ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

山本太郎 陛下に手紙を手渡し

2013-10-31 16:53:17 | 皇室報道

 とりあえず速報。

 31日。園遊会。両陛下が列席者の所に出る直前、山本太郎議員が

   白い紙を手渡し。

 内容は不明。

 山本太郎事務所

個人的な思いを書いたものを渡すと聞いていた。中身は言えない」

 「子供と労働者を被爆から救って下さるよう、力をお貸し下さい」

   だった?

 

こういう事、していいのでしょうか?

側にいる侍従達は何をしてるの?笑ってないで即、止めなさいよ。

陛下に手紙を渡した瞬間、皇后陛下は天皇陛下の腕を引っ張っておられます。

異例の行動に危機感を感じられたからでしょう?

 

山本氏の事務所は、こういう事をやると知っていて止めなかったんですよね。

どこまで非常識で無礼なのか。

心の底では両陛下を敬っているわけではないのに、自分の要求を通そうという場合に

だけ「権威の象徴」として利用する。

陛下も一瞬「?」だったけど、すぐに侍従に手渡しされたといいます。

無論、書かれている内容も問題だけれど、こういう事をさせた宮内庁や政府も問題です。

 

いつぞや、国会で民主党議員が秋篠宮に対し暴言を吐きました。

その時も殿下は黙っておられた。宮内庁は反論せず。

その前に、陛下は小沢の圧力に屈し習近平と会った・・・という経緯もあります。

皇室というのは、敬う人がいなくなったらただの「権威」でしかなくなる。

少しずつカリスマ性が失われていくさまを見せつけられるのは辛いです。

 

それにしても山本太郎・・・彼には中核派がついてるって?

そんなのが園遊会に出席?国会議員だから?

国民はこんなめちゃくちゃな人を当選させる程愚かでした。

紀子妃バッシングもむべなるかなですよ。全く。

宮内庁と安倍総理。それ相応の対応があるんでしょうね。

 

  その後・・・・全容が明らかに。

 山本太郎氏、午後5時から会見。

 手紙を渡した真意「現状をわかってほしかった」

 記者 「皇室の政治利用ではないか」

   山本 「手紙を書くことの何が政治利用ですか?」

 「子どもたちの未来が危ないんです。健康問題も出ています。

    また労働者も、酷い労働環境の中働かされています。

    この手紙に実情がありますので読んでください」と言って渡し、陛下は無言で受け取った。

 「常識的には失礼に当たるかもしれないと思ったが、禁じられているとは聞いていなかった」

 「もちろん陛下は聡明な方なので現状をご存知とは思うが、この国に生きるものの一人、

    政治家である以前に人間としてこの国がどうなっていくかを憂い、

    陛下に対し真意を伝えたいという思いがあふれてしまった」

 「(被曝問題は)立場、身分を超越して、この国に生きるもの、この星に生きるもの、

    生命体の1つとして向き合わなければいけない問題だと思う。

    だから僕自身がお伝えできることはお伝えした」

 「どうレッテルを貼って貰っても結構」

 手紙を書いて渡す事が「政治」なんだよ。わかんないの?山本太郎

 失礼な事は禁じられてるの。わかんないの?山本太郎

 なぜ陛下に?そこが「政治利用」だろうが。わかんないの?馬鹿じゃないの?

 この星に生きるものだ?生命体だ?まるでポッポ兄と同類。

   一緒に宇宙へ飛んで行け

山本氏は先日も伊豆大島まで行って、救助活動する自衛隊員を前に

人を殺したいから自衛隊に入る人もいるんだろう」と発言し、ネットが炎上したばかり。

日教組による左翼教育の結果がこれ。

「天皇も人間だ。俺たちと同じ人間なんだ。だけど一応日本で一番偉い人なんだから

手紙を渡して読んで貰って原発ゼロに向けてGOだぜ」ってな感じですか?

精神的におかしいと思います。

カルト集団にでも入ってるのかしら?「新撰組」に出てた時は応援してたのに。

全く・・・・・ 天罰が下りますように。

 

園遊会の写真です。皇太子が引っ込んで見えるのは私だけでしょうか?

 

コメント (27)

殿下へ

2013-10-31 10:00:01 | 皇室報道

 宮内庁・・・新潮の記事に対し、訂正要求なしですか?

雅子妃は本当に幸せな方ですね。ちょっとバッシングされただけで、東宮大夫が庇い

夫である皇太子が「本当によくやっている」と庇い、両陛下は「お喜びになった」と庇い・・・

週刊誌では毎週「バッシングに対する抗議」とも受け取れる連載をしてくれ。

ご両親も古巣の職場も総出で庇ってくれる。

外に出れば沿道には必ず「おっかけ」「声かけ隊」がいて人気ぶりをアピール。

テレビはすぐに「〇年ぶりのご公務」と報道し、コメンテーターは「よかったですね。相変わらず

美しい」と褒め称えてくれる。

おまけにお嬢さんは偏差値72で東大志望とか?

日本中見渡してみても、こんなに恵まれて幸せな女性は他にいないでしょう。

それに比べて紀子さまのお気の毒な事。

どんなに惨くて失礼千万な事を書かれても宮内庁も両陛下もスル―。夫は一切庇ってくれず

毎日の忙しい公務の日々はほとんど報道されず。

ご両親は「皇族になられたのですから」と助け舟なんてとんでもない。

まるで丈夫なだけが取り柄のように働かされ続ける・・・・・・いつか聖断が、いつか八百万の神様が

いつか誰かがいつか天罰が・・・とむなしい期待すら許されず。

「努力は報われる為にするものではない」とご自分に苦行を強いる日々。

世間に誤解されても評価されなくてもいわれのないバッシングを受けようとも防護壁はなく。

日本中見渡してみても、こんなにお気の毒な女性は他にいないでしょう。

秋篠宮殿下。殿下はご自分に「愛人」報道があった時は、ちゃんと抗議されたでしょう?

なのに、悠仁親王が生まれる直前に「何でオランダ静養前夜に入院するのか」なんて

書いた雑誌には抗議せず、さらに今年は文春に今一度同じ事が書かれても抗議せず。

数々のいわれのないバッシング記事にも抗議されず。

「皇族たるもの、一々反論するのは下品だ」とお考えになっているのかもしれませんが

世間というのものは、案外いい加減で信用がならず、間違ったイメージをそのまま信じ込む

愚かさを持っているものです。

いくらご本人達が「自分達がそうでないのだからいいのだ。いつかわかってくれる日が来る」

と思っていると結果的にバカを見る。悪いイメージはそのままに残るという事を

知って頂きたいのです。

政治でいえば中・韓の動きがまさにそれです。

事実無根の事をさも「事実」であるように莫大なお金をつぎ込んで報道された挙句

日本が今どんなに苦境に陥っているか。

真実はいつも一つ」なんて言ってる間に慰安婦像を建てられ、教科書では反日を教え込まれ

ありもしない虐殺記念館を作られる。

今、秋篠宮家が蒙っている現実は、まさにこれなんですよ。

まず、一番身近な存在である「家族」が守らずして誰が守りましょうや。

予算・人材等何とかしてほしいと言っているのは妃ではない。自分である」と

おっしゃって下さいまし。

陛下ご入院の折の見舞いの一件も「不本意であった」とおっしゃって下さいまし。

殿下の口から東宮家に振り回されている現状を伝えて貰わなければ気づかない国民も

多いのです。もう、口に出したっていい頃です。

言いたい事があるなら妻ではなく自分に言え」とおっしゃって下さいまし。

常に正しい事をされているという自信とご自覚があるのならば、その事をきっちりと

国民の前でご発言下さいまし。

もし、妃殿下が心労でやつれたり、倒れたりしたらどうなりますか?

お子様方の心の中に「闇」を作る事になりますよ。

両陛下も皇太子殿下も心の奥底では「皇室」「天皇制」というものに疑問を抱いている。

・ 昭和天皇は戦争責任をとっていないのではないか

・ 旧皇族や旧華族はその血筋だけを誇りにして美智子妃をないがしろにした

その反発がワーカホリックを生み出し、必要以上に国民の側に降りてくる結果になった。

そうやって疑問と贖罪の日々を送る両陛下の元でお育ちになった皇太子は

自分に求められるものの大きさに立ち向かう事が出来ず、楽な道を選んだ。

それが、肩書ばかりで中身のない女性との結婚。その実家に持ち上げられての今の生活。

皇太子殿下がそのような女性を選び、殊更に天皇家の「特権」にしがみつくのには

理由があります。

それは、まさに母君を貶めていた「血筋」への対抗心です。

彼には「恨」があるのです。本人も気づかないうちに心の中に染み込んで浮き上がった

恨みと仕返しの気持ちが。

思えば両陛下が皇太子の結婚を許した背景にも同じ気持ちがあったのかもしれません。

という事は現状の皇室を作り上げたのは他ならぬ両陛下であり皇太子であったと。

 

殿下は誰よりも昭和天皇に近い方でしたね。

殿下が昭和天皇から学んだ事、それすなわち真実の「帝王学」であると思います。

天皇家という青い血に疑問を持ってはならない事。皇族には皇族の役割がある事。

それが神事であり伝統の継承であり皇統の継承である事。

殿下がご結婚された相手は確かに民間の方でした。

けれど、「学習院」という、いわば皇室の最後の藩屏たる世界から同じ価値観を持った

女性を選んだ時点で、それはもう美智子妃や雅子妃のような「民間」ではないと思います。

黒田清子さんも同様です。

そこに生まれた2人の内親王と悠仁殿下は、誰よりも青い血を持っている方々なのです。

だからこそ、この純粋な3人の御心に闇を作ってはいけません。

ご自分の生きている世界に懐疑的な気持ちを起こさせてはいけません。

神道のあるべき道は「なぜ」ではなく、「ただお仕えする」という気持ちだといいます。

皇族が皇族であるという事も同じではありませんか。

殿下は2代に渡って「なぜ」という疑問を生じさせてしまった皇室をあるべき道に戻す

役割を担っています。それは、ご自身が表舞台に立つ事であり、世継ぎの親王殿下を

立派にお育て申し上げ、国父とされる事です。

天皇とはそこにいるだけでありがたい存在でなければなりません。

無私、無欲の清浄なる存在でなければなりません。

過去にどんなひどい天皇が出てきても、この最後の砦だけは守ってきた・・・ゆえに125代も

続いて来たのであり、あの戦争でも滅びなかった所以です。

 

今、殿下が紀子妃に対するバッシングを無視する事は、お子様方の心に闇を作ります。

「なぜ」と疑問が生じます。そしたら悠仁親王はどうなりますか?

「自分の教育の為に苦労された母君を貶めたのは誰だ」となり、自分でも自覚のないままに

復讐の道を歩むでしょう。

繰り返してはなりません。

多用な価値観の中、日本は今「日本人とは何か」という事をもう一度考えようとしています。

日本人の美徳、日本人らしさをもう一度見直そうという動きがあります。

その一番最上階にいらっしゃるのはやっぱり皇室であると。

その皇室が率先して伝統破壊やモラルハザードを起こしていいのですか?

皇室がなくなってもいいと考える国民も多いでしょう。

成程、世界では王室がどんどん消えています。

日本だって皇室が無くなってもなんら困らないかもしれない。

でも。

失ったものは二度と返ってこない事をしった時、日本は本当の意味で解体されてしまうでしょう。

だから皇室は残らなければ。国家の安泰の為に。

 

だからどうか。今回のバッシングを見逃さないで頂きたい。

 

 

コメント (17)

紀子妃いじめ・・・国民は何が出来るか

2013-10-30 13:44:13 | 皇室報道

 農業担い手サミットで石川県にいる皇太子ですが、サミットが始まる直前に雷雨

だそうで。冗談のようなほんとの話。

さて、レポするのも嫌なのですが、今回の新潮の記事は何等かの意図的な大きな力が

働いている結果のものと考えます。

怒りや失望と同時に情けなさと不甲斐なさに身もよじれる思いです。

20年前、皇后バッシングがひどかった時、国民は何もできませんでした。

それが小和田家側が仕組んだ事と知らなかったからです 

まさか皇太子妃の実家が記事をねつ造してまで、他人を貶めるなんて思わなかったから。

でも、20年後の現在、国民は小和田家のやり口を十分に知った筈です。

両陛下の水俣訪問を「くまモン」にすりかえ、両陛下の訪問によって皇太子妃が水俣から

解放されたかのようなイメージのすりかえを行っている事を。

そして友納尚子氏作「プリンセス雅子妃物語」においては言い訳と正当性の主張をしている事を。

そういった事を元に考えると、今回の記事はまさに、20年前の皇后バッシングと同じ方向性で

来たやり口なんです

彼らの目的は何か。

ズバリ「紀子妃を倒れさせること」です。

何の為に?

ズバリ「これ以上目立つな」でしょう。

かつて江頭豊氏がユージン・スミスに行った事の再現。血は争えないとはこのこと。

チッソの孫はやっぱりチッソの孫だった・・・・・ 

 

友納などという、文章力もなくねつ造ノンフィクションを書いても十分に原稿料が貰え

雑誌に書いているという肩書がつき、プロとしての信頼性を勝ち取っている人間がいる。

一方で、何をどう書いても「ネットウヨの戯言」「韓流おばさんのたわごと」で片づけられる

自分がいる。無力さに打ちひしがれていますが、彼らの目的「紀子妃を疲弊させて黙らせる」

戦法を容認する事は出来ません。

20年前の皇后陛下のように、声を失われる事でしかバッシングを止められないなどという

事はあってはならないのです 本来なら、今こそ筵旗を東宮御所に立てるべき。

宮内庁は何もせず、両陛下も助けず、政府が小和田に頭があがらない・・・なら

秋篠宮家を守るのは国民ではありませんか?

 

 週刊新潮 ご不満「紀子妃」についた不敬なニックネーム 

(赤字は小和田風言い回しの嫌がらせ言葉)

 1990年に設立された秋篠宮家。紀子妃は一貫して皇后をお手本として

  「皇室への過剰適応」とうけとられかねない振舞をしてきた。

 この所、紀子妃につく冠言葉に「過剰適応」というのがあります。

   これは「適応障害」と同じくらい新しい言葉で意味不明。

   なぜなら適応する事に「過剰」などという事はないからです。

   「馴染む」「学ぶ」「場に応じた行動が出来る」事に過剰も何もないでしょう?

   妃殿下としての「プライド」を差しているのだとしたら、これまた「過剰」なんて事はない。

   紀子妃は秋篠宮として23年のキャリアを持っているのですから。

 悠仁親王の誕生により、皇位継承者2名を擁する家として想像を絶するような

   プレッシャーがかかった。

 東宮家に「もうあらたな家族の誕生はない」という話があり、そのあたりから紀子妃の

   感情の発露が増えた。

 2011年あたりからこういう話が出てきたという事ですが、東宮家に第二子が出来ない事は

  愛子内親王誕生直後からあった話。ゆえに悠仁親王が生まれたのではありませんか?

 

 「ご公務の際などには、にこやかでおっとりしたお話し方でおなじみですが

  実際の妃殿下は正反対です。

   宮邸に詰める職員に対してはいつも早口で次々とご用件をまくしたてられ、

   指示が出される場には張りつめた空気が漂っています」

 仕事場に張りつめた空気が流れるのは当然の事では?

  紀子妃は「秋篠宮家」のマネージメントをしているわけで。遊んでいるわけではない。

  用件の一つ一つが相手のある仕事。営業職と秘書職が一緒になっているようなものでしょう。

 

 宮邸の職員からも未来の天皇が宮家から出るのですよ」とささやかれ

   紀子妃の「豹変」に拍車がかかっていく。

 誰だよ・・・そんな不遜な事を言う職員は。っていうか、誰が見たの?その現場。

 

 「妃殿下からは、ご不満のお言葉が多く寄せられるようになりました。

  宮家に割り当てられた予算が実情に見合っていない。こうした現状を「どうにか変えて

   貰いたい」という内容がもっぱらでした」

 妃殿下が誰に対して「ご不満」を言っているのかが不明です。新潮には

  「宮邸における事務方のトップである宮務官やオクを取り仕切る侍女長を通じて 

  繰り返し要望されてきた」とありますが、その先はどこなのか書いてない。

  当然、ご不満の先は「宮内庁」でしょう?

  繰り返し要望を伝えて来たのに、一切関知して来なかった宮内庁の責任問題では?

 確かに東宮職はそのあたり、一枚岩です。

  どんな無謀な事でも雅子妃の為なら要求を通す権力を持っているので

  (運動会に国家公務員が時間外で席取りをするとかー大野医師を利用して「体調の波」

  と「妃殿下の強いご意思」を使い分けるとかーーオランダへ2度も行けるとか)

 要は「長いものに巻かれろ」体質の宮内庁が秋篠宮家の要求を却下し続けているという事ですね。

 正当な不満じゃないの?

 

 人員の配置についても、折に触れ、幹部職員に「優秀な人材をもっとつけて欲しいのに

  なぜできないのでしょうか」といった、

  およそ一朝一夕には叶いそうにない訴えをなさっていました

  ですが、独特のしきたりを有する職場にあって、最初から宮家の仕事を十分にこなせる

  即戦力を望まれているのならば、それは無理なお話でしょう」

 公務員は「清く正しく平和に」という「ダンダリン」を彷彿とさせる話ですが、

  「優秀な人材を配する」事が一朝一夕にかなわない程宮内庁は人材不足なのですか。

 悠仁親王が生まれて7年。7年あったらどんなおバカでも戦力になる筈。

  それとも宮内庁に入る国家公務員は戦力にならない・・・仕事が出来ない人達の集まりなの?

  

 内廷費(両陛下&東宮家)=3億2400万

   秋篠宮家(5人家族)=6100万

 両陛下&東宮家 = 医療費・電話代・交通費・御料牧場の食材・・・無料

   秋篠宮家 = 医療費10割負担

            電話代・交通費全て自腹

            御料牧場の食材・・全て定価で有料

 宮家の公務システムは、交通費や宿泊費等が自腹になるので、公務が増える程赤字になる。

  東宮家の外出公務=週に1日程度

  秋篠宮家の外出公務 = 週に3日から4日

  予算が多くても外に出ない東宮家と、自腹でお金がかかるのにあちこちから

  「来て下さい」と頼まれる秋篠宮家。無駄遣いをしているのはどっち?

 

 東宮職 =50人+宮内庁所属東宮職職員10人=60人

   秋篠宮家=19人

 愛子内親王の養育係 → 4人 (さらに造型と書道の先生つき)

   悠仁親王の養育係 → ゼロ

 

 悠仁さまのご誕生前とはうってかわり、ご一家を警護する皇宮警察の担当者らにも

  めっきりお声掛けをなさらなくなりました。ツンとした感じで、おっしゃることはご自身の

  ご要望と苦情ばかり。意外なことに、雅子妃の方が、まめにご自身の担当にお言葉をかけ

  和やかに懇談されているほどです(宮務関係者)

 どんな声をかけられたいのですか?「・・してくれたっていいじゃないか」的な恨み言は

  韓国ドラマによくある心理風景。

  「自分が大事にされていると思えないと悲劇的な感情になり恨みに繋がる」って事ですか。

  忙しいんだから警護の人に一々「御苦労さまね」と言ってる暇がないんじゃないの?

 皇宮警察に要望と苦情ばかりというのは考えられません。言ってもしょうがないでしょうに。

 雅子妃が声をかけるのは、イケメンの皇宮警察官だけでしょう。それに暇だし。

 

 悠仁さまが小学校に入られたあと、妃殿下のお変わりようは顕著になりました。

   妃殿下はご家庭で悠仁さまに習い事をさせたいというご意向をお持ちで、そうした

   方針を巡って殿下とたびたび話し合いを持たれてきたのです。

   殿下は「そこまで詰め込まなくても子供はある程度自分で育つのだから」とのお考え。

  これに対し妃殿下は「もう少しちゃんと考えて下さい」といったご不満を口にされています

  (秋篠宮家関係者)

 「ご家庭の習い事」というのは、ピアノとか水泳とか・・・ではなくて文脈から見ると

  「進学塾」のような意味ですね。

  今時1年生から塾通いは当然の流れ。学習院のように完全エスカレーター式ではないし

  保護者も学習院の時みたいにおんんびり構えてはいないと思うので、紀子妃の焦りは

  理解できます。

 ご夫妻の間には「すきま風」が吹き始め

   「職員らを交えたごく身内の集まりの場で、殿下がおっしゃった事を、そばから

   妃殿下が「それは違うでしょ」とぴしゃりと否定なさる事があります。

   以前であれば考えられなかった光景なのですが・・」

 結婚して23年も経てば強くなりますよ。妻は。

 その場で直さないと、困るのは殿下・・・という意味もあるのでしょう?

 

 疲弊した職員や皇宮警察の一部には、妃殿下のお名前の「紀」を「のり」と

   読んでひそかに「のりぴぃ」などというニックネームで呼ぶ者もいるくらいです。

 不敬だけれど・・・・・ネットや一般家庭で「あの雅子が」とか「ドス子が」とか呼ばれている

  のに比べたら可愛いニックネームじゃない?と思います。

  真名を呼ばないという礼儀だけはわきまえている時点で。

 

 将来の国母という御立場ゆえのお振舞に相違ないのだが、そうした独自の

  「帝王教育」も現状では空回りの感がいなめない。

 家庭で習い事させる事が「帝王教育」なんですか?(笑)

 

 悠仁さまのお世継ぎが確実となり、妃殿下のお立場が変わって周囲への

   対応まで一変してしまった事で、陛下はかつてのお振舞とのギャップを感じ

   行く末を案じておられます。

   妃殿下がご家庭での教育をあたかも「帝王教育」であるかのようにとられて

   まい進なさり、実際に悠仁さまに施されている状況をご覧になるにつけ

   強いご懸念を示されている。

 そんなに強いご懸念があるなら、人材配置して「ご学問所」の設置でもなさっては・・・

  教育を嫁に丸投げして口だけ出す両陛下ではないと思いますが。

 

 帝王学とは、陛下や皇太子殿下のように、実際に学んだ方でなければ伝えられないもの。

  つまりはいかに「過剰適応」なさろうとも、カバーしきれない領域なのです」

 帝王学と「帝王教育」は別物。帝王学を授けられた皇太子があの程度のていたらくなら

   そんなもの受けずとも立派な天皇になるでしょう。

 「皇后バッシング」が起こった理由

20年前といえば、雅子妃が入内したばかりの頃でした。

実は成婚当初から雅子妃は「皇太子妃失格」でした。

公務で居眠りしたり、社交と外交をごっちゃにしたり、しきたりを守れなかったり。

いずれ早晩「雅子妃は皇太子妃失格ではないか」という話が出てくるだろうと小和田・外務省は

画策し、皇后をやり玉に挙げる事で国民の目をそらしたのでした。

・ 皇后は御所で強い権力持ち、「女帝」と呼ばれている。

・ 天皇は皇后のいいなり。

・ 皇后は夜中にカップラーメンを作らせたり、夜勤の女官を酷使する

等々、あとから見れば全て雅子妃の行いのスライドでしかなかったのですが、「内部告発」という

形をとり、週刊誌を散々巻き込んで大騒ぎに。

皇后陛下は国民に対して異例の「抗議」をして、59歳の誕生日に御倒れになり、声を失われた。

この事によってバッシングはおさまったものの、その後、秋篠宮のタイに愛人説など、

「火のない所に煙がたった」

以後、秋篠宮家はマスコミの表舞台から消える。

 

 秋篠宮家の現状

・ 皇位継承権2位と3位を擁する家

・ 秋篠宮殿下の総裁職 → 11団体

                   皇室会議予備委員

                   3大学研究員

  妃殿下の総裁職 → 3団体

名誉総裁はただの肩書ではなく、定期的に進講を受け、報告を受け式典に参加し

活動についてきっちり把握していなければならないわけですね。

日々のスケジュールが5人ばらばら。食事の時間も合わないだろうと思います。

だから、紀子妃がピリピリするのは当然なのです

私事ですけど、私もヨンジュナ出産後、よく子供達に「ママは怒りっぽくなった」と言われます。

・ 怒りの導火線が短くなっている

・ 「壁」に対する拒否反応が強くなっている → 耐性に自信が無くなっている

・ 心配性になっている

若い頃はどんなにバッシングされても、抵抗勢力があっても「負けるもんか」と渡り合えた。

でも今は、ちょっと後ろ指をさされただけで自信喪失、傷つき方が半端じゃない。

ともすれば気分が落ち込んで動けなくなりそうになる。だからこそ、煩わしい事はさっさとすませて

少しでもあとを引かないようにしよう。これは自衛策です。

子供達に関しても、2人の内親王はお年頃。

本当はのびのびと恋愛もしてほしいしサークル活動もさせていやりたい。

でも、ほんの僅かな事でも大げさに週刊誌に書かれたら、東宮家に「それみたことか」と

言われてしまう。両陛下にもどう思われるかわからない。世間だって・・・・・

で、ついつい「サークルに入らないで」「勉強しなさい」と言い募り、さらに側近には

「ちゃんとやってくれないと」となる。

末っ子は可愛い。けど、今まで男の子を育てた経験がない。やんちゃをどこまで容認したら

いいかわからない。やんちゃが「しつけの悪さ」ととらえられたらどうしよう。

成績だって本当は悪くたって構わない。好きな事をさせたい。

でも、運動会の徒競走でビリになっただけで「運動神経が・・・」と言われる現実。

子供の評価が親の評価に跳ね返ってくる昨今の教育状況を無視するわけには

将来、天皇になった時に恥ずかしくないように、礼儀だけはきっちりと・・・・堅苦しいと言われる。

厳しすぎる、お小言が多い・・帝王教育と勘違いしているのかとバッシングされる。

宮内庁は人を増やしてくれないし、予算も従来通り。殿下は「国費を増やすのはやめよう」という。

じゃあ、せんだってのように親王に危害を加えようとするものが現れたらどうするのか。

誘拐されたら?皇室の未来を託された若き親王が。

正直、出産年齢ぎりぎりで前置胎盤になりつつも産んだ未来の天皇を粗末に扱っているのは

両陛下なのでは?もう少し考えて下さっても・・・・

 今がこの心境だとすれば、いつ心を病んでもおかしくない状況です。

国民は紀子妃が強い人だと思っていますが、その「強さ」に頼りっぱなしでいるのは

悠仁親王の為にもよくないのです。

両殿下の間にすきま風が吹いているとは思いません。

でも外国に行った時のような、微笑ましい姿が見られないのは事実。殿下はいつも暗い

顔つきをしているし、妃殿下は隠れるように殿下の後を追いかけてる印象。

夫婦ともども歳をとってきて、疲れがピークになって、毎日が精一杯なんだと思います。

だからこそ、さらに追い打ちをかけるような週刊誌によるバッシングは、拳銃を突きつけるのも

同様。

許される事ではありません。

秋篠宮家には沢山の味方がいるという事をどうしたらわかって頂けるでしょうか。

このブログを見て頂きたいけど「下品ね」って言われそうだしなあ。

でも倒れてしまってからでは遅い。

先がわかるからこそ、今うつべき手があるのに。宮内庁も両陛下も知らんぷりだなんて。

本当に本当に悔しいです。

コメント (51)

韓国史劇風小説「天皇の母」135(真実のフィクション)

2013-10-29 13:15:09 | 小説「天皇の母」121-140

トシノミヤアイコ・・・以後、称号で呼ばれる事のない内親王誕生後、

マサコは非常に上機嫌でハイな状態が続いていた。

天皇も皇后も内親王誕生に嬉しそうにねぎらいの言葉を述べ、新年の写真撮りの時は

主役のような扱いであったし、東宮御所の雰囲気も今までとはがらりと変わり

マサコに好意的に(今までそうでなかったという事ではない)思えたし。

子供・・・皇族の子供を産むという事が、こんなにも環境を変えるのか、「母」としての

権威を高めるものなのかと驚くばかりだった。

「ご出産後の体調重視」の為、正月から全ての公務に欠席しても何も言われなかったし

少しでも「疲れた」と言えば、すぐに「横におなりになって・・・」と女官が飛んでくる。

アイコと一緒だと、誰もが自分に頭を下げる(今まで頭を下げなかったという事ではなく

彼らの姿に爽快感を感じたのは事実だった。

 

アイコを見ていると、その弱弱しさがまるで自分のようだと思った。

アイコはよく泣く子だった。まだ生まれたばかりなのに手がかかる・・・そんな印象だった。

マニュアルでは生まれたばかりの子は寝るか飲むかのどちらかでしかないと書いてあったのに

アイコはなかなか寝てくれなかった。

最初は母乳で育てようと必死になったが、どうにも出ないのでミルクに切り替えた。

お腹が一杯になれば寝ますよ」と女官が言うので、調乳する時に「すりきり一杯」と書かれて

いるのを無視してミルクを増やしてみたり、3時間ごとではなく1時間おきに与えてみたり

したのだが、ちっとも飲まないしただただ泣くばかり。

妃殿下、お休み下さい。あとは私達が」と養育係がアイコを連れて行く。

ほっとすると同時に、何となく「母失格」の烙印を押されたようで腹が立った。

養育係にしてみれば、時間や量を無視してミルクを与えたりされると、その後の育児が

めちゃくちゃになると思い、妃殿下には任せておけない・・・というだけの理由だったのだが。

マサコはマサコなりに育児書を研究しているつもりだったが、相手が人間であるという事を

忘れているようだった。

それでも眠っている時のアイコは可愛らしかったし、皇太子も積極的にオムツを替えたり

してくれるので、まあ、これはこれでいいのかと思う事にした。

 

キク君が雑誌に「マサコ様は私どもの望みにもきっと再びお応え下さるでしょう。俗に

一姫二太郎って言いますしね」と発言したそうだ。

それを聞いた時、マサコは言うに言われぬ怒りを覚えた。

まだアイコが生まれて1月にしかならないというのに、もう2人目を望まれているのか。

一体何様なの?あの人、自分は一人も産んでないくせに。

「一姫二太郎」というのは、子育てしやすい順序として最初は女の子、次に男の子を育てる

方が育児しやすい・・・・という意味なのであるが、マサコは「最初は女の子なんだから次は

男子を産め」と言われているような気がしたのである。

ひどいわよ。人を子産みマシーンのように」

マサコは言うにいわれぬ怒りを抱えて、自分の部屋に閉じこもった。

困り果てた皇太子が「僕からおば様によく言うから機嫌を直して。今はアイコがいるんだから

と慰めてくれた。

タカマツノ宮家からのお祝いの品には目もくれず礼状も出さなかったし、ぜひ

赤ちゃんの顔をみたいというキク君の希望も無視した。

祝いといえば、皇室では育児用品は代々持ち回りだった。

ベビーカーやベビーベッドなど、ノリノミヤが使ったものをアキシノノミヤ家に伝え

そして皇太子家に戻って来たのだ。

しかし、マサコはその古いベビーカーやベビーベッドを使わず、物置に押し込めてしまった。

東宮家に待望の第一子が誕生したというのにお古を渡されるとは思わなかった。

その事一つをとってみても、アイコが不憫だった。

そういえば、床を張り替える時もなんだかんだと文句を言われたっけ。

おもちゃ一つをとっても皇后はねむの木学園だのアサヒデ学園のものを取り寄せたり。

何もかも貧乏ったらしいったら。

日本一高級な家に生まれた内親王なら、レースのカーテンがついたゴージャスな

ベビーベッドでフランス製の産着を着て、ディズニーの音楽に囲まれて育つべきではないか。

 

3月になり、アイコを連れて初参内。

賢所皇霊殿に謁するの儀という仰々しい儀式。にこにこ笑うようになったアイコは

マスコミ中の目をくぎ付けにして、久しぶりにマサコも満足した。

東宮御所で行われた内宴は華やかで、子供を産んで本当によかったと思った。

 

まあ、ともかくおめでとう

高級フランス料理店「パッション」の一室では、ヒサシとユミコ、レイコ夫妻にセツコ夫妻

そして皇太子とマサコの総勢8名で、華やかな宴が催されていた。

ヒサシは少し酒が入って機嫌がよかった。

「うちにとってもアイコ様は初孫ですからなあ。嬉しさもひとしおですよ

そうねえ。次はレイちゃんかせっちゃんよねえ

ユミコもにこにこ笑っていた。

お姉さまが先に産んで下さってほっとしたわ。そうでないと私達もやりにくいわよね

とレイコが言うと、セツコは苦笑いしながら

そんな事まで順番って言われてもね・・・」と言葉を濁した。

何でもいいから早く産んで頂戴。二人とも。孫は沢山いた方がいいもの。私は一人っ子

だったから寂しかったわ。親戚も少なかったし。いつかこの部屋でいとこ同士が集まって

わいわいい出来たら楽しいわよね」

まあ、お母様ったら気が早すぎるわよ。私はともかく、せっちゃんなんて結婚して何年

経ってるのよ」

レイコの毒にセツコはうんざりした様子で「今日はお姉さま達のお祝いなんだから」と言った。

子供がいると今までと何か違う?」

その問いには皇太子が「すばらしく違うよ」と答えた。

日々、アイコの笑顔や眠る顔を見るだけで幸せだし、とにかく可愛いね。子供というのが

こんなに可愛い存在だったとは思いもしなかった。幸せですよ。僕達は」

いわゆるニヤケ顔の皇太子のノロケ話にみな微笑んだ。

じゃあ、将来お嫁さんに・・・なんてダメよね」

「ああ、今からそんな事は考えたくないなあ

皇太子は声を立てて笑った。

レイコ。アイコ様は内親王だぞ。将来、天皇の娘となる方だ。気軽に結婚なんか

出来るわけないじゃないか。後々女帝になるとしたら、その夫となる人は

厳選しなくてはならんしな」

ヒサシの目の光にみな一瞬、黙った。

慌てて皇太子が「女帝だなんて・・・・」と言いかけるのをヒサシは止めて

殿下。あなたは将来天皇になる方ですぞ」

それはそうですけど。愛子には皇位継承権はありません

「なら皇位継承権を持つお子様をもうけるべきですな」

急にその場が凍りつく。マサコは色を失って父親を見つめた。

お父様はアイコが女の子だった事が不満なの?」

いいや。心からめでたいと思っているよ。まあよくわからんが俗に一姫二太郎というし。

一人目を産んだら二人目も出来やすいというし。皇統の安定の為には妃殿下にもう一人

頑張って貰わないと。アイコ様にも兄弟がいるといいだろうしね」

ヒサシは皇太子にワインをついだ。

しかし、妃殿下の夫は皇太子殿下。将来の天皇陛下だ。天皇には次の皇太子が

必要なのだ。それはおわかりですね

はい」と皇太子も答えた。

マサコが不甲斐ないものだから殿下には非常にご迷惑をおかけしていると思いますよ。

でも、大丈夫。アイコ様が生まれたのだから、次もすぐに出来るでしょう」

ちょっと待って。お父様。私達、まだそんな事

「私は皇室の側に立って話をしているのだよ。今の皇室典範では女性天皇は認められていない。

何が何でも男子が必要なのです。アイコ様が男子だったら問題なかったんですがね」

ああ・・・・とマサコは全身から力が抜けていくのを感じた。

小さい頃感じた、父の自分への失望。その記憶がよみがえってきたのだ。

父の失望の根本原因は自分が女だった事にあったのだ。

父は息子が欲しかった。自分の跡を継いで外交官になる息子が。

自分はそんな「幻の息子」の座をかけて戦ってきたのだ。

少しでも父の理想に近づきたいと思った。父に愛される為には勉強を頑張るしかなかった。

頑張ってハーバードにも入った。外務省にも入った。

外務省時代、「オワダの娘」という事で自分がどんなに誇らしい思いをしたか。

そしてその「誇らしさ」は父も同じなのだと思ってきた。

「オワダの娘」が「皇太子妃」になり、父の栄耀栄華の望みは着実に叶いつつあると。

自分こそがその手助けをしている者だと。

生まれてから40年近く、自分はただただ父に愛されたい一心で、進路も結婚も決めてきたのだ。

その結果が今。

その結果がアイコ。

なのに・・・・・アイコが女の子だったから、もう一人産め?

なぜ満足できないのだろう。皇太子の娘がオワダの孫になった事でもういいではないか。

父は何が何でも「天皇の祖父」になりたいのだろうか。

ついさっきまでの、アイコを産んだ事の誇らしい気持ちがあっさりと消え、マサコは急に

恥ずかしくなった。

そんな気持ちになる自分とアイコが可哀想でならなかった。

誰だって性別を選んで生まれてくるわけではない。これこそ神の視えざる手のなさること。

その責任を押し付けられているのが自分なのだ。

今はアイコで手一杯でとてもとても

ヒサシの思惑を知ってか知らずか皇太子は相変わらずにこにこ笑って言った。

まあ、子供がいるのは楽しいですから何人いたって僕は構いませんが」

それこそオーケストラ並みに?」

レイコのジョークにみな一様に乾いた笑いで答えた。

しかし、マサコは笑えなかった。

結婚してから8年。

外国旅行を止められ、国内のやりたくない公務をおしつけられてきた。

誰が何と言おうと嫌なものは嫌。出口のないトンネルに入り込んだような生活に

耐えて耐えて8年。

やっとアイコが生まれ、これからは自分の好きな事が出来るのではないかと

希望を持った矢先。この世で最も愛する父親がまだ不出来だというのだ。

男の子が生まれなかったらどうなるの

ぼそっとマサコが尋ねる。ヒサシはちょっと考えて

「その時は、さっきも言ったがアイコ様に女性天皇になって貰わないとな。

マサコ、このまま男子が生まれなければ皇統はアキシノノミヤへ行く。多分その時に

あらためて女帝問題が出るだろうな。そしたら女帝になるのはあっちの長女という事に

なる。そうならない為には皇統は皇太子殿下の直系でという事にしないといけないのだよ」

アイコに生まれた意義があるとしたらそれは「女帝」になる事なのか。

マサコはそう理解した。

アイコには自分と同じような思いはさせたくなかった。

自分がしっかりと教育して、父にも他の誰にもぐうの音も言わせない娘にする。

彼女はそう誓った。

 

コメント (13)

八重の桜・安堂ロイド

2013-10-28 14:26:05 | ドラマ・ワイドショー

作詞家の岩谷時子さんが死去されました。97歳。ご冥福をお祈りします。

岩谷さんといえば越路吹雪ですよね(昔、竹下景子がドラマでやってた・・・)

でも私達の世代ですら、そのイメージはなくて、シャンソンの訳詞とかポップスの作詞家

という感じでした。

小さい頃、郷ひろみの「小さな体験」を聞いてファンになったんですが、耳に入ってきた歌詞

♪ 誰がさそいかけても知らないふりしているんだよ いいね ♪が衝撃的で。

他にも「裸のビーナス」とか、とにかくインパクトありました。上品に。

「愛の讃歌」はヅカファンなら耳にタコが出来る程聞くし、高校でも習ったし・・・という事で

本当にお世話になりました。あちらの世界でも越路さんと沢山いい歌を作って下さいね。

深夜ドラマですが、本格サスペンスという事で、EXILE好きじゃないけど

ハニートラップ」を見ました。

AKIRAっていう人?アクションシーンがあまりにもへたぴで。いや演技全般がそう

いくら売れっ子のEXILEだからって1枠設けるのはやめようよ。下手すぎる。

しかも・・・音月桂。一瞬しか出てこなかった。

音月主役でドラマ作るならわかるけど・・・・アクションでもなんでもいけちゃう。

キムやーーこんな下手っぴしかいないプロダクションでチョイ役やってていいの?

挫折っ!と思ったら今週から武田真治が出るから見ないと。トホホ。

 八重の桜 

腕相撲の話は本当なの?っていうか、ありえないよね。

昔から「明治期に活躍した女性」には興味があって。津田梅子や山川捨松など。

彼女達の写真はどれも洋装で美しいでしょう?

よく高校の図書室で「別冊太陽」に載ってる彼女達の写真を見てたものです。

何度見ても何度読んでも理解できなかった事。

それは捨松が何で大山巌と結婚したか・・・・・ですね

いや、その前に捨松や津田梅子のように海外に国費で留学した人達。

彼女達は出発前に昭憲皇太后にお目にかかって励まされた程の人達なのに

帰国後は不遇であった事が当時の私にはかなり不満でした。

でも・・今ならわかるかなあ。

日本語不自由、漢字が読めない、書けない。日本文化をほとんど知らずに

洋風ばかり礼賛するような女性が好かれるわけないんですよねーー

洋風奨励の時代とはいえ、多くの女性が着物だった時代に、バッスルスタイルで闊歩

されたんじゃ気味わるいかも。

大山巌はそんな「頭でっかちだけどバイリンガル」な彼女に惚れた?ドラマの中では

「政治的に利用する為」に結婚したともとれるわけですが。

捨松にとっては会津がどうの、薩摩がどうのという前に日本人として認められない事が

辛かったのかなあ だから会津出身でも薩摩の人と結婚するのにそれほど抵抗を

感じなかったのかなあ。つくづく山川家ってみんな時流に乗るのが上手っていうか

不器用な東北人からみると異質ですわね。

 

ドラマのストーリー的にはぽんぽん話が飛びすぎじゃなかと。

捨松は八重にきっぱり「結婚したくない」って言っておいて、腕相撲では「大山さま」と叫んじゃう。

「嫌と言ってるけど本当は・・・」にしたって伏線が弱いです。

大山の気持ちも「美しい人に一目ぼれ」って そんなシーンあったかいな?

唐突なんだよね。

腕相撲では山川健次郎が「今度は負けるわけにはいかない。八重さんに託しましょう」って

いうけど、おいおい・・ そこは「私が代わって腕相撲やります」じゃないの?

いくら八重さんが力持ちっていうか怪力の持ち主でも山川家の兄弟がただ応援するだけ

なんておかしくないですか?

一番ひっかかったのは襄の「互いに撃ち合った者同士が腕相撲出来る時代になった

という件。平和ーー平和ーーみんな仲良くーー恨みを忘れてーーって言ってるんだけど

たった15年だよ?そんな簡単に割り切れる話じゃないでしょ。

襄の言葉は、会津の籠城戦で自害した多くの人達の死を無駄にしているような気がして。

そりゃあ生き残った人達には幸せになる権利があるし、新しい時代を切り開く義務もある。

いつまでも怨恨を持って生きていたら先に進まないのはわかってる。

だから捨松と大山巌の結婚にどうのこうのいうつもりはありません。どうか幸せになって下さいな。

でも、戦争はスポーツじゃないのね。

互いに一生懸命戦った。だから許しあいましょうっていうのは違うでしょ。

会津の人達はこういう話が見たかったのかなあ。

会津なり東北に残って身を隠すように生きる「賊軍」の末裔と、中央に上って出世していく

人達の格差を見せつけられる事が望みだったのでしょうか?

 

 安堂ロイド 

こういう話の展開ではつまんないよ。終わり。

 

・・・・・ってわけにはいかないか。

あのね。生きてた頃の黎士先生とロイドの違いに麻陽が戸惑ったり、ドキッとしたり

恋心を抱いたりするシーンが欲しいの。

充電中のあれやこれやはもういいから 充電中のシーンを見ると

電気代、一ヶ月いくらなんだろう」と妙に気になってしょうがないわ。この節電時代に。

黎士の妹を殺さないと歴史が変わるとかいってたけど、麻陽が生きてる事も問題なんじゃ

ないのか?と突っ込んでみたり。

はちゃめちゃになるには早すぎる。

コメント (6)

察するにあまりある

2013-10-28 07:47:09 | 皇室報道

 テレ朝って両陛下の水俣訪問は無視?

どこも短くしか取り上げていないような

 

 両陛下 水俣を訪問 

 27日、水俣市を訪れた両陛下は慰霊碑に供花。

 市内の資料館で説明を受け「語り部」の言葉に耳を傾ける。

 陛下

  「どうもありがとうございます。本当にお気持ち、

察するに余りあると思っています。

 やはり真実に生きるということができる社会をみんなで

作っていきたいものだと改めて思いました。

 本当にさまざまな思いを込めて、この年まで過ごしていらしたということに

深く思いを致しています。

 今後の日本が、自分が正しくあることができる社会になっていく、

そうなればと思っています。

 みながその方に向かって進んでいけることを願っています」

 語り部の、偏見や差別を恐れて水俣病である事を告白できなかった過去や、どうかわかって

 頂きたいとの訴えを聞き、陛下は異例の1分に及ぶ返礼をされたと言います。

  非常に大きな出来事でした。

 水俣病は自然災害ではありません。企業が起こした公害病です。企業の責任という意味で

  チッソは誠意を持って接してこなかった。だから現在も係争中なんでしょう。

  お金で口封じをしようとしたり、暴力団をやとったり・・・まるで韓国ドラマ

  チッソの会長、江頭豊氏は雅子妃の祖父です。祖父がそういう立場にあった事について

  雅子妃は「おじいちゃまが悪く言われた」という感想を残しています。つまり、祖父は悪くないと

  言ってるわけで

  江頭氏は晩年よく東宮御所を訪れていました。彼の為に東宮御所を改修し、バリアフリーにしたと

  言われています。

  また江頭氏の葬儀には皇太子一家が揃って弔問に出かけ、ネットは炎上

  あの時から皇太子に同情していた人達が一斉にかれを見放した・・・・・

  家族そろっての弔問をなぜに阻止できなかったか。日本人の優しが裏目に出たなと。

  いつのまにか江頭氏の罪がない事になってしまったという気がしました。

 今回の陛下の「察するにあまりある」という言葉は非常に重い。誰も口に出さないけれど

  「なぜチッソ会長の孫娘を皇太子妃にしたのですか」という無言の抗議を肌で感じ取られた

  事でしょう。

  どんなに言葉を尽くして語っても、皇太子妃が彼女である限り、結婚を許した両陛下に責任が

  ないとはいえないからです

  皇太子夫妻の成婚から20年がたった今こそ、事の重大さ、皇室が不浄を受け入れてしまった

  事実を再認識するでしょう。

 とはいえ、今回のご訪問とお言葉が皇太子夫妻に対する、言葉の剣にはならないと思います。

  多分、女性週刊誌等は「両陛下が水俣へ行かれた事で全てが帳消しになった」という

  解釈で臨むでしょう。

 陛下の「今後の日本が、自分が正しくある事が出来る社会になっていく、そうあれば

  いいと思っています」という言葉が唯一の救いでしょうか。

  国民はこのお言葉にかけるしかないのかも。

 

 

 

 

 

コメント (9)

ドラマあれこれ

2013-10-27 10:05:32 | ドラマ・ワイドショー

 清々しく晴れ渡り・・・・熊本の空も同じでしょうか?

 

 今、ケーブルテレビで、昔やってた昼ドラ「貞操問答」をやっているんです。

これに我が家の姫がハマってしまいまして(笑)

脚本は中島丈博。彼は「真珠夫人」「牡丹と薔薇」が有名ですが、「貞操問答」は隠れた

名作だと思っています。

昭和初期の設定で、大仰で古風なセリフのやりとりなんですが、その一つ一つがすごい。

昼ドラにありがちないやらしさは一切なく、そのせくドロドロ感が重厚。

中島脚本の中では「さくら心中」と共に大好きな作品です。

20歳の姫にとっては初めて知る「大人の世界」なのですわ

ドラマを見ながら一々「何でーー」「いやーー」「うっそー」とうるさいうるさい

おかげで夕食時間が今までよりさらに延び・・・

姫は朝ドラ「ごちそうさん」も大好きで、今はめ以子と西門さんの恋の行方が気になって

しょうがないらしく、二人が何か言えば「えーー」「うっそー」「そこで言う?」とうるさいうるさい。

黙ってみてられないのかっ

そうかと思えば、韓国ドラマ「会いたい」を見ては、主人公達のあまりにもかったるい

恋愛の行方にティッシュを涙でぐじゅぐじゅに濡らしながら見て。

じゃあ、宝塚は・・・・と思いきや、久しぶりに音月桂の「忘れ雪」みながら、これまたぐじゅぐじゅ泣き。

何でじっと黙ってみてられないの。一々質問されてもこっちも困るのよ。

疑問があったら脚本家に聞けっ

・・・・で。

その中島丈博脚本の昼ドラ「天国の恋」が来週から始まります。

最初は見る気なかったんだけど・・・ちょっとだけ見ちゃおうかな。

床嶋佳子を主人公に、内博貴・高田翔という二人のジャニーズが恋愛を繰り広げる?

内君はまだしも、高田とかいうジュニアの子の顔つきは好きじゃないんだけどな。

もう一度徳山秀典を出してよーー

また姫がハマったら大変な話になりそうだけど。

今週も色々ドラマを見てますが 挫折しかかってるのになぜか見てるのもあるしなあ。

 「ドクターX」・・・予定調和で面白い ミチコっていくら借金があるのかなあ。何だかどんどん

            買い物させられて、借金増やされているような気がしないでもない。

           内田有紀は真っ当に働いているようだけど、搾取されてないのかしら?

             藤木直人は今の所、空気のような存在ですが、今後変わるのかしら?

 

 「家庭の裏事情」・・・嫌いじゃないなあ 週末に見る分にはいいんじゃない?

             でもいくらしがない食堂とはいえ、3人も子供がいて誰も継がないのに

             驚き。っていうか、朝からすごいごちそうが並んでお弁当も作って貰って。

             でも誰も後片付けを手伝わないなんて、しつけがなってないぞ。

             長男が連れてきた彼女が「私は嫁にはならない」と発言するのも

             まあ、見えていたけど、実際にそんな事を言われたら私も荒れるかもなあ。

             財前より、母親の真野響子の方が若々しいってのがほんとに

 

 クロコーチ・・・どんどん意味がわからなくなってるドラマです。沢渡と3億円事件ってどんな

           かかわりが?45年も前なんでしょう?犯人が生きていたとしても60歳は

           とっくに超えている設定?

            どんどん人が死んでいくのも怖いけど、無表情の剛力がもっと怖い。

           我が家のおバカな姫が「3億円事件」を知らず「M資金の話?」とかいうので

           笑ってしまいましたーー時代が違うのよーー

           ゆとり世代以降の「昭和は戦前戦後がごっちゃ」には困るわ。

 

 東京バンドワゴン・・・・いい話が多いのに泣けない。

                多部ちゃんは長女の何だ?元カレの身内とか?

                玉置パパがうざい。何かって言うと「LOVEだね」って

                もうちょっとストーリーにメリハリをつけられないものでしょうか。

 

ノーコンキッド」は挫折しそう。ドラクエ2まで来ちゃうともうよくわからないもんね。

実験刑事トトリ」はかったるくなっているので、もうちょっと変化が欲しいかも。

よろず占処陰陽屋へようこそ」はすごーく面白いです錦戸君の演技は

癒されるわー ストーリーも下手なホームドラマよりずっとしっかりしてて泣かせます。

 

 

 

 

 

コメント

皇室ウイークリー

2013-10-26 10:30:00 | 皇室ウイークリー

ご日程

両陛下

10月11日・・・両陛下 → 障害者スポーツ、水泳観戦

10月14日・・・天皇陛下 → 国会開会式

                   通常業務

10月16日・・・両陛下 → 高松宮殿下記念世界文化賞」25周年記念レセプション出席

                 勤労奉仕団に会釈

                 離任大使夫妻に会う

10月17日・・・天皇陛下 → 神嘗祭遥拝の儀

                   神嘗祭賢所の儀

                   稲刈り

10月18日・・・天皇陛下 → 法務次官から進講を受ける

                   通常業務

            両陛下 → 外国ご訪問第二次事前調査について報告を受ける

10月20日・・・両陛下 → 宮内庁職員より挨拶を受ける

                 内親王殿下方・親王殿下から挨拶を受ける

                 皇太子夫妻・秋篠宮夫妻・黒田夫妻と夕食

10月22日・・・両陛下 → 外務省より進講を受ける

                 勤労奉仕団に会釈

                 総務大臣表彰の地方公共団体税務職員らに会う

                 経済三団体の長と懇談

                 豊かな海作り大会について説明を受ける

       天皇陛下 → 通常業務

10月23日・・・天皇陛下 → 警察大学校警部任用科第38期学生に会う

           両陛下 → 眞子内親王から挨拶を受ける

                   勤労奉仕団に会釈

                   上智大学100周年について説明を受ける

10月24日・・・両陛下 → 新嘗祭献穀者に会う(2回)

                  厚生労働大臣表彰の保健文化賞受賞者に会う

                  離任大使夫妻に会う

 

皇太子両殿下

10月18日・・・両殿下 → GEA国際会議2013開会式出席

10月20日・・・両殿下・愛子内親王 → 皇后陛下誕生日につき参内

10月21日・・・皇太子殿下 → 離任大使夫妻に会う

10月22日・・・両殿下 → 復興推進委員会委員・東京大学高齢社会総合研究機構特任教授から進講を

                 受ける

10月23日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

                    外務省から進講を受ける

10月24日・・・皇太子殿下 → 赴任大使に会う

                     勤労奉仕団に会釈

                     第40回「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール授賞式に出席

 

秋篠宮家

10月18日・・・両殿下 → 平成25年度戦略的実務者招へい

                  「FEALAC若手リーダー招へい計画(持続可能な成長)」被招へい者に会う

                  ブループラネット授賞式について説明を受ける

                  「全国犯罪被害者支援フォーラム2013」パネルディスカッション聴講

10月20日・・・眞子内親王・佳子内親王・悠仁親王 → 皇后誕生日の為参内

          両殿下 → 皇居で夕食

10月22日・・・・秋篠宮殿下 → 研究会出席

10月23日・・・眞子内親王 → 誕生日の為参内

10月24日・・・両殿下 → 外務省から進講を受ける

                 平成25年度全国都市緑化祭」について説明を受ける

         秋篠宮殿下 → 東京農大で講義

                    生き物文化誌学会出席

  週刊誌によりますと、雅子妃の行動は「自分にとってプラスになる」という裏付けが

  あってなりたつもので、祭祀のようなものはいつまでたっても理解できない事。

   ゆえに出来ないという事でしょうか。

   今回の岩手訪問も多分「妃にとってプラス」になるから・・・どんなプラス?

 両陛下は今日から熊本県入り。水俣へ行かれます。

   水俣では「両陛下にお話を聞いて欲しい」という人がたくさんいるようで。

   その話を聞きつつ、両陛下は何をどう思われるでしょうか。

   雅子妃の祖父がチッソの会長だった事のみが問題ではないのです。その会長が

   暴力団をやとってユージン・スミスというジャーナリストを死に追いやった事が問題であり

   また、原告団に対して「庶民のくせに」と暴言を吐いた事が問題なのです。

   皇太子は婚約時、雅子妃がチッソ会長の孫である事を指摘されて

   「祖父がチッソの会長であった時期は水俣病とは関係がない時期だから」と釈明しました。

   でもその祖父がやった事は十分水俣に関係ある事でしたよね。

 長い間、封印されてきた雅子妃とチッソ、水俣病の関係。

   今さらながらですが、彼女が皇室に入った事は大間違いでした。

   日本人は中・韓と違って、先祖の罪をあげつらうような事はしません。しませんが

   やっぱり「私と水俣病は全く関係ない」という態度をされると頭に来るものです。

   成婚後、一度も熊本を訪れていない皇太子夫妻

   延々と背中に「水俣病」の影を引きずって天皇・皇后になるんですね。怖いです。

 今回の両陛下の熊本訪問が、今一度、皇太子妃の実家の良しあしを考えるきっかけに

  なれば幸いです。

コメント (16)

ジョージ王子の洗礼式とか

2013-10-25 15:52:28 | 皇室報道

 皇太子夫妻の岩手訪問が決まってしまいました

「何で日帰りなの?短すぎる」の批判を受けたので1泊2日の訪問です。

(ちょっとお下品に・・・ふざけやがって 水増し公務するなっ

 1日に盛岡入り。

 2日に盛岡から釜石まで車で移動。

 知事らから説明を受けたあと、市内最大規模の仮設住宅へ。

 食品会社(調理済みの魚介類の冷凍食品製造)を訪問。

 雅子妃の「宿泊を伴う公務」は3年10か月ぶり。

 1日の夕方に盛岡のホテルに入っただけでも「宿泊を伴う公務」になってしまうんですね。

   盛岡で何をどうするか。それが問題ですね。  

 ここでチェックしなければいけないのは

  盛岡で何をするか

  仮設住宅でネームプレートもしくはバッジ着用?話をする人を限定するか

  食品会社で白衣を着用するか

  ですか?何だかとても皇族の慰問とは思えないチェック要項ですが・・・こういう事を

  ちゃんとチェックしないと、皇太子夫妻の場合、ただ訪問したという事実だけで

  美談仕立てになってしまう恐れがあるからです。

秋篠宮がこういう訪問をした場合、前日に県勢事情聴取し、施設を1つか2つ訪問し

次の日は仮設住宅のみならず、被災地そのものを訪問したり、研究施設などを回りますよね。

昼食は関係者らと。夜遅く帰京というのが一般的ですが

 3年10か月ぶりの宿泊を伴う公務を強調して「さすが雅子様」という空気を作りたい

 のだと思いますが、その手に乗ってはいけません。岩手県民の純朴な方々が騙されない

 ように祈ります。

 

 皇太子と言えば・・・・

本当は今日から京都と奈良を訪問予定でした

奈良は正倉院展を見学する為で、京都は・・・・毎年「謎」の京都旅行と言われています。

公務の日程表に載らず、どこへ行くかも不明。いつも大きなバッグを持って行く事から

「お宝の見定め」じゃないかとか、「いや、借金の支払いだ」とか色々言われていますが

表向き「研究」らしいけど、実体がない訪問です。

それが、昨日、いきなり「台風」を理由にキャンセルされました。

明日から両陛下は熊本、常陸宮両殿下は今日から高知。どちらもキャンセルされていないのに

なぜ?という疑問が。

もしかしたら、今回の奈良・京都訪問は何か裏の意図があっての事で、それが発覚したか

単なるお遊びに警備を使うなと言われたか 自らのキャンセルと言うよりは

止められたかなと。

その皇太子は21日、雅子妃と一緒に愛子内親王の授業参観を1時間目から4時間目まで

参観。当日は親子3人で車で登校したとか

3人で登校って事は朝の会からいたーーという事ではた迷惑で体力がないと出来ない事。

たまの参観だしーー車で行っちゃえって?軽いわ・・・・

 ジョージ王子の洗礼式 

 23日、ウイリアム王子の長男、ジョージ王子の洗礼式が行われた。

 ロンドンのセント・ジェームス教会

    (ダイアナ妃の棺が納められている)

 付添人は近親者とウイリアム王子らの友人達のみ。

   王族は1組のみ。

 日本のマスコミは本当にイギリス王室が好きなのね。しかも最大限に持ち上げちゃって。

 昨日も、ジョージ王子が着ていたガウンはビクトリア王女の洗礼式から使い回しして

 いるスタイルで、今回は本物の痛みが激しいのでエリザベス女王が新しく作り直させて

 ジョージ王子で3人目との事。

 それに対して「伝統を守る王室」と大絶賛

 一方で洗礼式に呼んだのが王族じゃなくて、ウイリアム王子とケイトの親友達であった

 事に「王室の新しいスタイル」とこれまた絶賛

 

上記はエドワード8世の洗礼式。エドワード8世を抱いているのがビクトリア女王で

ジョージ5世とエドワード7世。同じガウンなんですね。きっと。

 

 

私は、将来の国王の洗礼式に王族を1組しか呼ばなかった事に、ウイリアム王子の

王室への暗い思いを読むのですが。

もしかして母・ダイアナを殺したのは王室だと思っていませんか?

だから自分の子供の洗礼式にはなるべく王族を呼びたくない・・・・という気持ちが働いたのでは。

家族写真・・・チャールズの影が薄いなあ。自業自得だけど。

ヘンリー王子の隣がキャサリン妃の妹君とは。

こういう写真を見て、ご親戚の方々(王族方)はがっかりしたりするんだろうなあ。

やっぱりちょっとキャサリン似かなあ。ウイリアム王子ってもっと目がパッチリしてた気がするし。

髪は栗毛?

 

ジョージ王子が着ているガウンが「イギリスの継承の象徴で、続ける事が大事」とか

ニュースでやってましたけど、そんな事、イギリスに学ぶまでもなく、日本では昔から

息づいているのでは?

 ほら・・・お誕生日の白い着物。これも伝統なら

 3歳に両陛下から送られた色の着物。文様は代々同じ。

 着袴の儀の着物・・・これまた伝統。

内親王は「御地赤」と呼ばれる赤い着物を小学校卒業まで着て参内するのが

伝統のようです。眞子様も佳子様もそうです。

ヤフオク事件のみぎり、昭和天皇の長女、照宮様の御地赤が出品されていたのは

記憶に新しいのですが、これもウインザー朝よりずっと古い伝統でしょう?

 

王室でも皇室でも新しくするべき部分と守らなくてはならない部分があると思います。

ビクトリア女王出生のみぎりに使われたガウンをボロボロになるまで使い込むのも大事。 

 でも、21世紀の王室の課題は血筋と伝統をいかに守るかという事ではないかと。

その為には王族同士の付き合いや結束は大事だと思います。

ウイリアム&ケイトの庶民感覚が素晴らしいと言われていますが、それは一時的な事で

長い目で見れば「金持ちが好んで庶民のふりをする」と揶揄されかねないですし、

そんなに庶民がいいなら何で王族なんてやってるんだ・・・という話にもなります。

ウイリアム王子が結婚したのは庶民中の庶民であるミドルトン家の令嬢。

将来、ジョージ王子が王位を継いだ時に、王族がみなそっぽを向くようでは困るのです。

 

今上は結婚の時に大反対されて、旧皇族や旧華族らと溝を作ってしまいました。

皇太子結婚の折には、久邇家に恥をかかせてしまい、さらに溝は深まったと

思います。

旧皇族・旧華族を敵に回してしまった事、皇太子妃に血筋が知れない、チッソの孫を

迎えてしまった事が、今の皇室において「宮中祭祀の継承」を危ぶむ結果になっているの

だとしたら、申し訳ないけど両陛下は間違いを犯したのだと思います

誕生日文書でやんわりと「継承」について述べる程度ではさまされない。

皇室の伝統の危機がそこにあるという事をもっとご自覚頂きたい。

なんせ、愛子内親王は御地赤を作っていないのですよ・・・・ネット情報ですけど

東宮家だけ御地赤の注文がないと。

着袴の儀では、日本古来の色とは思えない配色の道中着を着せた程ですし

すでに伝統の破壊は進んでいるとみるのが筋。

そして王室も皇室も「伝統の継承」が無くなったら価値も意義もないという事。

 

ウイリアム王子はいとも簡単に洗礼式の立会人を王族から、自分の友人達へ変更しました。

王族でありながら王族を呼ばない・・・身内の否定・・・アンチテーゼと受け取るのが

自然じゃないかなあと。

エリザベス女王は孫可愛さに、そのあたりを強く言えなかったのか。

チャールズ皇太子は自分が王族らしからぬ事をやっている為、息子の危険な思想を

読み取らなかったのか。

何にせよ、これが小さな「終わりのはじまり」でない事を祈ります。

 

コメント (11)

ドラマあれこれ

2013-10-24 16:15:08 | ドラマ・ワイドショー

 wowowで現在放送されている韓国ドラマ「限りない愛」というのを見てます。

わりとおなじみの俳優さん達が出ているので。

韓国ドラマはパターンが決まりきっているので、チョイスしやすいってのはあります。

「限りない愛」はいわゆる大家族物。今時の韓国で大家族・・・ってありえないような

感じですが、何とか少子化を止めようと必死になって国情が透けて見えるというか。

嫁姑問題や未婚・非婚色々あるけど、最終的には家族がいた方がいい・・・・という結末

ありきのドラマなんです。

日本では「渡る世間・・・」くらいしかない大家族物。

東京バンドワゴン」もまあ、大家族物ではあるけど目線が内側じゃなくて外に向いているし。

で、韓国ドラマの話に戻りますが。

びっくりしたのは、このドラマの主軸であるアン家の長女、ソヨン(36)が未婚の母になった

というんですね

検事をやってるエリートキャリアウーマンが未婚の母。

日本の場合「収入もあって子供を産むんだから別にいいじゃん」って話ですが

アン家・・・いや、韓国では違う。

それを知った両親は死にそうな程悲しんで怒り、娘をひっぱたくわ、海外養子に出せと

説得するわ。それがダメなら弟(未婚)が間違って作った子供にして養子にしようとか。

何でも女が妊娠するよりは男がさせた方がましなんだそうです。

ソヨンは口が達者で「3年間働かなくていいようにお金も貯めたから自分で育てる」と

言い張るんですが、いざ陣痛が始まったら親に電話をかけてくる。

病院に付き添ってくれる弟には暴言を吐き、母親も自分が呼んでおきながら「祝う気持ちが

ないなら帰れ」といい、さらに生まれたら「泣き止まない」といって母親に電話。

とうとう育児ノイローゼで叔父さん一家に世話になる…始末。

祖父母・両親・両親の弟達一家、自分の弟二人が同じ敷地内で暮らす恵まれた環境で

一人、婚外子が生まれたくらいで「世間体が。弟達の結婚にも影響が出る。それくらい

なら海外養子に出して忘れた方がいい」と。

叔父さん達も「何て事をしたんだ」「韓国では許されない」と言い張り、生まれた子が

女の子ならなおさら捨てちゃおうみたいな雰囲気で

「冬ソナ」が日本に来た当時、主人公のチュンサンが自分の父親は誰かという事に

ついて追及していくシーンがあり、何でそこまでこだわるの?って思ったけど

韓国では「姓が母方」だと差別されちゃうからなんですよね。

たとえ婚外子でも父の姓を名乗った方がいい・・・まるで戦前の日本

娘が未婚の母になるなんて「レ・ミゼラブル」のファンチーヌ並みに迫害を受ける事

だったんだ・・・・と。

でもファンチーヌは最後まで自分で働いてお金を送ったけど、ソヨンはすぐに挫折して

親を親戚を頼るという部分が韓国的。

でも出産を反対されたという恨みは一生ついて回るんだろうなあと。

偏見と差別と甘えの構造を一気に見たような気がしました。

 相棒 

久しぶりに見応えのあるストーリーでよかった

「相棒」はこうでなくちゃ。

まあ・・・いきなりファーガスの定理とかいう数学の話が出てきた時は

カイト君同様「はあ・・数学ってそんなに面白いんすか?」って思ったけど。

最初は理解できるかなあと心配しつつ見てましたが、素人の私にもわかるような

話だったのでほっ

素数の話は興味深かった。(でもすみません。素数と奇数の違いがイマイチ・・・・・)

素数がわかれば世界中の暗号が説けちゃう。肥後教授はそれを解いちゃったという

世界レベルですごい話が、個人的な殺人事件の中に納まってしまうのが面白かったです。

円周率=3・1415・・・は「妻子肥後の国」なんて覚え方があるって知りませんでしたが 

勉強になりました。「a drink」というダイイングメッセージ一つでそこまでの

答えを導く事が出来る。数学って面白いのね。

無論、肥後さんが最初にやってた「背理法」というのも。興味深いですね。

焼き捨てた素数の回答。本当はUSBに入っているんじゃないの?なんて思ったり?

 

紙一枚で月までの距離を測るの意味は本当にわかりません。

42回折る事が出来れば月までも行ける・・・・ってそれって数学なの?

 

 ダンダリン 

 

内定切りの話はおいておいて。

風間俊介の悪役ぶりが魅力的でしょうがないです。

社労士のお仕事って今一つわかりにくいですが、企業の味方なの?

っていうか、企業があって人があると胡桃沢は言うけど、逆だよね?

確かに企業が潰れてしまったら労働者の生活も成り立たなくなるんだけど

企業の利益一辺倒で考えたら、一体何の為に働いているのかという話になる。

そもそも今時のデフレスパイラルは人件費を削りきる事で利益を上げるやり方。

人の手を人と思わず使う事で企業が生き残る術。

それじゃまずいんじゃないの?という考え方がなかなか出てこない。

労働基準監督署ってもうちょっと頼りになる役所だと思っていたのになあ。

公務員は清く正しく平和に」って。悲しいなあ。

 

 リーガル・ハイ 

フジテレビが「黛先生の学歴について」の謝罪をしたとか。

昨日の話で、黛先生の同級生という設定で塚地が出て来たんだけど

黛先生は「御茶ノ水」の女子校ばりばり出身の設定だったとか。

それが男性が同級生って事で設定変更を余儀なくされたという事ですね。

学歴云々より、ガッキーと塚地が同級生の役そのものに無理が・・・

 

その塚地の役が、「美人と結婚して美しい子供が欲しい」というのを至上の目的に

している男性。

彼が一目ぼれしてパーフェクトと思って結婚した女性が実は整形美人だった事から

離婚訴訟に。

羽生事務所が奥さん側について「人の美醜で離婚訴訟するのはおかしい」と至極

真っ当に攻めたのに対し、古御門先生は

美人と結婚したいという気持ちを持つのは自由」と切り捨て。

なーんか納得できないなあと思ったら、オチがあったのね。

整形美人の奥さんはあっさり次のハンサムな彼氏を見つけ

顔が醜い人は心が綺麗だと思い込んでいた。世の中には顔が綺麗で心も綺麗な

人がいる」って。まさにもっとも。そっかーーそういう事かと納得しました。

 

岡田将生が率いる羽生先生の事務所がうざい。

二言目には「全ての人に幸せを」といって正論を振りかざして自己犠牲を強いるような

変な思想。やめてよねーー

 

 

 

コメント (7)