ふぶきの部屋

皇室問題を中心に、政治から宝塚まで。
毎日更新しています。

秋篠宮両殿下 世界パラ陸上へ

2024-05-18 07:00:00 | 皇室報道

緊急拡散

私達、いわゆる「暗殺」を経験しているんです。

それは安倍元総理の事。みなさん。忘れていないですよね?

歴史の中の226事件とか515事件とか、いわゆる暗殺は昔の白黒の出来事と思っていたら、本当に起きたのです。

奈良で、選挙の応援演説中に安倍総理が暗殺されました。

そして日本では、未だ事件の解明はなされていないし、山上が犯人とされていますが、真実はわからない。

そして、安倍氏の死をよろこんだ人達が大勢いた事も忘れてはいけません。

先日、スロバキアの首相が暗殺されかかりました。

フィツォとかいう人ですが、この人は二枚舌が得意で、ロシア寄りの政策を取り、国によるマスコミの掌握なども論じていたそうです。その彼が再選で選ばれた背景には「ソ連時代」を懐かしむスラブ民族が一定数いるという事だそうです。

私達、民主主義国家で育った人間にとって、情報や言論が統制されたり、スパイがいつもとなりにいるような生活は絶対に許せないと思うのですが、どうも東欧諸国ではそうではなく、「国に逆らわなければ食べていける」安心感が懐かしいと思われているようです。

そして、そういう考えは欧米にも少しずつ浸透しつつあり、日本もまた同じで、極左翼が「独裁」をもくろんでいる。岸田総理は与党で保守の筈なのにどんどん日本を面倒な国にして独裁を敷いている。

裏金や不倫なんかよりも、岸田総理や上川外相、河野デジタル大臣らによる「日本独裁政権及び親中政策」の方が真に怖い事なんだと頭を切り替えるべきです。

そういう危機感を持った人達が危惧しているのが「秋篠宮両殿下の暗殺」です。

安倍氏の暗殺もスロバキア首相も、また未然に終わったゼレンスキー大統領暗殺も、実は「護衛」を担当している側近が企んでいたという事。

情報がそこから漏れている可能性が高いという事なのです。

秋篠宮家と警察の仲を無理やり分断する事で、両殿下の身に、あるいは悠仁殿下、佳子内親王に何かあっても「警察を軽視した宮家が悪い」という世論を作るつもり。

裏に誰がいるかわかりますよね。

「愛子天皇実現」は小和田家の執念なのです。

実際、そういう危機感が宮家の中にあるのかもしれません。

けれど、そんなそぶりは一切見せずに両殿下は神戸へ行かれました。

パラ陸上を前に関係者と懇談。

義足を実際に持った紀子様は「重いですね」とおっしゃったとか。

そしてよく17日は、開会式にご出席。

紀子様のお召し物、素敵ですね。年齢と共に、上品さが増してきました。

若い人には着こなせない素晴らしさです。

笑顔の妃殿下は素敵です。

日本の皇室は、日本の最後の砦です。

 

かつてオーストリア帝国はサラエヴォ事件によって第一次大戦に突入し、破れて皇室はなくなりました。

元はといえば、フランツ・ヨーゼフ一世がエリザベートと結婚したから。

そこから始まったのです。

彼女にはまだ「美」という武器があるけど、どこぞの皇后陛下にはない。

皇帝は妻と息子を悲惨な状況で亡くし、それでも毅然と皇帝としてそこに存在しました。しかし、次期皇位継承者になったフラン・フェルディナント大公の貴賤結婚は認めませんでした。

ゾフィ妃を末席に置き、子供達にも継承権を与えず。

そんな妻を気の毒がった大公はサラエヴォへ行くことを決意。

「来てくれたら皇太子妃待遇にする」と言われたからです。

側近は「行かない方がいい。暗殺の危険が」と言ったけど聞かなかった。

可哀想なホーエンベルク侯爵夫人を何とか「大公妃」として認めさせるために死に導かれてしまいました。

オーストリアは大公夫妻の死により、怒りを戦争に向けた。

まだ皇帝には怒る元気があった。

けれど、今の日本は本当にダメなんです。

岸田独裁に逆らえず、皇后のパワハラにもお世辞で返す。

そして週刊誌がすっかりあちら側に寝返って、秋篠宮家を貶め、傷つけ、亡き者にしようとしている。

私達は日本の為にも、秋篠宮家を守らなければいけません。

少しでもいい、口論になってもいいから、真実を伝えて行きましょうね。

証拠の写真とか見せてね。

 

 

コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

佳子様ギリシャ公館へ 両殿下神戸の支援施設へ

2024-05-17 07:00:00 | 皇室報道

【緊急拡散】

 

チャンネル桜の映像を貼り付けます。皆さんで拡散して欲しいです。

今週の週刊文春には「秋篠宮家の危機1」としてお付きの警察官たち側近との間がうまくいっていない。

特に紀子様が「あなたたちは使用人よ」とか言うので、みんな辞めたというようなことが書いてあります。

しかしながら、秋篠宮両殿下が結婚されてからずっと見てきている私達は、紀子様がそのような下品な物言いをされる方ではない事をよく知っています。

それに、「あなたたちは・・・」のようなことを言いそうな人が最も高位にいらっしゃる。むしろ、皇居の中の方が度重なるパワハラで人がい付かないのではないかとすら思うのですが。

ここで緊急拡散する理由は

秋篠宮両殿下に万一の事故・暗殺があった場合、【自己責任じゃないか】と批判させる為の印象操作である」としている事です。

ゆえに、報道を信じてはいけない。文春には抗議するという事しか庶民には出来ませんが、皇嗣家のありようを見て来た人達なら、護衛がぺらぺらと内部を語るわけないのです。

というか、それこそ皇宮警察が文春に抗議すべきですよね。

皇宮警察が堂々と「そんな事はない」と言えばすむ事です。どうかご自分達の名誉の為にも出版社を訴えて頂きたい!!

さて。

16日。佳子様はギリシャ公館の昼食会に招かれました。

佳子様はギリシャ訪問を前に様々な事をお勉強中とのことです。

着なれた青いドレス。よくお似合いでとても可愛く、そして美しい。

「お招きありがとうございました」ときちんと挨拶され、臨時大使も嬉しそう。

我が家の姫いわく「ギリシャの臨時大使、佳子様に惚れたね。だってにこにこ笑って出てきてぎゅって握手して」と笑っていました。

そりゃあ、美しい姫君。それは容姿端麗・眉目秀麗でいらっしゃるから。

人は正直なものですよ。

そして、秋篠宮両殿下は神戸へ。世界パラリンピック陸上開会式を前に、神戸の支援学校を訪れ、子供達とボッチャを楽しまれたそうです。

子供達に囲まれる殿下。殿下って本当に子供にモテますよね。

そして母君のような紀子様。

「接戦でしたね」

 

それから子育て支援の場を訪れて、お母さんや子供と交流。

タンバリンを叩く紀子様の楽しそうなこと。

久しぶりにこんな笑顔を見たけど・・・

両殿下の安定感がすごいというか、これこそ本当の平成流を踏襲というのです。

形ばっかり、いつも家族で動けばいいってもんじゃないよね。

 

コメント (9)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

全国赤十字大会 愛子内親王特別待遇

2024-05-16 07:00:00 | 皇室報道

最初、このニュースを見た時、本当に頭に来てしまったんです。

先日の天皇のマティス鑑賞にもブチ切れたんですけど。

こっちはこっちで、もはやパワハラの域ではないか?と思う程。

でもね。

庶民が何を言ってもどうしようもないの。

だって赤十字がそれでいいって思ってるんでしょう?

私達が何を言っても、皇族方が黙る限りは皇后のやりたい放題は収まるわけがない。

 

と言う事で、5月15日の全国赤十字大会大会です。

いつもの笑顔ですよ。いつもの。

他の皇族なんて目じゃない。

マスコミの関心は皇后陛下のみ。

そして私が怒った理由は、愛子内親王が「赤十字の職員として赤いネームストラップをつけて出勤した」という件。

お仕事でしょ?何でお手ふりするの?

お仕事というより遊びにいくような笑顔ですよね。

何がおかしいって、母親のコネ使って入社し、嘱託だから週3回とか言っておいて、実は働き過ぎな程出勤しているとマスコミに言わせること。

そしていくら何でもこれはないよね~~と思ってたら本当に赤十字大会に出勤していた。

2日前の日赤の説明ではやっぱり、内親王を赤十字大会の為に

出すか出さないか紛糾してたんですよね。

だって、内親王はボランティア課の広報誌担当で、皇后の公務とは関係ない部署にいる筈なのです。

なのに、他部署に堂々となり物入りでご登場した・・・と言う事ですよ。

だからこの笑顔なの?

一体、愛子内親王をどうしたいのかしら?

皇后の威を借りて、「私が一番偉いのよ。皇嗣妃?華子妃?それがなに?」って言わせたいんだよね。きっと。

でも、今回、お見送り時の「お声がけ」は2人だけ。

毎年、5人以上並んで皇后が長話するから後ろがつかえて大変だから、今年は2人にしましたって対策をとったんですね。

 

おわだけには「控える」「慎む」という教えはないようで、使えるコネは何でも使うし、自慢するしという家訓なんでしょう。

半島の方々ってそうですよね。

一族の中で誰かが出世すればコネで親族がみんな役職につく。

財閥などもそうだし、公務員もそうだし。

長年皇室を見て来ましたが、このようなお振舞をする皇后は見た事ないし、無論、それに乗っかってにこにこ仕事にいくのにお手ふりする内親王も見たことない。

じゃあ、何で先日の国立公文書館へ行く時はスモークかかったバンに乗って、お手ふりしなかったのか?

 

好きにしたらいいわ。

損をするのは日本赤十字なんだから。

コメント (16)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

徳仁天皇の孤独な夜

2024-05-15 07:00:00 | 皇室報道

まあ、驚きましたね。

一般人は、よく知らない天皇陛下だけど、さすがに「何かあったのか!」状態ですよ。

13日、夜8時に新国立美術館に向かう徳仁さんのお顔です。

夜の8時ですからね!

そこで私的にマティス展を鑑賞したそうです。

 

いや・・・天皇一家の遅すぎる時間帯の鑑賞公務には慣れている人達でも、さすがに夜の8時はありえないでしょ。

だって美術館って通常4時くらいまででしょ?

って事は、そこから4時間、職員は待っていたのか、あるいは再招集されたのか。

ドタ出?ドタ出だよね?

しかも、この生気を失った顔を見て下さい。

顔色が悪く、むくんで一生分の生気を誰かに吸い取られたような?

まだ60代だよ。いくらなんでもちょっと元気がなさすぎる。

そこで、想像されるのが、この私的鑑賞前に行われていた公務です。

この日、天皇・皇后・愛子内親王は日赤から1年間の活動状況について説明をうけていたそうなのです。

また、皇后派15日に赤十字大会があるので、その打ち合わせも兼ねていたのでしょうが。

そこで「何かあったのか?」ですね。

① 赤十字大会に内親王を同席させろといって断られ、皇后が暴れた

② 日赤側から内親王の働きぶりを褒められたものの、「うちはブラック企業ではありません。このような報道が続くと会社として困ります」と言われて皇后が暴れた

③ 「愛子様は嘱託職員ですから静養に行かれても全然構わないが、シフトは守って欲しい」と言われて皇后が切れた。あるいは欠席分は給料から引くと言われて皇后が暴れた

もう、これくらいしか想像できないのですが、徳仁天皇はいたたまれなくなり、逃げ出したか、あるいは前の「説明」バトルが長すぎて本来の時間に遅れたかのどっちかとしか考えようがないのです。

そもそも「説明」が何時から始まったんでしょうね。

夕食を挟んで、8時といえばくつろいて寝るだけ~~の時間の筈なのに、わざわざこの時間に出ていくのは尋常じゃないです。

まあ、「あ~~また叩かれた?暴言吐かれた?ヒステリー起こされた?」しかないよね。誰も守ってくれない天皇は本当にお可哀想。

 

そして14日に田植えをされたのですが、何と20株のみ。

上皇は100株でしたが。

腰を落としているのが大変なんでしょうね。

御料牧場ではまだ、ジョギングやってるとか言ってたけど嘘ですね。絶対。

足腰立たなくなりつつあるのでは。

「光る君へ」で、新しい元号について道隆が「長徳」と言ったら誰もが顔をしかめました。

「病が長引く」って縁起が悪いって。

「令和」もそういう意味では縁起が悪い。

「令」は決まり事です。「和」は和む。

つまり常識や法律が崩れていくことを表しているのではないかと。

令和になって天皇家のもっとも大事な部分が崩れてしまった気がします。

その中で孤独にただ精神的に耐えるだけの天皇。100年後になんと言われるか。

 

コメント (14)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

つばさの党に家宅捜索

2024-05-14 07:00:00 | 政治

とうとうつばさの党に家宅捜索が入りましたね。

当たり前やん。あれだけ選挙妨害していたんだから。

この件に関しては被害届も出ているくらいだし、むしろ遅いくらい。

ところが。

これでやれやれではないのね。恐らく。

立件できるかどうかが問題なのです。

Xなどでも散々画像や映像が拡散されていて、完全に「それは違う」とは言えない状況だと思うけど、警察の考えることと民間人の中には差があるような気がします。

家宅捜索の対象は、黒川代表と根本けんすけだっけ?

でも、この二人は「言論の自由だ」と言ってます。

そして日本人は「言論の自由」に非常に弱いときてる。

「言論弾圧」は素直に行うのにね。

 

これは日本だけではないという。

アメリカもヨーロッパも、静かにだけど「共産主義」が染み渡り始めているとか。

つまり「革命派」「左翼」がことごとく、今の「常識」に対して反旗を翻し、

「これは差別だ」「言論弾圧だ」と叫び続け言ったもん勝ちになるわけ。

でもその先にあるのは「独裁」なんですよ。

そういうものにアメリカなどが巻き込まれるとは、昭和世代は思っていないし、今も信じられないけど、民主主義がどこかで若者たちに嫌われつつあることは確かのようです。

 

例えば世界における「LGBTQ」運動とか「LIVES Matter」運動とか。

それまでマイノリティだった派が力を付けて、「差別された」事を盾にして、相手に罪悪感を持たせ、そこにつけこんで自分達の正当性を認めさせるというやり方。

つばさの党はこれにあたりますね。

人権宣言には「言論・出版の自由」がたからかに謳われていますが、それはあくまで「回りを不快にさせない限り」というただし書きがついています。

つばさの党は、回りを不快にしまくっているし、迷惑をかけ、相手の権利を侵害しました。にも関わらず「言論の自由」と言い切る事の儚さに気づかないばかですね。

アメリカの大学生達が「パレスチナに平和を!」と叫び、逮捕される案件が多くなり、大きく報道されています。

大昔の学生運動みたいな。いや、ベトナム戦争反戦運動のような。

これって、何でそうもパレスチナ寄りになれるかわからないけど(日本も同じ)ひっくり返せばユダヤ人への嫌悪っていうのもあるんじゃないかと。

確かにガザは気の毒。でも人質は戻って来ていないし、最初に攻撃をしかけたのはハマスだし。

どっちの民族でもない人達は黙っているしかないんだけど、アメリカで騒ぐって事は、やっぱりパレスチナ移民が多いんでしょうね。

そうやって国がどんどん侵略されていく事、いかに他民族国家といえども、どこかで歯止めをつけなくてはいけないのだと思います。

 

つばさの党のバックに誰がいるのかわからないけど、結局不起訴になったら全て終わりだなと思います。

コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

愛子内親王 初の単独公務(鑑賞)

2024-05-13 07:00:00 | 皇室報道

やっとというか、速報まで流して期待させた割には・・・しょぼすぎる自称公務でした。

5月11日、愛子内親王は国立公文書館での「夢見る光源氏ー公文書館で平安文学ナナメ読み!」を鑑賞したのですが。

その時間が・・・夜の6時過ぎ。これじゃまるでご両親と同じじゃないかと色々な所で批判が起きています。

いつもなら、愛子内親王が通る沿道にはいわゆる「おっかけ」がいて、窓から手を振る内親王に「愛子さま~~~」があるのになかった。

っていうか、中が見えない様になっていたらしい。

そこで実は3人で来ていたのではないかという疑いが。

なぜ?

1 カメラの側で愛子内親王に指示する為

2 外食する為

前回、一家で明治神宮ミュージアムへ行った時も夜でした。

で、近くにはめちゃくちゃ高級でおいしいレストランがある・・なら「外食」目的ってすぐにわかりますね。

また、このように疑われるのは、すでに実績があるということ。

皇居には「大膳」があり、毎日朝昼晩と天皇一家の為に料理をしているのですが、雅子皇后は入内直後から外食が大好き。

「大膳はおいしくない」と母親の優美子さんが言ったと雑誌に書かれたこともあります。

無類の中華料理好きな皇后というか小和田一家はいつも高級中華を食べる事が知られていますし、何度外食したか。

それをさすがに天皇に即位したらやめるのか?と思ったら、止めなかったんだなと。

即位して5年も経過すれば、もう誰も何も言わないから「通常」に戻ってだらだらと。

先日の養蚕も写真が出なかったという事は、本当にやったのかわからないというわけです。

だって皇后の「養蚕」は毎年テレビで報じられ、写真や映像が出るのに今年は出ないのですからね。

 

それはいいとして。

真っ白のスーツ、高そうなバッグ。そして髪はシフォン。

とても20代前半の装いではないけど、まあ、それは仕方ないとして。

なぜ未だにマスクなのか・・・・学校や職場ではしょうがないけど、外に出る時は外さないと、しつこいけど「日本はまだコロナ禍なのか」と言われてしまいます。

また、外国人の前ではマスクをしないけど、日本人にはマスク姿になるのかと言われてしまいますよね。

今回の訪問は、「国立公文書館」からの依頼・・だから公務とカウントしているわけですが、依頼があって実際に行くまでどれくらいの時間があったのか。

というのも、こういう鑑賞公務というのは招待する側からいくと「宣伝」にしたいからなんです。

「愛子様が行ったんだから見てみたい」と思う人が出て来ることを期待しているんですね。

それなのに、来たのは終了する前日の夜6時すぎと。

何でもっと早く来ないのか。だってゴールデンウイークは静養だったから。

説明役は一人。殺伐とした感じがします。

どのくらいの年数をかけて作られたんですか」

「『夢』を通して、平安貴族の心の在り方に触れることができました

愛子内親王は「源氏物語」はあまり好きじゃないのかな。

まあ、このテーマ自体「夢見る光源氏」「平安文学ナナメ読み」ってちょっと意味不明な気がするんですけどね。

夢を通して平安貴族の心の在り方・・・これは恐らく「夢占い」の事で、予知夢とか正夢とか、そういう事で一々占って行動していた平安貴族?

源氏の夢や、葵上の夢の中に六条御息所が出てきたり、その御息所の夢ではなぜか源氏の家に行ってて、目覚めたあとにも芥子の薫りがとれないとか・・・そういう事なんだよね。

だから。内親王の「夢占いは現代もありますね」っていうのは、わかっているようでちょいずれている気がします。

注釈書も、「どれくらいの年数」というより、どのような注釈か、時代によってどのような注釈がついているのかが大事で、そしてなぜ、そこまで源氏物語を日本人は愛して来たのかという点まで話を広げるべきでしたよね。

 

愛子内親王を見ていると、とても古典文学に興味があるようには思えないんですよね。

説明役も困ったと思います。質問や感想があまりにも素人すぎて。

いや、興味がないならないでいいんだけど、だったら大学で云々は必要ないと思います。

そればかり自慢するようなマスコミの報道が悪いんでしょうね。きっと。

コメント (7)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

皇室ウイークリー

2024-05-12 07:00:00 | 皇室ウイークリー

ご日程

両陛下

4月26日・・・両陛下 → みどりのつどい出席

      天皇陛下 → 通常業務

5月1日・・・天皇陛下 → 旬祭

5月2日~7日・・・一家 → 御料牧場静養

 

5月9日・・・天皇陛下 → 令和6年春の勲章親授式

             勤労奉仕団に会釈

 

皇嗣家

4月26日・・・妃殿下 → 石川県訪問

  ・能登里山里海未来創造センター概要聴取および学びの支援関係教員、学生との懇談

   ・令和6年能登半島地震に関する対応等について聴取、医療スタッフとの懇談

・助産師との懇談、入所者等との交流(石川県青少年総合研修センター)

・令和6年能登半島地震にかかる対応状況等について聴取(結核予防会石川県支部)

4月30日・・・妃殿下 → 清瀬市郷土博物館常設展示歴史展示室「結核」を見る

             清瀬市立中央公園(清瀬病院記念碑)視察

5月8日・・・両殿下・佳子様・悠仁親王 → 宮内庁人事異動者に会釈

      佳子内親王 → ギリシャ訪問にあたり進講を受ける

5月9日・・・佳子内親王 → 武蔵野陵参拝

 秋篠宮家のゴールデンウイークはいかがだったのでしょうか?

  また国見をされたでしょうかね?

 御料牧場に到着した一家のあいさつの長い事長い事。せっかく相手が会話を終わらせてくれるのに、皇后がまた質問して長引かせる。じりじりだらだら半端ない。

親子3人の会話では、天皇が一生懸命に盛り上げようとして笑ってばかり。馬に手を振ったり、馬が~~馬が~~渡良瀬川が~~父の話を実は誰も真面目に聞いてないのか、「気にしたことなかった」とかいうし。

職員への声がけも、何で「あいさつ」の時点でプライベートに突っ込むかな?そういうのはカメラが移らない所でやればいいわけよ。一々家族はどうだとか、何年いるのとか、何を知りたいのかと勘ぐってしまいます。

 佳子様のきりりとした顔、実は好きです。笑顔の時と違って「戦う姫様」そのもので。

 両陛下は式典に遅刻してます。始まる数分前に出発してどうするの?しかも、マスク。「日本は今でもコロナ禍なんです」と世界に知らしめたいのかな。ウイルスは消えるわけじゃないけど、公の場では外さないと国民をウイルス扱いにしてるように見えます。式典後のレセプションも簡略化されているようで、つまんないでしょうね。

そういえば、守屋絢子さんが3人目の男子を出産されたとか。

出産、3時間後に発表って・・・高円宮家は何を考えているのか。

一般人だよ?彼女。どんなに男子を産んでも女系男子にすぎませんので。

でも、三姉妹の中で最も幸せで子宝に恵まれ、本当によかったですね。

久子妃は「これが内孫だったら」とひたすら思うでしょう。

こういう事、結構多いのですよ。皇室では。

内親王が降嫁すると男子に恵まれるという事がね。

 

 佳子内親王 みどりの感謝祭へ 

4月11日、佳子内親王はみどりの感謝祭に出席されました。

みどりにひっかけてこの服なんでしょうけど、内親王のお気に入りなのかもしれませんね。アクセサリーはシンプル。

もう少し華やかでもいいような気がしますが。でも、ギリシャ訪問を前に色々お忙しそうで。

 

 ベルギーのエリザベート王女 ハーバード大に留学

こちら、ベルギーの次期女王陛下、エリザベート王女です。

彼女は愛子内親王と同い年ですが、その学歴は決して「箔づけ」「盛り」ではなく、正真正銘の才媛なのです。

オックスフォードを出て、軍隊にも入り、尚且つ今度は夏からハーバード大へ留学。

スペインのエレオノール王女といい勝負だなと。

未来の女王は、とにもかくにも頭がよくて、場を心得、臨機応変に対応できないと途端に中傷されてしまいます。ゆえに、男性以上の努力が求められます。

働くにしても、ヨーロッパの王族は軍に在籍したり、ボランティアに積極的に参加したりで、決して「嘱託」として働くという事はありません。

私、小さい時に、高円宮がNHKかなんかで働いていた事があるのを知り、とても不思議に思いましたが、母曰く「働かないとやっていけないんじゃない?」という答えが。

確かにそういう一面はあるでしょう。

ゆえに本来、内廷皇族である愛子内親王は働く必要がないのです。

先日、BSプライムで放送されたドキュメンタリー「素顔のチャールズ3世 新国王の1年」を見て思った事を書きます。

① 即位するとアゲ報道するのはイギリスも同じ

なんせチャールズ3世は皇太子時代はめちゃ評判が悪かったのに、このドキュメンタリーでは本当に人格者のように描かれているんですね。

それとカミラの妹が出演し「いかに国王夫妻は仲がいいか」「カミラは王妃にふさわしい」と上げ上げしていましたが個人的にカミラをますます嫌いになったなあと。

どうやら義理の息子夫婦と孫にはあまり好かれていないような。

ダイアナを無視している彼女に腹が立つ。

② 戴冠式の準備の忙しさ

戴冠式前に報道されていたのは「人手不足」積極的に戴冠式に関わりたいという人があまり集まらず困っていた筈なんですけど、この番組ではひたすら「光栄」しか出てきません。

でもすごいのは、国王夫妻は最初から準備を視察し、礼をいい、ねぎらっている事です。衣装に関わる人、教会、冠、式典の進行等々、関わる人全てに自ら動いてねぎらって回る。

日本の方が、装束の事や高御座等の運搬や神事の流れ等、イギリス以上に大変だと思うのですが、天皇自らが動いて「どうなってる?大丈夫か?」と声掛けした例は見ません。せいぜい、その後のお茶会程度だと思うのですが。

その忙しさや「失敗出来ない」緊張感はただならぬもので、すごいなと。

③ 国民とのふれあい

宮殿に関わる人も、また国民にも広く声掛けするイギリスの王族。

戴冠式前日に国王夫妻と皇太子夫妻がそろって沿道に並んでいる人達に声をかけます。

そのきさくな事と言ったらないし、キャサリン妃など携帯電話に出て「ハロー」とかやってる。

かといって下品にならないというのが絶妙なんですね。

これが今上一家に欠けている所だなと思いました。

常に「相手を思いやる」気持ちで接しないと、あっという間に世論をひっくり返される危機があり、ゆえにみな一丸となって必死になってます。

首相や政府の人達も国王と直に話せる機会を楽しんでいるようですし。

④ 家族の絆

国王は孫達が大好きっていうのは、日頃目にしていますが、戴冠式のリハーサルにやってきたウイリアム一家に対する言葉や目線が優しく、いいなと思います。

ルイ王子はおじいちゃん子ってのがわかるし、お行儀のよいシャーロット王女は大人の邪魔にならないようにしているし。

また戴冠式でウイリアム皇太子が国王にキスし「忠誠を誓う」シーンのリハーサルでは父と子のきずなにほっこりさせられました。

若い頃は、好き勝手やってダイアナを泣かせていた人ですが、今じゃすっかりいい父親になった。もしダイアナが死ななかったらこういう姿になっていたかなと思うと、ダイアナの「徳」を感じるんですね。

ハリーとアーチーとリリベットにも同様の気持ちを持っているのに、何でこうもうまくいかないかなと思いますね。

 

⑤ 環境保護に積極的な国王

国王は、昔から環境保護に力を入れていて、自然環境を再生しようとしているんですね。いわゆるビオトープの馬鹿でかい版を持っていて、自ら視察し、どんな野草がや昆虫がいるかとか調べてる。

ここに悠仁殿下がいらしたらきっと目を輝かせるだろうなと思います。

それにこういう趣味は秋篠宮家と非常に近いです。

「水」がライフワークの今上は恐らく国王の話についていけないでしょうし、とんちんかんな事を言いそうな気がします。

君はテムズが好きなんだったな。とうとう水質が悪くなりすぎて船も通らないぞ。気が好きになると法則が発動するって本当のようだな」と言われたらどうするのかな?

それくらいのブラックジョークは言いそうですしね。

とにかく、イギリスが好きなのはわかったけど、侮ってはいけないぞといいたいです。

 

コメント (5)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

佳子さま 武蔵野陵へ

2024-05-09 21:46:24 | 皇室報道
佳子様はギリシャ訪問前の武蔵野陵を参拝されました。
秋篠宮家は、やはりこういう事は余裕をもって、ちゃんとされる。
当たり前なんですけどね。

という訳で、ふぶきさんは荷物席の幽霊に祟られ、具合が悪いので、数日お休みします。
塩とお酒が必要だわ。佳子様見て早く良くなろう!
コメント (12)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょっと中国語がうざいブルーモーメント

2024-05-09 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 春ドラ見てますか?

とりあえず、今の所「お迎え渋谷くん」が一番かな。

京本大我って本当に大人しい役が似合うっていうか。お父さんがあんなに派手だとこうなるのか?

京本パパは「さんま御殿」に出てジェシーをかなりお気に入りの様子。

確か京本大我も以前、「父は息子より他のメンバーを可愛がる」みたいな事言ってた。

でも、歌唱力や演技力は京本大我がダントツです。

親の教育のたまもの。今年は「モーツァルト」ですから。

「ミュージカル界のプリンス」の座は古川雄大と京本大我にお譲りすべきじゃないかと日々思うのです。

パット見、彼はパパに似てません。

なんせパパは

これだもん。今じゃどこにでもありそうなアルバムジャケットだけど、当時はかなり衝撃的だったんです。でもわくわくしながら買いに行って、当時付き合ってた旦那に自慢してたのを思い出します。

これ、デビューの頃。セリフ棒読み兄さん。山田太一の「男たちの旅路・車輪の一歩」です。

で、今の息子さんと同じ時期がこれ。

仮面ライダーBLACK。仮面ライダーシリーズは好きじゃないけど、昭和最後になったこの作品は本当にストーリーも音楽も素敵でしたね。

で、過去から現在に戻って。

「リベンジ」

これねーーペーペーの赤楚衛二とベテランの錦戸亮では勝負にならず。

ストーリーも今一つピンとこない。

白い巨塔風なのに主人公が医者じゃないってちょっとね。

 

「アンチヒーロー」

これは長谷川博己に北村匠海が必死についている感じがいいですね。

「アンメット」 私は主役の人の顔が好きじゃない。

杉崎杏も、そばかすとかそのまんまでいいのか?という。

「花咲舞が黙っていない」は完全にボツ。

今時臨店ものは流行らないでしょう。

っていうか、やっぱり杏ちゃんの存在感ってすごかったんだなと思いました。

賢くてテラーにぴったり。今田美桜は勢いだけで頑張ってる感じです。

そして、今回問題の「ブルーモーメント」

作品は好きです。

いわゆる山Pものかなと思うし。

でも、右側の女の子が、中国人とのハーフだそうで日常会話が中国語だったそうです。

それでなのか「興奮すると中国語が出てしまう」キャラ設定。

完全日本人の役なんだけど、何でわざわざ北京語を出す必要性が?

それも決してネイティブに感じない。ご本人は訛りのきつい中国語で育っている為、北京語は緊張するらしい。

だったら無理に喋らせなくても・・・・・

韓国男子との恋を描いた「EYE LOVE YOU」もハングルが飛び交ってましたけど、あれはまあ、許せる。それはヒロインの二階堂ふみがハングルを全く知らない設定だったからね。

でも、今回は完全に不必要ではないかと私は思うのね。

「パリピ孔明」のように必要性があり、尚且つネイティブ発音して字幕がついてくれたら納得するし、勉強にもなるけど。

段々いらだってくるわけ。

って思うのは私だけかな。

 

キムタクのドラマはためてみているので、感想はもう少しあとで。

早々に「イップス」は挫折しました。

 

コメント (6)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天皇一家帰京

2024-05-08 07:00:00 | 皇室報道

 週刊誌では未だ「ヅカへの誹謗中傷」冷めやらず、宙組集合日の5月7日には集団退団があると書かれていたのに、蓋を開けたら104期の二人だけ。

104期って、「さくら」をモチーフにした、とても素敵なロケットだったよね。ここ最近では一番好きなロケットだったんだけどな。

ここまで来たら突き進むしかないのよ。宝塚は。

いい加減宙組のポスターを出して欲しいです。ファンが可哀想じゃないの。

「アンチヒーロー」朝夏まなとが出演していてびっくり。だけどそれ以上に、ちょっとしか写らなかった壮一帆をしっかり認識した私に驚いたわ。

さて。夕方、天皇一家が帰京しました。

主役は内親王殿下なのね。

ところで、天皇陛下はどこ?後ろで幽霊みたいになってる人?

平日っていうか、みんな「仕事したくない」と思いつつ出勤している人多数なのに、逆なでするからのような弾ける笑顔。

「リモートワークなんですの」

「非常勤なんですの」

え?働きすぎてた内親王殿下はどこへ消えた?

 

毎回、御料牧場到着の映像を見て感じるけど、いや、これは何も御料牧場だけじゃなくて、那須の御用邸もそうだけど、毎年来るたびに「初めて」来たかのような会話が出来るって、ある意味すごいと思いませんか?

だって、毎年1週間滞在して、見慣れた動物、見慣れた景色ですよ。

それを「あそこに馬がいるの、わかる?」とか・・・

私も毎年中禅寺湖へ行ってた事ありますけど、さすがに夫婦で「あ、スペイン大使館だ」なんて言いませんよ。

この方々の記憶っていうのは、恐らく1年経つとリセットされて、全てが初めての経験のようになるのかな。

だから毎年、同じところへ行って一日中遊んでも全然いいんだと。

ま、規制された東北自動車道の方々、お気の毒でした。

コメント (11)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする