ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

お見舞い申し上げます

2018-06-18 17:22:42 | つれづれ日記

関西における早朝の震度6弱の地震、被害に合われた方々へお見舞い申し上げます。

前日は群馬で震度5の地震が起き、房総半島が毎日のように揺れていましたので、今度は首都直下ではないかと思っていたんです。

ところが大阪?って聞いて本当にびっくりしてしまいました。

脳裏には阪神大震災の記憶が。

今回は神戸じゃなくて大阪とか京都とか。戦国時代にも地震がありましたーーとテレビで言ってました。

確かに1日中被害状況を放送するのはいいのですが、「こういう時にはどうしたらいいですか?」とアナウンサーがきいて「危ないと思ったら近寄らない」と答える人、いやーーそれってわざわざテレビでいう事なのか?と。

それにしても学校のプールの壁が落ちてきて亡くなられた小学生は痛ましいの一言です。最初「心肺停止の子がいる」という報道でしたので、「なぜ?」と思ったら壁の下敷き?それもブロック塀。

ブロック塀といえば宮城県沖地震ですよ・・・・あの時、ブロック塀が倒れてきて死者が多数出たので、あの時から「ブロック塀」の安全管理はきっちりしていた筈。

なのに本当に綺麗にばったりと倒れている様子が画面に映し出されかなりショックでした。普通に通学路を歩ていただけなのにこんな災難に・・・本当に可哀想です。

停電している場所もあるし、断水している所もあるそうです。みなさん。復旧するまで頑張って下さい。

宝塚ってこんな時も上演時間を繰り下げてやるんだーーと・・すごいなあ。

この程度の被害で終わったと思うべきなのかどうなのか、これからの検証ですね。

関東も本当に気を付けなくちゃいけないですよね。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ジュゴン様と一緒の迎賓館ツァー

2018-05-05 07:00:00 | つれづれ日記

 いやあ、なんせ前日は風が強かったですし、金曜日は嵐が来るかも何て言われていましたけど、お蔭様で快晴のもと、ジュゴン様とご一緒に阪急交通社のバスツァーで迎賓館へ行ってまいりました。

私、この手のバスツァーというのは多分初参加だと思うのですがちょっとハラハラドキドキ。まずトイレ休憩はちゃんととれるのかとか、渋滞したらどうするんだろうとか、そんな事を心の中でちょっと考えていたんですよね。

でもジュゴン様の視線は添乗員のおじさまへ。

「ねえ、鶴田浩二に似てない?」って言われて「ええーー?」って言ったんですが、私にはお笑いの人にしか見えず。鶴田浩二を知っているというのも悲しくて(笑)「私、生まれていないので」と答えたのですが、当の添乗員さんは「よく言われます」とおっしゃっていました。しかもジュゴン様ときたら鶴田浩二の真似をさせちゃうし。

こういうのがバスツァーのだいご味ですよね。っていうか、元はすごくいいお仕事をして子育ても終わった男性が新しい自分を見つける為に添乗員のしごとを選んで前向きに頑張っている姿がまぶしかったです。

私もかくありたいとは思うけど、なかなかそうはいきません。才能も実力もないし。

そうこう言っている間にバスは亀戸天神に到着。すでに日差しは暑くなりつつ。

実は亀戸天神に行くのも初めての事で、結構近い場所にあるにも関わらず今まで全然ご縁がなかったけお学問の神様だったのですね。藤も咲き終わり、丸型の橋の上から見える沼の中には亀が一杯。

亀が泳いでる・・・・亀が重なっている・・・すごーーいと単純に喜んでしまったのですが、しっかり参拝もしました。来年はぜひヨンジュナも連れて行かなくちゃ。

とにかく外国人が多い 今時当たり前でしょうか。あちこちで知らない言語が飛び交っていて、時代は変わっているんだなあと実感。

そこで暫く過ごしたあと、迎賓館へ行きました。

荷物検査のあと、中へ入ったのですが、その豪華絢爛たるや・・・フランスのベルサイユ宮殿を真似したというだけあるかも。

っていうか、壁が白くて金が張り巡らしているでしょう?これってまさに宝塚の世界における配色です。白地に金モールとか、白地に金の羽根とか。

壁を見るだけで「わあ宝塚の世界」と場違いな事を考えつつ。

その華美な所が大正天皇にも昭和天皇にも敬遠された原因と言われますがわかる気がします。

鹿鳴館の時代。文明開化だと言って一生懸命にヨーロッパのような装飾とか間取りを受け入れようと頑張った日本人。でもはっと気づくと「こんなの絶対に合わないよ」ですよね。ベルサイユ宮殿でブルボン王家はきんきらきんのベッドルームで眠れたかもしれないし、鏡の間で沢山のシャンデリアの下で踊れたかもしれないけど日本人はわびとさびの世界に生きているんですもん。

あの豪華なまあるいシャンデリア(私の一番のお気に入り)ふっくらとして可愛らしいデザインも「うざい」と感じる人がいたんだろうなあと思います。

七宝焼きの鳥のレリーフが落ち着いてて二番目に気に入りました。

そして悠仁殿下が指をさしていた天井の鳥の絵が本当に西洋風で美しく。

あの壁に張っている黒の西陣は今回触れましたよ。

かつては昭和天皇と香淳皇后も懐かしくご覧になって。

でも、

ここが国会図書館だった時代に戻って欲しい!そしたら絶対に行くもの!!

白黒でもわかるシャンデリアのかわいらしさ。

悠仁殿下が座っていた椅子もありましたよーー

ただ、この迎賓館。一つ一つがめっちゃ狭いんじゃないか?と思います。

大広間とはいってもそんなに大きくないし。皇族方や要人が来た時はロープを張ってないから広いのかもしれないけど、あそこで晩さん会や首脳会談をやるとぎゅうぎゅう詰めに見えないかな。壁の装飾がよけいに狭く見える感じがします。

それに迷路みたいだし、ど真ん中の階段・・・で通路が分かれてて。ちょっと使い勝手が?

でもボウルルームにオケボックスがありながら一度もその用途で使われた事がないというのはあまりに勿体ないです。あそこにはバッスルスタイルのドレスこそふさわしいですわ。

ジュゴン様は、ナンバーが振られた部屋に興味津々。中はどうなっているのかしら?ルームサービスが使えるなんてゴージャスなホテルだなあと。ベッドの位置は?

テーブルは?でもそういうのはセキュリティ上教えられないんですって。

そもそもあの迎賓館であっちこっちに立っている人は委託されている人なのであまり歴史に詳しくないというか。

でもっ!

見つけちゃいました。こんな感じかなあ?こんなに広くは思えないけど。

空は澄み渡り、花が咲いて美しい。正面からお手ふりしたら気分はいいでしょうね。

日本が誇るべき建物ですね。本当に。見る事が出来てよかったです。

迎賓館を後にしてバスは一路根津神社へ。根津神社にも実は行った事がないです。

そんなに長い距離じゃないけど結構疲れて来ちゃったのは事実。

根津神社ではつつじを見るはずが散っちゃってたし、能楽堂でフラダンスやってるし。ジュゴン様からは面白い話を聞いたり、先日、宝塚でご一緒した時に、ジュゴン様の若かりし頃のお写真を見せて頂いたので、私も張り合ってアルバムからスマホに移してきたんです。21歳とか22歳くらいの時のを。恥ずかしげもなく

ふぶきちゃんって見た目変わっても心の見た目はこっちでしょ」と鋭く言われてしまいました ははは・・・その通りです。

それに老後のお話もしましたよねーー あまりにも前向きでスタミナ満載の年上の添乗員様の姿を見ていると、枯れ果てている気もするし。お金も必要だし。

私も人生、怖いものなんかないと言って見たいです。

最後は西新井大師に。こちらでは真言宗の和太鼓チーム「千響」がわざわざ会津からやってきて壮大な太鼓を披露していて、その素晴らしかった事といったら。

しゃくやくもボタンも藤もなかったけど、それだけで十分満足でした。

天気に恵まれ、気温に恵まれ、家に着いた途端に風は出てくるし空は曇って来るし。

本当によい日でした。楽しかったですね。ジュゴン様。

また誘ってくださいね。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

セクハラ発言

2018-04-21 07:00:00 | つれづれ日記

職場の歓送迎会がありました。

メンバーも変わって、いわゆる「普通のおじさん」たちが飲む・・・という去年までは考えらない明るい宴会だったのですが、やっぱり聞き方によってはセクハラ発言みたいなのがすっと飛び出し、「なかったことにして」と言われます。

何をセクハラととらえるかはその人の価値観ですけど、財務省のなんとかさんの場合、どいういう事なのか今一つわからず。

女性の方にも問題があったんじゃないか?ハニートラップっぽくないか?と思ったりするし、真正面から切り返す、あるいはかわす、冗談で切り返し言い訳できなくする・・会話とはそういうものなのでは?

「縛っていい?」

「手錠をかけてもいいですか?」って言ったら笑いですんだような気がするし。

何だかも、何でもセクハラ・パワハラ・・・上司たちは戦々恐々、政治家たちも同じで

会話が出来ないのでは?仕事ってそんな事で脚の引っ張り合いをしている場合じゃないですよね。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

ベランダの春

2018-04-19 18:21:41 | つれづれ日記

ベランダの花がどんどん咲いて、「狭くなった」と旦那が愚痴ります。

とはいえ、彼がベランダに出るのは夜が多く、大抵の花はしぼんでいる時。

土日にならないと真昼間の花を見る事が出来ないんですよね。

向こうの黄色い花は夕方にはしぼんでしまうので「これ、本当に咲いてるの?」と聞かれてしまいました・・・咲いているんだよーー

手前はゼラニウム。左上はバコパ。

バラが咲いて、ベランダが狭くなりました。チェリーセージも万回で、そろそろ終わりのガーデンシクラメンなども頑張っています。

観葉植物から始まって、家族には「やりすぎ」と叱られ「どれかあきらめて捨ててよ」と言われ・・・それでも子育てよりはずっとずっと。

ジュニアが出て行った後から私の心を癒してくれたんだもの。やっぱり捨てられないって。何でダメなのよ。

「何でも凝るからダメなのっ!」って姫には言われています。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

手荒れがひどくて

2018-04-07 10:12:23 | つれづれ日記

情けない話ですが、ちょっと主婦湿疹みたいになってしまい・・・皮膚科に行くべきかどうか悩んでて集中できないので今日はお休みします。

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

親の生年月日を知らないのは普通?

2018-04-05 07:00:00 | つれづれ日記

 せっかくしまきさまから「皇族に学歴が必要か」というお題を頂いたのですが、仕事が忙しくて残業続きでちょっと疲れてしまい、きちんと書く事が出来ません。ちょっと待って下さいね。

4月5月は役所が繁盛しますからねーー

 

で、タイトルなんですけど、実は窓口に22歳の男子が来ていきなり親の住民票が欲しいとかいうんです。

申請書書いたはいいけど、必要な親の生年月日が書かれていず、「知らない」っていうんですよ。よく児童手当などを申請に来るパパが「子供の生年月日?あれー?何年生まれだっけ?」っていうのはありますけど、そもそも親が何歳か生まれた年も月日も知らないという若い方が多くて。

以前、そういう子が来た時は「それって知っとく必要ありですか?」と言われ、唖然としました。

そういう風に言われたら答えようがないじゃない?

でもその時は「知っとく必要あり」と言いましたけど。

今回は、父親の印鑑証明も必要で、その申請書にも生年月日がなく「知らないって言ったじゃないですか」って開き直られました。

色々紆余曲折を経て、結果的に「今後、ご両親の生年月日を知らないとお役所などではねられるから覚えておいた方がいい」と言ったら

じゃあ、家庭が複雑で覚えられない人はどうなるんですか」って言われ、またも絶句。じゃあ、何で一緒に住んでいるんだよーーって言いたかったけど、基本的に本籍地や生年月日を同じ戸籍に入っている人、同じ世帯の人は知っていて当然という扱いなんですよ。それが彼には不満だったらしく「家族って言うけど・・」とさらにつっかかってきて。

私達世代は親の生年月日は知っていた筈。生まれた年は知らなくてもひにちくらいは知っていないと誕生日のお祝いも出来ないでしょう?

でも、今時の20代は「親の誕生日なんか祝わないし、何歳かを知る必要もない」と思っているみたいで。一人二人ならそういう子もいるかなと思うけど、たまたまうちに来る人がみんなそう思っているだけなのか?

そこで20代職員に聞いたら「親の生年月日?あ、知らないです」って言われて「あ、そう」としか。

「何歳かっていうのはぼんやりとわかるけど、正式なのは知らない」だって。

そっか、親の生年月日なんて関心がないんだなあと思ったらちょっと悲しくなりました。うちの子供達にはしつこいくらい誕生日アピールしているので、生まれた年は昭和で言えなくても多分西暦なら言えるかなとか思いますが。

逆に「知ってほしくない」と思っている親もいるのかしら?

私なんて郡山宮夫妻の生年月日まで覚えさせられているんだけどなあ。

 

 

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

お返事とごめんなさい

2018-04-04 07:00:00 | つれづれ日記

>クースケさま

ごめんねーー珠城だよねーー申し訳ありませんっ!!たまきり・・ほんと、いい人ってのが表に出過ぎでこれでトート閣下やるの?ですよね。

クースケ様は炎の妖精ファンでいらしたのですね。私はツレちゃんファンでした。

 

>午後の紅茶様

あれだけ色々書いて「無駄な時間を過ごしてしまった」って言われたら私の立つ瀬がないです。考え方が違うのは記事を読めば分かった筈です。色々辛いご経験があり、雅子さんの静養くらいで目くじら立てるなんてと思われる気持ちはわかりましたが、公人と私人では立場もあり方も違うという事を言いたくて今までずっと記事を書いていたのにあなたは全然読んで下さらなかったんですね。

結果、一人で不愉快になって反論されたらまた反論して「無駄な時間を・・・」ってかなり失礼です。そうやって他人のコメントの言葉尻を捉えるからどこぞで叩かれるのではないですか?(滅多に怒らない私を怒らせたわねーーBYアーネストインラブ)

眞子様のモッコウバラが咲きました。どんな環境でも毎年必ず咲くんです。

満開になったらまた写真をアップします。

わかりにくいけど

これはカロライナジャスミンなんです。ベランダが黄色で一色になるまであともう少し?カロライナジャスミンは植えてから3年目くらいにやっと1輪咲いて、そして去年よりはまた咲いて・・・です。もっとぶわーーっと咲くと思っていたんですけど、肥料をやりすぎたかなあと。

さて。

コメント欄がにぎわっているのでそれはそれで私は嬉しいです。

出来るだけどんな意見も反映したいと思っているのですが、私が隙を見せてしまった為にまた荒れてしまい申し訳ございませんでした。

雅子さん派というか、そういう方々は「紀子様堕胎説」や「紀子様は好きで皇室に入ったんだから」とか平気でひどい事を言うのに、外見云々は許せないとリベラルにものをおっしゃる・・ということをわかっていながら反映させた私の責任です。

わかりますか?

「今更男の子を産むなんて雅子様がお可哀想」っていう人が「雅子様の体臭云々は許せない」なんて、どっちもどっちとしか私には見えないのですが。

ワイドショーでも「真面目過ぎる雅子さまは病気になって公務が出来なくなった」とか言われているらしいですが、真面目すぎて仕事が出来ないなんてそりゃ無能でしょ?ってはっきり言ったら「それは差別」というのがリベラル派のおっしゃることで、どんなに言葉を尽くしても理がわからない人にあれこれ言っても無駄だろうと思うのでここらへんにしておきます。

が!

皆さん。私の記事をちゃんと読んでくださっていますか?

最近のコメントは記事に対してというより、思い込みや自己主張が多いような気がするんです。

私の記事を読んでいないか、上っ面しか見ていないか、最初から読むより自分の考えを主張したいか、そういう人達のコメントを見ているとちょっと悲しくなりますし、むなしくなります。

私、何の為に記事を書いているんだろうって。

私達はなぜ皇室を尊敬できなくなったか」シリーズは、来年の新天皇即位に向けて真実を語りたいから、書いているのだし、「何を言っても皇室は変わるまい」と思っている人達へ「あきらめるな」と言いたいから書いています。

2000年の皇室の歴史をひもとくとこんなに面白いんだよ、決して自分に無関係なことではないんだよと言いたいですし、もっともっと皇室や日本史に興味を持って頂きたいし、教科書では習わない「真実の日本史」を知って頂きたいです。

だからちゃんと記事を読んで、質問やわからない事があったら聞いてほしいし、その為の調べものなら苦ではないんですよ。

とにかく過去記事も含めてちゃんと読んで下さいよ。その記事に対してどう思ったか教えて下さいよ ねえ!

今のままではむなしすぎて、ああ、そう思うと余計に雅子様大好き派を喜ばせるのかと思いつつ心が折れそうです。

崇徳上皇の話、継体天皇の話、面白くなかったですか?すでに知っている事だから興味ないですか?難しいですか?わかりにくいですか?

私はそういうコメントが欲しいのです。

宝塚に関しても、観劇好きな人は勿論、知らない方にもその面白さを知って欲しいと思いつつ、特に宝塚歌劇団が現在抱える問題点などを浮き彫りにしつつ、脚本や演出中心の評になっているんですね。

勿論「たまきち大好きです」「ありちゃんかっこいい」ってコメントも欲しい・・・すごーーく。

この間、スカステで〇〇を見たけどこれってどういうものなの?」とか、そういう質問も欲しいです。

先日、ジュゴン様と観劇をご一緒し、昔の宝塚と今の宝塚の違いをあらためて考えましたし、色々お話出来て本当に楽しかったんですよね。

出来ればジュゴン様の空白の時間を埋めて差し上げたいと思う位に。(いや、単にDVDみてよーーみたいな?)

場外乱闘みたいなやりとりはちょっと悲しいです。

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

印西市小林牧場の桜並木

2018-04-01 19:34:07 | つれづれ日記

ジュゴン様がスマホで撮影した印西市の小林牧場の桜並木をお楽しみください。

 

 

そういえば桜も終わりですね。土曜日は宝塚を見て帰宅が夜の11時近くで旦那が駅まで迎えにきてくれたんですけど、近くの霊園の夜桜並木をドライブしてくれました。

日本人にとって桜は格別なんですよね。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題

2018-03-22 07:00:00 | つれづれ日記

 みぞれになるなんて・・・寒すぎです。

実は今住んでいる街のデパートが閉店になるというので、最後だし・・・と思って姫ちゃんと行って来ました。

43年間も市民に愛されて来たデパートです。私が上京した時、こんな小さな街にデパートがあるんだって驚きました。

お隣の市は広くて大きくて畑も多いけど駅前の華やかさはこちらと比べものになりません。デパートだって2つもあるし、何かって言うと隣りの街の方が都会だと普通の人は思っているでしょう。

そんな田舎の街にデパートがあったんです。私が住み始めてから30年くらいですが江戸川の橋を電車で渡る時に必ずそれが見えていて、帰って来たなあと思います。

上京したばかりの時は故郷の仙台の方がキラキラして好きだったし、正直このデパートが見えてくると「ああ、また仕事かあ」と思ったりしたものでした。

でも冠婚葬祭においてとてもお世話になったんですよ。

喪服を買った時とか、結婚した時のお祝い返しを買った時とか、ジュニアが生まれる時に郡山宮妃に親戚のお古産着ばかり送られて来て、悲しくて悔しくてせめて1着でも新しいものを買ってあげたいと思ってベビー服バーゲンに行った思い出。その後もベビー服バーゲンは3人の子供達を育てるにあたってはありがたいものでした。

何もデパートで買わなくなってと思うけど、あの当時はちょっといいものを着せて上げるというのが一種のプライドだったのかな。といってもミキハウスには手が届かなかったんですけどね。

そうそう、姫ちゃんが生まれる時に、サンタさんのような可愛いおくるみ風ベビーコートを見つけて即決で買って、ヨンジュナにも使って、今も大切にとってあります。いつか孫に着せられたらいいなと思って。

旦那の部下に子供が出来る度にベビー服をプレゼントしてました。

郡山宮妃の誕生日には必ずこのデパートでネックレスや財布やマフラーなどを買ってプレゼントしていました。

30代の頃はTOMATSUというセーターブランドが好きでよく買っていましたし、コートやスーツも全部ここ。姫の七五三の着物を借りて写真を撮ったのもここなら成人式もここ。家族写真は全部ここです。

バレンタインのチョコを買うのもやっぱりここ。

近年、私の様な世代には合わない服が増えて、購入する事は滅多になくなったのですが、おしゃれに疎かった姫ちゃんが好きなブランドが出来て、店員さんと姉妹のように仲良しになって服を全部選んで貰い、支払の方法まで相談でき、本当に助かっていたんですよね。

このデパートに人が入ってない事はわかっていました。若い人はどんどん都内に出ていくし、高い服は買わないし、お年寄りにとってはデザインが悪くてちょっと。

高級品はあまり売れない時代なんだと思います。

それでも街の象徴だったので付近の商店街を始め、守ろうとする人達は沢山いたんです。市が一部を借り受けてギャラリーにするという話もありました。

しかし、そんな市民の思いを蹴飛ばしたのが市議会で「こんな赤字デパートを守っても意義がない」の一言で突如閉店が決まってしまいました。

不思議なもので閉店が決まると、市民はまた通い出すんです。

みなさん、何か取りつかれたような感じで買っていかれます」と店員さんが離していましたが、私と姫も同じで、「最後なんだから」と、普段は通り過ぎるような所まで見て回るという濃厚さ。

ほんの一か月前にもカバンを2つ買って、また買ってしまい・・洋服も気が付いたらとんでもない金額なっていたり。

デパートの歴史を語る歌が出来たり、ありがとうメッセージが壁に貼られたり、どんどんさよなら感が出てくるととにかく寂しくて悲しくて仕方ないんですよね。

これからはどこで写真を撮るの?どこでお返しを買うの?電車で隣の市までいく?ありえないよーーじゃあ、ネットだよねーーみたいなね。

最終日はそれこそ会計に行列が出来る程売れまくって、私と姫ちゃんも普段は滅多に買わない今治バスタオルを買いまくり。

でも本屋あらどんどん本が消えていく様子や文房具店に商品ゼロの状況をみるとさすがに胸が痛くなりました。

姫ちゃんの大好きな店員さんも退職が決まり、涙・涙のお別れ。

たかがデパート、たかが百貨店。時代に合わなくなっただけなんです。

それでも、43年間も街の象徴だった事は事実で、私達は無くなる今、初めてその大切さに気付いているんじゃないでしょうか?

象徴を失うという事はこんなにも喪失感があり、心の中にぽっかりと穴が開くようなもなのでしょうか。まるで街全体が一段格下になってしまうような焦りが襲います。

もう江戸川を渡っても灯りは見えないんだなあ。

人口は増えている我が街ではあるけど、結果的に隣りに負けたな・・・とかね。

スカイツリーが出来ても東京の象徴はやっぱり東京タワーでしょう?

この街にとってデパートはそういう存在だったんだと思います。

そして象徴を失う事は心理的に大打撃を受ける事でもあります。

・・・みぞれが悲しいよね。本当に。

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

カワちゃんのじゃがりこ面接です!

2018-03-19 07:00:00 | つれづれ日記

 僕、カワです。カワウソランドの王子なんです。

最近、プリンセス・眞子が可哀想で・・・やっぱり将来のお姉さまだし、優しくしてあげたい。

なのでプリンセス・眞子の笑顔を取り戻す為に「じゃがりこ面接」いきまーーす。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加