ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

皇室ウイークリー

2012-06-30 16:20:53 | 皇室ウイークリー

ご日程

両陛下

6月22日・・・両陛下 → 勤労奉仕団に会釈

        天皇陛下 → 通常業務

6月23日・・・両陛下 → 皇太子からアジア訪問の挨拶を受ける

6月25日・・・両陛下 → スロバキア大統領夫妻来日の説明を受ける

                 勤労奉仕団に会釈

       天皇陛下 → 警察庁長官から進講を受ける

6月26日・・・天皇陛下 → 認証官任命式

                   通常業務

         皇后陛下 → ご養蚕

6月27日・・・両陛下 → スロバキア大統領夫妻と会見・午餐会

                 長野訪問についての説明を受ける

6月28日・・・両陛下 → 勤労奉仕団に会釈

                 日本芸術院メンバーとお茶

      天皇陛下 → 神宮及び勅祭社宮司らと会う

       皇后陛下 → ご養蚕

 

皇太子殿下

6月22日・・・タイ・国家水資源管理戦略委員会顧問から進講を受ける

6月23日・・・タイ・ラオス・カンボジア訪問につき賢所に参拝

         サウジアラビアから帰国とタイ等へ出国の挨拶の為、参内

6月25日ー7月1日・・・・タイ・ラオス、カンボジア訪問

 

秋篠宮両殿下

6月22日・・・両殿下 → 武蔵野陵・武蔵野東陵参拝

6月23日・・・両殿下 → 日本スポーツ少年団創設50周年記念式典

6月25日・・・両殿下 → 故寛仁親王喪儀権舎二十日祭の儀

                 故寛仁親王喪儀墓所二十日祭の儀

6月26日・・・両殿下 → トンガ皇太子殿下に会う

           第14回日本水大賞・2012日本ストックホルム青少年水大賞出席            

6月27日・・・両殿下 → 第5回ジオパーク国際ユネスコ会議」について報告を受ける

                 スロバキア大統領夫妻午餐会に陪席

6月28日・・・秋篠宮殿下 → 研究会出席

 秋篠宮両殿下が毎年出席している「ストックホルム青少年水大賞」とか

  ジオパーク等への出席は、殊更「水」に関心があるといわないのに公務という

  形で関わっていますよね。

  皇太子が『水」と叫ぶ割には、勉強会ばかりで「公務」にならない・・それって

  何でなんでしょうね

 

 二つの週刊誌報道について 

 週刊新潮 「雅子妃にネグレクトされた東宮大夫」

 就任以来、小町東宮大夫は雅子妃と2度しか

  会っていない。

 山中湖付き添いで雅子妃が豪遊した時に

  マスコミから批判を受けて

   小町大夫は「正常な状態と思っていない」と発言 → 

   雅子妃の怒りを買い

   以後、口を利いて貰えず → 調整役は皇太子。

 11月に皇太子一家が葉山に静養時に鎌倉大仏で

   マスコミロケをしようとした小町大夫に雅子妃は怒り

   愛子内親王を連れて東大病院に家出。

 上記の記事について小町東宮大夫

  「ちょっと考えてみてもいいと思いますが、

   週刊新潮に関しては向精神薬事件以来、関係が

  ございますので」

  「まだまだ至りませんが、両殿下のご指導を受けて、

  ぜひ東宮ご一家を一生懸命支えていきたいと思います」

 小町大夫の言葉は週刊誌報道を否定してはいないんですね。

   もし野村元大夫なら「許せない」と抗議して記事の訂正を要求する所ですが

   小町大夫の場合はそうではない。

 小町大夫は「マスコミとの間に波風を立てず、うまくやりたい」派。

   常識的だと思います。

   でもそれが雅子妃の怒りを買い お叱り → 無視 という現状になっている

   ようですね

 「向精神薬事件」というのは週刊新潮に載った記事で

  「雅子妃が乱暴な男児の給食に向精神薬を混ぜるように要求」したというもの。

  東宮職は抗議したものの、新潮側は記事を訂正していません。

  これを蒸し返すというのは・・・もしかして壮大な「しかえし」?

 思わず「頑張れ小町」と言ってしまいそうですね 何をされてもこちらも

   無視して仕事をしていれば困るのは相手ですから。

 ところで雅子妃はまた学習院に週に3・4日は出没しているようです。廊下から

   授業を見ているんですって。

 

 女性セブン 「承認いらずの皇籍離脱』実現のシナリオ」

 寛仁親王妃信子様皇籍離脱の可能性」

 体面を重んじる宮内庁はたとえ、宮妃が望んでも

  皇籍離脱は認めず残るように説得するのではないか。

 風岡長官

このこと(皇族以外の女性が親王妃となり、

夫を失った場合の皇籍離脱)については皇室会議はいらず、

本人の意思のみで皇籍離脱ができるということが

(皇室典範で)明確になってます。

従って寡妃の皇籍離脱に関して、宮内庁が直接

かかわるということはありえない」

 確かにその通りで、信子妃が皇籍離脱したいといえば、宮内庁は止めない

   でしょうね。でも、これって暗に「皇太子並びに宮家の婚姻解消には口出し

   しませんよ」と言ってるのかもと・・うがった見方をするのでした

   他の週刊誌も信子妃に関しては、実際に宮邸に住んでおらず公務もせず

   ひたすら静養の日々で、今後、皇族である意義があるかどうかと考えれば・・・

   というようなことも書いてありました。

 

さて、29日に結婚22年を迎えた秋篠宮夫妻へのバッシングがまたひどく

なってきました。

今週発売の週刊文春には、宮内庁で秋篠宮家に辞令を受けた職員が

大声で「あれほど嫌だと言ったじゃないですか」と叫んだとか、紀子妃が

食材の経費について「出入りの業者で駄目なら築地へ行って安くていいものを

買えばいい」と言ったとか・・まあ、20年前の皇后バッシングと同じような内容が

書かれています

風岡長官はこれに対しては全く無反応 信子妃の皇籍離脱の話なんて

どうでもいい事なのに・・・なぜ反論しないのか。

風岡長官は某学会の有名な信者で皇族方の信頼を得ていない・・らしい

ゆえにオワダ側の人間であるといえるわけで

宮家が騒げば事は大きくなるし、孤立無援の秋篠宮家という感じです。

 

秋篠宮家が大変なのは「公務」についての考え方が他と違う点ではないかと。

一つの式典等に参加するにしても「説明」「進講」「出席」「報告」があるわけで。

これらのスケジュール管理に加えて資料を取り寄せたり、あう人を間違えたり

しないようにするのは本当に大変だと思います

また、他に両殿下はライフワークを持っており、二人で別々の管理が必要。

ここに眞子内親王が入ってさらに複雑化。

宮家に支給されるお金をどのように切り詰めていくかは、宮妃の腕。

ゆえに高い物を高く買うのではなく、少し遠出をしてでも安く・・というのは

主婦なら当たり前の感覚ではないかと

紀子妃は多分一人で頑張ってしまう性格になったんでしょう。

それが職員からすると「何でそこまで・・・」と思われているかもしれない。

だけど

現在、東宮家が機能せず、他の宮家が高齢化する中で「皇族」としての

意義を立派に守っているのは秋篠宮家です。

それを考えたら他の皇族方や旧宮家、そして両陛下ももう少し秋篠宮家を

庇ってあげてもいいんじゃないかと

 

側近中の側近をネグレクトするような妃が「お可哀想」で

働きすぎるくらい働き、厳しく叱咤激励する妃が「嫌われ者」というの図式は

絶対におかしいです。

                 

コメント (5)

さよなら大空祐飛  2

2012-06-30 07:00:00 | 宝塚コラム

 花組時代

花組への組替えが発表された時、誰もが「これは・・肩たたき?」と思ったものですが

今、DVDを見ると、これはトップ路線への伏線だったのではないかと思います。

むしろ花組の新トップになった真飛聖が気の毒になる程、大空の存在感は大きかった。

「太王四神記」なんて大空の「祝!宙組トップ就任」お披露目作品に見えましたから。

ファンが考える前に水面下では色々動いていたという事でしょうか?

 

愛と死のアラビア」・・・内容がどうしようもなかったけど真飛と壮の仲良し

  ぶりが目立つ作品でした。その中で大空のイブラヒムは「支配者」側に

  経つ「大人」の役。

  ラスト、牢獄のトマスにアノウドを会わせるシーンがありますが、その時の

  イブラヒムの立ち方と頷き方に「大物」ぶりを見ました。

銀ちゃんの恋」・・・1996年の久世版があまりに衝撃的で面白かったので

  それに比べると大空以下の配役にはあまり魅力を感じませんでした。

  こういう破綻した性格の人物を演じるのが一番似合わないのではないかと。

 「太王四神記」・・・ホゲとして最高の出来でした。コスチュームがこんなに

  似合うなんてとほれぼれした覚えが。真飛があまりに清廉潔白だったが

  ゆえに好対照。特に婚約の席でホゲがキハの唇を奪うシーンが好き。

 

小池作品にめぐり合い、「本来の自分」を取り戻した事が大きな自信になり

迷いがなくなって壮大なスターへ変身したのかな・・・・・と。

 宙組への落下傘

これまた大和悠河の後の落下傘人事に驚きでしたが。

ピンチをチャンスに変えました。

 すぐに組子の心を掌握

「カサブランカ」を見た時に、「今までの宙組と全然違う。何がってまとまりが」

姿月あさとから数えて5代目。全部を見てきました。

コロコロ二番手や三番手が変わる状況。長い女帝の時代等、宙組はいつも

落ち着かず、各組のごった煮状態

やる気があるのかないのか。

ところが 「カサブランカ」における宙組はしっかり一つにまとまっていました。

でもそれはすでに「大江山花伝」の時から始まっていたんですね。

まるで大空が生え抜きトップのように見えましたから。

 

カサブランカ」・・・最高のリックでした。リックが大空か大空がリックか

          わからないほど。最も似合う役であったと思います。

トラファルガー」・・・実際のネルソン提督はもっと歳をとってた筈ですが

          色男というより「パパ・ネルソン」が素敵でした。

美しき生涯」・・・融通がきかない石田三成という役柄が似合ってました。

「誰がために鐘はなる」・・・私の中ではやっぱり鳳蘭ですから。キムシンの

  へんてこな改変によってせっかくの名作が台無しに。そうはいっても

  今の時代、ロベルトをきっちり演じられるのは大空以外いないでしょう。

クラシコ・イタリアーノ」・・・植田景子さんの「NICE GUY」になった感じ?

 

「大江山・・」「誰がために・・」仮面のロマネスク」「ヴァレンチノ」再演も多く

でもよく期待に応えたと思います。

やっぱり大空は現代で「古きよき時代のトップ」を体現している存在なんでしょう。

(いやーーでもあの頃の人達は今の大空より学年にして6学年以上は若かった。

それを考えると不思議)

ゆえに組子からも慕われていたのかなと。理想の「上司」でもあったんですね。

 

 トップスター大空祐飛を生み出した要因

それは時代・・・であったと思います。

ほんの少し時代がずれていたら、トップになれなかったかもしれないし

またはもっと早くトップになっていたかもしれないと。

その「時代」とは何か。

それは100周年を迎える宝塚の行き詰まりというか・・ぶっちゃけていえば

カリスマ性のあるスターがいない、育てられないこと。

1990年代の最初に飛び出た天海祐希。

劇団の思惑が見事にあたった「作り出されたスター」でした。

それ以来、歌劇団は「天海よもう一度」とそればかり考えて来たようです。

それが彩輝直や朝海ひかる、大和悠河の大抜擢に繋がったのだと。

そして明日海りおへ繋がっていく?

宝塚のアイドル路線は一見成功したかのように見えましたが、作家を育て

なかった事で作品が劣化し、ファンのレベルも低下。

作品がスターを作り出すのではなく、そこにスターがいればいいという

やり方は長い目で見てファンを減らします

また伝統的な「型」を大事にせず、娘役をないがしろにする事で

女性が男役を演じる意義」も曖昧に

中世的な顔立ちが重要視される一方で、大空のような顔立ちは一般ウケ

しないと思われてしまったのかな

今やジャニーズもAKBも宝塚も同じに見える人が沢山いるんじゃないかと。

 

そんな中、歌劇団としては起死回生、あるいは最後の砦として大空祐飛を

無視するわけにいかなくなった。

はっきりいえば頼ってしまったのだと思います。

最後はいつも「伝統的な型」が勝つというか。

宝塚も100年続けば立派な伝統芸能。

草食系が流行っても、女が欲するのは最後は肉食系って話でしょうか。

ゆえに大空祐飛がトップになって、まさに宝塚の男役でしか表現出来ない

役を次々に体現した事は、宝塚の中にまだまともな感覚を持っている人が

残っているという事でしょう。

今後、宝塚を後世に残したいなら「天海祐希をもう一度」ではなく

「大空祐飛をもう一度」だと思います。

 

 大空祐飛ベスト5

1位・・・・「カサブランカ」のリック

君の瞳に乾杯」も好きだけど「俺はきみをみつめているんだよ」も好きです。

彼女を待って酒をがぶ飲みしているリックが愛おしい・・・かな

ずっと無表情なだけに、崩れた部分が意外性があるんですよね。

女は強い男の弱い所が好きなんです

2位・・・・「太王四神記」のホゲ

とにかくヴィジュアルが フィナーレが

3位・・・・「トラファルガー」のネルソン

ジョサイアに優しいネルソン。

ホレイシアに名前を聞くネルソンが好きです。

4位・・・・「MAHOROBA」のサダル

これまたヴィジュアルが 死んじゃうシーンがっ

5位・・・「誰が為に鐘はなる」のロベルト

どうしたってツレちゃんには叶わないんですが・・・ゆえにマリアとのシーン

よりゲリラのリーダー役のほうが好きです。

 

学年のせいなのか、本来の持ち味なのか、欲望に身を焦がす役より

父性愛を示す役のほうが似合っていたと思います。

「こんなお父さんがいたらいいのに」と思わせるような?

無表情なくせに面倒見がいいという役が似合うって・・・一昔前の

「がんこなパパ」そのものかもしれませんね。

 

今後、女優としてやっていくのかしら?

それとも結婚?

個人的には雑誌の拍子を飾るようなモデルでいけちゃうんじゃないかと。

こんなに素顔が綺麗で、どんな衣装も着こなせる人ってそうそういないし。

グラフなどにのるポートレートに萌えるなんてあまりない私が

そう思うんだから絶対だと思います。

もし女優なら・・・きっと可愛いかも。

そうはいっても、育ちもよいし上品だしお金持ちの奥様におさまっていくのも

いいんじゃないか?

なんて、あれこれお節介に先を考えてしまう・・・想像がふくらむ人なんですね。

今まで苦労や我慢が多かった分、卒業したら自由に自分を表現し

誰よりも幸せになって下さい

 

 

コメント (4)

名言

2012-06-29 19:36:58 | ドラマ・ワイドショー

 今日は公務員のボーナス支給日。

明日のファミレス系は激コミになるというわけですね・・・・・

スシローなんて土曜日の昼は死にそうなくらい混んでますが、きっと明日はさらに。

野田総理 → 320万?

橋下市長 → 205万?

バブルの時代は思った事ないけど、今の時代、公務員は特権階級だなと。

特に大阪市とか大阪市とか大阪市とか・・・に勤めている人は刺青してても

平気だし生活保護だって調べられもせずに受けられるし。

死んだ人の遺品からお金をとるのも平気だし?

 

で・・・今日、名言だったなあと思った事。

ガックン、噂の彼女との交際をマスコミに聞かれて

今度ベッドの中で聞いてみる」

思わずきゃーーーっ

こここ・・こんな台詞が似合う男はいないよっ

使わせて頂きます(何に?)

マスコミの方々、一瞬言葉を失って次に「おお・・・」って

確かにそれ以上は聞けませんね。

 

上野動物園のパンダのシンシンが妊娠したかもって話で。

石原都知事が「生まれたらセンセン、カクカクって

名前をつければいい。

パンダは日本が実効支配しているんだから」って。

思わず爆笑しました

でもこんな冗談に中国様が真面目に

「どこにあってもいても中国のものだ」と返したから。

これって粋じゃないなあ

 

 

コメント

地井武男さん死去

2012-06-29 19:20:47 | ドラマ・ワイドショー

 地井武男さん 死去 

 

 俳優の地井武男さんが29日に死去。

 急性心不全

 享年70歳

 復帰されることを願っていたのですが。

  地井さんって「チッチー」って呼ばれている方がが長かったのかしら?

  「北の国から」に出てた頃とか?

  「太陽にほえろ」じゃあまりに古すぎるのかな。

 「太陽にほえろ」が終わって、みなさんどういう方向性になるんだろうと

  思っていたけど、チッチーはまさかのバラエティ出演で若者に人気が

  出て「癒し系」になってましたね。

  ドラマに出てくるとほっとするというか・・・いい俳優さんだったなあって。

   「北の国から」でもいい相談相手風な感じで。

 でもまだ70歳じゃないかと。これからいいおじいちゃん役を演じて

   欲しかったのに。

    心からご冥福をお祈りします。

 

我が家の姫が「じじちゃんやばばちゃんに電話したら元気なかった」と

心配していました。

弟を亡くしたのだから悲しいのは当たり前ですが。

姫には「人間は歳をとると自分より若い人が亡くなるのが辛くなる。

自分より若いのに亡くなって・・何で自分は生きているのかとか。

彼(彼女)より上の自分にとって人生の終わりはもうすぐかもしれない。

同年代が亡くなると「明日はわが身」と思うし、年上だと「次は私」と思う。

やっぱり怖い・・・」と言ってしまったのですが。

最近の口癖が「あと何年も生きないから」で・・・それを言われると

「そうですね」ともいえるわけないけど「いいえ、まだまだ」というのも嘘っぽくて。

色々かんがえさせられますね。

 

 

コメント

さよなら大空祐飛  1

2012-06-27 19:00:00 | 宝塚コラム

 この「さよなら・・・」を書くにあたり、大空祐飛が出演した作品DVDを

連日、朝から晩まで見続けたら目が痛くて

私などはたかだか「CANCAN」からしか知らないけど、でも祐飛の20年は

本当に長かったんだなあって。

目が痛くなって頭痛もするけど、色々新発見もありましたし。

これを次はすずみんでやるのか・・・・・ 歳はとりたくないねえ。

 

 私にとっての大空祐飛

♪ 夢に訪れたあの方はまるで王子様

  白いペガサスに乗り 星空へ私を誘う ♪ (BY「NICE GUY」)

 こんな気障な歌詞がそのまま似合う男役って今時いないです。

 元々そういう素質は持っていた人ですけど、立派に開花してくれて。

 「理想の男」になってくれて嬉しい

 君の理想の男になって今迎えに行くよ ♪ 

 どこまでも妄想が膨らみそうな歌詞ですが、これまたぴったり

 よくぞここまで・・・・

  その過程を振り返ってみようと思うんですが、大空祐飛のような男役は

  今時珍しい。でも「最後の」伝統的な男役なんだろうなあと思います。

 正義と悪 大人と子供 男と女 真逆の魅力を同時に持ってる稀有な存在

 コスプレが似合うアニメ的な顔立ち

 78期しんがり・・・残り物には大いに福があった!!

貴城けい → 夫にしたいタイプ

大空祐飛 → 父親にしたいタイプ

瀬奈じゅん → お友達でもちょっと理解出来ないかも

そんな感じでしょうか。

 

 月組 新人公演時代

78期の苦労については貴城・瀬奈の所でかなり書いているので飛ばします。

職人的な人が多かったからなのか、上級生に阻まれた期だからなのか

大事にされているようでされてなかった期という印象があります。

私が宝塚を見始めた1996年当時、大空祐飛はまだ新人公演時代。

何も知らない私が月組を見て、真っ先に目を引いた新人さんは成瀬こうき

大和悠河でした 

「銀ちゃん」で樹里咲穂を発見し、「NON STOP」で水夏希に驚き・・・

あれ?じゃあ、大空祐飛の名前と顔はどこで覚えたの?

多分、友達とパンフレットをめくりながらおしゃべりしている時に芸名の読み方

の話題になり、「大空祐飛」っていやに壮大な名前だねーーとかいう話題になった

だけ? その頃の写真はまだ小さくて。でも目に特徴がある、不思議な顔立ちでした。

新人公演を見てないので何とも言えませんが、

新人公演時代の扱いは決して悪いとは言えなかったんじゃないかと。

3番手 → 2番手と確実にあがっている感じでした。

大和悠河が躍り出てくるまでは。そして霧矢大夢が組替えしてくるまでは?

いい一時をキープしても、新人公演主役はなかなかやらせてもらえず。

唯一の主役は「WSS」のトニーで大和とダブルキャスト。

この時点から、立ち位置が微妙なムードが漂い始めていたような?

久世星佳時代・・・樹里・成瀬・大和・水・嘉月絵理に押さえつけられていた印象。

   派手な顔じゃないし、何が得意というわけでもなさそうな。でも妙に印象にだけ

   残る人でした。

真琴つばさ時代・・・樹里と成瀬がいなくなっても霧矢大夢の登場で、圧倒的な

    実力に太刀打ちできず。派手な大和と実力派霧矢、そこに上級生の汐美

   真帆が入って来てますます路線から外れる印象。

最初に「大空祐飛ってすごい人なんじゃないか」と思ったのはスカステで

見た「十二夜」

これは大和悠河主演で大空はおじさんの役。

このおじさんが妙に明るくて伸び伸びして可愛いかったのよねーー

素に「5歳児」がいる・・というのが大空の大きな魅力の一つ。

でも私はキザな役が見たかったの。

ノバ・ボサ・ノバ」・・・ボールソは貴城けいのイメージが強くて、なかなか+評価

             出来なかったなあ。むしろオーロタイプでしょ。

黒い瞳」・・・・コサックは非常に似合っていました。この頃からコスプレ専門?

LUNA」・・・前座ボーイは似合ってませんでした。

何でこんなに似合わない役ばっかり。大空の個性とか魅力を歌劇団は

全くわかってないし、わかる気もないんだなあと、当時はイライラしていたかも。

 

 紫吹淳・彩輝直時代

紫吹淳時代・・・汐美真帆とダブル主演した「血と砂」を見に行きました。汐美が

  赤、大空が黒の会服でどどっと登場したファンクラブの人達に圧倒されたのを

  覚えています

  「血と砂」は今DVDで見てもつまらない作品です。大空演じるプルミタスは

  お兄ちゃんに逆恨みして復讐する役だし。

  でも、1幕最初では可愛い弟だったプルミタスが次第に悪役へと変身を遂げ

  兄の妻(?)を誘惑するシーンに至ってはぞくぞくっとして

  「大空祐飛・・これだよこれっ」と心の中で拍手した記憶があります。

  これなら十分トップ路線に入るっ!トップになれ!と思ったけど

  何だかそれっきり?

  「ガイズアンドドールズ」・・・ナイスリーナイスリーなんて一番

            大空で見たくない役。

            すでに下にはスーパー優等生の北翔海莉が・・・

  「長い春の果てに」・・・何で女役?しかも大和・汐美・霧矢・湖月・汐風と

            絶望的な布陣。フローレンスという役は結構にあってて

            可愛かったけど。

  「薔薇の封印」・・・霧矢と大空という対照的な二人は見るぶんには

            面白かったけど、本人にとっては危機感バリバリだったかも。

            ルイ14世のヘタレ弟は中途半端だったけど、ナチス時代の

            ユダヤ人は素敵でした。でもとにかく霧矢大夢様に押されて

            いたし、小霧矢・北翔の躍進も大きくて・・・迷いの中に入った

            印象。

 

 彩輝直時代・・・・きっと焦ったんじゃないかなあ。

飛鳥夕映え」・・・貴城けい・瀬奈じゅん等、ひたすら派手で個性が強い同期に

            囲まれると遠慮?してた?

エリザベート」・・・この頃はコスチュームでしかも王室物が全く似合わず。

 

焦ってた・・・と書きましたが、路線外の割には扱いがよく、そうかといって

路線でもなくというファンにはイライラ。でもそうでない人からすれば

「いい扱いじゃないか」と見えていたんじゃないかと。

(彩吹真央などに比べたらずーーっとまし。上げて落とされた遼河はるひと

比べるとかなりまし)

「ベルばら」のオスカルで特出したり、とにかく完璧に外されたわけではなく

それはやっぱり「大空祐飛」というキャラクターは見捨てられないという

何かがあったんじゃないかと。

その後も延々と月組にいたわけだし。同期がどんどんトップになって

退団していく中で、自分の方向性を見定める時代に入ったわけです。

 

瀬奈じゅん時代・・・同期がトップになったた時点で完璧に

              「路線外に落ちた」と思った時代でした。

              同期を支える立場になって伸び伸びやるのかと思いきや

             そうでもなく、ひたすら霧矢に期を遣い、瀬奈に気を遣いに見えたけど。

でもここで転機となる作品に出逢います。

それは「THE LAST PARTY」フィッツジェラルドの最後の一日」

私は大和版と大空版と両方見ました。

ストーリー的には暗くてイマイチ好きになれなかったけど、大和は大人の魅力を

出した作品として分岐点になったなあと思いました。

上級生の大空が大和と同じ役を同等に出来るのかしら?見た目、やっぱり大和の

方が?とか、心配になりながら見てましたが、私が特に魅力を感じたのは

「父親」になってからのシーン。

多分、大空が持っている「父性的な魅力」がここで開花し始めたのだと思います。

孤独や陰が似合う男役ではありますが、それだけだと沈み込んでしまう大空。

でもそこに父性的な包容力と優しさが加わると最強になるんですね。

パリの空よりも高く」・・・瀬奈時代は作品に恵まれなかったというが

一番ですが、常に敵役は霧矢で大空の役回りは「その他大勢の筆頭」という

感じでしょうか。

この「パリの・・・」は珍しく瀬奈と大空ががっちり組む作品でした。同期同士

ならではの丁々発止のやりとりはあったけど、親密さはどうだったかなあと。

大空が年下の役というのも似合わなかったし(可愛かったけど)

MAHOROBA」・・・コスプレは大空に任せてっ!というくらい

 誰よりも衣装と髪型がきまってました。技術的には霧矢に叶わないけど

大空のおかげでショーに神秘性が出たような気がします。

マジシャンの憂鬱」・・・またまたおちゃらけた役でがっくり。

 

この頃の大空祐飛を見ると、傍目には全く焦っているとは思えず、

「3番手にしてはおいしい立ち位置」をキープしてたような気がします。

このまま組長路線か?いやーーでもまるっきり外すのは勿体無い。

何か一つ「これぞ大空祐飛」という作品に恵まれれば、ものすごく実力を

発揮するのに・・・と思っていた時代。

スターを作り出すのは作品です。

大空の足踏みの原因は、一つは瀬奈じゅんが最終的に月組の中で孤立する

形になって回りを「元花組」で固めてしまったこと。

そして瀬奈じゅん主演の作品に恵まれなかったことですね。

大空自身は「LAST PARTY」と「HOLLIWOOD LOVER」で一定の

方向性は見えてきたような気がしますが、本公演でそれをやらせるわけには

いかなかったんだろうと思います。

それは霧矢とのカラーの違いでしょうか 

劇団は霧矢を選んだという事。

 

だからって、花組に組替えになるとは・・・・・

 

コメント

リーガル・ハイ

2012-06-27 07:07:53 | ドラマ・ワイドショー

 旦那の叔父様が亡くなったので、今日は仙台に行きます。

正確には塩釜です・・・つまり被災地近くって事でしょうか。

あの大震災を乗り越えたというのに。

モラルの低下っていうか、価値観が人それぞれでいいという自由さは

本当に正しいのか?と思う今日このごろ。

 民主党造反者に処分なし?

組織の論理でいえば、造反者がいえば次々処分していかないと

結束の輪が乱れる所、造反者の多さにびびって「処分はあまく」となると

どうなるのかなーーまあ、民主党だから瞑れてくれてもいいけど

 大阪の教職員ら9人が刺青

一昔前なら「非常識」で退職を促されてもしょうがないと思うけど、今回は

「目立たないようにする」事で終わり。なぜって、「刺青をする権利がある」

からだそうですね。

 大阪の市職員親族が生活保護

公務員の親族が生活保護なんてちょっと前なら恥ずかしくていえないし

公務員のプライドにかけてそんな事は出来ないっ と、なる筈が

堂々と生活保護をうけさせる情けなさ。

年収700万あっても親族を扶養できるとは限らないんだけど、自活できない

人たちがそんなにいるという事が問題なのでは?

 リーガル・ハイ 

最終回だから急いだなあという印象がありますが、おおむね面白かったです。

最初の黛とコミカドのやたら上品な会話に目が点になり・・・

その後の展開に「おわっ」となり・・・小池栄子の胸元を見るコミカドに

「ルパンと不二子」を見てしまい。

コミカドのリアルな顔と崩れた顔の両方を楽しめたと思います。

 

で・・・ミキ君の「さおり」ってペットだと思っていたけどフェレット?

つまりねずみか?猫か犬だと思っていたので不意をつかれて

びっくりしたけど、それを真面目に喧嘩の道具に使うミキとコミカドに

大爆笑・・・・それを高笑いする小池栄子に圧倒されました

 

裁判所で最後にイラストを渡す男の人は主題歌を歌っているグループの

人らしい?

 

再放送が待たれるというか、DVDで一日かけて一気に見たいドラマですね。

 

 今シーズンのドラマ  結果は? 

 

 ベスト5

 リーガル・ハイ

 ATARU

 鍵のかかった部屋

 Wの悲劇

 クレオパトラの女たち

 

 主演賞

 堺雅人 (リーガル・ハイ)

 中居正弘 (ATARU)

 武井咲 (Wの悲劇)

 

 助演賞

 佐藤浩市

 

 ワースト3

 37歳で医者になった僕

 カエルの王女さま

 三毛猫ホームズ

 

打ち切りになった「家族のうた」、「クレオパトラの女たち」

打ち切りにならないまでも視聴率が低かったドラマが多数。

全体的に視聴率低迷に泣いた春ドラだったと思います。

脚本家がそれに影響されて、コロコロ設定を変えたり、

途中から何がテーマかわからなくなったり。

多くの人の思惑があってのドラマだと思うけど、それじゃいい作品は出来ません。

そういう意味では好き勝手にガンガン攻めた「リーガル・ハイ」は

すごい作品だったと思うし、「ATARU」もよかったと。

でもそれでも視聴率はよくなかった・・・・と思います。

後々DVDが欲しいと思えるか。再放送に耐えられるか。

それが一番だと思うんですけど。

 

 

 

コメント (3)

夏ドラ、何を見る?

2012-06-26 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 月曜日

 リッチマン・プアウーマン   フジ 21;00

主演・・・小栗旬 石原さとみ

 IT社長と就活中の女子大生の恋。いわゆる「格差恋愛」物。

  何となく韓国ドラマっぽいと感じるのは私だけ? フジだから・・・・・

 

 浪花少年探偵団   TBS 22;00 7月2日ー

主演・・・多部未華子

 未華子ちゃんが教師?(自分が生徒っぽのに)教え子と一緒に

  身近なトラブルを解決? 大阪弁を駆使? 設定だけで不安を覚えるわ。

 

 走馬灯株式会社 TBS 0;20

主演・・・香椎由宇

 人気漫画のドラマ化。サイコスリラーなんだそうで 香椎ちゃんには

   ぴったりかも。

 

火曜日

 息もできない夏  フジ 21;00

主演・・・武井咲

 今や「視聴率がとれる女優NO1」の武井咲ちゃん。

  彼女が演じるのは「無戸籍」の女の子。切ない物語らしいのでストーリーに

  期待。薄幸な役が似合うのは美女だから?

  木村佳乃にも期待

 

 GTO  フジ  22;00 7月3日ー

主演・・・AKILA

 反町君で大ヒットしたドラマのリメイク。何で今?

   しかもEXILEだよ・・・・

 

水曜日

 トッカン  日テレ 22;00 7月4日ー

主演・・・井上真央 北村有紀哉

 税金滞納者の品物を差し押さえする人の話。小説のドラマ化らしく

   期待できそうな雰囲気?

 

木曜日

 ビギナーズ  TBS 23;58 

主演・・・藤ヶ谷太輔 剛力彩芽

 全寮制の警察学校の話。どこかで見たことあるような?印象があるけど

  きっと別物なんでしょう。脇に鹿賀丈史。

 

 VISION  日テレ 23;58 7月5日ー

主演・・・山内優 金子ノブアキ

 殺人現場の映像が見えるモデルと休職中の刑事の犯罪ミステリー。

   現場が見えるなら犯人もすぐにわかるのかしら?

   脚本は飯田譲治。彼はかの有名な「NIGHT HEAD」「ギフト」沙粧妙子」

   を書いた人ですが、最近は「ストレンジャーズ6」というめちゃくちゃ面白い

    ドラマを書いてます 大いに期待かも?

 

 遺留捜査  テレ朝 21;00 7月12日ー

主演・・・上川隆也

 糸川さんが帰ってきた でも今回は捜査一課から月島中央署。

   脇役陣では斎藤由貴、田中哲司が引き締めてくれそう。

 

金曜日

 黒の女教師   TBS 22;00

主演・・・市川美日子 榮倉奈々

 お金を貰って教育問題を解決する教師の話。

   かなりシビアなドラマなのかなと 

 

土曜日

 ゴーストママ捜査線  日テレ 21;00 7月7日ー

主演・・・仲間由紀恵

 漫画のドラマ化。殉職した警官の幽霊が捜査する話。

   まあ、仲間ちゃんにぴったりかも。でも「ママ」って雰囲気、出せますか?

 

 主に泣いています  フジ 23;10 7月7日ー

主演・・・菜々緒 中丸雄一

 漫画のドラマ化。美しすぎるがゆえに男に追い回され、女に嫌われる?

  世の中の女性に喧嘩を売る気かしら?

 

日曜日

 ビューティフルレイン  フジ  21;00  7月1日ー

主演・・・豊川悦司 芦田愛菜

 パパが若年性痴呆症でまたも愛菜ちゃんの涙の演技がみられる?

   脚本を担当したのが羽原大介。「パッチギ」「フラガール」の人だそうです。

 

 サマーレスキュー  TBS 21;00 7月8日ー

主演・・・向井理 尾野真千子

 向井君が医者?それも診療所の?いやはや・・・でも景色が綺麗だろうなあ。

  日曜日に見るにはちょうどいいかも。

 

昼ドラは「ぼくの夏休み」・・・昭和19年にタイムスリップした子供の話。

5日からは「東野圭吾ミステリーズ」・・・唐沢寿明主演で。面白そう。

BSプレミアムでは「王女の男」・・・韓国版「ロミオとジュリエット」主演のパク・シフ

                      がめちゃくちゃかっこいいのです。

コメント (6)

平清盛・ATARU

2012-06-25 11:41:30 | ドラマ・ワイドショー

 美元が所属事務所を解雇されたそうで。

何だかちょっと嬉しいぞ

何で今?高嶋家に配慮?とか書かれているけど、個人的には「人格障害」が

隠せなくなったんじゃないのかと。

「アブナイ・・アブナすぎる性格」にあまり関わると、事件に発展してしまうもの。

それくらい危険人物だと思います。

 

 平清盛 

サブタイトルは「見果てぬ夢」

信西の「宋へ行って宋と貿易して、もっと豊な日本を作りたい」

というのが見果てぬ夢なんでしょう。

身分とか家柄とか関係なく頑張ればいい生活が出来る・・・そんな事を夢みて

それに「賭けよう」と思う清盛の気持ちもわかるけど。

でも、宋だって相当な身分社会だったんじゃないかと

貿易するにはいい国でも、国のあり方を学ぶ上にいい国だったかどうかは。

 

平家

信西の夢に賭けてみようと思う清盛。

由良の方の病気に宋の薬を取り寄せようと言う優しい清盛。

自分の前でびびる頼朝に「平氏が一番じゃ!」とかつて義朝に言われた台詞を

そのまんま返す・・これまた優しい清盛。

そして熊野詣でに。

 

源氏

由良の方の死。

信頼にそそのかされて信西の首を打つ決心をする義朝。

 

という事で、まるで源氏の話がメインじゃないの?と思う回でした

週刊誌によるとあまりに視聴率が悪いので、思い切り松山ケンイチの出番を

少なくして源氏・・すなわち玉木宏の出番を増やそうという企画があるとか。

それを真実と思わせるような回で

平家が主役なのに、今後は源氏が表舞台に立ってしまう?

だからーー日本の場合、史実がわからくて想像をたくましくしすぎると

視聴者が引く傾向にあると思うんです。

(そこが韓国ドラマとの大きな違い)

清盛の生涯で、謎の部分がかなりあるし・・・だったら表舞台に立ってからの

話に重点を置くべきだったんだよね

当時の町並みが云々でコーンスターチたくより、当時の価値観における

清盛を描くべきだったし。

由良が死ぬシーンは思い切り涙で・・・DV夫でも妻が死ぬ時は泣くのか?

でも感動的なシーンになっていたし、義朝が頼朝の話を聞いて懐かしそうに

昔を振り返るシーンも感動したし。

常盤御前に拒まれる義朝も情けなくて可愛かったし。

要するに源氏は描きやすさがあるって事なのか?

脚本家としては清盛より義朝に思い入れがでちゃう?

・・・・・松山ケンイチ・・ピンチ・・・・オダジョーといい勝負になっちゃったかも。

今週の愛原実花さん。

言われてみれば喋り方ですぐわかるのね。

でもまあ・・気品ある喋り方だし。伊達に元娘役トップじゃなかったって事?

 

 ATARU 

 

なかなかに感動的な回でしたね。

最初はお父さんが殺したのか?と思ったら、実は病気だったのね。

あれは事故死で。

という事は捨て山だったわけだけど、遺族は15年経って漸く納得できたわけです。

 

ATARUの「泣いたら前が見えないよ・・・」にもらい泣き。

それから「二度と離れません」にも泣いたーー

ラストシーンで、ATARUが蛯名にねずみのマスコットを渡すけど

沢に悩んでケチャップを渡すシーンにも笑えました。

タモリが出てきたのは「いいとも」つながりかもしれないけど、雰囲気が壊れた

ような気がします。

 

障害と能力と病気の区別」

これがこのドラマの大きなテーマの一つだったと思います。

区別すべきかしないべきか・・・難しい話だけどよく描けていたなと思います。

続編かスペシャルで帰ってきそうですね。

 

 

 

コメント

サンセット大通り

2012-06-24 11:38:42 | ヅカOG その他舞台

公式サイトは   こちら

 

 サンセット大通り 

 

 ストーリーについて

売れない若い脚本家のジョー・ギリスが迷い込んだ屋敷にいたのは

無声映画時代のスター、ノーマ・デズモンド。

彼女は屋敷に引きこもって前時代的な生活を送り、執事のマックスだけが側にいる。

ジョーにノーマは自分が書いた脚本を見せて「手直しして」と命じる。

その頃、仕事仲間のベティがジョーの脚本に興味を示し、書き直しを勧めるが

ジョーは断ってノーマとの生活を始める。

やがてノーマはジョーを愛するようになり・・・でもジョーは束縛されて嫌だ ・・・

ベティが新鮮、ベティが好き・・・嫉妬に狂ったノーマがベティに嫌がらせの電話

・・・それを知ったジョーが激怒・・・出ていきます・・・銃でバーン!

という話です。

 

身につまされるというか何と言うか。

ノーマの年齢は50歳。

かつて無声映画でスターだったものの、時代に取り残されてしまい、

夢とうつつの間をさまようような生活。

今時50歳で年寄り扱いする人はいないでしょうけど、ミュージカルの時代の

中では相当な年寄り扱い

落ちぶれた大女優が若い男に入れあげて捨てられるなんてよくある話ですけど

このミュージカルではそれがなんともわびしくて可哀想で

アラフィフ女性にとっては辛い話だなあと思いました

 

ノーマもジョーも実力のわりにはプライドばかり高くて負けを認められない

性格だし、お互いに寂しくて辛くてしょうがないのにいたわり合う事すら出来ない。

二人とも「自分が」を押し通した結果、殺人事件まで行っちゃったのかなあ。

ベティも最終的にはジョーを理解出来なくてあっさり去っていくし。

誰もがほんの少し「私を大事にしてくれてる」という意識があれば、悲劇は

ふせげたのかも。

 

 安蘭けいには早すぎた?彩吹真央には遅すぎた?

さて・・・最初に登場する大女優・ノーマを見た時、正直

「これ、鳳蘭で見たいな」と思いました。

最初にノーマが階段に立つシーンは、「往年の大女優」オーラをきかせな

ければならないシーンだからです。

ツレちゃんが無理なら麻美れい。歌が・・・というならせめて涼風真世だなあって。

ノーマという50歳・・感覚的には60以上の女性を演じるには

安蘭けいはまだ早いのです。だって彼女、まだ40そこそこでしょう?

一生懸命に大女優オーラを放とうとしていても、無理があるっていうか・・・・・

一番は孤独感が見えなかったこと。

安蘭自身、年とった女優の悲しみなんてまだ理解できないだろうし、

年齢的には限界があり、何かを失うと取り戻す事は容易ではないという

諦め感もない。(だって、今がバリバリな人ですし)

そりゃあ、「MITSUKO」の時よりはましな役柄だけど、何も安蘭であらなくてもなあ。

2幕最初にエステでしわがどうの・・という話もあるけど、腕の細さや美しさを

見ると「嘘ばっかり」に見えちゃいます。

 

ベティは22歳。彩吹真央は・・・・・

すごく上手に演じていましたよ。しぐさとか声とか。

ノーマとは対照的に「可愛らしくて無邪気で屈折してない努力家」な娘で。

でもこれも「大月さゆで見たかったかも」と。

彩吹自身、可愛らしいし屈折してないいい子ですが、でも22歳の娘が持つ

無鉄砲さはないでしょ

ましてノーマと比較対象の娘なら、もう少し実年齢に近い、本当に無鉄砲さや

純粋さを出せる女の子で行くべきだったのでは?

 

 その他の出演者

田代万里生・・・ジョー・ギリス。ほぼ出ずっぱりで頑張っていましたね。

          いろんな所から引っ張りだこのミュージカルスターのよう。

          井上芳雄を若くしたような感じではありますけど。

          歌が上手なのは認めるけど、演技力はないのか?

          性格描写がイマイチだなあと。というのも、1幕の最後の方で

          突き放したノーマが可哀想になってつい・・抱きしめてベッドへ・・

          というシーンがあるんですが、ここは哀れみを感じなくちゃいけない

          んじゃないかと思いますけど、直情的

          2幕最後、ベティに暴言を吐いて追い出すシーンも、本当は彼女の

          為を思ってした筈なのにそんな優しさは表情から読み取る事は

           出来なかったのね。ゆえに、ベティを追い出しノーマにまで暴言を

          吐いてしまって殺されても当然の男になっちゃった

 

鈴木綜馬・・・マックス。マックスはわがままでいまだ過去の栄光から逃れられない

        女優をひたすら庇って尽くしている男。

        実はその昔、映画監督でしかもノーマの最初の夫だったと。

        全てを投げ打って彼女に尽くし、彼女が他の男を好きになっても耐える。

        ずーっと立って見守るシーンが多いんですけど、さすがの存在感。

        歌はすっかり劇団四季で、やっぱり上手だなあと

        ノーマの悲劇はマックスの存在の重要性に気づかなかったことよね。

 

「ロミジュリ」山崎育三郎にも感じた事ですが、若手のミュージカル俳優で

歌えるけど演技が出来ないのが多すぎっ

芸大とか音大とか、そういう音楽の専門学校を出て技術はあるのに

感情がついてこないという事。

四季の若手を引き抜く・・・ってわけにもいかないんでしょうねーー

(宝塚と違って四季の場合は退団してすぐに舞台には立てない。

ジャニーズ方式ですもんね)

田代君に感じた物足りなさが何とも残念でしょうがないのよ。

歌う事とミュージカルは別物なんだから。

かといって演技力をすぐにつけろといわれても、こればっかりは才能が・・・・

日本におけるミュージカル俳優の層の薄さは問題ですよね。

終演後、トークショーがありました。

安蘭けい&彩吹真央。

二人は上手から手を繋いで登場

万事控えめに行動するゆみこちゃんを見ていると

「この人って本当に永遠の二番手なんだなあ」と思います。

二人とも「納豆卵かけご飯」が好きで・・・とか、一緒に焼肉屋に行ったとかーー

まあ、本当に仲がよろしいことで。

ノーマからみたベティは?と聞かれて

若い。だから自分の事しか考えてなくて・・・」と安蘭が答えると

その台詞、そっくりそのままお返しします」とゆみこ。

上級生と下級生の会話だよーー

 

安蘭は太れない体質のようで、それなりに悩みだとか。

星組の「プラハの春」の時、骨が浮き上がっているような激やせ状態だった

時がありますが、以来って事かなあ。

冷え性だったり、色々女性としては不都合が多い部分もあるのではと心配に。

一方のゆみこちゃんは「私は太りますよ」ってあっさり・・・

この方は健康体なんだわね。

「永遠の二番手」ゆえ、組んだ相手がみんなトップさんになって

お仕事に呼んでくれる・・恵まれてるかもしれませんね。

でも、この二人の歌唱力があれば帝劇を感動で一杯にする事も可能でしょうに。

赤坂ACTも見やすくて好きな劇場だけど、格式ばっかり高い帝劇は

一体何をしたいの?とひとしきり・・・・

 

 

 

 

コメント (2)

皇太子殿下の文書回答

2012-06-23 09:03:41 | 皇室報道

 今まで外国訪問時には記者会見をしていたのに、とうとう文書回答。

何でもサウジ訪問とか斂葬の儀とかスケジュールがタイトだったからという

理由らしいですが、普段、暇なんだし(17日なんかウイーン少年合唱団しか公務

ないし)全然理由になりません。

さらにここには記者団を馬鹿にしているというか・・・そんな風に見えるきざしも。

 

 3カ国の印象と抱負

この度,メコン河流域のタイ,カンボジア,ラオス3か国を公式訪問できることを

大変うれしく思っています。

御招待いただいた3か国政府にそれぞれ心からお礼を申し上げます。

学生時代の昭和55年に初めてタイ国を旅行して以来,

この地域には親しみを感じてきました。

特にタイについては,昭和39年以来,幾度か訪問されている天皇皇后両陛下から

折に触れてお話を伺い,また,両陛下のお招きで東宮御所を訪ねられた

タイ王室の方々とお会いする機会などを通して,両国の関係がいかに

歴史のある深いものであるかを学んできました。今回の私の訪問を契機に,

我が国とこの地域との絆(きずな)が一層深まることを期待しております。

また,タイの国王陛下には,御入院中でいらっしゃるにもかかわらず,

王妃陛下と御一緒にお会いする機会をお与えいただき,

大変有り難く思っております。

あわせて,この機会にタイ王室の皆様とも旧交を温めることができれば幸いです。

昭和55年のタイ国訪問では,故石井米雄京都大学名誉教授に同行していただき,

バンコクを始め,スコータイ,アユタヤといったタイ王朝の歴史の舞台を巡りながら,

タイの歴史,文化を学ぶことができ,とてもよい経験になりました。

スコータイ郊外で,日本でも江戸時代の茶人に珍重された宋胡録焼(すんころくやき)の

窯址を見て,日本とタイとの交流の歴史に思いをはせたことも懐かしく思い出されます。

タイは日本とのつながりが取り分け強く,日本とゆかりのある現地の方々や

在留邦人の方々も,特に多いと承知しております。

今回の訪問中に,こうした二国間の交流に尽力された方々や,

特に東日本大震災に際し支援やお見舞いを頂いた方々と直接お話しし,

感謝の気持ちを述べたいと考えています。

 タイ王室やタイ国民と親しくされているのは秋篠宮殿下です。震災の日だって

  その日の朝にタイから帰国したばかりでした。

  また、秋篠宮一家はタイに公式訪問して王室と親しく交流しているし、王様からも

  実の子のように可愛がられています。

  秋篠宮は日本の皇太子と思っている国民も多いでしょう

  なのに、昭和39年の話や昭和55年の話を持ち出す皇太子。

  「弟が大変お世話になっており」とか「秋篠宮が研究の為に度々お邪魔し」

  とか言う台詞が一切ない・・・・・ ここまでタイと親しい弟を無視するって・・・

  異常ですね。

  王室との関係だって、シリントン王女は秋篠宮の結婚式に参列。その姉君も

  来日した時に会うのは秋篠宮だし・・・・

 

カンボジア,ラオスについては,いずれも初めての訪問となります。

カンボジアは,シハモニ国王陛下やフン・セン首相に訪日の際にお目にかかり,

我が国との長きにわたるつながりや,長い内戦を経た,和平,復興への

道のりにつきお話を伺う機会を得たことを思い出します。

今回の滞在中,カンボジアにおけるPKO活動中に殉職された方と

国連ボランティアとして選挙支援に従事し殉職された方の慰霊碑に供花し,

我が国国民がカンボジア和平のプロセスに果たしてきた歩みに思いを

致したいと思います。

また,この機会にアンコールワット遺跡を訪問し,カンボジアの誇る世界遺産の修復,

保存に尽力してこられた日本の研究者のお話を伺うことにも大変関心を

持っております。

この他,アンコール王朝は,大きな貯水池を築き,周辺の田畑に水を

行き渡らせるべく様々な工夫を凝らしたと聞いています。

人と水との結び付きの歴史に関心のある者として,今回実地に見聞できればと

思っています。

 慰霊碑に供花する以外は観光目的で行くように聞こえます・・・・

 

ラオスについては,今回お会いするチュンマリー国家主席,

トンシン首相には,訪日の際にお目にかかる機会がございました。

ラオスは,我が国が青年海外協力隊を最初に派遣した国と聞いており,

今回の日程の中でも,日本とラオスの協力の懸け橋となって活動する若い方々に

お会いすることや,日本の支援で建設された武道センターで,

日本人の指導の下,武道を学ぶラオス人の方々と触れ合う機会が予定されている

ことは楽しみです。また,世界遺産であるルアンパバーンは大変すばらしい

古都であるとのことであり,歴史を感じながらじっくりと視察できればと思います。

次に,今回の3か国に共通して私が思っていることを3点ほど挙げてみます。

第1に,それぞれの国の「歴史」,それぞれの国と我が国との交流の歴史につき,

今回の訪問を通じて思いをはせたいと考えています。

アユタヤの日本人町に象徴されるように,この地域は,それぞれ長きにわたる

日本との交流の歴史があり,またそれぞれの国が独自の文化を発展させてきています。

日本との関係を語るに当たって,タイ,カンボジアについてはそれぞれの

王室との関係も重要な要素の一つであると考えております。

今回の3か国訪問に当たり私として精一杯務めを果たすことで,

こうした長い国と国との友好関係の増進に少しでもお役に立てればと思いますし,

私自身,この地域の発展や日本との絆(きずな)を学ぶ良い契機に

なればと楽しみにしております。

第2に,この地域の「水」をめぐる問題について,考察を深めたいと思っております。

3年前のベトナム訪問の際,メコン河がこの地域をつないできた役割に

つきいろいろと学ぶことができました。

 友好関係の増進と学ぶ機会を・・・という一文に、今回の訪問がいわゆる

  「外遊」的な要素が強いという事がわかります 海外旅行・観光旅行

  という事でしょうか?政治的な裏がありそうで。

今回訪問する3か国もそれぞれメコン河流域の国として,いわば河と

共存して発展してきた国々であり,ラオスにおいては,メコン河を下りつつ,

この河の果たしてきた役割,ひいては今回訪問する3か国を始めとしたメコン

地域全体のつながりについて理解を深めたいと思います。

水と災害という観点では,昨年秋に起こったタイの水害について,

今年3月にマルセイユで行われた第6回世界水フォーラムの際に準備しました

ビデオメッセージにおいても言及いたしました。

多大な損害をもたらした水害から立ち直りつつある現在,

タイ政府始め関係者から,改めて当時の様子や,その後の対策などについても

お話を伺い,世界の水災害の8割を占めるアジア地域におけるこの問題へ

の対応の仕方などにつき考えてみたいと思います。

 要するに「水の研究」が大きい目的といいたい所でしょうが、日本でも水害は

  大きい問題になっているし、そういった所を一度も見ないでいきなり

  タイの洪水かあ・・・と国民は思うのです。

第3は「人」との交流です。今回,それぞれの国で交流の

最前線に立たれている方々とできる限り多くお話しし,

一人一人の方が国と国との関係強化に果たしてきた役割に敬意を表するとともに,

その労苦をねぎらいたいと思います。また,3か国の若い世代にとって,

今回の私の訪問が日本についての関心を深める良いきっかけとなってくれれば

うれしく思います。

 

 雅子妃が同行しない件

御質問にありましたとおり,雅子は,体調に波はありますが,

様々に工夫をしながら徐々に活動の範囲を広げてきております。

これからも焦ることなく,体調を整えながら,可能な範囲で少しずつ

活動の幅を広げていってほしいと思っております。

皆様におかれましては引き続き温かく見守っていただければと思います。

今回の3か国訪問については,移動距離,訪問期間,訪問中の諸行事などを

総合的に勘案し,お医者様とも相談した結果,

私一人で訪問することとなりました。

今回,各国政府から御招待を頂いたことを雅子も大変有り難く思っており,

お伺いできないことを,私はもとより,雅子も残念に思っております。

 あまりにも定番な一文にうんざりですが。やっつけだと思うのはここです。

今年の誕生日 → 健康の回復を最優先にして,体調を整えながら,焦ることなく

             徐々に,活動の幅を広げていってほしいと思っております。

20年の誕生日 → 負担の少ないところから活動の幅を広げることが

              治療のために必要とのお医者様の見解をご理解いただき,

20年・雅子妃の誕生日 → 公務も少しずつ幅を広げて行うことができるように

                   なったように感じております。

その前の年もその前も・・・・「活動の幅」という事場を連呼して今にいたります。

移動距離云々はドイツ訪問か何かと時とすっかり同じ文章だそうですし。

要するに皇太子は自分で文章を書いていないという事ですね。

結婚20年目、静養10年にも及ぶ中で繰り返される「活動の幅」「温かく見守れ」

これって、いい加減国民に失礼だと思わないのでしょうか?

 

 タイでは男性王、イギリスでは女王。

これらのことから日本に女性天皇が必要だと思うか。

今回訪問いたしますタイ王室と我が国の皇室とは長きにわたる交流の歴史があり,

両陛下も,最近では,平成18年に国王陛下御即位60周年記念式典御臨席のため

御訪問になっておられるなど,何度か同国を御訪問になっておられます。

また,英国についても,先月女王陛下の御即位60周年午餐会に御招待を受け,

女王陛下を始めとする英国王室との絆(きずな)を深められました。

今回の私のタイ訪問の際,国王王妃両陛下を始め王室の方々におもてなし

いただくことを大変感謝しており,今回の訪問を機にタイ王室との関係が

更に深まることとなれば幸いです。

私は,以前から,それぞれの王室の方々がそれぞれの国の置かれている

状況の中で活動されているとお話ししてきました。

お尋ねの趣旨は各国の制度に関わる事柄ですので,私の立場から何か

申し上げることは控えたいと思います。

 確かに平成18年、両陛下は行かれましたよね。でも、その前後には秋篠宮

  が・・・というのは一切無視?

  タイで「プリンス・アキシノはいらっしゃらないの?」って聞かれたら怒るのかしら?

 自分の訪問が王室の関係によい影響を及ぼすとでも本気で思ってるのでしょうか?

  何となく傲慢な感じがして好きじゃないですね。

  絆が深まれば幸い・・・という言い方ではなく「絆を深められるよう努力します」と

  言えば謙虚なのに。

 皇位継承の件は毎回「差し控える」ようですが、一言「わが国は男系だ」と

  いえばすむことではないですか?

  それを言わないから「愛子女帝を画策している」と思われるわけで。

 

 アジア3カ国で何かやらかすんじゃないかと・・・・

 

コメント (8)