いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

2009年のオープンソース・デスクトップを総括しておくか。

2009年12月31日 19時30分33秒 | OpenSource Software
2008年のオープンソース・デスクトップを総括しておくか。

毎度おなじみ3つの軸から。

・日本語入力
IBusの開発と普及が進みました。
FedoraのみならずUbuntuにMoblinにChrome OSにと、来年はさらに多くのディストリビューションで採用されることになるでしょう。
ibus-anthyは、最近はあまり開発は活発には行われていないようですが、来年はどうなんでしょうね。
ATOK Xの新バージョンが出るとうれしいですが、勝手な予想ではあるものの難しいような気がしています。
必ずしも(現段階では)オープンソースではありませんが、Google日本語入力にBaidu Typeに、いつになく日本語入力にスポットが当たった年だったような気がします。

・印刷
DebianやUbuntuといったディストリビューションのCUPSで、PDF Workflowなるものが使われるようになったのが大きなトピックでしょうか。
とはいえ、PDF Workflowってどういうものかよくわかっていませんが……。脱Ghostscriptが進むのであれば、とてもいいことですね。
これでOOoで印刷した時に文字が抜けるという不具合が白日の下にさらされることになりましたが、OOo 3.2では修正されます(確認済)。1月中にはリリースされるんじゃないでしょうか。
相変わらず各ベンダーがDebian/Ubuntu用のドライバを出してくれるようになりましたが(あのRICOHでさえも!)、パッケージ名のlibcupsys→cupsのtransitionで以前に出たドライバがインストールできないということもあり、今後の課題も提起することになったのではないでしょうか。

・フォント
IPAフォントがついにOSD準拠のライセンスで公開されましたが、Qtで使ったときに悲惨になるという単純な不具合が修正されず(もちろん悪いのはQtのようですが)、相変わらず腰が重いのであまり普及が進んでいないということになっています。
あと、ついにCMapがnon-freeからmainになり、EvinceでPDFを見たら文字化けするんですがーということがなくなったのはビッグニュースです。とはいえ、Ubuntuでは10.04からになるでしょうが。
ほかにも、(あまり話題にならないものの)Debianではフォントの扱いがいろいろ変更になっていて、レガシーからの脱却が進んでいます。

水樹奈々さんの歌がちょうど終わったところです。
ではでは、皆様よいお年を。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

最終回5本

2009年12月30日 21時46分51秒 | アニメ
こっちだと年をまたいで最終回というのも多いので(迷惑な話ですが……)、年内に終わったのはこのぐらいですか。

・乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第12話
まぁボチボチだったんじゃないでしょうか。
DVD買いましたが、まだ見てません。感想はいずれ。

・にゃんこい! 第12話
終始一貫川口監督スタイルで、これはこれでよかったと思います。
私の中でまたちょっぴり戸松遥の評価が上がりました。なんか脇役のほうがいい仕事するような気がしますよ……。

・ファイト一発! 充電ちゃん 第12話
時間がちょうど良かったのでリアルタイムで見てましたけど、まぁこんなもんかなという感じですね。
特に可もなく不可もなく。

・獣の奏者エリン 第50話
たっぷり4クールものは久しぶりのような気がしますよ。まぁなかなかよかったんじゃないでしょうか。ってか、やっぱりアニメはこうあるべきですよね……。

・そらのおとしもの 第13話
鬱展開になると聞いてましたけど、最後だけでしたね……。まぁ意図的なものでしょうが。
とにかく1つのスタイルをずっと貫いたのは評価できます。間違いなく。その変なベクトルも含めて!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こもれびノート (HJ文庫)

2009年12月30日 21時36分01秒 | 小説
こもれびノート (HJ文庫)
しやけ遊魚
ホビージャパン

このアイテムの詳細を見る


手に取ったときは全くわかりませんでしたが、基本的に最初から最後までずっと鬱展開です。たまにはこういうのもいいとは思いますが、辟易としてしまったのは事実ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TVアニメーション「そらのおとしもの」 エンディングテーマ・コレクション

2009年12月30日 21時28分11秒 | 音楽
TVアニメーション「そらのおとしもの」 エンディングテーマ・コレクション

コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


あくまでこのアニメのエンディングという点でですが、なかなかよかったですよ。
懐メロカバー集(「ゆけ! ゆけ! 川口浩」は原曲そのままですが)として見た場合は必ずしもそうでもないですが……(あの人とかこの人とか歌がイマイチな人もいますし)。
ゲマズで買ったら特典がいろいろついてきたので(クリアファイルとか)、特典目当てな方にはいいんじゃないでしょうか。別に私がそうだということじゃないですけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

H.264のキレイさに恐れおののく

2009年12月30日 21時09分55秒 | PC
せっかく速いCPUを手に入れたので、あまり馴染みのないH.264に挑戦してみました。正確には、互換のx264ですが。

確かに時間はかかるようになりますが(でも許容範囲内ですよ)、キレイですし、ファイルサイズも小さくなります。こりゃXvid使いつづける必要は全くないな、と思いました。

こういうことがあると、もっと早くやっておけばよかったなぁと思います。

あと、Vista/Win7では標準のMP3 Codecでも高いビットレートが使えるようになるそうで(レジストリをいじる必要がある)、これもやってみましたが、音がずれるようになってしまいました。でも、周波数を1段階上げてやれば問題がなくなりました。何なんでしょうねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

XvBAにハァハァしようかと思ったけど……。

2009年12月30日 20時57分49秒 | Ubuntu
AMD's UVD2-based XvBA Finally Does Something On Linuxということで、785Gマザーで試そうかと思ったのですが、このへんゴニョゴニョするのが面倒くさくなって、やめてしまいました(ぉ
H.264もVC-1も使わないんですよねぇ。

これのほかにlibamdxvba1があればちゃんと動くはずなので、誰か試してみてください(ぉ
ってか、Recipeのネタにすればいいのか??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Phenom II X4 945とM4A785D-M PROを購入!

2009年12月30日 20時48分00秒 | PC
ASUS [M4A785D-M PRO] AMD 785G SB710搭載 マイクロATXマザーボード

Asustek

このアイテムの詳細を見る


そろそろPCの更新時期だし、Win7も使いたいし、せっかくならクアッドコアにしたい、ということで、このチョイスにしました。本当はメモリもDDR3にしたかったのですが、どーにも高いのと、DDR2が余っているのでこのマザーにしました。サウンドのチップがVIAなことや、eSATAのポートがついているのもポイント高いです。
HDDは容量不足で外したSeagateの7200.12 500GBにしました。
ビデオカードは当分オンボードで、Radeon HD 56xxが出たら買おうかと思っています。別にそんなに高速なものが必要なわけではないので、今使っている4650でもいいんですけど。

Windows 7 Professional (64bit)とUbuntu 9.10のデュアルブートにしました。私としては珍しく、です。

いやー、それにしても速いです。ちょっとしたしたことでも体感できます。昨日から今日にかけては、この速さをいろいろ体感することをやってました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A.T.M.O.S.P.H.E.R.E(限定生産盤)

2009年12月28日 23時29分33秒 | 音楽
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E(限定生産盤)(DVD付)

SMD

このアイテムの詳細を見る


最近Beatlesばっかり聴いているので、買っちゃいましたその2。
sphereってよく知りませんし、4人の聞き分けもちゃんとできるか自信がありませんが(そんな自信必要ない気もしますが)、とりあえず女性が何人か集まって歌っているのが好きなので、買ってみました。
でもsphereといえば林原さんのアルバムだろ常識で考えて……。まぁファン層が被らないだろうということなんでしょうけど(正しい判断だ
顔写真を見ても誰が誰かわかりません……。誰か解説してください(ぉ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Styles(初回限定盤)(DVD付)

2009年12月28日 23時15分58秒 | 音楽
Styles(初回限定盤)(DVD付)

flying DOG

このアイテムの詳細を見る


最近Beatlesばっかり聴いているので、買っちゃいましたその1。
やっぱりMay'nたんの歌はいいですねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)

2009年12月28日 23時07分00秒 | 小説
ほうかごのロケッティア (ガガガ文庫)
大樹 連司
小学館

このアイテムの詳細を見る


とんでもなく面白かったです。
ピクシー・ワークスみたいな感じなのかなと思ったのですが、ベクトルはちがうものまぁだいたいそんな感じです。
とにかく登場人物が残念な人たちで、現在もしくは過去に影があって、なんとも電波な理由でロケットを作って飛ばすというのがおおまかなストーリーです。今の言葉でいうと、非コミュが集まってやがてリア充になるという感じでしょうか(よくわからんて
パロディもすごく多いです。私がわかったのはたぶん6~7割くらいかと。「感感俺俺」とかあって吹きました。

304ページの「大樹」のルビが「おおき」になっていたのがやや残念でした。正しくは前のページにあるとおり「たいき」です。十勝の実在する地名ですよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加