事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

おんな城主直虎 第41回 この玄関の片隅で

2017-10-15 | 大河ドラマ

第40回「天正の草履番」はこちら

前回の視聴率は11.6%と予想を下回りました。井伊直政(菅田将暉)のやんちゃぶりはそれほど受け入れられなかったか。わたしもちょっとやりすぎかと思ったけれど、数えの15才ってことはいまの中二ぐらい?商売柄言わせていただければ、あいつらにはまだなにも期待できません(笑)

今回のタイトルも思い切ったなあ。あのキネ旬ベストワンのアニメをいただくとは。でも、おかげで宮藤官九郎が書く次の次の大河に、のんを起用する一助になれば。まあ、大河ドラマほど、大手プロダクションの都合が優先される場はないらしいので、かなりきつい話ではあるでしょうが。

さて、直政が出世するためには、次の草履番がきっちり仕事をおぼえてくれなくてはならない。やってきたのは意外に年かさの男(六角精児)で、実はそれは近藤正臣でもあったと……わけわかんないですか。

本多正信にしても山内容堂にしても明智光秀にしても、近藤正臣が演ずると途端に陰影が濃くなる。まさか二年続けて彼を本多正信役に起用するわけにもいかないので、阿部サダヲと鉄道話に興じそうな六角の起用は正解かと。

木材の拠出を直政が安請け合いして出世のとっかかりにしようとする。それを大人の事情でムロツヨシ経由かつ奥山六左衛門への近藤パワハラの解消に使う……ますますこのドラマはちんまりとまとまり、でも少しずつ面白くはなってます。

さて、そろそろ長篠の戦いのお話になるんでしょうね。つくづく思うんですけど、この時代って、信長とか秀吉とか家康の以前に、ひたすら『武田は戦が強い』ということが前提だったんだなあと。タケダタケダタケダァ♪が“前半戦”なんですよね。

今回の視聴率は11%台と読みました。あ、ちょっと不安になってきた。タケダアワーって昔あったの知りませんか?「ウルトラQ」とか「怪奇大作戦」とか「シルバー仮面」とか。いえ、いいです。なんでもありません。

第42回「長篠に立てる柵」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「神の舌を持つ男」(TBS) | トップ | 鶴岡市長選~再現出来ないジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

大河ドラマ『おんな城主直虎』第四十一回 (レベル999のgoo部屋)
「この玄関の片隅で」内容草履番として認められた万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)榊原康政(尾美としのり)から、小姓になる条件として、後釜を育てるよう命じられる。連れ......
おんな城主直虎 第41回「この玄関の片隅で」 (あしたまにあーな)
万千代と万福の後継者として登場したのはノブという中年男でした。登場から六角精児さんのひょうひょうとした演技から能なしと思わせてきたのですが、なぜか家臣たちは彼を見て明......
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第41回「この玄関の片隅で」 (真田のよもやま話)
この玄関の片隅にソレガシを見つけてくれてかたじけないって?んだけど、まだまだ万千代様の前途は多難なようですけど~。今回元ネタを回想しちゃうと、ハンパない涙がちょちょぎ......
【おんな城主 直虎】第41回「この玄関の片隅で」 感想 (ドラマ@見とり八段)
一方、直虎(柴咲コウ)は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力していた。そんな中、武田軍の遠江侵攻が始…
おんな城主 直虎「この玄関の片隅で」 (のほほん便り)
草履番から、出世をはかりたいと、燃える万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)の若手コンビに、やってきたのは、ノブ(六角精児)という謎の中年男これが、それまでのやり方を覚......
おんな城主直虎 第41回~今回のミッションは〝木材500本の調達〟! 本多正信も登場! (平成エンタメ研究所)
「それがしにも材木の手配をお申しつけ下さいませんでしょうか」 「して、そなたの望みは?」 「初陣を飾らせていただければと」  今回のミッションは、材木500本の調達であ......
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #41 この玄関の片隅で (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
親知らずを抜いたので昨日は見られませんでした。 しかし、草履番の指南って。
おんな城主 直虎 第41回「この玄関の片隅で」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第四十一回「この玄関の片隅で」 あらすじ・・・・・・・
おんな城主 直虎 41話「長篠に立てる柵」 (昼寝の時間)
公式サイト 小姓になるための条件として草履番の後釜を育てることになった万千代(菅