♪♪あなた知ってる?~広島~

「広島ぶらり散歩」編集&更新の履歴ブログですが。
たまに、広島から離れ“何処に行ってもぶらり散歩”もあります。

中区:(平和記念公園原爆死没者慰霊碑前)スロープ

2020年08月05日 07時27分28秒 | 平和記念公園
中区中島町の平和記念公園・原爆死没者慰霊碑前に設置されている「スロープ」を取り上げました。

※1951年丹下健三がイサムノグチに原爆慰霊碑の設計を依頼した時、原爆慰霊碑がある中央部を高くする事を丹下にスケッチを添えて提案しています。
(ノグチは原爆慰霊碑を設計しましたが、原爆投下国の人間という理由で採用されなかったのです。)
結局(現在の)原爆死没者慰霊碑を設計した丹下は、ノグチの考えを取り入れ慰霊碑がある処を舞台(祭壇)に見立てるように段差を設けました。
*当時は、高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる建築物の設計思想は希薄で、丹下でさえも階段を設けただけでスロープは造られなかったのです。
但し、正面参道からは×ですが、東西方向からは車椅子でも原爆死没者慰霊碑前には行けました。


立ち上がり部分がないところは縦型ライトが設置されています


(裕編集の)(平和記念公園原爆死没者慰霊碑前)スロープ

8月5日(安芸区のわが家付近)天候:くもり(靄っています)

コメント

中区:平和の像「若葉」(湯川秀樹歌碑)

2020年08月04日 07時32分50秒 | 原爆慰霊碑等
中区中島町の平和記念公園(広島国際会議場南東側)に建立されている「平和の像・若葉」です。
※湯川秀樹:1949年ノーベル物理学賞受賞者。
※像作者・圓鍔勝三:1988年文化勲章受章者。























 
























※まがつひのかみ(禍津日神 )

(裕編集の)平和の像「若葉」

8月4日(安芸区のわが家付近)天候:くもり(靄っています)
居間のカーペットを天日干しました(冬まで待機です)。 19:30追記

コメント

中区:慈母像

2020年08月03日 08時59分43秒 | 原爆慰霊碑等
中区河原町の平和大通緑地帯に建立されている「慈母像」です。
※原爆で夫と子どもを喪った高ノブさんにより建立された慈母像です。
御影石で造られたこの(慈母観音菩薩)像の足元には合掌する童子が配されています。
その童子はわが子を原爆で奪われた母親の悲しみを訴えていることを表しているのでしょうか。


2019年久しぶりに撮影しようと思ったときはあいにくの雨模様の天候でした。
像前で、頭を垂れ手を合わせた後、顔を上げると花壺に刻まれた「寒修行」に目が留まりました。
今まで何度となくお参りしていたつもりのわたしですが、信心という深い心がないから見逃していたのだろうと思ったのです。

(裕編集の)慈母碑(慈母の像)

8月3日(安芸区のわが家付近)天候:くもり
月を見ながら可燃ゴミ出し 21:13追記

コメント

中区:河原町地蔵尊

2020年08月02日 08時42分36秒 | 神社寺院等
中区河原町にお祀りされている「地蔵尊」です。
※境内には被爆した石燈籠が復元されています。

説明板には、
『・・・前略・・・昭和20(1945)年8月6日原子爆弾により被災し焼跡より石佛像二体と石燈籠一基を掘出し仮堂を建てて復興しました。戦後の区画整理で敷地は686㎡(207坪)となりました。
昭和25(1950)年に新しく本尊を刻み、昭和52(1977)年に本堂を改築しました。』とあります。



(裕編集の)河原町地蔵尊

8月2日(安芸区のわが家付近)天候:くもり

コメント

中区:広島第二陸軍病院跡・原爆被災説明板 //新型ウィルス対策責任者よ

2020年08月01日 08時34分38秒 | 被爆建造物等
中区基町の太田川土手に広島市によって建立されている「広島第二陸軍病院跡・原爆被災説明板」です。
爆心地から約1,000m
説明板には
『広島第二陸軍病院は、軍施設が立ち並ぶ基町地区の北西端に建っていました。〔1945(昭和20)年8月6日(月)〕被爆当日、病院内には、職員330人、入院患者750人がいたとされていますが、一発の原子爆弾により倒壊炎上し、多くの死傷者を出しました。
美しい桜並木が入院患者をなごませた太田川の堤防には、わずかに残った職員が、ムシロやトタンを使って天幕を張り、臨時救護所を設置し、多くの負傷者の治療にあたりました。』とあります。


2020年新型ウィルスで東京にある「えいじゅ(永寿総合)病院」で感染患者が多く出ているというラジオニュースでわたしは全くの勘違をして衛戍病院を思ったのです。
編集頁をみると頁の更新をしていないことに今になってわかりましたので、被爆75年のいまになりましたが更新しました。
(裕編集の)広島第二陸軍病院跡・原爆被災説明板

8月1日(安芸区のわが家付近)天候:くもり


-------------------------------------
閉会中審査にも出席せず、総理大臣たるもの、自分の云いたいことだけをTVの前で云うのではなく、新型ウィルスに無策だと考えている多くの国民の批判的な声にも応えなくてはならない職責があるはずです。
新型ウィルス感染者の数だけを問題にするなと国は強調していますが、ここの処の感染者の全国的広がりをみるとそれは間違いだとわたしは思うのです。
自己防衛ですよ!
と云われてもどうにもできない老人のわたしですので、川柳を詠んでみました。
野放しの 新型ウィルス 待つワクチン
コメント

中区:土橋地区・原爆被災説明板 //国の新型ウィルス対策を

2020年07月31日 08時48分26秒 | 被爆建造物等
中区小網町に広島市によって建立されている「土橋地区・原爆被災説明板」です。
爆心地から約800m
説明板には、
『第二次世界大戦の末期、空襲による火災の延焼を防ぐ目的で、木造家屋を解体する建物疎開が市内の各地で実施されました。この作業には、隣組や職場の人たちで組織された義勇隊をはじめ、国民学校や女学校、旧制中学校の学徒も動員されました。
〔1945(昭和20)年8月6日(月)〕被爆当日は第6次の建物疎開作業中で、この土橋地区(小網町・西新町・堺町)にも多数の義勇隊員や約1,800名の学徒が動員されていました。人類史上最初の原爆投下により、その多くが痛ましい犠牲者となりました。』とあります。

(原爆被災説明板の板や説明文が新しくなったものを散見しましたので)ここ土橋地区原爆被災説明板はどうなっているかと2019年久しぶりに訪ねました。
ここ土橋地区原爆被災説明板は以前(2004年当時)のものと変わっていませんでした(が)、撮影しましたので、頁を更新しました。
(裕編集の)土橋地区・原爆被災説明板

7月31日(安芸区のわが家付近)天候:はれ


---------------------------------------------
昨日(7月30日)TVニュースを見ていると東京都では367人(過去最高)の新型コロナウイルスの感染者を確認したそうです。
そして、都知事は『・・・感染者数の動向を今後も見極め、国ともしっかりと密接に連携しながら、この国難とも言える新型コロナウイルスの感染拡大の防止に努めたい」と語っていましたが、
国(現政権・安倍首相の部下・菅官房長官)は『・・・・若い世代の感染者が多く、重病者が少なく、4月の緊急事態宣言時とは異なる・・・』という理由で国難とは考えていないようで、のんびりした記者会見での回答・言動をTVでみると、腹立たしさえ感じてしまう老人のわたしです。
コメント

中区:広島市役所本庁舎・原爆被災説明碑

2020年07月30日 05時56分37秒 | 被爆建造物等
中区国泰寺町の広島市役所電車通り側植込みの中に建立されている「広島市役所本庁舎・原爆被災説明碑」です。
爆心地から≒1,000m
説明板には、
『鉄筋コンクリート4階建の市役所には、広島県防空本部が置かれていたこともあり、この周辺は建物疎開によって空地化され、焼夷弾などに対する防火体制は整えられていました。
しかし、〔1945(昭和20)年8月6日(月)〕人類史上最初の〔米軍による〕原爆投下により猛火に包まれ、内部はほとんど焼きつくされ、中にいた数多くの職員が犠牲になりました。
火災のおさまった後は、助けを求める多くの負傷者を収容し、臨時の救護所となりました。』とあります。


平和記念資料館東館地下1階展示パネルを2019年8月22日撮影
パネルを見ると昭和3年というものの自動車ではなく人力車、自転車が

(裕編集の)広島市役所本庁舎・原爆被災説明碑

7月30日(安芸区のわが家付近)天候:くもり
11時に(九州北部、四国)中国地方の梅雨明けが発表されました。

コメント

中区:広島瓦斯株式会社跡・原爆被災説明板

2020年07月29日 07時57分17秒 | 被爆建造物等
中区大手町の元安川緑地帯に広島市によって建立されている「広島瓦斯株式会社跡・原爆被災説明板」です。
爆心地から約210m
説明板には
『鉄筋コンクリート造り、地上3階・地下1階建てのこの建物は、、〔1945(昭和20)年8月6日(月)〕原爆により、南側の一部を残して崩壊し、屋内にいた約35人の職員は、全員が死亡しました。
すさまじい爆風圧によって、各階の床と天井が1枚になって崩れ落ちました。』とあります。


平和記念資料館東館地下1階展示パネルを2019年8月22日撮影
爆心地330mの富国館から画像左端が広島ガス

原爆被災説明板の写真とは、違った角度から撮影されていましたので撮影掲載しました。
(裕編集の)広島瓦斯株式会社跡原爆被災説明板

7月29日(安芸区のわが家付近)天候:くもり(雲多し)

コメント

休刊:日照不足・・・ 

2020年07月28日 04時23分29秒 | いまだ初心園芸
新型ウィルス感染者の広がりを抑え込む国の施策を強く望みます。
明確な感染拡大防止策を打ち出すのが国の役割でしょうが。
--------------------------------------
休刊:日照不足のようで 27日
ことしは実が生るわけではありませんが、雨続きでさんさんとした太陽光がなく。元気がないですわが家のパイナップルたち。

7月28日(安芸区のわが家付近)天候:あめ


---------------------------------------
休刊:黄色く熟れるまで 27日 08:48:07

黄色く熟れるまで待ってもらいたかったと、ストロベリーグァバ。

7月27日(安芸区のわが家付近)天候:あめ


---------------------------------------
休刊:ゆずも実が生ってきて 26日 08:22:39

わが家なりの柚子なりとは言えないようですが、少しばかり実が生ってきました。
野猿たちも楽しみにしている?

7月26日(安芸区のわが家付近)天候:くもり


---------------------------------------
休刊:自作自消 25日 08:49:34

自家製ネギだけでは間に合いませんがもう何年も育てています。
昨日は、息子と仏具店に行きました。
盆提灯を求め、
(店員の方の話を聞いていると今まで備えていなかった)御霊供膳も求め、その膳用の仏膳用惣菜セット(電子レンジOK)もありますと云われそれも求めました。初盆の段取りです。

7月25日(安芸区のわが家付近)天候:くもり


---------------------------------------
休刊:カキ玉太りしてきて 24日 08:16:11

柿らしい形になって来たでしょう、秋には母さんに食べてもらいたかったな~。

7月23日(安芸区のわが家付近)天候:雨
大雨警報が広島市に出ています。


-----------------------------------------
休刊:ブラックベリー熟してきて 23日 08:35:44

母さんにも食べてもらいたかったな~ブラックベリー。

7月23日(安芸区のわが家付近)天候:くもり


------------------------------------------
休刊:金木犀剪定中1個落とす 22日 07:34:05

順調だったわが家のキウイ、
金木犀を剪定しているときに1個落としてしまいました。
母さんが楽しみにしていたキウイ、もう一ヶ所脚立を使わないと撮影が無理なところにも生っていますが。

7月22日(安芸区のわが家付近)天候:くもり

コメント

番外:(熊野本宮大社)八咫ポスト

2020年07月21日 08時10分02秒 | 何処へ行っても
和歌山県田辺市本宮町本宮の熊野本宮大社境内に設置されている「八咫ポスト」です。
※八咫烏(やたがらす)像がポストの上に置かれていることから“八咫ポスト”と呼ばれるのでしょう。
(八咫烏は、熊野本宮神社の主祭神・家津美御子大神(素盞鳴尊)のお仕えなのです。)

取集時間:平日土曜9:30頃 祝日9:00頃  田辺郵便局

参拝後、女房(ガイドさんの一群)と離れて撮影したのです。
バスに戻るかなと女房の一群に行ったとき、女房に“八咫烏のポスト”があるよと教わったのです。
教わらなかったら頁の編集にならなかったと思うこの八咫ポストでした。

(裕編集の)(熊野本宮大社)八咫ポスト

7月21日(安芸区のわが家付近)天候:薄曇り
ミンミンゼミ初鳴き

コメント