ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

2016年の宝塚

2016-12-30 07:00:00 | 宝塚コラム

 今年も1年「ふぶきの部屋」をご愛顧頂き、誠にありがとうございました

皆さまには1年間、お世話になりっぱなしで全然お礼も出来ず心苦しく思っています。

今年はあまり講演会などが出来なかったかな・・・・という感じで。

来年こそは!「皇室典範」について語り合いましょう

それというのも2017年は皇室にとって節目の年になりそうだからです。

今、語り合わずしていつ語る!って感じなので、ジュゴン様、皆さま、よろしくお願いします。

2017年こそは中断している「天皇の母」を何とか続きを書きたいと思っています。

また小説を電子書籍として発行する事を目標に頑張ります。

その節はよろしくお願いします。

皆さまにとって2017年がよい年でありますように。

さて。

2016年。私的にはあまり宝塚を見なかったな・・・という感じです。

お友達的には「一杯見てるよ。そもそも舞台なんて年に1度でいい筈なのに何で何度も同じ公演を見るの?」と言われますが、それはまあ生ものなんで・・・としか言いようがない。

それでも舞台を見るというのは贅沢なことで、今のふぶきにはちょっと荷が重い。

だから2017年は減らしていこうかなあ (ありちゃん以外は)

いやでも、だいもんのお披露目とか・・・まーさまと真風のBLもどきも・・・

煩悩よ去れっ

今年は本当に雪組と花組に縁がなく・・・一体どうなっちゃってるわけ?

一般人には見せたくないのか?花と雪っ すてちゃうぞーーーぷんぷん。

でも幸運にも見る事の出来た作品の中で色々考えていくと。

 ベストな作品賞 → シェイクスピアー空に満つるは尽きせぬ言の葉

 オリジナルとしてもっともいい作品だったと思います

  ストーリーもまとまっていたし、キャスティングもよかったし。音楽もよかった。

  ふっと時間が出来たらDVDで楽しんでラストに涙を流したい・・・そんな作品でした。

 ベストなショー作品 → HOT EYES

 別に宙ファンじゃないけど、これはやっぱり私達年代にとってはベストなチョイスだったなあと思いました。

  ぜひFNS音楽祭で宙組のジャニーズメドレーを聞きたかったと思う程です。

 特に好きなのがヤンさん振付のちょいBL風の所とメドレー。無論まー様のソロも好き。

 家族で年末年始に盛り上がれるショーじゃない?

 

 ベストカップル賞 → 明日海りお&花乃まりあ

 「ミーマイ」見た時に、この二人、本当はゴールデンカップルなんじゃ・・と思いました。

 花乃ちゃん、綺麗じゃないし貧相なんだけどよくよくみると演技派で何でもできる人。

 外へ行ったらきっと成功するよ。 正直「ミーマイ」は好きな作品じゃないけど、この二人のラブラブ感にはあてられっぱなしで、泣いちゃったし。

 

 最優秀演技賞 → 仙名彩世

 「ミーマイ」のマリアおばさま、最高でした

 

今年、充実していたと感じたのは宙組と星組でしょうか。

宙組はトップコンビ&二番手のバランスがよく、若手もそれなりに成長。

(とはいっても愛月はちょっとなあ・・・

我が家の姫ちゃん的にはかっこいい若手が沢山いるそうなので期待しましょう。

実咲凜音退団後は娘役トップを置かないというのですが、正直、それってどうなの?と。

まー様の退団が近いならそれもあり。でもかつての瀬奈じゅん月組みたいになったら嫌だなあと思います。

どんなにトップと二番手の仲がよくても宝塚は恋物語で成り立っているので、トップの横には美しく可愛い娘役がそばについていて欲しい。BLばっかりじゃねえ。

星組は作品に恵まれました。

こうもり」「THE RNTERTINER」は二つともよい作品で盛り上がりましたし、北翔海莉いてこそのものだったと思います。

桜華に舞え」はストーリーはともかく、これでもか!と北翔をかっこよく描いて泣かせる手法はかなりよかったと思います。あとから冷静にDVDを見ると「え?」みたいな場面は多々あるんですけどね。

DVDにおいてショーでの北翔ソロを全部削られたことには怒りを覚えます。金返せです。

2017年は紅ゆずると綺咲愛里コンビでスタートする星組ですが、紅は自分が何も出来ない事をよく知っている人なので、歌やダンスにおいては礼真琴が活躍するでしょうし、若手が育っていく事になるかも。

紅はひきだしが狭く、シリアスな作品よりコメディが似合う人なのでそういう路線で行って頂きたいですね。

月組は龍真咲が退団して珠城りょうでスタート。朝美絢と月城かなとのトレードでどれだけの効果が上がるのかちょっと心配。

今後もちゃぴ様が影の男女トップスター状態が続くのでしょうね。

珠城りょうは下手ではないのですが、見た目より男役度が低いなと思います。せっかくガタイに恵まれているんだし、2017年はぜひ代表作を作って下さい。

個人的には暁千星は勿論、蓮つかさの活躍を望んでいます。

雪組はケイレブハントしか見てないけど、正直、早霧せいなと望海風斗、どっちがトップかわからない状態でしたよね。早霧はいい人なんですけどねーー

個人的に雪へ組替えのアーサーが心配。

花組は仙台出身のトップ娘役の誕生ですから、ぜひ見に行きたいけどチケットが取れるかどうか。あーもう、萩の月っ 今からでもいいから仙名のスポンサーになって下さいよ。

月組の蓮つかさだって大した実力派なのにどうしてこっちゃんなのよーー

 

一見、順調な宝塚ですけど陰では戦々恐々の筈。

それというのも、カリスマ性のあるトップが出てこないからです。レジェンドが抜けた穴は大きいけど、今まで宝塚が促成栽培ばかりしてきたつけが出てきたのだからしょうがない。

特に今の2番手3番手がぐだぐだ状態の雪組。柚香光一人に全てをしょわせるおつもり?の花組。

かわいいホストは多いけど、果たして実力は?の星組。

みんな同じ顔に見えちゃう宙組。

実力派の若手が多いけどあまり報われてない月組。

まさにどーする?お金がある人ばかりが何度も見るだけでいいのか?宝塚。

団体・修学旅行・貸し切りばかりでいいのか宝塚?

劇場の稼働率にばかりかまけて大切な事を見失っていませんか?宝塚。

まあ、それは今の演劇界すべてに言えますけどね。

とにかく2017年は・・・・・・あまり日比谷に行かないようにしないとね。

 

みなさま、よいお年を。

コメント (12)

佳子様22歳に

2016-12-29 16:07:10 | 皇室報道

 ハッピーバースデー プリンセス・カコ 

 

 

日本が誇るプリンセスにおなりあそばしました

コノハナサクヤ姫は日本を救う

お健やかな1年を

コメント (2)

安倍総理 真珠湾訪問

2016-12-29 07:00:00 | 政治

 SMAP×SMAP最終回の放送日とメリー喜多川の誕生日が同じ日でしたって?

はあ?って感じですけど。

やっと最終回を見て思ったのは、SMAPって40過ぎても体を張って色々やっていたんだなあという事で。

それは以前から思っていたんですけどね。

でも震災の援助とか訪問とか「SMAP」という名前とカリスマ性があったからこそ成立したものだと思うんですよ。あの「ありがたさ」って。

心の底では引っ張り合っているだろう5人が可哀想でね・・・・誰もすっきりしてないしね。

今回の安倍総理の真珠湾訪問はオバマ広島の答礼だと思ってます。

これが両陛下なら自国民の事より「貴国の多大なる犠牲に」と言いそうですけど、そもそも戦争というものは残酷でどっちがいいとか悪いとか言えないものですよ。

真珠湾攻撃だってただの奇襲に過ぎません。

えひめ丸犠牲者への献花。

 安倍首相の演説全文 

オバマ大統領、ハリス(米太平洋軍)司令官、ご列席の皆さま、そして、全ての、米国民の皆さま。

パールハーバー、真珠湾に、今私は、日本国総理大臣として立っています。

耳を澄ますと、寄せては返す、波の音が聞こえてきます。

降り注ぐ陽の、柔らかな光に照らされた、青い、静かな入り江。私の後ろ、海の上の、白い、アリゾナ・メモリアル。あの、慰霊の場を、オバマ大統領と共に訪れました。

そこは、私に、沈黙を促す場所でした。

亡くなった、軍人たちの名が、記されています。

祖国を守る崇高な任務のため、カリフォルニア、ミシガン、ニューヨーク、テキサス、さまざまな地から来て、乗り組んでいた兵士たちが、あの日、爆撃が戦艦アリゾナを二つに切り裂いた時、紅蓮の炎の中で、死んでいった。
 攻撃した国の人間がいうのも変だけど・・・・

75年がたった今も、海底に横たわるアリゾナには、数知れぬ兵士たちが眠っています。

耳を澄まして心を研ぎ澄ますと、風と、波の音とともに、兵士たちの声が聞こえてきます。

あの日、日曜の朝の、明るくくつろいだ、弾む会話の声。自分の未来を、そして夢を語り合う、若い兵士たちの声。最後の瞬間、愛する人の名を叫ぶ声。生まれてくる子の、幸せを祈る声。
 

一人、ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた。愛する妻や、恋人がいた。

成長を楽しみにしている、子どもたちがいたでしょう。

それら、全ての思いが断たれてしまった。

その厳粛な事実をかみしめる時、私は、言葉を失います。

そのみ霊よ、安らかなれ-。思いを込め、私は日本国民を代表して、兵士たちが眠る海に、花を投じました。

 オバマ大統領、米国民の皆さん、世界の、さまざまな国の皆さま。私は日本国総理大臣として、この地で命を落とした人々のみ霊に、ここから始まった戦いが奪った、全ての勇者たちの命に、戦争の犠牲となった、数知れぬ、無辜(むこ)の民の魂に、永劫(えいごう)の、哀悼の誠をささげます。

戦争の惨禍は、二度と、繰り返してはならない。

私たちは、そう誓いました。

そして戦後、自由で民主的な国を造り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら、不戦の誓いを貫いてまいりました。

戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。

この場で、戦艦アリゾナに眠る兵士たちに、米国民の皆さまに、世界の人々に、固い、その決意を、日本国総理大臣として、表明いたします。

 これは謝罪ではないですね。これでいいんだと思います。

昨日、私は、カネオヘの海兵隊基地に、一人の日本帝国海軍士官の碑(いしぶみ)を訪れました。

その人物とは、真珠湾攻撃中に被弾し、母艦に帰るのを諦め、引き返し、戦死した、戦闘機パイロット、飯田房太中佐です。

彼の墜落地点に碑を建てたのは、日本人ではありません。

攻撃を受けた側にいた、米軍の人々です。

死者の、勇気をたたえ、石碑を建ててくれた。碑には、祖国のため命をささげた軍人への敬意を込め、「日本帝国海軍大尉(だいい)」と当時の階級を刻んであります。
 The brave respect the brave.
 「勇者は、勇者を敬う」。

アンブローズ・ビアスの、詩は言います。

戦い合った敵であっても、敬意を表する。憎しみ合った敵であっても、理解しようとする。そこにあるのは、米国民の、寛容の心です。

 知りませんでした・・・・

争が終わり、日本が、見渡す限りの焼け野原、貧しさのどん底の中で苦しんでいた時、食べるもの、着るものを惜しみなく送ってくれたのは、米国であり、米国民でありました。

皆さんが送ってくれたセーターで、ミルクで、日本人は、未来へと、命をつなぐことができました。

そして米国は、日本が、戦後再び、国際社会へと復帰する道を開いてくれた。

米国のリーダーシップの下、自由世界の一員として、私たちは、平和と繁栄を享受することができました。

敵として熾烈(しれつ)に戦った、私たち日本人に差し伸べられた、こうした皆さんの善意と支援の手、その大いなる寛容の心は、祖父たち、母たちの胸に深く刻まれています。

私たちも、覚えています。子や、孫たちも語り継ぎ、決して忘れることはないでしょう。
 オバマ大統領と共に訪れた、ワシントンのリンカーン・メモリアル。

その壁に刻まれた言葉が、私の心に去来します。
 「誰に対しても、悪意を抱かず、慈悲の心で向き合う」。
 「永続する平和を、われわれ全ての間に打ち立て、大切に守る任務を、やり遂げる」。

エイブラハム・リンカーン大統領の、言葉です。

私は日本国民を代表し、米国が、世界が、日本に示してくれた寛容に、改めて、ここに、心からの感謝を申し上げます。

の「パールハーバー」から75年。

歴史に残る激しい戦争を戦った日本と米国は、歴史にまれな、深く、強く結ばれた同盟国となりました。それは、今までにも増して、世界を覆う幾多の困難に、共に立ち向かう同盟です。あすを開く、「希望の同盟」です。

私たちを結び付けたものは、寛容の心がもたらした、the power of reconciliation、「和解の力」です。

私が、ここパールハーバーで、オバマ大統領と共に、世界の人々に対して訴えたいもの。それは、この、和解の力です。戦争の惨禍は、いまだに世界から消えない。憎悪が憎悪を招く連鎖は、なくなろうとしない。

寛容の心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要としています。

憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信頼を育てた日米は、今、今こそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています。

日本と米国の同盟は、だからこそ、「希望の同盟」なのです。

私たちを見守ってくれている入り江は、どこまでも静かです。パールハーバー。真珠の輝きに満ちた、この美しい入り江こそ、寛容と、そして和解の象徴である。

私たち日本人の子どもたち、そしてオバマ大統領、皆さん米国人の子どもたちが、またその子どもたち、孫たちが、そして世界中の人々が、パールハーバーを和解の象徴として記憶し続けてくれることを私は願います。

そのための努力を、私たちはこれからも、惜しみなく続けていく。オバマ大統領とともに、ここに、固く、誓います。ありがとうございました。

  相手国を立てつつ「同盟国」として強調したよい演説だと思います。

 結局、この同盟がないと日本は今すぐにでも中国や北朝鮮に攻められてしまう。

 政権が変わってアメリカもどうなるかわかりません。損得勘定が強いトランプ氏に

 渡り合える外交が日本に出来るかどうか非常に不安です。

 なぜなら、外務省に限らず、日本人そのものに今、「日本を守る」という意識がなくなっているからです。

「日本人かどうかなど関係ない」

「日本なんてなくなっても別にいいんじゃないか(私さえ生きていれば)」

そんな考えの若い人が多いと思います。そういう人たちが政治家になった時、日本は崩れてしまいます。

戦後教育の悪しき影響から目覚める国民が多くなる事を願いますし

今現在行われている反日的な教育にもどうどうと反論を繰り返していくしか道はないと思います。

75年前の真珠湾攻撃は、実はアメリカは知っていたけど黙っていた・・・戦争をする大義を得る為に・・・という話があります。

9・11の時も同じような説が出ました。とどのつまりアメリカはそういう国なんだと思います。

偽善的だなあと思いつつ、政治とはそういうもの。馬鹿正直ではいられない。

策略こそ力だと思います。

コメント (3)

写真で振り返る皇室  そのほかの皇族編 2

2016-12-28 07:15:00 | 皇室報道

8月 広島で供花する久子妃と絢子女王

9月 手術の為に入院していらした華子妃が公務復帰

10月13日 ベルギー国王答礼音楽会

10月14日 原爆慰霊碑に供花する華子妃

10月14日 神戸市立東灘小学校を視察した久子妃

10月22日 ハンセン病施設大島青松園を視察する信子妃

10月 三笠宮殿下薨去

コメント

写真で振り返る皇室の1年 秋篠宮編 2

2016-12-28 07:10:00 | 皇室報道

7月29日ー秋篠宮殿下・眞子内親王 広島県訪問

7月30日 紀子妃殿下・佳子内親王 明治天皇例祭

8月12-13日 秋篠宮殿下・眞子内親王 静岡県訪問

日本アグーナリー大会

8月27日 眞子内親王 高校生による手話スピーチコンテスト

9月1日 関東大震災秋季慰霊祭

9月6日 10歳になられた悠仁殿下

9月6日から眞子内親王 パラグアイ訪問

9月6日 宮城県訪問 街つくりサミット

 

9月12日 両殿下兵庫県へ敬老の日50周年式典

9月21日 眞子さま 第63回日本伝統工芸展,授賞式・祝賀レセプション出席

9月23日 両殿下国際ブックフェア

9月24日ー鳥取県での佳子さま 手話パフォーマンス甲子園に

10月3日 眞子内親王 ジャパンテニスへ

10月7-9日 眞子内親王 岩手の国体観戦

10月9日ー11日 両殿下 岩手の国体閉会式

10月11日 ベルギー国王宮中晩さん会

10月13日 答礼音楽会

同日 第50回全日本聾教育研究大会開会式出席

10月25日 静岡済生会総合病院及び静岡医療福祉センター訪問

10月29日ー30日・・・眞子内親王 → 鳥取県訪問

東京オリンピック・パラリンピックに向けた障がい者アートフェスタ2016

11月4日 三笠宮殿下斂葬の儀

同日 文化勲章茶会に出席の眞子さま

11月30日 秋篠宮殿下誕生日

 

とーーっても暖かで穏やかな「ザ・皇族」秋篠宮家の1年は祭祀と公務に明け暮れていました。これが本来の姿です。

コメント (4)

写真で振り返る皇室の1年 東宮編 2

2016-12-28 07:05:00 | 皇室報道

7月21日 愛子内親王は初の神武天皇陵参拝。

この辺りから痩せ始めていると思われ・・・綺麗になった攻撃。

髪が抜けだしている内親王。

他は常にお手ふりを欠かさない・・・・

結局まともに玉ぐしをささげる事が出来なかった愛子内親王

7月22日 京都御所視察

7月26日 ルノワール展鑑賞

まだ痩せてない・・・・・まだ・・・

7月27日ーー皇太子岡山訪問高校総体出席

8月1日 水を考える集い

8月3日 沖縄豆記者

天皇陛下の退位宣言を受けて怒涛の愛子内親王見せびらかし作戦。

この頃から痩せ始めている内親王

8月10日 長野県入り

8月11日 山の日の式典

 8月16日 須崎静養

痩せて綺麗になられましたと盛んに持ち上げられ・・・・

8月24日 那須御用邸静養

遊んでばかりの東宮家。愛子内親王は怒涛のおでましに疲れ不登校に・・・・と思ったら痩せて来ちゃった。

9月21日 老人ホーム訪問 敬老の日はとっくに過ぎてましたーー

選ばれた人としか話さない皇太子夫妻

9月28日 国立劇場50周年

9月29日国際青年交流会議

でもレセプションには・・・・・皇太子一人

 10月1日 平成28年度(第71回)文化庁芸術祭オープニング

10月5日 皇太子単独で「ワルキューレ」鑑賞

好みがルードヴィッヒだーーと

10月11日 ベルギー国王夫妻来日

見れば見る程偽物?

答礼音楽会 マティルド妃が倒れそう

10月20日 皇后陛下の誕生日に参内 この次の日からの岩手訪問をドタキャンの雅子妃

10月21日ー岩手県訪問の皇太子 中尊寺で

三笠宮殿下薨去にあたり

11月10日 第19回全国農業担い手サミットinぎふ開会式・表彰式,担い手応援メッセージ

11月15日 ドイツ大統領を迎える皇太子 雅子妃は絶対に玄関に出てこない

 

東宮家の1年 あなたはどう見ますか?

コメント

写真で振り返る皇室の1年 両陛下編 2

2016-12-28 07:00:00 | 皇室報道

7月20日 皇后陛下 夢へのつばさ:現代翻訳児童文学の半世紀」鑑賞

7月25日から那須静養

 7月31日 皇后陛下 コンサート鑑賞

 8月15日 戦没者追悼式

8月20日ー27日 長野県静養

7月27日―29日群馬県静養

9月2日 G7茶会

9月10日ー12日 山形県訪問

豊かな海つくり大会

9月28日ー10月2日までという長い期間に岩手訪問。主目的は国体開会式。

でも「強いお気持ち」で被災地訪問

何でジャケットなし?と批判された・・・・

噂のハマギク

それでも腕を掴もうと・・・・

10月11日 宮中晩さん会

ティアラなし 勲章なし・・・・「首が痛い」で全て済まされる

10月12日 結城市訪問

とにかく腕を掴みたい皇后陛下

10月13日 答礼音楽会

 10月17日 ル・ポン国際音楽祭 赤穂・姫路2016 10周年記念東京特別公演鑑賞の皇后陛下

10月20日 皇后陛下 81歳に

10月25日  賀茂別雷神社参拝

白薔薇のお姫様・・・・?

三笠宮殿下薨去にあたり

11月14日 日本・ポーランド国際共同企画公演 新作能 鎮魂-アウシュヴィッツ・フクシマの能 鑑賞

11月30日 シンガポール大統領宮中晩さん会

コメント

さよならSMAP

2016-12-27 09:45:29 | ドラマ・ワイドショー

 「SMAP×SMAP」最終回は録画しているのですが、見る勇気がありません。

このまま永久保存版でとっておこうかな。

いつか見る勇気が出来た時の為に。

思えばSMAPって日本が不景気に突入する時に生まれたグループですよね。

音楽番組が消え、震災が起こり・・・というような。

そんな時代にわりとさりげなくお説教するような歌詞で歌っていた、アイドルにしては

珍しい歌を歌っていたわけです

それまでのジャニーズと比べて特別仲のよさを感じた事はないです。

どっちかっているとそれぞれ、仕事の時だけ一緒に集まるというような感じで嵐みたいな密着度は0。意見の対立もそれなりにあったかなと。

稲垣君や草彅君の不祥事の時も、木村&中居の対処方法が対照的ででも的確だったから乗り切れたというのもあるけど、一番はやっぱり飯島マネージャーの手腕だったのでしょう。

中居君はメンバーを何とか売り込もうと必死で、木村君は「キムタク」と呼ばれる事にむかついてた。稲垣君はマイペースで、草彅君はちょこっと自身がなくて香取君はあふれる才能で好き勝手やってる・・・というイメージでした。

この5人をまとめるのはすごく大変だったろうな。

森君はいい時期に辞めたのかもしれない

思えば、森君が辞めた後、その事に対して語る事を禁じられ、木村君の結婚に対してもシカトさせられ、様々なストレスの中で「SMAP」という仮面を被って生きて来た人達です。

今回の事は感情が爆発してしまってもしょうがなかったかも。

でも、ファンは忘れてないか?

こうなった大元はジャニーズ事務所のメリー喜多川にあるって事を。

これだけ惜しまれるグループをいとも簡単に切り捨てる事が出来る傲慢さを兼ね備えた老人・・・もはや魔女としかいいようがないけど、それに一切逆らえない芸能界やマスコミの愚を私達は見せつけられている訳で。

私達は消費者で購入者で、でも製造元にいいように「これを食べろ」と強制されているようなものなのです。

SMAPが解散し、仮に5人が芸能界から消えたとしてもファンはジャニーズ系を追いかけるでしょう。今やすっかりSMAPの後釜に座っている嵐やSEXY ZONEの方々も、今まで以上に事務所に忠実なタレントとして生き残っていくでしょう。

そういう道筋を整えたのがSMAPであるという現実を忘れてね。

私はメリー喜多川と小和田恒は絶対に許せない。(ついでにEXILEも)

金と権力にものをいわせて牛耳るような人は民主主義には必要ないと考えるからです。

彼らが今日もふかふかのベッドで寝起きして、高級な紅茶を飲み、フルコースの食事を楽しむかと思うとぞっとする。

彼らに斜陽が来るのか、太陽が冷え切って落ちる日が来るのか。今はまだ何も見えないのが悔しいです。

とにもかくにもSMAPは平成と共に去りぬ。

 

コメント (10)

何で空港で暴力

2016-12-27 07:00:00 | つれづれ日記

 言いたくないけど本当に中国人嫌いです・・・・

全てがそうだと思いたくないけど、こういう輩がいる事自体がわからない。

民族性なの?

何で雪で飛行機が飛ばないからって暴れるのよ。どうしろっていうの?

 <!-- 中国人 -->

コメント (8)

写真で振り返る皇室  そのほかの皇族編

2016-12-26 20:00:00 | 皇室報道

1月12日 講書始めの儀

1月14日 歌会廃j目の儀

 2月1日 常陸宮殿下 パリへ「がん対策パリ憲章大賞」授賞式へ

 

1月26日両陛下お見送り

2月19日 常陸宮両殿下 高松宮妃癌基金授賞式に

3月 絢子女王 修士学位授与

 

3月23日 常陸宮両殿下発明くふう展に

 

4月 寛仁親王妃信子さま エリザベス女王90歳の誕生日を祝う

4月27日園遊会

4月30日 信子妃 「若冲展」鑑賞

4月30日 久子妃スウェーデン国王70歳誕生日パーティへ

 

5月 バラとガーデニングショウに出席する信子妃

5月30日 常陸宮両殿千鳥ヶ淵へ

6月6日 寛仁親王例祭

6月7日 彬子女王「黄金のアフガニスタン展」に

6月8日 桂宮例祭

6月9日 常陸宮両殿下 ブータン展に

6月25日 久子妃「鳥の写真展」

6月29日 信子妃 太宰府天満宮参拝

コメント (3)