ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

今年の漢字は「災」

2018-12-13 07:00:00 | 政治

 毎年恒例の今年の漢字ですが、「災」になりました。当然と言えば当然です。日本はどうなってしまうの?というくらいあれこれ災害が起きてしまいました。

ただの2018年ではなく平成最後の年が最悪の年になってしまったんですね。台風だの大地震だの、さぞや皇后陛下からみれば「慈愛」を示すのに格好の材料と思われたでしょう。その通りに、後期高齢者で認知症もはいっていそうな天皇陛下をあっちこっちと連れまわしておられました。

静かだったのは皇后陛下が風邪を引いたときくらいでしょうか?ゆっくり養生すればいいのに、まるで何かに追い立てられるような?存在感を無くさないでーーとでもいうような行いの日々。だから災害が起きたとはいいませんが、古来より、災害が多いのは「天皇に徳がない」という解釈ですから、本来はより祭祀に専念すべきを、皇后陛下は当たり前のように「おつつしみ」と日程に書かせて祭祀をやらない。

そんな背中を見ている雅子さんが真似しないわけがないということで、「災」の字は数年続くのではありませんか?

秋篠宮両殿下がタイに到着されました。嫌な気分で帰国されなければいいと思うのですが。何と言っても現国王とのつながりがほとんどないですしね。前国王に息子のようにかわいがられた殿下ですから、やっかみで何をされるか・・・怖いんです。

さてファーウェイの孟晩舟氏が8億5000万で保釈されました。しばらくカナダの家で静養するらしいですが、この写真は結構若すぎません?テレビでみたらもっと歳をとっていましたけどね。

ファーウェイは中国でもっとも成功した企業なんですってねーーでもファン・ビンビンみたいなことにはならないのね。芸能人と実業家じゃ違うのかしら?

そもそも中国製の携帯なんて恐ろしくて使う気もないけど世界的にはシェアが2位なんですか・・・いやーどんだけデータが盗まれているのかって思います。孟氏は父と前妻の子で、母親の姓を名乗っているんですがそういうのは偏見の対象にならないのね。韓国とは違いますね。

でも、色々と2つ名3つ名があるようで、つまり中国って自分を何と名乗ってもいい国なのかしらね。

孟氏の件の嫌がらせのように拘束されたカナダの外交官は無事なんでしょうか?

実は日本人ももう何人もあっちで拘束されて勝手に懲役刑にされているんですけど、日本は正当な裁判手続きを踏もうとは思わないんでしょうか?

ZTEの方はもう下火らしくて、いよいよ中国の景気も悪くなるんじゃないかと。そsたらよけいに海外に進出して侵略をするんじゃないの?

そう、まさに侵略。中国の究極の目的は宇宙を制することですからね。明日のジオンになるのか・・・それともガトランティスの白色彗星に?

 

コメント (3)

久しぶりにドラマの話

2018-12-12 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 寒い・・・けど暑い。肩が痛い・・・歳のせいですかねえ。

女性週刊誌が気持ち悪くて読めません。あまりにも嘘ばかりじゃないの。

皇室についてなんであそこまで嘘をつけるの?良心がないの?

「KKと眞子さまの件で愛子様を天皇に推す声」ってないよ。そんなもん。

「出なかったからといって休んでいたわけじゃない」とか言い訳がひどすぎる。

テレビでも「公務は去年より少ないけど中身が濃い」とか言われてました。進講を受けたのも14回で去年の倍って・・・秋篠宮家はその3倍以上だよっ

騙されるんじゃないよと思いつつ、騙されるんだろうなあと思います。

様々なドラマも終盤です。この所、宝塚行ったり録画をダビングしたりで忙しく、リアルタイムに今季のドラマを見てないので、感想を書けなかったのですが。

今季で最も面白いのは「今日から俺は!」ですね。最近、特に幅を利かせている福田雄一脚本。彼は井上芳雄とか「今日から俺は」に出てる瀬奈じゅんや愛原実花もファミリーにしている人なんですけど、とにかくコメディが面白い。

WOWOWで月に一度「GREEN&BLACKS」という井上芳雄主演のコメディをやっているんですけど、毎回捧腹絶倒。昔「トライベッカ」という山崎育三郎・浦井健治・井上芳雄の3人でやってたのもあり、とにかく定評がある。

「今日から俺は!」はリアルに80年代を知っている私達世代からすると服装も不良度も甘いの一言なんですね。あんなに清く正しく美しく不良をやってる高校生なんていませんでした・・・(なんせ三原じゅん子議員ですから)でも、いかにも金八先生をオマージュしている学園に賀来賢人と伊藤健太郎の二人が正義の味方の不良をやってて、聖子ちゃんカットの女の子達のかわいらしさが引き立ってます。

でも実は、このドラマで一番光っているのはムロツヨシ・瀬奈じゅん・吉田鋼太郎以下の面々。つまり脇の人達でアドリブの応酬が続いて笑っているシーンなどもあり、一緒になって笑っています。設定の甘さなんかどうでもいいや、面白いからって思えちゃうことがすごいです。本当に。これはDVD買ってもいいくらいです。

賀来賢人はこれで一皮向けてすごい俳優になりそうな雰囲気。正統派の伊藤健太郎は脇に甘んじていますがドラマを掛け持ちしているので、次回が楽しみ。

それから「ハラスメントゲーム」も面白いですね。脚本が井上由美子でしたっけ。唐沢寿明と広瀬アリス、古川雄輝の3人トリオがとってもうまくいってます。唐沢のとっても軽い演技と広瀬・古川の生真面目な演技が功を奏している感じです。

世の中にこんなにハラスメントがあるなんて・・・絶句でした。

勿論「リーガルV」も本当に笑えるし真剣になれるし、ワンパターン米倉涼子だけど、脇が変わるだけでこんなに面白くなるのか?と。そこに向井理の冷たい演技がたまりません。ヒロインが鉄っていうのも魅力の一つなのかもしれませんね。

意外と面白い「僕らは奇跡で生きている」ですが、高橋一生と榮倉奈々、全然合わないと思っていたらそうでもなくてゆったりのんびり見ることが出来るドラマです。

うちの旦那は相変わらず「下町ロケット」を見ながら感動していますけど、今回ばかりは芸人が多すぎだし、せっかくの竹内涼真の活躍するシーンがないっ。人材の無駄遣いですって。菊之助は見てて飽きないし、吉川晃司も杉様も、その顔触れだけでひれふすんですけど、そこにイモトーー?古館ーー?頭が高いっって感じなんですよね。

ぬけまいる~女3人伊勢参り」は本当に面白いです。田中麗奈・ともさかりえ・佐藤エリの3人の息がぴったり合っているし、毎回ストーリーが楽しくて見入ってしまいますね。

 

そうそう、WOWOWで始まった「遠藤憲一の勉強させていただきます」もとっても面白いですよ。クドカンが10分で脚本を書くんです。普通に演じたらこう。そして毎回ゲストが出てくるんですけど、これがまた面白くて笑っています。ぜひぜひ。

 

海外ドラマの「ゲームオブスローン」も一時期ハマって、どこまで行ったかな?だいぶ進んだけど、そのあと見れなくて。ただ、このドラマは子供と一緒に見るわけにはいかないので困っちゃいますよね。最初から見たい気もしますがそれなら一気にみなくちゃいけないし、かといって昼間は・・・・ああ悩ましい。

 

 

 

コメント (6)

日本一運のいい女ー新皇后の肖像  14

2018-12-11 07:00:00 | 皇室報道

 サンデー毎日 1993年6月20日号

「嫁ぐ日を迎える雅子さん」

 サンデー毎日 1993年6月20日号

宙に浮いた金箔箪笥と謎の人物

 「えらいことになったね。一昔前やったら切腹もの」金沢市内を走るタクシー運転手がつぶやいた。

 金沢にある創業大賞13年の老舗家具店「辰巳屋」が雅子さんの婚礼家具に金箔加工会社などと共同で開発したひとさお1000万円の金ぴかの桐箪笥3さおが5月末小和田家から「注文の品と違う」と突き返されたからだ。

 辰巳社長はその後行方をくらましたままで6月2日になって1通の詫び文をマスコミに配った。その中で

「善意に寄り独断で作らせて頂きました。また、金箔たんすは一部で報道されているような高価なものではありません」

などと釈明している

 金沢では金箔たんす納入の陰に地元選出の大物代議士X氏が介在としきりなのだ。

6月3日夜、金沢市内のホテルで国会議員らも出席して行われた実業家の出版記念パーティでも金箔たんすがもっぱらの話題だった。出席予定名簿に辰巳社長の名前があったからだが、あちこちの人の倭から「X氏が介在しているらしい」と囁きが聞こえた。

 福田内閣時代、X代議士は官房副長官を務めており、丁度その時、小和田恒氏は総理大臣秘書官だった。おまけにX代議士系といわれる地元新聞の幹部の子弟である記者が雅子さんの東大時代の同級生という偶然が重なり噂が噂を呼んでいる。

 辰巳屋は老舗だが3代目になってカフェを作ったりハウスマヌカンのような店員をおいたりするような店。

「そもそも桐には耐久性・難燃性があり木目も細かく水をはじく。金箔なんて張ったら台無しだ。桐を知らないひとがやったにちがいない」

 辰巳屋は市内に約30店ある中でも規模などは中位以下で「元々は家具の修理や小売りの店で自前の工場もない」

「そんなところになぜ小和田家が注文したか」

 小和田家の家具調達方法に疑問が。

「家具の注文はデパートに来るかと期待していたんです。が、今回は問屋も通さずメーカー直ですから異例です」

小和田家の周辺からも「なんであんな所に頼んだんだ」という意見も多い。

 こうした独自の調達が可能なのは政官界に多彩なルートを持つ小和田ファミリーなればこそともいえそうだ。

 要するに代議士のコネ、同級生のコネで安く上げようとした結果、辰巳屋が気を利かせ過ぎたのかもしれないですよね。

 

 週刊女性 1993年22日号

「皇太子さま雅子さまおめでとう」

「独身最後のツーショット」

 

 1993年6月9日

 

 

とにかく土砂降りの雨で・・・小和田家は本当に悲しんでいる様子。お通夜のよう。

朝見の儀へ

 

パレード直前

 

 

生地はいいのにデザイン性の全くないドレス。手袋のボタンが外れている。

雅子妃はすっかりリラックスして背もたれによりかかって・・・

東宮御所についた時には超ご機嫌

アントワネットは結婚証書にサインした時、インクがにじんで「不吉」と言われ、エリザベートは馬車を降りる時に王冠を落とし、雅子妃は立ち位置を間違える。

すでにこの時から主導権は我にあり・・・・そして未来の皇室の不吉な予感は当たってしまったのです。

コメント (8)

時の流れが速すぎて

2018-12-10 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 ファーウエイとZTEが排除されると知ってちょっとほっとしたりしています。

でも何でドコモってわざわざ中韓の携帯を勧めるのかな。こっちは国産がいいって言っているのに。

私達は今から来年の10連休をどうしたらいいか・・なんて考えてしまいます。公務員の方々にとっては嬉しいかもしれないけど、非正規雇用の人達にとっては死活問題。

「10連休だけ働く場所ないかしら」と言っている人もいるし、病院をどうしよう・・・旅行するにしてもめちゃくちゃ高い時期だからどこもいけないだろうし。どうして、そういうことを考えないで無責任に「10連休」って言ってしまうのかな。

テレビだってみないと思うけどね。

それに外国人が増えるからってなんでキャッシュレスにしなくちゃいけないの?

ペイペイなんて全然わからないし。そもそも携帯にそこまでの信頼度があるのか?

私はないなあ。もしもの時、携帯なんて使えなくなるのは震災等で分かっているじゃない?充電なんか出来ないのよ。現金を持っていなかったらまずいでしょ。決済の方法があれもあるよーこれもあるよー便利だよーっていうのはわかる。

わかるけどついていけない人もいるんだよーー

コンビニ決済だけじゃだめですかね・・・貧乏人は還元を受けられないなんておかしい。

それとまた歯の矯正の話ね。生活保護受ける人って歯が綺麗なんですよ。なぜって真っ先に歯医者へ行けーーって言われるから。生活支援課の人達も見た目を整える事の重要性はわかるから、歯がなければ至急歯を入れるように指導します。

でも一般家庭では保険がきくものだったらまあ大丈夫でしょうけど、矯正となると難しいところもあるんじゃないかな。あまり「やって当然」みたいな決めつけは私は好きではありません。雅子さんの場合は出来るのにしなかった。でも世の中にはしたいけどできない人もいます。

なのでもうこの話題はなしにして下さいね。

 

 

コメント (6)

雅子妃55歳に

2018-12-09 13:51:25 | 皇室報道

 今年のキーワードは「25年」です。

 雅子妃誕生日文書全文 

平成の御代最後となる年の暮れが近づきます中、私にとりましては、平成5年に皇室に上がりましてから26回目となる今年の誕生日を、平成最後の誕生日として、深い感慨とともに、ある種の寂しさを感じながら迎えようとしております。

 平成最後の誕生日・・・・・ 思ってても書かないものじゃ。

 26年く前に皇太子殿下との結婚が決まりました時から、天皇皇后両陛下には、私を温かく迎え入れて下さり、今日まで変わることなく、広いお心でお導き、お見守り下さいましたことに、心から感謝申し上げております。

これまで私がご一緒させていただいてまいりましたこの25年余りの日々を振り返りつつ、両陛下が、大きな責任を担われながら、どれ程深く国民の幸せや国の安寧を願われ、お力を尽くしていらっしゃったかということを改めて思い、敬意と感謝の気持ちで一杯になります。

 夫である皇太子への言葉がいつも通り一遍なのは実は全然思ってないからですよね。導く、見守る・・全部美智子皇后のパクリです。そもそも夫婦間で「導く」という言葉が通じるのか、あの皇太子夫妻25周年の記者会見の時に思ったものですが。

 この先の日々に思いを馳せますと、私がどれ程のお役に立てますのか心許ない気持ちも致しますが、これまで両陛下のなさりようをお側で拝見させていただくことができました幸せを心の糧としながら、これからも両陛下のお導きを仰ぎつつ、少しでも皇太子殿下のお力になれますよう、そして国民の幸せのために力を尽くしていくことができますよう、研鑽を積みながら努めてまいりたいと思っております。

 難しい言葉を使えばそれでいいのか?という・・・導く、仰ぎつつ、研鑽。毎年同じような事を言ってる割には全然ぶれないお妃です。

 皇后陛下には、10月のお誕生日に際しましての宮内記者会からの質問へのご回答の中で、「これから皇太子と皇太子妃が築いてゆく新しい御代の安泰を祈り続けていきたいと思います。」と仰って下さいました。

温かい思し召しに心から感謝申し上げます。

 やったーーこれで私の思い通りになるぞ。嬉しい。ありがとーーーって感じ。

これに先立ちまして、今年5月には、15年ぶりに出席が叶いました全国赤十字大会で皇后陛下とご一緒させていただき、その折にも温かいお心遣いをいただきました。また、皇居紅葉山の御養蚕所を皇后陛下のご案内で拝見させていただき、皇后陛下が長年お心を尽くされてお続けになっていらっしゃいましたご養蚕についてお教えいただきましたことも、とてもありがたいことでございました

 15年ぶりに出席が叶った・・・?んじゃなくて「皇太子妃として最後だしでないわけにはいかないよね」じゃなかったの?

 その時に皇后の「次は雅子妃よ」アピールがよほど嬉しかったんでしょうね。

養蚕を教わったからってやるとはいってないけどね。



 両陛下には、これからもお忙しい日々がお続きになりますが、くれぐれもお体を大切になさり、お健やかにお過ごしになりますよう、そして、遠くない将来に、お懐かしい想い出の沢山おありになる現在の東宮御所にて、これまでのお疲れを癒やされ、穏やかな日々をお過ごしになることがおできになりますよう、心からお祈り申し上げております。

 どうぞどうぞ早く隠居してくれや?の気持ち?

 今年一年、日本の国内外で様々な出来事がございました。

2月から3月にかけて平昌で開催されたオリンピック・パラリンピックでは、日本人選手が様々な競技で活躍し、多くの人に感動を与えるとともに、国内を元気づけてくれました。また、この秋、本庶佑京都大学高等研究院副院長・特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されたことは、日本国民にとっても、世界でがんの病と闘う人々にとっても、希望をもたらす喜ばしい出来事だったのではないかと思います。

 一方で、大変残念なことに、今年も多くの自然災害に見舞われた年でした。国内では、6月に大阪府北部で、そして9月には北海道で、それぞれ大きな地震が発生し、大きな被害が出ましたし、7月に西日本を中心に全国を襲った豪雨では、多くの方が犠牲になり、過去最大規模の被害が生じましたことに、とても心が痛みました。また、台風も次々と上陸し、各地で爪痕を残しました。

 国外でも、インドネシアでの地震津波や、アメリカ、ヨーロッパでの森林火災、洪水などが各地で発生しました。国内外でのこうした災害により、不幸にして命を落とされた方々のご遺族の皆様の悲しみに思いを寄せ、心からお悔やみを申し上げます。また、被災された方々には、様々なご苦労が絶えない状況におられることを案じ、お見舞い申し上げます。

 このような自然災害との関連では、9月に皇太子殿下とご一緒して、昨年7月の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市を訪れ、復興の状況を見せていただきました。

現地では、復興が徐々に進みつつあることについて説明を伺った後、被災された方々が生活の再建に向けて懸命に取り組まれている姿を目の当たりにして、勇気づけられ、また、少し安堵も致しました。一方で、今なお多くの方が、応急仮設住宅で不自由な暮らしを余儀なくされている状況に心が痛みます。被災された方々が一日も早く安心して暮らせる日が来ますよう、復興が順調に進みますことを心から願っております。そして、東日本大震災を含め、各地の被災地域の復興に、殿下とご一緒に永く心を寄せていきたいと思います。

 そんなに心が痛むならどうして広島へ行かないの?北海道に行かないの?

 最近、国内では、子供の虐待や子供の貧困など、困難な状況に置かれている子供たちについてのニュースが増えているように感じており、胸が痛みます。

世界に目を向けても、内戦や紛争の影響が、特に子供を始めとする弱い立場の人々に大きく及んでいる現状を深く憂慮しております。

10月にお会いしたユニセフのフォア事務局長からは、貧困家庭の子供たちに対する教育の拡充の必要性、グランディ国連難民高等弁務官からは、世界各地で難民や国内避難民が増え続けている現状などについて、それぞれお話しを伺い、この問題の抱える深刻さに改めて思いを致しました。

また、他にも、地球温暖化や環境汚染など、国際社会が一致して取り組む必要のある課題が多岐にわたっています。私たち一人一人がお互いを思いやり、広い心を持って違いを乗り越え、力を合わせることによって、社会的に弱い立場にある人々を含め、全ての人が安心して暮らすことのできる社会を実現していくことや、このかけがえのない地球を健全な形で将来の世代に引き継いでいくために、私たちが何をすべきなのか、それぞれが真剣に考えていくことが必要な時代になっているのではないかと感じます。

 国の安泰より地球環境かあ・・・壮大でいいわねーーやってることが本当に皇后に似て来たなと。

 来年には日本でラグビーのワールドカップが、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されますし、この度、2025年に大阪で万博が開催されることも決まりました。このような行事が、日本の社会に新たな活力をもたらし、個々の人々の可能性を一層開花させるとともに、日本と世界の交流や相互理解が深められていく機会となることを願っております。

 愛子は学習院女子高等科2年生になり、高校生活をとても楽しんでいる様子で、夏にはイートン・カレッジでのサマースクールや、秋には奈良・京都への修学旅行など、新しい経験も色々と積みながら、多くのお友達に囲まれて充実した日々を過ごしているように見受けられます。

私自身の経験からも、この年齢での経験というものは、その後の人生にとっても貴重な財産となるのではないかと思いますので、愛子も、このように新しく視野を広げられるような機会に恵まれましたことはありがたく、私たちもうれしく思っております。

愛子には、これからも感謝と思いやりの気持ちを大切にしながら、様々な経験を積み重ね、心豊かに成長していってほしいと願っています

両陛下には、日頃より、愛子の成長を温かくお見守りいただいておりますことに、改めて心よりお礼を申し上げます。
 なんというか、愛子内親王への関心が完全に薄れてしまったんですか?不登校について語らないのは当たり前としても「見受けられます」という言葉にちょっと距離を感じるんです。日頃から娘を見守っているというより、回りから報告を受けているだけのような感じが。

 いよいよ内親王が自分の理想通りにいかない事にうんざりして、完全に子育て放棄しちゃったんじゃないの?


 私自身につきましては、今年結婚満25年を迎えることができ、多くの方にお祝いいただきましたことをありがたく、幸せに思いますと同時に、この25年余りの間、本当にたくさんの方に助け、支えていただいてまいりましたことを改めて思い返し、感謝の気持ちを新たにしております。

また、この一年も、皇太子殿下を始め、色々な方のお力添えをいただきながら、体調の快復に努め、少しずつ果たせる務めが増えてきましたことをうれしく思っております。特に地方訪問などの折に、訪問先や沿道で本当に多くの方から笑顔で迎えていただきましたが、皆様からかけていただいた声を身近に感じることも多く、そうした国民の皆様のお気持ちは、私にとりまして大きな支えになっております。

 声掛け隊は頑張るでしょう。どこにいっても「雅子さまーー!素敵―!ありがとー!」って。

また、秋の園遊会で様々な方とお話しをさせていただいた折にも、温かい言葉をおかけいただきましたこともありがたいことでした。

 言葉をかけるのは自分という意識はないのですね。ホスト役なのにお客様扱い。

今後とも、引き続き体調の快復に努めながら、できる限りの公務に力を尽くすことができますよう、努力を続けてまいりたいと思っております。国民の皆様から日頃よりお寄せいただいている温かいお気持ちに、この機会に重ねてお礼を申し上げます。

 国民の皆さまとしてはもういい加減にしろよ・・・と思っているんですけど。あなたは自分が最も不幸な人生を歩んでいると思っているんですよね。もし結婚しなかったら今頃は外務省で外交官で大使になっていたかもしれないし、もっとお父様に褒めて貰っていたかもしれない。

でもお父様のいう通りに結婚したのに女子しか産めず、失望させ、さらにその娘がとてもお父様の孫とは思えないごゆっくりさんだったことにショックを受け、「お前は小和田家の恥さらし」とか言われたんじゃないの?だから皇后になるというのは、父親に対する復讐であり、一方で「これなら褒めてくれる?」って気持ちもあるんでしょうね。

「病気設定」は彼女の「反抗」にすぎず、その娘もまた同じことをやってるだけなんです。

 東宮職医師団の見解 

皇太子妃殿下におかれましては,これまで東宮職医師団として説明して参りました基本的な考え方を踏まえながら,引き続きご治療を継続していただいております。

本年も,ご努力と工夫を重ねてご体調を整えられ,5月の滋賀県行啓,8月の兵庫県行啓,9月の福岡県行啓及び10月の大分県行啓と,4度の地方行啓をお務めになったほか,11月には東京都内で開催された全国育樹祭にも御臨場になりました。

また,本年前半には,園遊会やベトナム国家主席御夫妻の国賓訪日に伴う諸行事といった公的な行事に,引き続きお出ましになったことに加え,5月には15年ぶりに全国赤十字大会に御臨席になり,また,秋の園遊会でも,15年ぶりにお道筋を最後までお進みになり,多くの招待客の方々とお言葉を交わされるなど,様々な行事に意欲的に取り組まれました。

こうしたご活動を一つ一つ着実に積み重ねていらっしゃることが,妃殿下のご自信となり,結果としてご活動の幅の広がりにつながってきていることは,東宮職医師団としても望ましいことと考えております。

また,妃殿下には,学習院女子高等科で楽しく充実した学校生活を送っておられるご様子の愛子内親王殿下を,母親として温かく見守られ,ご成長を支えていらっしゃいます。

一方で,これまでも繰り返し説明して参りましたように,妃殿下には,依然としてご快復の途上にいらっしゃって,ご体調には波がおありです。

大きい行事の後や行事が続かれた場合には,お疲れがしばらくお残りになりご体調が優れないこともおありになります。

こうした中で,過剰な期待を持たれることは,かえって逆効果となり得ることをご理解いただければと思います

また,私的なご活動の部分でも,幅を広げていっていただくことも大切だと考えています。

特に来年は重要な一連の行事もおありでお忙しくなられますが,妃殿下にはご無理をされず,周囲の方々の理解と支援をお受けになりながら,これまで同様ご治療を続けていただくことが大切ですので,引き続き温かくお見守りいただくよう,よろしくお願い申し上げます。

 要するに工夫と努力を重ねてこーんなに公務が出来るようになったし、母としても完璧っ!でも、体調の波があるから優れない時は何もしませーーん。むしろ、好きなことを好きな時にすきなだけやる方がいいと医師団は考えております。皇后になってもそういうスタンスは変わりませんからーーー

 国民の総意として過剰な期待なんて持ってませんから。むしろ、もう全然出てこなくていいし、御所の中で好きなもの食べて一日中寝ててもいいから、中途半端に気分次第で出てくることだけはやめて下さいといってるだけです。

 そもそも治療というのはどんな治療なのか?医師なのに「愛子内親王を見守って支えている」まで書く必要があるの?まるで雅子妃の弁護団みたいよね。医師団の見解というより弁護団の見解じゃないの?

 「意欲的」になる時は何でも出てくるけど、意欲がわかない時はお仕事しない。これは社会人として失格で、もし雅子さんが外務省に残っていたとしてもこんな状態なら首にはならなくても休職でしょう。え?外務省にいたら適応障害にならなかった?いや、断言するけどなっていたと思う。

壁にぶつかる度、父親のサポートである程度までは行けても、そうそう回りがそれを許さなくなるし、父親の立場も危うくなるから娘が引くしかない時が来ます。そしたら家に引きこもってしまうんでしょうね。そういえば双子の片割れ、節子さんはお仕事しているのかしら?

 

 

 

コメント (5)

皇室ウイークリー

2018-12-09 07:00:00 | 皇室報道

ご日程

両陛下

11月30日・・・両陛下 → 秋篠宮殿下から挨拶を受ける

             新任外国大使夫妻とお茶

             文部科学大臣表彰の教育者表彰被表彰者に会う

             勤労奉仕団に会釈

      天皇陛下 → 通常業務

12月1日・・・皇后陛下 → エル・システマ ガラコンサート鑑賞

       両陛下 → 愛子内親王から挨拶を受ける

12月3日・・・両陛下 → 外国大使夫妻と昼食

12月4日・・・天皇陛下 → 信任状奉呈式

              通常業務

       両陛下 → 勤労奉仕団に会釈

12月5日・・・天皇陛下 → 信任状奉呈式

       両陛下 → 社会保険労務士制度創設50周年記念式典出席

            ドイツ・グラモフォン創立120周年Special Gala Concert鑑賞

12月6日・・・両陛下 → 社会福祉法人滝乃川学園訪問

      天皇陛下 → 認証官任命式

 

皇太子同妃両殿下

11月30日・・・両殿下 → 高円宮杯第70回全日本中学校英語弁論大会記念レセプション出席

12月1日・・・皇太子殿下 → 平成30年度日本山岳会年次晩餐会出席

      両殿下・愛子内親王 → 誕生日につき諸行事

12月3日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

12月4日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

 

秋篠宮家

11月30日・・・秋篠宮殿下 → 両陛下に挨拶

12月3日・・・両殿下 → 生誕110年 東山魁夷展鑑賞

              国立研究開発法人国立国際医療研究センター創立150周年記念式典出席

12月4日・・・両殿下 → 「日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念 カール・ラーション」展鑑賞

 なんで皇后陛下はずっと同じ服ばかり着続けているんでしょう?コンサートも施設訪問も同じ。何だか面倒になっちゃったんじゃない?

 本家皇室ウイークリーは秋篠宮家の活動に関する写真をほとんど載せません。こういう所にひどい差別や誘導を感じます。

 高円宮妃と皇太子夫妻の弁論大会の公務は絶対におかしい。レセプションまで出てくる雅子妃の真意はどこに?こんなに末端宮家をいい気にさせてなるものかと思ってしまう私は変?

 雑誌による様々な記事 

 

 愛子内親王は10月2日から11日まで9連休

 その理由は「やる気がおきない」負けず嫌いだから運動会で思うような結果が出ずに落ち込んだ?それを癒す為に必要な9連休だった・ バカいってんじゃないよ。高校生のくせに何が癒しだよ。よその同級生は受験の為に風邪ひいても休めないんだよっバカ娘。

 愛子内親王の誕生日の映像に雅子妃がいないので、親子喧嘩でもしているのか?と記者が質問すると宮内庁は「そういったことは全て雅子さまが決める」と回答

 すでに美智子皇后2世が出来上がっていた・・・・

 雅子妃が出るか出ないか、それは全て雅子妃の気分次第なので宮内庁職員は自分達で判断できない。皇后になっても自分の気分に沿うものには出席してもそうでないものには出ないだろう。

 「気分次第」という言葉が活字になったのはいい事ですが、それでもまだ「おかわいそう」と思っている国民が気の毒。それにしても判断できない宮内庁って本当はおバカの集団ですか?

「上がそういうから」「役所ってそういう場所」「反抗するとあとで怖いことが」

そうなんだろうねえ・・・うんうん。

 TOCANAさんの無責任だけど信じたくなる記事 

 佳代氏は一時行方をくらましていたが、最近は自宅マンション引きこもっているようです。

 パート勤務する目黒の洋菓子店にも姿を見せていません。このまま退職ということになるのでは? 手塩にかけて育てた息子が眞子さまを射止め、自分も皇族の関係者になれると思った矢先に、自身のトラブルで破談に向かっている現実は耐え難いものでしょう」

 佳代さんが抱える負債額は約430万円。

はたから見れば、貯蓄を切り崩すなり、親族からかき集めれば何とかなるような額にも見える。だが、小室親子には金がなく、頼る親族や知人もいない。

 そんななか、佳代さんには怪しい紳士たちが接触を試みているという。

 「借金トラブルをクリアにすれば、結婚問題は何とか首の皮一枚つながる。そのため『借金を肩代わりする』『無利子で貸す』といったダイレクトメールが佳代さんの携帯電話に連日送られて来ているようです。

 一時期、横浜界隈を縄張りとする暴力団組織が佳代さんの個人情報を探っていたので、それと関係があるのかもしれませんね。

 さすがの佳代さんもメールは無視しているようですが、いよいよ追い込まれた時には…。予断を許しません」

  眞子さまと小室さんがめでたく結婚した暁には、皇籍離脱に伴う一時金として国から1億円以上が支払われる。

 ダイレクトメールを送りつけている連中の狙いは推して知るべしだ。刻々とタイムリミットが近付く結婚問題。佳代さんが禁断のカードに手を出さなければいいが…。

 ひょえーー いかにもありそうな話です。っていうか、そういうダイレクトメールは来てもおかしくないですよね。暴力団関係とかいうのも、確か佳代さんはそういう系に知り合いいなかったっけ?

 怖いよーー

 

 

 

 

コメント (10)

皇室ウイークリー(先週分)

2018-12-08 16:45:00 | 皇室報道

ご日程

両陛下

11月23日・・・天皇陛下 → 新嘗祭神嘉殿の儀(夕の儀)

11月24日・・・・両陛下 → 黒田清子祭主から挨拶を受ける

11月25日・・・・両陛下 → 勤労奉仕団に会釈

11月26日・・・両陛下 → ヨルダン国王夫妻と昼食

             

平成30年度宮内庁永年勤続表彰者と会う

             勤労奉仕団に会釈

11月27日~28日・・・両陛下 → 静岡県訪問

・ねむの木学園(ねむの木こども美術館「どんぐり」訪問

・生徒,入所者の絵画作品及びダンスを見る

・施設関係者懇談

・浅羽佐喜太郎公紀念碑」視察

・袋井市郷土資料館・近藤記念館視察

・浜松市外国人学習支援センター視察

・外国人支援者のためのポルトガル語講座視察

・浜松市長,市議会議長昼食

・浜松市楽器博物館視察

天皇陛下 → 通常業務

11月29日・・・・両陛下 → 社会保険労務士制度創設50周年記念式典御臨席について説明をうける

 

皇太子同妃両殿下

11月23日~24日・・・皇太子殿下 → 新嘗祭夕の儀・暁の儀

11月26日・・・皇太子殿下 → 離任大使と会う

        両殿下 →ヨルダン国王夫妻に会う

11月27日・・・皇太子殿下 → 離任大使に会う

                勤労奉仕団に会釈

                水と災害に関する国際シンポジウムー歴史の教訓と世界の事例から学ぶー聴講

11月28日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

11月29日・・・皇太子殿下 → 青年海外協力隊及び日系社会青年ボランティアと会う   

               外務省から進講を受ける

               

秋篠宮家

11月23日~24日・・・秋篠宮殿下 → 新嘗祭夕の儀・暁の儀

11月26日~27日・・・秋篠宮殿下 → 石川県訪問

・のとじま臨海公園水族館視察

・石川県知事他と昼食,第63回水族館技術者研究会出席 情報交換会出席

・花嫁のれん館視察

・石川県文化財保存修復工房視察

11月28日・・・両殿下 → 外務省から進講を受ける

11月29日・・・秋篠宮殿下 → 大日本水産会「平成30年度水産功績者表彰式」式典及び祝賀記念パーティー出席

 週刊誌にとって雅子妃が勤労奉仕団に会釈しないことはどうでもいいんんですよね。問題にしないというか。変だ、おかしい、なんでこっちが出来るのにこっちは出来ないの?という疑問符が全くない。マスコミが洗脳されているのか、日本という国がおかしいのかと思ってしまいます。

 「ねむの木学園」を訪れる両陛下に何ともいいようのない違和感があって。ここまで私的に仲良しさんを作って「公務」に組み入れるというのはいいものかどうか。

 「公務」という言葉に違和感がある方もいるようですが、それ以外いいようがないので仕方ないのではありませんか?両陛下と皇太子夫妻のそれには明らかに「好き嫌い」が含まれているから違和感もあるんでしょうけどね。総裁職について色々言いたい、誘導したい気持ちもあるのかもしれませんけど、それが現状である以上は仕方ないんじゃないですか?絢子さんも子供を産んだりしたらそういう「総裁」職からは離れるかもしれないし、先が見えないし。

コメント (5)

愛子内親王・・・そのままでいいんだけどね

2018-12-07 07:00:00 | 皇室報道

 まだ週刊誌を全部読んだわけじゃないし、忙しくてそれどころじゃないのもあるんですけど、おおむね女性セブンは秋篠宮殿下の悪口に終始したようですね。

その書き方が悠仁殿下を身ごもった時の紀子妃へのバッシングとよく似ていて、本当に頭に来ます。今更小室擁護なんですか?どこの週刊誌なんだよ、女性セブン。これは大量に抗議メールでもしないと収まらないかもしれません。

日本人って言葉に出して文句を言わない代わりに、全然関係ない人にグチグチいうじゃないですか、そういうのと同じ感じがします。

 これは本当に余談なんですけど、年末から春にかけて役所の窓口にはちょっと変な人が来ることがあるんですよ。高額療養費の還付請求が来ない → 該当がない → 金をこんなに払っているのに → 自己負担分は入らない → 公務員ってバカじゃねえの?毎月毎月市民に大量の領収書を提出させて無駄な労力を使いやがって・・・って聞いてたら最後は警察の悪口と来た。

だったらそっちの窓口で言えーーって話だけどそんな勇気がないからグチグチしちゃう。フランスのように堂々と抗議デモでも何でもやれたら気分は楽なんだけど。

こと皇室のことに至っては堂々と嘘をつかれても、週刊誌が身勝手なことを書いても国民は文句を言えないし、信じちゃう人は信じるし、どうしようもないのです。

 

 

まきば様が書いておられるように愛子内親王は運動会の後で9連休しちゃって、そのことを追求された宮内庁は「運動会のお疲れ」「気候変化による体調不良」と言ったとか。要するに愛子内親王は運動が大好きでダンスとかドッジボールとかバスケとかソフトボールとか、そういうことをやる時はルンルンで出てくるけど、学校が通常授業に入ると急に行くのが嫌になっちゃうタイプなんですね。

だったら東大だのって言わずに日体大とかそういう方へ行けば?と思いますが。

宮内庁は公式文書でそのことに触れずに爆上げ。週刊誌は「人望があり、成績もすばらしいスーパープリンセス」と持ち上げています。学校なんか行かなくても東大に入って外務省に入省出来るくらい政治に興味を持ち・・・・とかいうんだろうな。

小室圭に関しては

 小室母には普通警官と私服警官が警護にあたっている

 母の昔の恋人、彫金師との間は切れてない

 小室圭はナイジェリア出身の女性弁護士に接近。

汚職防止のためのキャリアプログラム」を受けて「内部告発にはどんな対応をしたらいいか」と質問し、彼女に名刺を渡した。

 小室圭と母は「秋篠宮夫妻は話が通じない相手」と思っている。

トラブルの相手が距離を置くと「解決した。自分達が正しかった」と解釈するタイプ。

だそうです。

 名刺って・・・KKは名刺を持っているわけ?どんな?

 

コメント (11)

堂々巡りの歯並び

2018-12-06 07:00:00 | つれづれ日記

 旅の疲れなのか、それとも血圧サージなのか、どんなに早く眠っても全然疲れが取れなくて毎日眠眠打破頼りで仕事をしています。

そうそう、ステージスタジオから写真が届いて・・・お見せ出来ないのが残念ですが(笑)アントワネットもオスカルも私初演、姫再演の感じです。フェイスラインがわずかに前回よりよくなっててほっ。

この写真を遺影にしてもいいのか・・・・・と。

雅子さんと愛子さんの話を書くと必ず「歯並び」に言及され、これって永遠に言われることなんだなあと。育ちのいい人は歯並びがいいのだ。必ず矯正するんだからっていう感じですよね。

日本ではそんなに歯並びって重要視されていましたっけ?八重歯が可愛いとか、春野寿美礼が下級生の頃はそう思っていたけど、いつの間にかなくなってた。やはりアメリカの雑誌に歯並びのことを書かれたことは大きかったんですよね。

東宮家ならお金持ちだし歯の矯正なんてどうってことないですけど、やっぱり高いのは高いよね・・・みんながみんな芸能人のような歯にする必要はないので、個人的にはあまりそういうことは気にしたくないです。

それよりも愛子さんの場合、やっぱりちゃんと学校へ通っていなかったという話が問題で、それを宮内庁が隠したって?そして「スーパープリンセス」にした。もう確信犯の宮内庁は東宮制御能力もないので、即位後はさぞややりたい放題ですわね。

今からでも親子二人で矯正したら?でも税金の無駄だからやめましょう。

それより、あの服のセンスのなさをなんとかしてよ。本当にあれでは人前に出せないでしょう。何を着ても似合わないってある意味すごいことですよ。若い頃の薬師丸ひろ子みたい・・(薬師丸ファン様達ごめんね)

コメント (12)

行き着くところまでいくんでしょう

2018-12-05 07:00:00 | つれづれ日記

 すごく冷たい言い方に見えるけれど、世の中というのは行き着くところまで行くんでしょうね。何をどういっても嘘は嘘だし。真実は真実です。

 徴用工判決で新日鉄住金に協議要請=拒否なら資産差し押さえ―原告側弁護士 

 徴用工に関する原告が24日までに午後5時までに新日鉄住金が交渉に応じない場合は資産を差し押さえると宣言

 原告側いわく「高齢だから待たせられない」とか言ってるけど、あの車椅子の人達、本当はいくつのか教えて下さいよ。本当に徴用工とは思えないんですが。

 その子孫だとしても、父なり祖父なりの本当の心なんてわかりはしないでしょう。

 でもこういう風に書かれると「そうか。24日の午後5時で日韓断交か、あるいは何等かの制裁を日本はやるのかなと思うでしょう?ところが原告と来たら

「差し押さえの手続きに入ることは交渉の決裂を意味しない。手続きの過程でも(同社の)責任ある協議の意思を待ちたい

 逃げ道を用意しているんですよ。こういう風にいっとけば日本は何も出来ないだろうと。そして本音としては永遠に協議し続けようというわけ。そしてお金を貰いたい。それが目的なわけです。じゃあどうしろと?もうこれ以上いい加減にしてほしいというのが日本人の気持ちです。

 京都では着物を着てにこにこしている韓国人が、自分の国に帰った途端、豹変する。そんな行為を許せるはずがない。

 

 秋篠宮の言葉を叱責と受け止める  

 

 宮内庁の西村次長は秋篠宮が「宮内庁は聞く耳を持たなかった」と言った言葉に対し「閣議で了解された事項への反対をなさっているものではなく、宮内庁に対するご叱責と受け止めている」と発言。

 叱責として受け取るなら、申し訳ない、ごめんなさい。全面的にこちらが悪いとなるんですが、次長は

 「(大嘗祭に関する宮内庁の考えを理解して貰えなかったことは)大変申し訳なく思っている。宮内庁としては今後はこのようなことがないようにしたい」

 これだと、宮内庁の考え方を理解していなかった秋篠宮が悪いように感じます。次長がそのような思いで言ったかどうかわかりませんが、マスコミはそう受け取っているんですよね。

 今回の大嘗祭については私は自分が書いた通りに解釈しています。だけど

 秋篠宮は元々宮内庁と仲が悪い

と決めつけるのはどうかと思います。

平成になってからの宮内庁はひたすら両陛下の言いなりになっていますし、秋篠宮家を軽んじて来た事は事実ですが、それは秋篠宮殿下が悪いからではありません。そうでしょう?

対立の構図を生んだのは東宮・両陛下側にぴったりついた宮内庁そのものではありませんか?本来、男系男子が2人もいる秋篠宮家を大事にしこそすれ、貶める部署ではない筈なんです。それがすっかり「長い物に巻かれてしまえ」という風な役人気質に染まってしまった。

小室家の警備に関してはも記者会見を見る限り、宮家としては「そうしてくれ」と言ったわけじゃなくて、宮内庁が忖度した結果です。「納采の儀は行えない」のならさっさとポリスボックスを撤去すべきですが、小室母が「息子が帰って来る予定があるから撤去しないでくれ」に従っているじゃありませんでしたっけ(週刊誌いわく)本当にそうなら宮家よりも小室家に従っている事になりませんか?

それに、「納采の儀」を行えないと言ったのに、西村次長は「(発言は)ご結婚に重い課題を課されたと認識している」と答えています。

課題も何も、納采の儀はやらない、まだ婚約前だし・・・と言っているんだから、小室家への気遣いは一切必要ないでしょう。でもまだポリスボックスは撤去していない。そもそも、警察庁が小室家を身辺調査して報告を上げているのにそれを秋篠宮家に教えなかった。

教えて貰えなかったのは殿下が対立しているからというのも絶対におかしな話です。

また、秋篠宮家が国民に詫びないとか何とかいう人がいますが、、それもおかしい。何で皇族が詫びなきゃいけないのか。皇太子がいつも「国民の皆さまに温かく見守って頂き感謝しています」ってうわべだけのお礼を言ってるから?

騒いでいるのはマスコミであり、ネットであり、眞子さまも秋篠宮家も何も発言していませんのに。むしろ、ここまで皇族を馬鹿にする小室家こそ断罪されるべきではありませんか。

殿下の発言は筆頭宮家として、皇嗣としてあそこまでがぎりぎりのライン。やんごとなき人は直接話法をとらないのです。そしてそれを察するのが国民の筈。

17歳になった愛子内親王上げがすさまじいですが、今更驚かないというか、それを信じ込んでいるうちの新入りのような人もいるんだろうな・・・という感じです。

とうとう「慈愛」まで雅子ワードになりつつあります。

果たして勉強も運動も音楽も何でも出来て、ダンスの出来はもはや人望による人気?とまで言わせてしまうような女性なのか?愛子さんは。

じゃあ、どうして休みの日は職員とソフトボールをやるんですか?

何で部活やらないの?受験勉強しないとダメじゃん。ずっと学校休んで東大なんて笑わせないでと愛子さんと同い年の高校生は思いますよね。

「知性」「人望」は顔に出ます。申し訳ないけど私の目には愛子さんはスーパープリンセスには見えません。年齢より幼い、遊ぶの大好き、食べるの大好き、スマホいじくるの大好きで、親のいいなりの服装する事に迷いを感じない、つまり考えない、本能のままに生きている普通の女の子です。ついでにいうなら父親の影響で朝ドラ大好き、でも1時間ドラマを見る程集中力は続かない。イケメン俳優やゆずるんはが好きで、でもそれも一時の事ですぐにあちこちに気持ちが移っていく。

学校で「福士蒼汰と会って来た」と言えば誰もが「よろしいわね」と言って持ち上げてくれるから自慢も出来る。だけど相手の気持ちを察したり言葉を選んだりは出来ず一つのことを深く考えることもない。「今度はいつ遊園地に行けるかな」そんな事を毎日考えている軽佻浮薄なお嬢さんですわ。

今回、ビデオで下唇をぴくぴく動かす癖が指摘されて向精神薬の副作用ではないかと言われていますが、そう思われても仕方ない部分もあるんですよね。

なかったことをあったあったと書くマスコミの嘘もここに極まれりですが、そういう時代だからこそ真実を書き留めておかなくてはいけませんね。

 

コメント (13)