でした。
般若の実物を見ることができたのもよかったです。そうか、考えてみたら般若って女性ですよね……。

・12月21日 大洗
毎年恒例の大洗にも行きました。昨年とは違う面子でしたが、やはり何度行ってもいいものはいいです。
いつもとコースはあまり変わっていないのですが、大洗磯前神社に着く頃には真っ暗になっていたのでその理由を考えてみたら、たぶん買物の時間が長かったからだと思いました。
確かに私もいつもより多く買い物していますし。干し芋美味しいです。

・12月22日 鎌倉-江ノ島
ジモティー(死語?)のたいやきさんと共に、鎌倉-江ノ島観光に行きました。
もーね、めっちゃ天気がよかったんですよ。富士山もしっかり見ることができましたし。風が強くて海面も高かったんですけどね。

鎌倉の大仏を初めて見ました! 天気のよさが解ると思います。

天気のよさが(ry

天気のよさが(ry

天気のよさが(ry
江ノ島には何回も行ってますけど、こんなに天気がよかった(+海面が高かった)のは初めてだと思います。
あとは江ノ島シーキャンドルに初めて登りました。まぁあんなに天気がよかったらそりゃ行きますよね。

・12月23日 秋葉原
まぁ秋葉原には20-23まで毎日行ってたのですが。
SHIROBAKO展やってたので見てきました(2回目)

声優さんのサインが入ったので、それを撮りに行った感じですね。

本当は碓氷峠にも行こうかと思ったのですが、行けなくなってしまったので来年行こうと思います。暖かくなったら。
あとは統合される前に梅小路蒸気機関車館にも行かなきゃですね。
国立民族学博物館、京都国立博物館も押さえておきたいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始のお供に『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.2』を

2014年12月31日 10時57分59秒 | 日記
『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.2』発売開始!

大晦日に景気の悪い話ですが、まぁ正直売れていませんので宣伝です。
あと20部くらい売れてくれるとうれしいんですが、それでも目標には足りません。
次号が出せそうな程度の売上はあるのですが。

Ubuntu 10周年を締めくくる最後の日に、ご一読いただけると幸いです。
まぁ来年になってからでもいいのですけど……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第354回 VMware Workstationを使用する

2014年12月18日 00時09分51秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第354回 VMware Workstationを使用する

清水の舞台から飛び降りる気持ちで11のアップグレード版を買いましたが、よく考えたら今までRecipeで扱ったことなかったですし、Ubuntuインストールしたら英語なんです→それって簡易インストールとちゃいますのん? と常々思っていましたし、open-vm-tools楽ちんだし、ということで原稿にしてみました。
簡易インストールはVirtualBoxにはないというのは正しいのですが、実はパッチは提出されています。しかし取り込まれる気配はありませんし、私も不要だと思います。

年内に公開される記事はこれが最後です。まぁここにはいろいろ書きますし、新春特別企画の例のアレは現在執筆中で、当然年内締切なので、これが最後の締切ってわけではありません。まだまだがんばりますよー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

In my 松屋 life

2014年12月18日 00時00分00秒 | いくやのホールインワン
この記事は松屋Advent Calendar 18日目のために書かれました。
昨日のjunjiruさんの記事の写真はインパクトがありますね……。今回のは普通でごめんなさい……でも一般人なのでしょうがないのです……。

私は別に松屋が特別好きというわけではないですし、牛めしを食べることはほとんどありません(松屋仮面ごめんなさい)し、かといって家の近くに1件、会社の近くに2件あるので行かないということもありません。最近はなか卯でランチ500円/600円やってるのでよく行きます。松屋は500円で食べられる定食がなくなってしまいましたね……。

私も人並みには食べ物の写真を撮るのですが、松屋のメニューはあまり撮りません。松屋で一番よく食べるのが牛カルビ定食だったりするのですが、過去4年分を確認しても牛カルビ定食の写真は1枚もありませんでした。
逆に言えば、写真が残っているということはお気に入りのメニューということで、ここで何枚か紹介します。
姉妹店(?)である松乃家のメニューの写真も、同時に掲載します。

タイトルはThe Beatlesの名曲、In my lifeからいただきました。In my 松屋 life, I've loved them all!


2013/7/31に撮影した、手元にある最も古い松屋のメニューの写真です。山かけネギトロ丼好きです。
夏の暑いとき、ちゅるちゅると食べられるのが嬉しいです。


2013/9/18に撮影した、鉄皿煮込みデミたまハンバーグです。今は s/煮込み// のようですが。私ソーセージ好きなので載ってるとついつい注文してしまうのですが、やっぱり野菜が欲しいなと思います……。ミニサラダサービスはもう終わったんでしたっけね?


2014/1/16に撮影した、牛皿唐揚げ定食です。会社近くの松屋でやってたのですが、今はもうなくなっています。ワンコインで食べられたので財布に優しかったのですが……。


2014/2/23に撮影したキムカル丼です。私は牛めしの2倍近い価格から、ブルジョア丼と呼んでいます。生野菜サラダもつけていますね。キムカル丼はとても好きなのですが、サラダもつけるとそこそこいい値段になるので、それだったら牛カルビ定食のほうがいいよなーと思って、結局頼む回数が多い、ということになってます。吉野家にも牛カルビ定食ありますけど、松屋の勝ちですね。値段も勝ってますけど。


2014/3/29に撮影したすき焼き鍋膳です。牛丼チェーン各社で鍋料理を出しています/いましたが、松屋のこれが一番好きでした。しかし、味噌汁は冗長だと思います。出されたら飲むんですけどね。お腹がタプタプになったのをよく覚えています。


2014/7/21に撮影したキムカル丼です。前のは限定復帰、今回のは本格復帰でしたっけ。


2014/9/25に撮影した山かけネギトロ丼です。松屋では終売しましたが、松乃家で復活した時に食べたものですね。こうやって見るとマグロが少ない……


1週間も空けず、2014/9/30にまた山かけネギトロ丼を食べに行ったようです。好きですねー(我ながら


2014/10/21に撮影した松乃家のカキフライ定食です。これで690円はお得だと思います……!


2014/11/8に撮影した松乃家のささみカレーサラダセットです。確か500円でした。


2014/11/30に撮影した肉カレーうどんライスセット+生野菜サラダです。私はカレーうどんはあまり食べないのですが(そもそもカレー自体あまり食べないのですが)、これはいいなと思いました。大阪だと得正が有名で確かにおいしいのですが、ちと辛過ぎなんですよ……私には。


そして最後、先日(2014/12/10)に撮影したトンテキ定食(略してTTT)です。昨年のTTTは食べていないので比較できませんが、これはおいしいなと思いました。人気があるのも頷けます。

以上お粗末さまでした。
明日はkazken3さんの記事です。どんな内容か楽しみです!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LibreOfficeのコメント機能を活用する

2014年12月13日 00時00分00秒 | LibreOffice/AOO
この記事はLibreOffice Advent Calendar 2014の13日目です。
Ubuntu Weekly Recipeのボツネタ供養でもあります。あらためて読んでもこりゃボツになるわ……。

○コメント機能
 LibreOfficeにはコメント機能があります。[挿入]-[コメント]で使用できます。コメント機能はおそらく自分以外の人にドキュメントを見てもらい、それに対しての指摘などを書いてもらうのが主な用途だと思うのですが、自分の備忘録などとして活用するのもまた便利な使い方です。

○コメント機能の変遷
 コメント機能はLibreOfficeのバージョンアップとともに機能が追加されていきましたが、具体的にどのような変遷を経たのか見ていくことにします。
・3.3〜3.6
 コメントを入れることはできますが、範囲の選択すらできませんでした(図1)。

図1

・4.0
 4.0からは制限付きであるものの範囲指定ができるようになりました(図2)。

図2

・4.1
 4.1からは4.0にあった範囲指定の制限がなくなったほか、コメントの表示/非表示が可能になりました(図3)

図3

・4.3〜
 4.3からはコメントの入れ子と余白にコメントを印刷する機能とコメントの書式を変更する機能が追加されました。

○事前準備
 コメント機能を使用する場合は、必ず事前に使用者の名前を登録してください。[ツール]-[オプション]-[ユーザーデータ]の[姓/名/イニシャル]です。

○Writerでのコメント機能
 以後解説は全てUbuntu 14.10上のLibreOffice Writer 4.3.3(執筆時点)で行います。
・挿入
 範囲指定する場合は事前に該当部分を選択して、そうでない場合はコメントを挿入したいところにカーソルを移動し、[挿入]-[コメント]でコメントを挿入します。コメント欄に何も書かずにマウスのポインターを移動すると、コメント欄は消えてしまいますので、挿入したら必ず何かを書いてください。

・表示/非表示
 LibreOffice 4.1以上を使用している場合は、コメント欄の上部に[コメント]という部分があり、ここをクリックするとコメントの表示/非表示の切り替えができます(図4)。ディスプレイの解像度が狭い場合や、執筆に集中したい場合に便利でしょう。

図4 右上に[コメント]がある

・返信
 コメント欄の右下にある▼をクリックするとサブメニューが表示されます(図5)。ここに[返信]があり、コメントに返信することができます(図6)。

図5

図6

・削除
 コメント欄の右下にある▼をクリックするとサブメニューが表示されます。ここに3つの[削除]があり、コメントを削除することができます。削除はそのコメントだけ、その人が残したコメントだけ、コメント全部から選択できます。

・すべてのコメントの書式
 コメント欄の右下にある▼をクリックするとサブメニューが表示されます。ここに[すべてコメントの書式]があり、コメントに返信することができます(図7)。

図7

・PDF出力
 PDF出力時に[コメントをエクスポート]にチェックを入れると、コメントをPDFの注釈としてエクスポートすることができます(図8)。ただし範囲指定は反映されません。

図8 [コメントをエクスポート]にチェックを入れる

・印刷
 コメントをどのように印刷するかは、印刷時に設定できます(図9)。デフォルトでは[なし(ドキュメントのみ)]で、そのとおり印字しません。[コメントのみ]はどんな場面で役に立つのかよくわかりませんが、[なし(ドキュメントのみ)]で印字したのにもかかわらず後から必要になった、という場合にはいいかもしれません。[ドキュメントの末尾に置く]と[ページの末尾に置く]は、検証した限りでは実際には末尾ではなく次のページに印刷されるのが気になりました。[マージン内の位置]は4.3から追加されましたが、画面上と同じく右側に吹き出しの形式で印刷されます。

図9

・Wordとの相互運用性
 doc形式あるいはdocx形式で保存してWordで開いても、コメントは表示されています(図10)(図11)。

図10 doc形式

図11 docx形式

○Calcでのコメント機能
 Calcでは、選択したセルに対するコメントとなります。誰のコメントかなどを表示する機能はなく、非常にプリミティブです。コメントのあるセルの右クリックで挿入/削除/非表示を選択できます。表示/非表示は印刷にも影響します。すなわち非表示にするとコメントは一切印刷されません。

○Impress/Drawでのコメント機能
 Impress/Drawでは、当然ではありますが任意の場所にコメントを挿入することができます。返信などはできませんが、イニシャルだけとはいえ誰のコメントかわかること、右下の▼から削除などが可能な分Calcよりは使い勝手がいいです。ただしコメントを印刷することはできません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu Weekly Recipe 第352回 UbuntuとVirtualBox再入門 パート2

2014年12月03日 22時26分14秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第352回 UbuntuとVirtualBox再入門 パート2

もともと書いていたネタがあったものの、あまりにも短すぎて中身がなかったのでボツ(近いうちにここで復活させます)。次のネタは検証中に使えないことがわかり、困った時のVirtualBoxネタと相成ったわけです。私がVirtualBoxについて書く時は、ネタに困った時かよっぽど書きたいことがあったかどちらかです。これマメな。

とはいえ、VirtualBoxの開発状況をまとめておきたかったのもまた事実で、いい機会でした。
本題は2ページ目だったのですが、何がメインなのかわからなくなりました。まぁ全員がセンターですから(違
ちょうどいい感じに3ページに分割していただけて、とてもよかったです。

検証のために古いOSをインストールしたい、というのはよくあることじゃないですか。私は主要OOoのバージョンをだいたい使えるようにしていたりしますが、そういう場合に知っておくと便利なtipsが3ページ目です。
それにしても、昔は本当にインストールが面倒だったんだなぁというのをあらためて思いました。
linux-headers-`uname -r`とかホント使わなくなりましたよね……懐かしい……。このあたりは昔取った杵柄ってやつです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加