ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

ふぶきの1年

2012-12-29 00:06:36 | つれづれ日記

 昨日、旦那と一緒に映画の「レ・ミゼラブル」を見てきました。

レイトショーにも関わらず結構入っていたなあ。ミュージカルファンが多かったような。ほとんど舞台と同じだから

最後には思わず拍手しそうになりました。

演出家の山田和也氏が「ミュージカル音楽のメロディに日本語はあわない」とおっしゃっていましたが、これを見るとその意味が

よくわかります。舞台版のレ・ミゼは韻のふみかたが違うし、随分無理して歌詞を詰め込んでいたんだなあと。

キャスティングが見事で。日本では絶対に出来ないんでしょうね。こういう適材適所のキャスティング。

でも・・・旦那の部下はミュージカルも原作も知らない状態で映画を見たので意味がわからなかったと。

まあ、当然でしょうね。舞台版だって曲のすごさに圧倒されて見ちゃうけど、細かい事を言えばストーリーがわかりづらい。

私たちが小さい頃はジャン・バルジャンの銀の燭台の話は誰でも知っていたけど、今は違うでしょう?

それにジャベールが何であんなにしつこいのか、何でラストに自殺するのかさっぱりわからないもんね。

私はテナルディエ夫妻の娘の死を全く意に介さない態度も不可解で。

個人的にはコゼット役の子が「これぞコゼット」でした。よく見ると美人じゃないのに・・清楚で可愛くていいわあ

小さなガブローシュは金髪が可愛らしく、最後は目をあけたまま死ぬの。すごい演技力でした。

 

パン1個を盗んだ罪で(その後脱獄)19年も刑務所に入った・・・でも司教様に許されて新しい自分になろうと決心し

信仰を持ち、すべてを許す人間に変っていくジャン・バルジャン。こういう心の動きはきっと中韓の人には永遠に

理解できないのではないかと思います。

・・・・で、面白い記事が。

 「レ・ミゼラブル」は親日、日本への特別待遇に韓国嫉妬 

 キャメロン・マッキントシュとヒュー・ジャックマンは11月25日から2日間、韓国を訪問。各種イベントに参加し

   「親韓」ぶりを発揮。

 11月28日に来日したトム・フーバー監督、ヒュー・ジャックマン、アアン・ハサウエイ、アマンダ・セイフライドは

   イベントで「民衆の歌」を披露。12月18日に皇太子が見た時はフーバー監督、ジャックマンが再来日。

 韓国メディア → 日本の方が観客数・劇場数が多く、チケット代も高いから「日本に度が過ぎる誠意を見せた」のではないか。

               しかし、現在のところ観客動員は韓国に満たない。

 あのさーー韓国映画界は法律でアメリカの映画を規制してるよね。自国の映画を見せようとして。

   自分達から拒否しておいてこの言い草はなんだ 日本にはレ・ミゼファンがたくさんいるんだよっ

   盛り上がったら歌も歌ってくれちゃうじゃん

   ジャン・バルジャンの心境が永遠にわからない国に誠意をみせようがないじゃない?

 

 ふぶきの1年 

 ジュニアの病気と出奔

もう安倍氏を責められないと思いました。それぐらい高熱と下痢症状にはなすすべがなかった。

死ぬんじゃないかと思って本当に心配しました

20歳の息子が赤ちゃんに戻ったみたいにぐずり始めて・・それはそれで可愛かったけど。

ほんの少し、手元にいてくれたのに・・・あっさり出ていきやがって

これは自立じゃない。出奔です。ええ 出奔

時々、無性に会いたくなるジュニア君です。

 

 ふぶきの手術

自分としては大きな出来事だったし、手術を決めるまでには数々の葛藤がありました。

何といってもジュニアの入院と診察が重なったりして。これって絵に描いたような「不幸」だなあと。

生まれて初めての全身麻酔による手術経験は人生観を変えたなあと思います。

生きててよかったと思います。とはいっても前向きだったのは術後数か月で、今はまたマイナーな気持ちになってますが。

去年のようにだらだらした出血やら貧血に悩まされる事がなくなって、それはよかったけど。

家族はもはや私が手術したことも忘れているんじゃない?って感じで。

 

 姫ちゃん、ディズニーランドで働く

9月以来、姫ちゃんは楽しげに働いています。年金手帳と保険証にこちらはほっとしています。とはいえ身分は不安定。

本人は自宅にいるからそういう危機感はゼロかもしれないけど、私たちがいなくなったらこの人、どうするの?

いや、姫だけじゃなくジュニアは・・・・それを考えると絶望的な気分になります。

どうして「派遣」だの「契約社員」だのというシステムが出来あがっちゃったんでしょうか。

日本にふさわしい雇用スタイルはあくまで終身雇用の年功序列だと思うんですが

 

でも総じて去年よりはいい年であったと思います。

今はただ無事に来年を迎える事が出来ればいいなと。

 

みなさま、今年一年も「ふぶきの部屋」にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

来年もまた小説にドラマ評に宝塚に皇室・・・と語り続けていきます。

よろしくお願いいたします。

どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ

コメント (16)

皇室ウイークリー

2012-12-28 23:58:33 | 皇室ウイークリー

ご日程

 

両陛下

12月21日・・・天皇陛下 → 信任状奉呈式

                    内閣総理大臣・閣僚と午餐

                    通常業務(2回)

        両陛下 → 三の丸尚蔵館見学

12月23日・・・両陛下 → 天皇誕生日につき諸行事

12月25日・・・天皇陛下 → 大正天皇例祭の儀

                    内奏(総理大臣)

                    通常業務

12月26日・・・両陛下 → 離任大使に会う

        天皇陛下 → 新旧衆議院議長・副議長らに会う

                  親任式・認証官任命式

12月27日・・・両陛下 → それぞれ外務省より進講を受ける

                  菊栄親睦会午餐会

         天皇陛下 → 認証官任命式

 

皇太子殿下

12月21日・・・午餐陪席

12月23日・・・天長祭の儀

          天皇誕生日につき諸行事

        雅子妃殿下 → 祝賀の儀・お祝酒・お祝御膳

        愛子内親王 → 祝賀

12月25日・・・大正天皇例祭の儀

12月26日・・・国連「水と衛生に関する諮問会議」の説明を受ける

 

秋篠宮両殿下

12月23日・・・両殿下 → 天皇誕生日につき諸行事

         佳子内親王・悠仁殿下 → 祝賀

12月24日・・・両殿下 → 「第56回日本学生科学賞」表彰式出席

12月25日・・両殿下 → 大正天皇例祭の儀

12月27日・・・両殿下 → 宮内庁参与との懇談

 

  佳子内親王 18歳に 

 29日、佳子内親王は18歳の誕生日を迎えた。

 どこの大学に進学するか明かされていない。

 お誕生日おめでとうございます ますます美しくなられて・・・とはいうものの、宮家の中ではちょっと

  不良娘?反抗期まっさかりかなーーという印象があるのですが。

 学習院大学に進学するのではと言われていますが、眞子内親王が11月に発表されたの対し、こちらはまだ。

  学習院に進学するとしても東宮家の問題があってなかなか言えないんでしょう。お気の毒。

  でも、その美貌が役に立つ日が必ず来るから

 

 皇居で餅付き 

 28日、皇居で恒例の餅付き。

 皇太子一家・秋篠宮一家が参加

 ここ数年、皇居の餅付きはしなかったような?一度東宮家が欠席して、で、秋篠宮だけがいくわけにいかず

  結局どっちも参内しないという事態が起こり、以後、見合されてきた筈。

  今年はどういう風の吹き回しなんでしょうね。

 

 東宮家1年の事件簿 

 1月早々、雅子妃がウイルス性胃腸炎になったとの発表。それゆえ「歌会始め」等に出られなかったと言い訳。

 小町東宮大夫、「皇太子妃の仕事は東宮家のマネジメント」と発言してマスコミのひんしゅくを買う。

 2月、皇太子一家は松屋で買い物し、学習院の出品はなかったのに私立小学校作品展を見る。開店後もいたために

  店内はごったがえす。

 3月、陛下のお見舞いに向かう雅子妃は不機嫌で、マスコミを見ると車のカーテンを閉めてしまう。

 退院当日、東宮家は「お招きがなかった」として出迎えせず。実は前日に「行きます」というもドタキャン。警備担当が混乱。

 学習院初等科の食事会を雅子妃がドタキャン。

 愛子内親王の発熱報道・・・参内しない言い訳に。

 4月、小町大夫の記者会見「雅子妃は内親王の付添と気配りで疲れ」検査するも異常なし。

 皇太子、代行期間中にキッザニアへ。

 両陛下の結婚記念日の夕食会が皇居で。東宮家への配慮。

 皇太子の大倉山登山は、蛯名パーキングを封鎖して混乱させる。

 小町大夫、雅子妃に無視される。

 7月3日。皇太子は海外訪問後の帰国の挨拶の為に参内し、進講を受け両陛下と昼食をとる予定。進講に雅子妃がドタ出。

   昼食をキャンセルして帰る。

 雅子妃はまだ学習院へ顔を出していると報じられる。

 7月、学習院初等科の食事会を無断でドタキャン。

 8月の公務ゼロ。皇太子の鑑賞公務ばかり(自分で希望して)

 9月の愛子内親王の理科教室に皇太子が付き添い。付添があったのは内親王のみ。

 愛子内親王の運動会当日、侍従を校門前に並ばせて席取りするも、内親王は発熱でドタキャン。

 両陛下や皇太子が公務中に運動会を優先させようとした雅子妃に批判。結果的にドタキャンで決着。しかし小町大夫は

  「公務より私事を優先させても構わない」と発言。

 雅子妃、雅楽鑑賞にドタ出。

 ルクセンブルクでの結婚式。皇太子はプロトコルをわきまえない態度。

 雅子妃は園遊会を欠席したが池田家のハロウインパーティには出席。

 愛子内親王、誕生日に胃腸炎の発熱。誕生日行事をドタキャン。参内せず。

 雅子妃誕生日。風岡長官の祝賀を受けず、参内も午後に。

 皇太子夫妻、皇宮警察音楽隊60周年記念公演を欠席して内親王の演奏会に行く。

 

 皇太子夫妻と秋篠宮夫妻の震災関連公務の比較は    こちら

 ざっとですが皇太子の今年1年の公務は

式典 → 20回

進講 → 10回

接見 → 50回

説明 → 3回

鑑賞 → 22回

会釈 → 55回

身内の行事 → 18回

静養 → 27日

雅子妃は

進講 → 1回

接見 → 4回

会釈 → 8回

鑑賞 → 3回

身内の行事 → 11回

静養 → 27日

 皇太子は式典出席と外国訪問(3回)の割には説明を受けたり、進講が少なすぎます。

  鑑賞公務が月2回のペース?+登山(2回)ですね。

 

 週刊新潮 「陛下が漏らした・・・皇太子は変わってしまった 

 2004年、5月。皇太子の「人格否定発言。「雅子のキャリアや人格を否定するような動き」の主体は両陛下。

 両陛下の「説明せよ」に雅子妃は徹底的に拒否。

 紀宮が皇太子と陛下の間に立つも、皇太子が「どちらを立てていいかわからない」と発言。陛下と妻を天秤にかける発言に

   紀宮は刀折れ矢尽きた。

 皇太子夫妻に子供が出来ない事を憂慮した陛下。御用掛けの坂元先生がそれとなくその話題を持ち出したところ、皇太子夫妻の

   不興を買い、以後会えなくなった。

 陛下は「皇太子は結婚してから変わってしまった。あのような子ではなかったのに」と発言。

 今年3月、東宮大夫から御用掛けに替わった野村氏と小町大夫が揃って学習院初等科を訪問。

   「通常であれば、学校側とのやりとりは愛子様ご担当の東宮侍従の職分。いかに野村さんの在任中にいじめ問題が

発覚したからといって、ことはすでに解決し、数か月前からおひとりで登校。そんな時期に、新旧の東宮職トップがそろって来校

するなど、きわめて異例のことでした」

妃殿下が11年秋まで続けてきたお付添い登下校は、いわば学習院に対するてこすりでした。「娘の学校生活を脅かして

おいてどうするつもりか」という講義とともに、戦法に落ち度を認めさせたかったのです。

今回は野村さんの方から妃殿下の現在の書簡が伝えられましたが、そこには、「私はまだ学習院を許してはおりません

とのご意思がこめられていました」

 妻は依然として他罰感情をあらわにし、夫はその制御さえできない。

 呆れるばかりの内容ですが。人格否定発言について主体が陛下だと公に書かれたのは今回が初めてでは?

  要するに「国民みんなが待っているからね」という陛下の言葉に怒り「私は子供を産む為に結婚したんじゃない」と

  いう事ですね。じゃあ、何の為の結婚か。「皇室外交」だった・・・と。

  皇室に入れば好きなだけ外国でいい思いが出来ると思ったのに。子供なんか欲しくないのに産まされた。その子供は

  普通じゃなかったーー誰のせいだ。両陛下だ。恨んでやる。という事ですね。

 韓国ドラマに「チャン・ヒビン」というのがありますが、推察するに雅子妃の性格はこのチャン・ヒビンそっくり。

  本質はコンプレックスで、それを払しょくする為にほんの少しでも自分の気分を害した人間には「恨み」を持ち、後々まで

   許さない。「入宮した限りは静かに過ごせ」と諭されても「仕返しをします」と言い切る。

  「返事をしなさい」と言われるとしない。「なぜしないのか。命令をきけないのか」と言われれば「私ごときが命令をきかない

  わけがないでしょう。でも・・・」と屁理屈を繰り広げる。結果的にチャン・ヒビンは専横が過ぎて毒杯を賜るのですが。

 雅子妃のような人に対する対処法は・・・多分、徹底的に怒らせる事でしょう。その際、学習院のように下手に出てはいけない。

  静かに理を説き、あとは好きに怒らせる。「仕返し」には毅然として応じない事。

  (日本人にはわからないけど、あちらの「仕返し」とは一族を子々孫々まで殺す事です。そう考えるとこのしつこさの意味も

  理解できるでしょう。学習院が私学として成り立たなくなるまでいやがらせは続くし、皇室にも同じ気持ちがあるという事)

  自分の命令通りに動かない人間にはひどく怒り、ものをぶつけたり暴力をふるう事もあるでしょう。それでも意に介さないと

  暴言を吐き、やがてヒステリーを起こし倒れる・・・でも病気じゃないから異常なし。恨みをどんどん増幅させていき、

  最終的には自滅・・・という過程を辿らせればいいのです。

  今は一々妃の言動に回りが翻弄されてその通りに動くので、彼女は面白くて仕方ないのだと思います。

 妃が適応障害ではなく、本物の精神疾患だとすればなおさら、回りが翻弄されるのはおかしい行動です。

 

という事で宮内庁の方々はぜひ韓国ドラマを見て対処法をお勉強なさいませ。

コメント (4)

芸能界総括

2012-12-27 19:08:50 | ドラマ・ワイドショー

 朝からヨンジュナ連れて眼科と歯科をはしごし今年最後の公文に。

疲れたーー 歯医者さんでは衛生士のお姉さんをからかって遊んでるし おいおい

それでも叱られないのは人徳なのか?みてるこっちはひやひやもんですよ。

なぜかちょっといちゃいちゃに見えてしまいました。ヨンジュナ、恐ろしい子っ

今年の芸能界も色々ありましたが。特徴的だったのは大物と呼ばれる人が次々亡くなったこと。

まず・・・ざっと数えても

・ 森光子

・ 中村勘三郎

・ 大滝秀治

・ 山田五十鈴

・ 地井武男

個人的には年明けになくなった北公次が残念でした

評論家の三宅久之氏の死はショックでしたし。

世代交代の波が来ているとはいえ、私たちが小さい頃から当然のようにそこに存在して来た人が

いなくなるというのは寂しい。本当にこんなにさびしいものだったとは。

人間って歳を重ねるごとにこんな思いをしながら生きていかなくてはならないのかと、ひとしきり落ち込みました。

平成も24年が終わろうとしているのですが、結果的に私は昭和の人なんだよなあ

色々な電子機器の発達で過去がすっかり塗り替えられているような気がしますが、今になって昭和はいい時代だったと

感じずにはいられませんね。

昭和という時代があったからこそ森光子はスターになれたし、大滝秀治も大物俳優になれたと思います。

今のように「てっとりばやく集客出来る」「事務所が大きいタレントを起用」するような舞台芸術が続く限り森光子は出てこない。

 

 韓流の衰退

去年がピークだったK-POP。テレビを覆うかのごとく旋風をまき散らし、韓国ドラマファンの私ですら危機感を覚えました。

でも、竹島のおかげで一挙に衰退へ。紅白に誰も出ないのがいい証拠か?

とはいえ、一時的に減ったとされる韓国ドラマは続々復活しています それはそれで1ジャンルとして定着したんだろうと

思いますけど、あまりいい事じゃないですよね。

一瞬で竹島問題を忘れるテレビ局ってどーよ?と思います。

 

 中島知子・小林幸子・塩谷瞬・政伸

・ 中島知子の洗脳騒動・・・・本当にうざかったーー 毎日同じことを延々と報道してました。結果的に今、どうなってるのか

                   誰も興味ないね。

 小林幸子と高嶋政伸・・・人間、配偶者の存在でこんなに人生が変っちゃうのかーーと怖くなった二つの事件。夫が上から目線で

                 素人のくせに口出ししたおかげで長年連れ添ってきた事務所社長を首にして、その代償にCDは出せないわ

                 紅白落選だわ、新潟からはそっぽ向かれるわ。自業自得とはいえ、まだ目がさめない?

                 政伸も美元と結婚したばかりに体型や形相が変る程に憔悴 こちらは離婚成立でよったわ。

・ 塩谷瞬の二股騒動・・・この程度で大騒ぎして、じゃあ火野正平はどうなる?と実は塩谷も思っていたりして?

                 堂々としていればいいのに泣いたりするからすっかり干された状態。富永愛の方はお仕事順調で頑張ってる

                 けど、料理研究家の方はどうかしら?あの方は男をダメにするタイプの女だよなーーと「金スマ」をみて

                 思いました。

 前田敦子卒業

今年もAKBは怖いもの知らずで突っ走ったけど、前田のあっちゃん卒業あたりからほころびが・・・

思えば前田敦子卒業くらいで何であんなに騒いだのか。芸能界を引退するわけじゃないのに

雑誌もテレビも本当に大騒ぎしましたよねーー

その後の人事異動で色々発覚?恋愛禁止命令に従えない人やら精神的に不安定やら脱退者が相次ぐAKB。

桃色クローバーZが台頭してきて危ないか?

まあ、アイドルはどうでもいいんですけどね。

 

毎年そうだけど、今年のワイドショーもまた「大本営発表」に終始した印象です。

中島知子や小林幸子の事を延々とやっている間にもっと重要な事を報道すべきじゃないのかと

怒り心頭でした。

大津いじめ事件や尼崎事件も、同じ事を毎日毎日報道するわりにはあっさりと消える・・・

本当は見えない力で事をおさめようとする権力に対抗していくのがワイドショーの役目だと思うのですが。

橋本氏のマスコミ攻撃とかーー民族的な危機を思わるような事件とかーーもっともっと報道すべきでした。

マスコミ界が在日に乗っ取られている以上、日本という国に本当に必要な情報は出てこないのかもしれません。

昼間の主婦はくだらない芸能話と韓国ドラマを見せられて気の毒。洗脳されているようなものですよねーー

ネットの情報とテレビの剥離が激しく、こんな事が続けば「テレビは信用できない」という事になり(すでになってるけど)

視聴率はさらに下がるかも。

コメンテーターもレポーターも、適当な話でごまかしてお金貰えるんだからいい商売だよなあって。

来年も期待しないでみましょうね。

 

コメント (2)

皇室総括

2012-12-27 08:23:23 | 皇室報道

 年末に松井の引退が報じられるとは・・・・人間引き時が肝心ですね。

 昨日のTBS、Nステにヤン・ヨンヒという韓国人の映画監督が出演したそうですね。(見たかった)

とんでも発言してテレビの反日ぶりが明らかに。でももっと問題なのはこの人が朝鮮総連と深いかかわりがあり

学習院の非常勤講師ってことです

今年の皇室もさまざまな事がありました。でも、どれも東宮家が絡むとドス黒いものに変化するという・・・やだやだこんなの。

 

 天皇陛下の心臓手術

本当に国民みんなが心配し、手術の無事の終了を喜び徐々に回復される様子をほっとしながら見守りました。

ご高齢にも関わらず手術という決断をされた陛下。そしてそれを受けた天野先生の力が大きかった。

両陛下は3月11日の震災の追悼式やエリザベス女王のダイヤモンドジュビリーへの出席を強く希望され、

それゆえ手術を決断し、それに耐えられたのです。

普段はあまり皇室に関心を持たない人でも、天皇という存在が意外と国民の中に浸透している事を感じたでしょう。

陛下のニュースに「大丈夫かな」とちらりとでも心をよぎった人は多かったと思います。

おそれながら、こういう陛下の病気や治療に関するニュースを通して、日本人は皇室とのかかわりを考えたり感じたりするもので

普段は意識の下にある「愛国心」がかきたてられるものなんだと。

それは一重に両陛下が「無私」を貫かれ、国民第一に考えて下さり、そう行動して下さるからだと思います。

手術当日は黒田清子さんがかけつけられ、術後に手にさわって「温かい」とおっしゃったそう。

退院時には秋篠宮ご夫妻と悠仁親王がお迎えになり、ほのぼの空気がただよい、そんな風景を想像するだけで

「日本のいい原風景」がわかるというものでした。

  水をさした東宮家の行い 

 手術前の2月16日、小和田夫妻が皇居を訪問。わざわざマスコミを呼んで記帳の様子を報道させる。

   一部には「参内しようとしたが断られたのでは」の見方も。

   一般人の記帳がまだ始まってないのに特別扱いのような態度。

 手術後、すぐに秋篠宮夫妻が見舞いに行こうとしたのを雅子妃が「順番が違うのではありませんか」とストップさせる。

   皇后の意見で、皇太子と秋篠宮の二人で見舞い。

 皇太子夫妻が見舞いをしたのが退院2日前。秋篠宮夫妻はその翌日。見舞い当日の雅子妃は不機嫌そのもの。

 退院当日。東宮夫妻は「お迎えに行く」と千代田に伝えたものの、ドタキャン。東宮大夫が「お招きがなかったから」と

   発表し千代田と喧嘩に。

 

 皇太子と秋篠宮・・・術後すぐのお見舞いの様子を語る 

皇太子 → お見舞い自体は集中治療室におられましたし,時間はもちろん限りがありましたけれども,

         その中でまず「お見舞いありがとう。」というようなことをはっきりとおっしゃられました。

         それから今のご気分であるとか,その他のこともいろいろと伺いましたけれども,いずれもはっきりと

         お答えになっておられたのが印象的でしたし,私自身も陛下のお見舞いをさせていただいたということを

         大変有り難く思っておりますし,そのような陛下を拝見して心から安堵(ど)いたしました。

秋篠宮 → 手術直後に病院にお見舞いに行った時の様子ですけれども,その時はまだそれほど長い時間お話できる状況では

         ありませんでしたので,具体的にどういう話をしたかは,私ちょっと記憶にありません。

         お見舞いの言葉を述べて,ひとことふたこと何かを話して,全部で10分か15分だと思いますけれども,

         そこの部屋に皇太子殿下と一緒にいたという感じです。それから,いつ頃から(天皇陛下のご回復を実感されたか)というのは,

         やはり,季節が暖かくなって,ある時期から,御所に行ってお話をしているときに,例えば,

         少し食欲が前よりも出てきたとか,そういう話が出たときに,少しずつ良くなっているんだな,と感じたと思います。

皇太子 → 陛下には以前からも心臓に若干の違和感をお持ちでいらっしゃいましたし,そういう意味でも今回のご手術に対しては,

       ある意味では,非常にそれを期待されているのではないかということを,私はそばで拝察いたしました。

       本当にそういう意味でも今回のご手術をご無事に終えられたということは,本当に良かったと思いますし,

       ただ,これから先,本当にご無理をなさらないで,またご快復になられることを本当に心からお祈りしております。

秋篠宮 → 今年の2月,天皇陛下が心臓の手術を受けられました。

         まずその手術が無事に終了したということを,私たちは大変うれしく思いましたが,

        その後胸水がたまるという問題が出てまいりました。

        陛下ご自身も非常に大変であられたと思いますけれども,皇后陛下もさぞ心配されたのではないかと思います。

       しかし気候が良くなり,その後回復されて,海外,英国にも行くことができたというのは,私たちにとりまして大変

        うれしいことでありました。

       今回の手術を迅速に決断されたというのは,やはり私は昨年の東日本大震災以降,日本が大変な状況にある中で,

       少しでも良い健康状態で務めを果たしていきたいというお気持ちがあったからではないかと推察しております。

       東京大学そして順天堂大学が協力して手術に当たっていただいたわけですけれども,今回の執刀をされた順天堂大学の

       天野教授を始め医師の方々に深く感謝をしております。

 この二つの文章を比較し、みなさんは何をどう思われますか?

 

 女性宮家ヒアリング

野田政権は今年の初めから「女性宮家」ヒアリングをヒートアップさせ、成立させようとやっきになっていましたが

総選挙による敗北と安倍政権発足でとん挫。

男系男子の流れを守る事がこんなにも困難で危険なのか・・・・と感じずにはいられません。

小和田夫妻は女性宮家成立の為に何度も帰国し、民主党と協議しているとも言われていました。

 仁親王逝去

「ヒゲの殿下」でしられる三笠宮家の仁殿下の死は、国民に大きな衝撃を与えました。

福祉活動に熱心で、皇族でありながら常に国民の側に立っておられた殿下。お二人の女王方を残された事は

心残りであったと思います。

記帳する国民の多さに、あらためて殿下の人気の高さを感じました。

 水をさした東宮家の行い 

 通夜・葬儀共に出席した雅子妃。しかし、その後はなぜかマスコミが取材する墓地の式にしか行かない。

 それは高円宮十年祭も同様。宮邸にはいかない。

結局、今年も東宮家に翻弄され、めちゃくちゃにされた一年でした。

お気の毒ですがある意味自業自得。ただ、秋篠宮家の内親王方と悠仁殿下には心を強くおもち頂きたいです。

手術を受け、ご立派な両陛下ではありましたが、この先10年を考えうるとふと、「皇室は自分の代で終わらせよう」とでも

お考えになっているのではないかと。火葬の件もそうだし、プライベートを語らなくなった事もそうだし、不可解で。

そんな中、すくすくと成長される悠仁親王の賢さと、それを見守る姉宮二人の華やかさだけが頼りです。

 

  両陛下主催 菊栄親睦会 

 27日、両陛下主催の皇族・旧皇族方が集まる菊栄親睦会の午餐会が催されました。

 

  午餐会出席の皇太子夫妻の写真は     こちら

 

何ていうか・・・・二人の顔が変に見えるのは私だけ?

雅子妃の服装は毎年同じ。左手でお手ふり。横の皇太子は呆けたような顔。あまりに怖い・・・・・

 

 悠仁親王 宮内庁病院で健診 

 悠仁親王は27日に宮内庁病院で健診を受けた。

 また紀子妃と1時間ほど、皇居の梅林を散策。

 今までこういう報道はなかったのですが、なぜ今?

 悠仁親王は就学時健診ではないかと言われていますが、かかりつけは愛育病院だったのでは?

    菊栄親睦会で非公式にお顔を見せてお帰りかな・・・・と。

コメント

第二次安倍内閣発足

2012-12-27 07:43:20 | 政治

 まあ、とりあえずよかったです。

 

気になる人だけーー

総理大臣 → 安倍晋三

 わりと元気そうなので安心。究極の「お友達」で固めたから大丈夫?「危機突破内閣」とおっしゃってますが

   本当にそうなってくれないと困ります。

   とはいえ、中韓にすでに弱腰になっているのではありませんか 支持率下がるよ・・・・

   そもそもどこの神社に参拝しようがそれはその国の勝手でどこかの国に配慮すべきことではないでしょうが。

   「戦後」の左翼思想を全て見直してください。全てはそれから。

   潰瘍性大腸炎は再発します。多大なストレスで。いい薬があるとはいっても(本当にあるの?そんなの)

   一旦発症したら見てる方もつらいしなあ・・・・ 奥様に心配かけないでくださいよ。

   マスコミは前回の病気退陣についてゴタゴタ蒸し返すし、今後また悪口を書き常に体調云々っていうでしょうけど

   あの時辞めてなかったら死んでたと思う 死ねば美談ですが何も残らないよ。だからいいの。あれはあれで。

   

副総理・財務・金融 → 麻生太郎

 総選挙で勝った時の「ほっ」とした顔が今も目に焼き付いています。

  漢字が読めないとかーー熟語を知らないとかーーそんな小さな事はいいんだよっ

  正真正銘の御曹司なんだから。カップヌードルの値段を知らなくてもいいです。

  日本の品格を守る為にが頑張ってくれれば。

 

法務 → 谷垣禎一

 総裁経験者で安倍ちゃんのお友達?穏やかな性格そうだけど。どこかの亀が言ってるみたいに

  「死刑は人道的にダメ」とかへんてこな事を言わないで欲しい。

  大津のいじめ事件も角田被告の死も法的な環境下では被害者が割を食う結果になりましたし、グレーゾーンが

  多々見え、国民が法律を信用できないようになっています。だからちゃんとしてほしい。

 

環境・原子力防災 → 石原伸晃

 パパに何を言われても気にしなくていいから。すでにパパを超えたと思っていれば?

 

防衛 → 小野寺五典

 「TVタックル」でおなじみの顔になりつつ。被災した大臣という事になりますか。東北は土地を中国に狙われて

   いるんですけど大丈夫ですか?尖閣・竹島・・・・どうするの?覚悟あり?

 

沖縄・北方・科学技術 → 山本一太

 長かったねーーここまで来るの。「TVタックル」でお祝いのどんちゃん騒ぎをしてくれるか?三宅さんも草葉の陰で

  喜んでいるかもね。

 

消費・少子化 → 森雅子

 この部署ってあまり成果が出ない所ですよねーーでも頑張って下さい。

 

行革・公務員改革 → 稲田朋美

 いわゆるネットウヨから絶大な人気を得ているイナダ姫。入閣が今って本当によかった。

  キレのいい答弁をお願いします。

 

党の重役に野田聖子が起用された事にちょっと疑問が。この人の物言いってすごく上から目線だし

偉そうなんだよね 女性としての痛みや悲しみが全くわかっていないのに知ったかぶりしてる感じ?

母親ぶってる感じ? 本当は彼女、男なんじゃないかと

それならそう生きればいいのに、殊更に「女性としての全てを手に入れようと努力してきた」風をやってのける。

それが嫌だなあ。

で、何でさつきたんが入閣しないのかなあ。 すっごく頑張ってくれてるのに。

 

山本氏が「安倍内閣が倒れるときは日本が倒れる時」と言ったようですが、その通りだと思います。

アベノミクスが本当に効果を発揮するか、景気が上向くだけじゃなく日本が日本として存続していけるかどうか。

そこがかかっているのですよーー 

そこでふぶきは命名しましょう。第二次安倍内閣は

宇宙戦艦ヤマト内閣」です。ガンダムやエヴァみたいに悩むなよーー

 

民主党 → 海江田氏が「消滅」の危機を訴えていますが、あながち言い過ぎでもない。

       そもそもが寄せ集めで統一感がないのが原因。

       いっそ「「反日」「在日利権」を前面に出して党内を統一して、国民にぼこぼこにされたらいかがでしょう?

       韓国なら喜んでひきとってくれるんじゃないか?(ついでに社民党も一緒にして)

維新の会 → 橋本VS石原の溝は埋まらない。謙虚違反者も出してるし・・・ゆえに「お育ちがねえ」って言われるのです。

        出版社を脅した事で橋本さんの本性が見えた事が一番の悪因でしょう

日本未来の党 → 嘉田さん・・いう程でもなかったというか、小沢一郎にだまされたのね。何度も同じ手で騙してきた

          男にそれでもまた騙される 気の毒っちゃ気の毒ねーー

公明党 → 最近の若い人たちは本気でこの党に疑問を感じているわけ。何で政治と宗教が一緒なの?

       一方でいまだ池田大作のカリスマ性は衰えず、信者の団結力と言ったら

        でも新興宗教が政治に関わるのは絶対に容認できないわけで。 普通に考えてこの党がある事がおかしい。

        ・・・・マインドコントロールされている信者の目を覚ますにはどうしたらいいのかしらね。

コメント (2)

宝塚総括・年末の組替え

2012-12-26 10:51:40 | 宝塚コラム

 もう・・・姫ちゃんったら。あんまり泣くので思わず「音月桂に慰謝料請求したくなった」って言ってしまいましたよ

恋を知らない19歳の乙女の心を奪った挙句に捨ててくれちゃって。これで姫が結婚出来なかったらどうしてくれよう。

いえいえ・・母としての妄言です だってさあ・・「仮面の男」見て泣くなんてありえないでしょ。ねえ?

 副組長就任・組替え 

 

 月組新副組長 → 慬花ゆりの (3月25日付)

 沙央くらま → 月組へ (3月1日付)

   明日海りお → 花組へ (3月25日付)

   凪七瑠海 → 月組へ (1月29日付)

 まず、慬花さん、おめでといございます 花瀬みずかが寿?のようで、本当だったら嬉しい

   ああ、でもあの美しい姿を拝見できなくなるのは悲しいけど。

 で・・・・組替えの方。これをどう受け取るかという話なんですが。

   明日海りおが花へ移動というのは以前から予測されていた事で。つまり蘭とむの後は明日海って事でOK?

   最近、気になる望海風斗があげるだけあげといて停滞のままという音月路線で行くの?

  蘭寿 → 明日海 → (望海) → (華形) → 芹香 か? だいもん頑張れだけど、花は捨て組になりそう。

 沙央は龍と同期だから、いわば別格扱いで同期を支える為。この所やたら同期を支える為の組替えをやってるけど

   そういう事しないとっぷとしての格が保てないのか、あるいは本人のメンタルがもたないのか・・・と弱体化が目立ちます。

 問題なのは凪七。まあ・・・宙組でもいらないよなあ・・・とは思っているものの、バックが強いしエリザやっちゃったし

  今さら下げるわけにはいかない存在(まるでメモカ)

   で、とりあえず明日海の後に同期で入る。

  龍 → 凪七 → 珠城・・・・・かあ。実力派が多いから別に沙央が行かなくてもいいと思うんですがねえ。

 で、宙は 凰稀 → 朝夏 → (七海)(蓮水)? → 蒼羽?

  どの組も混戦模様で、安定しているのは星のみ?っていうか、朝夏と花から動かさなければよかっただけじゃないか?とも思い。

  最終的に出戻りトップになるのなら・・・・・無駄な組替えだよね。

  歌劇団は「組」の意味わかってないでしょ?名前だけ違ってどれも同じなら組なんかなくたっていいのよ

  四季や他のカンパニーと違う宝塚独特の「組」の意義をもう一度見直さないと、さらに集客が落ちますよ。

  ファンの90%を占める女子はみな身内意識が大好き。「うちの組」「うちのトップ」「うちの〇〇」と呼んで親しむし

  それゆえファンクラブの厳しいしきたりにも耐えているんじゃない? そういう事情を全く考えないで運営するというのは

  愚の骨頂です 落下傘も出戻りもいい加減にやめよう。トップを支える名目の研12以上の組替えもやめて欲しいです。

 2012宝塚総括 

 

今年も大劇場作品はまんべんなく1回ずつ見ました

バウ系は「キャパ」と「ジャン・ルイ・ファージョン」のみ。(「天使のはしご」はスカステ映像)

思えば今年は3人のトップが退団 歌劇団は稼いだなあという印象ですが、ファンから見るとこんなに退団公演

ばかりではありがたみも減るというものだなあと。

なんせファンは最後だからと有り金全部使い切るし。そしたら先がしばらく続かないし。という事はあまり頻繁に

退団公演をやると歌劇団が自分の首をしめる事になるってわけですねーー ある意味ジレンマだわーー

ご贔屓のいない私などライトなファンは月1で十分満足しているし・・・でもそういうファンをながいがしろにすると

後が怖いのよーーともいえるし。

修学旅行とか校外学習で使ってもらえるならそれでいいやーーと思ってるかもしれないけど、観劇マナーを知らない

高校生達ははっきり言って迷惑(農協の団体客も) こんな事ばかりやってると本気で本気のファンを失うぞ・・・と

ラストにちょっと厳しい意見を言ってみました。

 

さて。恒例のふぶきが決める賞ですが、関西と違って東京では「オーシャンズ」は2012年の作品になります。

そして「めぐりあい再びⅡ」は来年の作品になるのであしからず。

 

 最優秀作品賞・・・・・ミュージカル部門 → 「オーシャンズ」

                          「エドワード8世」

 悩みましたが結局2つ。「オーシャンズ」は間延びしている部分もあり、完璧とはいえず、「エドワード8世」は

  ちょっとわかりにくい部分もあり。でも、この2つを超える作品がなかったという事ですね。

  潤色では絶対的な力を持つ小池先生ですが・・・忙しすぎて手抜きが見えるようになった?

  大野先生はイギリス好きな霧矢の為に秀作を書いてくれましたが、もう少し盛り上がる部分が欲しかったかも。

 

                  ショー部門 → 「MISTY STATION」

 「CONGA」にしようかどうか迷ったんですが、組全体のまとまりがよかったという事でこっちにしました。

  とはいえ、トップのさよなら作品なのに出番が少なく(色々事情はあるでしょうが)

  懐かしのフォークとアニメソングをいっしょくたにした・・ごちゃごちゃ感はいなめず。少し落ち着け斉藤君という感じです。

 

 主演男役賞・・・柚希礼音

 「オーシャンズ」のダニーにおいて最高の出来でした。ジョージ・クルーニーも真っ青。

   主演娘役賞・・・蒼乃夕妃

 「エドワード8世」のシンプソン夫人において最高でした。「甘えないで」の一言が色っぽいというか、人妻の魅力に

   あふれていましたね。

 助演男役賞・・・涼紫央・緒月遠麻

 涼は「オーシャンズ」のラスティに関して。涼本来の育ちのよさが出た演技で、ほっこりしました。

  緒月は「銀河英雄伝説」のヤンに関して。落ち着いて包容力が出てきた感じで大人の男役へ成長しました。

 

   助演娘役賞・・・美穂圭子・慬花ゆりの

 こちらはベテラン二人。どちらも月「ロミジュリ」の乳母とキャピュレット夫人。文句なしでしょう。

 最優秀歌唱賞・・・霧矢大夢

 「エドワード8世」「MISTY STATION」に関して。宝塚の枠を超えた男役でした。歌唱力も男役の・・・というよりやっぱり

   霧矢大夢の・・・と言った方がいいでしょうね。

  最優秀ダンサー賞・・・蒼乃夕妃・白華れみ

 蒼乃は「MISTY STATION」白華は「セレブリティ」において。かつての風花や星奈のような特徴的な・・・という感じでは

  ないですが、とにかくパワフルでキレのいいダンスでした。この二人にもっともっとウルトラC級の技をさせtみたかったです。

  きっと、何でもできちゃうんだろうなあって。

 最優秀脚本賞・・・大野拓史

 大野先生の脚本は色々裏にこめられた思いがあって、そういうのを考えながらセリフを反芻するという楽しみが

  あります。複雑すぎてわけがわからないという欠点はありますが、次代の宝塚を担う存在ですから頑張って欲しいです。

 特別賞・・・・花帆杏奈

 「JIN」の「おさらばえー」に泣きました

 新人賞・・・星吹彩翔

 「キャパ」「銀河英雄伝説」の演技において。ビジュアルは別としてとにかく上手 新人離れしてます。

  第二の風莉じんか?

 ワースト作品賞・・・「キャパ」

            「ジャン・ルイ・ファージョン」

  「キャパ」原田諒は自分の知識や技量にあった作品を作るべき。小池作品「NEVER SAY・・・」の方が

   ずっと面白かったよーーって言われるのは嫌でしょう?

   同様に「ジャン・ルイ・・」の植田景子も、「ベルばら」とかぶる時代を描くなら、もっと視点をはっきりさせるべき。

   彼女の娘役嫌いは異常でラブストーリーを書く資格がないし、宝塚の座付きとしてどーよ?と思います。

   男役をホスト状態にしたいなら別な劇団へ行け!と言いたい。

 今回はたまたまこの2作品をワーストに選びましたが、正直言って「ドン・カルロス」だって「銀河英雄伝説」だって「JIN」だって

   「サン・テグジュペリ」だって「復活」だって脚本としては決してよくないですよ

   100周年を前にして座付き作家の劣化は目を覆う程で、こんなんじゃ集客は悪くなるし組の士気も低下します。

   何でこんなひどい脚本しか書けないのか・・書かないのか。上演しちゃうんだ

   10年以上前から「脚本の見直しシステムを作るべき」と言っているのにいまだに書き殴り脚本でやってる現実に

   宝塚の明日は暗いと思ってしまうのです

   スターを作るのは1にも2にも脚本です。スターの特性を生かし、引出し、見せてこそ、そこに本当のスターが出来るのでは

   ないですか?

   なんだって柚希に朝海なみの振付をしないの?音月のダンス力や歌唱力を生かせなかった罪は大きい。

   トップはそこに立ってるだけでいいと思ってる?綺麗で何でもそこそこできtれ場それでいいなんておかしいでしょ。

   過去のトップスターはそうじゃなかった と、思いますけどね。

 2013年のラインナップを見ても組の布陣を見ても心躍るものがない現実に唖然としますが、これまた10年前から

   いつかはそうなると言って来たことです。なぜなら作家もスターも一朝一夕には育たないから。

   手抜きに手抜きを重ね、裏事情で抜擢してきたツケが今、回っています。

   だって・・・研10以上のスターで「これぞ」と思う人、いますか?実力派は軒並み「華がない」と「支え」に回され

   線が細くておどおどしたようなのばっかり路線に持ってくる。

   回りに何をどういわれようとしぶとく居座った者の勝ちみたいな現状はやめて頂きたいです

   人気商売だけど、ジャニーズではないの。ビジュアルさえよければ何とでもなるなんて考え方はやめて。

   ビジュアルもホストかキャバ嬢か?という化粧もやめて欲しい 絶対

   「GRAPH」やカレンダーの写真を見る度、娘役らの品のない顔にうんざりします。(特に夢咲ねね)

   男役も娘役も「今時こんな上品な子はいない」と思うくらいでちょうどいいんです。世間ずれしたような顔は見たくない。

   へんてこなまつげとアイメイクは絶対にやめてください 

 

 「エリザベート・ガラコンサート」を見た時、紫苑ゆうのトート閣下を見て、これが本当の宝塚のスターなんだと

 思いました。徹底した男役芸の研究と完成度で舞台に臨んで来たシメさん。その芸を受け継ぐ人はまだ

現役では出ていない。この所の音楽学校の不祥事もあり、今、根本的に見直さなければならないのは

「音楽学校」の在り方ではないかと思います。

合否を決定する機関からして見直さないと、本当のスターは出てこないでしょう。もっともっと強く厳しく冷静に人材を

選び、育てて欲しいです。

コメント (15)

2012年ドラマ総括

2012-12-25 16:33:40 | ドラマ・ワイドショー

 メリークリスマス!! 

といっても我が家のクリスマスは昨日、終わってしまいましたが。

うちのダディは今年、姫ちゃんにプチ・・本当にプチっとなダイヤのピアスをプレゼント。

そしたら偶然、郡山宮妃からこれまたプチっとなダイヤのネックレスが・・・

まあ、何て似たもの親子なんだろうと思ってしまいました。

嫁に?ああ・・私。旦那がくれたネックレスは非常に小さかったけど陶器の入れ物だったので重かったです。

この冬、ブーツとか買ってくれたのはいいけど、何d目緒「クリスマスプレゼントだからね」って言われると

ありがたみがなくなるよね

昨日の「PRICELESS」を見てて、いかにも日本人的な最終回だなあと思って

ちょっと笑ってしまいました。

だって・・・社長が金田一に腹違いの弟だーーって告白したら、金田一君、ちょっとあっけにとられたけど

すぐに「じゃあ、おれたち、兄弟喧嘩していたようなもんだったんだ」って納得しちゃうし

恨むでも嘆くでもなく「そういう事でいじわるしてたのかあ。なーんだ」みたいな?

これが韓国ドラマだったら大変ですわよーー

まず兄。意地悪しつつも無視できずにちょっかいをだしまくる。金田一、真実を知って逆上。泣くわわめくわ。

「何でこんな事をした!父さんに愛されたかったのに!」とか言って大騒ぎでしたね。

挙句に「この恨みは一生忘れない」という展開でしたでしょう。

まあ、最後は無理やりハッピーエンドでよかったかも。続編もありかもね。

今年のドラマ界はひどかった・・・・予算がない、韓流ドラマの隆盛で作る側の士気が下がったのか

いい加減にしろーー的な話ばかりでしたし、キャスティングもひどかったですよね。

あまりに韓国ドラマが多すぎて、日本のドラマはどこへ行ったらいいかわからなくなったんじゃないかと。

あの、舞台か映画を見ているような怒涛の展開を日本でやると全部「嘘っぽい」で終わってしまうし。

どこまでリアルに、どこまでドラマチックに・・の判断が大変だったろうなと思います。

昼ドラが暴走する一方で、朝ドラは「梅ちゃん」みたいなほのぼの系が高視聴率をとる

韓国ドラマ風に盛り上げたかった「平清盛」はコケ、時代劇そのものが消滅しかねない雰囲気になってます。

日本人はラブシーンが苦手で、キスシーンなどがあちらのドラマのようにロマンチックに描けない。

なんせ男2人、女1人が一部屋で寝起きしてても何も起こらないのが普通のお国柄。

そんな中に肉欲的なシーンは入れられないでしょう

いわば草食系男女のうすーい恋愛ドラマばかりで。だったら情熱的でロマンチックな・・言って欲しいセリフを全部

言ってくれちゃう韓国ドラマの方がいいよねーー

夏ごろはドラマ界の迷走がピークで、重苦しく意味のないものばかり作ってた感があります。

「息もできない夏」とかーー

でも、こういう時代だからこそ低予算の中で「日本人向けドラマ」を作ってくれた人たちもいたわけで。

秋ドラマくらいから、やっと盛り返してきたような気がします。

 

個人的には10本中、最後まで見るのは2本くらいで、今年の夏は特に見る気がうせて

もうだめかもなんて思った事もあります。

自分としてもどんなドラマを求めているかわからなかったし。

ゆえにケーブルテレビやWOWOWの韓国ドラマとかアメリカのドラマとか・・・そんなもんばかり見てました。

韓国ドラマは主に史劇ばかり見てたし、中国物も王朝話がドロドロで面白く。アメリカはやっぱり「CSI」かなあ。

一番好きだったマイアミが消えちゃうのは悲しい。

「キャッスル」「も「レバレjッジ」も「メンタリスト」もめちゃくちゃ面白いし。

別に無理して日本のドラマを見る必要はないんじゃないか?なんて思った一年ではありましたが。

でも、そんな中でも私の心を打つ作品も出てきたわけで。

という事で、今年一年のドラマベスト10はっ

 

1位・・・リーガル・ハイ

 視聴率はふるわなかったけど、ぶっちぎりで今年一番の出来です

  ストーリー展開、テンポのよさ、役者の選び方、全てにおいていい作品です。

  早く再放送してーー

2位・・・ATARU

 いやーー笑って泣いて。子供みたいなちょこざいをみんなで面倒をみる風景がよかったよね。

  障碍者について一石を投じた作品です。

3位・・・恋するハエ女

 リーガル・ハイと同様に脚本が素晴らしく、それをきっちり演じる舞台系役者がいいです。

   再放送みてっ

4位・・・最後から二番目の恋

 中井喜一とキョンキョン、内田有紀の会話の店舗が楽しいというか。日本のドラマの在り方って

  会話の店舗が重要なんだなあとつくづく思いました。ツーといえばカーみたいな展開がいいわけ。

  大した事件が起こるわけでもないのに、さらさらっと笑ってうんうんと頷く事が出来るドラマでした。

5位・・・大奥

 時代劇が死に体の状態の中、掟破りの展開ではありましたが、まだ希望はあるぞーーと思った作品。

  意外と素敵なラブストーリーで

6位・・・13歳のハローワーク

 何というか・・・ひしひしと感動した作品でした。教訓的な話が多々あったのに、説教くさくないというか。

  でも心にずきっとくるいい作品でした。

7位・・・ストロベリーナイト

 ストーリーはともかくとして姫を守る男の話として見ると、すごく理想的で

8位・・・ドクターX

 早い展開とわかりやすいセリフ。米倉涼子をよく生かした作品でした。

9位・・・黒の女教師

 「愚か者!」の榮倉ちゃんを見るとは。回を重ねるごとに痛快感があったかも。

10位・・・理想の息子

 くっだらなーーいで終わるかもしれないけど、「俺はマザコンじゃない。かーちゃんが大好きなだけなんだよ」って

  言われたいと毎回思いました。自分勝手な母と7、それに翻弄されつつ嬉しそうな息子の理想的な関係に

  羨ましさを感じました。

 

ワースト5は

1位・・・MONSTERS

 「相棒」を馬鹿にした作品

2位・・・平清盛

 最後の方・・・何気みてたら「アベマリア」が流れてびっくり。ラストはタイタニックのパクリだったって?

3位・・・ゴーイングマイホーム

 あれだけ豪華なキャスティングをしておきながら・・・・どうやったらワーストに入るんだ!!監督!!

4位・・・息も出来ない夏

 自己中な母と子にうんざりしました。

5位・・・カエルの王女さま

 まともに歌えるキャストが天海だけって・・・何でこのメンバーでミュージカル?

 

年間を通して

うまいっ!賞 → 中井貴一・堺雅人

もっとお勉強してっ!賞 → 武井咲

という事で。

 

来年も見るんだろうなあ・・・・色々なドラマ。

またレビュウを書きますので来年もよろしくお願いします。

コメント (3)

海外配信された皇太子妃

2012-12-24 12:02:01 | 皇室報道

うーん・・・・連休最後の埋め草に。

 

昨日の天皇誕生日の「お手ふり」

皇太子妃の写真が海外に配信されているのですが、あまりにむごいので。

 

 その1

髪の毛が・・・

いつもの年よりばさばさに見えたけど、やっぱりそうだった。

何できちんと上げるとかまとめるとか出来ないのか。

 

 その2

横を向いている皇太子の顔がへんてこに見えちゃうっていうか。

結果的に似たもの夫婦なんだなあと。

 

 その3

やっぱり髪の毛が気になりますし、この濃紺のドレスは10年以上も毎年着ている代物で

ブローチも変わらず。妃殿下方はドレスを使い回ししているけど、一応TPOをわきまえて

その場にふさわしい装いになるように工夫します。

皇后陛下がワイン系のドレスなら、それに合わせてもう少し明るい色のドレスを選ぶべきでは?

紀子さまの黄色のドレスはデザインが簡素ですが色はあってるかなと。

 

ついでに

      扇を持つ手のアップ

指にタコができているのがわかりますか?

何ででしょう?庶民じゃあるまいし。まさか吐きタコ?ってわけじゃないでしょうに。

マニキュアくらいすればいいものを。

 

皇室における公式ファッションって外国から見るとちょっと「時代遅れ」に見えるようです。

眞子内親王が成年式で着てたドレスも「体を隠しすぎ」との意見が海外から出てました。

公式になればなるほど肩を出すのが礼儀の外国からすると、ローブモンタントはかなり

時代遅れだろうなあと

まして若い20歳の姫が袖付きドレスにケープなんて・・って思うけど仕方ないですね。

 

それだけ時代遅れ感があるのに、皇太子妃の「メーテルドレス」は祝いの席なのに

濃紺ベルベット。しかも長い髪をまとめもせずにばっさばさのまま。

これが海外配信されちゃってるというのが何とも悲しい。

ドレスを新調しないのが「節約」とか「着回し術」とかいうのかもしれないけど

「その場にふさわしい恰好」が出来ないキャリアウーマン皇太子妃ってなんなんだと。

これでお正月はグレーのドレス確定。

もはやこの2着しか持ってないって丸わかりの皇太子妃。

他は全部遊興費でしょうか? 本当に来年の3月スキーで1億使ったら怒るっ

 

コメント (10)

天皇陛下 79歳に  2

2012-12-23 17:21:44 | 皇室報道

 公務の軽減について

天皇の務めには日本国憲法によって定められた国事行為のほかに,天皇の象徴という立場から見て,

公的に関わることがふさわしいと考えられる象徴的な行為という務めがあると考えられます。

毎年出席している全国植樹祭や日本学士院授賞式などがそれに当たります。

いずれも昭和天皇は80歳を越しても続けていらっしゃいました。

負担の軽減は,公的行事の場合,公平の原則を踏まえてしなければならないので,十分に考えてしなくてはいけません。

今のところしばらくはこのままでいきたいと考えています。

私が病気になったときには,昨年のように皇太子と秋篠宮が代わりを務めてくれますから,

その点は何も心配はなく,心強く思っています。

 陛下のお心は「公平の原則ー」からの一文に全て込められているのかもしれません。

  自分が病気になった時は「皇太子と秋篠宮が・・」という事で、二人を同列にしたのが精一杯という事でしょうか。

  でも公務は「公平の原則を踏まえて」しなくてはならいのに、あからさまに無視する皇太子の事を本当はどう思っているか

  国民はそこを知りたいし、心配してもいるのです。

 

 沖縄訪問について

8年ぶりに沖縄県を訪問したわけですけれども,今度行きました所は,今までに行ったことのない所が含まれています

。沖縄科学技術大学院大学ですね,恩納村には行きましたけれどもそこは行きませんでしたし,万座毛も初めてでした。

それから久米島がやはり初めての所です。

戦没者墓苑は,これは毎回お参りすることにしています。そのようなわけで,毎回お参りしている所と新しい所があって,

沖縄に対する理解が更に深まったように思っています。

万座毛という所は,歴史的にも琉歌で歌われたりしていまして,そこを訪問できたことは印象に残ることでした。

殊に恩納岳もよく見えましたね。久米島の深層水研究所も久米島としては水産上,重要な所ではないかと思っています。

多くの沖縄の人々に迎えられたことも心に残ることでした。

沖縄は,いろいろな問題で苦労が多いことと察しています。その苦労があるだけに日本全体の人が,

皆で沖縄の人々の苦労をしている面を考えていくということが大事ではないかと思っています。

地上戦であれだけ大勢の人々が亡くなったことはほかの地域ではないわけです。そのことなども,

段々時がたつと忘れられていくということが心配されます。やはり,これまでの戦争で沖縄の人々の被った災難というものは,

日本人全体で分かち合うということが大切ではないかと思っています。

 今や日本最大の左巻きの島・・・沖縄についてこれだけの慈悲を見せる陛下には頭が下がります。

  確かに陛下のおっしゃる通りで日本人は沖縄の苦難について机上では知っているけど分かち合うまではいかないでしょう。

  それは東日本大震災も同じですよ。

  関東や大阪からみれば東北も沖縄も・・きっと遠いのかも。

 

 一般参賀には皇太子夫妻も参加。

雅子妃はまたも紺色のドレスで・・・よくもまあ毎年同じドレスで。しかも紺で・・・と思うのですが。

そういう事が話題にされてしまうのも陛下はきっと嫌でしょうね。

陛下がお言葉を読み上げる時、皇太子夫妻だけ真正面向いて尊大な態度だったーとか、とうとう皇太子夫妻は

被災地に行かなかったーーとか・・・そういう事を追求されるのが嫌でしょう。

わかっているから。本当はもう救いようのない状態である事をわかっているからです。

でも、それなら完璧主義者の仮面を捨てて、国民に助けを求めるべきではありませんか?

女性宮家だって心ある国民のおかげでとん挫したわけですし。

今、陛下が考えなければならない事は、ご自分のやってきた事をいかに継承させていくかでしょう?

誰に?どうやって?その布石を今打たないでいつ打つのでしょう?

明治帝は何人もの男子を失い、たった一人生き残った大正天皇をそれはそれは大事にお育てになりました。

命をかけて皇位継承者としてお育てになりましたよ。政府はこれ以上宮家が増えても困ると考えていたけど

ご自分の内親王を嫁がせる事でもしもに備え、体の丈夫な妃殿下を貰い、そして4人もの親王に恵まれたのでは?

今上とてやっと生まれた「皇太子さま」だったからこそ、やりすぎかもしれなかったけど国をあげて大事に、国の柱として

育てられた。それがときには孤独を伴う事で・・・それが戦後のマイホーム主義になった理由でしょう。

そういう意味では今上は最初から男子二人に恵まれ、危機感なくやってきた結果がこれなのだと自覚すべきでしょう。

秋篠宮がたまたま賢くて考え深い親王だったからこそ、悠仁親王に恵まれた。

これは偶然でもないし、当然でもないんです。奇跡なんですよ。

今上は奇跡の次男夫婦に助けられ、救われ、今に至っているという事をもっともっとご自覚され、そしてその思いを

国民に伝えて頂きたい。

 うんざりするような1年をまた・・・と思わせないで欲しいのです。

せっかくのお祝いの日にこんな文章を・・・と自分でも嫌になるんですけど。年々両陛下が国民から遠ざかっていくような気がして。

私たちが小さかった頃の皇室はこんな風に仮面的ではなかったですよね

「開かれた皇室」を実践してきた筈の陛下が、ご自分で皇室を菊のカーテンの向こうにおいやるなんて

思ってもみませんでした。先帝が生きておられたらなんと思われるでしょうか。

どうかもう一度、あの頃のようなのどかでほのぼのとした自然体の皇室に戻って欲しいです。

コメント (3)

天皇陛下 79歳に   1

2012-12-23 10:17:38 | 皇室報道

 天皇陛下 お誕生日おめでとうございます 

陛下のご健康と皇室のご繁栄を心よりお祈り申しあげます 

陛下にはとにかくお元気でお健やかに1年をお過ごし遊ばされますように

 

 天皇陛下記者会見全文 

 

 今年一年を振り返って

今年は2月に心臓の手術を受け,多くの人々に心配を掛けました。

誕生日に当たり,当時記帳に訪れてくれた人々を始め,今も私の健康を気遣ってくれている多くの人々に対し,

感謝の気持ちを伝えたく思います。

東日本大震災から1年9か月がたち,被災地に再び厳しい冬が巡ってきています。

放射能汚染によりかつて住んでいた所に戻れない人々,雪の積もる仮設住宅で2度目の冬を過ごさなければならない人々など,

被災者のことが深く案じられます。

震災時の死者行方不明者数は1万8千人余と報じられましたが,その後,2千人以上の震災関連の死者が生じたため,

犠牲者は2万人を超えました。

地震や津波を生き抜いた人々が,厳しい生活環境下,医療などが十分に行き届かない状況の中で亡くなったことは

誠にいたわしいことと感じています。

また,被災地の復興には放射能汚染の除去や,人体に有害な影響を与える石綿が含まれるがれきの撤去など,

危険と向き合った作業が行われなければならず,作業に携わる人々の健康が心配です。

放射能汚染の除去の様子は福島県の川内村で見ましたが,屋根に上がって汚染を水流で除去するなど,

十分に気を付けないと事故が起こり得る作業のように思いました。安全に作業が進められるよう切に願っています。

社会の問題として心配されることは,高齢化が進んでいることであります。

特に都市から離れた地方では大変深刻な問題になっていると思います。

平成23年度の冬期の雪による死者は130人以上に達し,多くが除雪作業中の高齢者でした。

私自身近年山道を歩く時,転びやすくなっていることを感じているので,高齢者が雪国で安全に住めるような状況が

作られていくことを切に願っています。若い時には高齢のため転びやすくなることなど考えてもみませんでした。

1年を振り返ると様々なことがあった年でした。

明るいニュースとしてはロンドンオリンピック,ロンドンパラリンピックでの日本選手の活躍が挙げられます。

ロンドンオリンピックで日本が獲得したメダル数は,これまでのオリンピックの中で最多でした。

また,ロンドンパラリンピックでは,車いすテニスの国枝選手がシングルスで北京大会に続いて2連覇を達成するなど,

日本の選手は様々な分野で活躍しました。

金メダルをとったゴールボールの試合も映像で楽しく見ました。研ぎ澄まされた感覚でボールを防ぐ姿には深い感動を覚えました。

脊髄損傷者の治療として英国で始められた身体障害者スポーツが,今日ではすっかりスポーツとして

認められるようになったことに感慨を覚えます。

山中伸弥教授のノーベル医学生理学賞受賞も誠にうれしいニュースでした。

特に再生医療に結び付く大きな成果は,今後多くの人々に幸せをもたらすものとなることと期待しています。

今年は英国女王陛下の即位60周年に当たり,御招待を受け,私も皇后と共にその行事に出席いたしました。

この行事には,各国の君主が招待されましたが,戴冠式とこの度の60周年のお祝いに重ねて出席できたのは

ベルギーの国王陛下と私の二人で,戴冠式の時は18歳と19歳でした。

若くして臨んだ戴冠式での様々な経験が懐かしく思い起こされます。

 記者会見の質問事項があらかじめ提出されているからだとは思うのですが、陛下の記者会見の言葉は

 こまごまとしたデータに基づいている

 平等性を持たせる

 政府が目を向けないような部分に目を向ける

これは非常にありがたい事ではありますが、毎回思うのは、いささか完璧すぎやしないか・・・・という事です。

そりゃあ「心を寄せています」だの「考えない日はありません」などという言葉に誤魔化されるよりお具体的な数字をあげて

「ゆえに心配している」と言われた方が国民としては「陛下は本当に私達の事を考えて下さっている」と思う事が出来ると

思うのです。

でも今になって、個人的にではありますが、その完璧さにがんじがらめにされているような気がしてなりません。

 

 手術についてとその後の体調について

手術の後はその影響があり,テニスをしても走って球を打つという何でもない動作がうまくいきませんでしたが,

最近は以前のように球を打てるようになったような気がしています。

リハビリテーションというものが実に重要なものだと感じています。

農業や漁業で体を動かして仕事をしている高齢者が被災生活で体を動かさなくなった時に体を壊すという話が実感されました。

心臓の病気は検査で知りました。

手術を受けることを決めたのは,心筋梗塞の危険を指摘されたからでした。

時期については,東日本大震災一周年追悼式に出席したいという希望をお話しし,それに間に合うように手術を行っていただきました。

手術が成功したことを聞いた時は本当にうれしく感じました。執刀をされた天野順天堂大学教授を始め,

この手術に携わった関係者に深く感謝しています。

体調管理としては筋力を衰えないようにすることが大事だと考え,これまでどおり早朝の散歩を続けるほか,

できるだけ体を使う運動に努めています。

入院中,皇后は毎日病院に見舞いに来てくれ,本当に心強く,慰めになりました。

手術後のリハビリテーションの一環として病室の近くの廊下を一緒に歩く時にはいろいろな音楽をかけてくれ,

自分も楽しそうに歩いていました。家族の皆がそれぞれに心を遣ってくれていることを,うれしく思っています。

 記者は前回の質問も今回の質問も共に「ご家族はいかがでしたか」という言葉をいれていますが、陛下は皇后陛下の

 事以外触れず。

 本当に東宮家をからめて質問される事が嫌で嫌でたまらないのだと思いますし、うんざりなさっているし・・・なんでしょう。

 でもそれでいいのでしょうか?とあえて申し上げたい。

 完璧な気遣いを見せる陛下が肝心のご家族にちて何をどう考えているかわからないというのは、カリスマ性を高める所か

 かえって国民から心情的に剥離しているようにしか見えないのです。

 民主主義の中で即位された陛下が今の国民にとって「一体何を考えているかさっぱりわからない」存在では困るのでは?

 皇室に無関心層が増えています。

 ネットの中で私のような皇室の行く末を心配する層は少数派です。でもその少数派は今、非常に皇室の将来を危惧している。

 本来の「皇族」とは何だろうと疑問に思わざるを得ないような状況にまでなっているという事なんです。

そこのところを配慮頂きたかったというのが本音です。

 

コメント