事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「この世界の片隅に」 (2016 東京テアトル)

2017-01-06 | アニメ・コミック・ゲーム

日本のアニメーションは世界一だと思う。

その大きな要因はもちろん漫画、劇画の隆盛だ。アニメの原作となることが多いあのメディアは、もう子ども向けである役目をとっくに終え、大人の微妙な心情を描くうえで小説と(は違うアプローチだけれど)ほぼ同じ地点に来た。

そんな、(漫画アクション連載の)こうの史代の原作に、練達の演出家がほれ込み、ちょっと信じられないくらいぴったりな声優(のん)が加わると、このように奇跡の作品ができあがる。

特にのんの演技は怖いくらいで、第一声からして広島弁で「ぼーっとしとるもんじゃけ」とかまされると、「あまちゃん」の三陸弁がついに帰ってきたかと。それほどに、主人公の「すず」と「のん」は一体化。

戦時中。すずは広島から呉、の見も知らぬ(わけではないことが後でわかる)男のもとへ嫁ぐ。当時の若妻がどれだけきつい労働をしていたかが淡々と描かれる。

しかし、すずは幸せそうだ。

好きな絵を描いて、舅姑、そりの合わない義姉や、彼女の娘と静かな暮らしを送る。牧歌的な毎日。しかし東洋一の軍港である呉に、戦争は色濃く忍びこんでくる……

爆弾は直撃だけが怖いのではないことや、原爆症の不気味さが、笑いのなかに挟みこまれてむしろ観客を圧倒する。すいかを食べたのは誰なのか、なぜ夫は祝言のときに仏頂面をしているのかなど、ドラマとしても重層的。

そして戦争は、すずの最も大切なもの(ラストはその「部分」が描かれます)を奪っていく。放心する彼女が、玉音放送を聴いたときの行動は痛い。

緩急自在の演出。リヤカーを押すときに、すずが下を向いて懸命であることを道路の絵だけで描くなど、唸る。小規模な公開だったのに口コミで大ヒット。

もちろん「君の名は。」を超えることはないけれども、どちらの作品も2016年に公開され、そして観客が受け入れた事実は大きい。やはり、日本のアニメーションは世界一だ。ご覧になるときはタオル地のハンカチが必携。できれば三枚ほど。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極私的大河ドラマ史PART2 花... | トップ | おんな城主直虎 第1回 井伊... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ました! (mumioli7)
2017-01-08 16:35:20
実は私も昨日見たばかりです。
映画など、何年ぶり(暗所恐怖症と集中力欠如なので)でしたが、のんちゃん(実は同じ誕生日、年は〇年違う)が好きなのと知り合いが絶賛していたので、万難排して行きました。

感想は、よかったです。号泣とか感動の嵐、というわけではないですが、暖かな涙が流れました。
一番ヤバかったのが、私の隣に座ってたのがハルミちゃんと同年代の女の子で(もちろん他人)、映画が終わって彼女を見たら、そこでまた泣いてしまったことで、彼女にとっては「キモいおばさん」と思えたでしょう。

あの意地悪な義理姉、うちの妹そっくりです(性格というより、おしゃれ命なところ。戦時中に生まれてたら、モンペの着方にこだわってだだろうし)。
すみません! (mumioli7)
2017-01-08 16:42:52
さっきのコメント若干ネタバレなので、ご覧になってない方はすみません。
そうなんだよね。 (hori109)
2017-01-08 20:07:13
あざとく泣かせようとしていないあたりが
よかったなー。
常に笑いとともに悲惨さが描かれるのが
すばらしかった。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この世界の片隅に (映画と本の『たんぽぽ館』)
日常と隣り合わせの戦争 * * * * * * * * * * 冒頭の方で、私のような世代には懐かしい「悲しくてやりきれない」の曲が、 柔らかなコトリンゴさんの歌声で......
『この世界の片隅に』ウチを見つけてくれてありがとう (映画のブログ)
 映画がはじまる。能年玲奈さんの声が聞こえる。  その瞬間、『この世界の片隅に』の素晴らしさに驚いていた。  ゆっくりとした、温もりのあるモノローグは、『まんが日本昔......
この世界の片隅に (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ『この世界の片隅に』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て良い作品に違いないと思って、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和8年12月(注2)の広......
この世界の片隅に (Akira's VOICE)
今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!  
劇場鑑賞「この世界の片隅に」 (日々“是”精進! ver.F)
それでも、生きていく… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611140000/ 劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック [ コトリンゴ ] 「......
この世界の片隅に (映画好きパパの鑑賞日記)
 いやあ、本当に今年は素晴らしい邦画の連続ですが、ここに来て最高ともいえるアニメ作品が登場しました。戦前から戦後にかけての広島、呉を舞台に1人の少女の生き様を追った名......
この世界の片隅に  監督/片渕 須直  (西京極 紫の館)
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生ま......
この世界の片隅に★★★★★ (パピとママ映画のblog)
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監......
「この世界の片隅に」奇妙な批判の少なさ (虎哲徒然日記)
奇妙なことが起こっている。 映画「この世界の片隅に」の評判が広がり、上映開始以来動員が伸び続けている。こういう推移は「君の名は」と同じで、映画ではめったにないのだそ......
映画『この世界の片隅に』 (よくばりアンテナ)
じわじわと染み渡るアニメ。 戦争中の話だけれど、当時の普通の生活を送る18歳で呉に嫁いだすずさんの日常。 その日常の生活に、空襲の激しさや大切なものをなくす悲しみが......
「この世界の片隅に」普通の視点から見た先に知る戦争の中での普通は生き抜く事であり...... (オールマイティにコメンテート)
「この世界の片隅に」はこうの史代原作の漫画をアニメ映画化した作品で第2次世界大戦時に少女が軍港の呉に嫁ぐ事になりそこで一般人として普通の生活を送るも戦争の影が次第に呉......
この世界の片隅に (まてぃの徒然映画+雑記)
『夕凪の街、桜の国』のこうの史代が描いた漫画を映画化。主役のすずの声をのん(ex能年玲奈)が演じて話題になりました。 昭和の初め、広島市の南部、江波で育った浦野すずは、......
『この世界の片隅に』 (こねたみっくす)
ありがとう。この世界の片隅にうちを見つけてくれて。 これは万の言葉を用いても表現することの出来ない、今年の、いや日本映画界における屈指の稀有な傑作。見終わると他の映画 ......
「この世界の片隅に」 (或る日の出来事)
すごく評判がいいようだけど…。
「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ほのぼのとした画風にのんびりとした歌声、のんの暢気な台詞・・・ こんな柔らかで温かいところからは到底想像出来ないような、過酷な現実が突き付けられる。 なのにあれ?こん......
「この世界の片隅に」を観てきました。 (森の中の一本の木)
いつも行っている映画館では上映しないのかと残念に思っていたら、口コミでこの作品の良さが評判になり上映館が増えて、いつも行っている映画館でも上映してくれるようになって助......