障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害者雇用~雇用率2.0%へ

2012-05-25 | 社労士の労務管理
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

障害者雇用~雇用率2.0%へ

5月23日に厚生労働省が下記を発表しました。

1 障害者雇用率について

 ○ 民間企業については、2.0%(現行 1.8%)にすること。
 ○ 国及び地方公共団体並びに特殊法人については、2.3%(現行 2.1%)とすること。
 ○ 都道府県等の教育委員会については、2.2%(現行 2.0%)とすること。

2 障害者雇用納付金等の額について

 ○ 障害者雇用納付金、障害者雇用調整金及び報奨金の額については、それぞれ現行とおりとすること。
 

3 施行期日  平成25年4月1日から施行すること。
-------------------------------------------------------------------------------------------

法定雇用率は、5年ごとに見直され、前回は平成19年でしたので、平成24年の今年、2.0%にする旨の発表があったのです。

平成23年の実雇用率は1.68%でした。

今まで社員56人に対して障害者1人を雇うことになっていましたが、社員50人に対して1名になります。

一番影響するのは、納付金の納付と調整金の受取額が変わることでしょう。

納付金の納付額は増え、調整金の受取額は減ります

法定雇用率以上の障害者雇用を行い、積極的に社会貢献している会社の受取額も減ります。

障害者雇用を進めるのであれば、法定雇用率を上げるのではなく、

納付金の額を上げる方が効果があるという声が成功企業から聞かれました。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の労務管理」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員となりました。皆様のお役に立てるよう、一層の努力をしてまいります!

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金~認定日という「点」 | トップ | 障害者雇用~てんかん発作時... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の労務管理」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事