ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

14歳の母

2006-11-30 20:05:04 | ドラマ・ワイドショー

 14歳の母 

まあ、今回はどうって事のない内容でしたが。

逸見太郎さんって・・・あの逸見さんの息子さん?どこに出てたんだろうと

思ったら戸田菜穂さんの旦那さんかな?)

 

ただね・・出産を扱うんだから、そういうシーンはリアルにして欲しいです。

戸田さんにしても未希ちゃんにしても、あんなに突然に陣痛が来るわけ

ないじゃないのーー

 

っていうか・・・ 嘘はいけません 嘘は。

妊娠七ヶ月だったらもう少しお腹・・・出ますっ

ついでにあそこまで上ではなく、もうちょっと下がってるかも。

それに超音波検査の時だって未希ちゃん、お腹出してなかったよねーー

まあ、清純派の14歳なんだからいきなり「へそだし」は無理としても

あんなに隠しちゃったら妊婦って感じがしません

 

そしてそしてやっぱり、あのいきなりの陣痛シーンはペケ

あれじゃ、怖いよーー

あんなに突如お腹が痛くなったら怖くなって産めませんって。

普通は生理通みたいな痛みから始まって、徐々に間隔がせばまってきて

「ああ、もしかして陣痛?」って思うものです。

バス停で激痛に耐える未希ちゃんって・・あれなによーー

思わず最初、破水?出血?って思っちゃったじゃない?

 

やっぱりスタッフの出産経験などは必要かもしれません。

(何度も書くけど金八先生の杉田かおるは妊婦姿も決まってたし

出産シーンもオーケーだったけどなあ)

 

結局のところ、一番リアリティがあるのが桐ちゃんのママだったと・・・

 

そういえば、今日の朝日新聞「声」欄

14歳の母なんて認めません」という投稿が載っていました

出産を簡単に許してしまった未希ちゃんママに対して「どういう神経してるの」

って・・・わかるわかる。

何もかも親頼みの出産が当たり前になったらやっぱりまずいもんね。

最初の方に「(中絶して)忘れましょう」という台詞があったことにも疑問が。

そうよねーー

妊娠した事実を忘れるなんて・・それで命の重さがどうのこうのって言えないもん。

「Dr.コトー」で・・桜井幸子が生まれたての赤ちゃんをだっこして

「これが命の重さなのね」と泣くシーンがあるけど、こっちの方が納得できます。

 

今更だけど「14歳の母」の本当のコンセプトは一体なんなんでしょうね。

コメント   トラックバック (1)

紅白出場者の面々

2006-11-30 18:23:05 | ドラマ・ワイドショー

 今年の紅白には今井美樹&布袋さんが出るって?

それが目玉なんですかーーー

あ・・違った・・・離婚した「森・森」コンビが目玉だったんです

 

紅組

 aiko(5)
 絢香(初)
 アンジェラ・アキ(初)
 石川さゆり(29)
 今井美樹(初)
 大塚愛(3)
 川中美幸(19)
 GAM&モーニング娘。(初)(9)
 香西かおり(14)
 倖田來未(2)
 伍代夏子(13)
 小林幸子(28)
 坂本冬美(18)
 天童よしみ(11)
 DREAMS COME TRUE(11)
 中島美嘉(5)
 長山洋子(13)
 夏川りみ(5)
 浜崎あゆみ(8)
 平原綾香(3)
 藤あや子(15)
 BoA(5)
 BONNIE PINK(初)
 水森かおり(4)
 mihimaru GT(初)
 森昌子(15)
 和田アキ子(30)

 ▽白組

 秋川雅史(初)
 Aqua Timez(初)
 五木ひろし(36)
 w-inds.(5)
 ORANGE RANGE(2)
 北島三郎(43)
 北山たけし(2)
 ゴスペラーズ(6)
 コブクロ(2)
 さだまさし(18)
 SEAMO(初)
 スガシカオ(初)
 スキマスイッチ(2)
 SMAP(14)
 DJ OZMA(初)
 TOKIO(13)
 徳永英明(初)
 鳥羽一郎(19)
 氷川きよし(7)
 布施明(22)
 細川たかし(32)
 堀内孝雄(17)
 ポルノグラフィティ(5)
 前川清(16)
 美川憲一(23)
 森進一(39)
 WaT(2)

 

最近、全然音楽番組を見ないので、誰が誰だかわからなくなっているのは

事実だし、特に若い方たちの好みはぜーんぜんわかりません

でも・・何だかとりとめのない出演者陣というか、ますます混迷しているような?

大塚愛ちゃんって今年、何かヒット曲ありました?

モー娘・・まだ出るの?

今井美樹が出るのはなぜ?(「PRIDE」を歌うって?布袋さんの演奏で)

ドリカムも最近はあまり見ないよねーーー

和田アキ子が紅組復帰してくれて嬉しい

 

白に関して言えば、

秋川雅史って誰?(北山たけし系の人?)

徳永英明・・なぜ今になって初出場なの?

前川清もその存在すら忘れてたーーすみませんっ

(それを言ったら北島御大も全然見ないけどNHKの演歌番組では常連なの?)

ORANGE RANGE 今年はちゃんと会場で歌わないと

ゴッドねーちゃんに叱られますわよーー

横文字の初出場者に関しては全くわかりません。

つくづく自分が歳をとってしまった・・・と嫌になりますわーー

 

ジャニーズ系では今年はSMAPとTOKIOとWAT

永遠にKINKI KIDSが出る事は・・・ないのかな?

KAT-TUNじゃなくてなぜにWAT

(いえいえおばさんにとってはどっちも同じですけどねーー)

 

しかも、吉田拓郎やらユーミンやらに出場を辞退されたんですって?

今年は「原点に返る」みたいな事をNHKはおっしゃっていたようですが

話題も目玉もない紅白って・・・(森・森がいるかーー話題では)

何だか寂しい。

いっそ「聖子&ひろみ」とかーー桜田淳子さんに復帰してもらうとかーー

そういう方がある年代にとっては嬉しいんじゃないかしら?

コメント (2)

秋篠宮様41歳に

2006-11-30 18:02:18 | 皇室報道

 秋篠宮様も41歳ですかーそうですかーー

おめでとうございますっ

今回の映像に出た「秋篠宮ご一家」はまさに

「皇族はこうあるべき」の見本みたいなものでしたよねーー

非常に風格が増してきた殿下と、そばに寄り添って時々目を合わせる妃殿下。

内親王方は後ろで凛と立っておられ、悠仁殿下はにっこにこ

思わず見ているこっちが微笑んでしまうような映像でした。

 

それにしても悠仁殿下の表情の豊かなこと

父宮様を見つめてにこにこ笑うさまの可愛らしさは天下一品。

テレビの前の主婦さん達を釘付けにしてしまいましたわーー

 

「ザ・ワイド」では、「皇室に受け継がれる子育ての伝統」という事で

 新しいものを買わずに古いものを大事にする

 手作りを大事にする

の二つを取り上げていました。

悠仁殿下はチャイルドシートこそ新しく買ったものの

(っていうか上の内親王方の時にはなかったんです。そういうの)

ベビーカーはお下がりだそうです

多分、産着も内親王方と同じものをお召しかもしれませんね。

 

私達は昭和天皇・今上の子育てをテレビなどで見るにつけ

「清貧」という言葉を感じ取り「皇室は決して贅沢な場所ではない」という事を

感じて育って来たのですが、そういった伝統を受け継いだのが

秋篠宮家という事ですね。

(テレビでも「これらの伝統は美智子様、紀子様、清子様に受け継がれて

と言っていました)

 

 佳子内親王が手芸が好き・・という事で「手作り」の伝統についても

報道されていましたけど、そういう「成金趣味には陥らない」美徳を

見せ付けられると、国民としても安心します。

(真似できないなーーって)

 

 やっぱりね・・・動物園にお付き添いして2万円ものぬいぐるみを

買い集めたとか、青山の子供服のお店で貸切で服を買い捲った・・なんて

話しを聞くと「なんでかなーー」と思いますもの

あちらはお金にかなり余裕があるから、全て内親王の服はフランス製で

同じものを着せないとかーー100万近いおままごと用品とかーー

買えるんでしょうけどね(羨ましい・・・)

 

秋篠宮様は両陛下の公務があまりに多いことについても

心配されていましたね

天皇でないと出来ない仕事もあるが・・」ともおっしゃっていましたが、

昭和天皇が今上くらいの年齢には、ほとんどの公務は皇太子が代行して

いたような気がします

やっぱり天皇の仕事を代行出来るのは皇太子夫妻だけ・・・という事で

素直に代わって上げられないジレンマを抱えているのかもと思いました。

それでも秋篠宮様は今年はパラグアイ他ヨーロッパを巡り、立派に

公務を果たされているのですが、どうしても扱いが小さくなります。

秋篠宮家がどれほど公務に熱心なのか、マスコミももう少し大きく報道しても

いいんじゃないかなーーと思いますけどね。

 

何といっても現在の東宮家は、本来の機能を果たしていないという事実が

あります

「新しいやりがいのある公務」はどこへ行ったの?状態になっていますが

最近はちょっとあからさまかな・・・とも思い・・・

勿論、今上陛下の年代はワーカホリックで、私たちの年代では

考えられない程「仕事」ばっかりの意識が強い・・・というのもあって

中々仕事を譲ってもらえないのかもしれないけど、

そろそろ次世代の事を考えないといけない時に来ているのでは?

 

ジュエリー展に行ったりタイヤ工場の見学もいいけれど、

東宮家にはもっとやるべき事があるのではないか・・・と思います。

 

秋篠宮夫妻は悠仁殿下を授かって、ますます「家族」の絆を深められたようです。

紀子妃もまだ出産2ヶ月ちょっとなのに、早々に公務復帰を果たし

大変な日常を過ごされていると思います

高齢出産でもあり帝王切開でもあり、本当はもっと休んでもいいくらいなのに

皇后陛下の健康を気遣われ、公務復帰を決断されたとか・・

それでも無理はしないで頂きたいです

 

そのうちきっと「眞子や佳子の時にはこんな事はなかったのに」という事が

次々起こると思いますよーー

元気な男の子は本当にやんちゃですしねーー

そんなエピソードが披露される日を待ってます。

 

さあ、明日は愛子内親王のお誕生日

5歳になられますが、どんな映像が出てくるでしょうか?

お手つなぎ?芋堀り?ピッピとマリ?

コメント (4)

役者魂・僕の歩く道

2006-11-29 16:22:13 | ドラマ・ワイドショー

 役者魂! 

 どんどん「リア王」そのものになって来たお話ですが・・・

本能寺さんの3人のお嬢様達はそれぞれの暮らしを全うしているようですが

やっぱり親子関係は最悪のまま来たみたい

「家族」というのはこういうひきこもごもを経験するわけですが、

そういうのは瞳美にとっては新鮮に見える・・・という所が笑える?

普通ならドロドロの愛憎劇になる部分がさらっとしていて

なるほどーーこれが家族ってもんかーー」と感心しちゃう瞳美。

 

でもこれじゃあ桜子ちゃん達の今後が・・・と思っていたら

瞳美が同居する事に

それでも難しい「家族ごっこ」でしたーーって落ち?

来週はさらにはちゃめちゃな展開になりそうな気配が・・・・

 

 ところで、エンディングにいきなり

資料提供・宝塚クリエイティブアーツ・宝塚歌劇団」と出てびっくり。

あのちらっと映ったフィナーレの映像を提供したって事なのねーー

で、ついでに紺野まひるちゃんもご出演 っと。

まひるちゃん、松たか子と対等に渡り合っていたし、美貌も負けていなかったわ。

これでこそ「元雪組トップさん」の面目躍如だよーー

 

 僕の歩く道 

今週の輝明君は、新しい事にチャレンジしていましたね。

いつも歩いた事のない道を行き、初めての喫茶店に入り、クッピーの

看病をして・・・

精神科の先生じゃないけど、「大丈夫?そんなにいきなり色々」って

思ってしまいます

でも、総合的に健常者と障害者がお互いを埋めあっているという意味で

あの動物園の人間関係はいいものだと思うんですが。

 

利益中心の「本部」の方々には呆れました。

とはいえ・・・普通は定規を取り上げたりしないでしょう

あれは完璧に「いじめ」だよねーー

だってあの社長さん? は 障害者を雇っている事を知っている筈なんだもの。

「ああこの人が」くらいは思わなかったわけ?

 

都古ちゃんの方も何だかうまくいってないみたいだし?

(当たり前だよねーー)

いよいよ後半戦に向かって波乱含みの展開になりそうです

 

コメント

ヨン様尽くし

2006-11-29 16:11:13 | ドラマ・ワイドショー

 じゃじゃーーん

本日はチェジュ島で「韓流エキスポIN ASIA」というのを

やってまして。

ヨン様とイ・ヨンエが広報大使に任命されていたんですね

しかし、イ・ヨンエは開会式を欠席

今後もこういったイベントに参加する予定はないそうです

(チャングムファンの方々ーーー残念

 

「韓流エキスポインアジア」は、世界に発信した韓流を逆輸入して

再興を図ろうとする目的だそうで、日本でも人気のある俳優さん達が

みんな参加するそうです。

 

日本からも「ヨン様ファン」が大挙して押し寄せているとか・・・・

 「ヨン様ファン」

 

 ヨン様はテープカットをしたそうです。

相変わらずの人気ぶり・・・と書かれていますねーー

 レッドカーペットを歩くヨン様

 髪をかきあげるヨン様

 

とまあ・・・朝鮮日報はヨン様尽くしでございましたーーー 

(髪型がやっぱり服装と合ってないってのはきついかもーー

今回のメガネもちょっとねーードラマの衣装に合わせた体型だと

スーツが似合わないんですね・・・・)

 

でも笑顔はやっぱり素敵ですっ

 

 ヨン様といえば、最近フィギュアが発売されたばっかりなんですけど

その値段、なんと39000

それでも一人あたり2体も3体も注文する人がいるらしくて

発売元では嬉しい悲鳴をあげているのだとか・・・・

(私が注文したヨン様カレンダーはまだ届きません

こういう事があるからブロコリショッピングは嫌なのだーーー)

 

コメント (2)

のだめカンタービレ

2006-11-28 10:35:06 | ドラマ・ワイドショー

 昨日の「SMAP×SMAP」に出た檀れいちゃんを見ましたけど・・

個人的にあまり評価していないからなんでしょうけど、

結構突っ込んでしまいましたーーーー

何であんなに目を見開いてじっと見つめたり、ぎょろっと見たりするんでしょう。

あれじゃ相手が視線をそらしてしまうって・・・

(視聴者も疲れるわ・・・)

確かに元トップだけあって綺麗は綺麗だけど、立ち居振る舞いがとても

長い事宝塚にいた人って感じがしないのはどうして

(お野菜がぶりシーンはちょっと・・・食べっぷりもよすぎっ

おまけに桃井さんにちょっと苛められてませんでした?

そういうのは大丈夫ですよ。何たって「女の園」の頂点に立っていた檀ちゃん

でしたからねーー

中々この先の女優人生が多難かも・・・と思ってしまう場面でした。

 

 のだめカンタービレ 

今回のテーマはズバリ「」って事かなーー

飛行機に乗れないばっかりに海外に進出出来ないコンプレックスを

抱える千秋様

上を目指すならどうしてもここは打破しないと

そして、「幼稚園の先生になるから」という理由で熱心にレッスンしないのだめ。

自分を追い込むのが怖いんでしょうねーー

でも、やっぱり上を目指すなら怖いレッスンで嫌な事を言われても

我慢しないと

挫折に弱いと思われるのだめちゃん・・・

 

せっかく千秋様がよりどころとしようとしているR☆Sオケも

メンバーからしたら一つの「通過点」でしかないわけで

これは中々に難しい問題ですよね

 

 のだめいわく「モーツアルトはピンク色」なんだそうですが・・・・

個人的には

モーツァルト=黄色

ベートーベン=黒

ブラームス=グレー

ショパン=銀

バッハ=茶色

チャイコフスキー=赤

かなあ・・・・・

 

 近くのCD屋さんで「のだめオーケストラ」のCDを見つけました。

買おうかどうしようか迷ってます

買ったほうがいいですか?

うちの姫ちゃんは「のだめのバッグだあーー」と欲しがっていましたが。

 

 それにしても面倒見のいい千秋様って素敵

ちなみにうちの旦那様は「のだめって可愛い」とファンになりました。

コメント

給食といじめ

2006-11-27 10:42:00 | つれづれ日記

 昨日は何年かぶりに青山劇場へ行きました

という事は長らく表参道も歩いていなかったという事で・・・・

気分はすっかりおのぼりさん・・・

昨日は日曜日だったので、子供の城へ行く家族も多かったのかな。

気になったのはベビーカーに乗ってる子供が多かったこと。

どう見たって3歳以上、5歳以上の子がベビーカーに乗ってるの

その方が親が楽だからなのかもしれないけど、ちょっとベビーカーの使い方

間違えてませんか?

うちのヨンジュナみたいに足がどうのっていうならともかく、

窮屈そうにベビーカーに乗ってる、あるいはふんぞり返ってる子供。

歩いた方がいいわよ

 

でも、表参道では犬はよく歩いていました

それも血統書付の大型犬ばっかり

歩いている犬に、その飼い主に「格差社会」を見た私です

そっかー都会では大型犬が闊歩し、子供はベビーカーなのか・・・・

 

という事で、ちょっと変な国になっている昨今ですが

(美しい国どころの騒ぎじゃございません)

 

 給食費滞納18億円  ですって?

そのうちの3億円が千葉県って事になるのかしら・・・

千葉は全国でも有数の「給食費滞納県」らしいですけど(トホホ)

どういう理屈で「拒否」なんだろう

そもそも「給食」っていうのは貧しくてお弁当を持ってこられない児童の為に

始まった・・・いわば「福祉」の一環です

(欠食児童が多くて栄養状態も悪かったしね)

決して「義務教育」の一環ではないと思うんですよ

なのに「義務教育だから払いたくない」と考える親の無知さが許せない

そもそも「義務教育」だってあくまで「教育を受ける権利」を保障したもので

無理やり学校へ通わせる意義ではない筈なんです

(公民をちゃんと勉強しなさいってば)

 

そんなに「払いたくない」というなら、その家庭は給食なしにすれば?

毎日お弁当でも何でも持ってくればいいじゃない

今時、お弁当を食べなかったくらいで栄養失調にはならないでしょうから。

督促状を出したり、教師が取り立てに行ったりする事ありません・・・・って。

それにしても18億円

このすごい金額・・・・これだけあったら老人福祉にもっとお金が使えるわ。

保育園も増やせるし、職員も確保できるんじゃないかしら?

 

 いじめた子に出席停止も 

イギリスでは罰金を課せられるというお話しですけど、日本では

出席停止」ですか

ところで、「いじめの定義」ってあるんですか?

何をもって「いじめ」と判断するんですか?

いじめた子を出席停止にしたら、それこそその親達が

いいがかりをつけられてわが子の教育を受ける権利を侵害された」と

言い出しませんか

私はそっちが心配です

 

よく「いじめ」に関して言われるのは、加害者は被害者程「いじめた」

記憶がないという事です。

「いじめられた」という子に対して「いじめたつもりはない」と答えられたら

終わりでしょう

あからさまな暴力や恐喝といったことがあればそれはもう「犯罪」で

出席停止処分ではすまないと思うんですけど、

クラス全員でシカトしているような場合、全員を出席停止に出来るんでしょうか?

また、クラス全員が一致団結して「いじめ」た場合、事が発覚するのでしょうか?

 

結局、いじめられた本人が自殺でもしない限り発覚しないと思うんです。

かといって、「自殺」の責任を学校側に突きつけるのも間違っていると思います。

「自殺」の責任はあくまで本人・・・・

 

どんな試みもやってみるに越した事はないと思いますが、ちょっと混沌と

しているようです。

 

我が家みたいに、まさに中学生を育てているまっさかりの家庭では

毎日戦々恐々だと思うんです

「給食費滞納」問題にしても「いじめ自殺」問題にしても、現場にいない人や

子育てをしていない人がいくら机上の空論を戦わせても

本当の解決策にはならないと思います

 

 

 

コメント

虹を架ける王妃

2006-11-25 16:08:31 | ドラマ・ワイドショー

 虹を架ける王妃 

 結構長いドラマでしたーー

でも、本当に「純愛」ストーリーになってました

っていうか、よくぞここまで純愛ストーリーに仕立て上げたなあ・・・というか

いや、実在の夫妻が仲が悪かったという話は聞いておりませんけど

色々な本を読んで李垠殿下に持った印象は「うつうつした人」だったので。

物語の中の人物のような人格者というイメージはなく、特に戦後はかなり

精神的に参って大変な状況だった・・・と記憶しています

 

 彼が根っからの韓国人であったとしたなら(いやそうですけど)

政略結婚だった方子妃との生活は、本当に純愛で押し通せたものなのか

複雑な思いを抱きつつ生活していたような印象があるんですけど。

それに比べて方子妃は腹が据わってるというか、プラス思考の方というか

しょっちゅう落ち込んでは機嫌の悪い夫を支え続けた妻というイメージが

あります

 

ともあれ、ドラマとしてはよく出来ていたのではないでしょうか?

歴史の勉強としてもわかりやすい部分が多かったし、これを機会に

興味を持つ人もいるかもしれませんし

菅野美穂の方子妃殿下は非常におっとりとして、清楚でした。

言葉遣いにも違和感がなかったし、衣装もよく似合っていました

対する岡田准一も寡黙な皇太子を好演していました

台詞も少ないし、無表情で通さないといけない部分も多かったので

大変だったろうなーーと思いつつ、「木更津キャッツアイ」以降

演技的に本当に成長したなーーーと

(作品は役者を作る・・・ですねっ)

 

確かに二人の演技にはリアリティはなかったと思うんです

理解出来ないと思いますよ あの当時のメンタリティ。

しょうがないから素直に演じるしかなかったんだろうな・・・と思います。

でも、唯一あのドラマにリアリティを与えた人がいます。

それはナレーションの森光子さん

さすがに昭和の生き字引のような彼女のナレーションは素晴らしかった。

 

でも

昭和20年から昭和63年まで時間が一足飛びに流れすぎっ

二人の夫婦の物語はむしろ戦後に始まる部分が大きかったというのに。

韓国への配慮なんでしょうかねーー

戦後、帰国したかったのに、国民は李垠殿下を受け入れなかったんですよね。

昨日も書いたように、臣籍降下しても元皇族の扱いさえされずに

あっという間に一文無し状態?

 

それから次男の玖氏は一時行方不明になっていた事があったような・・

亡くなったのは最近のことですよね

方子妃は夫が亡くなっても韓国に残り、福祉活動に従事し、一生を

韓国人として暮らしていた・・・亡くなった時は「韓国の母」と呼ばれたんですよね。

 

最近、李王室復権の兆しがあり、王の血を引く女の子が女優デビューしました。

彼女の実家もかなりの資産家のようですが

そういう意味では、戦前から180度生活が変わってしまった方子妃の

苦労がわかるというものです

 

韓国への配慮なのか、長男晋殿下の死については「いまだはっきりせず」と

ナレーションで言われていましたが、毒殺されたのは明らかなことです。

確か方子妃自身も昔、テレビでそうおっしゃっていたような気がします。

結婚式の時の爆弾事件は初めて知りましたけど・・・・

李殿下が長い間韓国の地を踏むことが出来なかったのは、日本が悪いという

感じですけど、受け入れなかった国にも責任があるのでは・・・

そういう事実をきっちり描いてこそのドラマではあると思うんですが。

(あちらで作ったドラマだったら、それこそめちゃくちゃに日本を悪者に

していたでしょうしねーー決して配慮なんかしませんのに)

 

まあとにかく、複雑な国の事情に配慮しつつ、しっかりした純愛物語に

した意欲は確かに買える作品でした。

 

コメント   トラックバック (1)

嫌われ松子・Dr.コトー

2006-11-24 11:57:01 | ドラマ・ワイドショー

 嫌われ松子の一生 

本当に救いのない女性だよね。松子って人は・・・・・

せっかく刑務所を出て美容師になって、理解ある上司に恵まれて

多少の辛さを抱えてはいても、過去を振り返ることなく歩いていけたはずなのに。

そこで龍洋一に再会してしまうとはっ

しかも、そのまま別れてしまえた筈なのに・・・・

「ご飯食べようか」と誘ってしまうとはっ

彼女の転落の人生には必ず男の人が絡んでいるでしょう?

男=危険 ってのは常識でしょう?

なのに、自ら不幸の種を誘い込んでしまうなんて

ほんっと、救いがないわ。

アダルトビデオに出て涙流している恵ちゃんの方がよっぽど立ち直ってる。

不幸を糧に強くしたたかに生きて行ってるじゃあないの・・

こうなってくると、あとは坂道を転げ落ちるようなものなんでしょうね・・・

ますます暗くなりそうな雰囲気

 

 Dr.コトー診療所 

こちらもどんどん話が暗い方向に流れていってます

(先週はマラソンとスマスマに視聴率を抜かされ、初の20%割れ)

週の後半に入った木曜日のドラマ2つがくらーーいのってやりきれないなあ。

前回の「コトー」で、生きるか死ぬかの出産で無事に千賀ちゃんを出産した

ゆかりさんが今度は胃がん

それも末期・・・・

幼い娘を抱きながら本を読みつつ泣きそうになる場面では

一緒に泣いてしまいました。

まだ小さい子供を育てている身としてはとても他人事ではありません。

もうせつなくて悲しくて・・・助かって欲しい、頑張って欲しい、でも

多分無理なんだろうなあ

 

一方、東京の彩佳も抗がん剤の副作用で苦しんでる。

でもね、そろそろ親には病気の事言った方がいいんじゃないでしょうか?

他の病気ならともかく、「乳がん」なんだし

へんてこにコトーにあたる彩佳の気持ち、あまり理解できないなあ・・・・

 

大病院のドクターだったら、何十人もいる患者の一人ががん・・という感じかな。

それとも外科だったら、患者の多くはがんなのかもしれないですね

でも、あの島の中でたった一人のがん患者を抱える診療所の人達の

表情が切なくてね・・・

それだけきめ細かいケアが出来るのかもしれないけど、

患者とのかかわりが強い分、医師としての辛さは倍増ですよね

まして今、コトー先生は彩佳もがんだという事で悩みが深いし。

 何とかいい方向へ向かってくれるといいな・・・と祈ってます。

 

 

ところで、今日の夜9時からフジテレビで

虹を架ける王妃」が放送されます

岡田准一&菅野美穂主演です

よく歴史の教科書に出てくる写真で、伊藤博文と一緒に写ってる

朝鮮王室の皇太子、李垠殿下とその妃、方子の物語です

新聞評によりますと、「純愛物語としてわかりやすい。意欲は買うけど

激動の時代に実在した人物の胸中に迫りきれない軽さを感じる」という事

です。

 

正直、李垠殿下と方子妃って日本の歴史の中からは抹殺されたような

印象があります

(知ってる人の方が少ないでしょう?)

突然朝鮮の皇太子に嫁ぐ事を知らされた梨本宮方子女王は

「両国の為に」という事で覚悟して結婚するんですね。

髪を真ん中わけにして何もかも朝鮮風にあらためて・・・・・

当時の朝鮮に対する差別意識とか朝鮮の日本への恨みとか・・・・

そういうどろどろの世界の中で二人は結婚したわけです

そして、どちらの王室からも決して歓迎されたわけではなかったという事。

方子妃殿下は長男を朝鮮訪問時に殺されています

あの当時の日本と朝鮮王室の関係を考えると、とてもとても「純愛」で

語れるような物語ではない筈なんですよね

 

戦後は皇族としての身分を剥奪されて、臣籍降下する他の宮家が貰った

一時金すら貰えなかったという話も

何とか韓国に戻っても色々辛いことがあったっていうか・・・

でも、方子妃は福祉事業に熱心に取り組んで、亡くなった時は

王族扱いで葬儀が出されたんですよね

 

そんなわけで・・・あまり期待してはいないドラマなんですけど、

このドラマを見ることによって、日本現代史に興味を持つ人がいたら

それはそれでいいのかな・・・と思う次第です。

 

(でもなーー「流転の王妃・清朝最後の皇弟」もお粗末だったもんね。

視聴率はよかったみたいだけど、常盤貴子がどうしても妃殿下には

見えませんでしたしゃべり方が下品すぎて。品があって貴族的な

話し方をする女優さんて今は皆無だからしょうがないのかな・・・)

コメント   トラックバック (1)

14歳の母

2006-11-23 12:51:14 | ドラマ・ワイドショー

 14歳の母 

今回は「お説教の回」って感じでしたね

とはいえ、回が進むにつれて突っ込みを入れたくなるのが人情で。

あの雑誌編集者のお兄さんじゃないけど「ムカツクんだよ」って感じ。

 

 脚本家さんは出産経験があるのかなーー

お友達が教科書を返しに来た時に「お腹、こーんなに大きくなってると思った」に

対して未希ちゃんの台詞。

ぎりぎりまで大きくならないんだって」って・・・

そんな筈ないでしょう 3ヶ月過ぎたら目立ってきますよ。

登場する度に違う服をお召しでとってもファッショナブルな未希ちゃんですが

(エンゼルハットにシマシマのマフラーが可愛い。純粋に手編みっぽさが

懐かしさをかもしだしています)

もう少しゆったりした服を着ないとダメなんじゃ・・・

さすがにジーンズはきついと思うけどな・・・

 

 全然生まれてくる赤ちゃんの立場を考えてないじゃん

桐ちゃんママの先手必勝の法則による「認知を求めない」誓約書について。

男性の立場ならそういう事も多々あるんじゃないかと思います

確かに桐ちゃんママの言うように「娘が自分で出産する事を選んだ。人生を

決めたならこの件についても自分で決めさせて」というのは当然です

この点は未希ちゃんママは甘いわ。

「専業主婦のたわごと」と言われてもしょうがない

でも・・・当の未希ちゃんが「サインする」と言った時には、ちゃんと

生まれてくる子供の権利を侵害するなと教えるべきではないの?

いくら「後から裁判でも認知訴訟は起こせるから」なんていっても、その時は

やれDNA鑑定だのって面倒なことになるよーー

未希ちゃんいわく「桐野君はお父さんがいないけど優しくて強いから」という事で

自分の子供もまた同じ試練に耐えられる・・・という考えの浅はかさ

子供が将来、実の父親に認知されなかった苦しみや悲しみに思いが

至らない・・・そこがもうすでに「甘いっ」の一言なんだよね

子供のことよりも自分のプライドと桐ちゃんへの思いやりに終始する。

それこそ「だめんず」予備軍だよーー

結局のところ、未希ちゃんの両親だって孫の事より娘が大事なわけで・・・

「偏愛」を感じますね。

 

 「働く」の意味わかってる?未希ちゃんや・・・

母親学級でナースから「親に甘えないで先を考えろ」と言われた未希ちゃん。

今まで親に甘えっぱなしでいた事を深く反省し、子供を産んだら自分で働いて

育てて行こうと思う

そこまではわかるけど、中学もろくに卒業せず子供を持ってる10代の娘に

まともな働き口があると思う?

私はその前に叔父さんところでブラブラしてないで、家事をやりなさいよと

言いたいです

出来もしないくせに「働いて子供を育てるわ」なんてきれいごとを言う前に

家の掃除から料理まで全部マスターして、お母さんの負担を軽減する方が

先じゃないですか

 

 桐ちゃん、男なら言いたい事をはっきりいいなさいよ

あの雑誌社の人が言うように「子供を作れるという事は体は大人だよな。

なのにいつまでもかあちゃんに庇護されて・・」ってまさにその通り

学校を休まないから何だっていうのよ

ちゃんと責任取れよーーー

 

結果的には切迫流産っぽい感じで入院してしまった未希ちゃん。

幼い頭で必死に考えて精神的にいろいろあったんだろうな・・ってのはわかります。

でも未希ちゃんの両親は振り回されているような気がして・・・

過保護な両親そのまんまって感じ

もう少し言葉だけじゃない、本当の「自立」を描いてくれないと、

みんな勘違いしちゃう危険性が

だってみんながみんな、未希ちゃんの家みたいに立派じゃないし

収入だって限られているもん。

本当に子供一人生まれる事がどれだけ家計を圧迫していくか知らないと

いけないんじゃないか・・・と、思います。

コメント   トラックバック (2)