ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

ギラギラ・流星の絆・ブラッディ・マンディ・しゃばけ

2008-11-30 12:03:52 | ドラマ・ワイドショー

 このところ、やっぱりドラマの視聴率が気になります。

大河ドラマ「篤姫」は相変わらず25%を誇り、大成功と言えるでしょう。

他には「相棒」17%、そして今期のドラマでは「流星の絆」が14%、

「風のガーデン」が13%・・・高視聴率を記録しているのは軒並み

バラエティばかり

先日、我が家のジュニアと喧嘩しまして・・・・

「お笑が好き」という彼に「じゃあ、今の芸人がやっている事が果たして

芸と言えるの?そんなの関係ねえとかイチ・ニーサーンとかいうのが

本当に笑いの芸なのか?見てて何が面白いの?」

と言っちゃったんですけど

高視聴率を記録している「レッドカーペット」「エンタの神様」その他

お笑い芸人さん達が多数出演しているバラエティのくだらなさというのが

年々アップしているような気がして

ドラマを一生懸命作っても中々視聴率が上がらない原因には

見る側がもうあまり物事を深く考えたくないと思っている部分もあるのでは

ないかと

そして芸人さんもまた一生お笑いでやる気はないんだな・・・と

ある程度知名度が上がったら途端にイメージチェンジする。

今時のお笑はその程度の寿命の短いものでしかないって事で

末法の世だなあ・・・と思う始末です。

 

 確かにドラマを作る側にもストーリーやキャスティングの点で

問題は多々ありますが。(意味のない2本3本かけもちとか・・・・)

 

 ギラギラ 

とうとうバレちゃった・・・・公平が妻子持ちだってこと

そして奥さんにも「ホスト」やってるって事

我が家の姫いわく

何でホストが妻子持ちじゃだめなの?」

「何で夫がホストじゃいけないの」って・・・

すぐに説明するのが難しいって言うか。

 体育会系のノリで「リンク」のメンバーはまとまっているので

いわゆる「水商売」に見えないのよね。

実際のホストの世界はもっとドロドロしていると思うのですが

次回は最終回です。

 

 流星の絆 

 

しいちゃんが実の妹ではないという事が公になり、兄弟間に微妙な

空気が生まれてます。

特に泰輔君は妹以上の感情があるみたいで その割にはやっぱり

お兄ちゃんだけどねーー

功一君はやっぱり「兄」として長男としてしっかりしてる所がいいかな。

でも本当に戸神パパが犯人なのか

謎めいた三浦友和刑事さん・・・・(本当にカレーにチョコレートを振りかけて

食べるとおいしいのでしょうか)

それから意味があるのかないのかわからないけど、出てくる中島美嘉

功一君との関係が面白くて・・しかも海に飛び込むし

クドカンのこういうノリについていけない人がいるんでしょうねーーー

ほんと、クドカンの脚本は慣れが大事です。

 

 ブラッディ・マンンディ 

 ついに大量感染。しかも教祖様は釈放されちゃう

本当にリアリティがあるけどーーオウム真理教がやりたかったことって

本当はこういうことなんじゃ

そう考えると本当に怖いドラマです。

スピード感もあるし、今時旬の俳優を使っているのに視聴率が上がらない

原因は、やっぱり「わかりにくさ」「リアルすぎる」部分でしょうか

でも成宮君のジェイは「助演男優賞」もので上手っ

三浦君は役柄もそうだからしょうがないけど、やっぱり表情不足って

感じかな (まだ新人だし?)

吉沢悠も今回は頑張ってます こういう役をやれるってのがいいですね。

 もう次回が気になって気になってしょうがないドラマです。

 

 しゃばけ うそうそ 

 

前回の「しゃばけ」は面白いと思わなかったのですが、今回はとっても

よかったです  

手越君の青天姿にも慣れましたし・・・(高木はダメっ

今回のストーリーは本当に胸にじーんとくるものがありました。

これって宝塚で上演できませんか?

一太郎君、すごく可愛いキャラだし、それでいてヒーローとしての要素は

全部持っているし

真矢みきさんのお母さんと岸部一徳さんのお父さんがまた素晴らしい出来で。

天狗の中村扇雀さんやら山神様の古谷一行さんもよかったです

十朱幸代さんがおばあちゃん役をやるようになったんだなあ・・・と

ちょっと感慨深いものがありました

続編希望です。

コメント

秋篠宮殿下43歳に3

2008-11-30 11:44:18 | 皇室報道

 先日、皇太子夫妻と秋篠宮夫妻の結婚の儀の時の報道を

録画したビデオをじっくりと見たのですが、明かな違いを発見して驚きました。

 

 礼宮と紀子さんお間には「学習院」という共通点がある。生活ぶりも

  二人はとてもよく似ている。

 皇太子と雅子さんの間には価値観の共有が全くない。

  自然の中で質素に育った皇太子、一方雅子さんは外国の観光地を

  あちこち旅行して回っている映像ばかり。

 

 礼宮は小さい頃から動物が大好きで「学問」へと発展させ、その

  勉強ぶりについては学習院やオックスフォードの教授達も絶賛している。

  学者という言葉がよく似合う。

  紀子さんは「手話」をライフワークにしており、現在も続いている。

 皇太子夫妻にはライフワークがない。二人とも学歴や学校歴が

  華やかであるわりには研究目的がない。なので、エピソードも

  あまりなし。(「テムズの・・」という本だけ)

 

 礼宮&紀子さんを取り巻く世界は「皇族及び旧家の上品な世界」

  (決してセレブではなく清貧)

 皇太子夫妻を取り巻く世界「皇族及び旧家」であっても雅子さんを

  取り巻く世界は「学歴と権力至上主義」ゆえに、番組に参加している

  「二人の学友」達のコメントに食い違いが。

 

 秋篠宮夫妻の結婚には「学習院」関係で旅した地方の人々や

  大学教授、昔住んでいた場所の大家さん、さらにタイの王室、学術関係

  者など多岐に渡る人達がお祝いコメントを出していて、交友関係の

  広さがうかがえる。

 皇太子夫妻の結婚にコメントした人たちとの間にはあまり親密さが

  感じられない。

 

 紀子妃の学友(NHKアナウンサーの娘で大学まで一緒)

  いわく「大学に入ってから紀子ちゃんは急に言葉使いが変わった。

  何でなのかと思ったけど、今思えば礼宮様とのお付き合いがあったの

  だと思う」

 雅子妃の学友(デンフタ時代)いわく

  「皇室に嫁がれてからはどのように連絡をお撮りしたらいいですかと

  質問したら「自分が住む場所の住所すらまだわからないのよ」と答えた」

 

 礼宮は昭和天皇から大変可愛がられていて留学する時、特にその

  生活について心配して侍従に問い合わせていた。紀子妃のおしるしは

  昭和天皇にあやかって「檜扇あやめ」

 

 まあ、皇太子は将来天皇になる人なので特別に学問的なライフワーク

  が必要だとは思いませんが、それにしても夫妻そろって独身の頃から

  何にもなかったというのはちょっと悲劇ですね。

  特に雅子妃に関しては「成績」しか誇るものがなく、芸術関係に対する

  造詣が全くないというのが特徴です。そういう意味ではこれほど

  「皇室」から遠いところにいた女性とよく結婚する気になったな・・・と。

 

 結婚の儀やパレードでの紀子妃の所作については、マスコミは

  こぞって「今時生まれながらの皇族のような女性がいたのか」と驚き

  称賛していました。雅子妃に関してはNHKで草柳大蔵氏が

  「大変ご立派ですね」と言ったきり。しかも「1億総中流時代の皇室の

  象徴になるだろう」と言ってます

  確かに皇太子夫妻のありようをみていると、バブル時代をひきずって

  いるような風情がありますけれど。

 

 「結婚の儀」の朝、紀子さんはピンクのスーツに身を包み、近所の

  女の子から花束を貰ってお辞儀。ご両親に挨拶して車に乗り込み、

  会釈して出発。

  礼宮は赤坂御所で両陛下、皇太子、紀宮から見送りを受け、笑顔で

  車の中から手を振って出発。みんな笑顔。

  雅子さんは朝、車に乗り込むなり左手でお手ふり。皇太子は東宮御所に

  一人立って笑顔なし。

  どうにも当時から孤独感が募る皇太子夫妻です。

 

 皇族の公務というのは、自分が興味ある事の学問的発展の結果

  であるといえるでしょう。

  秋篠宮殿下はその昔は「ナマズ」の研究で知られ、今は鶏。その他にも

  自然動物関係、水関係・・・と学術的な公務を多く開拓して来ました。

  紀子妃も「手話」を通じてろうあ者や福祉に関する公務等を開拓。

  (皇太子が声高に言っている「水公務」も元々は秋篠宮が先に始めた

  事で、現在でも続いている)

私の研究の位置付けですけれども、私にとっては知りたいことを知ると

いうこと、これがやはり1番だと思います。それからもう1つは、

ふだんの生活の中に研究という要素があることによって、

何て言うんでしょうね、

自身の活性と言いますかね、そういう部分になっていると思います」

と今年の会見でおっしゃっていますが、抑制された生活スタイルの中で

学問」「福祉」「芸術」そして「祭祀」といったものに意義を感じられなければ

正直、「皇族」なんてやってられないと思います。

けれどそういう宿命のようなものを受け入れて精進する心構えというものが

秋篠宮殿下にはあったという事で、同じ思考の妃に恵まれた事は

本当によかったと思います。

 

 「年をとってからの子育てはきつい」と殿下はおっしゃったようですが

(本当にそう思います)東宮家に比べて人手も予算も限られた中で

次代の天皇を育てるというお役目は本当に大変だと思いますが、

どうか頑張って頂きたいです。今後は東宮家に遠慮なさることなく

両陛下のもとに駆けつけて頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

秋篠宮殿下43歳に2

2008-11-30 10:37:33 | 皇室報道

 今年2月に羽毛田長官が皇太子ご一家のご参内回数が

  増えていないと発言したことについて、どのように受け止められましたか。

  両殿下のご参内に対する考え方についても併せてお聞かせください。

羽毛田長官が今年の始めに発言したことは、参内の回数ということも

 言っていましたけれども、自分の発言したことを大切にしてほしいということ

 それが一番の趣旨だったと私は理解しております。

そのことから言うと、私も小さいことも含めて、

あまりこれは言いたくはないのですけれども、いろいろと頼まれて…。

安易に引き受けて、その後、間に合わなくて周りの人に

 迷惑をかけていることが、多々あるわけではありませんけれども、

時としてあります。そのような自分自身のことを考えますと、

自分が言った言葉を大切にするということは、私自身も心して

おかなければいけないなというように思います。

 それと参内についてということですけれども、

 私たちにとって参内ということは御所に行って、仕事の話ですとか、

研究の話もあります。そのほかさまざまな話をする場と考えております。

そして私たちの子供たちが一緒に行っているときには、

世代を超えた交流をする機会であるというように思っております。

そのような中でそれぞれが、必要なことについて話をして、

その事柄についてみんなで意見交換を行ったり、

話し合いをしたりする場所であり、そのような機会をこれからも

大切にしていきたいと思っております」

 

 これまた絶妙な発言だと思いますが・・・・

自分の発言した事を大切にしてほしい」という事が重要だと

おっしゃっているのですが。

「参内回数」に関しては

世代を超えた交流」という部分が重要で、皇太子の

「(陛下との軋轢は)世代間の違い」としたことの正反対なわけですね。

(はっきりいって愛子内親王の参内回数は増えてません。

おまけに発熱で明日のお誕生日も参内しませんし)

古いものを切って捨てる皇太子夫妻、歴史を大事にしようとする秋篠宮夫妻

の考え方の差があると思います。

 

 両陛下の成婚50周年について

子供のころ、それからかなり大きくなるまでは、両陛下のなされてること

 というのをそれほど意識しないで、ある程度の年齢まできたような気が

します。しかし、そのある年齢以降、それから現在ですね、

両陛下の歩んでこられた姿というのを改めて考えますと、

常に一つ一つの事柄について真摯(しんし)に向き合ってこられたのだなという

印象を持っております」

 

 かつて優等生の浩宮に比べて「やんちゃで反皇室的」だと言われた

礼宮。私達国民の目に映る宮はブレスレットをしたり、学生結婚したり

わりと自由奔放な方だったのですが「ある年齢以降」そういうものから

卒業されて模範的な皇族に変わられたのだな・・・と思いました。

一方兄宮は今が反抗期のようで・・・・

何が兄弟を正反対に変えたのか。子育て中の母としては興味ありますが。



 

コメント

秋篠宮殿下43歳に

2008-11-30 10:37:02 | 皇室報道

 本日、11月30日は秋篠宮殿下のお誕生日です

43歳になられました

映像を見ると、前髪が伸びてちょっと「ゲゲゲの鬼太郎」になってますが

相変わらずのハンサムぶりで

御家族ではやはり悠仁親王殿下に目が行ってしまいますね。とにかく

可愛いっ お母様大好きって顔がまた何とも・・・本当によく笑う

親王殿下です

 

会見全文は こちら

 

 一部では「帝王学」などという言葉も聞かれるようになりましたが、

   今後の教育方針については、どのようにお考えですか。

これからしばらくすれば幼稚園に行って、それから小学校、

だんだん上の学校に行くわけですけれども、そのような中できちんとした

社会生活をできるようになってくれればと思います。

それと同時に皇族としての自分の立場もおいおい自覚し、

これは前に娘たちのことでお話ししたこともあったかもしれませんけれども、

持ってもらうようになったらと思っております。自分が関心のあることなどを

深めていってくれればよいなと思っております」

 

 皇室典範上、皇位継承順3位である悠仁殿下ではありますが、皇太子

夫妻は公に「皇位継承者」として認めているわけではないと思います。

 誕生時に正式にお祝コメントを出していない

  女帝・女系派に取り込まれている)

そういう事に配慮して「娘と同じように」と気をつかいつつ発言されています。

皇族としての自覚」をという部分までがぎりぎりの所なんでしょうね

実際には頻繁に皇居に参内し、立派な帝王学教育をしていると思いますが。

 

 両陛下の公務軽減に関して

昨年、陛下のお仕事の全体量の把握ということを申しました。

今年の1月から10月までのお仕事の量と、昨年の1月から10月、

同じ時期を比較してみますと決して昨年より今年が少なくなっていると

いうことはないんですね。むしろ昨年より多いぐらい。  

これにはいろいろな要因はあるかとは思いますけれども、

このようなお仕事の量ということについては、引き続き皆で考えながら、

どのようにしていくかということを検討していく必要があると思います。

 一方、お仕事の数を減らしていくということは横並びの関係もありましょうし、

なかなか難しいところがあるのも事実だと思います。そういうことを

かんがみますと、具体的にどうというのは今すぐ案が

出てくるわけではありませんけれども、一つ一つの行事の内容といいますか、

中身を変えていって、

それでご負担軽減につなげていくことができるのではないかと思います。

 例えば、昭和天皇が高齢になられてからもそういう形で宮殿の行事での

負担軽減が行われております。ただこれは、

恐らくそうだろうと思うんですけれども、昭和天皇が高齢になられてから、

それを当時の皇太子殿下やそれ以外の皇族が分担したということは

あったでしょうか。私はあまりなかったというように記憶しています。

 恐らく現在の陛下の場合にも、これは先ほどの付け足しになりますけれども、

今の皇太子殿下や私たちに譲れるものはもうかなりの部分

譲られておりますので、そのことからも分担ということを考えていくのは

なかなか難しいのかなというように感じております」

 

 皇太子夫妻はどうも天皇の「名代」としての役割を果たしたがっている

部分が見えます。女性週刊誌などはかなりそれをあおっているのですが、

殿下の発言「昭和天皇が高齢になられてから、

それを当時の皇太子殿下やそれ以外の皇族が分担したということは

あったでしょうか。私はあまりなかったというように記憶しています」

はそういう動きへの牽制かなと思います。

なぜなら 残念な事に下手に公務を皇太子にさせてしまったら

国益を損なうような態度をしたり、あるいは勝手に公務をやめてしまう

可能性があるからです

「(天皇の公務軽減に関して)周りが考えるべき」との見解を出した

皇太子とは180度違う発言ですね。

 


 

コメント

小児救命・風のガーデン

2008-11-28 15:49:30 | ドラマ・ワイドショー

 太郎VS一郎の党首討論が始まっているようですね

太郎と一郎・・・どっちも長男につける名前だけどさーー

外国人にどう説明したらいいんだろう?

 「病気の人に不愉快な思いをさせたなら謝ります」と太郎さんは

言いました 

頑張って健康維持している人に特典が欲しい」という発言もあるんですね。

おいおい さすがに庇えません まるでうちの舅みたいだよーー

「母たる者、常に明るく健康でいるように努力しろ」っていうのと同じ。

 

 小児救命 

 

 結局、また24時間体制になったんですね。しかも、今度は

ドクターやナース賛同の元に・・・

一度は「11時まででいい」と言ったけど、出産間近の妊婦が飛び込んで

来た事で「やっぱり24時間にする」って考えがころっと変わるあたりが

なんとも安易です

DVの問題はそんなに簡単に解決する事じゃありません。

日常的にDVを受けている妊婦が子供を産んで「母親が守る」と

思ってもそううまくいくとは限らないのです

これまた安易に「DVと出産」をとらえすぎ

 宇宙と刈谷先生、結婚するのかな?DVの記憶があって、

今一つ結婚に乗り気になれない宇宙。

ところで、宇宙を育ててくれたお母さんは何だってああいう状態になって

しまったんでしょう

最終回が近いと思うのですが・・・・このままで終わりかな?

 

 風のガーデン 

 

 貞美のキャンピングカーがおじいちゃんにみつかる。

 

 今回は岳君と大天使ガブリエルさんの会話に笑わされました。

  特に携帯が鳴った所で「天国にも携帯があるのですか?」

  「ヘブンズコールと呼んでいます」とかーー

 

 でも笑い話にならないのが「生前葬」のシーン

  普通だったら大笑いで終わるシーンなんでしょうけど

  (だって弔辞の中身が全部貞美の女性関係ばっかりなんだもん)

  だけど・・・・今回は貞美は本当に不治の病にかかっているという設定で

  しかももう長くないって事で。

  あの同級生たち、本当に貞美が死んじゃった時にどんな思いをするんだろう

  とか・・・ちょっといたずらが過ぎるんじゃないかとか・・

  色々考えて笑ってはみれませんでした。

  (まして今回は本当に死にかかっている緒形さんが出ているので尚更)

 

 緒形さんの表情一つ一つ、セリフの一つ一つが全部遺言に聞こえる

  私は、ドラマを見ながら暗くなってしまうんですよね。

  ラストシーンで、キャンピングカーの中に入って息子の病気を知った

  時の顔とか、その後逃げ出してしまう所とか。

  何だって最後にこんな役・・・せめてもうちょっと幸せな役で終わらせて

  上げたかった。最後の最後まで「生と死」を突き詰めるなんて。

  リアルすぎる緒形さんの演技で、ドラマ自体が重くなりすぎている

  ような気がします。

 

 

 

コメント (3)

OLにっぽん

2008-11-27 10:22:44 | ドラマ・ワイドショー

 結局、今期のドラマも今の時点で15%超えているのは

相棒」のみっ 視聴者のニーズと提供する側があってないのでは

何も予算をかければいいってもんじゃないですけど、いわゆる

「お笑」ばかり提供するテレビ局ってもう末期なんじゃないでしょうか?

小説や漫画が原作のドラマも多々ありますが、これは原作とドラマの

俳優がどれほどイメージ通りか否かによって視聴率が違います

キャスティングと原作がかなりいい加減だからっていうのも低視聴率の

原因の一つではないでしょうか?

 

 OLにっぽん 

 

 課長が倒れる。

 総務課主催の社内運動会を企画するも雨で中止。

 課長に離婚の危機 → 有休とって大阪へ

 

 今時「運動会」をやる会社なんてあるーー

  いくら「人は宝だ」とはいっても、そういう事で親ぼくと結束を図ろうなんて

  時代錯誤もいいところではないでしょうか?

 

 その準備を頑張るみんなのエネルギーはすごいけど、どうにも

  総務課って遊んでばかりいるイメージが強いって言うか。

  また「営業」と「経理」の争いね あれもなかなかないんじゃ・・・・・

  だって確かに「営業」は企業の花形だし、内心は「俺たちが一番」と

  思っていてもあからさまにするってあるかなーー

  (銀行や証券会社等金融機関ならありそうですが)

 

 それと・・・雨が降っているのに俳優さん達の足元にはしっかり

  「影」が せめてCGを使って暗くするとか出来なかったの?

  手抜きもいいところ。そういうことするから視聴率下がるんです。

 

 「お金にならず評価もされない無駄な事になぜ一生懸命になるのか

  というチビ太さんに対し、島子は

  「OLのやっている事は確かにそういう部分もあるが、決して無駄では

  ない。私達は無駄な存在じゃない」と言い切って拍手喝采。

  企業は働く人を人間だと思っているか否かと究極の問いを

  ぶつけたようなものですが。

  答えは簡単には出せません。

  だって・・・「無駄を省いて合理化」して今のような経済大国になった

  日本ですから。

  ほんと、難しいですね。

コメント

麻生総理・・何もしない人の分何で私が払う

2008-11-27 09:50:31 | 政治

 さすがにこの発言には自民党の方々も庇いようがないっていうか

麻生さん、お坊ちゃまだとは思っていたけどここまでとは

世の中には本当に苦労をした事がない人が存在するんだーーと

ちょっと羨ましくもあり・・・・・・

思えばあのくったくのない笑顔は「苦労知らず」そのものだもんね。

 

 「何もしない人の分何で私が払う」 

       高齢者医療に首相不満? 

 

 麻生太郎首相が社会保障を議論した20日の経済財政諮問会議で

   医療サービスを受ける高齢者に言及。

   (内閣府が26日に公開した議事要旨)

 

 「67歳、68歳になって同窓会に行くとヨボヨボして、

  医者にやたらかかっている者がいる」

  「彼らは学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方が

  はるかに医療費がかかっていない。それは毎朝歩いたり

  何かしているからだ」

 

 「私の方が税金は払っている。たらたら飲んで食べて

   (健康維持に)

   何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」

 

 冷静にこの発言を分析しないといけません。意外と「賛同」する人も

  多いし。

  「自分で不摂生して生活習慣病になっている人の分まで税金を

  払う必要がない」と思っている人って結構います

 

 「67,8になるとヨボヨボしてやたら医者にかかっている人がいる」

  これは多分「糖尿っ気があって」「高血圧だって」「ひざが痛くて」

  言い、薬を持ち歩いている人たちが一杯いるって事なんでしょう。

  元気で毎日ホテルのバーを飲み歩いている麻生さんから見ると

  「信じられない」って感じ

  そりゃあ、不摂生している人もたくさんいるかも・・・・

(麻生さんの同窓会である学習院卒の方々は多分みんな高収入で

健康にお金を使おうと思えばいくらでも使える人の集まりなんでしょうから)

  でも、体質とか予測できない病気とか、世の中にはいろいろな事情を

  抱えた人がいるという事を忘れてませんか

  残念なことに今の日本では高い国産品の有機野菜を食べる事が

  出来るのはセレブだけで、貧困家庭になれば農薬だらけの中国産野菜を

  食べなくてはいけないし、水一つとっても水道水を飲むか、ボトルを買うか

  だけでも違ってくるでしょう。

 

 多分、麻生さんの回りの「医者にかかっている」人達は、健康維持が

  出来るのにあえてしない人たちなんでしょうね。

  庶民は働きづめで健康に気を使う余裕すらないんですよ。

 

 総理は「予防医学の重要性を言った」つもりだとか・・・・

  でも「予防医学」というのは何歳まで適用されるのですか?

  私は、今時の「老い」を否定する考え方は嫌いです。

  だって、人間である限り、40歳を超えたら体力を維持する能力は劣化

  していくのは宿命ですから

  90歳になってもかくしゃくとしているか、60代で寝たきりになるか・・・

  これはもう「運」でしかないと思います

  努力で何とかなるなら人間はみんな「不老不死」になってますよーーー

  そうでないから「個性」なはず。

  今の「90歳になってもリハビリして自立させる」医療の在り方ってどうなの?

  90になったらいい加減誰かに世話されて、寝たきりになっても

  許して欲しいと思うのは甘えですか?

 

 定年の60歳ないし65歳まであくせく家族の為に働いても、それでも

  実際は70すぎまで働かないと食べていけない時代です

  子供達を一生懸命育てて一人前にしても尚、「迷惑をかける」という

  理由で介護も受けられない、「病気になったのは私の努力が足りないから

  といって病院に行くのも「負け犬」気分だなんて・・・・・

  あまりにも惨めすぎますっ

 

 「たらたら飲んで食べて何もしない人」の割合はどれくらいなのか

   教えてほしいわ 

   総理の世界観はあまりにも狭すぎ。お坊ちゃまぶりもここまで

  くると反感を買います。

コメント (5)   トラックバック (1)

チーム・バチスタの栄光

2008-11-26 09:33:56 | ドラマ・ワイドショー

 紅白出場歌手決定 

 

何となく初出場以外は変わり映えのしない面々・・というような気が

「ポニョ」の大橋のぞみちゃん、史上最年少出場という事は真っ先に

持ってくるのかな?でも藤岡藤巻の片割れさん、病気療養中じゃなかった

大丈夫でしょうか・・・・・

黒人演歌歌手のジェロ君。おめでとうございます おばあちゃんが

喜んでくれるよねーー

そしてっ 東方神起・・・やっぱり「太王四神記」のエンディングテーマで

くるかな (映像ありだともっと嬉しいぞっ

 

 笑っていいともにヅカOG6人登場 

 

 「愛と青春の宝塚」の宣伝の為、湖月わたる・紫吹淳・彩輝なお・

貴城けい・星奈優里・映美くららがご出演

「印象に残ってるセリフ」でわたる君が出したのが「激情」でのセリフ

カルメン、俺の太陽」でしたーー いきなり立ち上がって投げキッス

までしたのにはびっくりしたけど、かっこよかったなあ

でもどうして貴城以外の男役の方々はトップになってからの

作品のセリフじゃないの?

(彩輝なおなんて、初セリフ「畜生」ですからねーー

映美くららは本当に可愛いなあ もうちょっとドラマで使って欲しいです。

でもタモリさん的にはいつまでたってもヅカOG及び現役生は

「キワモノ」なんでしょうね

 

 チーム・バチスタの栄光 

 

 氷室先生がビルから飛び降りて死亡。警察は自殺と断定。

  でもグッチーはダイイングメッセージを残し、誰かに殺されたと思っている。

 氷室先生の死亡により、グッチーと白鳥の捜査は終了。でも二人は

  独自に調べ始める。

 

 「真実を調べてほしい」としていた院長がいきなり「もういいです」と

  言いだした理由がわかりません 

  だって、本当に氷室先生だけが犯人なのかわからないでしょう?

  氷室先生自体「術死は続くこれからも」って言ってるわけだし。

  しかも「完全犯罪」という言葉まで残しているしね

 

 「日ぶりに家に帰ったら飼っていたハムスターが死んでいた。

  悲しくて泣いたあと、そんな自分がおかしくて笑った。命って一体

  なんなんでしょうね」

  何だかすごくわかります 他人の命を救う為に自分の命を削って

  いるドクター達。でも実際、難しい大手術は成功しても、飼っている

  ハムスターの命さえ救えない自分がいる。

  (だからって赤の他人を術死に追い込んでいいという話にはならない)

  命に大きさがあるのか、優先順位があるのか 自分は医者として

  どうなんだろう。みたいな疑問は常につきまとっていると思います。

 

 では氷室先生は誰に突き落とされたんでしょうか?大友さん?

  でもなあ・・・女性にあの体はつき落とせないと思うけど

  鳴海先生が一番怪しいらしいけど、それも違うような気がするし。

 

 「術死は続くこれからも」が

  「術死は続くどこまでも」  「線路は続くよどこまでも」になっちゃう

  私って 「術死は続くいつまでも」とかねーー

  あのセリフの度に笑ってしまう私は不謹慎です。

 

 で・・・スワンガンツカテーテルを使わずに術死に至らせる方法って

  あるんでしょうか とにかくケース27がカギのようですね。

 

 

コメント

プリズナー・イノセント・ラブ

2008-11-25 09:42:35 | ドラマ・ワイドショー

 今年の紅白の司会は中居君と仲間ちゃん。仲・仲・コンビですね

でもちょっと飽きたなあ・・・

もうちょっと新鮮な顔触れに出来なかったんでしょうか

 

 プリズナー 

先週から始まったWOWOWドラマの「プリズナー」

主演が玉山鉄二 ロケ地がタイって事でどんな話なんだろうと

思ってとりあえず2話、録画してみました、

 

 主人公の圭吾は先輩の譲原の誘いでセイビリアという国で

  孤児達の世話をしている。元教師。

 譲原がジョイという男に騙されて40万ドルを奪われる。ジョイの所に

  乗り込んだ圭吾は逆に逮捕されて懲役10年の刑を言い渡されて

  刑務所に。

 譲原はジョイの手先に殺される。

 日本人ジャーナリストがこの件を調べ始めるが、ガイドが殺される。

 圭吾は決死の脱獄を企てる。

 

 いやーー・・・インパクトがあるドラマです

  何といっても玉山鉄二君、かっこいいっ へなへな風味の中村俊介

  君といいコンビでした。(BLっぽかったのに、あっという間に中村君は

  殺されてしまった)

 

 このドラマの悪役は中国人のボス。譲原が所有している土地が欲しい。

  要するに強制的な土地買収に絡んだお話です。

 

 とにかく、何でも「金・金・金」の世界 確かに東南アジアってそういう

  部分が大きいですよね。昔、タイに行った時、バスが高速で速度違反に

  なったのですが、お金であっさり解決したのには驚きました

  逆にお金さえあればかなり融通がきく社会ではあるのですが、そうなると

  敵が敵だけでなく、味方も敵になる可能性が高くて。

  そんなわけで、ひよこのような日本人の圭吾は次から次へと騙され、

  暴力を受け・・・もう見ているこっちも何を信じていいんだか

 

 あっちもこっちも中国人ボスに絡んで「裏切り」ばかりで。可哀想な

  圭吾ですが、これが実話に基づいたお話って言うのが怖い。

  だってーー無実の罪で証拠をねつ造して刑務所に送り込み、大使館は

  何もしてくれない現実があるんですもんね。

 

 毎週日曜日の午後10時からです。最後まで頑張ってみます。

 

 イノセント・ラブ 

 

 キヨカが一旦死にかけるが奇跡の回復。目を覚ます。

 

 いやーー・・・・ こんな怖いオカルトドラマは嫌じゃっ

  怖すぎます。キヨカさん 

  一度は目を閉じて「あ、死んじゃうんだな」と思ったら、なんと奇跡の回復

  この時点ですでに「ありえないっ」だけど、

  カノンに介護されている時、目をわずかに動かしたり、部屋に入ったら

  起き上がってたっ これって死人が目覚めるのに等しい怖さです

 不気味・オカルト風味満載の月9って何?

 

 昴の思い出によると(成宮君さあ、せめて「ブラッディ・・」と髪型や

  服装くらい変えてくれないと手抜きしているように見えますよ)

  キョカは相当な悪。

  そんなキヨカをひたすら愛し続ける殉也の気持ちがわからん

  植物状態の彼女が死ぬかもしれないという事は、予想されているのに

  ビルの屋上に上って・・・死ぬつもりだったのか何なのか。

  神様は自ら死ぬ事を許さないって神父さんに説得されたばかりなのに。

 

 しつこい程に流れる「友なるイエス」 あの賛美歌、もう飽きたっ

  高校時代も毎日のように歌わされて、あの頃も「飽きたーー」と

  思っていたのに、毎週、オルゴールで、BGMで、ピアノで・・・・

  もういいっ もういいから「友なるイエス」はやめて

 

 なーんか、もうすっかり見る気も失せているんですが、キヨカが

  目覚めてしまった事だし、やっぱりカノンちゃんの行く末が気になるので

  惰性で最終回までみるしかないかな・・・と。

 

コメント   トラックバック (1)

いま一つわからない動機

2008-11-24 17:55:37 | つれづれ日記

 ワイドショーもね・・・確信がないのに、予測だけで同じこと

ばかり繰り返し放送しないでほしいわけ

放送される以上、何か新しい情報があるのかと思うでしょ?

でも、実際見てみたらそんな事はなくて、既存の情報をコメンテーターが

ああだこうだと言うばかりで。

 

 小泉毅(46)容疑者は出頭前、父親に電話をかけてきて

  「手紙書いたから読んで」と言った。日曜日に手紙が届いたが父親は

  内容を語らず

 

 34年前にペットを殺された恨みと言っているが、保健所は自治体

  管轄で厚生省とはあまり関係がない。また、恨むなら保健所に犬を

  連れて行った親じゃないか?

 

 警視庁に乗りつけてきたのはレンタカー。犯罪に使ったのも別の

  レンタカーの可能性。見つかったナイフは9本。宅配を装う為の箱には

  吉村さんの宛名が書いてあった。

 

 出頭した時「事務次官を殺したのは俺だ」と供述。

  他にもやろうとしていた。

 

 7年前(?)にさいたまにやって来た容疑者。昼夜逆転の生活を

  して働いていた様子はない。でも家賃は支払っていた。生活費はどこから

  ねん出していたのか。

 

 出頭前、テレビ局のHPには「これは年金テロではない」との書き込みが。

 

 中学時代はほがらかな少年。結構頭もよかったらしい

 

 というのが情報のほとんどなんですが、これについてワイドショーでは

  堂々めぐりの「ああでもないこうでもない」と言っているわけです。

  そもそも何で「銃刀法違反」なの?

  ワイドショーによれば「警察が考えていた犯人像とは違っていたから」と

  いう事になるんだけど。

 

 一般人は「彼は身代わりではないか」「何らかの見返りに出頭させ

  られているのではないか」とみている人が多いのですが、やっぱり

  そういう事を公の電波でさも事実っぽく言うのはタブーと見えて

  弁護士さんやら犯罪心理の方々は

 秋葉原事件と同じ無差別殺人なのではないか。

 動機はやっぱり「ペットの復讐」それと劇場型犯罪。

 わざわざ「年金テロじゃない」と書いた所にキーワードが?

 

 でも、彼、山口夫妻を殺したのは認め、吉村さんの奥さんについては

  関与を認めているにすぎないらしい

  で、出頭時「事務次官を殺したのは俺だ」と単数で言っているのね。

  「元事務次官夫婦を・・」「元事務次官だった奴らを」ではなく

  ワイドショーでもちらほらと「実行犯はほかにいて、証拠を持たされて

  出頭しただけではないか」という意見もありましたが、それ以上

  突っ込みたくないって感じでした。

 

 なので、今のところ「年金テロなどという大仰な天誅をもくろんだ

  わけではなく、何か大きな事をやって自分の存在を知らしめようとした

  男の劇場型無差別殺人。元厚生省事務次官であったというのは

  偶然もしくは、そういう立場の人を狙った方が騒ぎが大きくなると

  思った為」って事に落ち着きそうな

  もっとも、これから警察が新しい情報を出したら話は別だけど。

  出てくるのかなあ・・・・・

  政府としても「テロ」と認めるのは嫌なんでしょうね。

コメント (2)